mesimarja
気に入ったスレを集めてみました。
03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブーン系小説を書きました
5 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/08/27(土) 22:54:29.743 ID:AcubMSjk0
(11月10日 P.M 10:34 美附市街中 少年Aと少年Bの犯行)

  _
( ゚∀゚)   カチ……
   っ-”     カチ……

( ・∀・)

( ・∀・)「マジに開くのかよ」

  _
( ゚∀゚) 「黙ってろよ」  カチ……
   っ-”            カチ……

(・∀・ )「人が来るぞ」
  _
( ゚∀゚)   カチ……
   っ-”     カチ……!

  _
( ゚∀゚)「開いた」

( ・∀・)「マジかよ」
  _
( ゚∀゚)  ギギ……
  っ”


続きを読む
スポンサーサイト
( ^ω^)オナラ・マグラのようです
1 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/06/09(木) 22:42:48.669 ID:ry0kUKf3a
 
…………ブウウ――――――ンンン――――――ブリブリッ………………。

私がウスウスと屁を出した時、こうしたマヨネーズを絞るような音は、
まだ、その弾力の深い余韻を、私の耳の穴の中にハッキリと引き残していた。

それをジッと聞いているうちに……これは実だな……と直覚した。

そうしてどこか近くでボンボン時計が鳴っているんだな……と思い、
又もウトウトしているうちに、そのマヨネーズのうなりのような余韻は、
いつとなく次々に消え薄れて行って、そこいら中がヒッソリと静まり返ってしまった。

私はフッと眼を開いた。

かなり高い、白ペンキ塗の天井裏から、薄白い塵埃に蔽われた
裸の電球がタッタ一つブラ下がっている。

その赤黄色く光る硝子球の横腹に、大きな蠅が一匹とまっていて、
死んだように凝然としている。その真下の固い、冷たい人造石の床の上に、
私は大の字型なりに長くなって寝ているようである。

……おかしいな…………。


( ^ω^)わんわんに託すようです  → ヾ(∪^ω^)
1 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/05/31(火) 21:30:15.344 ID:z3ASLPSF0
 

  ツンへ

  こんな手紙をいきなり送って キモイと思うかもしれませんが
  ぼくはあなたのことがすきです
  怒りっぽくて よく悪口言われるけど 本当は優しいツンがだいすきです
  よかったら 友達じゃなくて 恋人になってくれませんかお?

                          ブーンより


 


続きを読む
( ^ω^)が老人ホームの利用者になったようです
1 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/05/27(金) 10:57:19.566 ID:uXIcXD7la
 ^ω^)うぅ・・・ついにワシも80歳かお・・・ 

('A`)ないとっさんもう老けたのう 

 ^ω^)そろそろ体も弱くなってきたし介護も必要になった・・・孫や息子のためにも老人ホームにいかねば 

('A`)大変だのう 

 ^ω^)それではまたしばらくだお・・・ 


続きを読む
( ^ω^)Geriben Stopperのようです
1 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/05/16(月) 22:37:06.209 ID:EIg8EorP0
「いやああああああああああああああああ」



「やだっやだったすけてっ」



「あああああああああああああ」ブリブリブリニチニチニチニチニチ







決壊したダムのように流れ出る下痢便




尻穴から溢れ出る下痢便

飛び散る下痢便



尿






満員電車の乗客は発狂する

母親はその金切り声を認識する術もなく、ただ真っ赤な血便として電車内を彩る



飛び散った下痢便はまるで通勤の終わりを告げる朝礼のように


強く


美しく


空に舞い上がる花火の如く


鮮やかに華開いていた






 ^ω^)Geriben Stopperのようです


( ^ω^)SUNDOME Stopperのようです
1 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/05/16(月) 22:24:34.097 ID:OH8ViVHiM
「いやああああああああああああああああ」



「だめっだめっまだだめっ」



「おちんぽじゅーすでちゃうのぉおおおおおお!!!」







高層ビルの如く立ち上がる陰茎




尿道から溢れ出る我慢汁

引き上がる金玉










射精寸前になったチンポの持ち主は絶叫する

チンポはその叫び声を認識する術もなく、ただ真っ黒な肉棒としてベッドルームを彩る



飛び散った精液はまるでこの世の終わりの始まりを告げるピストルの合図のように


強く


美しく


空に舞い上がる花火の如く


鮮やかに華開いていた






 ^ω^)SUNDOME Stopperのようです




プロフィール

K-AYUMU

Author:K-AYUMU

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

ユーザタグ

カ行 タ行 ア行 ちんこ ハ行 サ行 マ行 ナ行 英数字  ^ω^) ('A`) ラ行 1レス ワ行 (´・ω・`) ショボーン ヤ行 ブーン ショボン トソン 'ー`)し ξ゚⊿゚)ξ (,゚Д゚) ドクオ まんこ (=゚д゚) J( 1レス カラマロス大佐 シュー ミセリ (-_-) いよう 川д川 人狼 (∪^ω^) 世紀末 ツンデレ 

FC2カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。