mesimarja
気に入ったスレを集めてみました。
03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ξ゚⊿゚)ξメカキングギドラに乗り込むようです(^ω^ )
1 名前: ◆6ZgdRxmC/6 :2009/06/03(水) 21:26:17.01 ID:xldq2GQu0


小山ほどの大きさもある、巨大な黒い影。

地響きを上げ、大蛇のような尻尾をくねらせながら、それはゆっくりと動いている。
真っ赤に染まった曇り空、その下の破壊された町並み。

―――そう、この光景を生み出したのは、『あいつ』だ。

 『あいつ』が歩けば、それだけで世界が赤に染まり。
 『あいつ』が歩けば、それだけで今まで創り出した物も、者も、無に還る。
 存在そのものが、暴力、破壊、―――いや、『災厄』

『あいつ』は、全ての者からも、物からも、圧倒的な“破壊”という名の『平等』で、全てを奪ってゆく。




2 名前: ◆6ZgdRxmC/6 :2009/06/03(水) 21:28:33.24 ID:xldq2GQu0






     人々は、それを『ゴジラ』と呼んだ。







3 名前: ◆6ZgdRxmC/6 :2009/06/03(水) 21:33:26.78 ID:xldq2GQu0


―――響く轟音。



     チャプター1:ゴジラから逃げる二人



他に誰も居ない、道路。
崩壊した街中の一本道を、少年と少女は走っていた。



5 名前: ◆6ZgdRxmC/6 :2009/06/03(水) 21:39:50.35 ID:xldq2GQu0


ξ; ⊿ )ξ ハア…ハア…

青い閃光、同時に建物の崩壊する音。

少年と少女の前に、倒壊したビルの残骸が降り注ぐ。
響く轟音、続いて少女の悲鳴。

(#^ω^)なんなんだお、さっきから。お前ら何者だお!

少年が後方に振り向き、叫ぶ



7 名前:>>4ちょw何故バレたwww ◆6ZgdRxmC/6 :2009/06/03(水) 21:48:50.54 ID:xldq2GQu0


( ゚ ゚)……

( ゚ ゚)……

( ゚ ゚)……

すると、少年の声に応えるように、皆一様に黒いマスクを被った集団が、崩壊した建物の影から現れた。

(#^ω^)こんなことしてる場合じゃないって、分かってるはずだお!? 早く逃げないとみんな『あいつ』に―――



8 名前: ◆6ZgdRxmC/6 :2009/06/03(水) 21:50:30.68 ID:xldq2GQu0


「それなら問題ない」

(;^ω^)お?

「『奴』の狙いは、おそらくこの先にある原発だ。それを考慮すると、ここは『奴』の進路からは微妙にずれている」

ξ; ⊿ )ξ今度は何…?

少年と少女が、目の前の瓦礫の山に目を戻す。

川 ゚ ゚)まあ放射熱線の被害を考えると、完璧に安全だとは言い難いがな

いつの間に居たのか、口元を黒い布で隠した、体つきから見て女性と思われる人物が、瓦礫の山の上から少年と少女を見下ろしていた。



11 名前: ◆6ZgdRxmC/6 :2009/06/03(水) 21:59:25.87 ID:xldq2GQu0


( ^ω^)…あんた、『G-FORCE』かお?

川 ゚  ゚)ほう、何故そう思う?

( ^ω^)この状況で『あいつ』の進路を冷静に把握してる人たちなんて、それ以外には考えつかないお

川 ゚   ゚)本当にそれだけかな? 内藤ホライゾン

(;^ω^)お?

相手が自分の名前を知っていたことに戸惑いを見せた少年の顔は、女性の次の一言で一変した。

川 ゚  ゚)いや、『ブーン』と呼ぶべきだったかな?



12 名前: ◆6ZgdRxmC/6 :2009/06/03(水) 22:06:05.94 ID:xldq2GQu0


(  ω )あんた達、本当に何者だお? 『G-FORCE』じゃないのかお?

ξ;゚⊿゚)ξえ? ちょっと、どうしたのよ内藤

いつも笑っているような少年の顔から笑顔が消えたことに驚いた少女――いや、『私』は、動揺を隠せなかった。

川 ゚  ゚)どうやらそっちの娘、何も知らないようだな。よし、私が特別に教えてやろう


ξ;゚⊿゚)ξ?

(  ω )


川 ゚  ゚)キミは、『G-FORCE』という機関を知っているだろう?

ξ;゚⊿゚)ξえ、ええ。『あいつ』をやっつける為に戦ってる人達のことでしょ?

川 ゚  ゚)そうだ、そして、その機関の中には、その存在の異質さ故、外部には公表されない、『V.I.P』と呼ばれる組織が存在する



14 名前: ◆6ZgdRxmC/6 :2009/06/03(水) 22:10:43.80 ID:xldq2GQu0


川 ゚  ゚)そうだな? 『対巨大生物対策委員会特務工作員』内藤ホライゾン

ξ;゚⊿゚)ξ!?

(  ω )…悪いけど、人違いだお

川 ゚  ゚)ほう?

(  ω )『V.I.P』なんて組織、僕は知らないし、それにこの格好を見れば分かるお?

内藤は自らの纏う、黒い学生服を指差して言った。

( ^ω^)僕は、普通の高校生だお



15 名前: ◆6ZgdRxmC/6 :2009/06/03(水) 22:13:27.41 ID:xldq2GQu0


川 ゚ ゚)『普通の高校生』か、なるほどな

(;^ω^)ッ!

女性が、不意に少年と少女の視界から消える。

ξ゚⊿゚)ξ―――え?

川 ゚ ゚)

ξ;゚⊿゚)ξえ?

次の瞬間、少女の前に現れた女性の手には一本の日本刀。
そしてそれは、迷うことなく少女に向かって振り下ろされていた。



17 名前: ◆6ZgdRxmC/6 :2009/06/03(水) 22:21:40.07 ID:xldq2GQu0


ξ; ⊿ )ξ

思わず目を瞑った少女の耳に、金属と金属がぶつかる、鈍い音が響く。
目を開くと、そこには



( ^ω^)随分と物騒なものを持ってるじゃないかお

随分と見知ったはずの顔があった。



川 ゚  ゚)キミに言われる筋合いは無いと思うがね

( ^ω^)…おっお、違いないお

少女の目の前には、見知ったはずの少年。しかし、その両手には見慣れぬ二つの黒い鉄の塊。

川 ゚  ゚)最近の『普通の高校生』は、そんな物騒な物を持ってるのか?

( ^ω^)=3そんなわけないお

軽く溜息をついて、少年は両手に持った、二つの黒い鉄の塊を女性に向ける。



18 名前: ◆6ZgdRxmC/6 :2009/06/03(水) 22:26:25.06 ID:xldq2GQu0


( ^ω^)軽口を叩く余裕があるのは結構だけど、今、自分が置かれてる状況、分かってるのかお?

少女の目の前には、今、とてもではないが信じられない光景が広がっている。

川 ゚ ゚)私は分かっているさ、寧ろ、分かってないのはキミの方だと思うがね

自分の、一番良く知っている少年に日本刀を向ける、黒尽くめの女性と、

(;^ω^)お?

素人目に見ても壊れて、既に鉄の塊と化している二丁拳銃を女性に向ける、よく知っているはずの幼馴染の姿。

(;゚ω゚)な、なんだおこれ? いつの間に―――

川 ゚ ゚) ―――ッ!!

(;^ω^)ッ!!

再び女性が、今度は少年に向けて刀を振るう。少年はそれを両手に持つ、二丁の拳銃を交差させて受け止めようとした、しかし―――

川 ゚  ゚)無駄だ……!



19 名前: ◆6ZgdRxmC/6 :2009/06/03(水) 22:30:46.09 ID:xldq2GQu0


(;゚ω゚)う、嘘だお!?

女性の持つ刀の切っ先が、少年の額に突きつけられる。

川 ゚  ゚)ふふ……拳銃を持った相手に、『普通の刀』で挑むとでも思ったのか?

(; ω )くっ!

ξ;゚⊿゚)ξな、内藤!!

だらりと下げられる、少年の両腕。その腕に握られているのは、もはや拳銃とは呼べない、銃身を斜めに斬り落とされた無残な二つの黒い鉄の塊。

(; ω )拳銃の銃身を斬り落とすなんて、どういう切れ味してるんだおその刀…

落胆する少年。女性はそれには答えず、額につけた切っ先をゆっくり下へ、少年の喉下に移動させる。



20 名前: ◆6ZgdRxmC/6 :2009/06/03(水) 22:35:33.33 ID:xldq2GQu0

ξ;゚⊿゚)ξや、やめて…やめなさいよッ!!

たまらず走り出す少女。しかし、たちまち現れた黒いマスクの集団に行く手を阻まれてしまう。


( ゚  ゚)……

( ゚  ゚)……

( ゚  ゚)……


ξ#゚⊿゚)ξな、何よ、あんた達!! どいてよ!!!

( ゚  ゚)……

少女がいくら叫んでも、黒いマスクの集団はただ無表情に少女を眺めるばかりだった。



22 名前: ◆6ZgdRxmC/6 :2009/06/03(水) 22:40:28.41 ID:xldq2GQu0


ξ# ⊿ )ξどきなさいよ……

( ゚  ゚)……

ξ#゚⊿゚)ξ ど け え え え え ! ! !

痺れを切らした少女が黒マスクの集団に突進するが、しかし、当然のごとくたちまち取り押さえられてしまう。

ξ#゚⊿゚)ξくそ、離しなさいよ! 離せ!! 内藤―――!!!!

(;^ω^)ツン!!

川 ゚  ゚)くっくっく…

黒尽くめの集団に取り押さえられ、それでもなお叫ぶ少女と、少女に答える喉下に刀を突きつけられた少年。その様子を見て、女性はさも面白いものを見たという風に笑っている。

ξ#゚⊿゚)ξちょっとあんた、何がおかしいってのよ!

川 ゚  ゚)くっくっく…すまない、あまりにキミが必死なものでね、つい…

そう言って再び笑い出す女性、その様子は少女の怒りを一層煽り、少女は必死に暴れるが、その抵抗も数には適わず、あえなく失敗に終わる。



24 名前: ◆6ZgdRxmC/6 :2009/06/03(水) 22:45:31.96 ID:xldq2GQu0


川 ゚  ゚)安心したまえ、彼を殺すつもりはないよ

そう言って、女性は刀を持っていない左手を上げる。それを受けた黒マスクの集団のうちの何人かが少年の両脇に立ち、拘束した。
それを確認すると、女性は刀を腰に刺した鞘に収め、少年に近づき、その服に手を掛ける。

ξ#゚⊿゚)ξちょ、ちょっとあんた、何してんのよ!!

女性は少年の学生服についている金ボタンを、上から順にはずしていく。そしてその懐に手を突っ込むと、そこから一つの携帯電話を取り出した。

(;^ω^)そんなもの…どうするつもりだお?

黒マスクの集団に拘束され、身動きの取れない少年が聞くと、慣れた手つきで携帯電話をいじっていた女性は、それを耳に当てながら答えた。

川 ゚  ゚)なあに、大したことではないさ、少しキミの上司と話がしたいだけだよ

女性の持つ、携帯電話からコール音が漏れている

川 ゚  ゚)なにせ、邪魔されたくないものでね

そう言って、女性はおもむろに手を上げ、ある方向を指差した。



26 名前: ◆6ZgdRxmC/6 :2009/06/03(水) 22:50:24.07 ID:xldq2GQu0

女性の指差す先には、小山ほどの大きさもある、巨大な黒い影。
地響きを上げ、大蛇のような尻尾をくねらせながら、それはゆっくりと動いている。
真っ赤に染まった曇り空、その下の破壊された町並み。

 ―――そう、この光景を生み出したのは、『あいつ』だ。

 『あいつ』が歩けば、それだけで世界が赤に染まり。
 『あいつ』が歩けば、それだけで今まで創り出した物も、者も、無に還る。
 存在そのものが、暴力、破壊、―――いや、『災厄』

『あいつ』は、全ての者からも、物からも、圧倒的な“破壊”という名の『平等』で、全てを奪ってゆく。

( ^ω^)『ゴジラ』……

川 ゚  ゚)せいぜい、今のうちにその目に焼き付けておくといい

地響きを轟かせながら進む、生きた災厄の名前を呟いた少年。その前に立つ女性は、静かにそう言った。

川 ゚  ゚)あいつは、私たちが倒す

ξ;゚⊿゚)ξえ……?

戸惑う少女、そして、次の瞬間響き渡るのは、聞き覚えの無い咆哮。

(;^ω^)な、なんだお!?

ξ;゚⊿゚)ξこの声は……ゴジラじゃ、無い?


27 名前: ◆6ZgdRxmC/6 :2009/06/03(水) 22:52:13.76 ID:xldq2GQu0





     このとき、まだ少女と少年は知る由も無かったのだ。






28 名前: ◆6ZgdRxmC/6 :2009/06/03(水) 22:54:30.97 ID:xldq2GQu0


(;^ω^)ツン、見るお!!



“ゴジラの申し子”と、“ギドラの巫女”と、そして“バトラの代弁者”



ξ;゚⊿゚)ξな、何よ、あれ!?



これから彼女たちが巻き込まれることとなる、世界の命運をかけた一つの事件



29 名前: ◆6ZgdRxmC/6 :2009/06/03(水) 23:00:47.03 ID:xldq2GQu0





     ξ;゚⊿゚)ξ三つ首の……竜?

  ―――自分たちは、もうとっくに巻き込まれてしまっているということに






30 名前: ◆6ZgdRxmC/6 :2009/06/03(水) 23:02:38.12 ID:xldq2GQu0






     ξ゚⊿゚)ξメカキングギドラに乗り込むようです(^ω^ )
            チャプター2 に続く







33 名前: ◆6ZgdRxmC/6 :2009/06/03(水) 23:12:12.46 ID:xldq2GQu0
はい、この話の中で最も読みにくいであろう一話目が終わりました。
チャプター2からは一人称視点です。
ちなみに、まだ投稿は狩猟しません。
起きてる人はお付き合いください。


35 名前: ◆6ZgdRxmC/6 :2009/06/03(水) 23:15:41.68 ID:xldq2GQu0


ニューソク町は、北と東を海に面した小さな町だ。
この町の中心に位置する小さな山の上には、「魏怒羅神社」という名前の神社がある。初めてこの名前を聞いた人は、少し変わった名前だなと思うかもしれないが、この名前にはこんな由来があるのだ。

その昔、まだ「ニューソク町」が「入足村」と呼ばれていた頃。空から金色の三つ首龍がやってきて、村を荒らしまわっていた。
村では若い娘を生け贄にしたり、神官が祈りをささげたりしたが、一向に龍の破壊活動は止まる気配が無い。
そんなある日、とうとう村の神官の娘が生け贄に選ばれることになった。
どうやら龍の破壊活動か止まらないのは、祈りをささげる神官の真剣さが足りないからだ、ということになり、責任を取らされる形になったらしい。
神官の娘はその運命を受け入れ、生け贄として命を散らす直前、自らが作った、金色三つ首の龍の為の唄を歌った。
龍は、神官の娘の唄の、そのあまりの美しさに心打たれ、村を荒らすことを止め、自ら海へ帰っていったという。

     チャプター2:ギドラとラウンジのクー

この伝説に残る、金色の三つ首龍は「竜王『魏怒羅』」と呼ばれ、魏怒羅が帰っていったと伝えられる浜辺を「魏怒羅ヶ浜」その海を一望できる、山の上にある神社を「魏怒羅神社」と呼ぶ。



36 名前: ◆6ZgdRxmC/6 :2009/06/03(水) 23:23:11.14 ID:xldq2GQu0


ξ゚⊿゚)ξ

ツンは、色々と訳が分からなくなっていた。
数日前、めずらしく幼馴染にデートに誘われて、内心ウキウキしながら今日のデートを指折数えて待っていた。
実際、今日のデートは楽しかった、が、デート現場である遊園地のめぼしいアトラクションを殆んど回り終わり、内藤といい感じになった瞬間、突然、東側の海から『あいつ』が現れた。
まったく、防衛庁の連中は何をしていたんだ。この町にある『G-FORCE』の支部は、あれは何だ? ただの飾りか?

ξ# ⊿ )ξ

てめえらは私たちの様な“平凡な一般市民”の生活を守る為に高い税金を国民から巻き上げてるんだろうが、あんな『でかいモノ』が町のすぐ隣の海の底にいることぐらい事前に察知しとけ、役立たずが、木偶の坊が、おかげで私は―――

ξ# ⊿ )ξ(あと3センチ、いや、もっと近かったか…?)

―――人生の内で、一番大切な瞬間を、先送りにされたのだ。

―――( ^ω^)ツン、僕はキミのことが……
―――え…?
―――( ^ω^)ツン……
―――(え? え?? ちょっと、顔が近ッ…え、ええええ?)
―――(  ω )……
―――ぶ、ブーン……



37 名前: ◆6ZgdRxmC/6 :2009/06/03(水) 23:28:23.03 ID:xldq2GQu0


ξ# ⊿ )ξ(こ ん ち く し ょ う が)

その直後、突然遊園地横の海からゴジラが出現したことにより、私の人生初めてのキスは完全に先送り決定となってしまったのだ。
なぜ、よりによって、遊園地横の海から。北にある魏怒羅ヶ浜からでもいいではないか、むしろそうしろ、今からでも時間を巻き戻してやり直せ、私のファーストキスを返せ。
ツンは激昂し、未だに建物をなぎ倒しながら進む、無駄にでかい黒い生き物を睨み上げる。

ξ# ⊿ )ξ(いや、『あれ』はまだ救いようがあるわ)

実際、あいつのおかげで、ブーンと手を繋いでかなりの距離を走れたわけだし、ファーストキスを邪魔したことは万死に値するとしても、それを差し引けばキンタマ三発蹴り上げて、そのあと、腹を気が済むまで踏みつけるくらいで我慢してやってもいい。

ξ# ⊿ )ξ(むしろ、許しがたいのは、こいつ等)

先程から自分の体を許可無く触(※押さえつけ)っている、体つきからして男と判断できる(※わりと筋肉質)黒マスクの集団(※マスクの下がイケメンであれば、二号三号として飼ってやらなくもない、もちろん一号はブーン)
そして、何より許しがたきは、



38 名前: ◆6ZgdRxmC/6 :2009/06/03(水) 23:35:30.27 ID:xldq2GQu0


ξ# ⊿ )ξ(あ の お ん な ! !)

川 ゚  ゚)

突然、ゴジラから逃げる自分たちを付け狙い、襲い掛かり、拘束し、あまつさえあの女は

ξ#゚⊿゚)ξ(私 の ブ ー ン の 服 を 脱 が そ う と … !)

大体、何なのだあの女は。
『ブーン』という幼少時代の私が呼んでいた彼のあだ名を知っているし、その他にもあいつのことを私よりも知っているかのような、あの口ぶり。
あいつは一体内藤の、いや、ブーンのなんなのよ―――



39 名前: ◆6ZgdRxmC/6 :2009/06/03(水) 23:40:32.79 ID:xldq2GQu0


( ^ω^)金色で、首が三つってことは……

不意に聞こえる幼馴染の声が、ツンを現実に呼び戻した。

( ^ω^)あれは、「ギドラ」なのかお……?

内藤の質問に、黒マスクのクソアマ(※飽くまでツンの偏見)が「察しがいいな」と無駄に気取った調子で、格好ついてないけど(※偏見)格好つけて笑い、もったいぶって内藤の質問に答える

川 ゚  ゚)そうだ、アレこそが「竜王『魏怒羅』」。この町の住民なら誰もが知っている、金色の三つ首龍さ

( ^ω^)……でも、あれ、翼がないお?

言われてツンは、ゴジラと向き合うような形でこちらに向かってくる、金色の三つ首龍に目を向けた。
金色の鱗に覆われた太い胴体と、それを支えるたくましい足、胴体から伸びる首についた頭は、日本や中国で知られる『龍』そのものだ。
こちらに真正面を向けている為よくは見えないが、後ろのほうに複数の尻尾も確認できる。
ニューソク町で、毎年梅雨明けに催される祭り、「魏怒羅祭り」には、複数の棒で人間が動かす大きな魏怒羅の人形が使われるが、見たところ、それとほぼ特徴が一致している。
一つ違うところがあるとすれば、体の両脇についた、コウモリのそれに似た一対の翼が無いということだけ。

川 ゚  ゚)ああ、まだ目覚めたばかりだからな、いろいろと不完全なのだよ

そう言って女は、いままで耳元に当てていた携帯電話をパタンと閉じた。



40 名前: ◆6ZgdRxmC/6 :2009/06/03(水) 23:45:30.78 ID:xldq2GQu0


( ^ω^)……一体、何の用事だったのかお?

川 ゚  ゚)なあに、大した用ではないよ

突然、響き渡る咆哮。そして、青白い光が辺りを淡く照らす。

川 ゚  ゚)さて、間合いも詰まったことだし、そろそろ始まるかな

女が、ゴジラの方に目を向けて、そう言った。つられて、ツンと内藤も同じ方向に目を向ける。
ゴジラの背中に並ぶ、岩のようにゴツゴツした背びれの全てが、青白く発光していた。転瞬、その口から、超高温の青白い熱線が吐き出される。
それがギドラの胸に直撃し、ギドラの三つの首が、それぞれ苦しそうな悲鳴を上げた。
それを好機とばかりにゴジラは、ギドラに接近していく。

( ^ω^)さっきあなたは、ゴジラを「自分たちが倒す」って言ってましたお…



42 名前: ◆6ZgdRxmC/6 :2009/06/03(水) 23:50:34.89 ID:xldq2GQu0


ゴジラの振るった爪がギドラの金色の鱗の上を凪ぐ。ギドラは爪をその鱗でいなし、その三つの頭でそれぞれゴジラの右肩、首、左わき腹に牙を食い込ませる。
今度は、ゴジラの悲鳴が上がる番だった。

( ^ω^)それは、あのギドラを使って、と、いうことですかお?

川 ゚ ゚)ああ、そういうことだ

ギドラの三つの首が、それぞれ金色に発光し始める。続いて、噛み付いたギドラを振り払おうともがくゴジラの体に、まるで蛇のように、金色の光が這い始め、そして

( ^ω^)つまり、あの「ギドラ」は

文字にするなら「バチ」という感じの音が響き、続いて全身から煙を上げたゴジラの体が左に傾き、そして倒れていく

( ^ω^)「あなたたちが操っている」と、解釈しても?

巨大な生物が、倒れたことによる轟音と、そして振動。思わずツンがフラつくが、この二人は向かい合ったまま微動だにしない。



43 名前: ◆6ZgdRxmC/6 :2009/06/03(水) 23:55:52.53 ID:xldq2GQu0


川 ゚  ゚)……

内藤の質問に、女は無言。

( ^ω^)返事が無いのは「肯定」と解釈させていただきますお

数名の黒いマスクの男に押さえつけられ、膝をつく内藤は、見上げるような形で女を見つめ、そして、聞いた

( ^ω^)あなた達は、「何者」だお?

ξ゚⊿゚)ξない…とう…?



44 名前: ◆6ZgdRxmC/6 :2009/06/04(木) 00:00:49.56 ID:IzjiVQV10


いつもと明らかに雰囲気が違う、幼馴染の姿。

川 ゚  ゚)…くっくっく

それに対する女の、不敵な笑み。

川 ゚  ゚)いいだろう、教えてやる

それら全てが、なんだか現実味が無くて

川 ゚  ゚)組織の名は、『ラウンジ』、私の名前は『クー』

ツンには、今、自分の前で起こっている出来事全てが

川 ゚  ゚)私は、ラウンジのクーだ



45 名前: ◆6ZgdRxmC/6 :2009/06/04(木) 00:02:04.66 ID:IzjiVQV10





     自分とは関係の無い、とても遠い世界の出来事のように感じられた。







46 名前: ◆6ZgdRxmC/6 :2009/06/04(木) 00:08:29.69 ID:IzjiVQV10





     ξ゚⊿゚)ξメカキングギドラに乗り込むようです(^ω^ )
           チャプター3 に続く






47 名前: ◆6ZgdRxmC/6 :2009/06/04(木) 00:15:16.87 ID:IzjiVQV10
あーうん。読んでくれてる人いるかな?
いたらありがとう、あと読んでくれた人たちもありがとうございました。
そんなわけで今日の投下狩猟します。

コメント

面白いよ
[2009/06/07 19:28] URL | な #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

K-AYUMU

Author:K-AYUMU

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

ユーザタグ

カ行 タ行 ア行 ちんこ ハ行 サ行 マ行 ナ行 英数字  ^ω^) ('A`) ラ行 1レス ワ行 (´・ω・`) ショボーン ヤ行 ブーン ショボン トソン 'ー`)し ξ゚⊿゚)ξ (,゚Д゚) ドクオ まんこ (=゚д゚) J( 1レス カラマロス大佐 シュー ミセリ (-_-) いよう 川д川 人狼 (∪^ω^) 世紀末 ツンデレ 

FC2カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。