mesimarja
気に入ったスレを集めてみました。
01 | 2017/03 | 10
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川 ゚ -゚) 少女クーは‘2’に棲まうモノ達と奇妙な旅をするようです(12)
65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 21:17:03.51 ID:euBH7bWT0


川 ゚ -゚) 少女クーは‘2’に棲まうモノ達と奇妙な旅をするようです





⑬ツンとデレの話




66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 21:18:16.10 ID:euBH7bWT0


「・・・デレ、起きて」

「ん・・・。おねーちゃん?」

「ごはん、貰いに行くよ?」

「・・・うん」




67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 21:19:52.01 ID:euBH7bWT0

ある日、私 ツンと 双子の妹 デレは
お父さん、お母さんの二人を失ってしまいました。

恐ろしい顔をした、威圧的な人たちに両腕を掴まれ
悲鳴を上げながら連れて行かれた二人。

それから、ずっと帰ってくることはありませんでした。

お節介な、両親の知人が言うには・・・

お国に対して、良くない事をしていた
そういう容疑がかけられたとのこと。

それから、おそらく
もう、君たちの前に帰ってくることはない、とのこと・・・



68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 21:21:27.88 ID:euBH7bWT0

その知人は、私たちに強く同情してくれました。

生活に困った私たちは、
その人の同情に甘えることに。

それから、私たちはその人の紹介を受けて引っ越した、
煤けた建物の中で日々を過ごしている。

特に不自由はない。

ふかふかしたお布団もあるし、
朝起きれば、一緒に生活している人たちに
ご飯もわけてもらえる。

今、食べてるみたいな、あったかい御飯が。

一緒に生活している人たちが、何をしているかは分からない。

助けてくれている知人が、
探っては駄目だと言ったから。

正直、不安はあるけど・・・



69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 21:23:25.14 ID:euBH7bWT0

私たちは見返りに何かしてあげようとした。

でも、そんなものはいらないといわれた。

だから、せめて、昼間は建物の掃除をしてまわっている。

絶対に入っちゃいけないエリアがあったけど
それ以外、私たちは掃除してまわった。

・・・

幸せじゃなかったけど
贅沢言わなければ・・・かなり、
ましな生活をしていたのかもしれない。

あの日が、来るまでは



71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 21:25:14.11 ID:euBH7bWT0

ξ゚⊿゚)ξ さあ!会議室の掃除でもしよう!

ζ(゚ー゚*ζ うん

ξ゚⊿゚)ξ さて、ほうきと雑巾、バケツ・・・あ!


(+゚-゚) ・・・


ξ゚⊿゚)ξ でぃさん、こんにちわ

ζ(゚ー゚*ζ こんにちわ~

(+゚ー゚) ・・・こんにちわ



72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 21:26:19.38 ID:euBH7bWT0

でぃさんだ。

でぃさんは大好き。

ここの施設の人は、
私たちが挨拶しても、すごく余所余所しい。

でも、この人は私たちに本物の笑顔を向けてくれる。

それが、素直に嬉しい。


・・・ただ、この人
ずっと、元気がなさそうなんだ・・・

なにか、悩みでもあるんだろうか。



74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 21:28:45.73 ID:euBH7bWT0

ξ゚⊿゚)ξ でぃさん、今から会議室の掃除します~

ζ(゚ー゚*ζ でぃさんも、一緒にする~?

(+゚ー゚) ・・・そうね

ξ゚⊿゚)ξ おお、ありがとです

ζ(゚ー゚*ζ 私たちじゃ、届かないとこのお掃除してもらるね~

ξ゚⊿゚)ξ うん

(+゚ー゚) ・・・



76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 21:29:42.77 ID:euBH7bWT0

会議室へと駆け出す私たち。

無言でついて来る、でぃさん。

机を2人で動かして、掃き掃除を始める。

でぃさんは到着すると、
高い棚の上だとか、窓の拭き掃除をはじめてくれた。

私はデレとお話ししながら
掃き掃除を終えた。

でぃさんに、
終わったよと声をかけようとする。


・・・あれ?



77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 21:32:44.68 ID:euBH7bWT0

「・・・でぃさん?」

「・・・」

「何で、泣いてるの?」

「・・・なんでもない・・・の」

「・・・」

「・・・」



でぃさんに近づく私たち。

私たちが、でぃさんに近づくと・・・

でぃさんは、私達を抱きしめてくれた。



78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 21:34:13.40 ID:euBH7bWT0

「どうしたの?どこか痛いの???」

「・・・」

「でぃさん・・・」

「・・・あなたたち、他に、身寄りないの?」

「・・・ない。どーして?」

「・・・」

「わたしたち、どうかしたの???」

「・・・うん」

「え・・・」

「・・・どっか、行こうか」

「え? ど、どっか???」

「あなたたち、私の子供になりなさい・・・」

「・・・こども」


79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 21:35:58.86 ID:euBH7bWT0

「いや?」

「いやじゃ、ないです・・・だけど」

「・・・」

「どうしたんですか???きゅうに・・」

「ここは、貴方達の居場所じゃ、無いと思うの」

「・・・」

「そして、私の居場所でもない」

「・・・居場所じゃ、ない?」

「貴方達を連れて来た、あいつ。
 あいつが、善意から貴方達を連れてきたとは、どうしても思えない」

「どういうことですか?」

「・・・私の息子も、あいつにいい様に利用されてるのよ
 もう、あの子は深みにはまって抜けだせない」



80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 21:37:24.83 ID:euBH7bWT0

「・・・」

「貴方達は、まだ抜け出せるわ
 ・・・一緒に行きましょう?」

「・・・」

「・・・ギコさんは、いいんですか?」

「・・・あの、バカ息子・・・」

「・・・」

「・・・」

「何で、そう思うんですか?ここにいないほうが、いいって?
 居場所じゃない??? よく、わかりません」

「うん・・・」

「教えてください」


83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 21:39:33.03 ID:euBH7bWT0


「・・・君たちを連れて来た、あいつはね
 人を、この国を恨んでるの」

「恨んでる・・・?」

「酷い目に合わせて、自分の気を晴らしたいって、そう思ってる」

「・・・それって、私たちもってこと?」

「・・・ちょっと、違うの」

「え?」

「それに、使おうとしてるの」

「・・・よく、わかりません。
 私たちなんて、何もできないのに」

「できるわ・・・いや、できるって、あいつは考えてるの」

「・・・?」


84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 21:40:26.85 ID:euBH7bWT0

「・・・信じてくれない?」

「・・・わかりません」

「まだ、時間はあると思うの。
 決心したら・・・一緒にいきましょう」

「・・・」

「・・・」



86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 21:41:25.80 ID:euBH7bWT0


でぃさんの足音が響く。

・・・会議室から、姿を消した。

私とデレは、呆然と顔を見合わせた。




87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 21:43:30.51 ID:euBH7bWT0

ζ(゚ー゚;ζ どーいう、ことだろ?

ξ゚⊿゚)ξ わかんない

ζ(゚ー゚*ζ びっくりしたぁ

ξ゚⊿゚)ξ ギコ先生、いい人なのにね?

ζ(゚ー゚*ζ うん

ξ゚⊿゚)ξ あんな風にいうなんて・・・

ζ(゚-゚*ζ ・・・

ξ゚-゚)ξ ・・・


90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 21:45:02.75 ID:euBH7bWT0

ζ(゚ー゚*ζ でも、おねーちゃん

ξ゚⊿゚)ξ ん?

ζ(゚ー゚*ζ わたし、嬉しかったけどなぁ

ξ゚⊿゚)ξ ・・・

ζ(゚ー゚*ζ 子供になってって

ξ゚⊿゚)ξ ・・・うん

ζ(゚-゚*ζ でぃさん・・・何か知ってる風だったね

ξ゚⊿゚)ξ ・・・



91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 21:47:18.97 ID:euBH7bWT0

ξ゚⊿゚)ξ デレ

ζ(゚ー゚*ζ ん?

ξ゚⊿゚)ξ 私も、あの男は怪しいとは思ってるの・・・

ζ(゚ー゚*ζ ・・・須尚のお父さん?

ξ゚⊿゚)ξ うん・・

ζ(゚-゚*ζ あの人、怖いもん

ξ゚⊿゚)ξ でも、他に行くとこなかったしね・・・

ζ(゚-゚*ζ ・・・うん

ξ゚⊿゚)ξ ・・・でぃさんに、ついて行く?

ζ(゚-゚*ζ ・・・

ξ゚⊿゚)ξ ・・・

ζ(゚ー゚*ζ ・・・うん



92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 21:49:56.46 ID:euBH7bWT0

私とデレは、でぃさんを探しに行きました。

今、決めた事を伝えるために。

その途中、ギコさんに会いました。

ギコさんは、ちょっと慌てているみたいでした。

どうしたんだろう?

声をかけてみました。



94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 21:53:53.19 ID:euBH7bWT0

ξ゚⊿゚)ξ ギコさーん。どうかしたんですか?

(,,゚Д゚) あぁ・・・ツンちゃんか

ζ(゚ー゚*ζ デレもいるー!

(,,゚Д゚) おお・・・デレちゃんも、おはよう

ξ゚⊿゚)ξ ・・・でぃさん、探してる?

(,,゚Д゚) ! そうなんだよ。どっかで会ったか? ゴルァ

ζ(゚ー゚*ζ 私たちも探してる~

(,,゚Д゚) そか、ゴルァ・・・一緒に探すか?

ξ゚⊿゚)ξ はい

ζ(゚ー゚*ζ うん


95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 21:54:45.70 ID:euBH7bWT0



私たちは、探しました。

・・・?

見つからない・・・

一時間・・・二時間・・・

敷地内全てを探したのに
見つからない。

でぃさん、滅多に敷地内から出ないのに・・・




96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 21:56:01.49 ID:euBH7bWT0

(,,゚Д゚) ・・・やばいな

ξ゚⊿゚)ξ どうしたんだろ・・・

ζ(゚-゚*ζ 朝、一緒にお掃除してたのにね

(,,゚Д゚) ・・・なんか、お袋いってたか?

ξ゚-゚)ξ ・・・んーん。世間話だけ・・・

ζ(゚-゚*ζ ・・・うん

(,,゚Д゚) おふくろ、最近なにか思いつめてるみたいなんだ
      俺に、何か隠してる

ξ゚⊿゚)ξ ・・・

ζ(゚-゚*ζ ・・・


97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 21:57:20.27 ID:euBH7bWT0


(,,゚Д゚) なんか、知らねえか?

ξ゚⊿゚)ξ ・・・ギコさんこそ

(,,゚Д゚) え?

ξ゚⊿゚)ξ 何を隠してるんですか?

ζ(゚ー゚;ζ え、つんちゃん・・・

(,,゚Д゚) ・・・

ξ゚-゚)ξ ・・・

ζ(゚-゚*ζ ・・・

(,,゚Д゚) ・・・すまねぇ。ゴルァ



98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 21:58:23.11 ID:euBH7bWT0

ギコさんは、私たちから視線を逸らし
うなだれたまま去って行った。

・・・

なんだろう?

私達に出来ることなんて何もないのに

私たちは、よっぽど酷い事に使われるんだろうか・・・

なんだか、胸の中が嫌な空気で満たされ
苦しくなってくる


・・・でぃさんを待たず、
逃げようか

そう、デレに話そう。

そう思った、その時


99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 21:59:41.70 ID:euBH7bWT0


「やあ、ツンちゃん、デレちゃん。こんな所にいたのか」

「あ・・・」

「・・・」

「・・・挨拶は、どうしたんだい?」

「・・・こんにちわ。須尚のお父さん・・・」




100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 22:00:08.01 ID:euBH7bWT0

・・・クーちゃんのお父さん。
私達を、ここに連れて来た人。

久しぶりに、この人をみる。

この人、最近この施設内で見なかったのに。


・・・凄く、嫌な予感。


まさか、でぃさんがいなくなったのも・・・?


・・・


101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 22:01:13.45 ID:euBH7bWT0

須尚のおとーさんは、私達をお昼御飯に誘ってきた。

この施設内で、この人に逆らえるはずもない。

私たちは、諦め、ついて行った。

・・・普段使っている食堂ではなく
入ったことのないエリアにある
客室の様な部屋に通されました。

見た事もないような、豪華そうな料理が
視覚を裏切らなそうな匂いを漂わせながら
私達を待っていました。

でも・・・まったく、美味しそうに感じられません。



103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 22:02:27.93 ID:euBH7bWT0

「わー、おいしそう!」

「だろう?さあ、遠慮なく食べてくれよ」

「・・・デレ・・・ちょっと待ってね。
 須尚のお父さん。一体、何の用があって私達を?」

「そんなに、構えないでくれよ。
 最近、忙しくてね。

 君たちとも話す機会が中々なくて・・・こうして、たまには話したいじゃないか」

「・・・」

「・・・どうか、したのかい?」

「私たちを、何に使うつもり?」

「・・・」


104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 22:04:31.31 ID:euBH7bWT0

「・・・やっぱり、ディさんに何か聞いたのかい?」

「・・・あんた、もしかして、ディさんを・・・っ!?」

「お、おねーちゃん?どういうこと?」

「デレ。ディさんが急に居なくなったの、もしかしたら、こいつが」

「・・・聡い子は嫌いだ」

「あ、あんた・・・!」

「でぃさん・・・」

「子供は、大人の言う事を聞いていればいいんだよ?
 クーのように・・・」

「・・・クーちゃん?」

「・・・」

「クーちゃんに、何かしたの?」

「別に何も?」


106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 22:06:12.38 ID:euBH7bWT0

「・・・」

「・・・」

「・・・須尚のお父さん、私たち、ここから出ていきます」

「・・・あてが、あるというのか?」

「ないけど、ここには安心していられません」

「・・・」


「・・・はぁ。せめて、最後くらいは、
 いい思いをさせてやろうと思ったのにな」

「・・・さいご?」

「・・・」


107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 22:07:33.33 ID:euBH7bWT0

無言で、立ち上がる須尚のお父さん。

そのまま、部屋の外へと出て行った。

私とでれ はきょとんとした顔で
その後姿を見る。

二人、互いの顔を見つめあって
同時につぶやいた。



「さいごって、どういうこと?」





109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 22:09:11.68 ID:euBH7bWT0

・・・それが、たぶん
最期の言葉だったんだと思う。

突然、変な臭いが部屋に充満し始めて。

それに伴い、視界がぼやける。

でれ の顔が、変な風に歪んでる。

でれ が、ソファーの上に崩れ落ちる。

私もすぐ、耐えられなくなり、
でれの上に覆いかぶさるように倒れ

意識が途絶えた。



111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 22:10:47.05 ID:euBH7bWT0

・・・

ここから先は、おそらくタダの悪夢。

私は、薄暗い中、目が覚めるの。
蓋のあいた木の箱・・・の中かな。
まるで、棺みたい。

すごい、体中が重くて
頭も、まともに動かなくて・・・

でも、すぐ隣に でれ の息遣いを感じた。

ちょっと、安心した。

一緒にいる、良かったって。

でれ の姿を見たくて、
私は体を起こそうとしたの。


112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 22:11:29.62 ID:euBH7bWT0

・・・異常に、重い。

特に、体の右側が・・・

「で、でれぇ・・・」


「・・・」




「・・・ひっ!」




113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 22:12:26.69 ID:euBH7bWT0


理解できなかった。

私の体の右手がない。

いや・・・
右手どころか、
私の右半身のかなりの部分が欠落していた。

でも、そこに、何もないわけじゃなくて・・・

そこを埋めるように

わたしの、でれ の体が、合わさっていて・・・

私の右肩があった辺りから、
顔色の悪い でれ の頭部が生えている。



114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 22:13:43.66 ID:euBH7bWT0

・・・

私の小さな悲鳴で気がついたのか

でれ が苦しそうに呟く。

眼は、開かないみたい。

この悪夢は、認識できないみたい。

いや、そうであって・・・

ほしい



116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 22:16:26.10 ID:euBH7bWT0


「・・・ぉ、おねぇちゃん・・・」

「で、でれ・・・」

「おねえちゃん、どうしたの?
 苦しいの?」

「だ、だいじょうぶだよ・・・私は・・・」

「でれ ね、ちょっとしんどい・・・」

「うん、寝てて、でれ」

「うん・・・」

「ゆっくり、寝てて。その間に、楽になるから・・・」

「うん・・・」



119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 22:19:33.57 ID:euBH7bWT0

・・・

でれ は、再び動かなくなった。

・・・

突然、ぱちぱちぱち、

耳障りな音がする。

苦労して、そちらの方を向くと・・・

須尚のお父さんがいた。



121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 22:23:22.90 ID:euBH7bWT0

「でれちゃんを気遣っての事かい?
 涙ぐましいな・・・」

「あんた・・・」

「優しい子だ。それに、強い。
 よくまあ、あの手術を受けた後でそれだけの憎しみを持てるものだ」

「・・・ころしてやる」

「・・・素晴らしい。それでこそ、リョウメンスクナになるに相応しい」

「・・・? りょうめん・・・すくな・・・?」

「日本書紀にその名を残す魔人だ」

「・・・」

「飛騨に現れ、朝廷に背いて民衆を苦しめていたが、
 仁徳天皇65年、朝廷が差し向けた武将・武振熊命により退治されたとされている」

「彼の姿は異形にして、身の丈一丈・躯は一つにして顔が両面にあり、
 四手四足であったとして伝えられている」

「・・何よ、その化け物は・・・」



124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 22:28:12.76 ID:euBH7bWT0

「まあ、本当にそんあ化け物であったとは思えんがな。
 その外見も、恐るべき武芸に対する畏怖を込めた比喩だったのだろう」

「・・・」

「そもそも、日本書記でこそ悪者扱いだが、
 現在でも飛騨には彼を英雄と見、信仰の対象にしている者どももいるようだ」

「・・・だから、だから・・・」

「・・・手術の関係上、4手4足にはできなかったな。
 だが、そんな事は些細な事さ・・・

 問題は・・・今にまで伝わることによる、
 りょうめんすくなに募る恐怖の量。


 それから、君らの持つ、もしくは、君らに向かう事になる

 にくしみ きょうふ・・・ぜつぼう・・・


 そのりょうさ・・・あ・・・あはははははは


 あはははははははははははははははははははははは」


125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 22:31:15.38 ID:euBH7bWT0

「・・・」

「君らの手術・・・
 誰が行ったと思う?」

「・・・ぎこさん・・・?」

「・・・くっくっく。ちがう。違うよ・・・」

「・・・」

「君らの、大好きな、でぃのばばぁさ」

「・・・!?」

「私がやってくれといったら、
 喜んでやってくれたよ」

「そ、そんなはずがない!
 あ、あの人は、わ、わたしたちの・・・

「そう、おかあさんになってくれた」


127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 22:35:21.78 ID:euBH7bWT0

「君たちを、りょうめんすくなに、生まれ変わらせてくれたんだ・・・

 まさに、おかあさん・・・だなぁ」

「・・・」

「・・・なんだ、その眼は」

「あんただ! あんたが何かしたんだろう!!!」

「・・・ふーむ。どっちの方が効果的か。
 憎しみを分散させるより、
 あえて真実を話すことで、私に集中させた方が効果的だろうか・・・」

「なにいって・・・んのよっ!!!」

「・・・手術をせねば。
 ギコを、拷問にかけて、ころすといった」

「・・・ぎこ、さんを・・・?」

「ああ。そうさ・・・」


128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 22:38:18.74 ID:euBH7bWT0


「でぃさんは、やっぱり息子を見殺しには出来なかったな。
 泣きながら・・・やってくれたよ。

 まったく。あの姿は、見るに絶えないものだった」

「・・・おばさん・・・」

「・・・くっくっく。あのばばぁ。
 手術を終えて、最後。
 気が狂って笑いながら首掻っ切って死にやがった。

 まったく、素晴らしい人材だよ!

 おかげで、我が生涯最高のモノができそうだ。
 あっはっはっはっは!!!!」

「・・・」




129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 22:42:15.04 ID:euBH7bWT0

「こ・・・」

「うん?」

「こ、ころしてやる!
 ころしてやる!!!!!!」
 ころしてやるうううううううううううううううううう!!!!」

「あっはっは。
 すごいぞ! そんな出来そこないの体で!

 化け物みたいに激昂してやがる!!!

 もっと、憎め、もっと狂え!!

 あっはっはっはっはっはっは!!!!!」

「うわああああああああああああああああああ」



131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 22:46:02.13 ID:euBH7bWT0

・・・ばたん。

私たちが入っている、箱の、蓋が閉められる。

その狭い箱の中で、私の叫び声が響き渡る。

私の左手が蓋の内側を引っ掻くたびに
右側にいるデレが、力なく揺れる。

もう、デレは・・・
先に、デレじゃなくなってしまったらしい。

蓋が閉められて、真っ暗闇でも

何かで真っ赤に染まり、
歪んで何かが見えてくる。

ねじ曲がった、
須尚のくそじじい。

ころす・・・ころしてやる・・・・

ころしてやる・・・・・・・・っ!!!!



134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 22:49:22.88 ID:euBH7bWT0


バタリ。

箱の外。

狂ったように笑っていた男が突然
胸を押さえ、箱にもたれかかる様に倒れる。

それから、2,3回痙攣した後





・・・動かなくなった。




135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 22:50:09.90 ID:euBH7bWT0
今日はこれで終わりです・・・

136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 22:54:37.18 ID:DZy9q8bk0
Happyendなんでしょ?


141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/24(金) 23:10:08.47 ID:euBH7bWT0
おつきあいありがとうです。

>>136
それは秘密にしておきます

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

K-AYUMU

Author:K-AYUMU

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

ユーザタグ

カ行 タ行 ア行 ちんこ ハ行 サ行 マ行 ナ行 英数字  ^ω^) ('A`) ラ行 1レス ワ行 (´・ω・`) ショボーン ヤ行 ブーン ショボン トソン 'ー`)し ξ゚⊿゚)ξ (,゚Д゚) ドクオ まんこ (=゚д゚) J( 1レス カラマロス大佐 シュー ミセリ (-_-) いよう 川д川 人狼 (∪^ω^) 世紀末 ツンデレ 

FC2カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。