mesimarja
気に入ったスレを集めてみました。
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ξ゚⊿゚)ξ目指せ!こいびと!のようです
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/11(水) 21:51:21.18 ID:bWDq1Wla0
ξ゚⊿゚)ξ「ブーン・・・好き・・・」

ξ*゚⊿゚)ξ

ξ*゚⊿゚)ξ「フフフ・・・」

ξ*⊿)ξ「・・・・・・」


2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/11(水) 21:54:35.40 ID:bWDq1Wla0
( ^ω^)「ポテチおいしいお」

(*^ω^)「こんそめうす塩・・・」

(*^ω^)「おいしいお!」

ぴんぽーん

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/11(水) 21:57:15.11 ID:bWDq1Wla0
(*^ω^)「どなただお?」

ぴんぽーんぴんぽーん

(;^ω^)「ちょwwww待ってwwww」

ぴんぽーんぴんぽーんぴんぽーんぴんぽーん

(;^ω^)「・・・・・・」

ぴんぽんぴんぽんぴんぽんぴんぽんぴんぽんぴんぽんぴんぽんぴんぽんぽんぴんぽんぴんぽんぽんぴんぽんぴんぽん
ぴんぽんぴんぽんぴんぽんぴんぽんぴんぽんぴんぽんぴんぽんぴんぽんぽんぴんぽんぴんぽんぽんぴんぽんぴんぽん
ぴんぽんぴんぽんぴんぽんぴんぽんぴんぽんぴんぽんぴんぽんぴんぽんぽんぴんぽんぴんぽんぽんぴんぽんぴんぽん
ぴんぽんぴんぽんぴんぽんぴんぽんぴんぽんぴんぽんぴんぽんぴんぽんぽんぴんぽんぴんぽんぽんぴんぽんぴんぽん
ぴんぽんぴんぽんぴんぽんぴんぽんぴんぽんぴんぽんぴんぽんぴんぽんぽんぴんぽんぴんぽんぽんぴんぽんぴんぽん
ぴんぽんぴんぽんぴんぽんぴんぽんぴんぽんぴんぽんぴんぽんぴんぽんぽんぴんぽんぴんぽんぽんぴんぽんぴんぽん
ぴんぽんぴんぽんぴんぽんぴんぽんぴんぽんぴんぽんぴんぽんぴんぽんぽんぴんぽんぴんぽんぽんぴんぽんぴんぽん

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/11(水) 22:02:32.65 ID:bWDq1Wla0

(;^ω^)「ちょっと待ってくれお!!!誰なんだお!!」

ξ゚⊿゚)ξ「え?わたしよ?」

(;^ω^)「・・・どなたですか・・・」

こんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこん
こんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこん
こんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこん

こんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこん

こんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこん





7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/11(水) 22:07:21.38 ID:bWDq1Wla0
その日から


僕の


眠れない日が
         は
          じ
           ま
            っ
             たんだ

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/11(水) 22:10:29.04 ID:bWDq1Wla0




ξ゚⊿゚)ξ目指せ!こいびと!のようです






11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/11(水) 22:17:05.33 ID:bWDq1Wla0
ξ゚⊿゚)ξ「ねぇぶーん」

(;^ω^)「誰なんだお・・・なんで僕のあだ名をしってるんだお」

ξ*゚⊿゚)ξ「えー?わたしなんでも知ってるよ」

ξ*⊿)ξ「毎日どの道を通って学校に行くかも、ブーンがYシャツを何枚持ってるかも
どんな服装が好きかもどんな本が好きかもどんなテレビを見るかも何時に寝るかも起きるかも
、昨日はいつもよりはやくて10時には寝てたでしょ?わたしみてたんだよ?
いくらなんでもはやすぎだよぉ。きっとぶーんのことだから今日は夜更かしするんでしょ?
ね?ね?ね?ね?ね?いっしょに映画みよ?たくさんもってきたからね?」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/11(水) 22:21:18.28 ID:HjffJXjxO
こえええwwwwww

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/11(水) 22:23:13.40 ID:bWDq1Wla0
(;^ω^)「冗談じゃないお・・・」

(;^ω^)「かえってくれお!ぼくは君なんてしらないお!」

ξ゚⊿゚)ξ「・・・・・・」

ξ⊿)ξ「いぢわる」

がちゃがちゃがちゃがちゃがちゃがちゃがちゃがちゃがちゃがちゃ
 「いぢわるいぢわるいぢわるいぢわるいぢわるいぢわる」
がちゃがちゃがちゃがちゃがちゃがちゃがちゃがちゃがちゃがちゃ
 「いぢわるいぢわるいぢわるいぢわるいぢわるいぢわる」
がちゃがちゃがちゃがちゃがちゃがちゃがちゃがちゃがちゃがちゃ
 「いぢわるいぢわるいぢわるいぢわるいぢわるいぢわる」
がちゃがちゃがちゃがちゃがちゃがちゃがちゃがちゃがちゃがちゃ
 「いぢわるいぢわるいぢわるいぢわるいぢわるいぢわる」
がちゃがちゃがちゃがちゃがちゃがちゃがちゃがちゃがちゃがちゃ

がちゃがちゃがちゃがちゃがちゃがちゃがちゃがちゃがちゃがちゃ

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/11(水) 22:25:18.43 ID:bWDq1Wla0
僕はもう気が狂いそうだった

半狂乱でドアを押さえたんだ

全力でただドアが開かないように力をこめて

開くな開くな開くな開くな

お願いだから開かないでくれ

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/11(水) 22:27:44.18 ID:bWDq1Wla0
( ;ω;)「やめてくれお!!なんなんだお!!」

もう怖くてしかたなかったんだ

気がついたら泣いてた

手には豆ができて血が流れてた

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/11(水) 22:31:43.88 ID:bWDq1Wla0
それでずっと叫んでたら

いつのまにか外に

人の気配は

なくなってた

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/11(水) 22:35:02.01 ID:bWDq1Wla0
( ;ω;)「・・・・・・」

よかった。そんな気持ちでいっぱいだった。

( ;ω;)「部屋に・・・もどるお・・・」

そんなことを言いながら僕は自室へ戻ってそのまま眠りについたんだ

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/11(水) 22:39:37.97 ID:bWDq1Wla0
次の日の事だ

僕は友人のドクオに迎えに来てもらった

('A`)「どうしたんだよ一体」

(;^ω^)「すまないおね・・・」

事情を話しながら登校する。少しだけ気分が楽になる。
















ξ゚⊿゚)ξ 「・・・・・・」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/11(水) 22:45:09.21 ID:bWDq1Wla0
登校中ずっとドクオと話していた

最初は笑っていたドクオだけど状況を知るにつれて真剣に対応してくれた

('A`)「やべえよそれ・・・」

(;^ω^)「・・・・・・」

('A`)「とりあえず女とは言え危険すぎるあまり一人になるなよ」

(;^ω^)「わかったお」


29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/11(水) 22:47:20.31 ID:bWDq1Wla0


そのときはそれで大丈夫だと思った


大丈夫だと



32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/11(水) 22:51:13.73 ID:bWDq1Wla0
大丈夫じゃないとわかったのは本当にすぐだった

学校に着いた時のことだ

僕の下駄箱・・・正確にはロッカーなんだけど

その中に置いてあったんだ

あったんだよ


34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/11(水) 22:55:06.07 ID:bWDq1Wla0
物自体はたいした物じゃない

手紙だ

昨日の件に比べるとまぁキャパシティ内だと思った

手紙を読んでしまったのが間違いだった

(;^ω^)「・・・・・・」

(;'A`)「おい・・・これ・・・」

ドクオの声が震えてた

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/11(水) 22:58:33.38 ID:bWDq1Wla0
「どうして?」

「どうしてそんな男と登校するの?」

「どうして?」

「どうして私じゃないの?」

「どうして?」







「昨日から家の前で待ってたんだよ?」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/11(水) 23:03:44.70 ID:bWDq1Wla0
( ω )「・・・・・・」

居たんだ。帰ってなんていなかった。

いたんだ。ずっとずっとずっと。

僕が叫んでるときも部屋に戻った時も眠っていた時も

彼女は

外に

いた

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/11(水) 23:09:16.48 ID:bWDq1Wla0
その後はあまり覚えていない

ただ誰かといるなら安全だ

そんな考えすらもうできなかった

なにも考えられなかった

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/11(水) 23:13:58.10 ID:bWDq1Wla0
( ω)

(;'A`)「おい大丈夫かよ?」

( ω)「うん・・・大丈夫だお」

結局僕はドクオに送ってもらい早退した

まだ家にこもるほうが安全な気がしたから

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/11(水) 23:21:22.53 ID:bWDq1Wla0
ドクオと自室でどうするかを考えるつもりだった

でも・・・

(;^ω^)「あれ?」

('A`)「?どうした?」

自分の部屋に入ったときに感じたんだ

あの本の置き場所はあそこだっけ?

あのCD出したっけ?

あのゲームしまってなかったっけ?

違和感を、感じた


44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/11(水) 23:24:47.45 ID:jpzG7jeY0
ひいい

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/11(水) 23:27:46.06 ID:bWDq1Wla0
唐突にわかってしまった

その違和感がどういうことか

落ちていたんだ

長い僕のでも母さんでもない髪の毛が

ああいたんだ。さっきまで

いたんだ。彼女は

この部屋に
       部屋に
           部屋に
               部屋に
                   部屋に
                       いた

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/11(水) 23:33:22.48 ID:bWDq1Wla0
すぐに部屋を隅々調べた

いるんじゃないか。まだ

いるんだろ?そうだろ?

もうとても冷静になんてなってられなかった

('A`)「ブーン・・・」

( ω)「・・・・・・」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/11(水) 23:38:15.15 ID:bWDq1Wla0
かといって僕らに何かできるわけでもなく

できることは戸締り程度だったんだ

(;'A`)「じゃあブーン俺は帰るけどなんかあったら連絡しろよ?」

( ω)「ありがとうだお」

正直帰ってほしくなかった

でも流石にドクオに仮定の話で家に残ってもらうわけにはいかない

あくまで僕が勝手に確信しているだけなのだ

部屋にいたかどうかなんて

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/11(水) 23:41:25.20 ID:bWDq1Wla0
(;'A`)「大丈夫かよブーンの奴」

(;'A`)「どーすっかな」

ξ゚ー゚)ξ

(;'A`)「ん?」

ξ⊿)ξ「    」














                         「え?」







52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/11(水) 23:44:11.69 ID:bWDq1Wla0
ドクオが帰ってからしばらくして

母さんが帰ってきた

「ポストにこんなのはいってたわよ」

封筒だった

嫌な予感がした

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/11(水) 23:50:11.86 ID:bWDq1Wla0
封筒を開いたと同時に何かが

――――ポトリ

そんな音と共に

落ちた

落ちた

落ちた

ああ・・・

指だ

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/11(水) 23:51:53.31 ID:Af04ixC5O
KOEEEEEEE!!

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/11(水) 23:53:21.12 ID:bWDq1Wla0
トイレに駆け込んだ

全部胃の中の物を出した気がする

部屋に戻って

横になった

僕はそれから部屋にこもる様になった

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/11(水) 23:55:30.50 ID:bWDq1Wla0
もう部屋から僕は出なかった

でも・・・

こんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこん
こんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこん
こんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこん
こんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこん
こんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこん
こんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこんこん

毎日窓をたたく音はなり続けた

僕は眠れやしなかったよ

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/11(水) 23:58:11.91 ID:bWDq1Wla0
そして今

僕はやせこけてしまっているのに部屋から出ていない

怖いんだ。怖いんだよ。

なのにさ

なのになのになのになのに

どうして

ξ゚⊿゚)ξ「・・・・・・」

どうして彼女は

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/11(水) 23:58:54.78 ID:bWDq1Wla0





この へや に いる の ?





61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/11(水) 23:59:58.73 ID:bWDq1Wla0





ξ゚⊿゚)ξ目指せ!こいびと!のようです






66 名前: ◆fG1I1UcIeI :2009/11/12(木) 00:01:43.21 ID:u5cpsL0y0
尻切れトンボですみません。

怖い人を書きたいと思いました。
支援等どうもありがとうございました。

それじゃあ失礼!

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

K-AYUMU

Author:K-AYUMU

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

ユーザタグ

カ行 タ行 ア行 ちんこ ハ行 サ行 マ行 ナ行 英数字  ^ω^) ('A`) ラ行 1レス ワ行 (´・ω・`) ショボーン ヤ行 ブーン ショボン トソン 'ー`)し ξ゚⊿゚)ξ (,゚Д゚) ドクオ まんこ (=゚д゚) J( 1レス カラマロス大佐 シュー ミセリ (-_-) いよう 川д川 人狼 (∪^ω^) 世紀末 ツンデレ 

FC2カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。