mesimarja
気に入ったスレを集めてみました。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺の書くブーン系のようです
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/14(水) 23:04:40.14 ID:zGE/xaHF0
スレ立てるほどの長さじゃないけど
総合に投下するには長すぎる


そんな感じの作品を投下します


予定では

1.( ・∀・)死者想出代弁サービスのようです
2.( ・∀・)不幸になりたいようです
3.紅く、あるいは黒く染まるようです

の三つを投下します

では

( ・∀・)死者想出代弁サービスのようです





3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/14(水) 23:05:46.19 ID:zGE/xaHF0


 五月雨が肌を冷すような日に、僕の親友は死んだ。


 その知らせはあまりに突然で、僕はただその話をどこか遠いところで、まるで他人事のように聞いているしかなかった。
 元々彼女は体が弱く、体調を崩しがちだった。そう考えると、ある意味彼女の死は不思議ではないのかもしれない。
 しかし、だからといって親より早く死ぬなんてあまりにも不孝者だと、葬式場で泣き崩れる彼女の両親を見て僕は胸を締め付けられた。


 上京して以来、休みらしい休みも取れず、予定も合わずで会う事のなかった彼女。その彼女の寝顔は、驚くほど綺麗だった。
 あの双子の野球漫画じゃないけど、その安らかな顔は本当に死んでいるのかと疑いたくなるほどだった。
 意味のわからないお経も終わり、ほどなくして霊柩車は無機質な音を立てて葬式場を後にする。僕たちもそれに続いて、まるで蟻の行列のように火葬場に向かう。


 小さな窓の中で、棺桶ごと真っ赤に燃え上がる彼女を見て、僕はようやく涙を流した。




4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/14(水) 23:06:36.02 ID:zGE/xaHF0


 ('A`) 「本日は皆様、誠にありがとうございます。きっとお嬢さんの魂は安らかに眠りについた事でしょう」


 火葬場の職員の、マニュアルのような言葉に耳を傾ける気がしなかった僕は一服しようと外に出た。
 彼女と同じように空に昇る煙草の煙に、何か言葉でものせようか、なんて事を考えていた時、


 ('、`*川「モララーさん……ですよね?」


 不意に声をかけられた事に少しびっくりして、僕はあわてて振り返る。そこにいたのは彼女と同じくらいの年齢の、喪服の似合う綺麗な女性だった。


 ('、`*川「私、キュートの上司のペニサスと申します」


 深く下げられた頭に、僕は一瞬反応が遅れて会釈を返した。




5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/14(水) 23:07:18.11 ID:zGE/xaHF0


 ('、`*川「貴方の話はあの子から聞いていました……。幼馴染だったそうですね?」


 ( ・∀・)「はい、まぁそうですね、小さい頃からほとんど一緒に過ごしてました」


 僕は煙草の煙をペニサスさんに当てないように振り返って煙を吐いた。今にも泣き出しそうな空に、白い煙が吸い込まれていった。


 ('、`*川「……あの子……貴方にずっと会いたがってました。私がお見舞いに行くたびに貴方の事を気遣ってましたし……」


 ( ・∀・)「はは……昔っから変わらないんですよ。自分が一つ年上だからっていっつもお節介ばっかりして……」


 ('、`*川「貴方は……会いたくなかったんですか?」


 吸い終わった煙草を携帯灰皿に入れて、僕はもう一度空を見る。彼女が死んだ日もこんな悲しい色の空だったのかと想像して、僕は振り返る。


 ( ・∀・)「仕事が忙しいんでね、そんな暇ありませんよ」




6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/14(水) 23:08:08.04 ID:zGE/xaHF0


 ( ,,゚Д゚)「本日は皆様、誠にお疲れ様でした。駅や停留所までの送迎バスがございますので、ご利用の方はこちらまでお願いします」


 あたりが暗さを増す頃、彼女の遺骨の埋葬も終わって、僕は疲れた体に鞭を打ってバスに乗り込んだ。最後尾の座席をゆったり使って体を沈める。


 ('、`*川


 窓の外に目を向けると、ペニサスさんがいた。気付くかわからなかったけどとりあえず会釈をする。とたんに彼女と目が合い、会釈を返してくれた。


 十分ぐらいして、ようやくバスが動き出した。ほとんど満員状態で、立っている人もいるバスなのに驚くほど静かだった。
 見慣れた地元の景色を覆う、妙な暗さがそれをさらに不気味にさせた。




7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/14(水) 23:08:51.45 ID:zGE/xaHF0


 彼女との出会いは平凡だった。
 小さい頃、近所の公園で知り合った。一緒の遊びをした。一緒の学校に通った。一緒の道を歩いた。一緒の空を見た。
 どこにでもあるような、まさに平凡と呼ぶにふさわしい、そんな僕たちだった。


 ただ、ただ一つ、平凡とかけ離れていたのは彼女の病弱体質だった。


 (;・∀・)「きゅーちゃん、だいじょうぶ?」


 o川*;ー;)o「う……ん……だい…じょぶ……」


 小学生の頃、いつもと同じ帰り道、彼女が急に胸を押さえて苦しみだした。
 本人は顔をくしゃくしゃにして泣きながらも、僕に心配をかけまいと、あるいは弱みを見せまいと大丈夫と言い張り続けた。
 普段の強気な態度と違い、今にも消えてしまいそうな呼吸を繰り返す彼女を見て、僕は子供ながらにも一大事だと思った。
 僕は必死に、彼女をおぶって病院まで全力で走り続けた。


 (;・∀・)「だいじょうぶだよきゅーちゃん、僕がたすけてあげるから!」


 僕の背中で苦しむ彼女を、そう励ましながら。




8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/14(水) 23:10:21.13 ID:zGE/xaHF0


 (;・∀・)「きゅーちゃんもういたくない?」


 病院のベッドの上で背中を丸めている彼女に僕は詰め寄った。
 普段威張っているのにあんな所を見られて恥ずかしがっているのだと今になれば分かるけど、幼い僕にはそれがわからなかった。


 o川#゚ー゚)o「もう大丈夫!」


 そういつものように強気に怒鳴る彼女に僕は一安心する。
 それでも彼女はご機嫌斜めだったけど。


 ほどなくして先生と彼女の母親が病室に入ってきたが、彼女と二、三言話すとすぐに病室から出て行ってしまった。




9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/14(水) 23:11:08.18 ID:zGE/xaHF0


 o川*゚ー゚)o「何あれ?もうちょっといたわりなさいよ」


 (;・∀・)「だめだよきゅーちゃん!まだねてないと」


 抗議に行こうとしたのか、立ち上がろうとする彼女を僕は必死に押さえつける。
 それが気に入らなかった彼女はさっきよりも大きな声を上げた。


 o川#゚ー゚)o「うるさいわね!私が何しようと勝手でしょ?」


 (;・∀・)「そんなことないよ、だめだよ」




11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/14(水) 23:12:29.44 ID:zGE/xaHF0


 o川#゚ー゚)o「何よ偉そうに!ちょっと私が弱いところ見せたからって!」


 ( ;∀;)「ちがうもん!このままじゃきゅーちゃん死んじゃうもん!」


 o川*゚ー゚)o「……もら?」


 ( ;∀;)「きゅーちゃん死んじゃったらヤダ!僕ヤダ!うわあああああああん!」


 僕の涙に反応した彼女は、困ったような、悲しいような、そんな顔をしていた。その顔を見て、僕の頬は一層涙にぬれた。


 o川*゚ー゚)o「……いい、もら?」


 ようやく泣きやんだ僕の頭をなでながら彼女は優しくささやいた。


 o川*^ー^)o「私はそんな簡単に死なないのよ?」


 そうやって天使みたいに笑った彼女は、あっけなく僕の前から消えてしまった。あまりにも早い、二十数年の生涯だった。




12 名前:>>10書き溜めなんで勘弁してください:2010/04/14(水) 23:13:48.56 ID:zGE/xaHF0


 ( ・∀-)「ん……?」


 視界が光でぼやける。どうやらいつの間にか眠ってしまっていたようだ。体を伸ばして、両目をこする。
 頬には涙の跡がくっきり付いていた。夢の中の彼女を思い出すと、もう一粒おまけの涙が頬を伝った。


 ( ・∀・)「……?」
     
     
 そこで僕は異変に気付く。あれだけ人であふれていたはずのバスに、今は僕一人しかいない。
 おまけにあたりは全く見覚えのない場所。寝ボケが一瞬で覚めるほどの恐怖を感じる。
     
     
 (   )「お客さん、ようやくお目覚めかい?」


 バスの運転手がこっちを見る事なく話しかけてくる。しかし、それに反応する事はとてもできず、僕は完全に恐怖に凍りついていた。




14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/14(水) 23:14:40.23 ID:zGE/xaHF0


 (   )「そんなに恐がらなくていいよ、ちょっといい話をしようってだけだからさ」


 「ここら辺でいいかな?」と小声でつぶやくと、運転手は道路の脇に車を止める。
 僕は運転手から目を離さずちらっと携帯をのぞく。圏外と表示されたその画面に助けを望む事は出来なかった。


 (   )「今うちの会社で、とあるサービスを始めようとしてるんだ。まぁ、まだ社外の人には喋れないような事なんだけどね」


 バスは停車しているのに振り返ろうとしない運転手。元々僕の反応を待つ気がないのか、警戒を続ける僕を気にする事なく淡々と話し続ける。


 (   )「でもそのサービス、結構面白くてね、一回やってみたいんだ。黙秘にできるなら、今回だけタダにしとくけどどう?」




15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/14(水) 23:15:27.59 ID:zGE/xaHF0


 完全な沈黙。どうやら今回は僕の返答を待っているらしい。


 ( ・∀・)「そんな事言ったってどんなサービスか教えてくれなきゃ決められないです」


 (   )「ん~、これは聞かない方が楽しめるんだがなぁ……」


 そしてまた沈黙。しかし、そんな正体のわからない怪しいものを受けたいとは思わなかった。


 ( ・∀・)「遠慮します。そんな得体の知れないものなんてどうでもいいので早く帰してください」


 (   )「わかった!どんな内容か教える。だからとりあえず話だけでも聞いてくれ。」


 やたらと粘る運転手。僕の事を考えているわけでなく、純粋にそれがやりたいのだろう。
 その姿勢に折れた僕は、とりあえず話だけでも聞く事にした。




16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/14(水) 23:16:11.52 ID:zGE/xaHF0


 (   )「お客さん、交霊術って知ってるか?」


 交霊術。あの世の霊を現世に呼び寄せ、媒体に憑依させる。それがなんだというのだろうか?


 (   )「今日葬式をした彼女に会いたくないかい?」


 その言葉に心臓が大きな音をたてる。しかし、すぐに冷静な自分がそれを否定する。


 ( ・∀・)「そんな事言ったって誰に憑依させるんですか?このバスには僕とあなたしかいないのに」


 (   )「もちろん、自分だよ?口寄せとか聞いた事ないか?」


 ( ・∀・)「憑依を解く時は?」


 (   )「それも大丈夫だよ。こっちは訓練積んでんだよ?それに悪霊じゃないんだから、話せばわかるって」




17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/14(水) 23:17:52.13 ID:zGE/xaHF0


 話だけ聞けばある程度納得ができる。でも、そんな話をすぐ鵜のみにできるほど僕の頭は柔軟じゃない。


 (   )「で、どうするのお客さん?」


 催促を始める運転手。僕は悩んだ。でも、その必要はないとすぐに悟った。


 ( ・∀・)「わかりましたよ。じゃあ、お願いします」


 ダメ元がデフォなんだ。それに、承諾しないときっとこの運転手は帰してくれないだろう。




18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/14(水) 23:18:42.93 ID:zGE/xaHF0


 (   )「よし来た!じゃあ少し待ってろよ!」


 運転手はうれしそうに声を上げたかと思うと、とたんに静かになり、精神を集中をさせているのかぶつぶつとなにかを呟いていた。


 ( ・∀・)「運転手さん……?」


 その不気味な光景に、僕は恐がりながらも運転手に近づく。それでも、何をしゃべっているのか一切聞き取れなかった。


 (   )「う……あ……あああああああああああああああああああああああああああああああああああああ」


 瞬間、悲鳴のような甲高い声をあげながら運転手がけいれんを始めた。異常な光景に、僕は思わず尻もちをついた。




20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/14(水) 23:19:27.63 ID:zGE/xaHF0


 (   )「あ……あ……ぁ…………」


 (;・∀・)「うん………てんしゅさん……?」


 がっくりうなだれ、ハンドルに体を預ける運転手。まるで死んでしまったかのようにピクリとも動かない。


 (;・∀・)「大丈夫ですか!?」


 僕は震える膝を押さえてなんとか立ちあがって、運転手にゆっくり近づいてその様子をうかがう。


 o川*-ー゚)o「う……ん……、何よ、うるさいわね……」


 ( ・∀・)「え……?」


 まぎれもなく、彼女がそこにいた。




21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/14(水) 23:20:13.63 ID:zGE/xaHF0


 そう、まぎれもなくそこにいるのだ。運転手の横で宙に舞う彼女。体が微妙に透けているけど、まぎれもなくそこに彼女はいた。


 o川*゚ー゚)o「あれ、どこココ?」


 彼女は口を動かしているが、その声は運転手から聞こえてくる。
 なのに運転手の声ではなく、まぎれもなく彼女の声。非現実的な光景に、僕も同じように口をパクパク動かしていた。


 o川;゚ー゚)o「え、もら?なんで?え?」


 どうやら、彼女自身も状況がわかっていないらしい。僕の顔とバスの車内、いまだうなだれたままの運転手を変わりばんこに見て動揺している。


 ガクンッ


 すると急に運転手が起きだしてバスを動かし始めた。その衝撃に僕は転倒。浮いている彼女もなぜかバランスを崩している。




23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/14(水) 23:22:02.85 ID:zGE/xaHF0


 (;・∀・)「え、ちょッ、なんで動いてるの?」


 彼女の姿が運転手の横にいようと、今運転手は憑依されているはず。というとこれは彼女の意志なのか?


 (;・∀・)「おい、運転するなよ!危ないだろ!」


 o川#゚ー゚)o「何よ!私知らないわよ!」


 だとするとこれは一体何なんだ?無意識の人が運転する車なんてとても恐くて乗ってられない。


 (;・∀・)「おい、ちょっと運転手と変われ!」


 o川#゚ー゚)o「何なのよ!訳わかんない事言わないで!」


 おいおい、話せばわかるんじゃないのかよ。このままじゃいつ事故を起こすかわからないじゃないか。




24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/14(水) 23:22:51.36 ID:zGE/xaHF0


 (   )「二人とも、少し落ち着いて」


 すると、今度は正真正銘、運転手の声がバスに響いた。


 (;・∀・)「お、落ち着くも何もまず状況を説明しろよ!」


 (   )「わかったから、そんな大きな声出すなよ」


 焦ってまともに呂律の回らない僕とは違い、異常なほど冷静な運転手。
 今、口は運転手が使っているからなのか、彼女は口を動かしているだけで声は聞こえない。


 (   )「お嬢さんも落ち着いて、今からちゃんと話すから」


 運転手に促されて、僕たちは互いに顔を見合わせる。生前と変わらない、彼女の整った顔に僕は何とか冷静さを取り戻せた。




25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/14(水) 23:23:36.10 ID:zGE/xaHF0


 (   )「今自分はまぎれもなくそこのお嬢さんに憑依されている。けど、体の全部を渡してるわけじゃない。お嬢さんには、自分の口と、耳を貸してやってるだけなんだ」


 「これでわかったろ?」そう付け足す運転手だったが、とてもじゃないけど信じられない。


 (;・∀・)「あんたの声帯を使ってるのに、なんで声は全然違うんだよ!」


 (   )「そりゃあ、生前のその人に近づけるために決まってるじゃないか。訓練を積んで、どんな声色でも出せるようにしてるんだよ」


 (;・∀・)「じゃあなんで僕にも幽霊が見えるんだよ!僕は霊感なんてないのに!」


 (   )「お客さん、そいつは違うな。人ってのはみんな第六感をもってるんだ」


 (   )「それにそれは訓練でどうとでもなるし、たがいに影響されあう。今自分が近くにいる事で、そのセンスをお客さんにも分けてやれてるんだ」


 聞けば聞くほど頭が痛くなってくる。まるで夢でも見ているかのような錯覚に陥る。ただ、それは決して悪夢というわけではなかった。




26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/14(水) 23:24:23.15 ID:zGE/xaHF0


 o川*゚ー゚)o「ちょっと、これからどこに行く気なの?」


 今まで口をパクパクさせていた彼女の声が聞こえた。さっき僕のたてた仮設はすでに崩壊寸前のようだ。


 (   )「お嬢さん、今自分と貴方は一心同体なんです。行きたいところ、いっぱいあるでしょ?」


 それを聞いた彼女の顔に晴れ晴れとした笑顔が咲いた。と次の瞬間、僕の顔を見て微妙にうつむいた。


 (   )「兄さん、あんたの時間が許す限り、お嬢さんにつきあってやりな」


 彼女の悲しそうな顔を見たくなかった僕は、「終電までなら」と、か細く答えて彼女から目線を戻した。


 

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/14(水) 23:25:08.91 ID:zGE/xaHF0


 (   )「了解了解、ここから先は口も耳も全部お嬢さんに使わせてあげるから、プライバシーなんてのは気にしないで大丈夫だよ」


 そう言って運転手は黙ってしまった。訓練を積んでるとか言ってたけど、本当にそんな事が出来るのかとそれを目の前にしても思ってしまう。


 o川*゚ー゚)o「……久しぶりだね、モララー」


 僕の隣に座った(?)彼女が口をひらく。といっても声がするのは運転席からだけど。


 ( ・∀・)「うん……もう……数年ぶりだね……」


 そこで会話が途絶えた。どうしてだろう、話したい事はいっぱいあったはずなのに、何を喋ればいいのかわからない。彼女も同じように言葉を紡ごうと、必死に口だけを動かしている。


 o川*゚ー゚)o「……ごめんね、お仕事忙しいのにわざわざお葬式になんて呼んで」


 ( ・∀・)「い、いや……別に……」


 こんな他愛ない会話なのに、どうしてもうまく言葉が出ない。僕たちの間にあった、とても深い溝を今さらのように深く感じた。




28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/14(水) 23:25:59.51 ID:zGE/xaHF0


 そのまま僕たちは無言でバスに揺られ続けた。車内を照らすオレンジ色の光に映える彼女がとても綺麗だった。


 o川*゚ー゚)o


 彼女と目が合う。それでも互いに何を話せばいいのか分からず、すぐに顔をそむける。心臓の音が、高鳴っていた。


 o川*゚ー゚)o「あれ……ここは……?」


 少し揺れて止まったバス。真っ暗な窓を彼女と覗く。それがなんなのか、わかるまで少し時間がかかった。


 o川*゚ー゚)o「中学校だね、私たちの母校」


 ( ・∀・)「懐かしいな、何も変わってないんだな」


 暗さに目が慣れてきて、校舎がくっきりと見えてきた。それに比例して、僕の胸に懐かしさがこみあげてくる。




29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/14(水) 23:27:11.88 ID:zGE/xaHF0


 o川*゚ー゚)o「中学時代って言ったらやっぱり部活だったな~」


 ( ・∀・)「あ、そうなの?休みがちだったくせに」


 窓の外の景色に思いを寄せる彼女に、僕は少し意地悪く言ってみた。


 o川*゚ー゚)o「うるさいわね、それはそれで楽しかったの」


 ( ・∀・)「へ~、まぁ、僕にとっては嫌な思い出でしかないけど」


 o川*゚ー゚)o「え、なんで?」


 ( ・∀・)「なんでって……誰かさんに無理やりマネージャーにされて……ねぇ?」




30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/14(水) 23:28:03.11 ID:zGE/xaHF0


 o川*゚ー゚)o「う……それは……」


 彼女の困る顔が可愛くて僕は思わず笑ってしまった。その笑顔に彼女は少し不貞腐れたけど、すぐに僕と同じように笑い出した。


 o川*゚ー゚)o「結局私が卒業した後もずっとマネージャーやってたんでしょ?」


 ( ・∀・)「そうだよ、なんで3年間も雑用やんなきゃいけなかったんだって感じだったよ」


 そう言って僕たちはまた笑いあった。今は、自然と口が動いてくれた。




31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/14(水) 23:28:49.90 ID:zGE/xaHF0


 ほどなくしてバスが動き出す。何となく慣れてきている自分が怖かったけど、深く考えない事にした。


 ( ・∀・)「でもホントひどかったな~、朝も放課後もずっと誰かさんにコキ使われて」


 o川*゚ー゚)o「なによ~、マネージャーの仕事なんてそんなもんでしょ?」


 ( ・∀・)「いや~、だからって練習終わった後も毎日自転車の後ろに乗るのは仕事範囲外じゃないんですか?」


 o川*゚ー゚)o「いいじゃんいいじゃん、家近いんだから」


 そう言って彼女は頬を膨らませる。そのあどけない一挙一動に、僕は心を奪われていた。
 二人乗りだって、僕は嫌じゃなかった。むしろ、それを楽しみにして毎日部活に行っていた。


 けど、結局彼女はそんな事には気付いてくれなかった。





32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/14(水) 23:29:35.80 ID:zGE/xaHF0


 o川*゚ー゚)o「あ、今度は高校!」


 彼女の視線の先には、またも懐かしの母校。目の前で止まったその変わり映えしない姿に、僕も思わず興奮する。


 ( ・∀・)「ここでも結局誰かさんのせいで学校生活台無しだったな~」


 o川*゚ー゚)o「また~、いいじゃない。色々面倒見てやったでしょ?」


 ここでも僕と彼女の関係は変わらなかった。先輩と後輩。部員とマネージャー。親友。幼馴染。それ以上、男女の境界線を越える事はなかった。


 o川*゚ー゚)o「でもモララー、途中で来なくなったじゃん。私がどんなに誘っても」


 ( ・∀・)「もういい加減バカバカしくなったからね、雑用なんて」


 少し突き放すような口調。それでも、鈍感な彼女は気付く事はないだろう。ずっとそうだったから。




33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/14(水) 23:30:21.95 ID:zGE/xaHF0


 o川*゚ー゚)o「……その頃から変わったよね」


 悲しそうな声を絞り出す彼女。僕は不貞腐れながら彼女から視線を離した。


 o川*゚ー゚)o「私がどんなに声掛けても昔みたいに笑ってくれなくなった。さっきもそう、昔みたいに笑ってなかった」


 そう僕に言いよってくる彼女。生きていれば吐息を感じる事が出来るだろう程の距離まで詰め寄る。


 o川*゚ー゚)o「それにその頃私の事避けてたよね?どうして?」


 無言のままの僕に彼女はなおも問い詰める。どうして?どうして?どうして?どうして?


 ( ・∀・)「いい加減にしてくれよ」


 ぼそっと、自分だけに聞こえるように呟きたかった。けど、思いはそれを越えて声の大きさに現れた。
 本当は彼女に伝えたくなかった。でも、もう伝えなければ心が切れてしまいそうだった。




35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/14(水) 23:31:13.98 ID:zGE/xaHF0


 ( ・∀・)「その優しさが、その偽善が、その態度が、どれほど僕を苦しめたと思ってるんだ?」


 彼女は眼を丸くして僕を見ている。さっきの運転手と同じで、僕は彼女の返事を待たずに続けた。


 ( ・∀・)「僕が来なくなった頃、先輩と付き合ってただろ?」


 o川*゚ー゚)o「……そんな事ないよ」


 否定する彼女の言葉など僕は聞かなかった。聞く気もなかった。


 ( ・∀・)「抱きしめられてるの見たんだ、体育倉庫で」


 o川*゚ー゚)o「ッ!」


 彼女の息をのむ音が大きく聞こえた。信じられないといったような彼女の顔に、僕は苛立ちを覚える。




36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/14(水) 23:32:07.21 ID:zGE/xaHF0


 いつの間にか動き出したバス。僕たちは喋らない。僕は窓の外をただ眺めるだけで、窓に映る彼女は泣きそうにうつむいていた。


 でも、本当に泣きたいのは僕の方なのかもしれない。
 こんな時に、どうしてこんな話をしてしまったんだろう、と。彼女の前という事だけが、涙をまぶたにとどめていてくれた。


 いつもより少しだけ揺れてバスは止まった。窓の外にある、思い出が詰まったその場所に、こらえきれず僕の頬に一粒の涙が伝った。


 o川* ー )o「……はじめて会った公園だね」


 こんな顔を彼女に見せるわけにもいかず、僕は黙ったまま、ずっと窓の外を見続けていた。




37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/14(水) 23:33:06.28 ID:zGE/xaHF0


 o川* ー )o「……小学校の時にさ、私がここで胸を押さえて苦しんだの、覚えてないよね?」


 僕が反応しないのも気にせず彼女は喋り続ける。さっきの運転手や、僕のように。


 o川* ー )o「あの時私のために必死に走ってくれたモララー、カッコよかった……」


 o川* ー )o「病院について、私が勝手に病室から出ようとして、そしたらモララー、『死んじゃうからダメッ!』って泣きじゃくって……」


 さっき見た夢の話を、彼女は淡々と続ける。僕の頬を伝う涙にも気付かずに。


 o川* ー )o「……あの時の約束……私ずっと待ってたのに……」


 流れ続ける涙も気にせず、僕は目を見開き振り返った。僕と同じように、彼女も大粒の涙を流していた。




38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/14(水) 23:34:00.06 ID:zGE/xaHF0


 あの夢には続きがあった。


 そう簡単には死なない、そう言って無邪気に笑う彼女。
 そんな彼女と対照的に、僕は顔をくしゃくしゃにしながら答えた。


 ( ;∀;)「……でも、もしまた今日みたいになっちゃったら」


 o川*゚ー゚)o「だから、大丈夫だって言ってるでしょ?」


 ( ;∀;)「ぼくがっ、ぼくがまたまもってあげるから!ずっとまもってあげるから!」


 彼女の声なんか聞かずに涙を流した。彼女がいなくなる事を考えると、ただただ悲しくて、どうしようもなく悲しくて。でも、そんな僕を見て、


 o川*^ー^)o


 彼女は笑ってくれた。「お願いされようかな」なんて照れ臭そうに言いながら。その笑顔に、僕はまた、大きな声をあげて泣いた。




39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/14(水) 23:34:59.13 ID:zGE/xaHF0


 きっと、その頃から好きだったのかもしれない。


 o川*;ー;)o「部活に来ない……。私が話しかけても答えてくれない……。私、嫌われたって思って……」


 僕がどうして彼女を嫌いになるのか?
 いつも僕の事を年下だからってお節介焼いて、そのくせ頼りない彼女を、そんな愛おしい彼女をどうして嫌いになれるのか?


 o川*;ー;)o「先輩には言い寄られただけだけで………私にはモララーしかいなかったんだよ……」


 ( ;∀;)「……ごめん…………ごめん……約束………覚えてたけど……怖かったんだ……」


 その約束を忘れた事なんてなかった。
 でも、彼女が覚えているとは思えなくて、怖くて、壊れるのが嫌で、ずっと言いだせなかった。
 だからもう、いっそ忘れたかった。こんなに苦しむのならいっその事、と。


 でも、どんなに忘れようとしても、彼女の声が、その感触が、あの時の笑顔が、僕の心を締めつけ続けた。




40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/14(水) 23:36:11.21 ID:zGE/xaHF0


 ( ;∀;)「大好きだッ!!キュートッ!!」


 僕はキュートを抱きしめた。


 でも、そこに彼女はいなかった。彼女の体はなかった。
 抱きしめた腕はそのまますり抜け、床に倒れこんだ僕は大きく泣いた。悔しさと、後悔に打ちひしがれながら。




41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/14(水) 23:37:04.24 ID:zGE/xaHF0


 o川*;ー;)o「……ごめんね……私も……何もしなくて……」


 謝る彼女を、僕は大きく首を振って否定する。
 きっと、どっちも悪いんだと思う。怖がって何もしなかった僕。ただ待ってるだけだったキュート。
 どんなに後悔したって、もう彼女とは一緒になれない。あれほど近くにいたのに。


 o川*;ー;)o「ぁ………」


 彼女の半透明だった体が、急に光り始めた。瞬間的に、僕は彼女との別れを悟った。


 ( ;∀;)「イヤだッ!!行くなよッ!!行かないでよッ!!」


 頭では理解できても、そう叫ばずにはいられなかった。でも、あんなにまぶしかった彼女の光は、徐々に薄れていくばかりで。




43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/14(水) 23:37:52.45 ID:zGE/xaHF0

 
 o川*;ー;)o「最期に……一つだけお願いしても、いいかな?」


 ( ;∀;)「イヤだッ!!イヤだッ!!最期なんて言うなッ!!」


 o川*;ー;)o「いい加減にしなさいッ!ちゃんと私の言う事聞きなさいッ!」


 そうやって僕を叱る彼女に、僕は昔の面影を見た。まだ知り合った頃、年上という理由で僕を叱る彼女。


 o川*;ー;)o「……また……前みたいに……笑って……欲しいな……」


 僕は彼女に重なった面影を思い出して泣きながら笑った。うまく笑えたかわからない。でも、彼女も、面影と同じように笑ってくれた。


 o川*^ー^)o「ありがと」


 一瞬だけ強く光って、キュートは消えた。あれだけ光ったのに、後には何も残らなかった。
 僕はそのまま、膝から折れるように倒れこんだ。




45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/14(水) 23:38:51.06 ID:zGE/xaHF0


 (  ;∀;)「きゅーちゃん!きゅーちゃん!うわあああああああああ!!」


 床を殴って、殴って、手をすりむいても殴って。悔しいのか、悲しいのか。もう、どんな感情なのか自分でも分からなかった。


 (   )「……お客さん、ちなみにこんなサービスもあるんだけど」


 キュートの声を出していたとは思えないような声帯で、運転手は言う。いつものように、こっちを見ようともせず。


 (   )「お嬢さんのところに行きたいなら連れてってやれるよ。……ただ、もうこの世には戻ってこれないけどね」




47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/14(水) 23:40:22.51 ID:zGE/xaHF0


 ( ・∀-)「ん………」


 目をあけると、いつもの見慣れた天井で視界がうまった。体を起して大きく伸びをする。


 ( ・∀・)「……ヤバい遅刻だ」


 時計を確認した僕は飛び起き、急いで身支度を整える。


 結局、僕はあのサービスを受けなかった。正直、本当は彼女といたかった。
 けど、きっとそんな事をしてもキュートは喜ばないだろうと僕はわかっていた。


 だから、僕は未来を生きる事にした。


 満員電車に揺られ、嫌な上司に怒られ、得意先に頭を下げる。
 そんな窮屈な日常を送るなら、いっそ送ってもらえばよかった、なんて冗談を思ったりする。
 冗談のつもりなのに、たまに本気になる自分を叱りつけて、僕は今日も会社に向かう。




48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/14(水) 23:41:23.71 ID:zGE/xaHF0


 ( ・∀・)「……今日も疲れた……」


 電灯の光る道を僕は歩く。結局あの日の体験はなんだったのだろうと今でもよく思い返す。
 不思議な事に、あの日からもうだいぶ時間がたつのにあのサービスの話は一切聞かない。
 恐る恐る、あの葬式会社に聞いてみたけど、そんな事はしていないの一点張りだった。


 あれはいったい何だったのか、運転手はいったい何者だったのか、解けない謎に頭をひねる。


 どこからか、霊柩車の無機質な音が聞こえた気がした。




49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/14(水) 23:42:56.17 ID:zGE/xaHF0
以上で

( ・∀・)死者想出代弁サービスのようです

は終わりです

支援等ありがとうございました

なんかあったらお願いします

なかったら次行きます

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/14(水) 23:46:33.43 ID:zGE/xaHF0
いないっぽいで次行きます


( ・∀・)不幸になりたいようです





51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/14(水) 23:47:24.78 ID:zGE/xaHF0


 ('A`)「ようこそ占いの館へ……」


 ('A`)「宇宙からの交信、万物の波動……」


 ('A`)「その全てを我が手に……」


 ('A`)「貴方の進むべき道を占おうぞ……」


 ( ・∀・)「あの、僕が不幸になるにはどうすればいいんですか?」


 ('A`)


 ('A`)「え、何だって?」




52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/14(水) 23:48:20.66 ID:zGE/xaHF0


 ( ・∀・)「だから、僕が不幸になる方法を知りたいんです」


 ('A`)「え、何それ?新手の苦行?」


 ( ・∀・)「とにかく、どうすればいいのか占ってください」


 ('A`)(え、なんでこいつこんな偉そうなの?)


 ('A`)(っていってもまぁ、一応お客さんだし、やんなきゃ……)


 ('A`)「えっと……君、学生だよね?」


 ( ・∀・)「はい、よくわかりましたね」


 ('A`)(そりゃ、制服着てるからね……)




53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/14(水) 23:49:05.78 ID:zGE/xaHF0


 ('A`)「……じゃあ、とりあえず明日から学校で奇声を上げながら走り回りなさい」


 ( ・∀・)「それで不幸になれるんですね?」


 ('A`)「……まぁいいんじゃないんですか?」


 ('A`)(正直パッと思いついただけなんだけど……)


――――次の日――――


 ( ・∀・)「無理でした」


 ('A`)「うん、まぁ、そうなるよね」




54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/14(水) 23:49:58.99 ID:zGE/xaHF0


 ('A`)(どうしよう、これ以上この子に関わりたくないな……)


 ('A`)「じゃあ、お金返すからほかのお店で占ってもらって」


 ( ・∀・)「いや、いいです」


 ('A`)「え?」


 ( ・∀・)「お金はいいんで、もう一回占ってください」


 ('A`)


 ('A`)(…………えぇ……)
 



55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/14(水) 23:50:41.01 ID:zGE/xaHF0


 ('A`)「えっと……じゃあとりあえずどう無理だったか具体的に教えて?」


 ( ・∀・)「奇声上げてたら友達がすっごい心配してきました」


 ('A`)「あ、そう来たのね」


 ( ・∀・)「で、それに負けじと暴れまわったら保健室に連れていかれてみんなに看病されました」


 ('A`)「うん、ていうかみんなの心が広すぎる」


 ( ・∀・)「そんな感じですね」




56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/14(水) 23:51:48.79 ID:zGE/xaHF0


 ( ・∀・)「で、どうすれば不幸になれますか?」


 ('A`)「……じゃあ明日からは部屋から一歩も出なければいいと思うよ」


 ( ・∀・)「はい、わかりました。がんばります」


 ('A`)(何をがんばるの?)


――――次の日――――


 ( ・∀・)「無理でした」


 ('A`)「うん、まぁ、来る気はしてたよ。展開的に」




57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/14(水) 23:52:46.71 ID:zGE/xaHF0


 ('A`)「えっと……また占うの?」


 ( ・∀・)「あたりまえじゃないですか」


 ('A`)(……なんかイラッときた)


 ('A`)「じゃあ、またどうなったか具体的に」


 ( ・∀・)「先生とクラスのみんなが心配してお見舞いに来てくれました」


 ('A`)「君、相当人気者だね」




59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/14(水) 23:53:42.97 ID:zGE/xaHF0


 ( ・∀・)「で、どうすれば不幸になれますか?」


 ('A`)「……全裸で生活すれば?」


 ( ・∀・)「はい、わかりました。やってみます」


 ('A`)(そのまま捕まって二度と来るな)


――――次の日――――


 ( ・∀・)「無理でした」


 ('A`)「うん、まぁ、そうくると思ったよ。二度ある事は的な意味で」




60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/14(水) 23:54:24.67 ID:zGE/xaHF0


 ('A`)「とりあえずどうなったか教えて」


 ( ・∀・)「全裸で学校行ったら有無を言わさず帰されました」


 ('A`)「っていうかそれ以前によく学校まで行けたね」


 ( ・∀・)「で、そのあと心配した彼女が家に来て」


 ( ・∀・)「全裸の僕を見て興奮したのかそのままヤッちゃいました」


 ('A`)「うん、本気で首締めてやろうか?」




61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/14(水) 23:55:47.14 ID:zGE/xaHF0


 ( ・∀・)「で、どうすれば不幸になれますか?」


 ('A`)「……もういっそ死んでしまえよ」


 ( ・∀・)「はい、わかりました。全うします」


 ('A`)(えっ?冗談だったのに……)


 ('A`)(っていうかこれでこいつ死んだら俺捕まるんじゃね?)


――――次の日――――


 ( ・∀・)「無理でした」


 ('A`)「うん、まぁ、今日だけは心の底から来てくれて良かったと思うよ」




62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/14(水) 23:56:39.25 ID:zGE/xaHF0


 ('A`)「とりあえずどうなったか教えて?」


 ( ・∀・)「どうせ死ぬならカッコよくって思って、みんなの前で切腹しようとしたんです」


 ( ・∀・)「で、家庭課室から包丁持ってきたんですけど」


 ( ・∀・)「3秒で阻止されました」


 ('A`)「うん、君思いのほか馬鹿なんだね」




63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/14(水) 23:57:24.73 ID:zGE/xaHF0


 ( ・∀・)「で、どうすれば不幸になれますか?」


 ('A`)「………っていうかさ」


 ('A`)「君にとっての不幸って何なの?」


 ( ・∀・)


 ( ・∀・)「何なんすかね?」


 ('A`)


 ('A`)「えっ?俺わかんない事占わされてたの?」




64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/14(水) 23:58:08.14 ID:zGE/xaHF0


 ('A`)「えっ、じゃあ聞くけど、どうしてそんなに不幸になりたいの?」


 ( ・∀・)「あの、僕思うんですけど」


 ( ・∀・)「幸せってこの世界に限られた数しかないと思うんです」


 ( ・∀・)「そんな少しの幸せを奪いあって生きるのって悲しくないですか?」


 ( ・∀・)「だったら、そんな幸せいらないと思ったんです」


 ('A`)


 ('A`)(うわ……なんか語りだしたよ……)




65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/14(水) 23:58:50.87 ID:zGE/xaHF0


 ('A`)「えっと……よくわかんないから具体的に言ってみて?」


 ( ・∀・)「例えば、今僕は付き合ってる子がいるんですけど」


 ( ・∀・)「もしかしたら、その彼女の事が好きな男の子がいるかもしれないじゃないですか?」


 ( ・∀・)「でも結局、彼女は僕と付き合ってるからその子を見向きもしないわけで」


 ( ・∀・)「言い換えれば僕がいる限りその子は幸せになれないってことで」


 ( ・∀・)「それはすなわち、僕がその子を不幸にしているってことじゃないですか?」




66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/14(水) 23:59:33.78 ID:zGE/xaHF0


 ( ・∀・)「僕は誰かの幸せを奪ってまで幸せになりたくないんです」


 ( ・∀・)「だから僕は不幸になりたいんです」


 ('A`)「………でも、それっておかしくないかな?」


 ( ・∀・)「え?」


 ('A`)「君が不幸になったからといって、必ずしもみんなが幸せになれるわけじゃないんじゃない?」


 ( ・∀・)「……そんな事ありませんよ」




67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/15(木) 00:00:19.90 ID:1P29mDLA0


 ('A`)「じゃあ思い出してみな」


 ('A`)「君が不幸になりたいと言ってやってきた事を」


 ( ・∀・)


 ('A`)「友達、先生、家族、いろんな人に迷惑とか心配かけたよね?」


 ('A`)「それは紛れもなくその人たちを不幸にしたって事だよ?」


 ('A`)「君も不幸、周りも不幸」


 ('A`)「それが君の考えた理論の結果だよ」




69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/15(木) 00:01:07.02 ID:1P29mDLA0


 ( ・∀・)「……じゃあ、一体どうすればいいんですか?」


 ( ・∀・)「結局、僕が何をしようとみんなを不幸にしか出来ないんですか?」


 ('A`)「……君が不幸に生きればいいんだよ」


 ( ・∀・)「何言ってんですか?それはあなたがたった今否定したじゃないですか」


 ('A`)「………君の理論で言うと、君が不幸に生きれば、みんな幸せになれるんだよね?」


 ('A`)「って事はつまり、君にとっての不幸は、周りのみんなが幸せに生きるって事なわけだ」


 ( ・∀・)




71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/15(木) 00:01:52.85 ID:1P29mDLA0


 ('A`)「で、結局周りの人を幸せにするには君自身が幸せでなきゃいけないんだよ」


 ('A`)「君が不幸になって、周りに心配をかけちゃ意味がないからね」


 ('A`)「つまり、君が幸せに生きて周りの人を幸せにするのが、君にとっての不幸なんじゃないかな?」


 ('A`)「だから君が不幸に生きさえすれば、みんな幸せになれるんだよ」


 ( ・∀・)


 ( ・∀・)「ごめんなさい、頭がこんがらがってきました」


 ('A`)「うん、やっぱり君馬鹿なんだね」




73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/15(木) 00:02:59.04 ID:1P29mDLA0


 ( ・∀・)「とにかく、僕が幸せに生きればいいんですね?」


 ('A`)「うん、まぁそういう事だから。がんばってね」


 ( ・∀・)「はい。長い間お世話になりました。ありがとうございます」


 ('A`)(ようやくこれで解放される………)


――――次の日――――


 ( ・∀・)「で、具体的にどうすれば僕は幸せになれるんですか?」


 ('A`)「うん、もう本当いい加減にしろよ?」


                    ~続かない~

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/15(木) 00:04:34.97 ID:1P29mDLA0
これで


( ・∀・)不幸になりたいようです


は終わりです

支援や貴重な意見ありがとうございます

なにかあればお願いします

なければ最後行きます

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/15(木) 00:10:06.58 ID:1P29mDLA0
何もないようなのでラスト


紅く、あるいは黒く染まるようです





78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/15(木) 00:11:11.37 ID:1P29mDLA0


 ('A`)「おはよう」


 lw´‐ _‐ノv「…………」


 ('A`)「毎日早起きだね」


 lw´‐ _‐ノv「…………」


 ('A`)「……今日も行くんだね」


 lw´‐ _‐ノv「……行ってくる」




80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/15(木) 00:11:56.35 ID:1P29mDLA0


 ('A`)「……うん、行ってらっしゃい」


 ('A`)「大丈夫だよ」


 ('A`)「僕はちゃんと」


 ('A`)「ここで待ってるから」


 ('A`)「……行ってらっしゃい」




81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/15(木) 00:12:42.48 ID:1P29mDLA0


 ('A`)「……こんにちは……」


 ('A`)「……僕には貴方の声は聞こえないけど」


 ('A`)「……貴方には僕の声が聞こえるんですか?」


 ('A`)「……もし聞こえるなら」


 ('A`)「……あの子を救う方法を教えてください」


 ('A`)「……お願いします」




83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/15(木) 00:13:40.10 ID:1P29mDLA0


 ガチャ


 ('A`)「お帰り」


 ('A`)「……今日もとってきたんだね」


 lw´‐ _‐ノv「…………」


 ('A`)「ご飯、食べる?」


 lw´‐ _‐ノv「……ご飯、あげてくる……」


 ('A`)「……うん、わかった」


 ('A`)「たくさん……お話ししておいで」




84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/15(木) 00:14:23.96 ID:1P29mDLA0


 lw´‐ _‐ノv「はい、どうぞ……」


 lw´‐ _‐ノv「ごめんね、今日はあんまりおいしくないよね?」


 lw´‐ _‐ノv「最近はあんまりうまくいかないの……」


 lw´‐ _‐ノv「でも明日はもっといいのをとってくるからね」


 lw´‐ _‐ノv「楽しみにしててね」


 lw´‐ _‐ノv「お母さん」




85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/15(木) 00:15:12.90 ID:1P29mDLA0


 ('A`)「お帰り」


 ('A`)「お母さんはなんて?」


 lw´‐ _‐ノv「…………」


 ('A`)「……ご飯、食べる?」


 lw´‐ _‐ノv「……うるさい……」


 ('A`)「……ごめん」




98 名前:いけました、みなさん、ありがとうございます:2010/04/15(木) 01:28:27.21 ID:1P29mDLA0


 ('A`)「じゃあ僕はもう寝るけど」


 ('A`)「ちゃんとご飯食べないとダメだよ?」


 バタン


 lw´‐ _‐ノv「うるさい……」


 lw´‐ _‐ノv「……………」


 lw´‐ _‐ノv「うるさい……」




100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/15(木) 01:30:21.27 ID:1P29mDLA0


 ('A`)「おはよう」


 ('A`)「今日もいつも通りの時間だね」


 lw´‐ _‐ノv「…………」


 ('A`)「……それで……」


 ('A`)「……今日も行くんだよね……」


 lw´‐ _‐ノv「……行ってくる……」


 バタン


 ('A`)「……行ってらっしゃい……」




101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/15(木) 01:31:33.55 ID:1P29mDLA0


 ('A`)「……綺麗な色ですね……」


 ('A`)「……栄養分の色に染まるんですね………」


 ('A`)「……でも、貴方より……」


 ('A`)「……あの子の手は……」


 ('A`)「赤く染まってしまってます………」




102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/15(木) 01:32:46.81 ID:1P29mDLA0


 ガチャ


 ('A`)「お帰り……」


 ('A`)「今日は少し遅かったね」


 lw´‐ _‐ノv「……お母さんに会いに行く……」


 ('A`)「……うん、わかった」


 ('A`)「……行ってらっしゃい」




103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/15(木) 01:34:14.21 ID:1P29mDLA0


 lw´‐ _‐ノv「はい、お母さん」


 lw´‐ _‐ノv「まだ子供だけど、ちゃんとお肉もついてるよ」


 lw´‐ _‐ノv「血もこんなに綺麗」


 lw´‐ _‐ノv「ちゃんと約束守ったよ」


 lw´‐ _‐ノv「……だから……」


 lw´‐ _‐ノv「……褒めて……」


 lw´‐ _‐ノv「……褒めてよ……」




104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/15(木) 01:35:38.11 ID:1P29mDLA0


 ('A`)「お帰り」


 lw´‐ _‐ノv「…………」


 ('A`)「……なんだか」


 ('A`)「悲しそうだね……」


 lw´‐ _‐ノv「……そんな事ない」


 ('A`)「お母さんに何か言われたの?」


 lw´‐ _‐ノv「何でもない!」




105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/15(木) 01:37:11.61 ID:1P29mDLA0


 ('A`)「……どうしたの?」


 lw´‐ _‐ノv「うるさいうるさいうるさいうるさいうるさい!!」


 ('A`)「……なにかあったら」


 ('A`)「僕を頼っていいんだよ?」


 lw´‐ _‐ノv「黙れ黙れ黙れ黙れ黙れ黙れ黙れ黙れ!!」


 ('A`)「……君のために何ができるかわからないけど」


 ('A`)「僕は君の力になりたいんだ……」


 lw´‐ _‐ノv「黙レ黙レ黙レ黙レ黙レ黙レ黙レ黙レ黙レェェエエエ!!」




106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/15(木) 01:38:48.42 ID:1P29mDLA0


 ('A`)「おはよう……」


 lw´‐ _‐ノv「………」


 ('A`)「……昨日はごめん……」


 ('A`)「……今日も行くんだね」


 lw´‐ _‐ノv「……うるさい……」


 バタン


 ('A`)「……ごめん」




107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/15(木) 01:41:09.33 ID:1P29mDLA0


 ('A`)「あの子がどんな思いで生きてきたのか僕には想像できません」


 ('A`)「そして、貴方がどれほどの思いであの子を守ったのかもわかりません」


 ('A`)「……ただ……」


 ('A`)「今のあの子は幸せじゃない」


 ('A`)「……それだけはわかります」




108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/15(木) 01:42:46.36 ID:1P29mDLA0



 ガチャ


 ('A`)「お帰り」


 ('A`)「……今日は……」


 ('A`)「とれなかったの?」


 lw´‐ _‐ノv「……謝ってくる」


 ('A`)「……わかった」


 ('A`)「僕は待ってるから」


 ('A`)「……行っておいで……」




113 名前:>>111,>>112 ありがとうございます:2010/04/15(木) 02:01:43.16 ID:1P29mDLA0


 lw´‐ _‐ノv「ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい」


 lw´‐ _‐ノv「みんな警戒してて……」


 lw´‐ _‐ノv「家にも入れないし……」


 lw´‐ _‐ノv「男の人もいっぱいいるの……」


 lw´‐ _‐ノv「明日はちゃんととってくるから」


 lw´‐ _‐ノv「怒らないで……」


 lw´‐ _‐ノv「お母さん………」




114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/15(木) 02:02:52.67 ID:1P29mDLA0


 ('A`)「お帰り……」


 ('A`)「また……」


 ('A`)「悲しそう……」


 lw´‐ _‐ノv「………うるさい……」


 ('A`)「……ご飯は?」


 lw´‐ _‐ノv「……もう寝る……」


 lw´‐ _‐ノv「明日は………もっと早く出る……」


 ('A`)「……わかった」




116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/15(木) 02:06:27.81 ID:1P29mDLA0


 ('A`)「おはよう」


 ('A`)「…………」


 ('A`)「いないのか……」


 ('A`)「……ご飯、作ろう」


 ('A`)「……帰ってきたら」


 ('A`)「食べてくれるかもしれないから……」




117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/15(木) 02:08:54.51 ID:1P29mDLA0


 ガチャ


 ('A`)「……お帰り」


 ('A`)「また……とれなかったんだね」


 lw´‐ _‐ノv「……謝ってくる」


 ('A`)「……たまには休んでもいいんじゃないかな?」


 lw´‐ _‐ノv「……そんな事したら」


 lw´‐ _‐ノv「お母さん、かわいそう……」


 ('A`)「……そっか……」




119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/15(木) 02:12:42.59 ID:1P29mDLA0


 ('A`)「……………」


 ('A`)「帰ってこない」


 ('A`)「もしかして………」


 ('A`)「こんな夜中から」


 ('A`)「とりに行ったのかな……?」




120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/15(木) 02:16:27.08 ID:1P29mDLA0


 ガチャ


 ('A`)「あ、お帰り」


 lw´‐ _‐ノv「……とれた……」


 ('A`)「……うん」


 lw´‐ _‐ノv「……とれた……」


 ('A`)「……おめでとう……」


 lw´‐ _‐ノv「……あげてくる……」


 ('A`)「……僕も」


 ('A`)「ついて行っていいかな?」




121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/15(木) 02:19:41.05 ID:1P29mDLA0


 lw´‐ _‐ノv「…………」


 ('A`)「……邪魔とかしないから」


 ('A`)「……僕はいないと思ってくれていいから」


 ('A`)「……ついて行っていいかな?」


 lw´‐ _‐ノv「…………」


 ('A`)「……いい?」


 lw´‐ _‐ノv「…………うん」


 ('A`)「……ありがとう……」




122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/15(木) 02:23:40.64 ID:1P29mDLA0


 lw´‐ _‐ノv「……はい、お母さん」


 lw´‐ _‐ノv「お腹すかせちゃってごめんね」


 lw´‐ _‐ノv「久しぶりのご飯はおいしい?」


 lw´‐ _‐ノv「……明日も頑張るからね……」


 lw´‐ _‐ノv「………お母さん……」




123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/15(木) 02:27:52.26 ID:1P29mDLA0


 ('A`)「………綺麗に全部使うんだね」


 lw´‐ _‐ノv「………血は飲ませて」


 lw´‐ _‐ノv「………内臓と骨はぐちゃぐちゃにしてあげる」


 lw´‐ _‐ノv「………いつもちゃんと食べてくれる」


 ('A`)「………お母さんは、なんて?」


 lw´‐ _‐ノv「…………」


 ('A`)「………それだけじゃ、足りないって?」


 lw´‐ _‐ノv「…………」




124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/15(木) 02:30:50.68 ID:1P29mDLA0


 ('A`)「もし、君が望むなら」


 ('A`)「僕を殺してもかまわないよ?」


 ('A`)「いつものように」


 ('A`)「僕を血を」


 ('A`)「僕の肉を」


 ('A`)「君のお母さんにあげても」


 ('A`)「僕は構わない」


 ('A`)「……僕は」


 ('A`)「罪を償わなきゃいけないから……」




127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/15(木) 03:00:26.82 ID:1P29mDLA0


 lw´‐ _‐ノv「…………」


 ('A`)「………君は」


 ('A`)「……どうしたい?」


 lw´‐ _‐ノv「…………」


 lw´‐ _‐ノv「……おこめ、食べたい」


 ('A`)「………うん」


 ('A`)「……帰ろう」


 ('A`)「ご飯、作ってあげるよ……」




128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/15(木) 03:01:09.67 ID:1P29mDLA0


 (*゚ー゚)「出ていけ!」


 (´・ω・`)「悪魔の子め!」


 ( ,,゚Д゚)「殺せ!」


 从゚∀从「悪魔を産んだ女を!」


 ( ^ω^)「出ていけ!」


 川 ゚ -゚)「出ていけ!」


 ( ・∀・)「殺せ!」


 ξ゚⊿゚)ξ「殺せ!」




129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/15(木) 03:02:41.16 ID:1P29mDLA0



 僕は、みているだけだった


 こんなの、おかしかったのに


 そんなこと、わかりきっていたのに


 でも、勇気がなかった


 そのせいで、君のお母さんは死んでしまった


 君のお母さんは、殺されてしまった


 僕は


 死んで当然なんだ




130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/15(木) 03:05:10.50 ID:1P29mDLA0



 私は、人と違った


 みんなには見えないものが、私には見えた


 ただそれだけなのに、私は化け物にされた


 お母さんも化けと呼ばれ、私をかばって殺された


 でも、お母さんは生まれ変わった


 お母さんは、今もお腹をすかせてる


 あいつらは


 死んで当然なんだ




131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/15(木) 03:08:34.85 ID:1P29mDLA0

 
 ('A`)「……おはよう」


 lw´‐ _‐ノv「………おはよう」


 ('A`)「……今日も行くんだね」


 lw´‐ _‐ノv「………うん」


 ('A`)「……ご飯、食べる?」


 lw´‐ _‐ノv「………いらない」


 バタン


 ('A`)「……ちゃんと」


 ('A`)「………帰ってきてね……」




132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/15(木) 03:12:38.09 ID:1P29mDLA0


 ('A`)「……貴方は……」


 ('A`)「……あの子をいつまで縛っているつもりですか?」


 ('A`)「……あの子を救ってあげてください……」


 ('A`)「……あの子を幸せに……」


 ('A`)「……してあげてください……」




133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/15(木) 03:16:33.44 ID:1P29mDLA0


 ガチャ


 ('A`)「あ、おかえ、」


 ('A`)「ッ!!」


 lw´‐ _‐ノv「………今日は……とれなかった……」


 ('A`)「そっ、そんな事より、腕が……」


 lw´‐ _‐ノv「……落とされただけ……」


 w´‐ _‐ノv「……こんなの……」


 lw´‐ _‐ノv「……お母さんの苦しみに比べれば……」


 lw´‐ _‐ノv「……大した事ない……」




134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/15(木) 03:18:10.58 ID:1P29mDLA0


 ('A`)「……とっ、とにかく、早く手当てしないと……」


 lw´‐ _‐ノv「……いい」


 lw´‐ _‐ノv「……お母さんの所に行かなきゃ……」


 lw´‐ _‐ノv「……謝らなきゃ……」


 ('A`)「……僕もついて行く」


 lw´‐ _‐ノv「…………」


 ('A`)「……ついて行くから……」




135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/15(木) 03:20:08.67 ID:1P29mDLA0


 lw´‐ _‐ノv「ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい」


 lw´‐ _‐ノv「また捕まえられなかった……」


 lw´‐ _‐ノv「お腹すかせてるのに……」


 lw´‐ _‐ノv「……それに……」


 lw´‐ _‐ノv「ずっと守ってくれた体なのに……」


 lw´‐ _‐ノv「腕も切られちゃって………」


 lw´‐ _‐ノv「ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい」




136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/15(木) 03:25:10.93 ID:1P29mDLA0


 lw´‐ _‐ノv「……お母さん……」


 lw´‐ _‐ノv「そんなに怒らないで……」


 lw´‐ _‐ノv「だからお願い……」


 lw´‐ _‐ノv「……お母さん……」


 lw´‐ _‐ノv「……私に……」


 lw´‐ _‐ノv「……声を聞かせて……」




137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/15(木) 04:00:26.41 ID:1P29mDLA0


 lw´‐ _‐ノv「……もう、ずっと……」


 lw´‐ _‐ノv「お母さんは何も言ってくれない……」


 lw´‐ _‐ノv「……どんなに話しても………」


 lw´‐ _‐ノv「……何も答えてくれない……」


 lw´‐ _‐ノv「お母さん……私の事嫌いになっちゃったの?」


 ('A`)「………違う」


 ('A`)「君のお母さんは」


 ('A`)「今も、君を愛し続けてるよ」




138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/15(木) 04:02:05.15 ID:1P29mDLA0


 ('A`)「もう、いいんだよ……」


 ('A`)「これ以上、君が苦しむ必要はないんだ」


 ('A`)「お母さんだって」


 ('A`)「大切な娘を、不幸にさせたくはないはずだから……」


 ('A`)「……もう、いいんだよ」




139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/15(木) 04:03:16.14 ID:1P29mDLA0


 ('A`)「二人で、どこか遠くへ行こう」


 ('A`)「僕たちの事を、誰も知らないほど遠くへ」


 ('A`)「そこで、いろんな人に囲まれて」


 ('A`)「今までできなかった事を」


 ('A`)「やってみたかった事を」


 ('A`)「たくさんしよう」




140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/15(木) 04:04:49.15 ID:1P29mDLA0


 lw´‐ _‐ノv「………どこに行ったって……」


 lw´‐ _‐ノv「……私は化け物にしか見られない……」


 lw´‐ _‐ノv「……きっとそこでも……」


 lw´‐ _‐ノv「……同じような扱いを受けるだけ……」




141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/15(木) 04:06:25.76 ID:1P29mDLA0


 
 ('A`)「………その時は……」


 ('A`)「………僕が君を守る……」


 ('A`)「……君のお母さんがしたように……」


 ('A`)「………僕が君を守る……」


 ('A`)「……だから……」


 ('A`)「……幸せになって………」




142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/15(木) 04:07:56.16 ID:1P29mDLA0


 ('A`)「……明日にでも出よう」


 ('A`)「誰にも見つからないように」


 ('A`)「朝早くに」


 ('A`)「ここを出よう」


 ('A`)「……僕が」


 ('A`)「幸せにしてあげる」


 ('A`)「だから」


 ('A`)「一緒に行こう」




143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/15(木) 04:09:56.62 ID:1P29mDLA0


 lw´‐ _‐ノv「………私は」


 lw´‐ _‐ノv「………もう少しここにいる……」


 lw´‐ _‐ノv「お母さんの……」


 lw´‐ _‐ノv「そばにいたい……」


 ('A`)「……わかった」


 ('A`)「……遅くならないうちに、ね……」


 lw´‐ _‐ノv「……うん……」


 lw´‐ _‐ノv「…………」


 lw´‐ _‐ノv「………ありがとう」




144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/15(木) 04:11:29.29 ID:1P29mDLA0


 ('A`)「……君が幸せだというのなら」


 ('A`)「……僕はそれを受け入れる」


 ('A`)「……だから」


 ('A`)「……これが君の幸せだと願う……」


 ('A`)「…………」


 ('A`)「願うけど………」


 ('A`)「…………」


 ('A`)「…………ごめん」




145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/15(木) 04:12:18.53 ID:1P29mDLA0



 大きな大きな、桜の木の下


 片腕だけの、小さな少女が眠ってる


 自分の血を、内臓を、木にかけるようにえぐりだして


 母に抱かれる子のように


 安らかな顔で、眠ってる


 その桜の花は


 椿よりも、彼岸花よりも、紅く、あるいは黒く染まっていた。




146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/15(木) 04:13:22.45 ID:1P29mDLA0






                   紅く、あるいは黒く染まるようです







147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/04/15(木) 04:13:57.73 ID:HenvBL28O
以上で終了です

支援してくれた方、wkwkしてくれた方、貴重な意見をくれた方、ありがとうございました

特にID:tBgSkUjWOさん、丁寧にありがとうございます

さるくらって、ぐだぐだになって、完全にオナニーになってたけど、楽しかったです

ありがとうございました

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

K-AYUMU

Author:K-AYUMU

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

ユーザタグ

カ行 タ行 ア行 ちんこ ハ行 サ行 マ行 ナ行 英数字  ^ω^) ('A`) ラ行 1レス ワ行 (´・ω・`) ショボーン ヤ行 ブーン ショボン トソン 'ー`)し ξ゚⊿゚)ξ (,゚Д゚) ドクオ まんこ (=゚д゚) J( 1レス カラマロス大佐 シュー ミセリ (-_-) いよう 川д川 人狼 (∪^ω^) 世紀末 ツンデレ 

FC2カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。