mesimarja
気に入ったスレを集めてみました。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

lw´‐ _‐ノv( ФωФ)お米さんのようです
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/21(日) 00:16:32.45 ID:qZL4v2wV0
ブーン系一年ぶりくらい
勢いだけで書いた
たぶんラブコメ


2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/21(日) 00:18:11.78 ID:qZL4v2wV0
lw´‐ _‐ノv「ロマネクス君、ロマネクス君」

( ФωФ)「なんであるかシュー。我輩の名はロマネスクであるぞ」

lw´‐ _‐ノv「君の名なんぞどうでもいいんだ」

( ФωФ)「さり気無く酷い事言ってるぞ」

lw´‐ _‐ノv「まあ聞け、実はだな……」

( ФωФ)「実は……?」


3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/21(日) 00:20:13.65 ID:qZL4v2wV0

lw´‐ _‐ノv「……」

( ФωФ)「……」

lw´‐ _‐ノv「……」

( ФωФ)「……」

( ФωФ)「?しゅー?」

lw´‐ _‐ノv「うっわ、ごえmん寝てた」

( ФωФ)「待て待て落ち着け、発音できとらん」




4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/21(日) 00:21:46.91 ID:qZL4v2wV0

( ФωФ)「ていうか寝てたのであるか」

lw´つ_‐ノv「うう、素直シュール一生の不覚……!」

( ФωФ)(なんだかなあ)

( ФωФ)「で、実はなんなのであるか?」

lw´‐ _‐ノv「おう!ロマ!よく聞きたまえ!」

( ФωФ)「うむ聞こうではないか」

lw´‐ _‐ノv「わたしは今日3時のおやつを君に頼んだ」

( ФωФ)「ああ、

        lw´‐ _‐ノv『おやつは絶対米がいい!じゃないとドラえもんの歌を歌いながらラジオ体操に参加しちゃうぞ☆』

       といわれたからな」

lw´‐ _‐ノv「その通り、君の暗記力に敬意を表してこのローションティシューを進呈しよう」

( ФωФ)(……柔らかい)



5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/21(日) 00:23:42.03 ID:qZL4v2wV0

lw´‐ _‐ノv「ところで、ローションティシューって食べると甘いよね」

( ФωФ)「いやティッシュ食べるとかちょっと……」

lw´‐ _‐ノv「甘いよね」

( ФωФ)「いや、ティッシュ……」

lw´‐ _‐ノv「甘いよね」

( ;ФωФ)「う、うむ。そうだな、ローションティッシュは甘い味がするのである」

lw´‐ _‐ノv「うわ、ティシュー食べるとかちょっと……」

( ФωФ)「ちくしょう」



9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/21(日) 00:43:09.95 ID:qZL4v2wV0


lw´‐ _‐ノv「話を戻そう」

( ;ФωФ)「ハッ、そういえばおやつの話をしてたはず」

lw´‐ _‐ノv「ちょっとぉ~、ロマさぁん。このぉ、ホカホカぁ、ごはんをぉ、見てぇ、くださいよぉ」

( ФωФ)「……」

( ФωФ)「我輩がおやつ用に炊いたご飯であるが、これがどうかしたのであるか?」

lw´‐ _‐ノv「こ・れ・は!ご・は・ん!ですYO!」

lw´‐ _‐ノv「Meが頼んだのは、( ;ФωФ)「ちょ、もう少し普通に喋って」



11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/21(日) 00:45:01.92 ID:qZL4v2wV0



lw´‐ _‐ノv「わたしはおやつに米を用意しておいてくれ、と言ったのだよ。ロマネスク君」

( ФωФ)「え、だから、このようにご飯を炊いておいたのであるが」

カッ lw´゚ _゚ノv「違ああああうっ!」

( ;ФωФ)(開眼怖っ)

lw´゚ _゚ノv「”米”と”ご飯”は似て非なるモノ」

( ;ФωФ)「は、はあ」

lw´゚ _゚ノv「わたしが欲しているのは”米”なんだよ」

( ;ФωФ)「は、はあ」


12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/21(日) 00:47:56.68 ID:qZL4v2wV0

lw´゚ _゚ノv「わかったかあ!このロマロマ野郎っ!」

( ;ФωФ)(なんかもの凄い怒られてるよ我輩)

( ФωФ)「ま、まあ理解はしたのである」

スッ lw´‐ _‐ノv「うむ、ならばこのご飯は晩ご飯用とし、今一度おやつ用の米を準備しよう」

( ФωФ)「あ、あいあいさー」



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/21(日) 00:49:58.28 ID:qZL4v2wV0



( ФωФ)「ところでシュー」

lw´‐ _‐ノv「ん?なあに、ロマ」

( ФωФ)「”米”と”ご飯”に明確な違いって存在するのであるか?」

lw´‐ _‐ノv「いや、知らないけど。たぶん炊いたのがご飯で、炊いてないのが米」

( ФωФ)(とってもアバウト!)

( ФωФ)「そんな適当な考えで我が輩は、あんなに怒られたのであるか……」

lw´‐ _‐ノv「過ぎ去った過去のことを気にしてもしょうがないぞ(はぁと」

( ФωФ)「そこ可愛くされても……」

lw´‐ _‐ノv「細かいことは気にしない!気にしない!さあ、おやつ食べましょ」

( ФωФ)「ううむ。そうするであるか」



16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/21(日) 00:51:51.48 ID:qZL4v2wV0

( ФωФ)「ていうか、シューさん。お米ナマで食べるんですか」

lw´‐ _‐ノv「当たり前じゃないか。ロマは何おかしなことを言っているの?」

( ФωФ)「いや、我輩そんなにおかしなこと言った覚えないのであるが」

lw´‐ _‐ノv「言ったじゃない!お米をナマで食べることを今否定したよ!」

( ФωФ)「いや、だってナマで食べたら硬くてとても食べられないと思うのであるが」

lw´‐ _‐ノv「米は日本人の主食よ!ロマは日本人さえも否定しようというの!?」

( ФωФ)「普通はご飯は炊くものであって……」

カッ lw´゚ _゚ノv「……ご飯と米は似て非なるもの」

( ;ФωФ)(開眼再び!)

( ФωФ)「わ、我輩が悪かったのである!!だからもう怒らないで!」



17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/21(日) 00:54:10.56 ID:qZL4v2wV0

lw´‐ _‐ノvフシュウー

lw´‐ _‐ノv「落ち着きました」

( ФωФ)「そうですね」

lw´‐ _‐ノv「……」

( ФωФ)「……」

lw´‐ _‐ノv「……はあ、もうっ。わたしの行動に逐一ビクビクしたり、驚いたりしてたら
      ロマさんシュールちゃんのダーリンやってけないよ」

( ФωФ)「ダーリンて……」


18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/21(日) 00:56:48.70 ID:qZL4v2wV0

lw´‐ _‐ノv「じゃあ彼氏」

ボンッ( * ω )

lw´‐ _‐ノv「え」

( *ФωФ)「う、うわわわわ」

lw´‐ _‐ノv「え、ちょ、ロ、ロマ」

( *ФωФ)「なんか彼氏って言われたら凄い恥ずかしくなったんであるが
       これどうしたらいい?どうしたらいい?!」

lw;‐ _‐ノv「こ、こっちが聞きたいんですけど!普段冷静なシュールちゃんもビックリだよ?!」



19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/21(日) 00:59:06.13 ID:qZL4v2wV0


( *ФωФ)「わー彼氏彼氏彼氏」

lw;‐ _‐ノv「う、うん彼氏彼氏」

( *∩ω∩)「きゃー」

lw´‐ _‐ノv「何その反応?!ロマは乙女だったの?!」

( *ФωФ)「いや、すまないのである。なんかこう、嬉しいっていうか、突然の実感ていうか」

lw´‐ _‐ノv「スイッチの入りどころが掴めない」


20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/21(日) 01:00:49.68 ID:qZL4v2wV0



( *ФωФ)「はは、そうであるなー。我輩はシューの彼氏なんであるなー」

lw´‐ _‐ノv「今更過ぎるでしょう」

( *ФωФ)「そうであるか?」

lw´‐ _‐ノv「そうであるよ」

( *ФωФ)「……ふふ」

lw´‐ _‐ノv「何笑っちゃってるんですか」

( ФωФ)「細かいことは気にしないのであろう」

lw´‐ _‐ノv「はっ、そうだった!ロマに気づかされるとは、素直シュール一生の不覚」

( ФωФ)「一生に何度も不覚してしまうのであるな……」

lw´‐ _‐ノv「こ、細かいことは気にしない!」

( *ФωФ)「そうであるな」

lw´‐ _‐ノv「ニヤニヤしながら言わないの!」


21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/21(日) 01:03:43.47 ID:qZL4v2wV0

( ФωФ)「しかし、シュー」

lw´‐ _‐ノv「何かね、ロマネスク君」

( ФωФ)「我輩の行動にも逐一驚いていては、我輩のかかか彼女になれないのではないか?」

lw´‐ _‐ノv「彼女って単語恥ずかしくて言えてねぇし」

( ФωФ)「そこはスルーしてやってください、お願いします」

lw´‐ _‐ノv「ふ、そんな返しがこの素直シュール様に通じると思ってるんですかい?」

( ФωФ)「む、どういうことであるか」


22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/21(日) 01:05:10.40 ID:qZL4v2wV0

lw´‐ _‐ノv「女の子は、かよわい存在だから多少問題があっても許されちゃうんだよっ(えへ☆」

( ФωФ)「えー」

lw´‐ _‐ノv「えへっ☆」

( ФωФ)「そんなのアリなんであるかー」

lw´‐ _‐ノv「アリだよ(えへ☆」



23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/21(日) 01:06:42.35 ID:qZL4v2wV0

lw´‐ _‐ノv「だってその証拠に君はわたしを憎めなーい」

( ФωФ)「む」

lw´‐ _‐ノv「君はわたしのことが大好きー」

( ФωФ)「むむ」

lw´‐ _‐ノv「君はわたしにベッタ惚れ!」

( ФωФ)「むむむ」

lw´‐ _‐ノv「君はわたしを離したくなーい」

( ФωФ)「いや、我輩はlw´‐ _‐ノv「でもねー」

lw´‐ _‐ノv「シュールちゃんだって、君のことを憎めないし、大好きだし、ベタ惚れどころかスペシャル惚れ?」

( ФωФ)(スペシャル惚れ?!)

lw´‐ _‐ノv「未来永劫この手から離したいとは思いませーん」

( ФωФ)「な、」

lw´‐ _‐ノv「それにシュールちゃんはとーっても寛大なので、彼氏に多少の問題があってもぜーんぜん構わないのです」

( ФωФ)「……」



25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/21(日) 01:08:00.01 ID:qZL4v2wV0



lw´‐ _‐ノv「なのでー、私はー、ビクビクロマちゃんでもー、格好良いロマちゃんでもー
      彼氏になれないとか、なれるとかの前にー、結局は好きなんでーなんでも良いと思いまーす」

( ФωФ)「自分で言ってことを根本からひっくり返してることなってるであるよ」

lw´‐ _‐ノv「細かいことは気にしませーん」

( ФωФ)「……まったく細かく無いと思うのであるが」

lw´‐ _‐ノv「何か言いましたかー」

( ФωФ)「いいえー、言ってませんー」

lw´‐ _‐ノv「なら、良し」


26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/21(日) 01:10:11.95 ID:qZL4v2wV0

lw´‐ _‐ノv「さあさあ、無駄な話をしていたらおやつが冷めてしまうわ!」

( ФωФ)「米がこれ以上冷えたら何になると」

lw´‐ _‐ノv「ひんやりライス」

( ФωФ)「まじでか」

lw´‐ _‐ノv「まじでよ」

( ФωФ)「ライスは米なのであるか?それともご飯?」

lw´‐ _‐ノv「あー、たぶん両方イケる」

( ФωФ)「ライス……!素晴らしい!長きにわたる米とご飯の対立を和平へと導く戦士!」

lw´‐ _‐ノv「米とご飯は対立なんてしてないぞー。親子のように親密で美しい関係だ!」

( ;ФωФ)「そ、そうかあー」

lw´‐ _‐ノv「そうなのだあー」


27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/21(日) 01:11:09.35 ID:qZL4v2wV0

( ФωФ)(シューといると矛盾がいっぱいなのである)

( ФωФ)(これに吃驚せんでどうしろというのか)

( ФωФ)(今ちょっとノってみたけど、調和できなかったし)

( ФωФ)(難しいもんである)

( ФωФ)(世間一般にハニーというものはこんなのであろうか)



lw´‐ _‐ノv「ほらほら、ロマネスク君。口開けてー。あーんだよ、あーん」

( *ФωФ)「なっ、そんな恥ずかしいこと!」

lw´‐ _‐ノv「恥ずかしいものは見なきゃいい。さあ目を閉じてあーん」

( ФωФ)「むむぅ」

lw´‐ _‐ノv「あーん」

( -ω-)「あ、あーん」

ざらざらざらざらざら

( ФωФ)(ああ、やっぱ生米だわ)



28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/21(日) 01:12:21.84 ID:qZL4v2wV0


lw´‐ _‐ノv「ハイ!噛ーんで噛んで噛んで、噛ーんで噛んで噛んで」

( ФωФ)「……」

lw´‐ _‐ノv「ハイ!噛ーんで噛んで噛んで、噛ーんで噛んで噛んで」

( ФωФ)……ボリ

( ФωФ)ボリボリボリ

lw´‐ _‐ノv「おいしいかい?」

( ФωФ)「……」

lw´‐ _‐ノv「米は噛めば噛むほど旨味が増すのだよ」

( ФωФ)(噛めば噛むほど……)

( ФωФ)ボリボリボリ

( ФωФ)ボリボリボリ

( ФωФ)ボリボリボリ

( ФωФ)ボリボリボリ

30 名前:なんということだ、間違えて同じものを投げ込んでしまった:2010/03/21(日) 01:14:48.82 ID:qZL4v2wV0

( ФωФ)ボリボリボリ

( ФωФ)ボリボリボリ

( *ФωФ)(あ、なんか美味しくなってきたかも)


31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/21(日) 01:16:26.14 ID:qZL4v2wV0

lw´‐ _‐ノvホカホカ「いやー、にしてもほんとに生米食べるとは思わなかった」

( ФωФ)「?!」

lw´‐ _‐ノvホカホカ「いくら言っても、さすがに生米なんてねぇ」

( ФωФ)「え、ちょ、シュー」

lw´‐ _‐ノvホカホカ「ナマはきついっすよーロマさん」

( ФωФ)「あんだけ、熱く米について語ったの、に」

lw´‐ _‐ノvホカホカ「えー、本気にしてたんスかー。全部冗談に決まってるッスよー」

( ФωФ)「ていうか、そのホカホカって」

lw´‐ _‐ノvホカホカ「これッスか?そりゃあホカホカっていったら、炊きたてのお米に決まってるじゃないっすかあ」

( ФωФ)「なん……だと……」

バタリ( ФωФ)

モグモグlw´‐ _‐ノv「米ウマー」




32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/21(日) 01:18:15.94 ID:qZL4v2wV0

lw´‐ _‐ノv「ああ、ロマ。米とご飯の話は冗談にしても、ロマのことを好きだって言うのは冗談じゃないぞ」

( ФωФ)「ああ、さようでござんすか」

( ФωФ)(なんかもう疲れた)

lw´‐ _‐ノv「ほらほらダーリンっ、ウチとおやつ食べるっちゃ」

( ФωФ)「なぜ、ここでラムちゃんの真似を……」

lw´‐ _‐ノv「いや、ダーリンっていったらそれしかないでしょ」

( ФωФ)「そうであるか……」

lw´‐ _‐ノv「そうだっちゃ」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/21(日) 01:19:25.24 ID:qZL4v2wV0

( ФωФ)「あれ、ていうか、そのご飯は晩ご飯用じゃないのであるか」

lw´‐ _‐ノv「何を言っている、これはおやつ用の米だ!晩ご飯は晩ご飯用の米を炊く!」

( ФωФ)「そう、ですか……」

lw´‐ _‐ノv「もちろん、ロマが炊いてくれるよね(はあと」

( ФωФ)(はは、だろうと思ったぜ)

( ФωФ)「はいはい、わかってるであるよ」


35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/21(日) 01:20:53.82 ID:0s6qJtak0
ラブ米支援

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/21(日) 01:21:01.67 ID:qZL4v2wV0

lw´‐ _‐ノv「んふふ~」

( ФωФ)「なんかおかしいであるか」

lw´‐ _‐ノv「ロマは本当にわたしのことが好きだなぁ!」

( ФωФ)「そうですか!」

lw´‐ _‐ノv(ああ、もう、ほんとロマはわかりやすいなあ)

( ФωФ)(ああ、もう、ほんとシューは難しいであるな!)


((まあ、好きだから良いんですけどね!))


おわり





lw´‐ _‐ノv「と、なると思ったかいベイベ!」

( ФωФ)「ぎゃっ」

lw´‐ _‐ノv「途中から路線がどこへ行ったのか、もう作者自身にもわからないんだぜ」

( ФωФ)「まあ、ほんとにコレ何の話だろうって思ったけど」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/21(日) 01:23:29.82 ID:qZL4v2wV0

lw´‐ _‐ノv「コレでまさかのながらじゃないっていうね」

( ФωФ)「筋道考えてないにもほどがあるである」

lw´‐ _‐ノv「ちなみにラブコメっていうのはシューとお米がラブラブって意味だったんだよ」

( ФωФ)「そんな!まさか!」

lw´‐ _‐ノv「いや、ほんと、まじで」

( ФωФ)「がっくり」

lw´‐ _‐ノv「恋とは切ないモノだよ、坊や」

lw´‐ _‐ノv「しかも>>35に先読みされたという事実
      シュー使ったらありがちなパターンだよね(はあと」

メソメソ( ∩ω∩)


ほんとにおわり



38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/21(日) 01:27:21.32 ID:qZL4v2wV0

総合に投げ入れようとしたんだけど、総合が見つからなかった

途中で支援してくれた人、まさかこんな話とは思わなかったはずだ
私も思わなかった
スマンコ

ブーン系なんて自己満足のオナニーだおwwwってのは古いのかしら
しかし久々で楽しかったありがとう
おやすみなさい

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

K-AYUMU

Author:K-AYUMU

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

ユーザタグ

カ行 タ行 ア行 ちんこ ハ行 サ行 マ行 ナ行 英数字  ^ω^) ('A`) ラ行 1レス ワ行 (´・ω・`) ショボーン ヤ行 ブーン ショボン トソン 'ー`)し ξ゚⊿゚)ξ (,゚Д゚) ドクオ まんこ (=゚д゚) J( 1レス カラマロス大佐 シュー ミセリ (-_-) いよう 川д川 人狼 (∪^ω^) 世紀末 ツンデレ 

FC2カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。