mesimarja
気に入ったスレを集めてみました。
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( ^ω^)地球人は差別されているようです
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/15(金) 12:15:14.36 ID:LQdq1gu+0
その年、ついに地球は銀河連邦への加盟のため使節団をおくった。
自前の宇宙船でなんとか銀河連邦の支部へたどりついた。


( ・∀・) ようこそ、銀河連邦へ

( ´∀`) おまちしていましたよ

(,,゚Д゚) 私はギコ、この二人はモララーとモナーと申します


( ^ω^) おっ、紀伊国屋文左衛門ですお。ブーンと呼んでくださいお。科学者ですお

('A`) 私は毒田ドクオ。政治学者です。みなさまの社会システムを学びにまいりました

ξ゚⊿゚)ξ 私はツツンツンツン・ツーンツン。美人秘書です。ツンとお呼びください


六人はウィーンと銀河連邦技術のつまった乗り物に乗って移動した。
途中で見えたあの建物が支部の中枢なのだと思った。
きらびやかでありながら、機能美と知性すら感じさせる建物だった。


( ^ω^) おー。地球では銀河連邦加盟をみんなよろこんでますお

( ・∀・) そうですか。・・・いえ、加盟できるかどうかはまだ決まっていませんがね

( ^ω^) ・・・・・・おっ!?まだ決まってないんですかお!?

('A`) てっきりもう決まっていたものと・・・


3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/15(金) 12:19:01.28 ID:LQdq1gu+0
( ´∀`) みなさまにはこれからテストをクリアしていただきます

(,,゚Д゚) 我々と共に歩むことができるかどうか、という簡単なテストです

( ・∀・) そうご心配なさらずに


( ^ω^) 簡単なテストですかお?

('A`) なんだ・・・おどかさないでくださいよ

ξ゚⊿゚)ξ 美人秘書の私もテストの対象ですか?


( ・∀・) いえ・・・あなたがたというより、地球人すべてへのテストです

( ・∀・) 銀河連邦で活動する人は、すべて同じテストを受けてもらいます


( ^ω^) ・・・伺ってよければ、分野について教えていただけますかお?

( ^ω^) 科学と政治なら、我々だけでもなんとかなるかもしれませんお

( ^ω^) でもそれ以外だと・・・


(,,゚Д゚) いえ、テスト内容は読み書きとマナーチェックです


('A`) ・・・なるほど、それは確かに必要なことですからね

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/15(金) 12:23:01.05 ID:LQdq1gu+0
( ^ω^) あの、読み書きはわかりますお。でもマナーというのはおいおい学べばいいんじゃないですかお?


( ・∀・) いえ、マナー・・・といいますか、心のありようといいますか・・・

( ・∀・) 銀河連邦の目的にも関わる部分なのです。事前チェックが必要です


ξ゚⊿゚)ξ 目的?・・・銀河の平和でしょう?


( ´∀`) それも目的のひとつです。しかし、銀河は平和ではありませんよ?

(,,゚Д゚) 現在も42のエリアで戦争が起きています


(;^ω^) おっ・・・戦争があるんですかお・・・?


( ・∀・) はい。それは人が人である限りやむをえないと考えています

( ・∀・) ・・・

( ・∀・) 「全て個人として立ち、互いに干渉し、全体としてひとつであれ」


('A`) ・・・なんですか?


( ・∀・) 銀河連邦の二つの柱の一本です。まあ、標語ですね

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/15(金) 12:28:05.91 ID:LQdq1gu+0
ξ゚⊿゚)ξ 干渉・・・そこに戦争も含むのですか?


(,,゚Д゚) もちろん推奨するわけではありません、が、起こってしまうのはしょうがない

(,,゚Д゚) 銀河連邦としては、戦争が終わったら、また共に歩むよう全体として干渉するのです


('A`) ほう・・・なるほど・・・。ところでもう一本の柱というのは・・・それも標語ですか?


( ・∀・) はい。「知性と蛮勇」です。この両方を我らは精神のありようとして重視しています


('A`) 知性と・・・蛮勇?蛮勇もなのですか?


( ・∀・) 我々は停滞や秩序のみを目的とするものではありませんよ。毒田さん


('A`) あ、ドクオとおよび下さい。呼び捨てでけっこう


( ・∀・) ではドクオ、私のこともモララーと呼び捨ててください

( ・∀・) ・・・さて、そろそろ宿舎に着きます


窓の外に、卵のような巨大な建物が見えた。
ここでテストを行い、滞在中はここで暮らすようだ。

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/15(金) 12:33:54.13 ID:LQdq1gu+0
大きな卵にはいると、広いエントランスをとおり、コンパートメントに入った。
コンパートメント内には大きなリビングがあり、扉が四つあった。

四つのうち三つは各自の個室で、残りのひとつは実験室だった。


( ^ω^) おっ!これはすごそうだお!

('A`) 扱えますか?

( ^ω^) 説明書を読めばすぐですお!

('A`) ・・・「読む」?

( ^ω^) ・・・あ


( ・∀・) お気づきですね。そうです。まずは、我々の文字を読み書きできるようになっていただきます


( ^ω^) 地球語に翻訳していただくわけにはいかないのですかお?


( ´∀`) それは無理なのです。効率の点で・・・


('A`) 確かに新参者のルールを全員が学ぶより、新参者がルールを覚えるほうがいいですね・・・


(,,゚Д゚) 我々三人は地球語を学んだのです。いま銀河連邦には地球語話者は我々三人だけです。

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/15(金) 12:37:39.36 ID:LQdq1gu+0
( ・∀・) さて・・・さっそくですが・・・

( ・∀・)つ● これが機械類の説明書です


( ^ω^) ・・・黒い玉にしか見えませんお・・・?

('A`) ・・・データボールかなにかですか?解読機はどこでしょうか・・・


( ´∀`) いえ、それは文章です


ξ゚⊿゚)ξ 美人秘書から見ても、ただの黒い玉に見えますが


(,,゚Д゚) ・・・ちょっとこれを見てください


そう言ってギコは黒い20センチほどの棒を取り出した。太さはハシ程度。
ギコはそれをペンのように持つと、空中を横に動かした。
するとその軌跡に黒い線が残った。


(;^ω^) おおっ!? 空中に・・・書いているんですかお!?


(,,゚Д゚) はい、これが我々の筆記具です

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/15(金) 12:41:30.97 ID:LQdq1gu+0
(,,゚Д゚) これで、先ほどの標語を書くとこうなります


ギコは空中にペンを滑らせた。見る見る空中に黒さのかたまりが出来上がってゆく。


(,,゚Д゚) ・・・続けて、私の名前も書いておきましょうか


そういうとさらになにか書き足した。
黒い軌跡は、まるで黒い針金でつくった玉のようになった。


(,,゚Д゚) これは短い文章ですからこの程度ですが・・・

( ・∀・)つ● 説明書くらい長くなると、このくらいの密度になります


(;^ω^) でも・・・それじゃぐっちゃぐちゃで読めませんお・・・


( ´∀`) ・・・ですから、これが「読み書き」なのです。


('A`) ・・・いきなり難問ですな


( ・∀・) 必要なことなのです・・・

ξ゚⊿゚)ξ 美人秘書にも必要ですね・・・

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/15(金) 12:45:52.45 ID:LQdq1gu+0
( ・∀・) これを解読するために、あなたがたは持参した機器を使用してもかまいません

( ・∀・) 私も・・・見えないとは思いますが、読むための小さなレンズを目に入れています


( ^ω^) おっ、じゃあそのレンズをくださいお


( ・∀・) ダメです。テストなのです。独力での突破が必要なのです


('A`) 難しそうなのかね?ブーン

( ^ω^) 正直、可能だとは思いますお・・・ただ・・・

('A`) ならばやりたまえよ。なに、時間はかかってもいい

ξ゚⊿゚)ξ 美人秘書も挑戦すべきだと思います

('A`) それほど美人でもねーが、同意見だ

(;^ω^) うー・・・いろんな技術を教えてもらえると思ったのに・・・


( ・∀・) もちろんお教えする技術もあるでしょう・・・ですが

( ・∀・) それは加盟後のことです

( ・∀・) いまは全力でテストを通過していただきたい

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/15(金) 12:51:51.69 ID:LQdq1gu+0
モララーたちは、風呂トイレの使い方と、フードディスペンサーの使い方だけ口頭で教え、
部屋を出て行った。「期待しています」と言い残して。


('A`) ・・・あー、緊張した・・・

( ^ω^) なんか肩こったお・・・

ξ゚⊿゚)ξ 美人も少し疲れたわ・・・


( ^ω^) それにしても・・・弱ったお・・・

('A`) 可能だと言ったじゃないか。なに、手伝うことがあれば手を貸すよ

ξ゚⊿゚)ξ 美人秘書もてつだ・・

('A`) それほど美人でもねーよ

( ^ω^) でも・・・


( ^ω^)つ● ・・・これ・・・問題が二つあるんだお

('A`) 二つ?

( ^ω^) ひとつは、軌跡を読む方法。これは技術的に可能だお

( ^ω^) でも・・・書かれてる文字の形がわかったとしても、意味がわからないお

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/15(金) 12:56:57.89 ID:LQdq1gu+0
('A`) あっ・・・


「お見事です」

空中から声が聞こえた。モララーの声だ。


(;^ω^) おっ・・・聞いてたのかお?


「はい。実は、我々が出てから・・・地球の時間で五分ほど、盗聴する決まりなのです」

「その間にその点に気づくことができなければ、その時点でテストは失格です」


ξ゚⊿゚)ξ 美人秘書のプライベートな言葉も盗聴するつもりだったんですか!?


「・・・知性と蛮勇ですよ」

「未知の課題に面したときに、それを解く意欲があるかどうか・・・」

「まさに知性と蛮勇、その素養があるかどうかを最初の五分で見極めるのです」

「・・・すぐに立ち止まり、休憩を取るものは、銀河連邦には・・・不要なのです」


( ^ω^) ・・・ともかく、じゃあひとつはクリアですかお?

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/15(金) 13:00:27.66 ID:LQdq1gu+0
「はい。正直に言って、私は嬉しいですよ」


('A`) なにがですか?


「私がクリアしたときの半分ほどの時間でのクリアだからです」

最後にもう一度「本当に、期待していますからね」といい、通信はきられた。


( ^ω^) ・・・あっぶないとこだったのかお・・・

('A`) まあ、クリアしたんだ。いいじゃないか

ξ゚⊿゚)ξ 美人秘書のシャワーシーンとか、盗撮してるんじゃないでしょうね・・・

('A`) 黙れ「上の下」

ξ゚⊿゚)ξ 「上の上」です


( ^ω^) と、とにかく自前の工具で解読機を作ってみるお

( ^ω^) 要はスライスしてしまえばいいんだお

( ^ω^) 大昔のCTスキャンの技術と同じだお

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/15(金) 13:04:43.24 ID:LQdq1gu+0
そう言うと、ブーンは工具箱を開けた。
機会の材料自体は実験室内のものを使うつもりだ。
やけに嬉しそうに、工具をひとつずつ並べた。


('A`) やれやれ・・・私はフード・ディスペンサーを試してみよう

ξ゚⊿゚)ξ まってください。それこそ美人秘書の仕事です

('A`) ああ・・・そうか。まいったな・・・


('A`) 現状、やることがない


ツンがフード・ディスペンサーをたどたどしくも操作すると、
室内にコーヒーの匂いが満ちた。


('A`) 今はコーヒーを飲むだけが、私のしごと、か・・・


( ^ω^) 暇なら工具並べ手伝ってくれお


('A`) っと、休む間もない・・・


ξ゚⊿゚)ξ 私も手伝いますよ。コーヒーは実験室に持ち込みましょう

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/15(金) 13:09:19.67 ID:LQdq1gu+0
それから三日、ああでもないこうでもないと工具を駆使しつづけた。
最初の難関は、そもそもこの黒い軌跡はどんな物質なのかということだった。
物質が特定できなければ、センサーもつくることができない。

やがてたどり着いた結論は、


( ^ω^) これは・・・時間が止まってるんだお

( ^ω^) 軌跡の時間が止まっているから、光を発しない・・・それで黒くみえるんだお


('A`) ・・・ものすごい技術だね。専門外だが、なんとなくわかるよ

ξ゚⊿゚)ξ てことは目じりをなぞれば、一生20代の肌を維持できると・・・

('A`) お前、できれば帰れよ・・・


( ^ω^) 時間が止まってる・・・あっ

( ^ω^) なら、単に全方向から光を当てればいいんだお

( ^ω^) おっ、もうひとがんばりするお!


ξ゚⊿゚)ξ ダメです。もう今日だけで13時間も作業しています

ξ゚⊿゚)ξ 今日はここまでにして、ゆっくりと食事をしてください

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/15(金) 13:13:06.24 ID:LQdq1gu+0
( ^ω^) おっ、もうそんな時間かお・・・

( ^ω^) ・・・でももう少しだけ

ξ゚⊿゚)ξ 博士。それでは困りますよ。休養は最高の準備です

ξ゚⊿゚)ξ 今日は私がフード・ディスペンサーに教えた料理を召し上がっていただきます

('A`) ほう・・・なにを教えたのだね?

ξ゚⊿゚)ξ ハッピーターン

('A`) てめえ・・・


( ^ω^) ふう・・・でも、確かに・・・

( ^ω-) 休憩は必要だお・・・

( -ω-) すぴーぐー


('A`) おや、寝てしまったな・・・

('A`) 彼には起きてから食べてもらおうか

ξ゚⊿゚)ξ はい、じゃあ大統領。これ食べてください。どん

('A`) こんなにハッピーターン食えるか・・・!

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/15(金) 13:16:47.29 ID:LQdq1gu+0
30分後

('A`) ・・・食えた。さすがハッピーターン・・・


そして三日目、とうとう解読機を完成させた。
そのことを伝えるため、通信ボタンを押して、メッセージを送った。
モララーたちは数分もしないうちにやってきた。


( ・∀・) どうしました?なにか問題ですか?

( ´∀`) ルールの範囲内でなら、手助けもできますよ


( ^ω^) いえ、そうじゃありませんお

('A`) 完成しました

ξ゚⊿゚)ξ ハッピーターン食べます?


(,,゚Д゚) 完成した・・・って、もうですか?

( ・∀・) 早いな・・・さすがです

( ´∀`) 我々の時より二日は早い


( ^ω^) えへへ

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/15(金) 13:21:33.47 ID:LQdq1gu+0
ブーンは機会に黒い玉を入れ、スイッチを押した。
中で黒い玉は高速回転しながら、全方向から光をあびている。
センサーは黒い玉をすり抜けた光を観測し、玉の全容を明らかにしてゆく。

一分ほどで、モニターに黒い玉の構造が現れた。


( ^ω^) これを拡大すると・・・はい、このように形がわかりますお

( ^ω^) あとは辞書があれば、意味もわかりますお!


( ・∀・) ・・・おどろいた・・・いや、本当におどろきました・・・


ξ゚⊿゚)ξ なぜですか?美人秘書に教えてください


( ´∀`) ・・・これは、我々が加盟したときに作ったものと、ほとんど同じものです・・・

(,,゚Д゚) なんとまあ・・・


('A`) 我々は・・・どこか似ているのかもしれませんね


( ・∀・) そうですね・・・本当に


( ^ω^) じゃあ、これで読み書きクリアですかお?・・・・あれ?読み「書き」・・・?

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/15(金) 13:28:21.08 ID:LQdq1gu+0
( ・∀・) そうです。「書き」が残っています

( ・∀・) ペンはお貸ししてありますよね?

( ´∀`) コツがいりますが・・・あなたがたなら、きっと出来ます

(,,゚Д゚) そうですね・・・ではあなた方の名前を書いてください。地球の文字でかまいませんよ


三人は部屋を出て行った。やはり「期待しています」と付け加えて。


( ^ω^)つ━ ・・・これ、コツとかあるのかお・・・?

( ^ω^)づ━ こうして・・・あれ・・・?こうして・・・あれえ!?


('A`) 黒い線がでないね

ξ゚⊿゚)ξ ちょっと美人秘書に貸してください


ツンがやってもダメだった。ドクオも試したが、やはりだめだった。


( ^ω^) ・・・なんだお。コツってなんだお・・・?


また、物質あての作業から始めなくてはならなかった。

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/15(金) 13:34:13.92 ID:LQdq1gu+0
さまざまな検査をしたが物質の正体がわからないまま四日が過ぎた。
地球では、いまかいまかと最高学府の科学者と世界大統領、およびプレイメイトの帰りを待っていた。
しかしハッピーターンとコーヒーだらけの生活のなかで、疲れ果ててブーンは寝た。

翌朝起きた時、ひらめいていた。


( ^ω^) ・・・これも解読機に入れてみるお・・・想像が正しければ・・・

('A`) まさか・・・想像とはつまり・・・

ξ゚⊿゚)ξ 美人秘書のカラダ・・・

('A`) 黙れよグラビア上がり・・・


一分ほどで検査結果が出た。予想通りだった。
これも、とまった時間のかたまりだった。


( ^ω^) 考えてみれば当然だお・・・チョークと、チョークで書かれた文字は同じ物質・・・

('A`) なるほど

( ^ω^) ・・・てことは、これは止まった時間を棒状に閉じ込めてあるわけで・・・

( ^ω^) その外皮をひらくことができれば、中身が漏れてくる・・・

( ^ω^) さらに検査だお!どれほどの圧力で外皮がひらくのか・・・!

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/15(金) 13:38:10.00 ID:LQdq1gu+0
検査結果は、「予想された最悪の結果」からは程遠いものだった。


( ^ω^) これなら・・・普通の重機で作り出せる力だお!

('A`) ということは、書くための機械もつくることが・・・?

ξ゚⊿゚)ξ できます!やってみせます!

('A`) おおおおめえええじゃあねえええだろおおおおお・・・


翌日、再びモララーたちを呼んだ。


( ・∀・) ほう・・・

( ´∀`) これは・・・大きな機械ですね

(,,゚Д゚) 乗って操作するのですか?


リビングの半分を占める機械をみて、三人は複雑な顔をした。
三人の顔色を見て、ドクオは不思議に思った。


('A`) (・・・前ほどの感動がないようだな・・・)


( ^ω^) じゃあ操作して、文字をかきますお!せーの!

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/15(金) 13:43:57.11 ID:LQdq1gu+0
ブーンは機械を操作して、ペンをマニピュレーターで持った。
それから手元の読み取り盤に三人の名前を指先で書くと、
マニピュレーターも同じ動きをして、空中に黒い軌跡を描き出した。


( ^ω^) どうですかお!「書き」もクリアですかお!?


( ・∀・) ・・・ええ、クリアです。ただ・・・

( ・∀・) ・・・マナー・・・精神のありようということではなく、いわゆるマナーの問題として・・・

( ・∀・) ・・・あなたがたはこれを持ち歩くおつもりですか?


( ^ω^) え

('A`) ・・・携帯できなければいけませんか!?

ξ゚⊿゚)ξ がんばりましょうか!?


( ´∀`) この大きさでは・・・少し問題がありますね

(,,゚Д゚) 我々は、指先にこのように・・・

( ・∀・) ギコ。ヒントを与えてはならない

(,,゚Д゚) はっ・・・すみません。うかつでした・・・

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/15(金) 13:48:17.82 ID:LQdq1gu+0
( ・∀・) あなたがたに知性と蛮勇の素養があることはわかりました・・・

( ・∀・) あなたがたは、課題に対して勇敢に立ち向かった

( ・∀・) それは、私は感動すら覚えました・・・


( ´∀`) しかし、技術の点で問題が残ります・・・

( ´∀`) この機械はもとより、実のところ解読機についてもです

( ´∀`) あれも、持ち歩くには少々大きすぎるでしょう


(,,゚Д゚) では、最後の課題です・・・ね

( ・∀・) はい

( ´∀`) 課題は「軽量化」です


( ^ω^) 軽量化・・・


( ・∀・) はい。時間は・・・一週間さしあげましょう

( ・∀・) その間に、個人が容易に携帯できるサイズにまで軽量化してもらいます

( ・∀・) ・・・それができれば、テストは完全にクリアです

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/15(金) 13:53:38.13 ID:LQdq1gu+0
三人は出て行った。「期待は・・・しています」と言った。
微妙な表現の違いに、部屋の三人も落胆した。


( ^ω^) ・・・軽量化は・・・一週間では・・・むりです・・・

('A`) しかし!・・・それをやらないと加盟は・・・

ξ゚⊿゚)ξ 軽量化とは、ほんのわずかな軽量化を、ギリギリの強度を保ちつつ
       いくつもの実験を重ねて地道にするのが基本です。
       一週間では無理です

('A`) なぜお前が正論を・・・!


( ^ω^) ・・・と、とにかく・・・できるだけのことは・・・やってみるお・・・




一日が過ぎ、「書き機」の重量は20%削ることができた。


二日目、40%以上削っては強度が保てないことがわかった。


三日目、全く別の方法で圧力を生み出すアイディアをひねり出そうとがんばった。三人ともがんばった。


四日目、いいアイディアが浮かばないので、解読機の軽量化にとりかかった。

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/15(金) 13:56:26.09 ID:LQdq1gu+0
五日目、解読機の軽量化より、ポケットの巨大化が提案され、一瞬で却下された。


六日目、明日が期限だというプレッシャーと戦いながら、なんとか「書き機」を45%軽量化した。


七日目・・・




(#^ω^) ふぬっ!ぬおおおおおお!!!!

('A`) がんばれ!がんばれ!

ξ゚⊿゚)ξ がんばれ!がんばれ!美人秘書!

(#^ω^) ふぬおー!!!


( ・∀・) ・・・

( ´∀`) ・・・

(,,゚Д゚) ・・・


(#゚ω゚) ぼえええええ!!!!!!!

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/15(金) 13:59:02.36 ID:LQdq1gu+0
( ・∀・) ・・・もう、いいです


(#゚ω゚) ごああああ!!!!!!!


( ´∀`) ・・・もう手を離してください


(#゚ω゚) ・・・!!!

( ´ω`) ・・・


(,,゚Д゚) ・・・あなたたちは、本当にがんばった・・・最後の最後まで・・・

( ・∀・) しかし・・・いや、仮にその「書き機」を持ち上げたとしても、それをもって携帯とは・・・

( ・∀・) 呼べません。

( ´∀`) ・・・残念です


( ´ω`) ・・・ダメですかお

ξ゚⊿゚)ξ あと一週間ダメですか?


( ・∀・) ダメです。これはルールなのです・・・

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/15(金) 14:04:04.07 ID:LQdq1gu+0
('A`) 我々は・・・我々地球人は・・・戦争の続く星であることを恥じ・・・

('A`) 地球というゆりかごから飛び出すことが、希望なのです・・・

('A`) 冒険は!きっと戦争なんてする暇を、我々から奪ってくれる!そう信じて・・!!


( -∀-) ・・・

( ・∀・) わかります。お気持ちはわかります

( ・∀・) あなたがたは・・・誠実だ。それに知性もあり、蛮勇であることもできる

( ´∀`) さらにユーモアもあり、協力もできる。個性もある。

(,,゚Д゚) ただひとつ・・・能力が、ない


('A`) !

( ´ω`) !

ξ゚⊿゚)ξ 美人秘書!


( ・∀・) ・・・我々は、能力のないものを抱え込むことはできないのです

( ・∀・) 我々には目的があるのです。それに役立たないものは・・・不要です

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/15(金) 14:08:45.31 ID:LQdq1gu+0
('A`) むっ・・・無能であるから・・・仲間に入れないと・・・


( ・∀・) 誤解を恐れずに・・・いえ、そのとおりです。誤解なくそのとおりです

( ・∀・) 我々は、あなた方を、その無能ゆえに、仲間に入れないのです


( ・∀・) ・・・本当に、残念です・・・




翌日、三人は宇宙船に向かった。
行きに見た銀河連邦支部の建物は、かわらずきらびやかでありながら、
機能美と知性すら感じさせる建物だった。

そのことが悲しかった。


やがて宇宙港につくと、三人は宇宙船に乗り込んだ。
モララーたちは見送りに来なかったが、ひとつの積荷が増えていた。
積荷には「プレゼントです」と書かれていた。



三人は、地球へ帰った。無能ゆえ、仲間にいれてもらえず、家に帰った。

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/15(金) 14:13:07.22 ID:LQdq1gu+0
地球では、降りてくる大統領以下三人を数百台のカメラと数万人の群衆が待ち構えていた。
大統領の第一声が「ごめんなさい」であることなど、予想もしていなかった。
それからしばらく、地球はヘコんだ。


一週間後、ドクオは大統領執務館、通称「ホホワイト・ハウス」にいた。


('A`) はぁ・・・

('A`) ・・・

('A`) はぁぁぁぁ・・・・・

('A`) ・・・また内乱か・・・

('A`) 処理しないとな・・・


その憂鬱さに気づかないフリをして、ツンが執務室に入ってきた。


ξ゚⊿゚)ξ 大統領!美人秘書です!お客様です!

('A`) なんでお前、まだ秘書やってんだよ・・・

ξ゚⊿゚)ξ おつれします!


( ^ω^) やあお

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/15(金) 14:19:22.48 ID:LQdq1gu+0
('A`) おお・・・ブーン・・・

( ^ω^) どうしたお、大統領。まだヘコんでるんですかお?

('A`) ・・・無能ってね、地球全体が無能の烙印押されてさ・・・

('A`) 世界大統領としては、そりゃ落ち込むのさ・・・

( ^ω^) じゃあ、いいこと教えますお。あのプレゼントのことだお

('A`) プレゼント?・・・ああ、銀河連邦の・・・なんだった?


( ^ω^) エネルギー発生器だお!あと例のペンと、黒い玉だお!


('A`) ・・・ああ、そう・・・普通だね。なにか画期的な部分でもあった・・・?


( ^ω^) すごいんだお!この発生器は、時間のエネルギーを取り出すんだお!

('A`) ・・・へぇ、すごそうだ


(#^ω^) 感動がうすいお・・・つまりこの発生器は、内部の空間の時間からエネルギーをとる・・・

( ^ω^) ええい!詳しく説明するから研究所に来てくださいお!


('A`) 内戦の処理がおわったらね・・・

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/15(金) 14:26:03.72 ID:LQdq1gu+0
やがて内戦の処理が終わると、ドクオは世界大学の研究室に行った。
なぜかツンもついてきた。


ξ゚⊿゚)ξ 美人、秘書、美人、秘書

('A`) なぜ一歩ごとに寝言をいう・・・


そしてブーンから説明をうけた。何度も受けた。そして理解して、命令を出した。

 1、
 銀河連邦より受け取ったエネルギー発生器を使い、世界中に十分な電力を供給せよ。
 内乱はきつく禁じる。

 2、
 黒い玉の解読機、ならびに黒い棒の使用器具を、携帯サイズで作成せよ。
 その後、エネルギー発生器の二号機を作り、一号機の機能を停止せよ。
 全ての命令に優先して、これに邁進せよ


命令は、希望をもって世界中に浸透した。

五月の天気のいい日に、エネルギー発生器は稼動しはじめた。
奇妙なことに、稼動にあたっては式典も行われず、現場には大統領も博士も、
美人秘書もいなかった。


そして300年がたった。

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/15(金) 14:29:05.57 ID:LQdq1gu+0
   「つまり、この発生器の中の時間の、「時間が進むエネルギー」を取り出すんだお」

   「わかってますかお?この発生器の中では、時間が止まるんですお」

   「だから、これを使えば・・・」










(´・ω・`) よし・・・エネルギー発生器の二号機を稼動させるよ・・・

(´・ω・`) 稼動・・・確認!


(´・ω・`) 続いて一号機オリジナル、稼動停止!

(´・ω・`) 停止・・・確認!


ウンウンとうなっていた一号機が完全に動きを止めると、発生器の中から
がたごとと音がした。


(´・ω・`) うおっ・・・なに・・・?

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/15(金) 14:32:26.10 ID:LQdq1gu+0
一瞬静かになったかと思うと、エネルギー発生器がバコんと二つに割れた。
中からは人が出てきた。


( ^ω^) おー・・・

('A`) ぜんぜん眠ってた気もしないのだな・・・

ξ゚⊿゚)ξ 寝てませんからね


(`・ω・´) だっ・・・誰だっ・・・!?


('A`) 誰でもかまわん。さて、私の宇宙船は元気にしててくれたかな

( ^ω^) 急ぎましょうお!

ξ゚⊿゚)ξ 美人秘書!


三人は走った。冒険前夜の少年のように、抑えきれない気持ちのままに走った。
解読機と「書き機」を開発しているはずの、世界大学の研究室へ走った。

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/15(金) 14:40:08.84 ID:LQdq1gu+0
(´・ω・`) いまのは・・・教科書でみたことのある・・・!?


-=三( ^ω^)
-=三('A`)      イヤッホォォオオオウ!
-=三ξ゚⊿゚)ξ


大学に着くと、ブーンの網膜パターンで研究ラボに入り、
セキュリティを驚かせた。
300年間使われていなかった入室許可申請だったからだ。

ブーンはラボに入ると、コンタクト型の解読機と、手袋型の「書き機」を
勘で「これかお!」とひったくり、そのまま出て行った。
研究員は唖然としていた。
校庭の銅像が動き出したのかと思った。

さらに三人は「ホホワイト・ハウス」にむかい、ドクオの網膜パターンで
地下のヒミツ施設に入った。
ひんやりとした空気の中、あのなつかしい宇宙船がいた。


('A`) よし・・・よし・・・!いくぞ!


( ^ω^) おう!
ξ゚⊿゚)ξ 美人秘書!


宇宙船は飛び立った。三人の蛮勇を乗せて、飛び立った。

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/15(金) 14:44:53.27 ID:LQdq1gu+0
銀河連邦支部では緊急警報が鳴っていた。
所属不明の機体が突っ込んできたからだ。
狙撃命令が出る前に、一人の男が「あれは・・・友人の船だ」と、それを制した。



( ・∀・) ・・・まさかと思いましたが・・・まさかでしたね

( ^ω^) おー!お元気そうですおー!

( ´∀`) 地球人の寿命は100年ほどだと思っていましたが・・・

('A`) そこはそれ・・・方法があったものですから

(,,゚Д゚) ・・・美人秘書?

ξ゚⊿゚)ξ 美人秘書!


再会を喜びあいたい気持ちを抑えて、ドクオは黒い棒をポケットから出した。
そして空中にすらすらと走らせ、黒い線を描いた。


  「友達になってよ」


と。

('A`) ・・・仲間にいれてほしい!

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/15(金) 14:47:31.70 ID:LQdq1gu+0
モララーはとても嬉しそうに微笑み、自分の黒い棒を出して
空中にスラスラと文字を書いた。
地球の文字を、重層的なあの書き方で書いていた。


( ・∀・) 読めますか?

ξ゚⊿゚)ξ 「あなた方を歓迎します」ですね美人秘書!


ツンの目の中に、キラリと光るものが入っていた。


その日、地球は銀河の仲間に入った。

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/15(金) 14:53:43.44 ID:LQdq1gu+0
一年がたった。

地球の住人は、一年前の、歴史上の人物が突然あらわれ、重要な機械を奪って
歴史的意義のある宇宙船で飛び去った事件などもう忘れ、
銀河連邦の一員として、地球と支部を行き来する生活をしていた。

冒険がはじまった。


ゆりかごから脱して、支部を基点として銀河を駆け巡った。

未開の星に下りて、土壌の調査をした。

恒星の消滅に関する稀有な観測に関わった。


ブーンもドクオもツンも忙しく働いていたが、
ファーストコンタクトをなした人物として、支部内での仕事が多かった。
その分、モララーたちとの親交は深まった。




('A`) ・・だからあのとき、「気持ちはよくわかる」といったんだね

( ・∀・) そう。我々の目的は、君たちの目的と全く同じ・・・

( ・∀・) 「銀河というゆりかごから冒険に出る」ことだったからね

('A`) でも、地球から出た我々を待っていたのは、やはり戦争の絶えない銀河だったよ・・・

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/15(金) 14:57:46.20 ID:LQdq1gu+0
( ´∀`) ひょっとしたら、銀河から飛び出したさきでも、戦争はあるかもしれません・・・

( ^ω^) でも・・・ゆりかごから飛び出す、んだお?

( ´∀`) そうです。それが目的です

(,,゚Д゚) しかし・・・フフッ

ξ゚⊿゚)ξ なに笑ってんのよ美人秘書?


(,,゚Д゚) いやぁ・・・似てるなあ、と

( ^ω^) なにがだお?

( ・∀・) ・・・いや、実はね・・・我々も一度テストに失敗したんですよ

('A`) ・・・へえ~・・・初めて聞いた・・・

( ´∀`) で、やはりプレゼントを貰いましてね

ξ゚⊿゚)ξ そのときは何を?

(,,゚Д゚) 同じものだよ。エネルギー発生器


( ^ω^) ・・・まさか!


( ・∀・) そう。我々も入ったんだ、エネルギー発生器にね

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/15(金) 15:01:59.71 ID:LQdq1gu+0
(,,゚Д゚) そして自分たちのクローンに研究を任せて・・・

(,,゚Д゚) 出来上がったところで、出てきたんだ


( ^ω^) クローンかお?

( ´∀`) はい。いくらなんでも、他人の研究の成果を横取りするわけにはいきませんから


(^ω^;)

('A`;)


( ・∀・) ま、まあそこは、結果オーライってことで・・・

(,,゚Д゚) 時と場合によっては、「卑怯」も道をひらく力になるかもしれない


(;^ω^) ・・・すいませんお、卑怯で・・・

(;'A`) ・・・仲良くしてください・・・

ξ゚⊿゚)ξ 美人秘書・・・


( ・∀・) もちろん。「全て個人として立ち、互いに干渉し、全体としてひとつであれ」

( ・∀・) そして「知性と蛮勇」

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/15(金) 15:07:22.70 ID:LQdq1gu+0
( ´∀`) 隣のアンドロメダ銀河まで230万光年・・・そこに至るにはきっといろんな資質が必要になります

(,,゚Д゚) 「全て個人として立ち」だ

( ^ω^) そして、しらんぷりをするんじゃなくて「互いに干渉し」

ξ゚⊿゚)ξ 美人秘書

('A`) 「全体としてひとつであれ」か・・・


( ・∀・) さあ、そろそろ仕事にもどろうか


(・∀・ ) アンドロメダ銀河がぼくらを待っている




談話室の窓からは、支部の中枢が見えた。
きらびやかでありながら、機能美と知性すら感じさせる建物だった。






     ( ^ω^)地球人は差別されているようです おわり

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/15(金) 15:08:04.42 ID:LQdq1gu+0
以上です。支援ありがとう!

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/15(金) 15:10:36.31 ID:LQdq1gu+0
( ^ω^)地球人は差別されていないようです

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/15(金) 15:21:22.27 ID:LQdq1gu+0
>>2 ありがとう
>>5 ありがとう
>>7 ありがとう
>>8 ありがとう
>>10 ありがとう
>>14 ありがとう
>>16 ありがとう
>>20-22 ありがとう ありがとう ありがとう
>>25 ありがとう
>>28 ありがとう
>>31 ありがとう
>>33-34 ありがとう ありがとう
>>37 やかましい ありがとう
>>39 ありがとう
>>41 ありがとう
>>43 やかましい ありがとう
>>45-46 ありがとう ありがとう
>>48-50 ありがとう ありがとう ありがとう
>>52-54 ありがとう ありがとう ありがとう
>>56-57 ありがとう ありがとう
>>60 ありがとう
>>63 ありがとう
>>65 やかましい ありがとう
>>66 ありがとう
>>68-69 ありがとう ありがとう
>>71 ありがとう
>>74-75 ありがとう ありがとう
>>77 ありがとう

読んでくれてありがとう

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/15(金) 15:23:21.24 ID:LQdq1gu+0
ありがとうイズビューティフル

コメント

これは良い
[2009/05/27 16:04] URL | わ #- [ 編集 ]


僕はモナーの作者じゃんww
[2009/06/23 02:06] URL | #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

K-AYUMU

Author:K-AYUMU

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

ユーザタグ

カ行 タ行 ア行 ちんこ ハ行 サ行 マ行 ナ行 英数字  ^ω^) ('A`) ラ行 1レス ワ行 (´・ω・`) ショボーン ヤ行 ブーン ショボン トソン 'ー`)し ξ゚⊿゚)ξ (,゚Д゚) ドクオ まんこ (=゚д゚) J( 1レス カラマロス大佐 シュー ミセリ (-_-) いよう 川д川 人狼 (∪^ω^) 世紀末 ツンデレ 

FC2カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。