mesimarja
気に入ったスレを集めてみました。
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(´・ω・`)「僕らがなんで生きてるのか教えてあげよう」
1 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 20:07:55.25 ID:38jHpXIm0
何のために

僕は

朝、起きて

何のために

僕は

学校に行くんだろう?

( ^ω^)「朝がつらいお」


2 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 20:08:53.64 ID:kW17Wv7m0
それぐらいでつらかったら、社会はさらに地獄

3 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 20:09:38.73 ID:38jHpXIm0
朝起きて

二度寝して

また起きて

学校に行く。

( ^ω^)「学校つまらないお」

彼女なんかいなくて

友達もいなくて

話す人もいない。

6 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 20:10:25.76 ID:38jHpXIm0
( ^ω^)「さて、帰るお」

家に帰って

ネットして

風呂入って

寝る


8 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 20:11:44.00 ID:38jHpXIm0
( ^ω^)「今日もつまらなかったお」

毎日毎日…

つまらない

僕は、なんで生きてるの?

心の中で、呟いた。

僕は、なんで生きてるの?

その言葉は神秘的。僕はまるで、哲学者みたいだ。

僕は、なんで生きてるの?

胸の中で轟く。神秘な言葉。

でも…その答えはわからない。

僕は…なんで生きてるんだろう?

その問いを、何度も反芻する。




11 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 20:12:36.53 ID:38jHpXIm0


起きてみれば昼だった。

母さんの置いてくれた食事がドアの前に置いてある。

飯を食った後、やることを考える。

何もないからとりあえず寝た。

('A`)「寝れねーや」

13 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 20:13:21.18 ID:38jHpXIm0
パソコンをつけた。

ネトゲでもしてみた。

すぐ飽きた。

VIPでもしてみた。

馴れ合いは嫌いだった。

エロゲーでもしてみた。

虚しくなった。

('A`)「暇だ…」


15 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 20:14:44.05 ID:38jHpXIm0
夕方ごろカーチャンが帰ってきた。

会いたくないので寝たフリをした。

暇な時間を過ごした。

J( 'ー`)し「たけし…ごはん置いとくよ」

無視した。

J( 'ー`)し「たけし…お母さん明日も朝早いから、もう寝るね」

無視した。

J( 'ー`)し「たけし…国家公務員試験の参考書買っといたよ…置いとくね」

(#'A`)「もう諦めたって言っただろっ!!」

思わず怒鳴った。

理不尽なのは知っている。

悪いのは俺だって知っている。

でも、怒った。


18 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 20:15:53.03 ID:38jHpXIm0
J( 'ー`)し「ごめんね…余計なことしちゃって」

なんでお前が謝るんだ?

悪いのは俺だ。

いい加減にしてくれ…

俺なんかほっといてくれ!

J( 'ー`)し「知ってるんだよ。お母さんは」

また何か言い出した。

こいつはいつもそうだ。

そうやって俺を苛立たせる。

消えろ。

消えてしまえ。


19 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 20:16:42.14 ID:38jHpXIm0
J( 'ー`)し「たけしは誰よりも優しい子。お母さんが一番知ってるよ」

…やめてくれ

……もうやめてくれ

……俺は優しくなんかない。

俺は…最低な人間だ。

死んだほうがいい人間だ。

いないほうがいい人間だ。

J( 'ー`)し「車に轢かれた黒猫…覚えt」

('A`)「消えてくれ!!」

20 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 20:17:34.57 ID:38jHpXIm0
やめてくれ。

俺は優しくなんかない。

最低な人間だ。

もう、たくさんだ。

俺を優しいなんて言わないでくれ。

J( 'ー`)し「ごめんね…たけしのこと何もわかってあげれない…でも」

消えてくれ

もう、やめてくれ…

J( 'ー`)し「母さんは…優しいたけしのこと…大好きだよ」




               やめてくれ…

23 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 20:18:27.90 ID:38jHpXIm0
いつも通りの時間。

いつも通りに朝食を食べて

いつものように学校に行く。

(´・ω・`)「……」

学校に着くと

DQN「よっ!しょぼん」

女「しょぼん君、数学教えて!」

煩いクズ共が話しかけてくる。


24 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 20:19:50.48 ID:38jHpXIm0
(´・ω・`)「みんなオハヨウ。できる範囲なら教えるよ」

こんな奴等といてもつまらない。

平凡な毎日

つまらなすぎる毎日

全てが

腐ってる。

(´・ω・`)(みんなクズばっか…ぶち殺すぞ)


25 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 20:20:33.22 ID:38jHpXIm0
何もない毎日

過ぎていくだけの日々

本当に退屈だった。

DQN「しょぼん!帰り遊んでこうぜ」

(´・ω・`)「ごめん、今日は塾なんだ」

DQN「んだよっ、がり勉」

(´・ω・`)(こいつ、死ぬ直前はどんな表情をするんだろうな)

26 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 20:21:13.09 ID:38jHpXIm0
死ぬのを怖がるDQN

命乞いするDQN

恐怖に失禁するDQN

それを想像すると…なぜだろう

楽しい。

楽しくてしょうがない。

28 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 20:22:02.21 ID:TfNqobcq0
やったのか!  殺ってみたんだな!!!

29 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 20:22:32.76 ID:38jHpXIm0
きっとこれは

才能なんだ

優秀な僕に与えられた

残虐という才能なのかもしれない。

(´・ω・`)(あいつらが死ぬ直前が見てみたいな)

そして、僕の殺戮妄想が始まった。

色んな奴を色んな方法で殺す。

愉快だった。



31 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 20:23:08.66 ID:38jHpXIm0
殺したい

いつしか、そんな思いが胸の中を迸る。

(´・ω・`)(人を殺していい世界だったら、どれほど楽しいことだろうか)

そうか

きっと僕は

悪魔なんだ。

33 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 20:23:45.01 ID:38jHpXIm0
(*^ω^)「……あの」
ξ゚⊿゚)ξ「なにっ!?」
(*^ω^)「な、なんでもないです!」
ξ゚⊿゚)ξ「ハァ!?からかってるの?」
(*^ω^)「サ、サーセンwwwwwwwフヒヒヒヒ」

僕は恋をした。
きっと叶わぬ恋。辛いだけの恋。
でも…幸せだった。

36 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 20:24:43.66 ID:38jHpXIm0
ξ゚⊿゚)ξ「ちょっと!いつまで食ってるのよっ!昼休みは委員会の集まりでしょ!?」
(*^ω^)「先に行っててお、すぐ食うから」
ξ゚⊿゚)ξ「たっく…待ってあげる。勘違いしないでよねっ!あんたの為に待つんじゃないんだから!
      あんたが遅刻しなように見張るためなんだからねっ!」
(*^ω^)「すぐ食うお!ハグッムシャッムシャッムシャア!!」
ξ゚ー゚)ξ「ぷっ…wwwwww」
(;^ω^)「ど、どうしたお?僕、変なことしたかお?」
ξ゚ー゚)ξ「あ、あんたの食い意地が可笑しくてwwww」
(;^ω^)「むっ…、遅刻しないために早く食ってるだけだお!」
ξ゚ー゚)ξ「はいはいwなんでもいいから早くしてね」

僕とツンは同じ委員長に選ばれた、ただそれだけの関係だ。
恋人でも友達ですらもない。
彼女は僕のことを、なんとも思っていない。
この恋は僕の独りよがり。一方的な片思い。


38 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 20:25:30.95 ID:38jHpXIm0
そんなことは知っている。
でも、幸せだった。

いつだったかな。
“僕は、どうして生きてるの?”
この言葉が神秘的で好きだった。
でも今は、この言葉に何にも感じなくなった。
答えが出たわけじゃない。
ただ…どうでもよくなっただけ。
ただそれだけ。


39 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 20:26:19.90 ID:38jHpXIm0
カーチャンが病気で寝たきりになった。
どうやら…助からないらしい。
それほど思い病気なのに、カーチャンは無理をして働き過ぎた。
死んだトーチャンの分も働いて、働かない俺を養って
働き過ぎてカーチャンは死ぬ。
全ては俺の所為。
カーチャンを苦しめたのも俺の所為。
全てはクズな俺の所為。

40 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 20:27:02.87 ID:38jHpXIm0
いつも言ってたじゃないか。
「消えてしまえ」
ほらっ、言った通りになった。
カーチャンは消える。この世からいなくなる。
これでいいじゃないか。
消えるんだ。

41 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 20:27:48.03 ID:38jHpXIm0
わからない。
悲しいのかすらも、わからない。
きっと悲しくなんてない。
俺は最低な人間だから。
カーチャンを苦しめた張本人。
最低な人間。
悲しむことなんてない。


43 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 20:28:32.47 ID:38jHpXIm0
J( 'ー`)し「…………たけし」

弱々しい声、でも
いつもの優しいカーチャンの声。

('A`)「なに?カーチャン」

最後ぐらいは優しくしてやろう。
それが、最低人間の出来る全力の善意だ。
こんな時にしか見せられない優しさ。
それは、偽善でしかない。

J( 'ー`)し「……轢かれた黒猫…覚えてる?クロちゃんのことだよ」

なんでこんな時に
そんな昔の話を…

('A`)「覚えてるよ、俺が小3の頃だっけ」

カーチャンの目が優しく笑みを浮かべた。

J( 'ー`)し「足を車に轢かれたクロちゃん、可哀想だったよね」

カーチャンは、瞼を閉じゆっくりと語りだす。


45 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 20:30:02.87 ID:38jHpXIm0
黒猫は足がペチャンコで、たくさん血が出てて
痛そうだったよね。
動く元気もないぐらい衰弱してて
たくさんたくさん血が出てて可哀想だった。
でも、お母さん何もしなかった。
黒猫は、もう死んじゃうんだって
勝手に決め付けて。
周りの人達もそうだった。
それに、血だらけの黒猫に近づきたがる人なんていなかった。
私もそうだったの…。
ひどい話だよね。お母さん、悪い人だよね。
でも、たけしは違ったよね。
('A`)「カーチャン!!猫さん…死んじゃうよ!」
血だらけの黒猫を持って、泣きながら私にお願いしたよね。
('A`)「猫さん…助けてあげて…なんでもするから。お願い!最後のお願い!」
でも、お母さんこういったよね…。
J( 'ー`)し「猫さんはもう…死んじゃうんだよ」
お母さん…本当に悪い人だよね。でも、たけしは違った。
('A`)「生きてるよ!!見てよ!ほら!手が動いてるよ…」
お母さん、その時思ったの。
この子は本当に優しい子なんだって。
誰よりも優しい子なんだって。
お母さん嬉しかった。
自分の子供がこんなに優しくなってくれて、本当に嬉しかった。

46 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 20:30:55.95 ID:38jHpXIm0
だけど…猫さん死んじゃったよね。
可哀想だったよね。
一緒にお墓作ったとき
('A`)「決めた。こいつの名前はクロね」
そう言って墓にクロって書いたでしょ?
汚い字でクロって
たけし、あの時嬉しそうに笑ってた。
さっきまで泣いてたのに、クロって書くとき笑ってた。
お母さん、その時泣いてたのに。あなた笑ったの。
なんであの時笑ったのか…お母さんわからなかったの。
でも、今ならわかるよ。
たけし、本当に嬉しかったんだよね。
黒猫に、名前が出来て。
本当に嬉しかったんだよね。
人一倍素直で、他人のことでも素直に喜んだり泣いたりするたけしが
すごく羨ましかった。


47 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 20:32:00.99 ID:38jHpXIm0
お母さん…悪い人だからね。
素直になれないの。
お父さんが死んだときね…、悲しむことなんてなかったの。
これからの生活のことばかり考えてたの。
それでも泣いたの。悲しくないのに、建前だけ泣いてたの。
たけしが幼稚園生のころ…なんだけどね
覚えてるかな。
建前で泣いてる私に
('A`)「泣かないでカーチャン…泣かないで」
って私に言ったんだよ。お母さん胸が痛くなっちゃった。
涙を必死に堪えて、お母さんを慰めてくれたんだよ。
嬉しかった。
この子を産んでホントによかったって思ったんだよ。

カーチャンは泣いていた。
瞑った目から涙が溢れていた。


49 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 20:33:54.60 ID:38jHpXIm0
('A`)「カーチャン…俺は優しくなんかないよ」

俺は優しくなんかない。
本当に優しいのはカーチャンだ。

('A`)「こんなにカーチャンを苦しめたのに、悲しいって思えないんだ」

なんでだろ…言わずにはいられない。
わざわざ言うことでもないのに。

('A`)「俺は最低な人間なんだ。きっと変わったんだ…俺は優しくなくなったんだよ」


51 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 20:34:47.60 ID:38jHpXIm0
カーチャンを見る。
小さく目を見開いて、俺を朗らかに見る。

J( 'ー`)し「嘘よ。あなたは変わってなんかない、優しいたけしのままだよ」
('A`)「俺は優しくなんか…」
J( 'ー`)し「じゃあ…なんで泣いてるの?」

え…?

J( 'ー`)し「優しくないあなたが…どうして母さんのために泣いてくれてるの?」

そうか…
俺は…さっきから泣いていたんだ。
気付こうとしなかったけど、ホントは気付いてた…
迸る涙が止まらなかった。


53 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 20:35:25.63 ID:38jHpXIm0
J( 'ー`)し「お母さん、たけしのこと何も分かってあげれなかったけど
     これだけは言えるの」

再び瞼を閉じ、
いつもの優しい口調で語りだす。

           たけしは世界で一番優しくて素直な子

       人一倍優しくて人一倍素直だから、人一倍傷ついちゃうの
 
      あなたみたいに優しい子、幸せにならないなんておかしいのよ

          だから幸せになって…人一倍幸せになってね


55 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 20:36:16.88 ID:38jHpXIm0
('A`)「カーチャン、本当に最後のお願いがあるんだ」

本当に最後の最後のお願い
例え叶わないとわかってても、これだけは最後の無理なお願い。

('A`)「死なないで…、死なないでよ!!カーチャン!!お願いだから…俺…カーチャンになにもして上げれなかった…俺…なにも…」



              その願いは、叶うことはなかった。




57 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 20:37:27.51 ID:38jHpXIm0
DQN「ごめんなさい!ごめんなさい!なんでもします!殺さないで!!」
(´・ω・`)「大丈夫、まだ殺さないよ」

プシュンッ!プシュンッ!

DQN「いだああああああああ、ごめんなさい!撃たないで!!」
(´・ω・`)「サイレンサーってすごいね、気に入ったよ」

拳銃なんて安いものだ。
中国人からお年玉位の値段で買えてしまった。
こんなに面白い玩具、もっと早く手に入れるべきだった。


58 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 20:38:17.85 ID:38jHpXIm0
プシュンッ!プシュンッ!

DQN「ああああああああああああああああああああああああああああ」

すぐに死なれてはつまらない。
急所を外して、ジワジワと死ぬ直前を楽しむ。

DQN「俺が、なんでこんな死に方をしなきゃならないんだ!俺が、俺がああ」
(´・ω・`)「ホントに、君は期待通りの反応をしてくれる」

楽しかった。
足に、腕に、腹に、苦痛に悶え、命乞いをし、恐怖に失禁し、

面白かった。
退屈だった日々が嘘のようだ。

60 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 20:38:52.86 ID:38jHpXIm0
DQN「なんで、お前なんかに…俺が何かしたか…?」

恐怖に歪む形相
僕は優しく答えた。

(´・ω・`)「お前は何もしていない。ただ僕が…」

          悪魔だっただけだよ…


61 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 20:39:42.61 ID:38jHpXIm0
その言葉は室内に響く。
DQNは悶えながら僕に背を向ける。
どうやらまだ生きたいらしい。
可哀想に…お前はどうせ死ぬんだ。
ほら…僕がトリガーを引けば…

      プシュンッ!


あさっりと死ぬ。
人間なんてそんなものだ。
いつかは死ぬ。
こいつは、たまたま悪い悪魔に巡り会っただけ。
ただそれだけ。


62 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 20:40:18.22 ID:38jHpXIm0
DQNを殺してから僕はいろんな奴を殺した。
クラスの女子、町内の老婦、母親、父親
みんなDQNと同じ反応をしてくれる。
例外なんてなかった。
死に恐れ、貪欲なまで生きたいと足掻く。
それは、欲望に満ちた芸術だった。

だが、そんな快楽的な生活も終わりを告げようとしていた。


64 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 20:40:57.45 ID:38jHpXIm0
警察「お父さんか、お母さんはいらっしゃいませんか?」
(´・ω・`)「いま…出かけています」
警察「……ちょっと拝見させてもらえませんか?」
(´・ω・`)「ちょっと今は…」
警察「血の臭い…?おまっ」

      プシュッ!!

警察「うぐっ!??」
(´・ω・`)「死ねよ…黙って死ね」

プシュン!プシュン!プシュン!プシュン!プシュン!!

僕の邪魔をする奴はみんな死んでしまえ

       僕は悪魔なのだから

65 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 20:41:53.21 ID:38jHpXIm0
ξ゚⊿゚)ξ「ねぇブーン」
( ^ω^)「なんだお?」
ξ゚⊿゚)ξ「文化祭終わったら私達の仕事も殆どなくなるでしょ?」
( ^ω^)(……そうか。文化祭が終わったらツンと仕事したり一緒に帰ったりできなくなるのかお…)
ξ゚⊿゚)ξ「だ、だからね、その…えーと」
( ^ω^)「どうしたんだお?少し様子が変だお」
ξ////)ξ「べ、別におかしくなんかないもんっ!」
(;^ω^)「嫌…絶対おかしいお!顔真っ赤だお!おでこ触らしてもらうお」
ξ////)ξ「なんでもないって言ってるでしょ!!触らないで!」
(;^ω^)「冗談抜きで熱いお!風邪引いてたのかお!」
ξ゚⊿゚)ξ「か、風邪ぐらい…文化祭も近いんだから!休めないでしょ?」
(;^ω^)「ダメだお!今すぐ病院いくお!僕も付き添うから!」
ξ;゚⊿゚)ξ「え…でも」
( ^ω^)「気にすることはないお!近くに知ってる病院があるお!」

僕は幸せだった。
彼女のためになにか、できることを見つけることがが
すごく嬉しかった。

69 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 20:43:55.70 ID:38jHpXIm0
カーチャンが死んでから俺は変わった
というか…
根本的には何も変わってない。
ただ、カーチャンの残してくれた貯金だけは使いたくなかった。
だから、バイトをして自力で生活をしているだけ。
ただそれだけ。

工場でのバイトは意外と楽だった。
バイトの帰りは特に、遣り遂げた充実感で胸がいっぱいになる。
カーチャン、俺…がんばって幸せになるよ。
空を仰いでカーチャンに言う。
小さな毎日。
でもそれは、俺にとってては大きな毎日。

70 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 20:45:03.67 ID:38jHpXIm0
('∀`)「カーチャン…」
幼女「うわああああああああああん」
(;'A`)「な、なんだよ…」
幼女「転んで…足怪我しちゃったのおおお」
('A`)「たっく…マンドクセェナ。見せてみろ…アチャー、裂けちゃってるな」
幼女「痛いよおおお、うわあああああああん」
('A`)「トーチャン、カーチャンは?」
幼女「うわああああああああああん」
('A`)(うるせぇーなぁ…、これだからガキは嫌いなんだ)
幼女「ママ…ママあああああ…」

       “たけしは世界で一番優しくて素直な子”


71 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 20:46:09.72 ID:38jHpXIm0
('A`)「たっく…世界一優しい俺様が病院まで負ぶってやるから感謝しろよ」
幼女「なにそれぇー、全然嬉しくない…」
(;'A`)「な、なんだよ…じゃあ泣くな!」
幼女「お兄ちゃん、顔冴えないし…」
(#'A`)「顔は関係ないだろう!とにかく乗れ」
幼女「もしや連れ去り…?」
('A`)「するか!もういい、ほっとく」
幼女「うーー、わかったわよ、しかたないわね」
(;'A`)(何かが違う気がする…)
幼女「あはwお兄ちゃん、背中広いねぇ~」
('A`)「そうか?平均以下だと思うぞ」
幼女「広い広い♪」

74 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 20:47:08.68 ID:38jHpXIm0
('A`)「てか、怪我は痛くないのかよ!?」
幼女「なに?心配してくれてるんだ?」
('A`)「関わらなきゃ良かった…」
幼女「そんなに心配してくれるなら結婚してあげてもいいよw」
('A`)「ガキが出来るか!犯罪者にはなりたくない」
幼女「でも私10歳だから、後6年後には結婚できるよ」
(*'A`)「ブウウウウウウウウウウウ」
幼女「どうしたの?結婚したいの?あっでも、お父さんとも約束してたんだっ…どうしよ」
('A`)「バーカ、親子で結婚は犯罪なんだよ」
幼女「えっ、そうなの?じゃあ…お兄ちゃんでいいや」
('A`)「じゃあってなんだよ…じゃあって」

俺は優しくなんかない。
でも、カーチャンは優しいって言ってくれた。
どんなに俺が落ちぶれても
最後までカーチャンは信じてくれた。
だから、俺は自分を信じることにした。

75 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 20:47:58.56 ID:38jHpXIm0
(´・ω・`)「僕は悪魔だ」

プシュン!プシュン!プシュン!!

町内のこぢんまりとした病院内に潜伏する。
医者や看護師はみんな殺した。

  たくさん殺した

  殺して殺して

  悶え苦しんでいく姿を

  楽しんだ

 楽しい一時

 悪魔にとって

 最高の一時

 悪魔は寶かに笑う

(´・ω・`)「僕は悪魔だ…」

76 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 20:48:52.39 ID:38jHpXIm0
(;^ω^)「あれ?誰もいないお?」
ξ゚⊿゚)ξ「今日休みなんじゃない?」
(;^ω^)「そんなはずはないお…とりあえず椅子に座って待つお」

カランコロン

('A`)「あれ?受付だれもいないぞ?」
幼女「何それ、お兄ちゃん役立たず~」
('A`)「負ぶってもらっといてそれはないだろ…」

数分後

( ^ω^)「ちょwwこの病院、美味しんぼばっかだおwwwwwww」
('A`)「何気に遊戯王も充実wwww」
幼女「お兄ちゃん私の怪我は~?」
('A`)「医者が帰ってくるまで我慢しろ」
幼女「なにそれ~、他の病院にいったほうがいいんじゃない?」
ξ゚⊿゚)ξ「私もそうしたほうがいいと思うんだけど…」
( ^ω^)「ツンはそこで寝てたほうがいいお、隣町まで歩くなんて無理だお」
幼女「お兄ちゃん、私を負ぶって隣町まで行こうよ」
('A`)「流石に無理があるだろ…」

77 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 20:49:46.50 ID:38jHpXIm0
ルービックキューブがあった。
小さい頃、初めてお母さんに買ってもらったの玩具はルービックキューブだった。

カチャカチャカチャカチャ…カチャ

全面が揃った時
なぜか…少し嬉しかった。

(´・ω・`)「僕は悪魔だ」

キューブをもって、隣室に向かう。

そこからは賑やかな喧騒が聞こえた。


80 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 20:50:48.61 ID:38jHpXIm0
(´・ω・`)「死にたくなかったら俯けになって寝ろ…ぶち殺すぞ」

         悪魔は言う。

(;^ω^)「わ、わかったお…落ち着いてくれお」
ξ゚⊿゚)ξ「あんたがいつまでも美味しんぼなんか読んでるからよっ!」
(;^ω^)「だって…意外にハマるんだもん…」
(;'A`)「お前ら…頼むから静かにしてくれ!」

(´・ω・`)「とりあえずそこの幼女、こっちに来い」
幼女「え……」

(;^ω^)「な、なんでだお!?」
(´・ω・`)「人質だよ、人質には子供が適している」

('A`)「人質なら俺がなる。反抗は絶対にしない」
(´・ω・`)「はぁ?」

        悪魔は戸惑った。今までない反応に戸惑った。


82 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 20:51:44.91 ID:38jHpXIm0
(´・ω・`)「僕に逆らうな」

        悪魔は笑う。
        こいつも同じはず
        DQN達と同じはず
        死ぬのが怖い
        貪欲なまでに生きることへ執着するはず
        そう思い、トリガーを引く。

    プシュン!プシュン!プシュン!!

ξ゚⊿゚)ξ「きゃあああああああああああああああ」
幼女「や、やめてえええええええええええええ」

('A`)「うあああああああああああっ…ううぅ…」


83 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 20:52:36.65 ID:38jHpXIm0
痛かった…
右足から夥しく血が溢れる。
痛い…死ぬほど痛い
死ぬのが怖い
そりゃそうだ…死ぬのは怖い
怖い
痛い
辛い

ニャー

聞き覚えのある泣き声…
クロ…覚えてる
あれは足を車に轢かれた猫
俺が助けようとした猫
覚えてる

84 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 20:53:38.51 ID:ULjxqv/VO
なのにスレタイはショボンなんだな




伏線?

85 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 20:53:39.07 ID:38jHpXIm0
コンクリートに足が引っ付いて、なかなか剥がれない。
剥がそうとするたび猫は痛そうに泣く

ニャー
('A`)「我慢してくれよ…すぐ助けるから…」

周りの大人達は俺を無視した。
手伝おうともしなかった。

服が血だらけになっても
猫を助けようとした。
涙が勝手に流れてくる
だれか
この猫を助けてください
俺はそう祈り続けていた…その時

(´・ω・`)「そのままじゃ、衰弱死しちゃうよ」

88 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 20:54:31.07 ID:38jHpXIm0
あいつが話し掛けて来た

(´・ω・`)「僕も手伝うよ」

二人で猫のペタンコになった足を剥がそうとした。
なかなか剥がれない。

(´・ω・`)「がんばれ猫さん、がんばれ」

あいつは猫を励ます。
俺は泣いてばかり
正直、情けなかった。

90 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 20:56:50.80 ID:38jHpXIm0
( ^ω^)「猫さん…たいへんだお!僕のハムソーセージ食うかお?」

あいつがハムソーセージを猫さんにあげる。

( ^ω^)「クロさん…食べないのかお?」
('A`)「なんでクロさんなんだよ」
( ^ω^)「だって黒いじゃん」
('A`)「もっとカッコイイ名前にしようぜ」
(´・ω・`)「クロでいいじゃん」

俺たちは猫さんのためにがんばった。
でも、猫さんは死んじゃった。
悲しかった。
だけど
クロのためにがんばってくれた、あいつらに出会えて
嬉しかった。


91 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 20:57:32.59 ID:38jHpXIm0
('A`)「これで…俺は反抗できなくなった。俺を人質にしてくれ」

(´・ω・`)「……」

悪魔はわからなかった。
命乞いをしないこの男を不快に感じた。

(´・ω・`)「死ぬのが怖くないのか?」

思わず聞いていた。

('A`)「死ぬほど怖ぇよ」

男は笑った。

悪魔もつられて笑った。

92 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 20:58:10.77 ID:38jHpXIm0
(´・ω・`)「それでも人質になるのか?」

('A`)「でも…俺、優しいからさ」

照れくさそうに男はいった。

気に食わない…気に食わないけど

嫌いではなかった。

(´・ω・`)「わかった、お前を人質にする」

その男を自分の傍らに座らせた。


93 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 20:58:55.69 ID:38jHpXIm0
暫く沈黙が続く。
男から夥しく血が溢れる。
少女は泣いていた。

幼女「病院行ったほうが…いいよ…。病院いったほうが…いいよ」

泣きながら何度も呟いていた。

('A`)「おっ、ルービックキューブ」

男は僕の傍らに置いてあったルービックキューブを弄りだす。

一面もそろうことはなかった。

( ^ω^)「ちょwwwお前馬鹿なんだな」
('A`)「うるせー、初めてなんだよ!」

二人は笑い会う。

ξ゚⊿゚)ξ「ちょっと!状況わかってるの!」
幼女「ホントだよっ!」

その二人を怒る。

95 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 20:59:40.81 ID:38jHpXIm0
全て、初めてだ。
今までにない反応
想像すらもしたことがない反応
悪魔は戸惑った。

悪魔は困惑した。

('A`)「お前やってみろよ」

ルービックキューブを投げ渡す。

( ^ω^)「こんなの簡単だおwww頭を使えば簡単に…」

カシャカシャカシャカシャ

無茶苦茶にしているだけだった。

('A`)「ちょwwwお前こそ人のこと言えないじゃねーかwww」
( ^ω^)「う、うるさいお!!」

可笑しかった。
思わず笑ってしまった。

(´・ω・`)「かしてみろ」

98 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 21:00:25.10 ID:38jHpXIm0
男からルービックキューブを返してもらい、目の前で全面を揃える。

( ^ω^)「す、すげぇーー!!」
('A`)「神ktkr!!!」

ξ゚⊿゚)ξ「関心してる場合じゃないでしょっ!」
幼女「す、すごーーい…」
ξ゚⊿゚)ξ「……」

嬉しかった…
本当に…嬉しかった



99 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 21:01:03.91 ID:38jHpXIm0
( ^ω^)「いくらなんでも早すぎだおwww」
('A`)「どんな脳みそしてんだよ」

称えられのが素直に嬉しかった。
誉められるのが本当に嬉しかった。

('A`)「……なんだ、変わってないじゃん」

男は言う。

(´・ω・`)「何を言い出す、僕とお前は初対面のはずだ」

('A`)「いや、昔あったことがるぞ、覚えてないか」

…思い出せない。

('A`)「あの頃と変わらない…優しいままだ」

…優しい?

悪魔の僕が…優しい?


100 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 21:01:43.72 ID:38jHpXIm0
(´・ω・`)「ふざけたことを言うな…ぶち殺すぞ」

('A`)「殺せるもんならなwww」

あっ…
男は僕の銃を持っていた。
僕がルービックキューブをやっていた時に奪ったらしい。

( ^ω^)「ちょwwwwwナイスwwwwww」
ξ゚⊿゚)ξ「ふぅ…これでやっと終わりね」

('A`)「もう降参しな」

銃を僕に向けて言った。

(´・ω・`)「スペアの銃がもう一丁あるんだ」

静かに言う。
懐から銃を取る。でも間に合わないだろう。
きっとあいつが僕に向けて弾丸を飛ばす。
ここで…悪魔は死ぬ。
でも後悔はない。
こんなにも楽しい一時を過ごせたんだから…

プシュン!!


101 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 21:02:35.08 ID:38jHpXIm0
不思議だった。
弾丸は飛んでこない。
そのかわりに、目の前で男が倒れた。
最後の最後で僕を殺さなかった。

('A`)「ぐはぁ…うぅ」

弾丸は胸部に当たった。
即死には至らなかったが、流石に助からない。

(´・ω・`)「どうして…」

幼女「死なないでよ…なんでお兄ちゃんが死ぬの?いや…いやああああああああ」

僕の声を掻き消すぐらいに
少女は泣き叫ぶ…

(´・ω・`)「どうして僕を殺さなかった?」

どうして?
どうして?
どうして、お前が撃たれなきゃならない…?

104 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 21:03:38.34 ID:38jHpXIm0
('A`)「俺は…世界一優しいからな…それに」

わからない…全然わからない

('A`)「お前…優しいじゃないか」

僕は優しくなんかない。
僕は悪魔だ。
選ばれた悪魔だ。

(´・ω・`)「僕は悪魔だ」
('A`)「はぁ…?」
(´・ω・`)「僕は悪魔だ、優しくなんかない」
('A`)「…お前、クロを助けようとしたじゃないか」

105 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 21:04:09.31 ID:38jHpXIm0
クロ…あぁ、あの黒猫か
思い出した。
お前はあの時、クロを助けようとしてたマヌケ
あまりにもマヌケだったから…
手伝ってやったあのマヌケ

('A`)「あの時、嬉しかった。お前らが来てくれて…」

(´・ω・`)「だからどうした?僕は人をタクサン殺したんだ。だから…」

('A`)「だからどうーした?お前は優しいよ。殺されたって…俺は信じる。お前は優しい」

こんなマヌケ…見たことがない。
自分が死ぬというのに…
ホントにマヌケだ
愚かだ


106 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 21:04:46.64 ID:38jHpXIm0
('A`)「お前は…優しい…やさ…し…い…やさ…」

言葉が止まる

幼女「お兄ちゃん…?お兄ちゃん…お兄ちゃん何か言ってよ…ねぇ」

少女は男の体を揺する。

幼女「がんばって…私が病院まで負ぶるから…ねぇ?もう少しだから、がんばって」

僕は…悪魔だ   

        最低の人殺しだ

こんなにも殺してきた

快楽を求め殺してきた

優しい訳がない。

          「優しい訳がない…、僕は悪魔だ」
 


107 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 21:05:15.70 ID:ddYJSAtz0
ドクオ(つД`)

108 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 21:06:07.15 ID:38jHpXIm0
遠のいていく意識
どうやら俺は死ぬらしい

           「死んじゃだめ…」

遠くから声がする…
懐かしい声
優しい声…

          「死んじゃダメだよ…たけし」

109 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 21:07:14.06 ID:eOsWX/xzO
カーチャン……

110 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 21:07:21.91 ID:38jHpXIm0
カーチャンの声だ
優しいカーチャンの声

    「あなたは人一倍優しい子…だから人一倍幸せにならなくちゃダメなの」

カーチャン…泣いてるの?
俺が死ぬから泣いてるの?

   「ここで死んじゃダメ…!人一倍幸せにならなくちゃ…優しいたけしが可哀想…」

カーチャンは勘違いしてるよ…

112 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 21:08:10.55 ID:38jHpXIm0
カーチャン…俺、

人一倍幸せだよ
俺、カーチャンの子供に生まれてホントによかった
それだけで、人一倍幸せだよ

だから泣かないで
俺…幸せだから

だから…泣かないで、笑ってよ…カーチャン


113 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 21:08:39.03 ID:bc7lGNGrO
こ・・・・これは・・・・・・・・・・優しい・・・・・・優しい

116 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 21:09:13.10 ID:38jHpXIm0
男は笑っていた

幼女「…なんで…お兄ちゃん笑ってるの?お兄ちゃん…お兄ちゃん…」

('∀`)「…………」

死ぬ間際…男は笑った

何人も殺してきた…だけど笑ってる死体を初めて見た。

           「僕は悪魔だ」

そうだ…僕は悪魔だ。たくさん人を殺した悪魔だ。

( ^ω^)「お前は悪魔じゃないお…」

     「僕は…悪魔だ、優しくなんかない」


117 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 21:10:26.35 ID:38jHpXIm0
( ^ω^)「じゃあ…なんで泣いてるのかお?」

何を言ってるかわからない。
わからない

(´;ω;`)「僕は悪魔だ!!!」

叫ぶ
悪魔が叫ぶ

(´;ω;`)「僕は悪魔だ!!!!!」

銃を強く握る。
僕は悪魔、優しくなんかない。

僕は悪魔。
人殺しだ…

118 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 21:11:07.53 ID:38jHpXIm0
幼女「お兄ちゃん…目を覚まして…」

幼女に銃を向ける。
僕は   悪魔    
優しくなんかない。

ξ゚⊿゚)ξ「この子を殺すつもり!?」

女が幼女を庇うように立つ。

(´;ω;`)「僕は     悪魔だ」

小さく呟いて…トリガーを引く。

プシュン!!プシュン!!プシュン!!プシュン!!

ξ゚⊿゚)ξ「きゃあああああああああああああ」

悲鳴が響く…

( ^ω^)「お前は…悪魔じゃないお…」

119 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 21:11:57.66 ID:38jHpXIm0
僕の前にあいつが立っていた。
銃弾を全て受けて
血だらけになって倒れた。

(´;ω;`)「ど、どうして…」

( ^ω^)「すごく…痛いおお…」
ξ;⊿;)ξ「なんで…頼んでないんだから、助けてなんて…頼んでないんだから」
( ^ω^)「でも…僕」
ξ;⊿;)ξ「な、なによ!勝手に死んだら許さないんだからっ!」
( ^ω^)「ツンのこと好きだから…」
ξ;⊿;)ξ「えっ…」
( ^ω^)「好きだから…守りたかったんだお…」
ξ;⊿;)ξ「か、勝手なことしないでよ…私…あんたのことなんか…」
( ^ω^)「知ってるお…それでも好きだから………」
ξ;⊿;)ξ「ブーン…」
( ^ω^)「…………」
ξ;⊿;)ξ「ブーン…あのね…私もねブーンのこと好きだったの…」
( ^ω^)「…………」
ξ;⊿;)ξ「ねぇ…ブーン、なんか言ってよ!」
( ^ω^)「…………」
ξ;⊿;)ξ「勝手に死んだら許さないって言ったでしょ!?起きてよ…起きてよブーン…」
( ^ω^)「…………」
ξ ⊿ )ξ「馬鹿…本当に…馬鹿なんから…」


120 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 21:12:49.33 ID:eyxP3Mvi0
悪魔って何回も言ってくどいし心理描写が安っぽい
だけど心にくるよ

121 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 21:14:02.00 ID:38jHpXIm0
(´;ω;`)「僕は…僕は…」

僕は銃を口に加えた。

トリガーを引こうとした時

        「なんで死ぬんだ?」

悪魔が聞いてきた。

        「死ぬのが怖いんだろ?」

悪魔が囁く、僕は頷く。

        「なら、なんで死ぬんだ?」

悪魔は本当に不思議そうだった。

125 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 21:14:54.68 ID:38jHpXIm0
僕は答える。

         「辛いんだ…」

悪魔は笑った。

         「なんで辛いんだ?」

悪魔は笑う。僕を笑う。

         「苦しくて…辛いんだ」



126 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 21:15:42.34 ID:38jHpXIm0
また悪魔は笑った。

         「なんで苦しいんだ?」

僕は笑って答えた。

         「きっと後悔してるんだ。あいつらを殺したことを」

悪魔は急に真摯な顔になった。

         「なんで後悔をしたんだ」
 
僕は、少し俯いて答える。

         「悲しかったんだ…、あいつらを殺して悲しくて泣いたんだ」

悪魔は優しく笑って、僕に言った。

          「やっぱり…お前は優しいよ…」

そう言って、悪魔は優しく僕を殺した。

           プシュン!!


133 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 21:24:24.68 ID:eMn/gaIi0
俺の涙腺をなんとかしてくれ

137 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 21:26:18.34 ID:2lzG4QqKO
なんで涙が出てるんだろう

138 名前:1(バイバイおサルさんになった):佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 21:26:42.48 ID:38jHpXIm0
エピローグ

「僕は、どうして生きてるの?」

('A`)「そんなこと死んでもわからん」

           「僕は、どうして生きてるの?」

( ^ω^)「わからないお、わらかないけど、死ぬより生きてる方がマシだお」

145 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 21:31:26.83 ID:38jHpXIm0
           「僕はどうして生きてるの」

もし、その問いに答えがあったとしても

それは意味のない答え。意味があるとしてもそれは、ただの答え。

だって、ここはバーボンハウス

この物語と、テキーラはサービスだから、まず飲んで落ち着いて欲しい。

うん、「また」なんだ。済まない。
仏の顔もって言うしね、謝って許してもらおうとも思っていない。

でも、このスレタイを見たとき、君は、きっと言葉では言い表せない
「ときめき」みたいなものを感じてくれたと思う。
殺伐とした世の中で、そういう気持ちを忘れないで欲しい、そう思って
このスレを立てたんだ。


(´・ω・`)じゃあ、注文を聞こうか。

146 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 21:32:56.46 ID:5Yl+SqWYO
ななななな、なんだってー?!

147 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 21:33:03.22 ID:02nunZHi0
意味わかんねぇけどとりあえずミルクくれ

148 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 21:33:03.78 ID:8W01TnQpO
ええええええええええええええええええ

149 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 21:33:05.40 ID:15UKapzS0
     y-、,,,
     ,l゙  ,i´ ._,,,,,,〟
: l┴'''''''"  ‘゙ ̄   〕
: l  、  .,,,,,,,,,,---一'°
:  ̄"У  /._,,,,---i、,_
   ,l゙  .'"゛     ゙"i、      ,,〟 __   _        ._   _        ._
  .,,i´   _,,―''''''''┐  ゙l      } ゚'゙二フ   「 ゞ        / ヽ   「 ゞ        / ヽ
  .~'ヽr'"`    .,l゙  }     〕 .j°    《 」   ノヘゞ /  /   《 」   ノヘゞ /  /
    ,-,,,,,,,,,,,,,,,―'"  ,/   _,,,,,r゚ {,,、    ミ ,ヽ、 /  ヾ ;;  /     ミ ,ヽ、/  ヾ ;;  /
    }       ._,,r'"   .i´o .,ぃ、,"゙'」    ヽ_/   ヾ_/      ヽ_/   ヾ_/

150 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 21:33:07.70 ID:Cx0sjEDT0
カルマミルクうめぇwwwwwwwwwww

155 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 21:34:18.75 ID:2hWiB3N70
なかなかショッキングな終わり方だ

マスター、作者に乙を

156 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 21:34:32.07 ID:eOsWX/xzO
なんて長すぎる前フリなんだwwwwwwwwwwwwww

158 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 21:35:03.87 ID:15UKapzS0
Q.僕は、どうして生きてるの?
A.バーボンハウス

でFA?

160 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 21:35:50.18 ID:u9hs19yY0
「なんで赤ちゃんは生まれてくるの?」

に対して

「コウノトリが運んでくるんだよ」

って答えるのと同じようなスレ

168 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 21:39:41.69 ID:5YIuAwap0
やばい、これはやばい

初めてバーボンだとわからないバーボンだ。

マスター、マンハッタンを頼む チェリーも忘れないでくれ

169 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 21:40:28.20 ID:15UKapzS0
いえ、奴はとんでもないものを盗んでいきました

私の一時間半です

170 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 21:41:55.99 ID:eR3vQVURO
釣られたのにさわやかwww

171 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 21:43:11.80 ID:9RhglZJ20
これは近年稀に見るバーボンwwwwww

あぁ、珈琲一つ。微糖で。

175 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 21:48:16.82 ID:2ktZdsLP0
「生きている理由なんてない」ってのが結論かね
マスター、水を頼む

181 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 21:54:48.00 ID:XM7ypf1VO
ちょwここまで来てバーボンかよwwwwwwwwww

あ、コーヒー無糖にミルク少々お願い

182 名前:以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします:佐賀暦2006年,2006/10/28(佐賀県と談合) 21:56:11.07 ID:QirRt6QoO
スレタイの(´・ω・`)はバーボンへの布石だったわけか

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

K-AYUMU

Author:K-AYUMU

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

ユーザタグ

カ行 タ行 ア行 ちんこ ハ行 サ行 マ行 ナ行 英数字  ^ω^) ('A`) ラ行 1レス ワ行 (´・ω・`) ショボーン ヤ行 ブーン ショボン トソン 'ー`)し ξ゚⊿゚)ξ (,゚Д゚) ドクオ まんこ (=゚д゚) J( 1レス カラマロス大佐 シュー ミセリ (-_-) いよう 川д川 人狼 (∪^ω^) 世紀末 ツンデレ 

FC2カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。