mesimarja
気に入ったスレを集めてみました。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

('A`) 川 ゚ -゚)ラブソングのようです
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 00:34:09.80 ID:f4/5/jZs0

僕は、いつの間にか空っぽになっちまったよ。

君が居なくなったあの日から。



('A`)川 ゚ -゚)ラブソングのようです





4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 00:37:34.00 ID:/a9uYwHZO

・ながら
・寝落ちの可能性大
・稚拙
・処女作

よろしくお願いします



6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 00:39:08.41 ID:/a9uYwHZO

僕はあの日、君に出会った。

君は、余りにも綺麗すぎて。

いつの間にか僕の視線は君に奪われていった。



7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 00:41:28.69 ID:/a9uYwHZO

川 ゚ -゚)

素直 空

それが君の名前だった。

当時の僕は、この世なんて腐った何かぐらいしか思っていなかった。



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 00:42:41.72 ID:/a9uYwHZO

自慢じゃないが、僕はクラスでもかなり孤立していたんだ。



9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 00:43:26.60 ID:/a9uYwHZO

─君に、出逢うまでは。─

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 00:46:47.71 ID:/a9uYwHZO

川 ゚ -゚)「君はいつでも一人でいるな。虐められているのか?」

('A`)「・・・何の用すか?」

川 ゚ -゚)「いや、クラスの委員長として私は君を見過ごすわけにはいかないんだ。」

('A`)「・・・」

川 ゚ -゚)「・・・」

('A`)「・・・」

ムシカ!川 ゚ -゚)つ)'A`)ギャァァァァ!!!

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 00:51:06.88 ID:/a9uYwHZO

その日から、僕の生活は一変した。

朝は普通に遅刻し、昼は一人で弁当を食べ、適当に帰り、寝る。

そんな生活がいきなりこの美人のおかげで、180゚変わってしまった。




ナンカイコロンダッテーイイサ
(-A-)

(-A`)「ん・・・朝か・・」

('A`)「まだ7時じゃねえかよ・・・」

('A`)「寝る」



15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 00:56:45.98 ID:/a9uYwHZO

ピーンポーン

J( 'ー`)し「はいはーい」

川 ゚ -゚)「おはようございます」

J( 'ー`)し「(あら、可愛い子ね)どうしたの?」

川 ゚ -゚)「ドクオ君いますか?」

J( 'ー`)し

J( 'ー`)し

J( ゚Д゚)し「えー!!!」


17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 01:00:21.28 ID:/a9uYwHZO

J(;'ー`)し(おかしいわ・・これは光明の罠よ、落ち着け私、KOOLになれ。)

J(;'ー`)し「あの・・ドクオとはどういう関係で?」

川 ゚ -゚)「彼氏です」

J( ;ー;)し「彼女いない歴17年のあの子にもようやく春が・・・しかもこんな可愛い子・・・」

川;゚ -゚)(えー冗談なのに...)



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 01:03:22.99 ID:/a9uYwHZO

そんなこんなで、委員長は毎朝僕の家まで来るようになった。

昼飯もわざわざ僕の所まで来てくれた。



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 01:04:42.26 ID:/a9uYwHZO

そして、気付けば君と僕はいつも一緒にいるようになった。



22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 01:08:25.88 ID:/a9uYwHZO

くだらないことばっかだけど、お気に入りの屋上で語り合った毎日。


けど、言えなかった。



29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 06:51:43.00 ID:/a9uYwHZO

そんな毎日が、楽しくて。

幻だったとしても、
リアルな夢だったとしても、

僕はそれだけで嬉しかった。


30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 06:56:58.18 ID:/a9uYwHZO

僕にとっての君は、
大切な人であって。

そこにいるのが当たり前だと思っていた。

「好き」と言えずに、時間だけが経っていったんだ。

そして、そんなある日君は、消えてしまった。



31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 07:01:26.69 ID:/a9uYwHZO


その日、空は僕の家には来なかった。

メールも、電話も、

返ってはこなかった。




32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 07:05:28.67 ID:/a9uYwHZO

(´∀`)「素直さんは昨日ラウンジ県に転校して行きました。皆さんに迷惑をかけたくないとのことで何も言うなと言われたのですが、心の中で見送ってあげて下さい」

('A`)「・・・え?」

(*;∀;)「クー、何にも言わずに行くなんてひどいのさ・・・」

(´・ω・`)「泣くなよつー、彼女は最後まで強い人だった」

ξ;⊿;)ξ「馬鹿クー・・!何で何も言わず行っちゃうのよ!!」

( ;^ω^)「ツン・・」



33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 07:06:51.98 ID:/a9uYwHZO

空は、みんなから好かれていた。

容姿とか、そんな意味じゃなくて。

みんな、泣いていた。



34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 07:08:05.12 ID:/a9uYwHZO

('A`)

ガラッ

(;´∀`)「独男くん、どこに行くんですか!?」



36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 07:12:26.05 ID:/a9uYwHZO

(^o;)「独男くんは空さんのこと好きだったです」

(*;ー;)「オワタくん・・」

(,,ーД゚)「しぃ」



37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 07:13:17.50 ID:/a9uYwHZO

('A`)

('A`)

('A`)

('A`)



38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 07:14:45.76 ID:/a9uYwHZO

僕は当てもなくさまよい歩いた。

涙が何故か出てくれない。

何でだろう。



40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 07:16:34.17 ID:/a9uYwHZO

今は、一人がよかった。

こんなに胸がむずむずして、苦しいのは初めてだった。

気付けば僕は海にいた。



41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 07:17:37.23 ID:/a9uYwHZO

('A`)「神様」

('A`)「何で空を連れ去っちまったんだよ」



42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 07:19:22.61 ID:/a9uYwHZO

そんな定めなら聞きたくなかったよ。

最初から出逢わなければ、良かったのに。




43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 07:20:32.57 ID:/a9uYwHZO


ポツ ポツ



(;A;)




ザァァァァァ




44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 07:24:31.49 ID:/a9uYwHZO



(;A;)「うぇっ..うぅ..」




(;A;)「うわぁぁぁぁぁ!!」




(;A*)「あぁぁぁぁぁぁぁ!!!」




(*A;)「あぁぁぁぁあ!!!!!」





45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 07:39:33.63 ID:/a9uYwHZO



( A )「あぁぁぁぁぁぁぁあぁぁぁぁぁぁぁ!!」



何度も、砂に顔を打ちつけ、

何度も、水を被った。



46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 07:46:54.37 ID:/a9uYwHZO

生まれて初めて、こんな泣き顔をしたような気がする。



50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 08:55:01.80 ID:/a9uYwHZO

雨は、止んではくれない。

気付けば、僕の目はしわしわになっていた。



(*A*)




53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 09:07:42.46 ID:/a9uYwHZO


(*A*)

( ^ω^)「そんなところにいたら風邪ひくお」

   /⌒⌒\
     |
( ^ω^)っJ (*A`)



54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 09:09:44.50 ID:/a9uYwHZO

内藤が、僕に傘をさしていた。

友達のいなかった僕に。

これも君のおかげだと思うと、また涙が出てきた。



55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 09:15:15.84 ID:/a9uYwHZO

(;A;)「内藤・・・空が・・」

( ^ω^)「わかってるお」

(;A;)「うぅ・・うぇぇ」

( ^ω^)「委員長は、どっくんとの思い出を捨てたくなかったんだお」

( ^ω^)「クーさんは不器用だけど、優しすぎるから」



56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 09:16:38.88 ID:/a9uYwHZO

その日、僕は内藤の家に泊まった。



57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 09:19:04.50 ID:/a9uYwHZO

内藤は、酒を飲ませてくれた。

( ・ω・)「今日は、飲みなさい」

正確には内藤のお父さんだが。

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 09:23:01.70 ID:/a9uYwHZO

(;A;)「それで・・大好きだったんです・・」

(*^ω^)「いっつも一緒にいたおね・・」

(*・ω・)「父さんも若い頃は・・」

(;A;)「うわぁぁぁぁぁん!!おぇぇぇぇ!!」ビチャビチャビチャ

( ;^ω^)(;・ω・)そ「どっくん(独男くん)!!」



60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 09:25:06.01 ID:/a9uYwHZO

次の日、僕は普通に学校に行けた。

( ^ω^)「どっくんは僕の親友だお」

内藤が、僕の親友になってくれた。



61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 09:25:54.70 ID:/a9uYwHZO

これも、君のおかげだったんだ。



62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 09:28:43.14 ID:/a9uYwHZO

(*゚ー゚)「独男くん、クーが君にって」

(*゚ー゚)っ□



63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 09:30:27.25 ID:/a9uYwHZO

('A`)「はぁ」

小さく、丁寧に折り畳まれた手紙。



65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 09:33:27.53 ID:/a9uYwHZO

僕は屋上でそれを開けた。

最初の書き出しはこうだ。


「どうしようもないぐうたら男へ」



67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 09:59:26.80 ID:/a9uYwHZO

今数学だけど書きます



69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 10:03:59.53 ID:/a9uYwHZO

君と過ごせた数ヶ月、本当に楽しかった。

手紙なんて古い伝達方法ですまない。

最初に謝っておきたいのは、君に何も言わず去ったことだ。

私は、見てのとおり不器用だ。
このままだと、必ず私は君に縋ってしまっただろう。



71 名前:>>68 落ちたら悲しいので書きます。すいません。:2009/11/05(木) 10:11:12.96 ID:/a9uYwHZO

次に、勝手に携帯を変えたことだ。

先ほどと同じように、君にいらぬ心配をかけさせたくなかった。

メールアドレスを下に書いておこう。

私は、嫌な女だ。

この手紙を破り捨ててしまっても構わない。

だけど、君と過ごしたこの数ヶ月間だけは、忘れないでほしい。

私の、大切な人。

いつかまた、逢えるといいな。



素直 空より



73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 10:13:41.89 ID:/a9uYwHZO

読む度、心が悲しくなる。

しかし、気のせいだろうか、

下にメールアドレスが書いていない。



74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 10:16:19.27 ID:/a9uYwHZO

忘れたのか、はたまたユーモアなのか、君が心配を僕にかけさせたくないのかはわからなかったが、

とりあえず僕は笑った。



75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 10:36:34.10 ID:/a9uYwHZO

素直 空はまさにこの手紙そのものだった。

僕はそっと手紙をポケットに入れて、呟いた。

「大好きだったよ」



76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 10:47:31.41 ID:/a9uYwHZO

(゚Д゚)



79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 11:32:25.70 ID:/a9uYwHZO

そして、君のおかげで夢を見つける事ができた。


僕は、歌う事を覚えたんだ。


80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 11:34:17.69 ID:/a9uYwHZO

僕は、一本の古びたギターを買った。



81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 11:37:14.67 ID:/a9uYwHZO

多分、僕は何かを伝えたかったんだろう。

空っぽになった心を埋める為に、コードの一つもわからないまま

ぎこちない指使いで。



85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 11:49:38.65 ID:/a9uYwHZO

そして、僕は今ラジオの音楽番組に出ていた。



88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 11:56:42.97 ID:/a9uYwHZO

ハハ ロ-ロ)ハ「今回の曲は、どんなテーマですか?」

('A`)「高校時代、僕が好きだった人のことをテーマにしました」

ハハ ロ-ロ)ハ「どんな人だったのですか?」

('A`)「・・・・不器用で、別れ際に遺書みたいなラブレターを渡すような、物凄い美人だった人ですね」

ハハ ロ-ロ)ハ「わかりました、それではそろそろスタジオの方で準備していただきます」



89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 12:01:06.73 ID:/a9uYwHZO

君の為に歌を作ったんだ。

一晩中、暗い部屋でひたすら考えたよ。

あの日、僕らが過ごした数ヶ月はほんの少しでしかないけど、

きっとそれは僕らの中で輝いていたと思う。



91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 12:05:27.88 ID:/a9uYwHZO

ハハ ロ-ロ)ハ「それでは、そろそろ歌って頂きましょう」

ハハ ロ-ロ)ハ「SORAで『ラブソング』」

ハハ ロ-ロ)ハ「MUSIC SAVES THE WORLD! CHECK IT OUT!」



92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 12:12:53.97 ID:/a9uYwHZO

('A`)「君に、君に伝えたくて、僕は歌を作ったよ」

('A`)「君が、聞いてくれてたら嬉しいな」



93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 12:17:09.79 ID:/a9uYwHZO


いつまでも続いていくと僕はずっと思ってたんだよ

('A`)川 ゚ -゚)

あの日君が綺麗すぎるわけを僕は何も知らなかった

川 ゚ -゚)っc('A`)

神様って人が君を連れ去って二度とは逢えないと僕にいう

川 - )

どこに行くんだよ
僕は何もできなかったよ
美しすぎた人よ

(;A;)



95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 12:19:14.41 ID:/a9uYwHZO

逢いたくて逢いたくてどんな君でも

願い事がもし一つ叶うなら

今すぐに今すぐに抱きしめたいんだよ

ずっと君のそばにだけいたかったんだ

心の中は涙の雨のメロディー

君と過ごした日々は忘れることなんて出来ないんだよ



97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 12:26:32.33 ID:/a9uYwHZO
僕は空っぽになってしまって抜け殻みたいになったよ

( A )

美しすぎた君の姿を
僕は今日も思ってしまうんだ

('A`)( ^ω^)

神様って人が君を連れ去って
二度とは逢えないと僕に言う

(*'∀`)(*^ω^)(*´・ω・`)(*´_ゝ`)

そんな定めなら聞きたくはなかったよ
美しすぎた人よ

('A`)φ



99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 12:40:15.63 ID:/a9uYwHZO
逢いたくて逢いたくてどんな君でも

願い事がもし一つ叶うなら

今すぐに今すぐに声が聞きたいよ

ずっと君のそばにだけいたかったんだ

心の中は君と僕とのメロディー

君と過ごした日々は忘れるなんて出来ないんだよ


100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 12:43:53.13 ID:/a9uYwHZO

今夜も君の姿探してしまうよ

(;'A`)

思い出のを手紙捨てられずいるよ

(;A;)っ□

もう声は君には届かない
( A ) 川 ゚ -゚)

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 13:03:48.54 ID:/a9uYwHZO
逢いたくて逢いたくてどんな君でも

('A`)

(;A;)

('∀`)

(゚A゚)

願い事がもし一つ叶うなら

川 ゚ -゚)

川 ; -;)

川 ゚ー゚)

川;゚ -゚)



104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 13:06:09.90 ID:/a9uYwHZO
今すぐに今すぐに抱きしめたいんだよ

(;A;)川 ; -;)

ずっと君のそばにだけいたかったんだ

(*'A`)川*゚ー゚)

心の中は涙の雨のメロディー

川 ゚ -゚)っc('A`)

君と過ごした日々を忘れることなんて出来ずに

(;A`)

(;A;)

(;A;)

だけどそいつが僕の空っぽを埋めて行くんだよ



105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 13:07:08.18 ID:/a9uYwHZO

yes love,
yes love,
yes love...

yes love,
yes love,
yes love...

yes love,
yes love,
yes love...



108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 13:12:39.23 ID:/a9uYwHZO

( ;ω;)

ξ ;⊿;)ξ
 _,
( ;∀;)

(´;ω;`)

(,,;Д;)

(*;ー;)

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 13:20:38.18 ID:/a9uYwHZO

ハハ ロ-ロ)ハ「・・ありがとうございました。とても感動的な歌ですね。よかったら一言どうぞ」

('A`)「空。君を、君を愛してる」

('A`)「君は世界でたった一人の僕の大切な人だ」



114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 13:24:22.04 ID:/a9uYwHZO

('A`)

僕は車を持っていないので、バスで帰る。



ネオンだらけの街並み、

オレンジ色の街灯、

人混みや車の騒音も、今日は心なしか静かで。

信号機が赤から青に変わる。

('A`)



117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 13:26:24.66 ID:/a9uYwHZO

バスが来た。

夜の都心は、静かに夜景を映す。



118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 13:29:03.61 ID:/a9uYwHZO

('A`)

「悪かったな、遺書みたいなラブレターで」

('A`)「!?」

川 ゚ー゚)「やぁ、世界で一番大切な人」




─('A`)川 ゚ -゚)ラブソングのようです─

fin.

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 13:31:12.62 ID:/a9uYwHZO

うわあああああ!!

支援してくれた皆さん、
保守してくれた皆さん、
指摘してくれた皆さん、

本当にありがとうございます!

ほんと稚拙でスイーツ(笑)な文章ですいません!



122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 13:39:00.37 ID:/a9uYwHZO

元ネタは

サンボマスターの新曲、「ラブソング」からです。

まとめられたらいいなあ。

128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 13:51:39.15 ID:/a9uYwHZO

大丈夫です!

まだ書きたいと思ってるんで色々指摘お願いします!



147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/05(木) 17:04:40.57 ID:/a9uYwHZO

ありがとうございます!

沢山の指摘でまだまだ足りないことがあるということがわかりました。

もっと練習してからまた書きます。

それでは落ちますので、改めてありがとうございます。



コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

K-AYUMU

Author:K-AYUMU

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

ユーザタグ

カ行 タ行 ア行 ちんこ ハ行 サ行 マ行 ナ行 英数字  ^ω^) ('A`) ラ行 1レス ワ行 (´・ω・`) ショボーン ヤ行 ブーン ショボン トソン 'ー`)し ξ゚⊿゚)ξ (,゚Д゚) ドクオ まんこ (=゚д゚) J( 1レス カラマロス大佐 シュー ミセリ (-_-) いよう 川д川 人狼 (∪^ω^) 世紀末 ツンデレ 

FC2カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。