mesimarja
気に入ったスレを集めてみました。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( ^ω^)ブーンで学ぶ世界史
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 17:22:45.63 ID:x0CD2VAbP


( ´_ゝ`) 「皆さんはじめまして。あるいはお久しぶりでございます」





       スレタイはご覧になりましたか?


       そう、ここは歴史スレです。


       歴史が好きでも嫌いでも、楽しんでいただければこれ幸い。




       それでは早速、授業を始めましょうか。




3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 17:24:05.51 ID:x0CD2VAbP

●前史


時は6世紀。

西ヨーロッパではゲルマン人が跋扈し、中国では遊牧民族が跳躍していた時代。
現在のイラクに位置する『メソポタミア地方』では、二つの大国がにらみ合っていた。



 (´・ω・`) 「Sassanian Dynasty, All your base are belong to us !!」


 从#゚∀从 「変な言葉使ってんじゃねえ! ぶちころすぞ!」



一つは、『ユスティニアヌス帝』の率いる『東ローマ帝国』。
もう一つは、『ホスロー1世』の治める『ササン朝ペルシア』である。


2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 17:23:46.77 ID:Hwo8j+6n0
戦国時代特化なら開いた

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 17:25:26.45 ID:x0CD2VAbP



 (´-ω-`) 「おっと、ぶち殺すぞは僕の台詞だ。人の決めゼリフを盗むのは感心しないなあ」


 从#゚∀从 「アタシがどうやって盗作だって証拠だよあんまりしつこいとバラバラに引き裂くぞ」




双方とも有能な君主を頂いていたこともあり、小競り合いは長く続いていた。


二つの勢力がせめぎあうメソポタミア。
長引く戦争は都市を破壊し、道路網を寸断してしまった。




>>2
残念ながらイスラム教の歴史です

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 17:26:49.16 ID:x0CD2VAbP

このことは一つの問題を招いた。

世界を貫く交易路、『絹の道(シルクロード)』が分断されてしまったのである。



 (´<_`; ) 「むう、これは困った。このままだと地中海に商品を運べんな………」




当時の商人たちは、メソポタミアの河を遡ったあと、アンティオキアという町を拠点にして商品を輸送していた。

通り道であるメソポタミアが戦場となってしまうと、商人たちは仕事をすることができなくなってしまう。



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 17:27:58.10 ID:x0CD2VAbP

 (´<_`; ) 「なんとか俺だけでも通してもらえませんかね? やっぱ無理ですかね?」


 从 ゚∀从 「うん、それ無理」


 (´<_`; ) 「うむむ………」





しかし、商人たちも手をこまねいていた訳ではない。

何とかして商品を輸送しようと、四苦八苦していた。




そして。


6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 17:27:00.02 ID:7Tb9UKN60
固有名詞出しすぎで意味わからん
これ世界史学ぶスレじゃなくて世界史学んだやつがニヤニヤするスレだろ
ヒストリエなりキングダムなり見習え

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 17:27:48.18 ID:Hwo8j+6n0
用語解説がほしいところ

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 17:29:41.60 ID:x0CD2VAbP

          /            .|
          /             |
         /             |
         /              .|
        /   ∧_∧    nm  |
        /   (*´_ゝ`) Фr 勺、 < 殺伐とした戦場に兄の救世主が!
       /   「    ⌒ 、 / / 丶 |
       /   /|    ∧ V /  | |
      /   ( |    /  \ノ   ノ |
      /    Y    」       (   |
     /     `/ / 、       )  |
     /      / /\\     (   |
    /     / /  \\    )   |
    /      | |    \\  (    |
   /      | |     ⊆つ       |
   (       | |              |
   ` 、   ⊆つ             ノ
      ー              一
         `  ー  _  一  '




 (´<_` ) ・・・・・・



>>6,7
前史なので適当に流してくだしあ

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 17:31:01.73 ID:x0CD2VAbP



 (*´_ゝ`) 「殺伐とした戦場に兄の救せ――」

 (´<_` ) 「唐突に何だ、兄者よ。もう司会ごっこは気が済んだのか?」




 ( ´_ゝ`) 「ははは、相変わらずひどい言い方だな、弟者よ」


 (´<_` ) 「どういたしまして。………それともあの羊羹のようになりたいのか?」


 ( ;´_ゝ`) 「いや、それは止めてくれ」




11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 17:32:25.74 ID:x0CD2VAbP


 (´<_` ) 「ふうむ……… して、兄者よ。今日は一体何を企んでいるんだ?」


 ( ´_ゝ`) 「うむ。それでは本題に入ろうか」




 ( ´_ゝ`) 「実は、風のうわさでお前がかなり困っていると聞いてな」


 (´<_` ) 「ああ、確かに俺は困っている。だが兄者に手伝ってもらうほど俺は駄目じゃないぞ」




 ( ´_ゝ`) ・・・・・


12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 17:33:50.58 ID:x0CD2VAbP


          ∧_∧
    ∧_∧  (´<_`; ) 
   (  ´_ゝ) /∩  ⌒i  
   /   \_//ペチ|.│  
  /      _/ペチ.| |
__(__ニつ___|___._.| .|____
            (u ⊃



 ( ´_ゝ`) 「話の流れを読めよ、弟者」


 (´<_`; ) 「あ、すまん」


13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 17:35:17.83 ID:x0CD2VAbP



 ( ´_ゝ`) 「お前はらくだで荷物を運ぶ商人の役なんだろ? そして商品が運べなくて困っている、と」


 (´<_` ) 「うむ、その通りだ兄者よ。だがそれがどうかしたか?」


 ( ´_ゝ`) 「ふふ、兄であるこの俺が手伝ってやろうと言っているのだ」




 (´<_` ) ・・・・・





 (´<_` ) 「日ごろニートをしている兄者が言っても説得力が無いぞ」



14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 17:36:35.38 ID:x0CD2VAbP


 (#´_ゝ`) 「ににに、ニートちゃうわ! 少なくともお前よりも活躍しているぞ!」


 (´<_` ) 「ああ、でも \(^o^)/ ←こいつにボコボコにされるだけだったよな」




 ※参照 (前作です)
  ttp://vipmain.sakura.ne.jp/end/485-top.html




 ( ´_ゝ`) ・・・・・




 (  ´_ゝ) 「まあ……そうとも言うかな…………」


 (´<_`; ) 「少しぐらいは言い返せよ、兄者………俺まで悲しくなってくるじゃないか…………」



15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 17:37:58.97 ID:x0CD2VAbP


 ( ´_ゝ`) 「まあそんなことはどうでもいい。この俺がお前の荷物を代わりに運んでやろうと言うのだ」


 (´<_`; ) 「その心意気は流石だ、兄者よ。
        だが今の街道筋は非常に危険だ。兄者にやらせる訳にはいかん」



 ( ´,_ゝ`)プッ



 (´<_`; ) 「何がおかしい」


 ( ´_ゝ`) 「お前、俺が何の役だったか忘れてるだろ」


 (´<_` ) 「兄者の役割?」


16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 17:39:26.52 ID:x0CD2VAbP



 ( ´_ゝ`) ← 海を叉に掛ける商人


 (´<_` ) ← 陸を駆け回る商人





 (´<_`; ) 「あー、はいはい」



17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 17:40:41.75 ID:x0CD2VAbP


 (´<_`; ) 「だが兄者よ。メソポタミアに海はないぞ。あすこは河の他には砂漠しかない」


 ( ´_ゝ`) 「ばっか、地図を良く見てみろ。アラビア半島を一周すればそこはエジプトだ。
        そこから地中海に荷物を運んでいけばいい」




 (´<_`; ) 「むむ………でも……俺は心配だ」


 ( ´_ゝ`) 「案ずるな、受験生。俺は兄だ。簡単には負けん」


 (´<_` ) 「兄者……」



19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 17:42:01.91 ID:x0CD2VAbP

            ☆   .∧_∧
    ∧_∧   |   (´<_` )
    ( ´_ゝ`)__η η_/   ⌒i
   /    __(_)(_)___|  | |
   /   / ̄ ̄ ̄ ̄/   |  | |
__(__ニつ/  FMV  /____|__| |__
    \/____/      (u ⊃




 ( ´_ゝ`)b「流石だよな俺ら」


 d(´<_` )「ああ、流石だな俺ら」






流石兄弟が出てくると無駄に長くなるから困る。


20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 17:43:29.82 ID:x0CD2VAbP

            気をつけろよ、兄者。

                                        なに、心配には及ばん。


                 ∧_∧                      ∧_∧
                 ( ::;;;;;;;;:)                     ( ::;;;;;;;;:)
                /⌒`'''''''''''^ヽ                  /⌒`'''''''''''^ヽ
           /⌒ヾ/ / .,;;;;;;:/.:;|              /⌒ヾ/ / .,;;;;;;:/.:;|
           -\,./ / .::;;;;;;:/‐'| :;|'―'――ー'''‐'ー''' ‐'―''''\,./ / .::;;;;;;:/‐'| :;|'''ー'-''――'`'
         :;; '''_ソ / `:;;::::ノ,,,::| :;|  ,, ''''  `、 ´':、,  '''_ソ / `:;;::::ノ,,, | :;| '''  、、,
           ξ_ノ丶ー'ー< ,ゝ__>   ,,,   '' ,,   'ξ_ノ丶ー'ー< ,ゝ__> '''''  ,,,,
          ,, ::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::    ,,,,         ''' ::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::  ,,
             :::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;:::::::::         ,,,,,,,     ::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;:::::::::      ''
                :::::::::::::;;;;;;;;::::::   ,, '''''''      ,,,,     ,,:::::::::::::;;;;;;;;::::::



陸上での輸送に窮した商人たちは、メソポタミアを避けるようにして南へと進んでいった。


18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 17:41:30.36 ID:uuyIoobe0
レスつかないと不安になるよね

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 17:44:54.72 ID:x0CD2VAbP

ある者は船に荷物を積み替え、アラビア半島伝いに紅海を目指した。
またある者は、アラビア半島に広がる砂漠を強行突破しようとした。





 (´<_`; ) 「ふぅ、砂漠とか暑すぎだろ常考………」



ただ、いずれにせよ一つのことが言える。

それは、絹の道が遮断されたことによって、「アラビア半島が世界史に浮上してきた」ということである。





>>18
よくあること
ようです付けてないし

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 17:46:04.43 ID:x0CD2VAbP
,,,  `!,,   __,,,__,、     `ヽ,      {、   `‐-,
.`==二}`‐-‐´   ‐,、,,_  ,  ,,,}       ヽ,   {,,,、
.`7            ~~ ~~         `,ッ   {´
 {         (#´・ω・)          ,{    `ヽ
 ´ッ,,  ,                    {,     }
  ゜ "‐´ ヽ,,__, -‐-ッ              `‐、,___,,-ゝ
      、--,‐ {                          (´<_`; ) ...
       `"  ,}   メ ソ ポ タ ミ ア
         /
~●‐‐-、,, ,/´           从∀゚#从
      ,
 エ   { }  ,,、                _,,,-、,,
     ヽヽ,//               ヾ  ヽ,,
 ジ    `i ヽ,                ヽ,  \_,    _●
       ヽ  ヽ,                ヽ,,   \-,/,,、 i,,
 プ     ヽ  },     ア          ヽ,∩    / |  ̄ ̄` ―´
        |  `ヽ,               ``!、_,--ノ´  ヽ-,,,,、
 .ト      {-、  ヽ     ラ                    ヽッ
         ヽ  ,{                           ,/
          {  ヽ,      ビ                 ,--!
          { 紅 `ヽ                      ,,!
          ヽ,    !,      ア            ,,,ノ´
            }, 海  ヽ                ,,,ノ     ... ( ;゚_ゝ゚)
            |     }              ,/~
            `ヽ,,,   {          ,,--‐´ r>                `ヽ, }     __,--‐´~                 イ  ン  ド  洋
                 ヽ!,,,_,、,●‐´


  ● ←港町

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 17:47:24.91 ID:x0CD2VAbP

陸路と同様、海に出た商人たちも厳しい旅を強いられていた。
当時の紅海は旅の難所であったという。



 ( ;´_ゝ`) 「やっべー、紅海って海賊多いのな………
        向かい風も強いし、これは無理だろ常考………」



 海賊 「海賊王に、俺はなる!!!」



 ( ;゚_ゝ゚) 「ちょ! なんか出た!」




そのためほとんどの商人は、インド洋の部分で航海を諦めて、
アラビア半島の南端にある港町で荷物を陸揚げした。


24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 17:48:44.64 ID:x0CD2VAbP


 ( ;´_ゝ`) 「くそ、偉い目にあったぞ。なんとか港までたどり着けたから良いものの………」

 ( ;´_ゝ`) 「もう一回海に出るのは厳しそうだなあ。
        だがこのまま荷物を放置する訳にも…………」




 ??? 「アヒャヒャ、あんたもお困りなのかー?」




 ( ´_ゝ`) 「む、あんたは………」




もちろん陸揚げした荷物は、誰かに頼んで輸送してもらわねばならない。
砂漠地帯を通過するには、それなりの専門知識が必要になってくるからだ。

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 17:50:08.84 ID:x0CD2VAbP



 (*゚∀゚) 「こっから先はオレらに任せなー。オレら遊牧民になー」

 (=゚ω゚)ノ 「今ならお安くしとくょぅ」


アラビア半島に、富が集まり始めていた。








 とあるスレにインスパイヤされて作った


 題「つーとぃょぅでイスラム史 前編」


26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 17:51:43.74 ID:x0CD2VAbP

●登場AA紹介



全キャスト入場!!


アラブ人(急進派) ……(*゚∀゚) つー
 遊牧の血は生きていた! 更なる信仰を積み不屈の闘志が甦った!!
 戦士! アラブ人急進派だァ――――!!


アラブ人(穏健派) ……(=゚ω゚)ノ ぃょぅ
 異教徒との共存はすでに我々が始めている!!
 信仰は自由! アラブ人穏健派だァ――――!!



ペルシア人 ……从 ゚∀从 ハインリッヒ高岡
 国家の運営なら我々の歴史がものを言う!!
 中東の自称文明人! ペルシア人だァッ!!


トルコ人 ……('、`*川 ペニサス伊藤
 小アジアはオレのもの 邪魔するやつは思いきり殴り思いきり蹴るだけ!!
 地中海世界統一王者! トルコ人だッ!!


27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 17:52:52.91 ID:x0CD2VAbP

中央アジアの諸民族 ……lw´‐ _‐ノv 素直シュール
 抵抗する者は皆殺しだとはよく言ったもの!!
 鉄人の軍略が今 実戦でバクハツする!!


インド人(イスラム教徒) ……ノパ⊿゚) 素直ヒート
 インドの前でならオレはいつでも全力全開だ!
 燃える闘魂 今のパキスタン ちょい役で登場だ!!


パレスチナ人 ……l从・∀・ノ!リ人 妹者
 インティファーダ(民衆蜂起)ならこいつが怖い!!
 中東のピュア・ファイター パレスチナ人だ!


29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 17:54:07.31 ID:x0CD2VAbP

モンゴル人 ……( ゚∋゚) クックル
 強ォォォォォいッ 説明不要! 高い機動力! 正確な射撃!
 リアルキラーマジンガ モンゴル人だ!!


ビザンツ帝国 ……(´・ω・`) ショボーン
 ギリシア四千年の歴史が今ベールを脱ぐ!
 キリスト教世界から ビザンツ帝国だ!!

            _、_
エジプト人 ……( ,_ノ` ) 渋沢さん
 歴史だったらこいつらを外せない!
 超A級噛ませ犬 エジプト人だァッ!!


ユダヤ教徒 ……从'ー'从 渡辺さん
 古き賢者が帰ってきたッ
 どこへ行っていたンだッ 二千年間ッッ
 シオンの丘は君たちを待っていたッッッ ユダヤ教徒の登場だ――――――――ッ



30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 17:55:18.92 ID:x0CD2VAbP

加えて列強の乱入に備え、超豪華なAAを多数御用意致しました!


イギリス ……ξ゚⊿゚)ξ ツンデレ

ロシア ……(・∀ ・) 斉藤またんき

フランス ……ミ,,゚Д゚彡 フサギコ
         _
ドイツ ……( ゚∀゚) ジョルジュ長岡

アメリカ ……( ^ω^) 内藤ホライゾン



……ッッ  どーやらもう>>1のネタが尽きている様ですが、完成次第ッ皆様にご紹介致しますッッ







人いねえなー

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 17:58:02.94 ID:x0CD2VAbP
622年        『ヒジュラ(聖遷)』
      ┏━━━━━━━━━━━━━┓
      ┃     ム ハ ン マ ド 時 代    ┃
      ┗━━━━━━━━━━━━━┛
632年
      ┏━━━━━━━━━━━━━┓
      ┃                    ┃
      ┃       正 統 カ リ フ       ┃
      ┃                    ┃
      ┗━━━━━━━━━━━━━┛
661年
      ┏━━━━━━━━━━━━━┓
      ┃                    ┃
      ┃                    ┃
      ┃  ウ  マ  イ  ヤ  朝   ┃
      ┃                    ┃
      ┃                    ┃
      ┗━━━━━━━━━━━━━┛
750年 ==================  ←国際化
      ┌─────────────┐
      │                    │
      │                    │
      │                    │
      │   ア ッ バ ー ス 朝   │
      │                    │
      │                    │
      │                    │


とりあえず年表うp。

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 17:59:46.70 ID:x0CD2VAbP

●イスラム教成立とその拡大


7世紀に入り、アラビア半島は大きく変化していた。

前述の通り、アラビア半島は国際貿易の拠点となったため、様々な民族が集うようになっていた。




 从'ー'从 「それじゃあ、この商品はもらっていくねえ~」

 (´・ω・`) 「うん? こんな物も取り扱ってるのか。面白い」


 (*゚∀゚) 「あいよー、ゆっくり見ていってくんなー」




その中には、『ユダヤ教』や『キリスト教』などを信じている人々も、もちろんいた。
ここでアラブ人は、初めて『一神教』に出会ったのだ。


33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 17:58:20.21 ID:47GZbqSz0
>30の列強はまだ成立してないんじゃ・・・

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 18:02:18.45 ID:x0CD2VAbP

一方、交易が活発になるにつれて、アラブ人の間では貧富の格差が広がりつつあった。





         ∧_,,,  ハラヘッタヨ
        (#゙;;-゙)
        /U;;';J
      ~(;;';;#'ノ
        し`J


お互いに助け合うことをよしとする遊牧民の伝統も崩壊しかかっていたし、
血で血を洗うような部族抗争も収まる気配がなかった。

このような弱肉強食の時代のことを、『無明時代』とも呼んだりする。



ともかく、そんな中活動を始めたのが、イスラム教の開祖『ムハンマド』なのである。





>>33
こいつらには後編で暴れてもらいます

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 18:03:25.11 ID:x0CD2VAbP

『ムハンマド』が布教を始めたのは、610年のことだ。



 (*゚∀゚) 「五行に六信? こいつは面白いなー。いっちょ信じてみるかー」



唯一神である『アッラー』を信仰するこの宗教は、
当時のアラブ人にとり、まったく新しいものであった。


そのため彼は、『メッカ』の街で瞬く間に信者を獲得していったという。


38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 18:04:42.31 ID:x0CD2VAbP

ところが、『ムハンマド』の布教があまりにも成功しすぎたせいで………



 三(*゚∀゚) 「最近の流行、イスラム教はいかがかねー」


 (゚∀゚*)三 「信徒になるには『信仰告白』するだけ!」


 (.゚∀゚.) 「さあ、そこの貴方も………」






 (=`ω´)ノ 「ちょっと待つょぅ! 何変な宗教を広めてるんだぃょぅ!!」


39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 18:05:50.04 ID:x0CD2VAbP

 (;゚∀゚) 「へ、変な宗教とは失礼な奴だなー!」

 (*-∀-) 「唯一の神アッラーを信仰することによって我―――」



 (=`ω´)ノ 「うるさぃょぅ! さっさとこの街から出てけょぅ!」





彼らの布教の大成功は、イスラム教徒たちに対する風当たりを強くしてしまった。
『メッカ』の街の支配者たちは『イスラム教』を受け入れようとはしなかったのだ。


ついにはムハンマドに刺客が放たれるに至り、仕方なく信者たちは街を離れることにした。


40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 18:07:22.92 ID:x0CD2VAbP


              クソ、オボエテロヨ!!
           ∧ ∧
           (゚∀゚#)                _____
           /  つ´            |メディナ→|
         ~/  つ              . ̄ ||  ̄
     c c  (/´                  ||




622年に、ムハンマドたちは『メディナ』の街に逃げ出した。

このことを『ヒジュラ(聖遷)』と呼んでいる。





ちなみにイスラム世界では、この出来事をもってイスラム暦元年が始まるとしている。
つまり西暦622年は、イスラム暦1年ということになる。


41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 18:08:55.08 ID:x0CD2VAbP


   lヽ      -  ̄ - =二フ
   l 」                           ぃッ、ぃょッ、ぃょッ!
   ∥ ∧∧  アヒャヒャ
    (`(#゚∀゚)っ _  -  ̄_ - =二フ  -=≡   ∧∧
    ヽ  ノ                  -=≡ ヽ(=iωi)ノ
   ~( 二つ                 -=≡ ~(  x)
     (/"                   -=≡  ◎ ◎



しかし、ただでは終わらないのがムハンマドの一団である。

『ヒジュラ(聖遷)』の後、彼らは無事にメッカの街を取り戻すことに成功した。


そしてムハンマドは、街に存在した聖像という聖像の全てを破壊し、
『メッカ』をイスラム教の聖地としたのであった。

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 18:10:09.61 ID:x0CD2VAbP

その後ほどなくして、ムハンマドはこの世を去ることになる。

ここでは622年~632年を『ムハンマド時代』と呼ぶことにしよう。  (年表の一つ目の時代)






ごめんね。偶像崇拝禁止だからムハンマドにAAが使えないの。ごめんね。

(*゚∀゚) はムハンマドじゃないよ。全然違うよ。


43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 18:11:26.85 ID:x0CD2VAbP

では、次の時代は一体どうなるのか?

実はムハンマドの死んだ後、教団の指導者を選挙で決めていた時期があった。




 (*゚∀゚) 「教団を率いるのは、古参のオレ以外ありえないだろー?」


 (.゚∀゚.) 「そんじゃ投票 夜・露・死・苦・!」



44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 18:12:53.26 ID:x0CD2VAbP

 1位   (*゚∀゚)

 2位   (=゚ω゚)ノ

 3位 ......



 (*゚∀゚) 「アヒャヒャ、これからはオレが教団をまとめていくぜー!」

 (;゚ω゚)ノ 「が、頑張ってくれょぅ………」    ← 改宗した




ムハンマド死後のイスラム教の指導者は、『カリフ』と呼ばれている。

『カリフ』が治めていた時代は30年ほど続き、
そのためこの時代のことを『正統カリフ時代』と呼ぶ。  (年表の二つ目の時代)

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 18:14:31.24 ID:x0CD2VAbP


 (*゚∀゚) 「そんじゃー、オレがムハンマドの代理人だぞー。みんなよろしくなー」


 (=゚ω゚)ノ 「わかったょぅ。でもまずは何をすればいいんだょぅ?」


 (*゚∀゚) 「まずは………」




 (* ∀ ) 「まずは、イスラームの教えを他の人にも教えてあげないとな……アヒャヒャ………」




また、この『正統カリフ時代』より、イスラム教の勢力は大きく拡大していくことになる。

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 18:15:41.56 ID:x0CD2VAbP


        -=≡  ∧∧                  -=≡  ∧_∧
        -=≡  (#゚∀゚)                -=≡   (ili´;ω;)
        -=≡  / つつ=二フ          -=≡    ( つ つ
      -=≡ ~ ,, _つ                 -=≡   人  Y
       -=≡ (/                   -=≡  し´(_)



 ♪神からおー告げが出ーたぞー
                        ♪神からおー告げが出ーたぞー

 ♪こいつはどえらい教えーだぜー
                        ♪こいつはどえらい教えーだぜー



     ♪ムハンマドは?
                    ♪預言者だ!

     ♪ムハンマドは?
                    ♪預言者だ!


47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 18:17:17.90 ID:x0CD2VAbP

    ___
  _l≡_、_ |_                  ∧∧
   ( ; ,_ノ` )                ( ∀ #)
   <__ヽyゝロE          +∠ニ]|=と   )
   /_l:__|゚                    |  |
   ´ lL lL                  .し`J



  ♪知らなーい奴にーも広めーようー

                        ♪知らなーい奴にーも広めーようー


     ♪ユダヤ教徒は?
                    ♪啓典の民!

     ♪キリスト教徒も?
                    ♪啓典の民!





   のめり込む唯一神信仰   イスラム教


48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 18:18:26.06 ID:x0CD2VAbP


 (*゚∀゚) 「あーっひゃっひゃっひゃっ!!」


 从;゚∀从 「な!? だ、誰だてめえ!!」


 (*-∀-) 「オレか? オレはただ『ジハード(聖戦)』をしてるだけのしがないムスリムさー」


 从;゚Д从 「くそ、ふざけやがって!
        あまり調子に乗ってると裏世界でひっそり幕を閉じ――」




 (* ∀ ) 「うるさいねえ、ガタガタと」



49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 18:19:31.41 ID:x0CD2VAbP


           (⌒\  ∧ ∧    アヒャヒャ、史ねえええええええええええっ!!
           \ ヽヽ(#゚∀゚) 
            (mJ     ⌒\
             ノ ∩  / /   ギャアアアッ
           ~(  | | ノハヘヾ
         /\丿 | (゚;从リ从       ←(注:从 ゚∀从だぞ)
         (___へ_ノ ゝ _ノ



   『 ニ ハ ー ヴ ァ ン ド の 戦 い 』



50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 18:20:45.83 ID:x0CD2VAbP

          キュウ
    从 +Д从




 (*゚∀゚)、 「へっ、なんだ。大したことねーやつだなー」





正統カリフ時代、アラブ人は積極的に領土を広げていった。
彼らが主に戦ったのは、>>○で出てきた『ビザンツ帝国』と『ササン朝ペルシア』であった。


そしてこの征服戦争の結果、『ササン朝ペルシア』は『ニハーヴァンドの戦い』で滅亡してしまう。

『ビザンツ帝国』の方も、エジプトとシリアを奪われて弱体化してしまうことになる。

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 18:22:18.72 ID:x0CD2VAbP
正統カリフ時代の地図


,,,  `!,,   __,,,__,、     `ヽ,      {、   `‐-,
.`==二}`‐-‐´   ‐,、,,_  ,  ,,,}       ヽ,   {,,,、
.`7            ~~ ~~         `,ッ   {´
 {   (;ω;` ) っっっ            ,{    `ヽ
 ´ッ,,  ,                    {,     }           ミ
  ゜ "‐´ ヽ,,__, -‐-ッ              `‐、,___,,-ゝ             从 +Д从
      、--,‐ {
       `"  ,}
         /              c c c (=^ω^)ノ
~、,-‐‐-、,, ,/´
      ,
(゚∀゚*)  { }  ,,、                _,,,-、,,
     ヽヽ,//               ヾ  ヽ,,
      `i ヽ,                ヽ,  \_,    _,,、
       ヽ  ヽ,                ヽ,,   \-,/,,、 i,,
       ヽ  },                ヽ,∩    / |  ̄ ̄` ―´
        |  `ヽ,               ``!、_,--ノ´  ヽ-,,,,、
        {-、  ヽ                          ヽッ
         ヽ  ,{                           ,/
          {  ヽ,                        ,--!
          {   `ヽ                      ,,!
          ヽ,    !,                   ,,,ノ´
            },    ヽ                ,,,ノ
            |     }              ,/~
            `ヽ,,,   {          ,,--‐´
               `ヽ, }     __,--‐´~
                 ヽ!,,,_,、,-‐‐´

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 18:23:45.74 ID:x0CD2VAbP

ところが、そんな『正統カリフ時代』も長くは続かなかった。





 (=^ω^)ノ 「次はおいらがカリフを務めさせてもらうょぅ」


 (*゚∀゚) 「だが断る」


 (;゚ω゚)ノ 「えっ?」



51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 18:20:54.41 ID:6gUYt9oL0
また随分懐かしいのを

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 18:25:48.49 ID:x0CD2VAbP


 (* ∀ ) 「お前みたいな軟弱ものにカリフの位を渡せるかっての!」



 (=゚ω。)ノ 「ぃ゙ょ゙っ」




西暦661年。
4代目の正統カリフ、『アリー』が暗殺されてしまったのだ。

その次のカリフも選挙で選ばれるはずだったのだが、いろいろあった結果、そうはならなかった。


結局、次のカリフ『ムアーウィヤ』は、カリフの位を世襲として『ウマイヤ朝』を開いたのである。   (年表の三つ目の時代)







>>51
ようやくやる夫から戻って来ました
ちょっと回り道しすぎましたね

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 18:27:24.33 ID:x0CD2VAbP

ウマイヤ朝の業績は以下のとおり。




   lヽ                   -  ̄ - =二フ
   l 」                 
   ∥ ∧∧  アヒャヒャ             ∧,,∧  ウワァァ
    (`(#゚∀゚)っ _  -  ̄_ - =二フ  ミ;TД彡
    ヽ  ノ                  / つつ
   ~( 二つ                ミ ,,つ
     (/"       ミ            (/
          ミ



  __________
/           / ̄| ヒィ!!
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|:: :::::|
|   コンスタン   ::|::: ::::|
|  ティノープル   :|:::  :|          ∧∧
|           ::|::  ::|  ズン !     (∀゚ #)') ゴルァ!!
|           ::|::  《二= -  ̄   と彡 ヾノ
|              :|::  ::|          丿、_つ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'          (ノ


56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 18:28:42.91 ID:x0CD2VAbP


 (*゚∀゚) 「あひゃひゃのひゃー!」


 ミ ;゚Д゚彡 「ちょ、マジでやめろって!!」

 (;´・ω・) 「ねえ、お願いだからやめ―――ひい!」



『ウマイヤ朝』の時代になっても、引き続きイスラム教徒の快進撃はとどまる所を知らなかった。

相変わらず『ビザンツ帝国』には圧力を加え続けていたし、
西では海を越えて『フランク王国』にまで侵入していた。






ここいらの詳しいことは↓ここら辺を見てね。
ttp://ansokuwww.blog50.fc2.com/blog-entry-422.html


57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 18:30:22.90 ID:x0CD2VAbP

また、一つ後の時代になるが、東の方では『唐』の軍団とも一戦交えている。
この時の戦いを『タラス河畔の戦い』といい、ヨーロッパに『製紙法』が伝わったきっかけとして重要だったりする。





 (*゚∀゚) 「まだまだいくよー!」


 (* ∀ ) 「知らない奴にもイスラム教の良さを教えてやらないとな………アヒャ」



ともかく、『ウマイヤ朝』の時代に、イスラム教徒の支配する領域は広がりまくったと言える。

アラビアの砂漠に住まう人々は、今や広大な中東地域の支配者となったのである。



59 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 18:32:51.90 ID:x0CD2VAbP

●アラブ帝国とイスラム帝国



しかし、この『ウマイヤ朝』は二つの問題を抱えていた。
一つは正統性の問題であり、もう一つは税金の問題であった。


まずは一つ目の問題から説明しよう。

60 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 18:34:01.00 ID:x0CD2VAbP



         (=゚ω。)ノ  ←





すでにご存知のとおり、ウマイヤ朝は正統カリフの『アリー』が暗殺された結果成立したものである。

そのため国内には、ウマイヤ家のことを認めない勢力も存在していたのだ。

62 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 18:35:24.05 ID:x0CD2VAbP


 从#゚Д从 「は? 何いきなりカリフになっちゃってるわけ?」


 从#゚∀从 「このままだとイスラムの教えがストレスでマッハなんだがぁ?」



このような抵抗勢力は「アリー派」と呼ばれ、アラビア語では「シーア・アリー」と言った。

この「シーア・アリー」は、時代が下るにつれて徐々に主流派と別れていったため、
現代では彼らを『シーア派』と呼び、主流派の『スンナ派』とは宗教的に区別している。




ちなみにこの『シーア派』は、いろいろあった結果ペルシア人によく広まった。
そのため、現在のイランの国教もシーア派の一派である。

63 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 18:37:15.82 ID:x0CD2VAbP

もう一つは税金の問題である。



 (;-∀-) 「うーん、一体どうやって運営資金を調達すればいいんだろーか………」


 (;゚ω゚)ノ 「お、おいらに聞かれても困るょぅ……」




アラブ人はもともと遊牧民である。
そのため彼らは、最初はまともに国家運営ができなかったのだ。

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 18:35:01.49 ID:6gUYt9oL0
やるおに浮気してたのかw

64 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 18:39:10.68 ID:x0CD2VAbP


 (=゚ω゚)ノ 「むー。『クルアーン』には ”異教徒には税金を払わせよ” って書いてあるみたいだょぅ」

   ?
 (*゚∀゚) 「そんなもんなのかー?」


 (;゚ω゚)ノ 「クルアーンの……ほら、ここだょぅ………」


 (*゚∀゚) 「ふむふむー」



歴史を眺めてみると、古代における税金は、どこの地域でも大体2種類に分かれている。


一つは人間にかかる税金。
もう一つは、土地にかかる税金である。

(参照:租庸調、農奴制における賦役など)





>>61
ブーン系ではやりづらい話だったのでやる夫でやったってのもあるんですがねw

65 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 18:40:50.83 ID:x0CD2VAbP


 (*゚∀゚) 「……そんじゃー、とりあえず異教徒から税金を取り立てますかー」


 (*゚∀゚) 「おらおら、税金払えよー!」



 从;'д'从 「ふええ、わかりました~…… わかりましたからぶたないで………」

 ↑ユダヤ教徒



イスラム教徒の勢力が急拡大したときも、同じく二つの税金が生み出された。


人間にかかる税金が『ジズヤ(人頭税)』であり、

土地にかかる税金が『ハラージュ(地租)』であった。



66 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 18:42:12.98 ID:x0CD2VAbP


ところが『ウマイヤ朝』の時代になると、この税金システムに一つの問題が出てくる。




 (*゚∀゚) 「納税! 納税! とっとと納税!!  さばくぞっ!!」



 从# Д从 「許さねえ。絶対ニダ………」




特に一番被害を受けたのが、イスラム教に改宗したペルシア人たちであった。


67 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 18:43:26.17 ID:x0CD2VAbP


 从#゚Д从 「異教徒に税金を払わせる。このシステムはいい………」


 从#-∀从 「でもな? みなさん既におわかりだと思うが―――」




 从#゚∀从 「あたしゃもうイスラムに改宗したんだよ! でもなんで税金はそのままなんだ!?」





『ウマイヤ朝』における税金の問題。

それは、「イスラムに改宗した元異教徒の税金をどうするのか?」というものである。



ここでは図を使って説明しよう。


68 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 18:44:33.18 ID:x0CD2VAbP
       ジズヤ(人頭税)+ハラージュ(地租)
       ______________
      │           │       \
      │           │        \
      │           │          \
      ↓           │           \
                   │            │
                   │            │
                                yソハヘ
      ∧∧             )、         从;>o<从
     (=`ω´)ノ        γノソハヾ        / つつ
   ~(  x)        ,r‐从;+Д从     ≡ (   ノ 
     U U         く  ノ]つとノ     ≡≡@ @ 
┣━━━━━━━━╋━━━━━━━━╋━━━━━━━━┫
┃   『アラブ人』  ┃   『異民族A』      『異民族B』  .┃
┃                ┃                            ┃
┃ (イスラム教徒)  ┃           (異教徒)             ┃




イスラム教徒が征服戦争を始めた頃、他の民族はまだ別の宗教を信仰していた。

「異民族」とはすなわち「異教徒」のことであったので、
税金は「非アラブ人」の「異民族」から徴収するだけでよかったのである。



(ちなみにペルシア人は『ゾロアスター教』を信じていた。ユダヤ教徒はユダヤ教である。)

69 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 18:45:48.36 ID:x0CD2VAbP
        ジズヤ(人頭税)+ハラージュ(地租)
       ______________
      │           │       \
      │           │        \
      │           │          \
      ↓           │           \
                   │            │
                   │            │
                    )、           │
     ∧ ∧.         yソハヾ n           │
     (*゚∀゚)        从Д゚#从          yソハヘ
     .(|  |).        と   |         从'、';从
    ~|   |          | |          / ヽ | ノ
      U U           U^U          と_)Jじ
┣━━━━━━━━╋━━━━━━━━╋━━━━━━━━┫
┃     『アラブ人』       『マワーリー』  ┃  『ズィンミー』  .┃
┃                            ┃                ┃
┃                            ┃                ┃
┃        (イスラム教徒)          ┃    (異教徒)    ┃



ところが『ウマイヤ朝』の時代になると、異民族の中にもイスラム教徒が現れ始める。

このような「アラブ人でないイスラム教徒」は、『マワーリー』と呼ばれていた。



そう、問題はここにあったのだ。

70 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 18:47:04.36 ID:x0CD2VAbP


(*゚∀゚) 「アヒャヒャ、お前らもともと異教徒だったんだから税金払えよなー!」


  从#゚Д从 o0(なぜだ……なぜそもそもこのあたしが土人に支配されねばならんのだ………)



(*゚∀゚) 「え、オレ? あひゃ、何言ってんだお前。オレが払うわけねーだろー!」


  从# Д从 o0(これ仕組んだの絶対忍者だろ……汚いなさすが忍者きたない)








  从#゚∀从 フヒッ

71 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 18:48:42.03 ID:x0CD2VAbP


        *'``・* 。
        |  )、 `*。    ハインちゃんマジーック!
       ,。∩yソハヾ  *
      + 从*゚∀从 *。+゚    営業モードオーン!!
      `*。 ヽ、  つ *゚*
       `・+。*・' ゚⊃ +゚
       ☆   ∪~ 。*゚ パラリラパラリラ
        `・+。*・ ゚



『マワーリー』はイスラム教徒であるから、本来ならば税金を払う必要がない。

しかし、アラブ人は今までの免税特権を手放そうとはせず、
上図のように異民族からばかり税金をとっていたのだ。



同じイスラム教徒のマワーリーからしてみれば、このような不当な差別はたまったものではなかっただろう。


72 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 18:49:53.96 ID:x0CD2VAbP


そして。



 (=´ω`)ノ 「つーちゃん、ひどすぎるょぅ……おいらだってマターリしたかったのに………」


 (=´ω`)ノ 「はぁ………」



 从 >∀从 「そんな貴方に朗報でぇっす!」


73 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 18:51:26.23 ID:x0CD2VAbP


 (;゚ω゚)ノ 「!? ……な、なんだょぅ?」


 从 ゚∀从 「ぃょぅさんはカリフの位をお望みですね? いやはや、これは奇遇ですねえ!」


 (;゚ω゚)ノ 「???」




 从*゚∀从 「今なら我々ペルシア商会が全力で支援させて頂きまぁっす!」


 从*>∀从 「カリフの位は貴方のもの! みんなの視線をひ・と・り・じ・め・! キャッ!」






  (;゚ω゚)ノ o0(うわ、きもぃょぅ………)


74 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 18:52:48.80 ID:x0CD2VAbP

 从 ゚∀从 「どうです? 悪い話じゃないでしょう?」


 (;゚ω゚)ノ 「………ま、まさか反乱のススメかょぅ?」


 从 >∀从 「い・えーっす! さあさあ、ご利用ごりようぅぅぅ!!!」




不満を持った『マワーリー』たちは、ウマイヤ朝打倒をたくらんだ。

彼らは「ウマイヤ家」の対抗部族であった、「アッバース家」を支援し始めたのである。


77 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 18:54:00.70 ID:x0CD2VAbP


そうして………



    ∧∧ ン?
   (*゚∀゚) ~            ∧∧   ィョォォォォ!!
    |  U  ~           ⊂(ω゚;) ≡=-
    |  | ~            ∠ニ0-ヽ~ ≡=-
    U ヽ)                (/ ヽ) ≡=-








     グサッ




 

78 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 18:55:17.94 ID:x0CD2VAbP

          ぃょぅぃょぅ!!
       ∧∧
      ヽ(=^ω^)ノ                       アヒャ……
     ~(O x )                   ::∧∧::
         U                ::~/⌒(;゚∀゚)つ::
                      ((  ::と,,ノ"し'"゛´



ウマイヤ朝は750年に滅ぼされてしまった。

その後には「アッバース家」により、『アッバース朝』が成立することになる。   (年表の四つ目の時代)


79 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 18:57:36.80 ID:x0CD2VAbP

               『ハラージュ』(地租)       『ジズヤ』(人頭税)

                        ↑                   ▲
                        │                        ┃
                        │                        ┃
      ┌────────┼────────┐      ┃
      │                │                │      ┃
      │                │                │      ┃
      │                │                │      ┃
      │             )、             │      ┃
                  .yソハヾ.               │      ┃
      ∧∧        从∀゚ 从          yソハヘ.     ┃
      .(=゚ω゚)ノ        ∽  〉          从-、-;从.━━┛
    ~(  x)         (   |           / ヽ | ノ
       U U          .`Lノ         と_)Jじ
┣━━━━━━━━╋━━━━━━━━╋━━━━━━━━┫
┃     『アラブ人』       『マワーリー』  ┃  『ズィンミー』  .┃
┃                            ┃                ┃
┃                            ┃                ┃
┃        (イスラム教徒)          ┃    (異教徒)    ┃




そして『アッバース朝』になると、税金の徴収方法も改められた。


まずは、>>69の図と比べてみて欲しい。
二つの違いがあることがわかると思う。

80 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 18:58:52.35 ID:x0CD2VAbP


一つ目の違いは、『ハラージュ』の部分である。

ウマイヤ朝の時代には、アラブ人だけが地租を払う必要がなかった。
しかしアッバース朝の時代には、土地を持つ全ての人間が払うことになっている。




二つ目の違いは、『ジズヤ』の部分である。

ウマイヤ朝の時は、『ズィンミー』と『マワーリー』の両方に払う義務があったが、
アッバース朝になってからは、『ズィンミー』だけが払うようになった。




なおこのために、ジズヤは事実上「異教徒の支払う税金」になった。


81 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 19:00:06.88 ID:x0CD2VAbP



   ∧∧
   (=゚ω゚)ノ  「つー訳で、君たち『マワーリー』はジズヤを払わなくてぃぃょぅ」
 ~(  x)
   U U





 *     +    巛 ヽ
            〒 !   +    。     +    。     *     。
      +    。  |  |
   *     )、   / /   イヤッッホォォォオオォオウ!
       .yソハヾ. / /     免税特権きた!  これで勝つる!!
      从∀<从/ /
      ,-     f  +    。     +    。   *     。
      / ュヘ    |
     〈_} )   | *     +    。     +   。 +
        /    !
       ./  ,ヘ  | +    。     +    +     *
 ガタン ||| j  / |  | |||
――――――――――――

82 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 19:01:28.34 ID:x0CD2VAbP

   ∧∧
   (=゚ω゚)ノ   「あ、でも『シーア派』を採用するのは無しね」
 ~(  x)
   U U



            巛 ヽ
            〒 !
                |  |
        )、   / /
       .yソハヾ.  / /    え?
      从∀゚ 从/ /
      ,-     f
      / ュヘ    |
     〈_} )   |
        /    !
       ./  ,ヘ  |
       j  / |  |
――――――――――――

83 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 19:02:57.04 ID:x0CD2VAbP


   ∧∧
   (#゚ω゚)ノ   「逆らうなら粛清しますが何か?」
 ~(  x)
   U U



 .. .: ∬ ::::: ::: :::)、:::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       .yソハヾ. |||.: : : ::: : :: ::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::
  ストン   /:彡ミ 从ー、 . . .: : : :::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::
    ||| / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄








そろそろさるが来そうな予感… ガクブル

85 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 19:04:47.71 ID:x0CD2VAbP


このように見てみると、『アッバース朝』が成立したことによって、
非アラブ人のムスリム(イスラム教徒のこと)への不当な差別がなくなったことがわかると思う。




  このために、『ウマイヤ朝』以前のイスラム教国家を、
  「アラブ人の、アラブ人による、アラブ人のための国家」 ―――すなわち 『アラブ帝国』 と呼ぶ。


  逆に『アッバース朝』以降のイスラム国家は、
  「ムスリムの、ムスリムによる、ムスリムのための国家」であるから、これを 『イスラム帝国』 と呼ぶ。





イスラム史の最初の部分で一番重要なのが、この点だ。

ここ、テストに出るぞー。

86 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 19:05:52.72 ID:x0CD2VAbP

という訳でここまでのまとめ!



  (=^ω^)ノ   ← ウマイヤ朝を滅亡させた『アッバース朝』


  从#゚Д从   ← 美味しいところを全部持ってかれたペルシア人


  (;゚∀゚)   ← 命からがら逃げ出したウマイヤ朝の残党




   _、_
 ( ,_ノ` )y━・~~~

  ('、`*川        ……… and more ?

 lw´‐ _‐ノv




アッバース朝の成立は750年!
さあ、ここから先はどうなる!?

87 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 19:06:52.91 ID:x0CD2VAbP

っと、その前にちょっと紹介を。



・およそ三倍の法則


 ムハンマド時代 ……… 622~632年 (10年間)

 正統カリフ時代 ……… 632~661年 (29年間) ≒30年

  ウマイヤ朝   ……… 661~750年 (89年間) ≒90年

  アッバース朝  ……… 750年~



使い方は、ヒジュラの年を『622年』と覚えておく、あるいはアッバース朝成立が『750年』と覚えておくだけ。

後はそれぞれ10年、30年、90年続いたと覚えるだけでいいと言うくだらない法則。



暗記をしなければいけない受験生はどうぞ。

88 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 19:08:14.97 ID:x0CD2VAbP

┏━━━━━━┓┌─────┐
┃            ┃│.サーマーン朝 │
┃            ┃└─────┘
┃            ┗━━┓┌──────┐
┃                  ┃│ ブワイフ朝. │
┃                  ┃└──────┘
┃                  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ア ッ バ ー ス 朝
┃                  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━
┃                  ┃┏━━━━━━━━━━━━┓
┃                  ┃┃                  ┃
┃                  ┃┃  フ ァ ー テ ィ マ 朝  ┃
┃                  ┃┃                  ┃
┗━━━━━━━━━┛┗━━━━━━━━━━━━┛
┏━━━━━━━━━━┳━━━━┓
┃                    ┃        ┃
┃   後  ウ  マ  イ  ヤ  朝     ┃
┃                    ┃        ┃
┗━━━━━━━━━━┻━━━━┛

────┼────┼─────┼─────┼─────┼─
  8       9      10       11       12





そしてまたもや年表うp。

90 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 19:09:58.95 ID:x0CD2VAbP

●三カリフ時代


さて、以上のように『ウマイヤ朝』は倒れ、『アッバース朝』が成立した。





 (#゚∀゚) 「あひゃッ! やってくれた喃…… やってくれた喃!」



ウマイヤ家の者は皆殺しにされたかと思われたが、
辛うじて生き残った『アブド=アッラフマーン1世』は、スペインに逃げ延びることに成功した。


92 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 19:11:17.10 ID:x0CD2VAbP

       ヾ.
        `ヽ
         │ ミ゚Д゚; 彡     _               / ̄\  ゝ
        .│        __  | └┐            /    ∨ \
 _____ノ    ┌へノ'  ヽ `丶 └┐         ノ         `\
 |           |    ∩ \  \  ``|        |__~ ̄へ___|
 |  (#゚∀゚)  ,,」~``    |´ |   ~\ `\ |  _,~`く
く         |        |_|    ``|  ..ゝ`|  |   | ̄`  (;´・ω・)
 |_   __ノ   _____  ⊂ ̄|し´   L_ノ   |
   レ~´  _、~´       |   `´           ̄`~~~~~ノ    ヾ(^ω^=)
   |ヽ――´~           |            ⊂⊃        ノ
 /´                く__,                   ノ
         マ グ リ ブ       `丶_  / ̄`ヽ~ヽ_  _  ノ
                          `し´         `´ `~´






 (#゚∀゚) 「いつか絶対仕返ししてやるからなー!! 覚えてろよーッ!!」



こうしてウマイヤ朝は、スペインで復活を果たした。
そのためこの国は、『後ウマイヤ朝』と呼ばれている。


93 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 19:12:22.92 ID:x0CD2VAbP

一方、対する『アッバース朝』は快進撃を続けていた。




 (=゚ω゚)ノ 「ふん、あの暴力AAがいなくなってせいせいしたょぅ!」


 (=^ω^)ノ 「そしてこれからはおいらの天下! どんどん新しいことをやっていくょぅ!」




西は『マグリブ』(アフリカ北部)から、東は『西トルキスタン』(カスピ海東岸)に至るまで、

アッバース朝はかつてないほど広大な地域を支配するようになったのである。

99 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 20:00:08.25 ID:x0CD2VAbP


 ( ´_ゝ`) 「ああ、忙しい忙しい」


 (´<_` ) 「こんな時でも商売をやめない俺ら……流石だよな」



 (=゚ω゚)ノ 「貿易も順調みたい。これは期待がもてるょぅ」




アッバース朝の治世の下、イスラム商人は『ダウ船』と呼ばれる船を使い、インド洋を往来した。

あるいはキャラバン(隊商)を組み、再建された『シルク=ロード』を進んでいった。








ごめんさるってた
ちょっとだけ支援お願いします

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 19:10:09.71 ID:Lbm/U4nB0
レコンキスタあたりが好きだから期待

100 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 20:02:04.70 ID:x0CD2VAbP


 (´<_` ) 「険峻な山々を越えた先にある唐国の絹織物と………」


 ( ´_ゝ`) 「南海遥か彼方より仕入れた優秀な奴隷………」




             グッ           グッ
       ∧_∧                 ∧_∧
       ( ´_ゝ`)b              .d(´<_` )



各地の『バザール』では世界各地の様々な商品が取り扱われており………








>>91
残念ながら今日はレコンキスタまで投下できないです… 申し訳ない

102 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 20:04:03.32 ID:x0CD2VAbP

 :::....   /|\||   
     //|'\\.... ...:::.. .......
    |/ ,'|-、 \\
    |/ ,'|-、 \\\
    |/ ,'|-、 \\\|.... ...:::.. .......
    |/ ,'|-、 \\\|:..。..... ...:::.. .......
    |/ ,'|-、 \\\|__|
    |/ ,'|-、 \\\|:...|ヽ .... ...:::.. .......
    |/ ,'|-、 \\\|::::| |::..... 
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\、'\\|;;:.|_,,|___   
 | □□ □□ | |\, \|;;::....     |\
 | □□ □□ | |  | ̄ ̄ ̄ ̄|\;: . |  |
 | □□ □□ | |  |□□□□|  |::...|  |;;:
 | □□ □□ | |  |□□□□|  |::...|  |:;:./
 | □□ □□ | |  |□□□□|  |::...|  /
 | □□ □□ |.._|__,,|□□□□|  |::...|/  
,,| ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄\≡\,□□□|/ ,/


   バグダードの街並み(嘘)



帝国の新しい首都『バグダード』は、世界最大の規模を誇ったという。

名君『ハールーン=アッラシード』の治める時、アッバース朝は最盛期を迎えたのであった。

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 19:44:34.68 ID:bjyRpDbQO
実は自分、>>1の作品が大好きだったんだ
また書いてくれてすごく嬉しい

104 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 20:06:22.98 ID:x0CD2VAbP

しかし、10世紀初頭あたりから雲行きが怪しくなってくる。



 lw´‐ _‐ノv 「いいぜ………」


 从#゚∀从 「お前だけがいつまでも居座るってんなら………」

   _、_
 ( ,_ノ` )  「………まずはそのふざけた幻想をぶち壊してやろう」



まずは>>88の年表をご覧ください。
ここからは一つずつ説明していこう。









>>98
うれしいこと言ってくれるじゃないの
何年かかっても絶対に通史は終わらせるから待っててね

105 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 20:08:23.74 ID:x0CD2VAbP

帝国崩壊の予兆は、すでに9世紀末に現れていた。



      .____________
      |                 |
      |  待遇改善・賃age要求  |
      |____________|
            ∧_,,,| |
             (#゚;;-| |  ポワポワ ウフフ
               |;; ;つ.|
              ~;; ;; | |
             ,,(/ U

      『 ザ ン ジ ュ の 乱 』



帝国のお膝元「メソポタミア」では、虐げられていた黒人奴隷が反乱を起こした。
当時のカリフはこれの鎮圧に手間取り、反乱は実に10年以上も続いたのであった。

106 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 20:10:54.76 ID:x0CD2VAbP

    |┃≡
    |┃≡
 ガラッ.|┃
    |┃ ̄ ̄ヽ   話は聞かせてもらった!
    |┃ソwvw″    私は独立する!
______.|┃´‐ _‐ノv
    | と_ゝh_||
    |┃/_| ||ゞ
______.|┃vし'jv


また、東の奥地では『サーマーン朝』が事実上の独立を達成した。
この王朝は、中央アジアでは初のイスラム王朝であった。





カリフはこういった混乱を収拾することに失敗してしまった。

そのために『アッバース朝』は、対立勢力からどんどんバカにされていったのである。


107 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 20:13:17.05 ID:x0CD2VAbP

そして10世紀に入り、致命的な事件が起こった。


             _、_
          ( ,_ノ` )
          r      ヽ.
       __/  ┃)) __i | キュッキュッ
      / /ヽ,,⌒)___(,,ノ\



            _、_
          ( ,_ノ` )
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  トン トン
       _(,,) の ば ら  (,,)
      / |         |\

    『 フ ァ ー テ ィ マ 朝 』








最悪総合にでも支援をお願いしようかと思ってたけど、
なんか今は落ちてるみたいだなあ
ブーン系はどうしちゃったんだ?

109 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 20:15:24.55 ID:x0CD2VAbP

   _、_
 ( ,_ノ` ) 「スンナ派の野良犬どもめ、成敗してくれよう」





 (=゚ω゚)ノ




 (=゚ω゚)ノ ・・・・・




 (;゚'ω゚')ノ 「きさまら はんらんぐんだな!」



北アフリカで『ファーティマ朝』が反乱を起こし、最後にはエジプトを占領してしまったのだ。


110 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 20:17:42.23 ID:x0CD2VAbP

また、ファーティマ朝は『シーア派』の王朝であったので、
『スンナ派』のアッバース朝のことを非常にディスっていた。

そのため『ファーティマ朝』の君主は勝手にカリフを名乗り始めてしまうのだが………



   _、_
 ( ,_ノ` ) 「俺がカリフだ」


 (*゚∀゚) 「オレもガンダムだ」


 (#゚ω゚)ノ 「なな、何ふざけたこと言ってるんだょぅ!! 本物のカリフはこのおいらだょぅ!!!!」


それが『後ウマイヤ朝』の君主にも影響を与え、カリフが3人も乱立する事態に進展したのである。









10回レスするとさるが復活するんだっけ……
投下が止まったら規制されてるもんだと思ってください

112 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 20:20:53.53 ID:x0CD2VAbP
       ヾ.
        `ヽ
    カリフ │           _               / ̄\  ゝ
     ↓  .│        __  | └┐            /    ∨ \
 _____ノ    ┌へノ'  ヽ `丶 └┐         ノ         `\
 |           |    ∩ \  \  ``|        |__~ ̄へ___|
 |  (*゚∀゚)  ,,」~``    |´ |   ~\ `\ |  _,~`く
く         |        |_|    ``|  ..ゝ`|  |   | ̄`
 |_   __ノ   _____  ⊂ ̄|し´   L_ノ   |                        从 ∀:::从
   レ~´  _、~´       |   `´           ̄`~~~~~ノ    ヽ(゚ω゚#)ノ
   |ヽ――´~           |            ⊂⊃        ノ       ↑
 /´                く__,                   ノ       カリフ
         マ グ リ ブ       `丶_  / ̄`ヽ~ヽ_  _  ノ
                          `し´         `´ `~´
                                    _、_
                                  ( ,_ノ` )

                                    ↑
                                   カリフ

この状態を、『三カリフ時代』と呼んだりしている。

ちなみにアッバース朝と後ウマイヤ朝は『スンナ派』で、ファーティマ朝だけが『シーア派』だ。






さて、連投規制くらうかな

121 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 21:00:52.92 ID:x0CD2VAbP

カリフが3人も乱立したことで、もはやアッバース朝の威厳はないも同然である。


   _、_
 ( ,_ノ` )  ニヤニヤ

 (*゚∀゚)  ニヤニヤ



 (#゚ω゚)ノ 「くそ……誰か! 誰かおらぬか!!」



アッバース朝はなんとかして鎮圧軍を送ろうとするが………








支援ありがとうございます!
総合ってシベリアに避難してたんだね。全然知らなかったよー。

122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 21:01:04.47 ID:W7C2zRa40
さる発生についての詳しい情報が知りたいものです

126 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 21:03:07.60 ID:x0CD2VAbP

 从 ゚∀从 「はいここで俺ー」


 (#゚ω゚)ノ 「敵襲だょぅ! さっさと倒しに行って来――」


 从 ゚∀从 「あ、俺、俺」


 (=゚ω゚)ノ 「え?」



 从 ゚∀从 「え?じゃなくて、俺」








>>122
連投しすぎると規制されるんだったかな。
00分になると一旦解除されて、10レスだけ投下できるんだ。

129 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 21:06:03.07 ID:x0CD2VAbP


 (=゚ω゚)ノ 「何が?」


 从 ゚∀从 「次の主役が」


 (;゚ω゚)ノ 「は?」


 从 ゚∀从 「は?じゃなくて」




 (;゚ω゚)ノ 「………また盛大に爆死してくれるものかと」


 从 ゚∀从 「はっはっは 殺すぞ」



133 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 21:08:48.85 ID:x0CD2VAbP


                 )、
           (⌒\  yソノハヾ   あたしゃ負け犬じゃねえええええ!!!!11
           \ヽヽ从#゚Д从
            (mJ     ⌒\
             ノ ∩  / /
             (  | | ∧∧
         /\丿 | (゚   ;)     ぃ゙ょ゙ぉぉぉぉぉぉ
         (___へ_ノ ゝ _ノ



アッバース朝の弱体化に乗じて、イラン系の民族が『ブワイフ朝』を建国。

彼らはアッバース朝の首都『バグダード』に乗り込んで、その地位をカリフに認めさせたのであった。


この事件により、アッバース朝のカリフは政治的な権力を失ってしまう。









やっぱり規制が激しいのかしらん。
俺もp2がなかったら駄目っぽいし。

134 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 21:10:46.83 ID:x0CD2VAbP


 ((;;;)ω。)ノ 「ぃ……ぃょ………」


 从 ゚∀从 「地位と権力にしがみついた結果がこれ一足早く言うべきだったな?
        お前調子ぶっこき過ぎてた結果だよ?」





ところが。


謙虚なペルシア人であった『ブワイフ朝』は、アッバース朝を滅ぼさなかった。
彼らはカリフの権威を利用し、『大アミール』と名乗って国を支配したのである。



わかりやすく言えば、

アッバース朝のカリフ = 天皇
大アミール = 将軍

というような感じになったのだ。

135 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 21:13:26.33 ID:x0CD2VAbP

       ヾ.
        `ヽ
         │           _               / ̄\  ゝ                  ('、`*川  ←!
        .│        __  | └┐            /    ∨ \
 _____ノ    ┌へノ'  ヽ `丶 └┐         ノ         `\
 |           |    ∩ \  \  ``|        |__~ ̄へ___|
 |  (*゚∀゚)  ,,」~``    |´ |   ~\ `\ |  _,~`く
く 後ウマイヤ朝 |        |_|    ``|  ..ゝ`|  |   | ̄`
 |_   __ノ   _____  ⊂ ̄|し´   L_ノ   |                     ヾ从∀゚#从
   レ~´  _、~´       |   `´           ̄`~~~~~ノ       彡    ブワイフ朝
   |ヽ――´~           |            ⊂⊃        ノ   (゚ω。=)
 /´                く__,                   ノ   アッバース朝
         マ グ リ ブ       `丶_  / ̄`ヽ~ヽ_  _  ノ
                          `し´         `´ `~´
                                    _、_
                                  ( ,_ノ` )
                                  ファーティマ朝



このように見てみると、10世紀にはアッバース朝の覇権が崩れたことがわかるだろう。
カリフが3人も乱立した中で、イスラム世界は徐々に分裂し始めていたのだ。


そんな中、新たな勢力がイスラム世界に殴りこんでくることになる。

138 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 21:15:27.36 ID:x0CD2VAbP

┌──────┐┌─────┐
│            ││.サーマーン朝 │    ┏━━━━━━━……
│            │└─────┘    ┗━┓
│            └──┐┌──────┐┃セルジューク朝
│                  ││ ブワイフ朝 .│┃
│                  │└──────┘┗━━━━━……
│                  └───────────────────┐
│ア ッ バ ー ス 朝                                │
│                  ┌───────────────────┘
│                  │┌────────────┐┏━━┓┏━━━━
│                  ││                  │┃アイ .┃┃
│                  ││  フ ァ ー テ ィ マ 朝  │┃ユーブ┃┃マムルーク朝
│                  ││                  │┃朝  ┃┃
└─────────┘└────────────┘┗━━┛┗━━━━
┌──────────┬────┐
│                    │        │
│   後  ウ  マ  イ  ヤ  朝     │
│                    │        │
└──────────┴────┘

────┼────┼─────┼─────┼─────┼─────┼─
  8       9      10       11       12       13



どんどん年表が見づらくなっていきます。ごめんね。

とりあえず太線のところに注目してください。

139 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 21:17:37.68 ID:x0CD2VAbP

●遊牧民とマムルーク



まず、『マムルーク』という言葉について説明したい。



『マムルーク』とは白人奴隷のことを指す言葉である。
特にトルコ系やモンゴル系の、遊牧民出身だった奴隷を指して言うことが多い。


ところが、ここでいう「奴隷」とは、主人に殴られながら農作業をこなす人間のことではない。

マムルークは弓馬に秀でていたため、エリート軍人として扱われていた。
そしてある程度出世をすると、彼らは奴隷身分から解放され、司令官になる場合もあった。




すなわち、『マムルーク』になることは、イスラム世界における出世街道の一つであった。


141 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 21:20:55.18 ID:x0CD2VAbP

ローマの時にも少し説明をしたが、歴史の世界には様々な「奴隷」が存在する。

その中にはアメリカにおけるいわゆる「奴隷」もあるし、
古代ローマにおける家庭教師も、広い意味での「奴隷」である。



歴史を学ぶってことは、そういった些細な、けれども大切な違いに気が付かせてくれる。



もしこのスレの中で興味を持った部分があったら、どんどん自分で調べてみてほしい。
Wikipediaでも教科書でもなんでもいい。まんが世界の歴史なんかオススメだ。


おまえらも少しは勉強しなよw







まあ御託は置いといて。



(n´・ω・)η <そろそろあのAAが出てくるよー

144 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 21:22:58.24 ID:x0CD2VAbP


           )、  オラオラ
         yソノハヾ
        从∀゚#从  < 調子に乗ってるからこうやって痛い目に遭う
       ((⊂  と
         (⌒  /
      ∧(_)ゝノ
    ⊂(;ω;=)つ_)っ

   ぃ、ぃょっ!



11世紀、相変わらず『ブワイフ朝』はアッバース朝のカリフを支配下においていた。

しかしその軍事力はペルシア人ではなく、中央アジアから入手したトルコ系の『マムルーク』に依存していた。

145 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 21:25:04.42 ID:x0CD2VAbP

軍隊の主力を異民族が担っていることは、非常に危険なことでもある。

『ブワイフ朝』もその例外とはならず、徐々に弱体化してしまった。
ちょうど税金の徴収方法が改められたことも、一つの原因であった。





                        待ちなよ >

           )、
         yソノハヾ  < ん?
        从 ゚∀从
         ⊂  と
         (⌒  /
      ∧(_)ゝノ
    ⊂(=;ω;)つ_)っ

     ぃょ?



そんな中………


147 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 21:28:47.64 ID:x0CD2VAbP


        わ た し で す

            ィハヘヽ
           ('、`*川
          (( ( つ ヽ、
            〉 とノ ) ))
           (__ノ^(_)


     『 セ ル ジ ュ ー ク 朝 』




そこに現れたのが、トルコ系の『セルジューク朝』である。








さて、またさるか…… めんどくさいなあ

152 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 21:32:02.16 ID:x0CD2VAbP

 ヘブッ                  とりゃ

  从゙ε(◆  ≡≡==--    ⊂('、`*川




 ('、`*川 「あんたが主役だなんて1000年早いわ!」


 从゙ε(◆ 「お……おい、やめろ馬鹿………」






 ('、`*川 「はあ。まったく、これだからペルシア人はうざいね。
       いつまでも自分が一番だと思い込んでいる。いい加減学習してほしいもんだわ」


 (=;ω;)ノ ・・・・・


155 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 21:34:34.91 ID:x0CD2VAbP
 (=;ω;)ノ 「助けに来てくれたのかょぅ?」


 ('、`*川 「ん…… ああ、まだいたの?
       誰があんたみたいなのを助けに来るのよ。次の主役は私なんだから」


 (=;ω;)ノ 「ですよねー」




 ('、`*川 「それよりあんた、私にも何か称号を寄越しなさい。
       大アミールみたいな陳腐なものじゃなくて、もっとかっこいいやつをね」

 (=;ω;)ノ 「うぅ………」


こうして『セルジューク朝』は、バグダードにたむろしていたブワイフ朝を追い出すことに成功した。

ちなみにこの時、初代君主の『トゥグリル=ベク』は、
アッバース朝のカリフより『スルタン』という称号を授けられている。






みんなすまぬ……
支援ありがとう……

160 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 21:36:34.22 ID:x0CD2VAbP




                          ━━━━Oィハヘヽ━━━━ロニニ>
                              ∧,,∧('、`*川
            ぎゃああああ         /ο ・ )Oニ)<;;>
                             /   ノ lミliii|(ヾゝ
     ∧_∧  ≡===---           (o_o,イ__ヽ´|(__) ノ~⌒)彡   ┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨
    (ili´;ω;) ≡===---               ノllllllllヽ| | ̄ノl ノ
    と  と ) ≡===---              / /~ヽ ノ'''''''~ヽヽ\ヽ_
     Y   人 ≡≡=====----          ヽニフ|_|   (_/  ヽノ
     (__) `J ≡≡≡=====-              (_ヽ---



その後セルジューク朝は、さらに西へ進んで、ついには『ビザンツ帝国』とも戦った。

この戦いのことを『マンジケルトの戦い』といい、
セルジューク朝は大いにビザンツ帝国を打ち破ったとか。



この結果ビザンツ帝国は『十字軍』の介入を求めるようになるが―――その経緯は『やる夫でキリスト教史』を読んでね。

162 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 21:38:12.67 ID:x0CD2VAbP

しかしその後、『セルジューク朝』はすぐに崩壊してしまった。

彼らはもともと遊牧民であったために、統一した政府を維持することが苦手だったようだ。




 从*゚∀从 「ざまあああああああああああああwwwwwwwwwwwww
        出てきた瞬間ささっと崩壊wwwwwwwwメシウマwwwwwwwwwwwwww」



 ('、`;川  「くぅ…… 反論できない………」



12世紀に入ると、セルジューク朝は完全にバラバラになってしまった。

結局最後に残ったのは、分裂したいくつかの地方政権と、大挙して押し寄せる『十字軍』だけであった。


161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 21:37:02.05 ID:WBAQGKsu0
ところでいまさらなんだけど偶像崇拝禁止によりムハンマドも描いちゃダメになるの?
ムハンマドは預言者であって神ではないはずだから不思議
アッラーに関してだけじゃないのか…

165 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 21:42:15.57 ID:x0CD2VAbP

やべー、まとめ辛杉ワロエナイ


('、`*川 ←こいつのキャラ設定もわからんし駄目だなー



とりあえず、ここから一旦エジプトに飛びます。










>>161
ムハンマドはカーバ神殿の偶像を全部破壊させたくらいだし、
自身が偶像として崇拝されるのを嫌ったんじゃないかなー。
詳しくはわからないお。

168 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 21:44:32.86 ID:x0CD2VAbP

さて、次は『ファーティマ朝』のその後を見てみよう。




   _、_
 ( ;,_ノ` )y━・~~~ 「もはやこれまでか………」




        ギャアギャア

   (#゚;;0゚)   (・∀ ・)   ('、`*川



末期のファーティマ朝は、
各地から集められた『マムルーク』が派閥を作ってしまい、大混乱に陥っていた。

ファーティマ朝のカリフは既に実権を失っており、軍人が支配権を巡って争っている有様であった。


169 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 21:46:28.61 ID:x0CD2VAbP




     -=≡   /⌒ヽ   ∧,,∧    ≡       _  ∩
    -=≡   ( ^ω^)  ミ,,゚Д゚彡    ≡   ( ゚∀゚)彡 < おっぱい!
   -=≡    ⊂  ⊂   ⊂" ⊂    ≡   ⊂  ⊂彡  < おっぱい!
    -=≡   ( ⌒)    ミ ⌒)    ≡     ( ⌒)
     -=≡  c し'     c し'      ≡   c し'



しかも、地中海沿岸には『十字軍』が襲来しており、イスラム教徒を虐殺するなど好き放題やっていた。

末期のファーティマ朝には、十字軍を追い返す余力すらなかったのだ。



170 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 21:48:17.71 ID:x0CD2VAbP

世はまさに世紀末状態である。




   _
 ( *゚∀゚) 「ぐへへ……エルサレムにはいいおっぱいが転がっているそうじゃないか………」


 ミ,,^Д^彡 「ヒャッハーッ! 十字軍サマがお通りになるぞ!」


 ( ^ω^) 「道を空けろ~~ッ!!!」




残虐な十字軍は、イスラム教徒には容赦がなかった。


171 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 21:49:55.76 ID:x0CD2VAbP


 ??? 「待て!!」




 (#^ω^) 「ああん?」




だが! そこに一人の武人が現れた!


174 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 21:51:51.69 ID:x0CD2VAbP


 ν(・ω・ν) 「市民を殺害するなど言語道断……… 正々堂々と勝負せよ!」




彼の名は『サラーフ=アッディーン』。

ヨーロッパ風に呼べばサラディンである。


176 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 21:54:07.92 ID:x0CD2VAbP

 ミ#゚Д゚彡 「はぁぁあん? てめえも消毒されてえのか!!」


 (#^ω^) 「邪魔をするヤツは生かしちゃおかんお!」

   _
 (#゚∀゚) 「汚物は消毒だ~!!」




 ν(・ω・ν) 「ふん、お前らが一番邪魔なんだ」




サラディンは腐りきっていたファーティマ朝を乗っ取り、新たに『アイユーブ朝』を建国した。

彼は混乱していたエジプトをまとめあげ、ついに『十字軍』への抵抗を試みたのである。


178 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 21:55:32.97 ID:x0CD2VAbP

…………で。








     _
   :(;゚Д゚)゚ω゚;).            ヘ(・ω・ )
   :(´`つ⊂´):..               ヽν |
   :と_ ))(_ つ:               < <




こうなりましたw



179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 21:56:49.08 ID:WBAQGKsu0
すごく…ねそうです…
それでもなお支援

183 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 22:00:15.55 ID:x0CD2VAbP
  _
( ;゚∀゚) 「ごっごごごごmごめんなっささしいいいいいいい」



      ν(・ω・ν) 「あれほどの殺戮を繰り返した集団がこの程度か………」




(((( ;^ω^))) 「や、やめるお! 僕らを殺したら本国の人間が黙ってないお!」



      ν(・ω・ν) 「フン、貴様らには殺す価値すらないわ」





 ミ;゚Д゚彡 「へ?」






>>179
わしのメモ帳にはあと70レスまであるぞ!

181 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 21:58:12.48 ID:W7C2zRa40
いかんそろそろおれも限界だ すまん

185 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 22:02:27.02 ID:x0CD2VAbP

      ν(・ω・ν) 「身代金だけ置いてさっさと帰るがいい」



(((( ;゚ω゚))) 「わ、わわ……」




         ギロリ

      ν(・ω・ν) 「さもなくば………あとはわかるな?」


  _
( ;゚ω゚) 「ヒッ!」







>>181
支援ありがとうございました。
本当に助かったよ……

187 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 22:04:10.44 ID:x0CD2VAbP

                  ひぃぃぃ 助けてくれー
          _
     (゚∀゚; ) ≡=-
                     ミ;゚Д゚彡 ≡=-

            (^ω^; ) ≡=-




  ・・・・・

  ・・・

  ・




 ν(・ω・ν) 「さて、これでひとまずは安心か………」


188 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 22:05:46.70 ID:x0CD2VAbP

サラディンは十字軍を追い返すことに成功した。
彼は捕虜を虐殺することを好まず、身代金と引き換えに解放してやった。


また彼は、その後再び十字軍が攻め込んできたときに、
敵の司令官が病で倒れたという話を聞きつけ、逆に見舞い品を贈ったという。



このように、サラディンは異教徒に対しても非常に寛大な人物であった。
そのため彼は敵味方の区別なく人々に愛され、後世まで語り継がれている。

だから今でも、彼はヨーロッパ風の名前である『サラディン』と呼ばれているのである。




サラーフ=アッディーンに関するちょっといい話でした。

191 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 22:08:04.62 ID:x0CD2VAbP

しかし『アイユーブ朝』は、サラディンのカリスマによって
まとまった国であったために、彼が死んでしまうと国内は乱れ始めた。


再びエジプトでは『マムルーク』の派閥争いが発生し、
結局はマムルークによって新たな国が建設されたのであった。





   _、_
 ( ;,_ノ` )y━・~~~ 「さてと……」


      カンカン ガクガク

   (#゚;;0゚)   (・∀ ・)   ('、`*川



こうして成立したのが『マムルーク朝』である。


192 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 22:10:09.87 ID:x0CD2VAbP

『マムルーク朝』が成立したのは13世紀半ば。




     ぃょぅぅぅーーーーーーーーーーーー!!!   >



   _、_
 ( ;,_ノ` ) !?




だから、ヤツらは突然やってきた。

続きは少し待っててね。


194 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 22:12:01.50 ID:x0CD2VAbP
                    ┃
                    ┗━┓ ガ ズ ナ 朝
┌──────┐┌─────┐┃┏━━━━━━━━……
│            ││.サーマーン朝 │┗┛┌───────……
│            │└─────┘    └─┐
│            └──┐┌──────┐│セルジューク朝
│                  ││ ブワイフ朝 .││
│                  │└──────┘└─────……
│                  └───────────────────┐
│ア ッ バ ー ス 朝                                │
│                  ┌───────────────────┘
│                  │┌────────────┐┌──┐┌────
│                  ││                  ││アイ .││
│                  ││  フ ァ ー テ ィ マ 朝  ││ユーブ││マムルーク朝
│                  ││                  ││朝  ││
└─────────┘└────────────┘└──┘└────
┌──────────┬────┐  ┏━━━━┓ ┏━━━━━┓
│                    │        │  ┃        ┃ ┃          ┃
│   後  ウ  マ  イ  ヤ  朝     │  ┃ムラービト朝┃.┃ムワッヒド朝┃
│                    │        │  ┃        ┃ ┃          ┃
└──────────┴────┘  ┗━━━━┛ ┗━━━━━┛

────┼────┼─────┼─────┼─────┼─────┼─
  8       9      10       11       12       13



太線のやつが次にやるところだよー

195 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 22:13:51.56 ID:x0CD2VAbP

      │ アフガニスタン       インド
───┼─────────────────
      │ ┏━━━━┓
  11C │ ┃ガズナ朝.┠───→  侵入
      │ ┗━━━━┛
───┼─────────────────
      │ ┏━━━━┓      ┌────┐
  12C │ ┃ゴール朝.┠───┤支配下に│
      │ ┗━━━━┛      └────┘
───┼─────────────────
      │              ┏━━━━━┓
  13C │              ┃ 奴隷王朝 ┃ ← 『デリー・スルタン朝』始まる
      │              ┗━━━━━┛
───┼─────────────────



ついでにこいつもうp




一応今日の終着点はティムール朝の崩壊です。
ということはまだまだ先だということですね。

197 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 22:15:37.08 ID:x0CD2VAbP

●イスラム圏の再拡大


次の主役はこの子です。




 ノハ#゚⊿゚) 「あたしだぁぁぁぁ!!」



まずはインドのイスラム化から。



199 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 22:17:20.17 ID:x0CD2VAbP

時は10世紀まで遡る。

10世紀といえば、『アッバース朝』のカリフがボコボコにされていた時期だ。
忘れていた方は>>104あたりを見て思い出して欲しい。




そう、アッバース朝が弱体化して、各地に独立政権が乱立した時代である。




 ノハ >⊿<) 「うちも独立するぞぉぉぉぉ!!!!」



そんな独立ラッシュの中で現在のアフガニスタンあたりに登場したのが、『ガズナ朝』であった。

203 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 22:26:11.62 ID:x0CD2VAbP


 ノパ⊿゚) 「独立したのはいいけれど………」





      从*゚∀从 「ヒャッハアアアア! 次は耳だあああああ!!!」  ← ブワイフ朝


      lw´‐ _‐ノv  「大ありなごやは………米でもつ」  ← サーマーン朝~カラ=ハン朝




 ノパ⊿゚) ・・・・・・









OK、さるゲット

207 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 22:28:32.37 ID:x0CD2VAbP



 ノハ;゚⊿゚) 「いったい何をすればいいんだ!?」




この『ガズナ朝』は、西アジアの歴史の中よりも、インドの歴史の中で語られることが多い。

それは何故かというと………


208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 22:29:12.53 ID:5KHbw/2s0
しえん
猿さんに好かれてるな

209 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 22:30:08.09 ID:x0CD2VAbP


   ....川 ゚ -゚)     ← インド人



 ノパ⊿゚) 「ふおおお、ふと見ると異教徒が! これはイスラム教を布教しなければ!!」


 ノハ#゚⊿゚) 「うおおおおおお、そこのあんた!!!!」





 川 ゚ -゚) 「む、なんだ?」


211 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 22:32:06.58 ID:x0CD2VAbP


 ノハ*゚⊿゚) 「唯一神アッラー!!」


 川 ゚ -゚) 「は?」



 ノハ*>⊿<) 「預言者のムハンマドが! メッカで礼拝で!! それから……」


 川 ゚ -゚) 「お前は何を言ってるんだ」








>>208
最初の連投がきつかったからかなあ


やはり10レス以上投下するとさるになるのが笑えるww

214 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 22:34:09.02 ID:x0CD2VAbP


 ノハ;゚⊿゚) 「えっと、五行と六信が……」


 川 ゚ -゚) 「ふん、くだらんな。そんなことに囚われているようでは解脱できんぞ」



 ノハ;゚⊿゚) 「ぅ……」




 川 ゚ ー゚) 「あまり俗世のことに惑わされぬことだ。そうすれば涅槃の境地に入ることができる」


 ノハT⊿゚) 「うぅぅ……」


215 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 22:36:01.15 ID:x0CD2VAbP



 川 ゚ -゚) 「だからもっと修行を積んで悟りを開きたま――」



==二三 ノハ;⊿;)つ 「うおおおおお!! もっと熱くなれよぉぉぉぉぉ!!!!!」



 川;゚ -゚) 「ちょ」





こうして(?)、『ガズナ朝』はインドの攻略に活路を見出したのであった。

それゆえガズナ朝はインドの歴史で重要になってくるのである。

217 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 22:37:49.19 ID:x0CD2VAbP

そして、ガズナ朝の後を継いだ『ゴール朝』も、





 ノハ;⊿;) 「君がッ! 改宗するまでッ!! 攻撃するのを止めないッッ!!!」



 川;゚ -゚) 「ま、待て。こっちに来るな」



本格的にインドへ侵入し支配地を広げていった。


219 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 22:39:31.41 ID:x0CD2VAbP

その結果………




 ノハ#゚⊿゚) 「震えるぞハート! 燃え尽きるほどヒートぉぉぉ!! アッラーーーーフッ、アクバァァァァァルッッ!!!」


 川;- o-) 「勘弁してくれ………」



『奴隷王朝』の時代になって、イスラム教は完全にインドに根付いてしまった。
インドにおける、『ヒンドゥー教』と『イスラム教』の対立が始まった瞬間であった。



221 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 22:41:41.19 ID:x0CD2VAbP



  ・・・・・

  ・・・

  ・


さて、次はイベリア半島のその後を見てみよう。





 (*゚∀゚) 「あっひゃっひゃ、オレだぞー」


 (;゚Д゚) 「くそ、出て行けゴルァ!!」  ←スペインのご先祖

                                             シィィィッ!! マターリ パーンチ!!! >


この地域は、あの『後ウマイヤ朝』がいたところだ。
覚えてない人は>>92あたりを参照してね。

222 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 22:43:35.72 ID:x0CD2VAbP

だが、11世紀にもなると、さしもの『後ウマイヤ朝』も滅亡してしまう。
後を継いだのは、アフリカからやって来たベルベル人たちであった。




 (*゚∀゚) 「でもあとちょっとだけ続くんじゃ」


 (#゚Д゚) 「逝ってよし! 続くなゴルァ!!」

                                              ハニャーンキーック!!! >


彼らは始め『ムラービト朝』を建てて、モロッコとイベリア半島を支配した。

ムラービト朝の後は『ムワッヒド朝』がこれを支配した。

225 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 22:46:03.36 ID:x0CD2VAbP

しかしここで注目したいのは、むしろアフリカの方である。
『ムラービト朝』は、サハラ砂漠を越えてアフリカの中部に進出したことで有名なのだ。




 (#゚;;-゚) サキン ホルヨ イパーイ ホルヨ




 (*゚∀゚) 「アタシらよりも豊かな生活を送るなんてふてえ奴だ………」


229 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 22:49:06.66 ID:x0CD2VAbP


      ∧∧  アヒャヒャ イイキミダナ!
     (*゚∀゚)
     ∪  |                 アゥゥ…
    ~(  |         (,.、、,. ,,,_∧
      U"U         と;; ;;;;つ#゙;;-゙)つ




当時の西アフリカは、金が取れたためにそれなりに豊かな地域だったそうだ。

そのため『ムラービト朝』は、貿易を独占していた『ガーナ王国』を攻撃しこれを征服した。

230 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 22:51:03.31 ID:x0CD2VAbP

そうしてその後、この地域ではイスラム教が広まった。




       ∧_,,, ジュンレイ スルヨ
      (#゚;;-゚)
      ノ;;つつ          ____
  ((( ~(;; ;;;ノ            | メッカ→|
      (/"U             ̄ ̄|| ̄
                       ^^
  『マンサ=ムーサ』



ムラービト朝が侵入した後は『マリ王国』とか『ソンガイ王国』といった国が栄え、
時には本当にメッカへ巡礼をしようとする国王も現れるほど繁栄していたとか。





まあ、アフリカが「暗黒大陸」ってのは白人の偏見だわなー。

232 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 22:52:58.89 ID:x0CD2VAbP

このように見ると、11世紀からそれ以降にかけて、
イスラム教の世界は拡大していったということがわかる。

インド亜大陸やサハラ砂漠以南のアフリカ、
果ては東南アジアにまで、イスラム教は広まっていったのだ。




しかしイスラム教と言えば、厳しい戒律やわかりづらい教義など、
なんとなく庶民ウケはしないイメージが強いだろう。

特にイスラム教は、『ウラマー』と呼ばれる学者が理論的に教義を固めていったので、一般人には非常にわかりづらかった。






では、どうしてこんな難しい宗教が世界中に広まっていったのだろうか?


236 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 23:00:14.71 ID:x0CD2VAbP

理由は二つある。

一つは、イスラム商人の存在だ。




       ∧_∧
      (    )  < この宗教は貿易に使えるもn……使えますね
      ( O   )
      │ │ │
      (__ (__)


当時のインド洋はイスラム商人が支配していたが、
彼らと円滑に取引をするために、イスラム教に改宗しようと考える人々もそれなりにいたのだ。

インド洋の周辺部にイスラム教徒が多いのは、実はこの影響だったりする。

238 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 23:02:09.24 ID:x0CD2VAbP

そしてもう一つの理由は、庶民にもわかりやすい『スーフィズム』が発展したことである。

この『スーフィズム』は、『スーフィー』と呼ばれる人々によって広められた。





   /■\   /■\   /■\
  ( ´∀`)  ( ´∀`)  ( ´∀`)
 ⊂    つ⊂    つ⊂    つ
  .人  Y   人  Y   人  Y
  し'(_)   し'(_)   し'(_)


    『スーフィー』の皆さん






ここでさるとはめんどくさい
今日中に終わるかなあ……

241 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 23:04:09.49 ID:x0CD2VAbP
『スーフィズム』とはぶっちゃけて言えば、


 「一心不乱に踊り続ければアッラーに近づけるんじゃね?wwwwwうはwwwwwwww」


こんな思想である。





        アッラーワッショイ!!
     \\  アッラーワッショイ!! //
 +   + \\ アッラーワッショイ!!/+
                            +
.   +   /■\  /■\  /■\  +
      ( ´∀`∩(´∀`∩)(  ´∀`)
 +  (( (つ   ノ(つ  丿 (つ  つ ))  +
       ヽ  ( ノ ( ヽノ   ) ) )
       (_)し' し(_)  (_)_)


         『スーフィー』の踊り


243 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 23:05:47.79 ID:x0CD2VAbP
                 | |   ア
                 | |         ッ
                 | | ワ  ッ        ラ
         +       +  /■\  シ  ョ       ー +
            +      ( ´∀`∩ ./■\  ッ  イ
                (( (つ   ノ(´∀`∩)./■\ !!.//
              +     ヽ  ( ノ(つ  丿(. ´∀`)  // +
                   (_)し' ( ヽノ  (つ  つ ))       +
           | |   ワ ッ       し(_) + ) ) )
           | | ワ ッ   シ ョ       (_)_)    +
  +        (( /■\   シ ョ  ッ イ
.        (( /■\ ∩/■\  ッ イ  !!
      + (( /■\ ∩/■\ .)/■\!!//
.+     (( /■\ ∩/■\ .)/■\ .)つ ))  +
    (( /■\ ∩/■\ .)/■\ .)つ ))
 +  (( (    ∩/■\ .)/■\ .)つ ))  +
.  (( (    ノ(    .)/■\ .)つ ))      +
     ヽ .  )(    丿(     )つ ))      +
.     し'(_) (  .ノ_)(    つ ))  +
.          し(_)   .)  ) )_)
.               (_(_)         +



踊るだけで神様に会えるのだから、一般人にも非常にわかりやすかったのであろう。
そのため11世紀以降、イスラム教は庶民にも受け入れられていった。



「それって単にラリってるだけじゃないの」って突っ込みはしないであげてくだち。

245 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 23:07:59.96 ID:x0CD2VAbP

理由1:スーフィズムでわかりやすくなったから。

理由2:商人が貿易を通して布教していったから。



こうしてイスラム教は、交易路をとおして世界中に広まっていった。
そのため現在でも、アフリカから東南アジアに至る地域ではイスラム教徒が多いのである。


参考:イスラム教分布地図
ttp://homepage1.nifty.com/yukiko_world/IslamMap.html





文字レス多いのはかんべんなww

248 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 23:10:01.38 ID:x0CD2VAbP

┃  チャガタイ=ハン国

┃   ━━━━━……

┗━┓
─┐┃ イル=ハン国
  │┃
─┘┃
    ┗━━━━━……
  ┌──────────────┐
  │                      │
  │  マ  ム  ル  ー  ク  朝    │
  │                      │
  └──────────────┘
────┼────┼─────┼─────┼
  13     14      15       16



あ……ありのまま今起こったことを話すぜ!

「年表がモンゴルのおかげで一掃された」


な、何を言っているか…………わかるな?

249 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 23:11:48.84 ID:x0CD2VAbP

 ●
 遊
 牧
 民、襲来





 ( ゚∋゚) 「命…… 夢…… 希望……

       どこから来て どこへ行く?

       そんなものは……………



       この私が破壊する!!



         ホワァホッホワァホッホワァホッホワァホッホッホッホッ




モンゴルじん が あらわれた !!


250 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 23:11:58.48 ID:WBAQGKsu0
でもスーフィーたちのおかげで都会だけでしか信仰されてなかったイスラームが農村にまで広がってったんだよな
それまでは点だった分布が面になったんだもんな
スーフィーえらいよスーフィー
おにぎりかわいいよおにぎり

253 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 23:13:25.78 ID:x0CD2VAbP

                         ┏━━━━━━━┓
                         ┃.めいれいさせろ ┃
                         ┗━━━━━━━┛

      ノノノノ
     (゚∈゚ )  ─_____ ____ ̄
    丿\ノ⌒  ____ ___
    / /\/ /ヽ __ ___
    / /  / /  )  = 彡彡ミ_
 = 彡= 彡/ /===彡彡ミ彡ミ=-
     ( ( //-__ ̄____  ミミ彡__ _____
     \\\
     彡 彡


チンギス=ハーン が しどうしゃになった!

モンゴルじん の だんけつりょく が 20 あがった!!

254 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 23:15:01.48 ID:x0CD2VAbP



 ヽ\\ヽ(m ノノノノ/m)//    + 激しく暴打 +
  \ (m 、( ゚∋゚)/.m)/
    丶\.(m\  m).//
    (m\(m (m. m)
      (   / ̄ >
    ミ.ヘ丿 ∩|ヽ |    ←『ナイマン』
     (ヽ_ノゝ _ノ



チンギス=ハーン の こうげき!

ナイマン は たおれた!

257 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 23:17:24.91 ID:x0CD2VAbP


 从 ゚∀从 「そんなに強いわけねーだろpgr」




ホラズム の せんせいこうげき!

ホラズムは 使者を みなごろしにした!

258 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 23:19:05.21 ID:x0CD2VAbP



  ,彡 ノノノノ   < あまり私を怒らせない方がいい
 く く_,( ゚∋゚) ,_
  ヽ  \/   ⌒)
    ヽ   ( ̄彡
     \   ヽ
       r⌒丶)
      /  へハ
      ! ||  \\
      ∥|∥   \\   <や゙、やめr……
      从/γノハヾ  彡
  ⊂⌒ヽ/ つ;゙Д从     ←『ホラズム』



モンゴルじん の かいしんのいちげき!

ホラズム は めつぼうした !!

260 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 23:20:56.78 ID:x0CD2VAbP

死にたい支配者層にお薦めの「13世紀最強の国(歴史家曰く)」モンゴル帝国

・得意の水軍なら大丈夫だろうと精鋭の艦隊を出したら両岸に騎兵が現れ射撃された
・モンゴル軍の接近後数日間も大都市が煙を上げ燃え続けていた
・攻撃したら一斉に逃げ出したので追いかけてみると伏兵に囲まれていた
・有名無実化した『アッバース朝』が襲撃され、気が付いたらカリフが殺害されていた
・奇襲攻撃をした『ナイマン』が逆に全滅、というか殲滅した後も逃亡先を襲撃する
・ポーランドが奇襲され、ポーランド軍も「ドイツ騎士団も」攻撃された
・ゴビ砂漠から祁連山脈の間の『西夏』をチンギス=ハーンに押さえられた
・一度神風で追い返したから安全だろうと思ったら数年後に数倍の兵力で攻め込んできた
・全ユーラシアの4/5がモンゴル襲撃を経験。しかも金品を巻き上げることが目的のため「抵抗した都市ほど危ない」
・「そんな危険なわけがない」といって使者を皆殺しにした『ホラズム』が1年後何も出来ず滅亡していた
・「長城があれば襲われるわけがない」と高を括っていた『金』が河北と満州を奪われいつの間にか滅ぼされていた
・最近流行っているフビライは「何が何でも遠征」 高麗で反乱が起こっても陳朝が反抗しても服属を求めるから
・日本~ドイツ間の10000kmはモンゴル人の襲撃にあう確率が150%。一度襲撃されて帰国途中に建国される確率が50%の意味
・13世紀におけるモンゴル人の遠征はアジアの端から端まで、うち約1/3がバトゥの遠征





というレベルで凄かったわけです。

263 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 23:23:05.48 ID:x0CD2VAbP


                     ノノノノ
                   ∈゚  _)
                彡\/⌒ \/ミ
                   ヽ_イ  //\/
                       ) ( (
                     |  )゜)
                     | //ヾ ⌒ ヽ
                     | ノノ ゝ,  ノ
                     |ノノ  .``^´ヾ ⌒ ヽ
                    川リ      ゝ,   ノ
                             .``^´ヾ ⌒ ヽ
                                 ゝ,   ノ


おや?

『フラグ』は 西のほうに むかおうとしている!


268 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 23:25:04.77 ID:x0CD2VAbP

あ!


                          ?
                             ノノノノ
                             (゚∈゚ )
                           /⌒\/ヽ
                         //ヽ  /` ヽ
         ぃょぅ!           彡ノ  ノ  ノ  ヽミ
     ∧∧                   /\/\
   ヽ(=゚ω゚)ノ                 / / \ )
   ~(O x)                  | /   //
        U                  彡/  彡/





ておいの アッバース朝が とびだしてきた!


270 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 23:26:58.79 ID:x0CD2VAbP

どうする?





   ∧∧    「おいらにはアッラーの御加護があるんだょぅ!
   (#゚ω゚)ノ   降服するわけにはいかなぃょぅ!」
 ~(  x)
   U U




アッバース朝は わるあがきを した!

こうかは いまひとつのようだ!

273 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 23:28:49.29 ID:x0CD2VAbP

 |  |
 | ∥           ノノノノ -__
 || ∥           (゚∈゚#)  ─_____ ___
 |∧ 从ノ      (ミ_ (⌒\ヽ _ ___
 ( (≡ ̄ ̄ ̄ ̄三\⌒ノ ノ )
 |(つWつ  ̄ ̄\  ⌒彡)   ノ  =_
 | \つ つ    \,___,ノノ
 |  |  )        / / ≡=
 |  |         / ノ      ___
 |  |         /ノ _─ (´⌒(´
 |  |       ミ/= (´⌒(´⌒;;



フラグは げきりんをつかった!

アッバース朝は たおれた!

276 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 23:30:26.92 ID:x0CD2VAbP

            丿
         ノノノノ⌒ヽ
        (゚∈゚ )  ミ)
       /⌒\/(    )
       ( ミ   ∨∨
        ノ  /
       ( \/ヽ
        \ ) )
        ///
       `ヾ ヽミ


フラグは さらに西へ すすもうとしている!




どうなりますか?

 ↓

271 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 23:27:42.40 ID:WBAQGKsu0
もうむりでごわす
>>1さんがんばってください
おやすみなさい
あしたまでのこってますように

世界史だいすき!

279 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 23:31:55.38 ID:x0CD2VAbP
 │
 │
 │    _、_
 │  ヽ( ,_ノ`)ノ 残念私のおいなりさんだ
 │ へノ   /  
 └→ ω ノ
       >



ゆけっ! マムルーク朝!

しょうぐん バイバルスは すべてのこうげきに みがまえている!





>>271
まじでありがとう。
ゆっくり寝てください。

275 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 23:29:41.71 ID:W7C2zRa40
>>271にかわって俺が支援しよう

280 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 23:33:17.13 ID:x0CD2VAbP


┏━━━━━━━━━┓
>>1のやる気がない .┃
┗━━━━━━━━━┛
          、_人
          ) \´     ノノノノ
          ´`Y .\、   (゚∈゚ )
             ミ\/⌒V ⌒ヽ
              \,人   |ソ
                 |   !
                 |\/i
                 | ノ | .ノ
                 | ) lソ
                彡ヽ ヽミ


もうなんか いろいろあって モンゴルぐんは てったいをはじめた!

このたたかいを アイン=ジャールートのたたかい とよびます。







>>275
ちょwwwwwおまwwwwwwww

281 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 23:35:12.86 ID:x0CD2VAbP


       ノノノノ
      ( ゚∋゚)
      /⌒Vl    WANT NETA
     (ぃ9  |
     /   /二ミ
    ( ̄\/ヽ
    / /ヽ )
    l l  l /
    彡  ミ



モンゴルぐんが つよすぎて >>1のもとには もうネタがない!

>>1の メモちょうは まっしろになった!


284 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 23:36:27.19 ID:x0CD2VAbP

このように、13世紀はモンゴルの世紀であった。

抵抗する者は容赦なく殺害され、降伏しない都市は徹底的に破壊・略奪された。



逆らってしまった者の末路は悲惨である。

バグダードで細々と生き延びていたアッバース朝のカリフは、
モンゴル人に抵抗してしまったがために、絨毯に巻かれて踏み殺された。

こうして500年近くも続いた『アッバース朝』は、
モンゴルの将軍『フラグ(旭烈兀)』によって、簡単に滅ぼされてしまったのである。




その後のモンゴル軍はエジプトの占領を企てたが、悪条件が重なったこともあって『マムルーク朝』に敗れてしまった。

こうしてモンゴル軍の快進撃は、シリアの地でようやく阻止されたのであった。

287 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 23:38:18.24 ID:x0CD2VAbP

※13世紀の地図

            『キプチャク=ハン国』
   ← (゚∈゚ )
                 (゚∈゚ )        (゚∈゚ )
        ,--、    __,,,-、,,                                (゚∈゚ )
      i´  `> (   ,ゝ           ,,i-´~~`´|    (゚∈゚ )
     /~    `)_,,,-= =,´           ,/   ,--´          (゚∈゚ )
   ,i-!      ~    ~ヽ,         <,,   '=,`                       『チャガタイ=ハン国』
   |,              \,        i´   ヽ,_   (゚∈゚ )
‐,_,,--`、-、,_ - ―‐ -、,      ヽ       \,    7              (゚∈゚ )
/~`~‐‐´        `‐‐、,-、,,,-´        ヽ,    `っ
,~{  (ili´;ω;)            (゚∈゚ )    `=-  {´,       (゚∈゚ )
`}                            ,}    `{                 (゚∈゚ )
 "ッ,,  ,_          (゚∈゚ )         {      }
   ´‐-´ ヽ,_  , -、,。                `‐、,_  _,,,}    (゚∈゚ )
       _,二-,- {
       `'‐´~  ,}             (゚∈゚ )
          ,/                       (゚∈゚ )
,         /                                  ( ゚∋゚) ↓
`‐-‐´~`‐、_,,_,,/  _、_             『イル=ハン国』
      ,、   ( ;,_ノ` )
      iヽ  ,,、                  _,,,,-、,、
      `;! //                  ヽ.   ヽ,
      `i`´~ヽ                  ヽ,   ヽ,_
       i   `|                  ヽ,    `\,_ ,/~ヽ
        |,   ヽ                   }, ,、      /( ヽ-----

289 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 23:40:09.93 ID:x0CD2VAbP

     ノノノノ
    ( ゚∋゚)
   /⌒\/ヽ
   | !    i i
   \\ //    )、  ぐええ
    ( ゝミ彡、 γノソハヾ
    √⌒ ) )从;+Д从
    彡 と_ ノ]つ  つ 



そのあとモンゴル人はイランに居座り、『イル=ハン国』を建設した。
この『イル=ハン国』は、しばらくするとイスラム国家になり、イスラム文化も盛んになった。


モンゴル人の国は、イスラム教の国へと変貌したのであった。

291 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 23:41:39.52 ID:x0CD2VAbP


       ∩. \   ババババ    /_\     /     . .. ,..
  ⊂/~ ノ )  \ ∧_∧三__∧   ̄|U ̄.   /_∧  .:(;゙゚ω゚`):
   /   /ノV    \ ・ω・)三ω・)  /ミヽ、  /( -ω-)o  :(´`つo:..
   し'⌒∪  _ ,.... -‐‐\っ= _っっ=つノ ヽ ~゚/⌒(⌒ヽ ヽ  .:し'、ソ チャリーン
     ,...- ' ゙゙,  ∧_∧ \  ノ   ゚ ヒュン.゚/ ゝ ゝ >人`つ __ lヽ,,lヽ
   , '´ヽ .ヽ=≡( ・ω・)  \∧∧∧∧/  .(ノ| ::|(ノ     .| |Θ|(    )
 /  j`'ー、_ j と と   ) <    大 >| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄|_  |_|_|と   i
  `´    ,!ノ =≡</</  <    混 >|___|__|_|   |_|  しーJ
 ―――∧‐∧―――――..< 予 乱 > ―――――――――――――
   ⊂ヽ( ・ω・ )'つ./⌒⌒ヽ< 感 の >.     ,__、  彡( ( ノヽ_
  i i  \    / .\ 二 ノ,<!!   >    < / '─ -、 ノ ノ
  !  i  ( __フ i!i i    /. .∨∨∨∨ \  <( `ー'ヽ,\~   ∧_∧
  !/ ̄''''(_/., ちくしょお/∧_∧  ε=━―→  ̄`ー' "  ̄   ( ・ω・)
 i    _   `ヽ! ,/ ( ・ω・|ヽ ヒョンヒョン  \   (⌒⌒ヽ  ./  、つ
 l  r' ,..二''ァ ,ノ / . ./ っ  | o)  =━―→  \( ブリュリッ!!ゝ(_(__ ⌒)ノ
 l  /''"´ 〈/ / /  . ./    ).|ノε=━―→   \丶~'´   ∪ (ノ
 |  !    i /     ( / ̄∪     ε=━―→ .\




しかし、どのような国も繁栄し続けるということはない。

モンゴル人の圧倒的な軍事力によって支えられていた『イル=ハン国』も、
14世紀にもなると衰退し分裂、崩壊してしまった。


292 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 23:43:06.62 ID:x0CD2VAbP

参考画像
ttp://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d4/IranaftertheIlkhanate.png


こうして、トルコからアフガニスタンに至る広大な地域から、一気に強力な国家が消え去った。

つまり、『イル=ハン国』が消滅した後は、各地に多くの豪族が跋扈するようになってしまった。






そう、時はまさに戦国時代である。


294 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 23:45:31.06 ID:x0CD2VAbP
                .┃          ┃  
│                 ┃   テ   ┃
│ .チャガタイ=ハン国   ┃    ィ    ┃
│                 ┃    ム    ┃
│    ────…… ┃    │    ┃
│                 ┃    ル    ┃
└─┐             ┃    朝    ┃
─┐│イル=ハン国    ┃          ┃
  ││             ┗┳━━━━┛
─┘│               ↓  _/ ̄ ̄
    └────……… ×<____
  ┌──────────────┐
  │                      │
  │  マ  ム  ル  ー  ク  朝    │
  │                      │
  └──────────────┘
────┼─────┼─────┼─────┼
  13      14       15       16



んでもって次はこうなります。





と思ったらさるだよwwwwちくしょうwwwwww

296 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/04(火) 23:48:17.43 ID:HJJACDOO0
くそ、俺はもう駄目なようだ………
もっとさるを殺してやりたかった………
>>1よ、時々先の展開読んじまってゴメンな………

最後に一言、「ビザンツ帝国は俺の嫁」


300 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 23:52:03.28 ID:x0CD2VAbP
>>296
いやいや。こちらこそありがとう。
このスレは初心者向けに簡単に作ってあるから、
単語だけでも補足してくれるのは非常にありがたいです。

301 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 23:53:02.18 ID:x0CD2VAbP

           ,,-''"  ,, --''"ニ_―- _  ''-,,_    ゞ    "-
          て   / ,,-",-''i|   ̄|i''-、  ヾ   {
         ("  ./   i {;;;;;;;i|    .|i;;;;;;) ,ノ    ii
     ,,       (    l, `'-i|    |i;;-'     ,,-'"   _,,-"
     "'-,,     `-,,,,-'--''::: ̄:::::::''ニ;;-==,_____ '"  _,,--''"
         ̄"''-- _-'':::::" ̄::::::::::::::::;;;;----;;;;;;;;::::`::"''::---,,_  __,,-''"
        ._,,-'ニ-''ニ--''" ̄.i| ̄   |i-----,, ̄`"''-;;::''-`-,,
      ,,-''::::二-''"     .--i|     .|i          "- ;;:::`、
    ._,-"::::/    ̄"''---  i|     |i            ヽ::::i
    .(:::::{:(i(____         i|     .|i          _,,-':/:::}
     `''-,_ヽ:::::''- ,,__,,,, _______i|      .|i--__,,----..--'''":::::ノ,,-'
       "--;;;;;;;;;;;;;;;;;""''--;;i|      .|i二;;;;;::---;;;;;;;::--''"~
               ̄ ̄"..i|       .|i
                 .i|        |i
                 i|  ( ゚∋゚)  |i
                 .i|          .|i
                .i|           |i
               .i|      ,,-、 、  |i  
               i|      ノ::::i:::トiヽ、_.|i     
           _,,  i|/"ヽ/:iヽ!::::::::ノ:::::Λ::::ヽ|i__n、ト、
     ,,/^ヽ,-''":::i/::::::::/:::::|i/;;;;;;/::::;;;;ノ⌒ヽノ::::::::::::ヽ,_Λ
     ;;;;;;:::::;;;;;;;;;;:::::;;;;;;;;:::/;;;;;;:::::::::;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::;;:;;;;:::



13世紀……世界はモンゴルの嵐に包まれた

都市は荒れ、血にまみれ、あらゆる国家は絶滅したかに見えた

302 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 23:54:09.54 ID:x0CD2VAbP

世界は再び、暴力の支配する時代になっていた



                              )、
                    , -つ:::*:.: yソノハヾ
                  /__ノ.....∴::::从#゙з从・:.
                / / ∴:::*:.*: _>  ⌒ヽ*:.
     ,,,,,__     / /― = ̄:::*...../    へ \
    (mn)_  ヽ  / //・/ ソ/ ノ /    / \\\
      ィハヘヽ  )_(  /- ― = ̄  ̄  レ  ノ    ヽ_ヽ_つ
  m  ('∀`*川⌒: //・ソ /彡/  /  /
  )| |    _/ / /- ― = ̄    /  /|
 ( _ ̄ ̄ ̄ _/___ /彡ソ/ ///   ( ( 、
     ̄ ̄ ̄ / /            |  |、 \
         /  /            | / \ ⌒l
         ( (             | |   ) /
         |  |            ノ  )   し'
         | /           (_/
         | |
        ノ  )
       (_/



しかし………鉄人の血は絶えてはいなかった!


303 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 23:55:22.34 ID:x0CD2VAbP

敵軍を切り進む男がいる! 荒野を統べる男がいる!


それはモンゴルの後継者の宿命ッ!


見よ! 今、この永き分裂の歴史に、終止符が打たれる!!



    |┃≡
    |┃≡
 ガラッ.|┃
    |┃ ̄ ̄ヽ


306 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/04(火) 23:58:32.71 ID:x0CD2VAbP

    |┃
    |┃
    |┃
    |┃ ̄ ̄ヽ
    |┃ソwvw″
______.|┃´ ゚д゚ ノv
    | と_ゝh_||
    |┃/_| ||ゞ
______.|┃vし'jv


            |┃
            |┃
            |┃
             |┃
        ≡≡∑┃
_______≡≡∑┃ピシャッ
        ≡≡∑┃
             |┃
_____________|┃




ティムー………ッ!!!?


308 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/05(水) 00:00:22.71 ID:+Zn+70GfP


   |___
   |  ヽ         茶番に御付き合いいただき、ありがとうございました。
   |vw″
   |_‐ノv  n_     引き続き私の織り成すシュールな世界を御堪能ください。
   |h_|\ / _)
   |||   v /
   |  \ /



    『 テ ィ ム ー ル 』










そろそろ日付も変わりそうだけどラストスパートじゃーい

309 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/05(水) 00:02:09.83 ID:+Zn+70GfP


 lw´‐ _‐ノv  「やあ。私はシュ~ル・素直一郎さんだよ」


 lw´‐ _‐ノv  「素直シュールといえば米だよね。ササニシキとか」



 lw´‐ _‐ノv  「ごはんたべたいなあ」




 lw´‐ _‐ノv  「しかし、このスレにはごはん分が足りない………」



310 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/05(水) 00:03:31.14 ID:+Zn+70GfP


 lw´‐ _‐ノv  「ごはんが食べられないと、おなかがすくじゃないか」



 lw´‐ _‐ノv  「おなかがすくと怒りっぽくなるんだぞ」



 lw´‐ _‐ノv  「怒りっぽくなるとおなかがすくんだ」





 lw´‐ _‐ノv  「だから………」


312 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/05(水) 00:04:41.03 ID:+Zn+70GfP


 lw´‐ _‐ノv  「だから世界制服をしませう」



 lw`‐ _‐ノv  「行くぞっ、轟天号!」










元ネタを知ってる奴は間違いなくおっさん



 lw´‐ _‐ノv  「だーいじょうぶ、まーかせて!」



315 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/05(水) 00:06:13.55 ID:x0CD2VAbP

                     (゚∈゚ )
        ,--、    __,,,-、,,
      i´  `> (   ,ゝ           ,,i-´~~`´|
     /~    `)_,,,-= =,´           ,/   ,--´
;川 ,i-!      ~    ~ヽ,         <,,   '=,`
   |,              \,        i´   ヽ,_        lw´‐ _‐ノv
‐,_,,--`、-、,_ - ―‐ -、,      ヽ       \,    7
/~`~‐‐´        `‐‐、,-、,,,-´        ヽ,    `っ
,~{  ('Д`#川                     `=-  {´,                         → ( `ハ´)
`}                            ,}    `{
 "ッ,,  ,_                       {      }
   ´‐-´ ヽ,_  , -、,。                `‐、,_  _,,,}
       _,二-,- {
       `'‐´~  ,}
          ,/
,         /                    ヾ从 ゚∀从ノ゙
`‐-‐´~`‐、_,,_,,/ _、_ 
      ,、  ( ;,_ノ` )
      iヽ  ,,、                  _,,,,-、,、                    ノパ⊿゚)
      `;! //                  ヽ.   ヽ,
      `i`´~ヽ                  ヽ,   ヽ,_
       i   `|                  ヽ,    `\,_ ,/~ヽ                川;゚ -゚)
        |,   ヽ                   }, ,、      /( ヽ-----




 lw´‐ _‐ノv  「ふうむ。世界制服をするには一苦労ですねえ………」

313 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/05(水) 00:04:49.37 ID:HJJACDOO0
これ今夜中にオスマン・トルコ帝国あたりまでいくの?

316 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/05(水) 00:08:20.68 ID:x0CD2VAbP


ヾ从 ゚∀从ノ゙ キャッキャッ




 lw´‐ _‐ノv  「まずはこいつから始末すればいいんですか?」



 lw´‐ _‐ノv  「くらえ、こめだわらびーむ!」




ヽ从 ゚з从ノ  「あ、あるぇー?」










>>313
オスマン帝国は後編でやります。
まあまだ作り終わってないですが。

317 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/05(水) 00:10:00.28 ID:+Zn+70GfP


                                  ワーワー

                    =二三 ノハ;゚⊿゚)


 =二三 lw´‐ _‐ノつ                        ワーワー

                         =二三  川;゚ -゚)




318 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/05(水) 00:11:45.37 ID:+Zn+70GfP

                                秘技! 後ろ向き走り!


     (゚∈゚ ) 三二=                lw´‐ _‐ノv 三二=








          えねどけるけ向も左あま   v(‐_ ‐`wl


320 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/05(水) 00:13:17.49 ID:+Zn+70GfP


 lw´‐ _‐ノv  「ふむ、なかなか良い運動であった」




 lw´‐ _‐ノv  「ややっ………?」






        ひぃぃ                       ひゃおー

   (・ω・`;) 三二=             と('∀`#川 三二=


  『ビザンツ帝国』               『オスマン帝国』


319 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/05(水) 00:13:01.85 ID:81jOhUwk0
ティムールの墓行ったよ
綺麗だったよ支援

322 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/05(水) 00:14:32.56 ID:+Zn+70GfP


 ('∀`*川 「ええのんか~ええのんか~」



 (ili´;ω;) 「ひぎぃ!」



 ('∀`*川 「よいではないか、うへへへ………」





 lw´‐ _‐ノv  (なんじゃこりゃ)








>>319
その墓は開けてはならぬ!
災いが降りかかるぞ!

329 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/05(水) 00:28:05.93 ID:+Zn+70GfP


 ('∀`;川 「はっ! いけない、私ったらまた………」



 lw´‐ _‐ノv  ニヤニヤ



 (゚、゚*川  !!!





 lw´‐ _‐ノv  「うへへへ、ええのんか~(笑)」


 ('Д`;川 「ま、まさかあなた………見たの!? 」








くう、ここでさるはキツイ

330 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/05(水) 00:30:23.80 ID:+Zn+70GfP


 lw´‐ _‐ノv  「さくやは おたのしみ でしたね」


 ('、`;川  o0(く、このままでは地味でクールな私のキャラ設定が………)




 lw´‐ _‐ノv  「ええのんか~ええのんか~(核爆)」




 ('、`;川 「……ええい! もはやこれまで!!」


 ('、`#川 「けがれない乙女の純情をふみにじるなんて言語道断横断歩道!!」



332 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/05(水) 00:31:37.68 ID:+Zn+70GfP

 (ФДФ#川 「神にかわっておしおきよぉーーー!!」


 lw´‐ _‐ノv  「やや、かかってきなさい」








     =二三 lw´‐ _‐ノつ         と(ФДФ#川 三二=



           『 ア ン カ ラ の 戦 い 』




334 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/05(水) 00:33:02.00 ID:+Zn+70GfP


                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;
  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´



336 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/05(水) 00:34:37.37 ID:+Zn+70GfP



  (+、+ 川




 lw´‐ _‐ノv  「アンカラの戦いで、我々はなんとか勝利をつかむことができた」


 lw´‐ _‐ノv  「しかし私たちの世界制服はまだ始まったばかりだ!」


 lw´‐ _‐ノv  「素直シュール先生の次回の活躍をお楽しみに!!」




 lw´‐ _‐ノv  「遊牧民、襲来  ティムール編 完!」

338 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/05(水) 00:36:35.73 ID:+Zn+70GfP

これだけじゃわけわからんよね。
という訳で補足説明を。




イル=ハン国崩壊後の混乱した世界の中で、
めきめきと頭角を現したのが『ティムール』であった。
この人物はモンゴル帝国の復活を試み、周辺の豪族たちを次々と従わせていった。


またその後、ティムールはインドやトルコにまで遠征をした。
そのため彼は、イスラム世界最後の統一活動を行った人物だと言える。

『ティムール』の国は、一時的に中東の覇者になったのである。




ちなみに最後は中国への遠征を企てていたが、その遠征の途中にこの世を去った。


339 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/05(水) 00:38:16.30 ID:+Zn+70GfP

ティムールの死後、彼の帝国『ティムール朝』は1世紀ほど存続した。
しかしこの帝国も、16世紀に入ると最後は『ウズベク人』によって滅ぼされてしまう。



 lw´‐ _‐ノv  「滅ぼされちゃいましたー」


 lw´‐ _‐ノv  「でもまた出てくるからね。よろしくね」




この『ウズベク人』たちは3つの国を造り、中央アジアに居座り続ける。

『ヒヴァ=ハン国』、『ブハラ=ハン国』、『コーカンド=ハン国』というのがそれだ。
まあ名前だけ覚えておいてくれ。

340 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/05(水) 00:39:39.31 ID:+Zn+70GfP

そして最後には………




 (・∀ ・) 「やっほー、最後はやっぱり白人様の出番なんですぞ」



 lw´‐ _‐ノv  o0(赤モップうぜえ………)




ウズベク人の国々は、20世紀の初め頃までには全て、『ロシア帝国』に併合されてしまうのであった。


やはりロシア帝国は強大だったのですぞ


343 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/05(水) 00:41:26.76 ID:+Zn+70GfP

さてさて、ここまでの流れは理解してもらえましたかな?



ムハンマドが始めたイスラム教は、


  (*゚∀゚) が広めて、

  (=゚ω゚)ノ が統一したけれど、

             _、_
  从 ゚∀从 や ( ,_ノ` ) が暴れ始めて、

  ('、`*川 が乱入して凄いことになって、


  ( ゚∋゚) や lw´‐ _‐ノv が再統一しかけたものの、

  やっぱり失敗してバラバラになってしまいました、


ということなんです。


346 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/05(水) 00:42:52.21 ID:+Zn+70GfP

という訳で、ここで前編は終了です。

後編ではバラバラになった後の、それぞれの歴史を見ていきたいと思います。




 1、从 ゚∀从 イラン史

 2、('、`*川  トルコ史
         _、_
    └ ( ,_ノ` ) エジプト史


 ( ノパ⊿゚)  インド史 ) ←今回はやりません


だんだんと現代につながって来るのでございます、ですぞ。

350 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/05(水) 00:51:25.36 ID:+Zn+70GfP
うう、最後の最後にさるかよ……



ともかくおつかれっしたー
支援してくれた方々、ありがとうございました
シベリアからの人も本当にありがとうございます

いやー、久々にブーンを投下したら疲れた疲れた




一応後編は、イラン史を作り終わってトルコ史に入ったところです。
だいたい『ギリシア独立戦争』くらい。

今月中に投下できるかな。
5月30日の夜に投下するとか無責任なことを言ってみるwwww

347 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/05(水) 00:48:15.96 ID:8KN0uGR00
楽しみすぎる
また続きは三年後なんてことは……ないよね?


348 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/05(水) 00:48:42.14 ID:So5qWQbV0
乙乙
イスラム史は整理するのが厄介で困る

352 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/05(水) 00:54:48.88 ID:+Zn+70GfP
>>347
流石にそれはないから安心汁ww
いちおうイスラム史の後は中世ヨーロッパにでもいこうかと思ってるお

やる夫でも作りかけのフランス革命史があるけど、こっちはしばらく寝かしておきます



>>348
特にイスラム世界の近現代は地域ごとに分かれちゃうから大変だよねー
そこのところを上手くまとめられればいいけど、どうだろうかなあ

まあまったりお待ちください

353 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/05(水) 01:03:07.05 ID:+Zn+70GfP
そんじゃー落ちますね

なんかあったらブログとかにでもお願いします

次スレ
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

K-AYUMU

Author:K-AYUMU

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

ユーザタグ

カ行 タ行 ア行 ちんこ ハ行 サ行 マ行 ナ行 英数字  ^ω^) ('A`) ラ行 1レス ワ行 (´・ω・`) ショボーン ヤ行 ブーン ショボン トソン 'ー`)し ξ゚⊿゚)ξ (,゚Д゚) ドクオ まんこ (=゚д゚) J( 1レス カラマロス大佐 シュー ミセリ (-_-) いよう 川д川 人狼 (∪^ω^) 世紀末 ツンデレ 

FC2カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。