mesimarja
気に入ったスレを集めてみました。
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(´・ω・`)無能なる神と箱庭の姫のようです(゚ー゚*)
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/27(木) 19:36:02.11 ID:v2D6IWeEO
 

我が子らよ、
我が子らよ、
何故生きる。
神の心がわかって、
おそろしいのか。




3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/27(木) 19:38:43.55 ID:v2D6IWeEO



第一話
『品川区の乙女』





4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/27(木) 19:39:58.84 ID:v2D6IWeEO
最初にまず無が存在した。
無は無であるが故に、その存在を何者にも認識されない。
認識なき故に、無は無で有り続けた。
始まりもなく終わりもなかった。
しかし、間違いが起こってしまった。

無を認識する者が現れてしまったのである。
その者は無の内側より生まれ、生まれて間もなく無を認識した。
途端、他者からの認識を受けた無は、無ではなくなり有となった。
有は瞬く間に無を侵食し、質量が支配する次元を構築した。
宇宙の誕生である。

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/27(木) 19:42:43.71 ID:v2D6IWeEO
さて、無より生まれ出た者だ。
その者は、永い時間たった一人で宇宙を漂っていた。
数年、あるいは数億年。
その者は宇宙にひとりぼっちだった。

ある日、遂にその者は堪え切れずに涙を流した。
流れ落ちた涙は、広大な闇の中にて燦然とした輝きを見せた。
いつしか宇宙のいたる所で、その者が落とした涙が光りを放つようになった。
その者は自らの涙を星と呼んだ。

とある星には沢山の生き物が住んでいた。
その者は数多くいる生物の中でも最も知性の高い、人間の前に降臨した。
人間達は空から現れたその者を神と呼び崇めた。
神は自分を崇める者達に力を与えた。

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/27(木) 19:49:13.74 ID:v2D6IWeEO
そしてその星『地球』は、神の恩恵を受けながら存続し続けた。

世界は幾度も混沌と熱狂に打ち据えられ、
気の遠くなるような過去から、
遥かなる未来へと文明を進化させた。



宇宙誕生から――年後。
地球
東京都品川区。


(*゚ー゚)「やばーい遅刻遅刻ぅ」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/27(木) 19:53:46.00 ID:v2D6IWeEO
ごめんなさいネタ切れです

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/27(木) 19:58:11.85 ID:MnyvX5SA0
早漏かwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/27(木) 19:58:50.09 ID:xccbbOqt0
これって没ネタスレの奴じゃないの?
別にいいけどさ

>>15
胎児とか母とかそういうのだよね

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/27(木) 20:07:27.51 ID:v2D6IWeEO
早朝の住宅街を駆け抜ける一人の少女。
口に食パンをくわえ、学生鞄を携えた少女しぃは焦っていた。

(*゚ー゚)「まずいわ、黄昏れが近づいている」

頬を朱色に染め、意味の解らない事を呟くしぃ。
彼女は学校に遅刻しそうになっていた。
というのも、学校という場所に通う生徒は、
定められた時間内に所属する教室に入ってなくてはならないといったルールがあるのだ。
しかも、遅刻した場合は罰として廊下に立たされ、
罪人として衆目に恥をさらさなくてはならない。
しぃは恐怖した。

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/27(木) 20:17:03.41 ID:v2D6IWeEO
というかさ、本当はちゃんと書くつもりだったんだけど、
宇宙云々のくだりを書いたところで
「これは本当に面白いのだろうか?」
という疑念に捕われて続きを書けない病気になってしまったんです。
そんで第一話のタイトルとかも改変して投下したわけです。
ごめんなさい

あと没ネタスレは見てないから解りません

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/27(木) 20:18:47.53 ID:xccbbOqt0
ごめん、もう一回没ネタの方見たら全然違った

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/11/27(木) 20:22:45.54 ID:v2D6IWeEO
次は真面目に書いてやり直します
今回はスレを落としてますので、
皆さんも記憶の彼方から俺の黒歴史を忘却してください

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

K-AYUMU

Author:K-AYUMU

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

ユーザタグ

カ行 タ行 ア行 ちんこ ハ行 サ行 マ行 ナ行 英数字  ^ω^) ('A`) ラ行 1レス ワ行 (´・ω・`) ショボーン ヤ行 ブーン ショボン トソン 'ー`)し ξ゚⊿゚)ξ (,゚Д゚) ドクオ まんこ (=゚д゚) J( 1レス カラマロス大佐 シュー ミセリ (-_-) いよう 川д川 人狼 (∪^ω^) 世紀末 ツンデレ 

FC2カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。