mesimarja
気に入ったスレを集めてみました。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( ´ω`)と7つのばつのようです
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/30(水) 21:00:39.65 ID:fjdpvOGC0
はじまるよー

こわくないよー

よっといでー


2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/30(水) 21:03:23.09 ID:fjdpvOGC0
昔々の御話です。


今から昔の御話です。
誰もが皆笑ってる。
そんな時代の御話です。

小さな世界のある所。
小さな国がありまして。
小さな王様おりました。

小さな世界のある所。
小さな世界がありまして。
小さな神様おりました。

小さな世界に溢れてる。
小さな思いは美しくて。
小さな想いは眩しいの。

不思議な世界がありました。
誰もが皆幸せで。
誰もが皆不幸せ。

矛盾に満ちたこの世界。
紡ぐ言葉が魔法なら。
語る言葉は何でしょう。



―――昔々の御話です。

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/30(水) 21:06:06.58 ID:fjdpvOGC0





( ´ω`)と7つのばつのようです






4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/30(水) 21:09:12.89 ID:fjdpvOGC0
小さな国のある所。
小さな城の、ある御部屋。
小さな王様おりました。


( ´ω`)「おやおや、これは困ったお」


王様一人で悩んでる。
王様一人で考える。


( ´ω`)「私に子供が出来ないお……
      可愛い子供が出来ないお……」


王様一人で嘆いてる。
子供がいなくて嘆いてる。


( ´ω`)「困った、困った、困ったお……」


嘆いてみても、変わらない。
子供が出来る筈も無く。
王様一人で悲しむの。

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/30(水) 21:13:06.15 ID:fjdpvOGC0
小さな王様悲しんで。
小さな王様泣きました。
沢山泣いて、泣き疲れ。


小さな王様願います。
小さな奇跡を願います。


( ´ω`)「どんな事でも耐えましょう。
      まだ見ぬ我が子に逢えるなら。
      どんな罰でも受けましょう」


小さな王様願ったら。
小さな神様やって来た。


ノパ⊿゚)「おやおや、王様いいのかい?
     どんな罰でも耐えられる?
     我が子の為に、耐えられる?」


小さな王様肯いて、小さな奇跡を望んだの。
小さな神様笑ったら、小さくそっと囁いた。

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/30(水) 21:17:04.58 ID:fjdpvOGC0
ノパ⊿゚)「ならばこれから与えよう。
     七つの罰を与えよう。
     七つの罰を耐えきれば。
     丈夫な子供を授けよう」


( ´ω`)「ならばこれから受けましょう。
      七つの罰を受けましょう。
      七つの罰を耐えきって。
      丈夫な我が子を授かろう」


ノパ⊿゚)「それではこれから数日間。
     耐えて見せろよ、強き父」


小さな神様そう言って。
いつの間にか、消えていた。
小さな王様覚悟決め。


御妃様に、会いに行く。


ξ´⊿`)ξ「おやおや王様、どうしたの?
       そんなに慌ててどうしたの?」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/30(水) 21:21:04.10 ID:fjdpvOGC0
疲れた顔の妃様。
王様同様悩んでた。
我が子が出来ずに嘆いてた。


( ´ω`)「私が罰を耐えきれば。
      丈夫な子供が生まれるお。
      嘆きの日々は、終わるのだ」


御妃様を抱きしめて、王様優しく告げました。
小さな、小さな妃様。
それ聞きとっても喜んで、二人でぎゅっと抱き合った。


ξ´⊿`)ξ「けれども貴方、大丈夫?
       苦しい日々が、やって来て。
       苦しむ貴方を見たくない。
       それなら我が子を諦める」


( ´ω`)「それでも私は大丈夫。
      お前と我が子の為ならば、私は絶対大丈夫。
      決して私はくじけない」


ξ´⊿`)ξ「ならば私は支えましょう。
       貴方の為に、支えましょう」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/30(水) 21:26:36.95 ID:fjdpvOGC0
( ´ω`)「お前がいれば、心強い。
      二人でいれば、大丈夫。
      如何なる日々も、越えてける」


こうして御話始まるの。
二人と一人の御話始まるの。
不思議な御話始まるの。


小さな御話始まるの。
優しい御話始まるの。
悲しい御話始まるの。


楽しい御話始まるの。
七つの罰の御話が。
ゆっくりゆっくり幕開く。


それでは奇跡を始めよう。
優しい奇跡を始めよう。
小さな奇跡を始めよう。


それではどうか、ご覧あれ。

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/30(水) 21:30:03.61 ID:fjdpvOGC0
【一日目】


陽昇り、鳥鳴き、朝が来た。
小さな王様目を覚まし。
小さな欠伸で起き上がる。


( ´ω`)「さぁてこれから始まるお」


今日から始まる罰の日々。
如何なる罰が来ようとも。
耐えて我が子を手に入れる。


ならば、何を恐れるか。
恐れるものなど何もない。
王様覚悟を決めました。


静かに覚悟を決めました。
ひっそり覚悟を決めたなら。
一先ず顔を、洗いましょう。


バシャバシャ顔を洗ったら、次はいよいよお楽しみ。
美味しい朝食待っている。

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/30(水) 21:34:03.59 ID:fjdpvOGC0
( ´ω`)「皆さんおはようございます」


朝の挨拶元気よく、王様皆に朝告げる。
皆も元気に返したら、王様ますます上機嫌。
元気な挨拶交わしたら、皆はもっと上機嫌。


( ´ω`)「今日の朝食何だろう。
      サラダもいいが、スープもいい。
      はてさて一体何だろう」


するとその時後ろから。
小さな声が、掛けられた。


ノパ⊿゚)「やあやあ、王様おはようさん。
     昨日はぐっすり眠れたかい?
     夜更かししすぎは良くないぞ」


小さな神様そこにいて、王様少し驚いた。
けれども直ぐに、落ち着いて。
朝の挨拶返します。


( ´ω`)「やあやあ、神様おはようさん。
      昨日はぐっすり眠れたお。
      一緒に朝食食べるかお?」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/30(水) 21:38:03.79 ID:fjdpvOGC0
神様ニヤリと笑います。


ノパ⊿゚)「まずは最初の罰からだ。
    覚悟はいいな、いいんだな」


( ´ω`)「覚悟は昨日、済ませたお」


ノパ⊿゚)「それなら罰を、与えよう。
     お前に罰を、与えよう」


神様背伸びし、手を伸ばし。
王様の頭を撫でました。
すると辺りに光り満ち。


気付けば神様いなかった。


( ´ω`)「体に変わりがないけれど。
      はてさてどんな、罰なのだ?」


食堂目指して歩き出す。
しょんぼり王様歩き出す。
小さな王様歩き出す。

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/30(水) 21:42:03.48 ID:fjdpvOGC0
食堂着いて、席に着く。
ナイフとフォークを手にとって、皆が揃うの待ちましょう。
しばらくしたら、みんな来た。


寝ぼけ眼の妃様。
短く挨拶済ませたら、席着き来るのを待ちましょう。
朝食来るのを待ちましょう。


今朝の朝食何だろう。
二人はワクワク待ってるよ。
急いで朝食持ってきて。


(´・ω・`)「長らくお待たせしましたね。
      さぁさこれが、朝食です。
      パン、ハム、サラダ、ヨーグルト。
      栄養バランス考えて、一生懸命用意調理して。

      二人が食べるの待ってます」


( ´ω`)「あれあれキミは、食べないの?
      パン、ハム、サラダ、ヨーグルト。
      とってもとっても美味しそう。
      一緒に食べてくれないの?」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/30(水) 21:46:03.08 ID:fjdpvOGC0
(´・ω・`)「いえいえ王様、違います。
      私は後で、いただきます」


( ´ω`)「それでは食事が楽しくない。
      みんなで食べたら楽しいお」


(´・ω・`)「……そこまで言うなら、食べましょう。
      王様、一緒に食べましょう!
      皆で一緒に食べましょう!」


気付けば城中大騒ぎ。
兵士にメイドに大臣も。
皆が総出で食堂へ。


ξ´⊿`)ξ「あらあらこれは、壮観ね。
       皆で食事はいつ以来?
       随分久しい気がするわ」


( ´ω`)「うむうむそれは、言えてるお。
      知らない者もいるけれど。
      それでも食事は楽しいお。
      やっぱり皆が楽しいお!」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/30(水) 21:50:03.51 ID:fjdpvOGC0
兵士もメイドも大臣も。
小鳥も猫も、番犬も。
コックに王様妃様。


城中皆でいただきます。
美味しいご飯を頂きます。


ξ´⊿`)ξ「そうだ、いい事考えた。
       この後皆で一緒にピクニック。
       近くの山に、行きましょう」


―――新たな友達増えました。
兵士とメイドと大臣と。
小鳥と猫と、番犬と。


コックに王様妃様。
城中皆が御友達。
楽しい食事が始まった。


今まで食事は二人きり。
けれども今日は、大人数。
どうしてなのか、分からない。

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/30(水) 21:54:03.17 ID:fjdpvOGC0
王様自身も分からない。
いつもは二人で黙々と。
無言で食事を食べてたの。


どうして今日は、気になるの。
皆で食べなきゃ楽しくない。
楽しい食事がしてみたい。


小さな王様思い出す。
小さな頃の、想い出を。
子供の頃の、想い出を。


あの頃王様一人きり。
寂しい食事をしていたの。
父様母様忙しく、いつも一人で食べてたの。


ホントは一緒に食べたいが。
二人はいつも、忙しい。
仕方ないから我慢して。


王様一人で食べてたの。
何と悲しい思い出か。
王様静かに涙して。

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/30(水) 21:58:03.56 ID:fjdpvOGC0
ひたすら食事を楽しむの。
こんなに楽しい食事なら。
今までどうしてしなかった。


皆で食べれば美味しくて。
皆で食べれば楽しいの。
なのに王様しなかった。


昔に一度、したけれど。
それからずっと、していない。
あの時ホントに楽しくて。


心の底から笑ってた。
結婚式の食事以来。
食事はいつも、二人きり。


寂しいわけではないけれど。
なんだか心が淋しくて。
けれどもそれを、言い出せず。


気付けばそれが、当り前。
ヤな事なのに、当り前。
―――ヤな事ならば、変えればいい。

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/30(水) 22:02:03.54 ID:fjdpvOGC0
だから王様立ち上がり、皆に向かって言い放つ。


( ´ω`)「これから食事は皆でする。
      寂しい食事はもう嫌だ。
      食事は皆でするものだ。
      一緒に食べて、楽しむお!」


新たな約束生まれたの。
皆で食事を楽しむと。
一緒に食べて、楽しむと。


もちろん皆は大賛成。
ホントは皆も感じてた。
ホントは皆で食べたいと。


けれども相手は王様で。
身分が違うと恐れてた。
恐れ多いと恐れてた。


(´・ω・`)「こんなに楽しい食事なら、いつでもしたい、こうしたい。
      王様どうも、ありがとう。
      素敵な約束ありがとう!」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/30(水) 22:06:03.43 ID:fjdpvOGC0
王様なんだか照れくさく。
思わず少し、笑ったの。
皆もつられて笑ったら。


城中皆が笑いだす。
小鳥も猫も、番犬も。
兵士もメイドも、大臣も。


コックも王も、御妃も。
皆がほんわか笑いだす。
楽しい食事を楽しむの。


その後は皆でピクニック。
近くの山に、ピクニック。
小さな王様楽しんだ。


御妃様も、楽しんだ。
皆が一緒に楽しんだ。
ボール遊びにかくれんぼ。


子供のように遊んだら。
気付けば陽が落ち夕暮れに。
皆でそろって帰ります。

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/30(水) 22:10:06.07 ID:fjdpvOGC0
御歌を歌って帰りましょう。
カラスも一緒に帰りましょう。
皆で一緒に帰りましょう。


楽しい時間は直ぐ終わる。
けれども明日はやって来る。
明日も一緒に遊ぼうか。


そんな言葉を交わしつつ。
皆がお城に帰ってく。
帰ってきたら、手を洗い。


うがいをしたら、食堂へ。
楽しい食事を待ちながら、皆で色々話し合う。
仕事の事や、明日の事。


皆で話して分かり合い。
助言をしたり、笑ったり。
ホントに楽しい御夕飯。


食事が終わり、王様は。
御部屋に戻り、仕事する。
御国の仕事は難しい。

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/30(水) 22:13:04.57 ID:fjdpvOGC0
いろんな事を考えて、いろんな事を決めるのさ。
筆取り紙に、走らせる。
皆が喜ぶ法律を。


ふと扉がノックされ。
小さな神様やって来た


ノパ⊿゚)「最初の罰は、どうだった?
     ちゃんとしっかり耐えられた?」


( ´ω`)「最初の罰が、分からない。
      一体どんな罰だった?」


ノパ⊿゚)「分からなければ、それでいい。
     知らないならば、それでいい。
     まだまだ罰は、残ってる。
     しっかり耐えろよ、強き父。

     我が子の為に、耐えきれよ」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/30(水) 22:16:06.79 ID:fjdpvOGC0
【二日目】


目覚めは不思議とバッチリと。
寝起きは不思議とシャッキリと。
小さな王様起き上がる。


( ´ω`)「今日も一日頑張るお。
      我が子の為に、頑張るお」


洗顔済ませ、食堂へ。
そこには皆が待っていた。
王様来るの待っていた。


御妃様も、待っていた。
けれどもなんだか眠たそう。
昨晩何かあったのか。


御妃様の横座り。
小さな王様尋ねます。


( ´ω`)「どうしてそんなに眠たそう?
      悩みがあるなら言ってくれ。
      力になれるか分からない。
      それでも一緒に悩みたい」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/30(水) 22:19:10.63 ID:fjdpvOGC0
少し困った妃様。
なかなか口を開かない。


ξ´⊿`)ξ「いえいえ貴方、なんでもない。
       お気になさらず食事して」


けれども王様諦めない。


( ´ω`)「そうは言っても諦めない。
      何故なら私は王様で。
      貴女は私の妃様。
      二人はいつも、一緒だお。

      苦しみ分かち、助け合う。
      私は貴女を支えたい」


ξ´⊿`)ξ「そこまで貴方が言うのなら。
       どうか一緒に悩んでよ。
       一人じゃどうにもできないの」


食事を済ませてそそくさと。
二人は御部屋に戻ります。

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/30(水) 22:22:22.78 ID:fjdpvOGC0
ξ´⊿`)ξ「私の悩みは一つだけ。
       私は貴方を愛してる。
       ……貴方は私を愛してる?
       それが気になり眠れない。

       言葉じゃなくて、伝えてよ。
       愛する事を伝えてよ」


王様少し、困ります。
御妃様を、愛してる。
けれどもそれを、どうやって。


愛していると、伝えるの。
言葉を使わず伝えるの。
その時王様気付きます。


楽しい日々の、その陰で。
誰かがいつも、悩んでる。
けれども誰も、気付かない。


その時自分はどうするの。
黙って見過ごし放っとく?
いえいえそれは、いけません。

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/30(水) 22:25:17.90 ID:fjdpvOGC0
それでは言葉を掛けるのか。
けれどもそれは、意味がない。
それよりもっと、大切な。


やるべき事が、あるでしょう。


( ´ω`)「……ならば言葉は不要だお」


そう言い王様近づいて。
御妃様を抱きしめる。
ぎゅっとぎゅっと、抱きしめた。


優しく優しく抱きしめて。
ずっとずっと抱きしめた。
気持ちを込めて、ほんわりと。


愛する事は、何なのか。
それが何かは分からない。
けれどもそれは、優しくて。


とってもとっても温かい。
言葉はとても簡単で。
誰でも愛を語れるが。

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/30(水) 22:28:06.28 ID:fjdpvOGC0
嘘吐く事もできるから。
愛する事を、示すには。
こうして優しく抱きしめる。


真心こめて抱きしめる。
他には何も、必要ない。
こうしていれば、伝わるの。


愛する気持ちが伝わるの。
優しく優しく伝わるの。
ホントの気持ちが伝わるの。


誰かが困っているのなら。
進んでその手を差し伸べる。
言葉を使わず差し伸べる。


その事だけで、十分に。
優しい気持ちも伝わるの。


ξ*´⊿`)ξ


御妃様は、照れ顔に。
優しい顔に、なっている。
マシュマロみたいに微笑んで。

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/30(水) 22:31:11.22 ID:fjdpvOGC0
ホントに優しい笑み浮かぶ。
幸せ顔の妃様。
その顔今にもとろけそう。


ホントにホントに幸せで。
幸せ以外に感じない。
出来ればこのまま抱き合って。


一生過ごしてしまいたい。
それ程までに、幸せで。
ホントに心が温かい。


抱きしめ返して、愛伝え。
二人はしばらくそのままで。
幸せ感じておりました。


いつの間にやら妃様。
幸せすぎて、眠くなり。
抱き合いながら、スヤスヤと。


寝息を立てて、眠ります。
可愛い寝顔で眠ります。
王様それ見て微笑んで。

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/30(水) 22:34:14.34 ID:fjdpvOGC0
なんだがとっても上機嫌。
まるで始めて恋したあの頃の。
優しい気持ちになりました。


その日の終わりに神様が、二人の前に現れた。


ノパ⊿゚)「第二の罰はどうだった?
     ちゃんとしっかり耐えられた?」


( ´ω`)「第二の罰が、分からない。
      一体どんな罰だった?」


ノパ⊿゚)「分からなければ、それでいい。
     知らないならば、それでいい。
     まだまだ罰は、残ってる。
     しっかり耐えろよ、強き父。

     我が子の為に、耐えきれよ」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/30(水) 22:37:21.20 ID:fjdpvOGC0
【三日目】


今日は王様忙しい。
何故なら今日は、大掃除。
年に一度の大掃除。


汚れた物を、フキフキと。
ピカピカするまで磨きましょう。
要らない物は、捨てましょう。


( ´ω`)「おやおやこれは、懐かしい」


小さなボールがありました。
汚れたボールがありました。
随分昔のそのボール。


小さな頃に、遊んだな。
一緒に沢山遊んだな。
なんだかそれが、懐かしく。


王様それを眺めてる。
長らくそうして眺めたら。
なんだか少し、寂しいな。

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/30(水) 22:40:13.73 ID:fjdpvOGC0
いつからボールをしまったの。
いつから遊ぶの止めたのか。
ボールで遊んだあの日々は。


どうしてこうも、眩しいの。
どうしてこうも、悲しいの。
遊ぶの止めて、何したの。


どうして遊ぶの止めたのか。
今では何も、分からない。
あの頃ボールは宝物。


それが今では汚れてる。
一体何を、していたの。
王様涙を流します。


ξ゚⊿゚)ξ「あらあら貴方、どうしたの?
      そんなに泣いて、どうしたの?
      一体何が、悲しいの?」


御妃様が、心配そう。
でもでも王様泣きやまない。
想い出達が、泣かせるの。

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/30(水) 22:43:11.48 ID:fjdpvOGC0
あの頃あんなに遊んでて。
今ではどうして遊ばない。
子供の心を捨てたのか。


どうしてそれを捨てたのか。
ホントはもっと、遊びたい。
皆と一緒に遊びたい。


( ´ω`)「大事なボールを見つけたお。
      けれどもこれで、遊べない。
      遊べば皆が笑うもの。
      それでもこれは、捨てたくない。

      大事な大事な物なのに。
      どうして今まで忘れてた。
      忘れた事が、悲しいお」


それ聞き笑った妃様。
優しく頭を撫でてくる。

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/30(水) 22:46:10.41 ID:fjdpvOGC0
ξ゚⊿゚)ξ「いえいえ貴方、違います。
      貴方は何も、悪くない。
      忘れることは、悪くない。
      何故なら貴方は覚えてた。

      ボールが大事と覚えてた。
      貴方の心が覚えてた。
      大切ならば、捨てないで。
      一緒に過ごせばいいじゃない」


王様涙を拭います。
真っ赤な顔で、肯いて。
ボールの汚れをふき取ると。


少し汚れているけれど。
それでも綺麗になりました。
昔と変わらぬその姿。


昔はこれを飛ばしたり。
色々使って遊んだな。
今なら言える、この言葉。


( ´ω`)「昔はお世話になりました。
      ホントにホントにありがとう。
      楽しい思い出ありがとう」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/30(水) 22:50:06.33 ID:fjdpvOGC0
そのままボールを抱えたら、王様御庭に駆けてった。
皆も一緒に駆けてった。
掃除は後で、やるとして。


これから皆で遊ぼうか。
ボールを使って遊ぼうか。
御庭で一緒に遊ぼうか。


コートを描いて、遊ぼうか。
ボールを投げて、遊ぼうか。
みんなで楽しく遊ぼうか。


御昼になって、一休憩。
御庭で昼飯食べてると、小さな客人やってきた。
おずおずコソコソやってきた。


ζ(゚ー゚*ζ「王様王様いいですか?
       一緒に遊んでいいですか?」


ミセ*゚ー゚)リ「王様王様いいですか?
      皆で遊んでいいですか?」


(,,゚Д゚)「王様王様いいですか?
    ボールで遊んでいいですか?」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/30(水) 22:53:15.13 ID:fjdpvOGC0
もちろん返事は大歓迎。
食事を終えて、すぐ用意。
皆で一緒に遊びます。


陽が暮れそろそろ帰ろうか。
王様あること決めていた。
一つの事を、決めていた。


( ´ω`)「小さな小さな御客さん。
      ボールを一つ、差し上げよう。
      皆で一緒に使ってお。
      大事に使って遊んでお。

      ボールと一緒に遊んでお」


大事なボールを渡したら、子供が皆喜んだ。
王様王様いいのです?
大事なボールじゃないですか?


でもでもそれは、違います。
大切だから、あげるのです。
ボールはまだまだ遊びたい。

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/30(水) 22:56:14.12 ID:fjdpvOGC0
子供と一緒に遊びたい。
だったら子供に渡しましょう。
大事に遊んでくれるなら。


ボールもきっと喜ぶさ。


その日の終わりにやってきた。
小さな神様やってきた。
ニコニコしながらやってきた。


ノパ⊿゚)「今度の罰はどうだった?
     ちゃんとしっかり耐えられた?」


( ´ω`)「今度の罰が、分からない。
      一体どんな罰だった?」


ノパ⊿゚)「分からなければ、それでいい。
     知らないならば、それでいい。
     まだまだ罰は、残ってる。
     しっかり耐えろよ、強き父。

     我が子の為に、耐えきれよ」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/30(水) 22:59:04.92 ID:fjdpvOGC0
【四日目】


陽昇り鳥鳴き、朝が来た。
ガバリと起きて、顔洗い。
いつものように、食堂へ。


けれども何か、おかしいぞ。
皆の様子がおかしいぞ。
近くのメイドに訊いてみる。


( ´ω`)「一体何が、どうしたの?
      どうしてみんな、心配そう?」


(゚、゚トソン「コックが一人、風邪引いて。
     美味しい料理が出来ません」


それ聞き王様考えて。


( ´ω`)「それなら皆で作ればいい。
      力を合わせて作ればいい。
      皆で朝食作ろうお!」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/30(水) 23:02:04.96 ID:fjdpvOGC0
ξ゚⊿゚)ξ「今朝のメニューはどうします?
      食材そんなに種類ない。
      精々卵とベーコンと。
      パンとレタスとトマトぐらい」


皆で一緒に考える。
美味しいメニューを考える。
今朝のメニューはどうしよう。


卵があるなら目玉焼き。
ベーコンあるならそれ炒め。
レタスがあるならそれ千切り。

トマトがあるなら切り分けて。
パンがあるなら挟みましょう。
それらを皆、挟みましょう。


今朝のメニューが決まったら。
皆で急いで調理する。
兵士もメイドも大臣も。


御妃様も、王様も。
皆で一緒に調理する。
調理が終わり、席に着き。

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/30(水) 23:05:05.62 ID:fjdpvOGC0
小さな王様気付いたの。
料理が一つ、足りなくて。
コックの分が、足りないの。


気付いているのは一人だけ。
王様だけが、気付いてる。
スープも出来て、準備でき。


皆は直ぐに、食べ始め。
王様だけが、食べてない。
確かにお腹は減ってるが。


コックもお腹を空かせてる。


( ´ω`)「少しの間、席外す。
      皆はそのまま食事して。
      しばらくしたら、戻るから」


トレイに朝食載せたらなら。
いそいそ食堂後にする。
コックの部屋の前に来て、扉を軽くノックする。


( ´ω`)「体は平気、大丈夫?」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/30(水) 23:08:14.43 ID:fjdpvOGC0
御部屋に入った王様に。
コックは思わず驚いた。


(´・ω・`)「どうしてここに、王様が?
      私は風邪を引いている。
      うつってしまえばしまえば大変だ。
      私は平気、大丈夫。

      ですからどうか、お願いです。
      うつしてしまう、その前に。
      私を一人にしてください」


( ´ω`)「私は平気、丈夫だお。
      それより君が、心配だ。
      食事を食べる元気ある?
      あっても無くてもこれ食べて。

      元気を付けて、良くなって。
      そしたらご飯を作ってお」


トレイをコックに渡したら、王様深く、お辞儀した。
コックはますます困り顔。


( ´ω`)「今までどうも、ありがとう。
      美味しいご飯をありがとう。
      今後もどうか、作ってお」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/30(水) 23:11:17.80 ID:fjdpvOGC0
朝食作って分かったの。
食事を作るの大変で。
美味しく作るの大変だ。


毎日それを、やるなんて。
コックはとても、大変だ。
今日までそれに、気付かずに。


王様食事を食べていた。
美味しい食事を食べていた。
作ってくれた、その人に。


感謝する事しなかった。
やって初めて分かったの。
今さらだけど、分かったの。


(´;ω;`)「……王様どうも、ありがとう。
      言ってもらえて本当に。
      私は幸せ者ですよ。
      さっさとこの風邪直したら、美味しいご飯を作ります」


コックは泣いて、感謝して。
トレイのご飯を食べました。
涙を流して食べたから。

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/30(水) 23:14:12.79 ID:fjdpvOGC0
なんだか少し、しょっぱいよ。
涙の味が、したけれど。
嬉しい涙の味がした。


その日は皆、忙しい。
何故ならコックが風邪引いた。
コックの代わりに飯作る。


食材選んで買いだして。
メニューを決めて、分担し。
皆で揃って作ります。


楽しく楽しく作ります。
兵士にメイドに、大臣も。
御妃様に、王様も。


みんなで頑張り作ります。
美味しいご飯を作ります。
見かけは少し、悪いけど。


想いと味は、悪くない。
何故なら皆で頑張った。
想いを込めて、作ったの。

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/30(水) 23:17:16.08 ID:fjdpvOGC0
その日の夜に、王様は。
御妃様と、御茶をした。
紅茶を淹れたの妃様。


焼き立てクッキー、王様の。
二人の力で作ったの。
だからとっても美味しくて。


二人で色々話したの。
するとまたもや神様が。


ノパ⊿゚)「さっきの罰はどうだった?
     ちゃんとしっかり耐えられた?」


( ´ω`)「さっきの罰が、分からない。
      一体どんな罰だった?」


ノパ⊿゚)「分からなければ、それでいい。
     知らないならば、それでいい。
     そろそろ罰は、お仕舞いだ。
     しっかり耐えろよ、強き父。

     残った罰は、あと二つ。
     明日の朝に、分かるだろう。
     残った罰の、その意味を」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/30(水) 23:21:30.04 ID:fjdpvOGC0
【五日目】


その日の朝は、大騒ぎ。
城中皆が大騒ぎ。
城中皆が笑ってる。


お寝坊王様分からない。
何が起きたか分からない。
近くの兵士に訊いてみた。


( ´ω`)「一体何が、起きたのだ?」


('A`)「王様王様、大変です!
   御妃様に、お子様が!
   お腹の中に、お子様が!」


それ聞き王様走り出す。
パジャマのままで、走り出す。


( ´ω`)「ホントにホントに本当か!
      愛しい我が子が出来たのは。
      紛う事無き真実か!」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/30(水) 23:24:25.89 ID:fjdpvOGC0
ξ*゚⊿゚)ξ「ホントにホントに本当よ!
       愛しき我が子が出来ました。
       私のお腹に出来ました!」


大喜びの、妃様。
子供の誕生喜んだ。
少女のように、喜んだ。


兵士もメイドも、大臣も。
小鳥も猫も、番犬も。
皆が一緒に喜んだ。


从'ー'从「王様王様、本当です。
     可愛い可愛い女の子。
     二人の子供は女の子」


白衣の医者が、そう言った。
小さな王様考えた。
小さな疑問を考えた。


( ´ω`)「小さな神様ありがとう。
      けれども罰は、まだあるお。
      残りは一体なんだろう?」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/30(水) 23:27:59.69 ID:fjdpvOGC0
【数ヶ月後】


元気な元気な産声が。
城中皆に届きます。
可愛い可愛い産声が。


皆に皆に届きます。
しっかりしっかり届きます。
はっきりはっきり届きます。


疲れたけれど、幸せで。
満足顔の、妃様。
胸に娘を抱き寄せて、心の底から笑ってる。


王様なんて、泣いている。
笑いながら、泣いている。


( ;ω;)「ホントにホントに良かったお!
      ホントにホントにお疲れさん!
      ホントにホントにありがとう!
      ホントにホントに可愛いお!」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/30(水) 23:30:24.91 ID:fjdpvOGC0
愛しい娘は泣いている。
この世に生れて泣いている。
回りは皆、笑ってる。


幸せ感じ、笑ってる。
娘も幸せ感じてる。
だから元気に泣いている。


私はここに生まれたと。
私はこんなに元気だと。
私はホントに嬉しいと。


王様泣いて笑って大騒ぎ。
御妃様も、笑ってる。
城中皆、笑ってる。


兵士にメイドに、大臣も。
小鳥に猫に、番犬も。
子供にコックにお医者さん。


王様ホントにおめでとう。
御妃様もおめでとう。
これからいろいろあるけれど。

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/30(水) 23:33:04.24 ID:fjdpvOGC0
それでも絶対、大丈夫。
皆が貴方を助けると。
皆が貴女を助けると。


優しい二人を助けると。
城中皆が助けると。
二人の幸せ助けると。


抱きしめ合って、笑い合う。
それだけなのに、こんなにも。
皆が笑顔で溢れてる。





ξ*^ー^)ξノハ´⊿`)(^ω^*)





69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/30(水) 23:36:06.91 ID:fjdpvOGC0
【数十年後】


王様やっと、気付いたの。
背負った罰に、気付いたの。
何とも苦しい罰だろう。


けれども嬉しい罰だろう。
可愛く育った愛娘。
御嫁に出すのは寂しいが。


それでも娘が笑うなら。
王様それを、我慢する。
娘が選んだ相手なら。


反対なんて、するわけない。


ノパー゚)


花嫁姿の愛娘。
ホントにホントに美しい。
笑顔がとっても可愛らしい。

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/30(水) 23:39:18.13 ID:fjdpvOGC0
(`・ω・´)


花婿姿のその男。
コックの息子のその男。
ホントにホントに憎たらしい。


お前が娘を泣かせたら。
私がすぐに、駆けつけて。
お前の顔を、殴るから。


嫌なのならば、頑張れよ。
お前が奪った我が娘。
愛しい愛しい我が娘。


不幸になんぞ、させるなよ。
娘が信じたお前なら。
私はお前を信じるぞ。


私の期待を裏切るな。
娘の信頼裏切るな。
悔しいけれど、任せよう。

お前にならば、出来る筈。
世界で一番幸せに。
未来の二人に祝福を。

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/30(水) 23:43:00.87 ID:fjdpvOGC0
精一杯の、祝福を。


( ;ω;)


涙を拭いても意味がない。
次から次に、溢れ出る。
嬉し涙が溢れ出る。


ξ*^ー^)ξ


御妃様は、笑ってる。
幸せそうに、笑ってる。
娘が生まれたその時と。


おんなじぐらいに幸せそう。
国中皆が祝福し。
二人の幸せ願います。


そしてこの時王様は。
最後の罰に、気付いてた。


( ;ω;)

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/30(水) 23:46:08.54 ID:fjdpvOGC0
気付いているけど大丈夫。
最後の罰は、悲しいが。
耐えて見せると言ったから。


決して逃げずに受け入れる。
娘の為に、受け入れる。
その為ならば、耐えられる。


愛しき世界よその時は。
皆を泣かせてくれるなよ。
私はとても、満足だ。


七つの罰に、耐えたなら。
娘は丈夫に育つから。
その時来ても、悔いはない。


王様静かに目を閉じて、静かにお礼を言いました。
小さな神様ありがとう。
貴方のおかげで耐えられる。


最後の罰にも耐えられる。

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/30(水) 23:49:12.30 ID:fjdpvOGC0


昔々の御話です。


今から昔の御話です。
誰もが皆笑ってる。
そんな時代の御話です。

小さな世界のある所。
小さな国がありまして。
小さな王様おりました。

小さな世界のある所。
小さな世界がありまして。
小さな神様おりました。

小さな世界に溢れてる。
小さな思いは美しくて。
小さな想いは眩しいの。

優しい世界がありました。
誰もが皆幸せで。
誰もが皆笑ってる。

幸せ満ちるこの世界。
紡ぐ言葉が魔法なら。
伝える言葉はなんでしょう。

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/30(水) 23:52:15.71 ID:fjdpvOGC0





                 むかしむかしの、御話です






                 ( ´ω`)と7つのばつのようです

                                    お し ま い


73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/30(水) 23:42:54.31 ID:P2gz1NuZ0
罰に耐え切れば子を授ける、のに
順番がおかしいような…

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/30(水) 23:55:02.56 ID:fjdpvOGC0
支援ありがとうございました!
質問、指摘、感想等有れば幸いです



>>73
最後の二つの罰は、子供の誕生と同時に発生する特殊な罰ですので、ご理解ください

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/30(水) 23:59:03.99 ID:5DSiJFYn0
5文字7文字の言葉だけで作るのが大変そう
起承転結で転が少し弱いと感じて惜しいと思った
この作品はどんでん返しは無理にないほうがいいのかもしれんが

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/31(木) 00:00:47.48 ID:K4sZtEFO0
それぞれの罰を教えて欲しいの

面白かった

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/31(木) 00:06:10.02 ID:EDwxuBCk0
なるほど
神は「子を授けて、丈夫に育つようにしてやろう」ってことを言ってたのね

なんか冒頭の神の言い方だと「丈夫な子を受胎させてやろう」って意味に取れるから、
罰が完遂してないのに子が出来た時点で違和感を感じた

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/31(木) 00:11:07.24 ID:AicB3Byh0
>>87
一応、最後の二つの罰が転のつもりだったのですが、やはりそうですか
わざわざご丁寧にありがとうございます!


>>89
1.昔からある考えを変えなければいけない罰
-皆で食事しなかった
2.言葉を使わずに想いに答えなければいけない罰
-ξ゚⊿゚)ξからの提示
3.大切な物を誰かに譲らなければいけない罰
-大切だったボールを譲る
4.いままで続いていた習慣を失う罰
-(´・ω・`)の風邪
5.誰かの為に自分を犠牲にする罰
-食事をあげる
6.
7.


最後の二つはアレです、たぶん分かる方いると思います
どうしても分からない場合は、もう一度言ってください

( ^ω^)は知らず知らずのうちに解決していたと解釈してください(最後の二つは例外)


>>94
ミスリードを誘ったんですが、駄目でしたか?

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/31(木) 00:12:58.72 ID:aYIjvnPk0
娘を嫁に出さなきゃいけない罰かな?

でもあとひとつが分からん・・・

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/31(木) 00:20:37.67 ID:K4sZtEFO0
寿命かなにかなのかな

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/31(木) 00:30:21.85 ID:EDwxuBCk0
>>95
個人的には、このミスリード誘導は…。

話の最後に真意が判れば「そういうことか!」って爽快感があるんだろうけども

子供が出来てからラストまで「罰が完遂してないのに」ってモヤモヤして、
真意が判ってもスッキリしなかった

意図的に狙ったミスリードであれば、明確にそれを覆すポイントが欲しかった

>>96-97
最後の罰は自分(王)の死
王の死を越えて娘は逞しく成長する
(丈夫な子となる)

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/31(木) 00:42:31.13 ID:AicB3Byh0
>>98
なるほど、分かりました。
指摘ありがとうございます、今後何か機会があれば参考にさせてもらいます。


で、最後の罪ですが
もうだいたい答えが出そろってしまったので、書いておきます

以下、ネタばれ
















6.娘を嫁に出す罰
-子供がいないとそもそも成立しない罰です

7.家族(孫を含める)に看取られて死ぬ罰
-こうして娘は強くなる

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

K-AYUMU

Author:K-AYUMU

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

ユーザタグ

カ行 タ行 ア行 ちんこ ハ行 サ行 マ行 ナ行 英数字  ^ω^) ('A`) ラ行 1レス ワ行 (´・ω・`) ショボーン ヤ行 ブーン ショボン トソン 'ー`)し ξ゚⊿゚)ξ (,゚Д゚) ドクオ まんこ (=゚д゚) J( 1レス カラマロス大佐 シュー ミセリ (-_-) いよう 川д川 人狼 (∪^ω^) 世紀末 ツンデレ 

FC2カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。