mesimarja
気に入ったスレを集めてみました。
01 | 2017/03 | 10
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( ^ω^)笑う男のようです
2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 08:30:56.32 ID:EA45KsaCO
それが自分のすぐそばで起きているとしたら
悪態をつくさまが見えただろう

その表情は、一度見たら忘れられないほどの強烈なインパクトをもち

その声は

永遠というものがあるのか?

と疑問を持ってしまうほどに頭の中で響き続ける

この話を誰かにしたいんだが

話す前にこいつをなんとかしなきゃならないんだ


4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 08:35:45.14 ID:EA45KsaCO
('A`)

若者は、戦地から故郷に帰還した。

彼が戦地に赴いた仲間と一緒に撮った一枚の写真がある。

そこに写った14人の若者たち

故郷の地を再び踏んだのは、4人だけだった

3年

3年を戦場で過ごした彼らは、再び故郷に帰る事ができたのである

(´・ω・`)「なんと清々しい・・・」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 08:40:11.78 ID:EA45KsaCO
(´・ω・`)「見ろ・・・なんの変化もない。出兵したのが昨日のようだ」

('A`)「・・・」

( ´∀`)「ごめんだね。勘弁してくれ」

( ・∀・)「あぁ・・・あんな場所にもう戻るつもりはない。お前のような卑怯者だとそうじゃないのかもな?」

(´・ω・`)「なんだと!?」

( ・∀・)「はっ。なんだと!?だと?ふざけやがっておま・・・」

('A`)「やめろっ!もううんざりだ!勘弁してくれ」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 08:45:10.67 ID:EA45KsaCO
(´・ω・`)「ドクオ・・・」

('A`)「・・・俺は家に戻る」

( ・∀・)「はっ。はは(笑)そーだよなぁ!おまえらみてぇな卑怯者は、逃げかえりゃいいさ」

( ´∀`)「・・・」

(´・ω・`)「・・・覚えておけよ」

故郷はなんの変化もなかった

3年という長い時間も感じさせはしなかった

だが、彼ら4人の若者はあまりにも変わりすぎた

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 08:50:14.73 ID:EA45KsaCO
(´・ω・`)

ショボンの家がある町は、街外れの山道を1時間ほど車で走った所にある

ショボンが懐かしき故郷の町に帰還したときには
偉大な兵士たちへの歓迎は終わっていた。
だが、ショボンにとってそれは対した問題ではなかった

彼は、偉大な兵士などどうでもよく
共に戦った同世代の仲間であり友人であった
14人の男たちの事しか頭にはなかったのだ

(´・ω・`)「・・・」

(;´・ω・`)「そんな」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 08:55:59.35 ID:EA45KsaCO
3年という月日は彼ら帰還兵が想像するほど優しいものではなかった

(´・ω・`)「お母さん・・・」

ショボンの母は1年前の夏に心臓病で亡くなっていた

物心つくころにはショボンに父親はおらず
ショボンが暮らしていた、ショボンが育ってきた家には
今は誰もいなかった

(´・ω・`)「・・・まったく」

(´・ω・`)「みんな僕らから離れていくのだね」

もし、ショボンに家族というものがあったのならば
ショボンの抱えた苦痛を理解してあげたかもしれない
もし、母が生きていれば―

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 09:03:13.30 ID:EA45KsaCO
('A`)y-・~

四方を山に囲まれ、広大な土地にライ麦畑が続く街はずれ

そこに一軒だけ家がある

世間から外れ
自分だけの時間を求めた若者が孤独に過ごすその場所に訪れる人間はいない

('A`)y-・~

他人に興味を持たなければ、有名人のゴシップを見る気もしない
若い女にも興味を持たず
1日中、ボロボロの椅子に座っては本を読み漁る男を

街の人々は「奇人」と読んだ

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 09:09:54.25 ID:EA45KsaCO
3年

3年の時間が変化させたものの一つに街の娘たちの姿がある

彼女たちはみな美しく、大人の女に成長していた

帰還した夜

多くの兵士が魅力的な彼女らと交流を持った


( ´∀`)「その美しい髪型は君のためにあるみたいだね」

( ・∀・)「いい女だ」

モナーにモララーも同じように、彼女たちを楽しんだ

だが、ドクオはそんなものにまったく興味はなかった

('A`)y-・~「はぁ・・・」

彼には後悔と罪の意識があったのだ

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 09:14:54.92 ID:EA45KsaCO
その夜はいつのまにかに過ぎた

何事も永遠には続かないのだろう

もう、夢から覚めなければいいのに

そう思いもした

激しい雨がボロく腐った屋根を叩くのがわかる

('A`)「・・・はい?」

激しい雨とともに別の音があるのにドクオは気がついた

ドアを叩く音
激しく叩く音

('A`)「はい?」

ドン!ドン!ドン!

「ドクオかぁ!!?」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 09:18:07.18 ID:EA45KsaCO
ドアを開けると警官が言った

警官「誰かいるか?」

('A`)「・・・いや」

警官「・・・」

警官「そうか」

その沈黙と、警官の目には馴れていた
前から、何かが起きると必ず自分のところに警官がきた

('A`)「なんです?」

警官「ショボンが死んだ」

警官「我々は事件性があると見ているんだが・・・」


16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 09:21:44.51 ID:EA45KsaCO
ドクオは現実を受け止めた

ショボンが死んだ事が信じられなかったわけではない

ここが戦場なのか?
ここは平和なのか?

それを確認するためだ

警官の話によれば口をナイフで切り裂いて死んでいたらしい

('A`)「・・・」

('A`)「・・・俺がやったと?」

('A`)「・・・バカな」

ショボンの死体は口がさけ

微笑んでいるようだったらしい

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 09:26:58.35 ID:EA45KsaCO
戦場から帰還した兵士が自殺するのは珍しくない

彼らはそれだけ悲惨な光景を目にしてきた

変人でも健全な青年でも
戦地から戻れば異常者になっているとも言われた

隣町のトム・フェルディーは帰還した夜に
恋人とその家族
自分の母と妹の首を切り取った
トム・フェルディーの目には
撤退中に迷い込んだ少数民族の居住地で
仲間の首をかられた光景が焼きついていたのである

('A`)y-・~

ドクオは気分が悪かった

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 09:32:02.86 ID:EA45KsaCO
ガシャーン!!!

ショボンが死んでから毎日のように
このボロ家に何かが投げ込まれる

どでかい石であったり
腐ったトウモロコシであったり

ショボンが死んですぐにこのボロ家を訪れたモララーはとても嬉しそうな顔をしていた

( ・∀・)「卑怯者どもへの裁きが始まったなww覚悟すればいいさwつぎは・・・わかるだろ?」

どうやら街では「奇人が異常者になって仲間を殺した」と騒がれているらしい

ガシャーン!!

('A`)「やれやれ。街からわざわざこんなはずれに石を投げに・・・」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 09:36:39.68 ID:EA45KsaCO
ショボンが死んでから一週間は雨がやまなかった

戦争から帰還した男が戻った家には愛すべき人が誰もいなかった

そんな悲しみの中無惨に殺された悲劇の偉大な兵士を街の人間たちは持ち上げた

('A`)y-・~

正直・・・
俺がショボンに言える事があるとしたら
やつは、今
街のやつらの盛り上がりにうんざりしてると思うね
実際、ショボンの家がある町ではショボンの話題などまったくないらしいじゃないか
ま、犯人はだれだ?という話は盛り上がってるらしいけどね

('A`)「・・・俺だってね」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 09:39:16.74 ID:EA45KsaCO
('A`)y-・~

戦地から帰還した奇人と呼ばれる男が
同じく戦地から帰還した男を殺害する理由などはまったくなかった


雨が止んだその日の夜
おそろしく暑い夜だった
まるであの日のように

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 09:43:47.34 ID:EA45KsaCO
霧が視界をふさいだ早朝

彼ら勇敢な10人の若い兵士は崩れた教会の前にいた


「撃つぞ!?」

「撃っていいのか!!?」

「ま・・・ま・・・まてっ!!まだっ!まだ!子供だっ!」

「どう見ても子供だっ!!おいやめろ!撃つな!」

ババババババッ!!!

「あぁっ!!」

「うわぁぁぁあ!!」


25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 09:47:15.62 ID:EA45KsaCO
彼ら若い兵士は深く濃い霧に目をふさがれていた

目の前にいる誰かが
こちらに敵意を示しているかもわからぬ状況で

2人の兵士は

勇敢に立ち向かおうとする8人の兵士の発砲を妨害した

その結果

霧の奥に潜む敵意ある者たちの銃弾に

若い勇敢な兵士は倒れた


26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 09:50:55.07 ID:EA45KsaCO
ババババババッ!!!!

(;'A`)「ふふふ・・・ふせろ!ショボン!!」

(;´・ω・`)「ううう・・・うわぁぁぁぁぁあ!!」

ババババババッ!!!

数分間

長い長い嵐が続いた後

霧の奥に悪意を感じなくなった時

泥まみれで地に転がった仲間たちがいた

「たっ・・・し・・・しにだぐないぃ・・・」

「あぁ・・・あぁ・・・」

(;'A`)「あぁ・・・すまん。すまん!!」

(;´・ω・`)「そんな!そんなっー!!」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 09:55:59.45 ID:EA45KsaCO
('A`)y-・~

それは確かな記憶だったが
この状況でそれはなんの関係もなかった

ドクオは一口吸っただけのタバコを右手に持ったまま警官の顔を見ていた

警官「モナーが死んだんだが。本当に何も知らないのか?」

('A`)y-・~「えぇ」

警官「・・・ふぅん。また・・・死体は微笑んでいたぞ」

('A`)「・・・それが何か?」

警官「戦地では一緒だったようじゃないか。それに、幼い頃から仲がよかっただろう?おまえたちは」

('A`)「だからなんだ?」

警官「随分とまぁ、反応が薄いな」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 09:58:25.55 ID:EA45KsaCO
('A`)「人が死ぬのはなれた」

警官「ほぉー」

警官「・・・そうかそうか」

警官「じゃ、今日はこのへんで・・・」

バタンッ

('A`)

モナーといえば
他人に興味を持たないドクオが唯一覚えている事があった

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 10:07:00.58 ID:EA45KsaCO
A地区最前線が砲撃をうけているあいだ

ドクオとモナーとギコはその最前線で敵の攻撃を必死に伏せていた

(,,゚Д゚)「あぁ・・・」

( ´∀`)「あっ!あっ!今だ!今だ!!」

(;'A`)「行くぞ!!!はははしれ!!おいっ!!」

( ´∀`)「神様!!神様どうかお助けください!!私を導いてください!」

(;'A`)「あっ!ギコ!!なにしてる!」

(,,゚Д゚)「あ・・・俺の右腕がさ・・・あぁ・・・俺の」

(,,゚Д゚)「あっ!あった!あった!俺の右腕!って・・・違うやこれじゃない」
(,,゚Д゚)「あ!!あった!あったぞ!俺のみ」

(;'A`)「ギコォォォ!!」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 10:10:34.99 ID:EA45KsaCO
その間もずっと神に祈るモナーの姿をなぜか覚えてる

('A`)「・・・」

('A`)「・・・俺もいつか」

ドクオは薄々わかっていた

誰かが近いうちに自分を殺しにくる事を

知られたくない真実を知っているために

14人の若い兵士のうち

生きているのは2人だけになった

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 10:41:39.21 ID:EA45KsaCO
( ・∀・)「ドクオ!!!!!!!」

('A`)「なんだ!!突然!人の家に!」

(; ・∀・)「わかってんだぞ・・・てめぇ」

(; ・∀・)「お前の仕業だってのはな・・・」

(;'A`)「なんなんだおまえは・・・」

(;'A`)「俺は、お前が・・・あの事を知られたくないためと・・・」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 10:46:47.63 ID:EA45KsaCO
(; ・∀・)「卑怯者扱いしたのを根にもってんだろぅ・・・」

(;'A`)「どうしちまったんだよ・・・おまぇ」

(; ・∀・)「だだまれ!!あんな事をしやがって・・・よくも毎日毎日!!俺のそばでいつもいつも不気味に笑いやがって!!」

(;'A`)「・・・どうしちまったんだよ」

(; ・∀・)「うわぁぁぁぁぁあ!!またた!どこで雇いやがった!何をした!!くっそぉおぉおぉ!」

(;'A`)「モララー・・・」

何かから逃げるように家を出て行ったモララー

それが俺が見た最後の姿だった

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 10:52:05.04 ID:EA45KsaCO
帰還して数ヵ月がすぎ
季節はもう秋だった

この頃になると、帰還兵だ戦争だの話題は薄れ

死体に微笑みがのこされるという猟奇的な事件もあまり騒がれなくなった

それは無理もなく

帰還した兵士の自殺は頻発に起こり
微笑みを残すという殺人事件も犠牲者3人ののち起きていなかったからだ

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 10:53:14.70 ID:EA45KsaCO
それが自分のすぐそばで起きているとしたら
悪態をつくさまが見えただろう

その表情は、一度見たら忘れられないほどの強烈なインパクトをもち

その声は

永遠というものがあるのか?

と疑問を持ってしまうほどに頭の中で響き続ける

この話を誰かにしたいんだが

話す前にこいつをなんとかしなきゃならないんだ

('A`)

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 10:57:27.12 ID:EA45KsaCO
('A`)「あいつらもこんなのに苦しんでたのか」

('A`)「モララーの言ってた声っていうのは・・・」

(;'A`)「俺がなにしたっんだよ!!!」

おおおおっ

おおおっ

( ^ω^) おおっ

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 11:03:12.74 ID:EA45KsaCO
(;'A`)「なんなんだよ・・・なんなんだよお前は!」

( ^ω^)おっおっおっ

( ^ω^)ぐっふっぐっふっふっふっ

( ^ω^)いま12日目。ぐふっぐふっふっふっ

(;'A`)「なんなんだよ・・・」


51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 11:07:12.15 ID:EA45KsaCO
この笑う男が現れてから

ドクオには静寂はなかった

何をしていても

どこにいても不気味に笑い続けるこの男に

ドクオはまったく見覚えはない

ただただ笑い続け

カウントし続けるのだった

( ^ω^)おっおっ

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 11:09:51.44 ID:EA45KsaCO
(;'A`)「・・・」

おっおっおっおっ

(;'A`)「・・・」

おっおっおっおっおっおっ

(;'A`)「・・・」

おっおっおっおっおっおっおっおっおっおっ

(;'A`)「だまれっっっ!!!!!糞がっ!ぶっころすぞ!!」

ぐふぇwwぐふぃwwwwおっwおーwwおーwwおっwおっwww

(;'A`)「・・・」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 11:11:58.41 ID:EA45KsaCO
(;'A`)「はぁ・・・はぁ・・・」

おっおーおーおっおっ

(;'A`)「だまれっっっ!!!!!眠らせろっ!!」

おっおっおっおっ

(;'A`)「はぁぁぁあはぁあ!!!何日寝てねーと思ってんだよっっ!!」

( ^ω^)13日目

おっおっおっおっおっおっ

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 11:15:55.11 ID:EA45KsaCO
ブロロロッ

警官「まったく・・・警部も心配しすぎなんだ」

警官「あんな奇人をマークしろだなんて・・・」

警官「ただの変わり者なだけじゃねーかよ」

ブロロロッ ガチャン


街はずれのボロ家の前に車を止めた警官は
いつもと同じようにドカドカと騒がしい足音を出しながら
ボロ家の今にも壊れそうなドアをドカドカと叩いた

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 11:19:06.62 ID:EA45KsaCO
警官「ドクオ?いるのか?ドクオさん?」

警官「っんだ?留守か?」

ゴドンッ

警官「?」

警官「ドクオ!!ドクオ!?入るぞ!!」

ダァンッ!!

警官は扉を蹴破り、警棒を構えながらボロ家に足を踏み入れた

警官「・・・」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 11:23:07.13 ID:EA45KsaCO
家の中はただ広く

目にはいる物といえば真ん中に置かれたテーブルと

無造作に床に散らばった本

元は椅子だったのであろうバラバラな木片があるだけだった

警官「おいおい・・・大丈夫かよ・・・」

警官「ドクオ!?」

警官はさらに奥に進む

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 11:26:18.37 ID:EA45KsaCO
ガッダンッ!!

警官「!」

警官「ドクオ!?」

それは浴室の方からであった

警官が駆け寄ると同時に

何かを叩きつけるような音が浴室から何度も繰り返された

警官「ドクオ!!?」

警官が警棒を構え、浴室に飛び込んだ時
浴槽にうずくまって震えているドクオがいた

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 11:30:33.56 ID:EA45KsaCO
警官「・・・ドクオ?」

問いかけても何の返事もなくドクオはただ震えている

警官「ドク」

(;゚A゚)「はぁぁあぁあぁあ!!!うわぁぁぁぁぁあ!!」

警官「ドクオ!!!どうしたっ!?ドクオッ!!」

(;゚A゚)「あぁぁぁぁぁぁぁぁぁあ!!あぁぁぁ!!」

警官「・・・C地区、直ちに応援と救急車を」

その後、救急車がたどり着くまでの15分間

戦地から帰還した勇敢な兵士は
浴槽でうずくまりながら叫び続けた

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 11:34:56.43 ID:EA45KsaCO
「もう走れないっ!!」

その日の空は黒く
ショボンが言っていたがその日は朝も夜と区別がつかないほどだったという

('A`)「あぁ・・・村だ・・・村が見える・・・」

(´・ω・`)「助かった・・助かった・・」

( ´∀`)「あぁ・・神様・・助かった」

('A`)「だが・・現地の人間に俺たちはかくまってもらえるだろうか・・」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 11:38:08.52 ID:EA45KsaCO
川 ゚ -゚)

(;'A`)「あっ?しま・・」

(´・ω・`)「まって!女の子だ!まだ子供だよっ!」

( ´∀`)「あぁ・・・」

川 ゚ -゚)

(´・ω・`)「助けて欲しいんだ!頼む!少しだけでいいから!かくまってくれ!」

(;'A`)「・・・」

川 ゚ -゚)「ついてこい・・・」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 11:41:41.72 ID:EA45KsaCO
それは戦線から少し離れた場所にある村だった

戦争のため男手はとられ、女子供しか村にはいなかったが

彼女たちが敵である俺たちをかくまってくれたのは
感謝しきれないほどの事であったし
神の存在を信じたくなるほどだったが

川 ゚ -゚)「・・・頑張って戦ってくれてるお礼だ」

彼女たちは

俺たちが敵であることを理解できてないようだった

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 11:47:24.02 ID:EA45KsaCO
子供1「わぁー!お兄ちゃんすげーや」

子供2「どーやったらそんなのできんのー?」

(´・ω・`)「ふふ。口笛はね?こーやってシューってするんだよ」

子供1・2「うっわぁ!!すっげぇー」

いつのまにか俺たちはこの村に居着いてしまった

('A`)y-・~

前線から撤退して迷子になっていた自分たちに向かう場所などなかったのだから

居着いてしまうしかなかったのかもしれない

川 ゚ -゚)「・・・ご飯・・・くうか?」

('A`)y-・~「・・・あぁ」

なぜか俺たちを発見した少女はいつも俺に話をかけてきた

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 11:52:42.08 ID:EA45KsaCO
川 ゚ -゚)「・・・ご飯・・・うまいか・・・?」

('A`)「あぁ」

川 ゚ -゚)「よかったな・・・」

('A`)「・・・」

(´・ω・`)「ふふw」

('A`)「あ?」

(´・ω・`)「女の子になんかまーたく興味ないはずのドクオが。まさかこんな少女に興味あるなんてw」

('A`)「はぁ?こいつが勝手に話かけてくんだろ」

(´・ω・`)「ふ~ん。どうだか」

川 ゚ -゚)「・・・」

('A`)「・・・」

確かに
いつのまにか俺もその女を意識していた気がする

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 11:57:06.61 ID:EA45KsaCO
川 ゚ -゚)「はやく・・・元気になって・・・頑張って戦ってくれよ」

('A`)「・・・」

( ´∀`)「みんなー!!聞いてくれ!仲間と連絡がとれた!」

(´・ω・`)「本当!?」

( ´∀`)「あぁ!!モララーたちがここに来てくれる!部隊に戻れるぞ!」

子供たち「うわぁぁ!!兵隊さんたちがきてくれんの!?すげぇ!!」

女たち「よかったわぁ!こんな戦場に近いところで不安だったのよ~」

川 ゚ -゚)「・・・なんだか怖いな」

('A`)「なんもおこりゃしないよ」


79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 12:01:47.43 ID:EA45KsaCO
その日の夜にモララーが率いる8人の部隊が村にやってきた

( ・∀・)「よぉー!生きてやがったかおめぇらw」

( ´∀`)「モララー!!」

(´・ω・`)「うん・・・でもギコが」

( ´_ゝ`)「ギコは死んだのか?」

('A`)「あぁ。」

( ´∀`)「ショボンは隠れてたよね!」

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 12:05:16.64 ID:EA45KsaCO
( ・∀・)「とにかく・・・おめぇら」

( ・∀・)「いい村で暮らしてたじゃねーか、おい」

( ・∀・)「女ばかりだぞ。しかも若いのか結構・・・」

(´・ω・`)「うん。僕たちなんか敵なのにかくまってくれて」

( ・∀・)「へぇ~そーうか・・・」


('A`)y-・~

川 ゚ -゚)「なに・・・してるんだ?」

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 12:09:38.93 ID:EA45KsaCO
('A`)y-・~「あ?」

川 ゚ -゚)「あっち・・・兵隊いっぱいだが・・・話に入らないのか?」

('A`)y-・~「どーせくだらないことだ」

川 ゚ -゚)「・・・」

川 ゚ -゚)「おまえ・・・面白いな」

('A`)y-・~「はぁ?」

川 ゚ -゚)「まってろ・・・今・・・いいものとってくる」

('A`)y-・~「・・・」

('A`)y-・~「くだらね・・・」

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 12:13:28.62 ID:EA45KsaCO
はぁはぁはぁ

川 ゚ -゚)「おかしいな・・・」

川 ゚ -゚)「このへんにあったんだがな」



( ´_ゝ`)「本当にそんなことを?」

(´<_` )「どうするんだ?」

( ><)「そんなの無理ですー」

( ・∀・)「は?もとはと言えばここの女子供たちは敵のやつらだぜ?こんなチャンスねーだろ」

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 12:17:53.64 ID:EA45KsaCO
( ´∀`)「いいね~!可愛いなーって子はみつけてたんだよー」

( ゚∀゚)o彡゜「おっぱい!おっぱい!」

( ・∀・)「へへw俺も気にいった女がいた」

( ・∀・)「あのクールぶってるガキだ」

( ´_ゝ`)「いや、あれは俺のだろぅ」

(´<_` )「なんだと?」

(*‘ω‘ *)「僕のでっす」

( ´∀`)「あれは、ドクオに惚れてるくさいからだめじゃなーい?」

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 12:21:34.01 ID:EA45KsaCO
( ・∀・)「あっ?」

( ゚∀゚)o彡゜「惚れてる、惚れてない関係ねーだろ」

( ・∀・)「ドクオねぇ~。ま、いいじゃんか」

( ・∀・)「みんなやりてぇんならさぁ・・・みんなでやりゃ」

(;´・ω・`)「・・・」

( ´∀`)「ショボンさっきから黙ってばっかだねー」

(´<_` )「ふん。前からそーだなおまえは」

( ><)「いいこちゃんぶってるけど、チキンなだけっていう」

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 12:24:22.11 ID:EA45KsaCO
( ・∀・)「まぁなんだっていいよ」

( ・∀・)「とにかくやることやんねーとなww」




はぁはぁはぁ・・・

「あれ・・・」

川 ゚ -゚)「面白い人がいない・・・」

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 12:29:15.16 ID:EA45KsaCO
('A`)「・・・」

(´・ω・`)「な・・・なんかね。モララーからの命令でね、敵が近づいてないか偵察しろってね・・・」

('A`)「あぁ・・・だからこんな夜遅くにこんな森の中を歩かされてんだろ?」

(;´・ω・`)「う・・・うん。そ・・・そうなんだ」

('A`)「・・・」



川 ゚ -゚)「・・・面白い人がいない・・・」

川 ゚ -゚)「兵隊さんに・・・聞こう・・・」

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 12:33:07.32 ID:EA45KsaCO
川 ゚ -゚)「!」

川 ゚ -゚)「え・・・」


女「きやぁぁぁぁぁあ!!いやぁぁぁあ!!」

  _
( ゚∀゚)o彡゜「あぁーきもちぃぃぃ!!オラッ!もっとおっぱい!おっぱい!」

女「いやぁぁぁあ!!」

( ´∀`)「ほれほれー!!あははっ!!」

バババババババッ!!ドドドォッ!!

( ・∀・)「オラオラッ!!逃げねぇと死ぬぞ!」

子供「うわぁぁぁぁ!!」

バンッ!!バンッ!!

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 12:36:53.27 ID:EA45KsaCO
子供2「うわぁぁぁぁ!!もう走れない~」

子供1「ダメだ!!走らなきゃだめだ!!ほら、兄ちゃんにつかまって」

子供2「うん。にいち」

バンッ!!

(´<_` )「ひゃっほー!!」

子供1「あっ!!」

バンッ!!バババババババッ!!

( ´_ゝ`)「ふっ。12人目~」

川 ゚ -゚)「なんだ・・・これは」

( ><)川 ゚ -゚)

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 12:39:22.59 ID:EA45KsaCO
( ><)川 ゚ -゚)「!」

( ><)「捕まえたー!!」

川 ゚ -゚)「なっ!ちょ・・・」

( ・∀・)「うぉぉお!!でかした!!」

( ・∀・)「おまえら!!他のやつらはほっといて、本命行くぞ!!」

川 ゚ -゚)「なっ!や・・・やめっ!!」

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 12:42:08.48 ID:EA45KsaCO
(´・ω・`)「・・・な・・・なんか、遠くまできちゃったねー」

('A`)「・・・」

('A`)「なぁ・・・」

(´・ω・`)「えっ?」

('A`)「あっち、燃えてんの・・・あの村じゃないか?」

(;´・ω・`)「えっ??いや・・・そそうかなぁ」

('A`)「・・・」

('A`)「おれ、戻るなっ」

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 12:46:07.17 ID:EA45KsaCO
炎につつまれた家々

血を流し倒れている女子供

敵にかくまわれていたのがバレてそのための攻撃なのか?

みなは無事なのか?

「きゃぁぁぁぁぁあ!!」


('A`)「!」

声のする方向にドクオは走った

104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 12:49:47.41 ID:EA45KsaCO
「次、俺だろうがっ」

「なんだよ、俺まだやってないってー」

「俺ですー」


( ・∀・)「あぁ~たまんねぇ」

( ・∀・)「?」

( ・∀・)「よぉ」


('A`)「・・・なにしてやがんだよ」

( ・∀・)「べっつにぃ~」

川 ゚ -゚)


105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 12:53:38.67 ID:EA45KsaCO


(゚A゚)

(;'A`)「夢?」

(;'A`)「ここは・・・」

(;'A`)「いや・・・いや。あれは夢なんかじゃない・・・あれは現実だ・・・」

おっおっおっおっおっおっおっおっ

(;'A`)「!?」

おっおっおっおっ

( ^ω^)15日目

(;'A`)「なんなんだ・・・」

107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 12:57:29.85 ID:EA45KsaCO
医者「おや?ドクオさん、目が覚めましたか?」

(;'A`)「あ・・・あの、俺・・・」

医者「大丈夫ですよ。心配しないでくださいね」

(;'A`)「あのっ!?こいつ!こいつ見えますか?なんとかしてやってくれませんか?」

医者「・・・」

医者「なにか・・・心の病があるのでしたら~・・・専門の・・・」

(;'A`)「くっそっ!!みえねーのか!?」

( ^ω^)おっおっおっ

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 13:00:13.32 ID:EA45KsaCO
(;'A`)「もういい!!出ていく」

医者「あっちょっと・・・」

医者「・・・」

医者「・・・」

(;'A`)「はぁっはぁっ・・・なんだっていうんだ」

おっおっおっおっおっおっおっおっおっ

( ^ω^)おっおっおっおっおっおっおっおっ

(;'A`)「なんだっていうんだっ!!」

おっおっおっおっおっおっおっおっおっ

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 13:02:32.12 ID:EA45KsaCO
( ^ω^)しね

(;'A`)「!?」

( ^ω^)ニコッ

(;'A`)「なっ・・・」

( ^ω^)おっおっおっおっおっおっおっおっおっおっおっおっ

(;'A`)「だんだん笑い声が大きくなってる気が・・・」

(;'A`)「・・・っんなんだよ・・・」

(;'A`)「っんなんだよてめぇえぇえぇえぇえ!!」

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 13:06:07.57 ID:EA45KsaCO
(;'A`)「うぉおぉぉおぉおぉおぉおっ!!!」

(;'A`)「しねぇぇ!!くそがっ!!」

ドクオは素手を振り回して笑う男を殴り飛ばす

(;'A`)「はぁ・・・はぁ・・・ざまみろっ」

そのまま、病院を抜け出し、街の大通りに向かって走りだす

( ^ω^)

( ^ω^)ニコッ

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 13:09:30.24 ID:EA45KsaCO
大通りにはうじゃうじゃうようよと歩行者が行き交っている

(;'A`)「はぁ・・・はぁ・・・」

おっおっ

(;'A`)「!?」

おっおっ

(;'A`)「ひぃぃ!!」

( ^ω^)( ^ω^)
おっおっおっおっおっおっおっおっ

( ^ω^)( ^ω^)( ^ω^)( ^ω^)( ^ω^)ニコッ

(;'A`)「うわぁぁぁぁ!!」

大通りを行き交う歩行者の顔が笑い男の顔に変わっていく

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 13:11:57.55 ID:EA45KsaCO
( ^ω^)( ^ω^)おっおっおっおっおっおっおっおっおっおっおっおっ

(;'A`)「なんなんだっ!!」

川 ゚ -゚)「人殺し」

(;'A`)「何の話だっ!?」

( ^ω^)しね

( ^ω^)( ^ω^)( ^ω^)( ^ω^)( ^ω^)( ^ω^)しねしねしねしねしねしねしねしねしねしね

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 13:15:41.15 ID:EA45KsaCO
(;'A`)「何の話だぁぁぁあ!!!!」

( ^ω^)動くな、撃ち殺すぞ

銃口をこちらに向ける笑う男が言う


おっおっおっおっおっおっおっおっおっおっおっおっおっおっ

(;゚A゚)「だーまーれぇ!!」

ドクオの一撃が笑う男をとらえ、笑う男が持っていた拳銃はドクオの手に

(;゚A`)「ふふっざけやがってくそ!!俺がなにしたっうんだっ」

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 13:18:41.59 ID:EA45KsaCO
( ^ω^)うふふふ
( ^ω^)あはははは
( ^ω^)ふぃひひひひ
( ^ω^)きゃはははは
( ^ω^)ふぃひぃひっひっ
( ^ω^)あはははははははははは

( ^ω^)おっwwwwwwwww

ドクオは拳銃をかまえ

(;゚A`)「う・・・っうー!!!」

発砲した

バンッ!バンッ!バンッ!

119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 13:21:08.65 ID:EA45KsaCO
ドクオ以外を何百人の笑う男が囲み笑い続ける

バンッ!バンッ!バンッ!バンッ!!

( ^ω^)おっおww

( ^ω^)おーw

バンッ!バンッ!バンッ!
(;'A`)「しねぇぇぇ!!」

笑い男たちが笑い声をあげながら次々に銃弾に倒れていく

あはははははははははは!!

122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 13:23:43.56 ID:EA45KsaCO
大通りの交差点は辺り一面血の海になった

(;'A`)「はぁ・・・はぁ・・・どうだ?」

(;'A`)「ほら!笑い声が消えた」

(;'∀`)「自由だっ!!あははっ!!」

(;'∀`)「どーだっ!!」


警官「動くな!!!」

123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 13:27:05.04 ID:EA45KsaCO
(;'∀`)「はぁ?あはは」

警官A「警官一人殺害の上、拳銃を奪い無差別に発砲!民間人の死者多数!!」

警官B「くそ野郎・・・」

警官C「病院から逃げてきたらしい!!異常犯罪者だ!」

(;'∀`)「あははははっ!!何を言ってるんだよ!!笑い声が消えたんだぜ?笑い声がー!!あははははつ!!」


125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 13:30:15.26 ID:EA45KsaCO
警官C「動くなっ!!!」

警官D「拳銃をすてろ!!動くな!!」

警官A「・・・くずが!」

(;'∀`)「あっ?あら?あらら?下に倒れてんのは普通の人間じゃないかぁーハハハハハハハハッwww」

(;'∀`)「そうか!!これは戦争なんだっ!!アヒヒwww大変だぁぞぉおおおwwwヒッハハハハハハハww」


126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 13:32:48.46 ID:EA45KsaCO
(;'∀`)「おいっ!!おまえら何を悠長に構えてるんだぁ!?ふふふww」


(;'∀`)「戦場じゃー待ってくれないおーほぉほほほほほwwwwww」

(;'∀`)「ヒヒハーッww」
バンッ!!

警官A「がぁっ!!」

警官B「!」

警官C「うて!!」

バンッ!!バババババババッ!!

128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 13:35:26.15 ID:EA45KsaCO
警官C「あぁっ!!」
バンッ!!

警官B「うっべ!!」

バンッ!!

警官D「応援を頼む!!犯人は路地裏に逃走!!一人じゃどうもできない!!」

ウゥゥー!!ウゥゥー!!

(;'∀`)「ヒッハハハハハハハ!!!!」


130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 13:40:34.73 ID:EA45KsaCO
ξ゚⊿゚)ξ「えー、速報です。たった今A地区で無差別銃乱射事件が起きました。現在も犯人はA地区を逃走中―」


男「うへぇww乱射事件だって見にいかね?」

女「やぁーだっ。こわぃ~」


バララララララッ

刑事A「ヘリとばしてんのか?」

刑事B「はい。見つけやすいかなって」

刑事A「かなってじゃねーよ・・・特殊部隊は?」

刑事B「いま、渋滞だそーです!」

133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 13:47:20.16 ID:EA45KsaCO
TV
ξ゚⊿゚)ξ「えー銃乱射事件の続報です。この事件の死傷者は死者55名、負傷者72名にまでおよび―」

ξ゚⊿゚)ξ「なお、逃走中の犯人は一年ほど軍に在籍していましたが、異常行動から―」

ξ゚⊿゚)ξ「犯人は妄想が激しく現実と空想の判断がうまくできないとの―」



男子高校生1「なぁなぁ!A地区行ってみね?ww」

男子高校生2「はぁ?死ぬってwww」

134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 13:48:05.55 ID:PD2FCB+3O
死にすぎだろwww

136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 13:51:18.17 ID:BhHVeMaF0
玉も奪ったとしても殺しすぎだろwww

138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 13:53:26.79 ID:EA45KsaCO
刑事A「とにかくA地区を封鎖しろ!!」

刑事B「Cから連絡きました!!」

刑事A「なんだ!!封鎖できたか?」

刑事B「封鎖できませーんだそうです」

刑事A「じゃ!!!いまA地区にいる人間を外にだすな!!」

刑事A「特殊部隊まだかっ!?」

刑事B「交通事故だそうで、12人中6人重症だそうです!」

141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 13:57:45.52 ID:EA45KsaCO
警官1「刑事からの連絡が遅すぎる!俺たちは俺たちでやるぞ」

警官2「路地裏ですか~いりくんでますからね・・・しかももう夜ですし」

警官3「どうします?」

警官1「いま、ここには22名いる。2人1ペアで行動する」


警官「A地区に現在いる人たちは外に出る事ができません!事件が落ち着くまで安全な場所で―」

ギャル男「おいっ!犯人さがそーぜww」

143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 14:00:16.87 ID:EA45KsaCO
警官1「突入!!」

ダダダダダッ!!!!

警官1「・・・」

警官2「・・・暗いし、細いですね・・・」

警官1「気をつけろ」

警官2「はい」

('∀`)警官1「いつあらわれるかなんてわからない」


146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 14:02:57.13 ID:EA45KsaCO
バンッ!!!

警官2「わっ!!?」

('∀`)ヒハハハハッハー!!!!ヒャハハハww

警官2「わっわっ!!」

バンッ!!


警官3「銃声?」

警官4「悲鳴も?」

警官3「右だ!!」


148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 14:07:13.35 ID:EA45KsaCO
ギャル男1「まじで、こっちいったのかぁ~?」

ギャル男2「まじっ、まじっww俺、見てたしww」

ギャル男1「ほんっとかぁよーww」

ザッ

警官5「動くなっ!!!」

警官6「とまれ!!」

バッ!!

ギャル男1・2「ちょいちょい~おーい!!勘弁してくれよ・・・」

警官5「なんだ・・・なにやってるんだ!!こんなとこで・・・」

ギャル男1「なんすかっ?きょーりょくしてんすよw」

('∀`)警官6「あのなぁ」

ギャル男2「あ・・・」

150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 14:09:28.11 ID:PD2FCB+3O
アサシンwww

151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 14:10:19.08 ID:EA45KsaCO
バンッバンッバンッ!!

警官3「!?」警官4「!?」

警官3「近いぞっ!!」

警官4「なんか・・・聞こえる・・・」

ひゃはは

警官3・4「・・・」

あはははははははは!!

('∀`)「あっはーははははははwwwwww」

警官3「はっ!!」

警官4「うっわぁ!!」

バンッバンッバンッ!

153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 14:14:30.34 ID:EA45KsaCO
刑事A「なにっ?警官隊が全滅!?」

刑事A「なにやってんだよ!!どーすんだよっ!!」

刑事B「いやぁ・・・」



(*゚ー゚)「こちら現場から中継のしぃです」

刑事A「おい!マスコミとめろよ!」

刑事B「先輩!軍がきました!!」

刑事A「あっ!?」

154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 14:17:27.73 ID:EA45KsaCO
<ヽ`∀´>「軍からきた者だ。後はまかせてもらう」

刑事A「なん・・・だと?だいたいなんだあんたら?」

<ヽ`∀´>「この件は軍で片付ける。君たちはもう下がっていい」

刑事A「~ぐぅっ・・・」

156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 14:21:58.26 ID:EA45KsaCO
<ヽ`∀´>「たった今より軍が全指揮権を握る。A部隊は~」

刑事A「・・・はっ」

刑事A「おれは一人でもやる」


ざわざわがやがや

やじうまA「まじで、何人くらい死んでんの?」

やじうまB「あっちの交差点やばかったよwww血の海ww」

やじうまC「俺たちでみつけよーぜww」

やじうまD「やりますか〇〇氏ww」

157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 14:25:19.77 ID:EA45KsaCO
TV
(#゚;;-゚)首相「ですからねーこの事件は非常ーに・・・」

ξ゚⊿゚)ξ「―と国家レベルでこの事件に取り組み―」

ξ゚⊿゚)ξ「あ!新しい情報が入りました。軍がたったいま突入しました!」

160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 14:28:24.20 ID:EA45KsaCO
<ヽ`∀´>「いけ!!やつはなるべく生け捕りにしろ!!」

軍A「は!」

軍B「右に血痕!!」

ダダダダダッ!!


バババババババッ!!!

軍B「Cチームが銃撃戦をはじめたようです!」


195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 18:33:53.92 ID:EA45KsaCO
( ^ω^)おっおっおっ

('ω^)「あっあっ!?アハハww!!?」

('ω^)「そんなぁぁああ!!!またっ!!またっ!!あらわれやがったか!!」

( ^ω^)おっおっおっおっおっおっ

冷たい雨が降っていた
軍人の行進が聞こえる

197 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 18:37:30.54 ID:EA45KsaCO
( ^ω^)ニコッ

ドクオはビルとビルの壁にもたれていた

路上で交錯する銃弾をさけるべく
ドクオただただ息を殺した

顔は汗ばみ血や泥まみれで汚かったが

表情は笑っていた

頭に響くあらたな笑い声すらもさして気にはならない

('ω^)「おっはっはっはっおっwwww」

199 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 18:42:22.52 ID:EA45KsaCO
あの日

(´・ω・`)「神よ」

ショボンはずっとうつ伏せに横たわっているだけだった

向かい側の家の屋根は吹き飛び
鉄や木片が道路をうめつくした

( ・∀・)「逃げるぞっ!!撤退だっ!!」

4人の仲間の死体が転がっていたが誰も気にしている余裕なんてなかった

女子供だけであった場所が、今
戦火の中心になっていた

201 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 18:46:35.43 ID:EA45KsaCO
情勢は有利に展開している!

そう聞こえた
我々は怒らせたのだ

自由を手にするために彼らの愛すべきものを、自分勝手に破壊した

(;'A`)「・・・」

転がる女どもの死体が見えるか?

転がる子供たちの死体が見えているか?

川 ゚ -゚)

我らの援軍のヘリがもうすぐのとこへきていた

(;'A`)「モララー!!」

( ・∀・)「!?」

ドクオは勢いよくモララーに掴みかかった

202 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 18:50:29.96 ID:EA45KsaCO
( ・∀・)「おいおいっ!!何の真似だ!!」

(;'A`)「きっさまぁぁぁぁぁあ!!!」

( ・∀・)「よせっ!!おい!よせっ!!」

( ・∀・)「離せ!俺はヘリに乗る!!だが、おまえはそうしなきゃいいだろ?あっ?」

(;'A`)「なに?」

( ・∀・)「これは戦争だぞ?何がおかしい!?これのなにが?」

( ・∀・)「説教たれたいならここに残れよっ」



ドクオを含めた四人がヘリに乗り戦地を離脱した

203 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 18:54:17.45 ID:EA45KsaCO
(;'A`)

「あぁ、知っていた」


('ω^)「そうっかあははははははははwwww」

('ω^)「俺は知っていたあははははははははwwwwwwwwwww」

('ω^)「あははははははははwwwwwwwwwwwwwww」


彼女は生きていた

ボロボロの体で、虚ろな目をして壁にもたれて

川 ゚ -゚)

(;'A`)

こっちを見ていた

204 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 18:58:18.80 ID:EA45KsaCO
男A「知ってるか?A地区の異常殺人鬼。戦争になんかいってないらしいぜ」

男B「まじで!?なんか帰還兵だとか自分で言ってたんだろ?」

男A「まじだってwさっきTVで言ってたww」

12番街の角にある喫茶店に忍びこむ一人の姿

205 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 19:03:16.59 ID:EA45KsaCO
店内には若い女の店員と店のオーナーであろう男の姿があった

('ω^)

バンッ!バンッ!!

ドクオは目の前の女を撃ち殺し
奥にいた男も殺した

二人はそのまま起き上がる事はなかったが

ドクオはTVから流れるニュースに釘付けになった

('ω`)「ウヒヒハハハッwww」

( ^ω^)「俺がwwwwwwwwww戦争に行ってない?wwwww」

TVを見る笑う男


206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 19:07:42.25 ID:EA45KsaCO
( ^ω^)「おおっwwwwwwwwwどういう事だっwwwwwwおっwwwwwww」

「おいおまえ?」

「まったく。とんでもない事をしてくれたな?」

( ^ω^)「おっ?おっおっおっおっおっwwwwwwwwwww」

「まったく。一体なにがあったんだ?」

「まぁ、それはどうでもいいんだ。軍はおまえを救いたいと言ってる」

<ヽ`∀´>「まぁ、安心して聞いてくれ。ここには俺とお前しかいないからな」

( ^ω^)ニコッ

男は静かに笑った

208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 19:10:59.43 ID:EA45KsaCO
<ヽ`∀´>「お前は本当に悲惨なやつだよ。あぁまったく」

ふふふふっw

<ヽ`∀´>「あ?あぁ。そうだ。TVの報道は間違ってる」

<ヽ`∀´>「国はお前を失いたくはないらしい・・・そのための手段だ」

フッハハハハハハwww

<ヽ`∀´>「なーに。今回も無事にすむだろうけどな・・・まぁ、だがしかしその状態でいてもらわなきゃ困るなぁ」

ふふふふっはっはっはっw

210 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 19:14:27.68 ID:EA45KsaCO
<ヽ`∀´>「おいおい?気にしているのか?大丈夫だ」

<ヽ`∀´>「おまえはちょっと。人よりうまくコミュニケーションがとれないだけだ」

<ヽ`∀´>「だから?な。お前が殺したくずどもの事なんて気にするな」

<ヽ`∀´>「やつらはお前を追いつめりだけの最低や野郎さ」

<ヽ`∀´>「なっ。」

<ヽ`∀´>「だからドクオの人格にはならずに。その状態でまた軍に力を貸してくれ」

( ^ω^)おっおっおっおっおっwwww


212 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 19:19:08.20 ID:EA45KsaCO
12番街の角の喫茶店を包囲した軍は
中から先の戦争の二人の勇敢な兵士が出てくるのをジッと待っていた

その頃
A地区の包囲はとかれ

マスメディアを通して、犯人は射殺されたと報じられた

妄想型の異常者の犯行だと

<ヽ`∀´>「あいつらは愚か者さ。現実が一つしか見えていないんだ」

<ヽ`∀´>「俺たちは地獄と街を行き来してるっていうのにな」

215 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 19:26:50.94 ID:EA45KsaCO
<ヽ`∀´>「やつらを始末しちまったんだろ?」

( ^ω^)「おっおっおっおっおっwwww」

<ヽ`∀´>「ぞっとするね。口を切り裂いたそうじゃないか?」

( ^ω^)「おっwwwwwwあっはーははははははwww」

<ヽ`∀´>「去年のB作戦の時。覚えているか?隣で俺はお前の戦争を見てた」

( ^ω^)「おっwwwwwwwww」

<ヽ`∀´>「生きたままに口をゆっくりゆっくりナイフで切り裂かれていく姿を。鮮明に覚えているよ」

( ^ω^)「あはははははははは!!」

<ヽ`∀´>「モララーか?やつらは裏切り者さ。国を裏切った。殺されて当然だ。まぁ、殺す役目をまかされたお前は大変だったろうが」

217 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 19:33:23.49 ID:EA45KsaCO
<ヽ`∀´>「あの国では、お前の事を笑う死神と呼んでいるらしいぞ」

( ^ω^)「ぐふぇぐふふふっw」

<ヽ`∀´>「だが、あの国ではドクオのままだったろうお前は」

( ^ω^)「おっおっおっおっおっwww」

<ヽ`∀´>「まぁ、お前の体質を知っている者はそうはいないからな」

( ^ω^)「おっおっおっおっおっww」

<ヽ`∀´>「それじゃ、仕事だ。では、行こうか」

2つの死体が転がる喫茶店から2人の英雄が立ち上がった

TV
(*゚ー゚)「無事に事件が解決された事を心から、よかった!!と思います!安心したためか涙がとまりませぇん!!」

ξ゚⊿゚)ξ「はい。現場からしぃさんでした。大変っおそろしい事件―」

220 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 19:38:21.91 ID:EA45KsaCO
バンッ!!

歴然の英雄が悲鳴をあげてくずれ落ち
すべての軍人が銃口を笑う男に構えた

<ヽ`∀´>「撃つな!!」

<ヽ`∀´>「何があってもだ!撃つな!」

<ヽ`∀´>「これは国からのめ」

( ^ω^)「おっww」

<ヽ`∀´>「落ち着いてくるよ。なぁ・・・まだ仕事じゃないんだ」

<ヽ`∀´>「な・・・」

( ^ω^)「おっwwwおっwwwおひょーww」

ドクオは落ちていたガラスの破片をニダーの口につっこみ
ゆっくりゆっくりと横に動かした

224 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 19:45:37.06 ID:EA45KsaCO
<ヽ`∀´>「あがぁぁぁぁあぁぁぃああっ!!」

軍人A「うわぁぁぁ・・・」
軍人B「・・・」

( ^ω^)「おっおっおひょーwwwww」

軍にとって笑う男とは尊重すべき偉人であり
国にとっては愛すべき息子である

彼をなだめられる兵士が倒れた今

国は決断するしかなかった


226 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 19:49:19.08 ID:EA45KsaCO
軍人「わぁぁあーっ!わぁぁあーっ!」

( ^ω^)おっおっおひょーおっうっうっひょ!!!

バババババババッ!!

軍人「う・・・腕がぁっ!!あっ」

( ^ω^)「おーwwwwwwww」

軍人「ぁぁああ!!」

バンッ!!

軍人「どどど・・・どうしたらいいんですか!?」

軍人「ダメだ・・・上と連絡がとれない・・・」

227 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 19:53:38.94 ID:EA45KsaCO
ブロロロロッ

(*゚ー゚)「なーんかつまらなかったね~」

AD「そーいう事を言ったらまずいっしょ」

(*゚ー゚)「えーだって、あっけなく射殺だよー?ま、たしかにいっぱい人が死んだけどね」

カメラマン「うわぁーひでぇw」

(*゚ー゚)「あら?あたしって結構、サバサバしてるよ?動物占いでペガサスだし」

ドッオーン!!!

(*゚ー゚)「えっ!?えっ!?なに?」

AD「爆発だっ!!しかもすげぇ・・・行くしかないなっ」

229 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 20:02:08.44 ID:EA45KsaCO
A地区のショッピングモールから煙があがっている

夜空に混じる事なくモオモオとあがる煙

警官1「俺たちじゃ手におえないレベルだっ」

警官2「本部とうまく情報伝達ができない!!!どうすればいいかわからないっ!」

警官3「おっおい!!TVを見ろ!!」

総勢数十名の警官が街の巨大スクリーンに顔を向ける

TV
( <●><●>)「たったいま入りました情報によりますと。政府はA地区を完全封鎖したと―」

( <●><●>)「また、今回の事件は某国の侵略活動の一つと考えられ。国はA地区を―」

233 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 20:08:11.55 ID:EA45KsaCO
民間人数千人
警官・軍人数百人

この陸の孤島に閉じ込められた

政府は彼らをどうこうしたいわけではない

ただ笑う男のために対策をとったのである

例え1000の敵がいようとも彼ならば生きぬくだろう

笑う男とは国が生んだ希望であり

我々が築きあげた恐怖なのだ

幼い病弱な少年は

永遠など信じれるとは思わなかった

235 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 20:12:50.77 ID:EA45KsaCO
公園のベンチに1日座っているだけの少年に

母は言った

J( 'ー`)し「つまらなそうな顔をして・・・そんなんじゃ友達もできないよ。」

J( 'ー`)し「もっと笑わなきゃ。いつも笑顔なら」

J( 'ー`)し「みんながあなたを愛してくれるわ」

少年は母の愛をうけ

笑顔が耐えない友人を見つけた

('A`)「そうなのか?そんな話があるって?」

( ^ω^)ぐふっぐふぇふふふwそうだお

絶対に自分を否定しない友人
自分の中の友人

238 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 20:20:46.29 ID:EA45KsaCO
いつからか少年は友人と自分のコントロールができなくなった

('A`)
( ^ω^)



「A地区と繋がる橋はこれで最後だ」

兵士1「物凄いバリケードだな」

兵士2「A地区の状況聞いたか?」

兵士1「いやいや。」

兵士2「この2日で悲鳴が聞こえなくなったらしい」

兵士1「はぁ~」

兵士2「聞こえるのは笑い声だけだってよ」

そうは話す兵士2は汗ばんだ顔に微笑みを浮かべた
兵士1は兵士2にとって話しがいのない聞き手だった

239 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 20:22:30.47 ID:EA45KsaCO
( ^ω^)が笑う男のようです



お☆わ☆り♪


たまらなく糞になった、だいたい最初から展開かわりすぎて長くなった
もう糞スレすぎて申し訳ない
あはははははははは!!

245 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 20:29:16.69 ID:PD2FCB+3O
乙、ブーン族の人?

247 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 20:30:22.22 ID:EA45KsaCO
>>245
いぇす

246 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 20:30:02.00 ID:LNHVY8K8O

過去作品あったらおせーて

250 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 20:33:48.31 ID:EA45KsaCO
>>246
多分、まとめに入ってないのばかり
糞だから本当に糞
ドクオVSナイナイだったりドクオが死んだとか
ドクオとブーンぞくだったり
ドクオと神様だったり

248 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 20:32:13.86 ID:c8l5X2XVO
や、俺は面白かったよ?

クーが意味ありげだったり最後の兵士の会話とか
よく分かんなかった部分はあるけど読みごたえあった。乙!

252 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 20:36:06.49 ID:EA45KsaCO
>>248
本当はまったく違うおわりかたにするつもりだったの・・・
けどね
なんかわかんないけど途中から変なノリになって書きかえちゃった!あはははははははは!!

251 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 20:35:20.33 ID:f0cq9MRm0
そだね
笑う男になる条件がよくわかんなかった
村がモモラ達に襲われてるときのショボンもよくわかんなかった

256 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 20:42:35.05 ID:c8l5X2XVO
>>251
しょぼくれはモララーたちの暴走を何となく知りつつ、ドクオを
現場から引き離す役をモララーに強要されたのかと。

>>252
そっかあ、ランボーとかディアハンターを思い出すふいんきだったよ。

255 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 20:42:09.27 ID:q5JNgI2JO
なんてヘンテコなものを作りやがった、乙

てーかモララーにも幻覚見えたのってなんだ
どうするつもりだったんだ

257 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 20:48:08.68 ID:EA45KsaCO
>>255
最初は
何かとは書かないけど、本当に誰か別の笑う男がいる設定で書いてた
静かに進めようと思ってた

261 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 21:01:27.01 ID:XHpRBkpKO
申し訳ないんだが理解力がない俺に分かるように誰か説明してくれないか

262 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 21:13:57.19 ID:kKMJBHYn0
>>261
ドクオは「こらえてつかあさい!」と泣き叫ぶギャル男とやじうま衆を次々と斬り殺し撃ち殺して行ったそうな。
夜が明ける頃にはA地区は血の海、死体の山で阿鼻叫喚とはまさしくこのこと。怖いのう・・・

                 ||    ::::::::::::::::::::::::::::::
                 ||       :::::::::::::::::::
   ∧_∧        ||   ∧ ∧   :::::::::::
    ( ^ω^)        i   (・д・)∧∧::::::::::
  /::: Y i     ,-C- 、( y  (゚Д゚ )::A`):::::::
 /:::: >   |    /____ヽ (___、|_y∩∩ ::::
 |::::: "   ゝ   ヽ__ノ   (__(Д` ) ::
 \:::::__  )//    // っ⊂L∧ ∧
                   ∧ ∧ (  ;;;;;;)
 
こんな昔話は子供の教育に悪いのお・・・きょうてえのぉ・・・
こらえてつかあさい

264 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/12(水) 21:31:24.49 ID:EA45KsaCO
>>262
個人的にこれがすべてだわ
助けられた気がするw

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

K-AYUMU

Author:K-AYUMU

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

ユーザタグ

カ行 タ行 ア行 ちんこ ハ行 サ行 マ行 ナ行 英数字  ^ω^) ('A`) ラ行 1レス ワ行 (´・ω・`) ショボーン ヤ行 ブーン ショボン トソン 'ー`)し ξ゚⊿゚)ξ (,゚Д゚) ドクオ まんこ (=゚д゚) J( 1レス カラマロス大佐 シュー ミセリ (-_-) いよう 川д川 人狼 (∪^ω^) 世紀末 ツンデレ 

FC2カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。