mesimarja
気に入ったスレを集めてみました。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( ^ω^)ブーンで学ぶ世界史
前スレ
2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/30(日) 18:05:55.50 ID:NK5j/c1aP


前スレ
ttp://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1272961365/l50





 題「ハインとペニサスでイスラム史 中編」


はじまりはじまりー



3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/30(日) 18:07:33.55 ID:NK5j/c1aP

前回のお話



 ムハンマドが始めたイスラム教は、



 (*゚∀゚) 「ウマイヤ朝」 が広めて、

 (=゚ω゚)ノ 「アッバース朝」 が統一したけれど、


                      _、_
 从 ゚∀从 「ペルシア人」 や ( ,_ノ` ) 「エジプト人」 が暴れ始めて、

 ('、`*川 「トルコ人」 が乱入して凄いことになって、



 ( ゚∋゚) 「モンゴル人」 や lw´‐ _‐ノv 「ティムール」 が再統一しかけたものの、

 やっぱり失敗してバラバラになってしまいました。



4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/30(日) 18:09:05.96 ID:NK5j/c1aP

                .│          │
│                 │   テ   │
│ .チャガタイ=ハン国   │    ィ    │
│                 │    ム    │ ┏━━━━━
│    ────…… │    │    │ ┃
│                 │    ル    │ ┃サファヴィー朝
└─┐             │    朝    │ ┃
─┐│イル=ハン国    │          │ ┗━━━━━
  ││             └┬────┘/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
─┘│               ↓  _/ ̄ ̄
    └────……… ×<_______ オスマン
  ┌──────────────┐│
  │                      ││ トルコ
  │  マ  ム  ル  ー  ク  朝    ││
  │                      ││
  └──────────────┘└─────
────┼─────┼─────┼─────┼──
  13      14       15       16




という訳で今回は、『ティムール』がいなくなった後のイスラム世界を見てみましょう。




5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/30(日) 18:10:43.97 ID:NK5j/c1aP

●その後のイランの歴史

 ①『サファヴィー朝』の場合











        たぶら らさー



  从 ゚∀从  ←ペルシア人



6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/30(日) 18:10:48.10 ID:NEFdu5wd0
まとめとかないの?

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/30(日) 18:12:47.07 ID:NK5j/c1aP


Σ从 ゚∀从 !?




 从∀゚ 三 ゚∀从  「およよ?」




 从 ゚∀从 「筋肉ニワトリと米女がいなくなってる……」










>>6
残念ながら前編のまとめはないみたいです・・・・
それ以前のものは、「ブーンで学ぶ世界史」か、「やる夫で学ぶ世界史」でググってください。

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/30(日) 18:14:04.76 ID:NK5j/c1aP



 从 -∀从 「ははーん。これはきっとアタシが主役になる時が来たってことだな?」





『サファヴィー朝』の建国は1501年です。わかりやすいね!

ティムールの亡きあと、イランでは『シーア派』のサファヴィー教団が勢力を増していました。


9 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 18:15:30.03 ID:NK5j/c1aP



 从 ゚∀从 「2000年にも及ぶ偉大な歴史をもった」



 从 -∀从 「優秀で」



 从*-∀从 「頭が良くて」



 从*-∀从 「芸術的センスもあって」





 从*゚∀从 「最強なこのペルシア人さまが世界を支配する時が来たってことだ!」



10 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 18:16:34.08 ID:NK5j/c1aP


 从.. ∀从 「くくく、あの土人どものひれ伏す様が目に見えるようだぜ………」





  ('、`*川
             ← あの土人ども
  (*゚∀゚)





 从.. ∀从 「くく……ハハハ………」





 从*゚∀从 「ハーッハッハッハッハインリッh――                 ■≡≡



11 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 18:17:55.64 ID:NK5j/c1aP

      へぶぅ

  从゚'ε(■   ≡≡==--        と('、`#川  「うるさいわクソが!!」






 ↓トルコ人

 ('、`#川 「こちとら白人様(笑)をぶち殺すのに忙しいんだ! 騒ぐのなら他所でやっておくれ!!」



 从゚'ε(■ 「な……なんだと………」



12 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 18:19:05.33 ID:NK5j/c1aP

この『サファヴィー朝』は『シーア派』を信仰していたから、
『スンナ派』を信じる『オスマン帝国』とは非常に仲が悪く、何度かボコボコにされていたりする。



そしてまた………








 <  ハニャッ??




 从゚ε(■  ・・・・・



14 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 18:20:22.88 ID:NK5j/c1aP


     ∧∧  キョウモゲンキニ シィシィシィ
    (*゚ワ゚)
    ⊂  ⊃
  ~(_つ ノ
cc    し'


             ∧∧  ミンナナカヨク ハニャニャニャーン
           ∩*゚ー゚)
           ヽ,. ⊂ )
          ~(_つ ノ
       c c c   し'





 从゚ε(■



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/30(日) 18:19:50.70 ID:NEFdu5wd0
16世紀からサファヴィーとトルコのケンカが始まるってことか

15 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 18:22:06.36 ID:NK5j/c1aP


                      ∧ ∧   キョウカラ ココハ シィタチノ モノニ ナリマスタ
                      (*゚ワ゚)   ジャマスル ヤシハ ユウアイ シマス
                      .(|  |)
                     ~|   |    ミンナ ヨロシクネ
                       U U

                   『ポルトガル人』





 从゚ε(■








>>13
その通りですよー。
興味があったら『チャルディラーンの戦い』でググってね。

16 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 18:23:22.89 ID:NK5j/c1aP
16世紀の地図

        ,--、    __,,,-、,,
      i´  `> (   ,ゝ           ,,i-´~~`´|
     /~    `)_,,,-= =,´           ,/   ,--´
   ,i-!      ~    ~ヽ,         <,,   '=,
   |,              \,        i´   ヽ,_
‐,_,,--`、-、,_ - ―‐ -、,      ヽ       \,    7             lw´‐ _‐ノv
/~`~‐‐´        `‐‐、,-、,,,-´        ヽ,    `っ
,~{  ('∀`#川                     `=-  {´,     lw´‐ _‐ノv
`}                            ,}    `{
 "ッ,,  ,_                       {      }
   ´‐-´ ヽ,_  , -、,。                `‐、,_  _,,,}
       _,二-,- {
       `'‐´~  ,}
          ,/
,         /                   从゚ε(■
`‐-‐´~`‐、_,,_,,/
      ,、
      iヽ  ,,、                  _,,,,-、,、
      `;! //                  ヽ.   ヽ,
      `i`´~ヽ                  ヽ,   ヽ,_     (*゚ワ゚)             ノハ#゚⊿゚)つ
       i   `|                  ヽ,    `\,_ ,/~ヽ                   川;゚ -゚)
        |,   ヽ                   }, ,、      /( ヽ-----





 从゚ε(■ 「ど、どうしてこうなった………」

17 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 18:24:31.38 ID:NK5j/c1aP

オスマン帝国にはタコ殴りにされ、
ポルトガル人には海峡部分を占領され………

建国してからというものの、『サファヴィー朝』は散々な目にあっていた。





  从# ∀从 「ククク、本当にこのハイン様を怒らせたいみたいだな………」



  从#゚Д从 「こうなったらあの手を使うしかあるまい! 覚悟しやがれ!」






しかし! 『アッバース1世』によってサファヴィー朝の封印がとけられた!



18 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 18:25:44.59 ID:NK5j/c1aP

   ドゲザー

 从 ゚Д从 「すいません、協力してもらえませんか」




 ξ;゚⊿゚)ξ 「ハァ?」    ←イギリス




 从 ゚Д从 「だって勝てないんですものアレに」


 从 ゚Д从 「鉄砲とか卑怯ですもの」




 ξ;゚⊿゚)ξ 「……えっ? えっ? もしかしてあたしが助ける感じ?」



19 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 18:26:56.75 ID:NK5j/c1aP

 ξ;゚⊿゚)ξ 「というかそれで勝って嬉しいの?」


 从 ゚Д从 「背に腹は代えられませんな」



 ξ;-⊿-)ξ 「あっそ……まー、アンタがいいならそれでいいけど………
          とりあえず手助けはしてあげるから頑張りなさいな」






 从# ∀从 「ククク、これで勝った!!!111!!」


 从#゚Д从 「待っていろ糞虫どもめ! じわじわとなぶり殺しにしてくれる!!」




21 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 18:28:41.64 ID:NK5j/c1aP




               _ =  ― ̄ _ 三   从#゚Д从   うおおおおおおお!!!









 ξ゚⊿゚)ξ ・・・・・




22 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 18:29:48.76 ID:NK5j/c1aP



                             !              シィィィィ!!!

      ==二三 从#゚Д从つ        (゚、゚*川             (>o<*)









     ニタァ

 ξ.. ∀ )ξ


23 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 18:30:56.84 ID:NK5j/c1aP


 ('、`#川 「クソッタレのペルシア人め、覚えてなさいよ!」


 (*TO゚)  オ、オナガイ!! ダッコ シテ アゲルカラ ヤメテ!!



 从#゚Д从 「死ね。史ねじゃなくて死ね」




サファヴィー朝は17世紀ごろ、『アッバース1世』という有能な君主を得て、全盛期を迎えた。

西ヨーロッパから得た最先端の技術によってオスマン帝国を退け、
イギリスの援助を受けることでポルトガル人を『ホルムズ』から叩き出すことに成功した。



24 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 18:32:11.14 ID:NK5j/c1aP


 从* ∀从 「クックック、このアタシが………」



 从*゚∀从 「いや………このオレ様こそが世界で一番だああああああああああ!!!!」






首都の『イスファハーン』は、「世界の半分」と言われるほどの繁栄を見せていた。

この瞬間、確かにペルシア人は輝いていた。

25 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 18:33:09.73 ID:NK5j/c1aP

しかし、この繁栄が見せかけのものであることは明白だろう。
もはやペルシア人たちにとって、ヨーロッパの技術力は必要不可欠のものとなっていた。


そう、既にペルシアの転落の歴史は始まっていたのである。






 从*゚∀从 「ハーッハッハッハッハインリッヒーーーー!!!!」


26 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 18:34:17.57 ID:NK5j/c1aP


『サファヴィー朝』は『アッバース1世』の死後、急速に衰退していった。

18世紀に入ると往時の繁栄は見る影もなくなり、
最後にはアフガニスタンの民族に滅ぼされてしまった。






 从;゚∀从 「あ、あれ? 最強で最高のオレ様が………」





サファヴィー朝の崩壊後、イランは再び戦国時代に突入した。
この戦国時代は意外と長引き、結局は18世紀の末まで続くことになった。


そして、後を継いだ王朝は………


27 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 18:35:29.62 ID:NK5j/c1aP

┏━━━━━━━━━━━┓    ┏━━━━━━┓
┃                ┃    ┃            ┃
┃ サ フ ァ ヴ ィ ー 朝 .┃    ┃ カージャール朝 .┃
┃                ┃    ┃            ┃
┃        ┏━━━━━━┛    ┗━━━━━━┛
┃        ┃┌────────────────┐
┗━━━━┛│                          │
──────┘                          │
                                  │
         オ ス マ ン 帝 国             │
                            ┌─────┘
                            │┌──┬──┬
                            ││ エ ジ プ ト
─────────────────┘└──┴──┴
────┼─────┼─────┼─────┼─────
  16      17       18       19       20


次の年表です。

28 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 18:36:40.89 ID:NK5j/c1aP

②『カージャール朝』の場合




 从 ´∀从 ショボハイン



 从 ´∀从 「いろいろあってようやくイランを統一しますた。。。」





19世紀に入るころ、ペルシアには『カージャール朝』が建国された。

この時代はペルシア人たちにとって不遇の時代であった。


29 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 18:38:05.79 ID:NK5j/c1aP
19世紀初頭

                                                           (・∀ ・)
(・∀ ・)    ,--、   __,,,-、,,    ↓
      i´  `> (   ,ゝ           ,,i-´~~`´|     (・∀ ・)
     /~    `)_,,,-= =,´    (・∀ ・)   ,/   ,--´
   ,i-!      ~    ~ヽ,         <,,   '=,                       lw´‐ _‐ノv
   |,              \,        i´   ヽ,_
‐,_,,--`、-、,_ - ―‐ -、,      ヽ       \,    7             lw´‐ _‐ノv
/~`~‐‐´        `‐‐、,-、,,,-´        ヽ,    `っ
,~{  ('∀`;川                     `=-  {´,     lw´‐ _‐ノv
`}                            ,}    `{
 "ッ,,  ,_                       {      }
   ´‐-´ ヽ,_  , -、,。                `‐、,_  _,,,}
       _,二-,- {
       `'‐´~  ,}
          ,/
,         /                      从 ´∀从 テレホー
`‐-‐´~`‐、_,,_,,/
;Д;彡  ,、                                                      ↓
      iヽ  ,,、                  _,,,,-、,、
      `;! //                  ヽ.   ヽ,                          ξ#゚⊿゚)ξ
      `i`´~ヽ                  ヽ,   ヽ,_
       i   `|                  ヽ,    `\,_ ,/~ヽ                ノハ;゚⊿゚) 川;゚ -゚)
        |,   ヽ                   }, ,、      /( ヽ-----



まあこういうことだから仕方ないよね。

31 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 18:39:15.47 ID:NK5j/c1aP

そんな中、一番に動き始めたのが『ロシア帝国』であった。




 从 ´∀从 テッテッテレホー



 (・∀ ・) 「ねーねー」



 从 ´∀从 テレホッ?



 (・∀ ・) 「もうテレホマンとか、知ってる人間いないでしょ?」



 从;´∀从 テッ…


32 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 18:40:41.23 ID:NK5j/c1aP


 从 ´Д从 ガビーン



 旦⊂(・∀ ・) 「まあ、とりあえず茶でも飲んでけって」



 从 ´∀从⊃旦~  テレホー







テレホマン……まだ生きてるのかな………


30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/30(日) 18:38:54.73 ID:NEFdu5wd0
カージャール朝もシーア派か

33 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 18:42:13.71 ID:NK5j/c1aP


 (・∀ ・) 「ところでさー。ロシアと常時接続の回線、欲しい?」



 从 ´∀从 テッ?



 (・∀ ・) 「その代わりちょこっとだけ、ボクの言うこと聞いてほしいんだけど」






 从 ´Д从 ジョウジセツゾク…



 从*´∀从 テレホー






>>30
サファヴィー朝以降、イランではシーア派が主流になってます。

34 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 18:43:17.07 ID:NK5j/c1aP

 从*´∀从 ホッホー!



 (・∀ ・) 「それじゃあこれ、契約書ね。サインよろしくw」



 φ⊂从∀`*从 ホホホー!



 (・∀ ・) o0(キタコレ)




ロシア帝国は何回か戦争を経て、カージャール朝と不平等な条約を結んだ。
これはロシアの治外法権を認めるなどの、完全な不平等条約であった。


この条約を『トルコマンチャーイ条約』という。


35 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 18:44:26.38 ID:NK5j/c1aP


        ニタァ

 ξ...∀ )ξ (....∀ )               从*´∀从 テレホー





このように『カージャール朝』は、成立当初から外国の圧力に見舞われていた。

カージャール朝はロシアやイギリスと何度か戦火を交え、その度に敗北していた。弱いね!



こうした外圧は、ペルシア人たちの不満を三度も爆発させる原因となるのである。

36 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 18:45:37.04 ID:NK5j/c1aP

最初の爆発は1848年に起こった。




 从 ゚Д从 ハッ



 从;゚∀从 「ちょっと待てよ、今の契約書はやばいんじゃないか!?」


37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/30(日) 18:46:20.54 ID:NEFdu5wd0
ロシアと中東って遠いイメージあったけど黒海とカスピ海の真ん中くらいまで国境あるんだな

38 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 18:46:40.09 ID:NK5j/c1aP



     (・∀ ・) 「賠償金、美味しゆうございましたwww」

    ξ゚∀゚)ξ 「治外法権、美味しゆうございましたwwwww」




 从#゚Д从 「うわああああああうぜええええええええええええええええええええ」



『カージャール朝』を襲ったのは、不平等条約での不利益だけではなかった。
ヨーロッパからの工業製品が大量に流入した結果、イランの産業は壊滅的な打撃を受けたのである。


39 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 18:47:42.94 ID:NK5j/c1aP


      ニヤニヤ  ニヤニヤ

  (・∀ ・) ξ゚∀゚)ξ




 从#゚∀从 「お前ら勝手に利権奪われてる奴の気持ち考えたことありますか?」
        マジでぶん殴りたくなるほどむかつくんで止めてもらえませんかねえ・・?
        事前に奪われるとわかっていれば反抗も出来ますが
        わからない場合手の打ち様が遅れるんですわ?お?
        賠償金を課すだけの糞ばかりなので庶民の意見が遅れると重税で好き放題叩かれまくられてマジで殺す。
        ちょとsYレならんしょこれは・・?渡すなら農民に断ってやれよ。
        これからはそれが出来ないやつが悪者でFA!それくらいも出来ないヘタレ王家はマジでかなぐり捨てンぞ?」







ちなみに1848年はかなり重要な年だぞ。
君は何が起こったか知っているかな?


40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/30(日) 18:48:09.90 ID:NEFdu5wd0
そういや産業革命も始まってたんだな

41 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 18:49:01.94 ID:NK5j/c1aP


      //
    / .人
    /  (__) パカ
   / ∩(____)     あ、まふでぃーインしたお!
   / .|从゚∀从_
  // |   ヽ/
  " ̄ ̄ ̄"∪



こうして発生したのが、『バーブ教徒の乱』である。
シーア派の一派から分かれたバーブ教の信者が、イランの各地で反乱を起こしたのであった。



42 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 18:50:23.67 ID:NK5j/c1aP


   バタ、バタンッ  (⌒;;)
    ____〆(⌒;;)  だ、出せー!!
   /     /   
  " ̄ ̄ ̄ ̄" (⌒;;)



だがこの反乱はカージャール朝により一瞬で鎮圧されてしまうw







ペルシア人ってなんでこんなにヘタレるんだろうか………

ちなみに1848年は、ヨーロッパでの”革命の年”です。
重要だから覚えておいて損はないですよ。


43 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 18:51:39.68 ID:NK5j/c1aP

でも、この程度では諦めないのがペルシア人のいいところだよね。

ペルシア人の次の爆発は、19世紀の最後に起こったのであった。






 从#-Д从 y━・~~~  「あ゛ーあ゛ー! もうやってらんねーわ、クソが!!」




 ξ゚⊿゚)ξ ………ッ!!


44 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 18:52:47.70 ID:NK5j/c1aP


 ξ#゚⊿゚)ξ 「タバコ、吸ってしまったんですか!!!!????」





 从#゚Д从 y━・~~~ 「あ゛!? なんだよ、吸ってちゃわりぃのかよ!」



 ξ#゚⊿゚)ξ 「最近のニュースは聞いていませんか? なぜ闇タバコを吸ったんですか?
         ルールがあるじゃないですか。タバコ産業のイギリス独占というルールがあるじゃないですか!」


 从;゚Д从 「は?」


45 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 18:53:47.87 ID:NK5j/c1aP


 ξ#゚⊿゚)ξ 「お客さんは商売を知ってますか? 専売権って知ってますか? そういうことです」



 从;゚Д从 ・・・・・



 ξ#゚⊿゚)ξ 「うちはね、イランの王様に頼まれて必死にやっているのですよ。
         専売を認めてくれないなら、やっていけないんですよ!」

 ξ# ⊿ )ξ 「闇タバコが流通していたらまともに利益が出せないじゃないですか!
         そんな状態が続いてしまったら、もう終わりなんですよ、はぁーはぁーはぁっ」





 从;゚Д从 「…………はい?」



46 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 18:55:05.22 ID:NK5j/c1aP



 从;゚Д从 「何が何だか、わからない……」




19世紀の終わりごろ、カージャール朝は経済危機に陥っていた。


それまでも様々な利権を外国に売り渡し、
自転車操業を続けていたカージャール朝だったが、
今回はイギリスの業者に国内のタバコ産業を独占させることで見返りを得ようとしていた。


47 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 18:56:02.40 ID:NK5j/c1aP

  ( ⌒ ) ポッポー
   l| /

⊂从#゚∀从  もうやってられねえよ!!
 /   ノ∪
 し―J |∥
     .|∥
   ) ━・~ (_
  ⌒〆⌒ヽ(⌒




この動きに対して、ペルシア人たちはタバコの不買運動を起こした。
タバコを取り扱っていた商人だけではなく、イスラム教の偉い人までもが不買運動を支持していた。

さらに、それのみにはとどまらず、
独占を許したカージャール朝への反対運動も起こりつつあったのである。



これら一連の反対運動を『タバコ=ボイコット運動』という。

48 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 18:57:13.99 ID:NK5j/c1aP



 从#゚Д从 「お前ら絶対に許さんからな…
        メモったからな、いつか100倍返しだからな!」



 ξ゚⊿゚)ξ チッ




結果的にこの運動は、ビビったカージャール朝が独占権を買い戻すことで決着した。

しかしながらこの事件は、ペルシア人の間に、
反列強・反カージャール朝の気運が広めることになったのである。



49 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 18:58:18.31 ID:NK5j/c1aP



そんな雰囲気の中で、1905年にある事件が起こることになる。




1905年といえば、もちろん皆さんは知っていますよね。



51 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 18:59:52.56 ID:NK5j/c1aP


         ∧ ∧
       ヽ(・∀ ・)ノ < みてみてー! うちのバルチック艦隊すごいでしょー!
       (( ノ(  )ヽ ))
         <  >





   ベトナム
     ↓  インド       トルコ
         ↓         ↓        ペルシア
                               ↓
                  ,r―-、、      r''"`''''ー--、
        ,rニニ=-、     /;゙゚゙゙゙`> `''i     lr'゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙l  `'l
     r=,レ゙゙゙゙゙l   l    > ェ‐  〉  l    ム     l
     ζ=`>`エヽ,r-,l    < 、   l_r‐-, l   〈ェ `ェ‐  〉
    i-、 〉-、  _ノ 、   ├、    、ノ     K´    し'´`,
    .'-、,r'l、_,r'" /´ \  <、    ,r、      l<_    _,/
     l´  >、_/    \__,>、,r'''"  ヽ、   〉      /l、
     .l   l /      /〈 ー'      ヽ  ``ヽー    ,)\
     l   ノ l .l    / /        l,r‐';"´〉  ,r'",r''"
    l,--、l / l     ,l     /     / 〈 /'-'フ" <

52 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 19:00:54.63 ID:NK5j/c1aP

            バチュン

        `゙`・;`'   みでぶっ
         ノ(  )ヽ
         <  >







      ,r=ヽ、            r';;;:;:;;:::;;;;;;;;;;;;ヽ、
     j。 。゙L゙i     rニ二`ヽ.   Y",,..、ーt;;;;;;;;;;;)
 r-=、 l≦ ノ6)_   l_,.、ヾ;r、゙t   lヲ '・=  )rテ-┴- 、
 `゙ゝヽ、`ー! ノ::::::`ヽ、 L、゚゙ tノ`ゾ`ー ゙iー'  ,r"彡彡三ミミ`ヽ
  にー `ヾヽ'":::::::::::: ィ"^゙iフ  _,,ノ ,  ゙tフ ゙ゞ''"´   ゙ifrミソヘ,
 ,.、 `~iヽ、. `~`''"´ ゙t (,, ̄, frノ   ゝ-‐,i ,,.,...、  ヾミく::::::l
 ゝヽ、__l::::ヽ`iー- '''"´゙i, ヽ ヽ,/   /  lヲ ェ。、   〉:,r-、::リ
 W..,,」:::::::::,->ヽi''"´::::ノ-ゝ ヽ、_ノー‐テ-/ i / ,, 、   '"fっ)ノ::l
   ̄r==ミ__ィ'{-‐ニ二...,-ゝ、'″ /,/`ヽl : :`i- 、ヽ  ,.:゙''" )'^`''ー- :、
    lミ、  / f´  r''/'´ミ)ゝ^),ノ>''"  ,:イ`i /i、ヺi .:" ,,. /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`゙
    ! ヾ .il  l  l;;;ト、つノ,ノ /   /:ト-"ノ゙i  ,,.:ィ'" /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
.    l   ハ. l  l;;;;i _,,.:イ /   /  ,レ''";;;;`゙゙" ヽ_,,ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   人 ヾニ゙i ヽ.l  yt,;ヽ  ゙v'′ ,:ィ"  /;;;;;;;;;;;;;;r-'"´`i,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  r'"::::ゝ、_ノ  ゙i_,/  l ヽ  ゙':く´ _,,.〃_;;;;;;;;;;;;f´'     ll;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  ` ̄´     /  l  ヽ   ヾ"/  `゙''ーハ.     l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
        /    l  ゙t    `'     /^t;\  ,,.ゝ;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;


50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/30(日) 18:58:44.83 ID:pY8NUGvX0
ようです 付けろってあれほど言っただろうふが!!!!!!!!!!!!

53 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 19:01:52.68 ID:NK5j/c1aP


         __O)二)))(>< ) < 大したことないんです
   0二━━ )____)┐ノヽ
         A   ||ミ|\ くく






1905年。
前年に勃発していた『日露戦争』は、辛うじて日本の勝利で終わった。

しかしこの勝利は、欧米列強の進出に悩まされていた国の人々に、大きな影響を与えることになった。







>>50
ようですを付けないのが俺のジャスティス!

54 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 19:02:58.85 ID:NK5j/c1aP

イランも『日露戦争』の影響を受けた国の一つである。

日露戦争の後、イランではカージャール朝への反対運動が激化していた。






 从 -Д从 「我々は今、ひとつの戦争の終結を見た。
         これは平和の訪れを意味するのか?」



 从#゚Д从 「否! これは始まりなのだ!」


55 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 19:03:59.70 ID:NK5j/c1aP


    ロシア帝国に比べ、アジアの日本の国力は何十分の一である。
    にも関わらず、今日まで戦い抜いてきたのは何故か!




    諸君!


    彼らは憲法を持っているからだ!








 (・∀ ・) ← 『ツァーリ』の君臨する専制君主制


 ( ><) ← 『大日本帝国憲法』による立憲君主制


57 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 19:04:58.79 ID:NK5j/c1aP


    一握りの白人が世界中にまで膨れ上がった従属地域を支配して100余年、
    アジアに住む我々が自由を要求して、何度列強に踏みにじられたか思い起こすがいい。



    ロシアの海軍、バルチック艦隊は死んだ!

    何故だ! イラン国民よ!







 ξ゚⊿゚)ξ 「坊やだからよ」




58 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 19:06:06.45 ID:NK5j/c1aP



 从#゚Д从 「国民よ立て! 悲しみを怒りに変えて、立てよ国民!」





カージャール朝への反対運動は、憲法の制定を目指すという形になって現れた。

これが『イラン立憲革命』であった。



しかし………

60 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 19:07:03.00 ID:NK5j/c1aP


 从#゚∀从ノ  Ey Iran !!!







  だまれよー

   .Λ Λ  \\
  (・ ∀・)   | | ガッ
  と   )   | |
   Y /ノ    人
    / )    <  >  ∩ グェァ
  _/し' //. V Д゚从
 (_フ彡        /


61 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 19:08:19.59 ID:NK5j/c1aP



   从 +Д从




 ξ゚⊿゚)ξ 「あまり騒がれても困るのよね」


 (・∀ ・) 「ねー!」



この『イラン立憲革命』は、ロシアが首を突っ込んできたために失敗してしまった。

イギリスとロシアは、『英露協商』によって既に手を結んでおり、
両国はペルシアにおける混乱を望まなかったのだ。



カージャール朝の半植民地化は、もはや手遅れの域に達していた。


62 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 19:09:18.10 ID:NK5j/c1aP



         从 +Д从
  ← 無視




  (・∀ ・)゚⊿゚)ξ              ('Д`#川




その後『第一次世界大戦』が始まると、ペルシアはイギリスとロシアに占領されてしまう。

そしてこのことがトドメとなり、『カージャール朝』はついに滅亡してしまうのである。



かくしてペルシアは、無政府状態に陥ってしまったのであった。


64 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 19:13:01.08 ID:NK5j/c1aP


さて、ここまでのことをまとめよう。




从 ゚∀从 の歴史は、


  lw´‐ _‐ノvが去ったのち、

  『サファヴィー朝』のころ最盛期を迎えたけれど、


  『カージャール朝』の時、

  (・∀ ・) や ξ゚⊿゚)ξ がやって来て、

  いろいろ抵抗してみたものの最終的には消滅してしまいました、 


ということです。



65 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 19:14:11.80 ID:NK5j/c1aP


                 ┏━━┓
           ┏━━┛    ┗━┓
           ┃              ┃
           ┗━━━┯━━━┛
                  × ⊂(‐_ ‐`wl テヤッ
           ┏━━━━━━━━━┓
           ┃                  ┃
           ┃                  ┗━━━┓┌──────
           ┃                   セリム1世┃│
 ┏━━━━┛   オ ス マ ン           ┃│
 ┃スレイマン1世                       ┃│サファヴィー朝
 ┃            ト ル コ             ┃│
 ┃                              ┃│




また年表です。

68 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 19:15:22.49 ID:NK5j/c1aP

●オスマン帝国の勃興





 ('、`*川 「みんなー、私のこと覚えてくれているかなー??」



 ('、`*川 「うんうん」



 ('、`*川 「そうだね、みんなの人気者ペニサスちゃんだよー」


69 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 19:16:29.64 ID:NK5j/c1aP

 ('、`*川 「という訳で、今日はみんなに楽しい遊びを教えてあげるね!」


 ('、`*川 「準備するものはこれだけ!!」






       ||
       ||
     ∧||__∧
     (ili´;ω;) ウッウッ
     ミ≡≡≡j
     ミ≡≡≡j
     ミ≡≡≡j
      ヽ)ヽ)

   『ビザンツ帝国』


70 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 19:17:32.37 ID:NK5j/c1aP


 ('、`*川 「弱体化したビザンツ帝国でーす。みんなも野原で捕まえてきてねー」


    (ili´;ω;) 「や、やめろ……僕なんかを食べてもおいしくないぞ………」



 ('、`*川 「そしてー、このガタガタ喚いてるやつを………」


    (ili´;ω;) 「あの……ねえ、聞いてる?」










   ('、`*川 「ひたすら殴ります(キリッ」




71 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 19:18:30.26 ID:NK5j/c1aP

14世紀初めごろ

               ,`           、,, ,,
              , !        , - ‐ ´~ ~ `´`´~
               `ヽ  ,,_,,_ノ
ヽッ        (ili´;ω;) ,,`=´--、   ('、`*川
 |        ,,,、-、-‐、_-‐´_--‐´
. (      Γ、ツ    i´~~~
 \    `ヽ_   `‐i
   ´-,    "~、   、‐`
    ´_~~ッ _ ト   ~ ̄`{
     (  、_)       `‐_,‐‐、, ,_i―-、,   ,,-‐、,っ
     (_、 、ヾ            ~~    `‐_=´-、  )
        ~ ~  i--‐‐,,           i´__,,,-´  |
            ~~~~~            ´     i
     _,,、                        /´
   ,/~  ~~`-,,,_                  /
  (         `!-‐--,,_    , - ‐ - ,,_,,,_ノ
_ _,)               ` ‐ ´
 ~                 。、_     ,、    ,
                 ( ;,_ノ゚ )     ヾヽ,   /
                           ヽ ヽノ



73 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 19:19:33.81 ID:NK5j/c1aP

皆さんは覚えているだろうか?

『セルジューク朝』が出てきた時に、
トルコ人は『ビザンツ帝国』をボコボコにしていたことを。

前スレで言えば、だいたい>>160くらいのことです。




実はこの時、トルコ人の一部はビザンツ帝国の旧領に住み着いていた。

彼らは互いに争いながら、それぞれの領地を勝手に統治していたのである。


75 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 19:20:38.10 ID:NK5j/c1aP

その後時が流れ、ちょうどモンゴル人の勢いが衰え始めた13世紀終わりごろ、
移住したトルコ人の手により、一つの小さな国が造られることになった。



     ||
     || 、v,
   ∧||そ ζ   ギャアアア
  (;ω;`ili) 、v,
   ミ≡≡≡そ ζ                   ィハヘヽ    ハドーケン!!
   ミ≡≡≡j ´^                  ⊂('、`*川ヽ
   ミ≡≡、v,                       ヽと/⌒_)
   (/ そ ζ                        (_ノ`J
      ´^



建国者の名前はオスマン=ベイと言う。

その後彼の国は、『オスマン帝国』として知られる巨大な国へと成長していくことになる。

76 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 19:21:38.11 ID:NK5j/c1aP

 ('、`*川 「ビザンツぶっ壊しゲーム、楽しんでもらえたかなー?」


    (ili´;ω;) 「楽しくない! 僕は全然楽しくない!!」



 ('、`*川 「オプションで『セルビア』とか『ブルガリア』をぶっ飛ばしても楽しいよっ」


 ('、`*川 「ちなみにこの前『ハンガリー』を思い切りチョップしたら………」


 ('、`*川 「変な声を上げて凄い勢いで飛んでっちゃいました! てへ!」



    (ili´;ω;) 「あうあう」





14世紀を通じて、『オスマン帝国』は次々と領土を拡大していった。

ビザンツ帝国いじめはもちろんのこと、ヨーロッパの東の方の国々までもを圧迫していた。


78 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 19:23:10.62 ID:NK5j/c1aP


        ひぃぃ                       ひゃおー

   (・ω・`;) 三二=             と('∀`#川 三二=







     lw´‐ _‐ノv キラッ☆   ← 『ティムール』




しかし、その勢いも一旦くじかれてしまう。
15世紀に入ると『ティムール』が現れ、その圧迫をモロに受けてしまったのだ。


そうして起こった『アンカラの戦い』の結果、
時の皇帝が捕虜となってしまい、オスマン帝国は一時的に滅亡してしまった。

79 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 19:24:27.30 ID:NK5j/c1aP


でもトルコ人はなかなかしぶといね。
オスマン帝国は、『ティムール』に完敗してから10年ちょっとで復活したのである。


それどころか、ついに難攻不落のあの街を陥落させることに成功したのであった。








 ('Д`;川 「なんだよあの米女…… あんなに強いとか聞いてないんだけど……」




81 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 19:25:34.20 ID:NK5j/c1aP


 <  米……



       (゚、゚;川 「ひぃ!」






 <  ごはん……




       (゚Д゚;川 「きゃあああ!!」



82 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 19:26:53.72 ID:NK5j/c1aP


(n´・ω・)η 「ササニ……… あっ!」



      (゚、゚ 川  ・・・・・






(;´・ω・) 「あ、あの……えーっと………」



      (゚、゚#川  ・・・・・



83 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 19:27:46.48 ID:NK5j/c1aP



     (^、^ 川  ニコッ



(;´^ω^) ニコッ








 (^、^*川 「よく言ってくれました!! 素晴らしいわ!! なんて素敵なんでしょう!
        私たちオスマン帝国は、貴方達を温っかく大歓迎しますよ!!」



 (;´^ω^) 「………えっ?」


84 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 19:28:50.86 ID:NK5j/c1aP


 (^、^*川 「いやあん本当に大英断ですわ。
        あなた方が降参しなければ作戦は成功しませんでした。
        我らのスルタン『メフメト2世』も、とってもとってもお喜びになってますよ!!

        つきましてはとっても素敵なごほうびと、新しいご命令も仰せ付かってますわ。
        ええと……たしか……え―――」






 (^、^*川 「当地域における2m四方正方形分の土地面積を、
        恒久的にあなた方に領土として与えるとの事です!!」





 (;´^ω^) 「は…!?」



88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/30(日) 19:31:18.52 ID:fsD1WWdFQ
2m四方ワラタwww

86 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 19:29:46.31 ID:NK5j/c1aP


 (^、^*川 「それと新たな命令についてですが、当地域付近の田畑における、作物への滋養分の散布行動との事ですよ!!」


 (ili´^ω^) 「そッ それは それは一体どういう事でしょう?」



 ('、`*川 「あら、ちょっとわかりづらかったかしら。
       お馬鹿なあなた方にもわかりやすくいうわね」







 ('、`#川 「出番が済んだらちゃっちゃとおッ死ね、金玉口野郎」




 (ili´゚ω゚) ・・・・・




87 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 19:30:38.58 ID:NK5j/c1aP




                                   _,,..-‐''`'ー-、_
 _,..-'''"~""''' ‐- ...,,___,,..-‐''~""''' ‐-~""''' ‐- ...,,__'''""~


            ┌┐                 ┌┐
            /~'7;; |/~''7              /~'7;; |/~''7
           (  ( ̄|  (             (  ( ̄|  (
         、___`t-'ーイゝ-i            、___`t-'ーイゝ-i
λλλλ    ヽ] ̄二二二7   λλλλ   ヽ] ̄二二二7
''"'"' "'''.'''"'"' "'''.'''"'"':"'" ̄'"":..:"'" ̄'"":..:"'" ̄'"":..:"'" ̄'"":..



そしてその時、船団は丘を越えた………ッ!!


89 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 19:32:37.18 ID:NK5j/c1aP
復活を果たしたオスマン帝国は、ついに『ビザンツ帝国』の制圧を試みた。

帝国の首都『コンスタンティノープル』は難攻不落の城砦であったが、
オスマン帝国側は新兵器と奇策を用いてこれを攻略したのであった。



                    ,l° .,,「
                      ,「  .,√             ,----.
                     ,√ .,f°    ,―i、   _,,,,,,,,,, ` ‘ ̄~i、
                  ,,「  .,√   _,,,,,,,,,,i",,,,,,,,,゙゛  .,,、 .''''''''i、  ` .'''i、
                    ,√ .,l″  /゙ニ,,〟  -,,゙."    ″  `   i、 "
                ,f° .,f°  _,ヽ. .| ー-,_ .! .,,,,.,--r'"゙゙゙′ '!  、゙l
                  ,l″ .,,「 .,―‐,ー ゙゙!`  ,,ミ,/  `   'i、 i、゜  { .l゙
               ,f° .,l″ ,,i´,l'"′ ." ,、iナr‐‐ 、  .i、 ー'゙., "., ‐'゙   、
                ,z″ ,l",,r,l゙  ` 、  /^ ゜,-、.-l゙ .,rノ  "゙"  |  │.,,,,,ノ
                ,「 ゙゙━'l、.|゛ `'z、,-" ./',,,/'ー..,ィ,,ノ`'"ヽ―''   .` --′
           ェ‐,l″  .|"~゙,,,,,"゙゙|'"  .八←ー彳  `'''''''     .'゙
          {゙l.ケ  _,j|,二,,,,,二|,、,,、 .|ー'ニ,,,,,,_|__
        ,,,,,,---‐"'"""゙゙″   ~'''ー、,,,゙゚゚'「ミ,、  `''''ニニ--,,_
        |   |   |_,,,,|,,,,,,,,,,,-----ー'┴ー、,,"'ー-,_  `''ー二'ー-,,,_
        |'''''''゙广 ̄]  .| .,,―''ァニニニニニニニニニiiZ''二二二二匸二“|v--------、
.,,,v-----│  .|   .|   |,/ /` ゙l_______,し-エ-----エ---、| ヽ_____゙l、
,!| |゙|ニニニニニニニ二二二二,,|, | |  .|         l゙ ー┼――┼―ー.| l゙      ,|
|゙l,l゙,ミ''ニ''ニ‐,!‐―r‐―-----ミK ゙l、.广''''''''''''''''''''''''''ク―┴――‐――‐" 广゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙'〕
'゙‐'l|ll|Wiトり |l゙,|,|,,!|,゙lj_,,!l゙゙l .l゙゙i、 ゙l,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,',i´,,,二二二"゙"''―--、il二二ニ,,,,,/ー
,,,,,,,,,,,,,,,,,,―''''゙゙,ン-'''" .゙厂゙|゙゙'ニ,'''¬z一ー=ニコiii,ニZ||ijj,,,,――--、    `i、 \、 `゙''''
        `  _,,,l゙  .|  ″ |`''ー、,、  `゙''ー-、 `゙"~       ‘  `'-

          新兵器  「ウルバンの巨砲」 (嘘AA)

90 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 19:33:46.54 ID:NK5j/c1aP


        .: + ...:.    ..:...:.. :. +
        . ..: .. . ∧_∧   + .. : .. .
        .. +  (´゙゚'ω゚')  ..:.  ..  ..
       +  :.  /つ旦o  .  +..
        .    : ..    +  .. .
        .. :..      __  ..
        .    +   |: |
                |: |
            .(二二X二二O
                |: |    ..:+
          (⌒─⌒) .|: |
         / ⌒ ヽ ),,|; |,_,,
      _,,_,,_(,,    );;;;:;:;;;;:::::ヽ,、
      "   "" """""""",, ""/;


かくして、1000年以上も生き延びていた古代の帝国は、ここに滅びた。


1453年。
『ビザンツ帝国』の滅亡をもって、ヨーロッパの中世は終焉を迎えることになる。


91 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 19:34:56.57 ID:NK5j/c1aP



 (・∀ ・) 「ありゃー ビザンツとうとう死んじゃったのか……」




なお、ビザンツ帝国が滅亡したことは、遠く離れたロシアの地にも影響を及ぼした。

この事件以降のモスクワの大公が、『ツァーリ』の称号を用いることになったのである。


ここら辺の詳しい話はロシア史で出てきますよ。


92 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 19:36:06.72 ID:NK5j/c1aP

さて、話をオスマン帝国に戻そう。

ここら辺から今までの話と関わる部分が増えてくるので、年表を見ながらしっかり理解してくださいな。


ちなみに地図は>>16を参照してね。



94 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 19:37:07.76 ID:NK5j/c1aP


     (´×ω×)




 ('、`*川 「そんな訳で、ヨーロッパ側のクソどもはほとんどやっつけちゃいましたー!」



 ('、`*川 「次の標的はアジア側のクソどもでーす!」



 ('、`*川 「どんなクソどもがいたか、みんなは覚えているかなー??」




16世紀に入り、新たにオスマン帝国の指導者となったのは、『セリム1世』というスルタンであった。

『セリム1世』は歴代の皇帝とは異なり、アジア側に領土を広げようと試みたのである。

99 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 20:00:08.00 ID:NK5j/c1aP


                          _、_
      ヾ从 ゚∀从ノ゙           ( ,_ノ` )

     『サファヴィー朝』       『マムルーク朝』




 ('、`*川 「わーお、こいつはファッキンな野郎どもだぜ!」



 ('、`*川 「これは早速消毒しないといけないね!」








OK、さるゲット
こいつはめんどい・・・・

>fsD1WWdFQさんありがとうね

100 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 20:02:06.03 ID:NK5j/c1aP








                              ,,从.ノ巛ミ   彡ミ彡)ミ彡ミ彡ミ彡)
             ゴォォォ...          人ノ゙ ⌒ヽ   彡ミ彡)ミ彡)ミ彡)''"
    ィハヘヽ               ,,..、;;:'"゙゙        )  从  ミ彡ミ彡)ミ彡,,)
  √('、`*川     ,,..、;;:~-:''"゙⌒゙      ´゙゚'Д゚'` 彡 ,, ⌒ヽ 彡, 彡"彡,彡,
  | (   ===m==<|::::::゙:゙                   '"゙   ミ彡彡,彡,彡,彡,
  L=しー-J '    ``゙⌒`゙"''~-、:;;,_                 ) 彡,,彡,彡,
                  ..;.;"..;.;".   ;.;"..;..;.;"..;.;"



103 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 20:04:05.25 ID:NK5j/c1aP


 ('、`*川 「フッ…… 圧倒的じゃないか、我が軍は」


 ('、`*川 「もう今は火砲の時代よね。馬とは違うのだよ、馬とは」




 ('、`*川 「ちなみに右が向けないのは仕様です」





この頃になると、オスマン帝国にはもはや敵なしといった有様であった。

騎馬部隊が突撃を繰り返すだけの『サファヴィー朝』や『マムルーク朝』は、
強力な鉄砲隊『イェニチェリ』を抱えるオスマン帝国に一蹴されてしまった。


104 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 20:06:24.73 ID:NK5j/c1aP

こうして1517年、『マムルーク朝』を滅ぼしたオスマン帝国は、広大な地中海世界の覇者となった。

アラビア半島も、バルカン半島も、マグレブもエジプトも、全てがオスマン帝国のものとなった。



                      _
                   ( ゚∀゚)
       ヾ.
        `ヽ            ('A`;)               ('、`*川
         │ ミ ;゚Д゚彡     _               / ̄\  ゝ
        .│        __  | └┐            /    ∨ \
 _____ノ    ┌へノ'  ヽ `丶 └┐  ('、`*川   ノ         `\
 |           |    ∩ \  \  ``|        |__~ ̄へ___|
 |         」~``    |´ |   ~\ `\ |  _,~`く             ('、`*川
く         |        |_|    ``|  ..ゝ`|  |   | ̄`('、`*川
 |_   __ノ   _____  ⊂ ̄|し´   L_ノ   |
   レ~´  _、~´       |   `´           ̄`~~~~~ノ
   |ヽ――´~           |            ⊂⊃        ノ ('、`*川
 /´        ('、`*川   く__,                   ノ
                        `丶_  / ̄`ヽ~ヽ_  _  ノ
                          `し´         `´ `~´
                                 ('、`*川
                                              ('、`*川


109 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 20:08:13.68 ID:NK5j/c1aP

なお、1517年はけっこう重要な年だったりする。



オスマン帝国がマムルーク朝を滅ぼし、メッカやメディナの支配権を得たこともあるが、
実はヨーロッパで『ルター』が宗教改革を始めたのも1517年なのだ。

1517年は、キリスト教世界とイスラム教世界の双方で宗教的な事件が起こった年なのである。







宗教改革の詳しいことは、
『やる夫でキリスト教史』の最終回で触れましたので、そちらをお読みください――


と言いたい所なんですが、どこにもまとめられなかったのでどうしたものかなあ。


110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/30(日) 20:08:46.57 ID:c2Bw+5K20
とりあえずさるになるまでガンガン支援だ

111 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 20:09:08.55 ID:NK5j/c1aP

    (ヽ               /⌒ ̄二⊃
   / \         .ィハヘヽ   /   /(      殺伐とした欧州にイスラムの侵略者が!
   (/^\ \ _    ('、`*川 (   __\
        \_ ̄⌒       \ \\\ヽ
            ̄ ̄|      / ̄\ \ヽ ヽヽ
        ___/    /     \)ヽ ヽ ヽ
       (  _       )         \))~
       \ ヽ ̄ ̄\  ヽ
         \ ヽ   \  ヽ
          ヽ  )   \ \
           ヽ (     \ ヽ 
             `し.      \ \ 
                      ヽ  )
                       ヽ (
                         `し


その後オスマン帝国は、『スレイマン1世』によって最盛期を迎えた。

ヨーロッパ方面では、オーストリアに殴りこんで『第一次ウィーン包囲』を引き起こしたり、
『フランス王国』と同盟を組んだりなどして、ハプスブルク家に対抗しようとしていた。



ちなみにこの時、調子に乗って『カピチュレーション』という特権をヨーロッパ人に与えたが、
これが後々大変なことになってきたりするので覚えておいて下さい。


116 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 20:10:53.67 ID:NK5j/c1aP

また地中海では、『プレヴェザの海戦』によって
スペインやヴェネツィアの連合艦隊を追い出すなど、制海権の確保に力を注いでいた。

その後『レパントの海戦』で完敗し一時的に制海権を失うも、
半年後には艦隊を再建して再び制海権を握ることに成功している。





16世紀中葉、『スレイマン1世』のもと、オスマン帝国は確かに全盛期であった。




106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/30(日) 20:06:57.06 ID:c2Bw+5K20
もう! あれほど「ようです」つけろって言ったのに!
何やってるのよ馬鹿! 信じらんない! 仕方が無いから支援してあげるわよ!
感謝しなさい! んもうっ!

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/30(日) 20:07:52.86 ID:U4kfahAE0
おおおお来てたああああ
覚えてるかな?前スレでちょっと首突っ込んで用語解説とかしてたビザンツ帝国好きだよ★

122 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 20:13:53.33 ID:NK5j/c1aP
ちょ、なんか急に加速しとるww


>>106
学ぶスレにようですがつかないのはっ……!

「ブーンで学ぶ日本史」からの伝統っ……!

だから俺はっ…… このスレには絶対にようですをつけないっ……!



>>108
貴兄の愛したビザンツは死んだ! 何故だ!





いやー、相変わらず文字が多くて申し訳ない。
「全盛期のオスマン帝国」みたいな改変が入れられればよかったんだろうけど、流石に挫折したw

もうちょっと端折って行きたいところなんだがねえ。




全盛期を迎えたこの後は、じわじわと衰えていくオスマン帝国をお楽しみください。



123 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 20:14:54.55 ID:NK5j/c1aP

●東方問題






 ('、`;川 「はぁ~い、みんなのペニサスちゃんだよー!」



 ('、`;川 「実は今、相当やばい状況だったりしまーす」



 ('、`;川 「というのも………」


125 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 20:16:37.56 ID:NK5j/c1aP


   マグネットパワー プラス!!           マグネットパワー マイナス!!

   三(#「゚A゚)「                   (・∀ ・)三

  『オーストリア』                『ロシア帝国』






 ('、`;川 「なんかねー、こいつらが私のことを目の敵にするんですぅ~」



 ('、`;川 「ひどいよねぇ。ちょっとウィーンの街を包囲したり、コサックを追い散らしただけなのに……」



 ('、`;川 「あ~やだやだ、文化を知らない奴は」


126 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 20:17:53.75 ID:NK5j/c1aP

17世紀から18世紀にかけて、『オスマン帝国』は徐々に衰えていった。



         クロスボンバー!!
                  グアアア!!

        三(#゚A゚)⊃('Д`;川⊂(・∀ ・)三



『第二次ウィーン包囲』の失敗はオーストリアの反抗を招き、『カルロヴィッツ条約』の結果オスマン帝国は敗北した。

また、18世紀に起こった『ロシア帝国』との戦争は、オスマン帝国の完敗に終わり、
キュチュク=カイナルジ条約によって黒海の制海権を失ってしまった。





まあとりあえず、ボコされてたってことだけ覚えておいてね。

129 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 20:19:04.14 ID:NK5j/c1aP



 ('、`#川 「くぅ、見てなさいよ! あんた達なんかけちょんけちょんにしてあげるんだからっ!」



  (・∀ ・) 「でっていうwwwwwwwwww」

  ('A`)  「でででっていうwwwwwwwwwwwww」



国家制度自体も古臭くなりつつあり、オスマン帝国の国力はだんだんと弱まっていった。


128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/30(日) 20:19:02.61 ID:2zeX6W7O0
ゲェー!?完璧超人?!

130 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 20:21:09.45 ID:NK5j/c1aP


その後オスマン帝国の衰退は、ある男がエジプトにやって来たことで決定的となった。




18世紀の終わり。

革命華やかりし頃、その男は突然現れた。








>>128
元ネタに反応してくれるとすごいうれしい

131 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 20:22:18.30 ID:NK5j/c1aP

              (ヽ,,.
        __,,,,,,,))))ヽ,i彡,
       (・ │   ◎ 彡ミ
        >イ|      彡|
         ̄| ̄ヽ_  彡彡ミ
          |  /   彡ミ   ∧,,∧       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ヽ∠__彡ミ.   ミ,,゚Д゚彡.   < エロ画像かと思ったか? 俺だよ!
        彡彡彡彡彡\ミ    ソ / )     \______________
        /    彡彡彡|____// ./
       /彡彡彡彡彡彡{!!!__//
       |        ___y   /
   / \ ヽ      (      ノ
 //\ \|       \ \ ̄ ̄\
丶◆| ̄ ̄ ̄   ノ   と__ヽ    \
   | | ̄ ̄ ̄""\            .|
   | |        ヽ           |ノ⌒ミ
   丶◆        \__|        | )))ミ
                 ヽ     / ((((
                 /    /ヽ    )))
                /   /\ \   ((
                \  \  \ \   )),
                  \ \ //
                  ////
                 // ■"
                ■"

フランスの軍人、『ナポレオン=ボナパルト』である。
当時のフランスは、島国イギリスを打ち倒すために様々な策略を巡らしていた。


132 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 20:23:34.94 ID:NK5j/c1aP


 ミ,,゚Д゚彡 「うん? 何で俺様がエジプトにまで来たかって?」


 ミ,,^Д^彡 「そりゃあ、イギリスに嫌がらせをするためさ。
         ここでインドからの荷物を差し押さえれば、あのビチグソは嫌でも降伏してくるだろうよ!」






         ワナワナ

      ξ#゚⊿゚)ξ 「だぁーれがビチグソですってぇぇぇッ!!」




 ミ,,゚∀゚彡 「おお、こわいこわいwwww」



133 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 20:25:10.06 ID:NK5j/c1aP

そうしてナポレオン率いるフランス軍は、エジプトの勢力と激突することになった。





 ミ#゚Д゚彡 「よいか、兵士諸君! あの遺跡の頂から4000年の歴史が諸君を見下ろしているぞ!」



 ミ#゚Д゚彡 「撃ていッッ!!」




                         ゴバァ
                       _、_
     ミ#゚Д゚彡;y=ー        (・ Д`) .:;'∴




137 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 20:34:03.08 ID:NK5j/c1aP






 ミ,,^Д^彡 「やった! エジプト遠征完ッ!!」













          うるさい!          ギャアア

     ξ#゚⊿゚)ξ;y=ー        ミ・゚Д゚彡 .:;'∴




さるーん

143 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 20:42:09.59 ID:NK5j/c1aP



 ξ#゚⊿゚)ξ 「まったく、目を離すとすぐこれなんだから!!」


 ミ;゚Д゚彡 「………くそっ、撤退だあ!!」




ナポレオンのエジプト遠征は、
素早く動いたイギリス艦隊の奮闘により失敗してしまった。

しかしながら、この遠征は予想外の影響をオスマン帝国に与えることになる。












さる手ごわい

144 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 20:43:54.21 ID:NK5j/c1aP

   _、_
 ( ,_ノ` ) 「ナポレオンか………面白い男だ。俺もあのような漢にならねばなるまい」


   _、_
 ( ,_ノ` ) 「という訳でオスマンの皇帝よ! 俺は独立させてもらう!」






  ('Д` 川 「………は?」




というのも、ナポレオンの遠征の結果、エジプトはオスマン帝国から自立しようとしたのである。

147 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 20:45:32.25 ID:NK5j/c1aP

19世紀初頭の地図

                        _
                   (゚∀゚; )
       ヾ.
        `ヽ            ('A`;)         (・∀ ・)
         │ ミ,,゚Д゚彡     _               / ̄\  ゝ
        .│        __  | └┐            /    ∨ \
 _____ノ    ┌へノ'  ヽ `丶 └┐          ノ         `\
 |           |    ∩ \  \  ``|        |__~ ̄へ___|
 |         」~``    |´ |   ~\ `\ |  _,~`く
く         |        |_|    ``|  ..ゝ`|  |   | ̄`('、`;川
 |_   .__ノ   _____  ⊂ ̄|し´   L_ノ   |
   レ~´  _、~´       |   `´           ̄`~~~~~ノ
   |ヽ――´~           |            ⊂⊃        ノ
 /´                く__,                   ノ
                        `丶_  / ̄`ヽ~ヽ_  _  ノ
                          `し´         `´ `~´
                                    _、_
                                  ( ,_ノ` )
                                                (゚∀゚*)



148 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 20:47:13.38 ID:NK5j/c1aP

   _、_
 ( ,_ノ` ) 「どうしたんだ? かかってこいよベネット!!」




 ('、`;川 o0(チッ、ここでエジプトまで敵に回すとまずいわね……… 仕方ないわ………)





新たにエジプトの支配者になったのは、『ムハンマド=アリー』という軍人であった。

当時のオスマン皇帝は、もはやこの自立を黙認することしかできなかった。


それどころか………

150 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 20:50:25.80 ID:NK5j/c1aP


 ('、`;川 「あらヤダ、そんな事はどうだっていいのよ! うふふっ。
       それよりも向こうの反乱を鎮圧するのを助けてくれないかしら?」



   _、_
 ( ,_ノ` ) 「向こう?」 →




 ('、`;川 「そうそう、あいつらよ! あいつらのこと、お願いねっ!」



154 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 21:05:12.60 ID:NK5j/c1aP


             ∧∧  アヒャヒャー
           (`(゚∀゚*)
            \  つ
           ⊂二_)~
              丶)



それどころか、同じ時期に起こったアラブ人の抵抗、『ワッハーブ運動』を鎮圧するのに、
この『ムハンマド=アリー』の協力を得ないといけないほどであった。


オスマン帝国の衰退は、すでにここまで進んでいた。









ふぅ…… いいお湯だった……

155 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 21:07:22.60 ID:NK5j/c1aP

そんなオスマン帝国を更なる悲劇が襲うことになる。



 (#´・ω・) 「おいお前! 俺の名を言ってみろ!」


 ('、`;川 「お、お前はッ!!!」











 ('、`*川 「誰だっけ?」



157 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 21:09:28.02 ID:NK5j/c1aP


 (#´;ω;) ブワッ




 (#´TωT) 「うっ……… そ、そうか! 俺の心の傷を見ても誰だかわからねえのか!」



 ('、`*川 「いや、誰だよ。つーか心の傷なんて見えんだろ―――








 ('、`;川 「うん? その金玉口は………」



159 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 21:11:27.95 ID:NK5j/c1aP



 (#´;ω;) 「うわあああああ!!! 俺は嘘が大きれぇなんだ!!殺してやる!!」



 ('、`;川 「ちょ! ちょま!」




『ムハンマド=アリー』の軍隊がアラブ人の反乱を鎮圧したのと同じころ、
今度はギリシア人たちが反乱を起こし始めたのであった。

もちろん、オスマン帝国がこの反乱を独力で鎮圧できるわけがない。


161 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 21:13:46.88 ID:NK5j/c1aP


 (#´;ω;) 「きさまの拳など蚊ほどもきかんわー!!」






 ('、`#川 「がああああ、このクソ忙しい時になんちゅうことをしてくれたんや!」




 ('、`#川 「かくなるうえはッ!」


164 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 21:15:25.16 ID:NK5j/c1aP


 (゚、゚#川 「アリえも~~ん!! また反乱軍にいじめられたよーう!!!」


   _、_
 (; ,_ノ` ) 「またか………」




この反乱に対しても、オスマン帝国は『ムハンマド=アリー』に助けを求めた。
エジプトは領土の割譲を条件にしてこれに応じ、今度も無事に鎮圧されるかに思われた。


166 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 21:17:10.84 ID:NK5j/c1aP

ところが今回の反乱は、少し事情が異なってくる。



   _、_
 ( ,_ノ` ) 「助けてやるからシリアは寄越すと約束しろ」



 ('∀`#川 「そんなことはどうでもいい! さっさとあの金玉口を黙らせなさい!」



 (#´・ω・) 「てめえらに今日を生きる資格はねぇ!! あたあ!!!」








        「 「 「  ちょっと待った!!  」 」 」






169 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 21:19:18.90 ID:NK5j/c1aP



 ミ#-Д-彡 「許しません! そんな戦争許しません!」


 ξ゚⊿゚)ξ 「弱いものいじめは絶対許さなえ!」


 (・∀ ・) 「我々はギリシアの味方です!」






 ミ,,゚Д゚彡

 ξ゚⊿゚)ξ  「弱きを助け強きを挫く! それが欧州クオリティ!」

 (・∀ ・)



171 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 21:21:07.16 ID:NK5j/c1aP


 (・∀ ・) o0(えへへ、ギリシアを手懐ければ地中海で遊び放題だ~!)


ξ#゚⊿゚)ξ o0(フン、ロシアの考えてることはお見通しよ! ギリシアを確保するのはアタシなんだから!)


 ミ*゚Д゚彡 o0(ギリシアはヨーロッパのご先祖。ロマンのために俺は戦うぜ!)





なんと、オスマン帝国が反乱軍を討伐しようとしたところ、
イギリス・フランス・ロシアがギリシアの支援を始めたのである。

こうして反乱の鎮圧は、『ギリシア独立戦争』として大規模化していったのだ。


174 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 21:23:06.42 ID:NK5j/c1aP




 ミ,,゚Д゚彡                       ちょ、無理無理!
                               _、_
 ξ゚⊿゚)ξ   (#´・ω・)              ( ;,_ノ` )      ('、`;川

 (・∀ ・)




        第0ラウンド  『ギリシア独立戦争』(1821~29)



175 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 21:24:44.16 ID:NK5j/c1aP


   _、_
 ( ;,_ノ` ) 「おいちょっと待て、ヨーロッパ人が出てくるなんて聞いてないぞ!」



 ('、`#川
 「い……いいから早く戦いなさいよ! じゃないと私の―――」








    ξ#゚⊿゚)ξ 「火薬よーし! 砲弾よーし!」


    ミ#゚Д゚彡 「撃てーーーッ!!!」


     (・∀ ・) 「どかーん どかーん」



176 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 21:26:58.97 ID:NK5j/c1aP


     (・∀ ・) 「見ろ! 船がゴミのようだ!!」



 (゚Д゚;川 「きゃあああ!! わ、私の海軍が!!!  あわっあわわわっ」

   _、_
 ( ;,_ノ` ) 「もう無理だ、早く降参しろ! 遅くなっても知らんぞーーーっ!」


 (゚Д゚;川 「わかりましたわかりましたもうどくりつでもなんでもいいからはやくやめてくださいおねがいしますううううう」






あやや、変なところに改行が入ったな

179 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 21:32:09.60 ID:NK5j/c1aP



     ξ゚⊿゚)ξ o0(うわぁ、超よえーわ)




『ナヴァリノの海戦』で大打撃を受けたオスマン帝国は、もはやギリシアの独立を認めざるを得なかった。
オスマン帝国の衰退は、もはや確定的に明らかであった。









さるだー

181 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 21:34:50.38 ID:NK5j/c1aP

しかしこの戦いは、これから起こる大波乱の幕開けに過ぎない。
オスマン帝国が衰退し始めたことで、ヨーロッパの国々の間で一つの問題が出てきたのだ。




   (・∀ ・) o0(あれ? トルコを仲間にすれば地中海に出られるんじゃない?)


  ξ;゚⊿゚)ξ o0(くっ、ロシアが地中海に出てきたらインドとの貿易路が危ないわ……)


   ミ#゚Д゚彡 o0(俺はまだエジプト支配の夢を諦めた訳じゃないからな!)





東地中海域の支配権を巡る、
イギリス・フランス・ロシア3国の対立―――それが『東方問題』である。

以降この3国は、壮絶な外交戦を繰り広げることになる。

182 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 21:36:34.46 ID:NK5j/c1aP

そして、対立の火種はすぐそこに………






 (;、; 川 「あぅ…そんな…… この私があの金玉口に負けるなんて…………」

   _、_
 ( ,_ノ` ) 「おい、ちょっといいか」


 (;、; 川 「何よ……私はいま深い悲しみに包まれてるのに………」




   _、_
 ( ,_ノ` ) 「んなことはどうでもいい。約束どおりシリアをよこせ」



185 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 21:39:14.17 ID:NK5j/c1aP






 (゚、゚ 川 「は?」


   _、_
 ( ,_ノ` ) 「先の戦争では手助けしてやっただろう。その代償だ」




 (゚、゚ 川  ・・・・・・


   _、_
 ( ,_ノ` ) 「忘れたとは言わせんぞ。>>166にきちんと書いてあるからな」






 (゚、゚ 川 「………わざわざ負けに来た援軍にやるような領土はねえよ。帰れゴミクズ」



188 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 21:43:14.67 ID:NK5j/c1aP


   _、_
 (; ,_ノ` ) 「おい、あんた。自分の立場わかってるのか?」



 (゚、゚ 川 「あ? なんだてめえやんのかコラァ」








       「「「 へーい! ちょっと待ちなさーい!! 」」」









>>184
漫画ネタが一番使いやすいんだよねえ
名言まとめサイトも充実してるしw

190 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 21:46:44.44 ID:NK5j/c1aP


 ミ,,-Д-彡 「約束を破るのはよくねーなー。オスマンさんよう。 だから俺はエジプト側に付くぜー!」


 (・∀ ・) 「弱いものいじめは良くないでしょ、エジプトさん。 だからボクはオスマン側に付くよ」






    ξ゚⊿゚)ξ  o0(ロシアはオスマン帝国側に付いたわね……じゃあアタシはエジプトに味方するわ)




なんと、『ギリシア独立戦争』のあと、
オスマン帝国とエジプトは仲違いを始めてしまったのだ。

ここに目をつけた英仏露の3国は、またもや複雑な外交戦を展開する。







おおう、一回書き込んではさるとか久々だわww

192 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 21:48:24.75 ID:NK5j/c1aP


  ミ,,゚Д゚彡
            _、_
`)         ( ,_ノ` )               (゚、゚ 川     (・∀ ・;)

  ξ゚⊿゚)ξ




       第1ラウンド   『第一次エジプト=トルコ戦争』(1831~33)



195 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 21:51:00.34 ID:NK5j/c1aP


   _、_
 ( ,_ノ` ) 「フランス仕込の用兵術を見せてやろう」



 (゚、゚#川 「うるさい! エジプトのくせに生意気なのよ!」


 (;・∀ ・) 「ねえ、これはちょっとやば――」







   _、_
 ( ,_ノ` );y=ー         (゚Д゚・川・∵.



こうして発生した『第一次エジプト=トルコ戦争』。
結果はもちろんオスマン帝国の惨敗であった。

シリアは『ムハンマド=アリー』の領土となり、エジプトはさらに強大になった。


196 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 21:52:34.84 ID:NK5j/c1aP


しかしこの戦争の後、ロシアが不穏な動きを見せ始める。





 ('Д`#川 「キィィィッ!! あんた私の味方をしてくれるって言ったのに全然役に立たないじゃないの!!!!」


 (・∀ ・) 「めんごめんごwwwww次からは本気出すから安心しなってwwwwwwwww」


 ('Д`#川 「しっかりしてよね! 本当に頼むわよ!」



 (・∀ ・) 「わかってるってwwwwまかせんしゃーいwwwwwwwww」


198 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 21:53:39.78 ID:NK5j/c1aP


 (・∀ ・) 「あ、その代わりにと言うのも何なんだけどさー」


 ('、`#川 「あによ」




 (・∀ ・) 「ほら、『ボスポラス海峡』と『ダーダネルス海峡』ってのがあるじゃん?」



 (....∀ ) 「あそこをさー、ちょっと通して欲しいんだよねえ。軍艦が通れないとボクも本気出せないし」



200 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 21:57:07.58 ID:NK5j/c1aP

                【ココ!】

                 │          、,, ,,
              , !   ↓     , - ‐ ´~ ~ `´`´~
               `ヽ  ,,_,,_ノ
ヽッ         ('、`;川 ,,`=´--、
 |        ,,,、-、-‐、_-‐´_--‐´
. (      Γ、ツ    i´~~~
  (´・ω・)`ヽ_   `‐i
   ´-,    "~、   、‐`
    ´_~~ッ _ ト   ~ ̄`{
     (  、_)       `‐_,‐‐、, ,_i―-、,   ,,-‐、,っ
     (_、 、ヾ            ~~    `‐_=´-、  )
        ~ ~  i--‐‐,,           i´__,,,-´  |
            ~~~~~            ´     i
     _,,、                        /´
   ,/~  ~~`-,,,_                  /
  (         `!-‐--,,_    , - ‐ - ,,_,,,_ノ
_ _,)               ` ‐ ´
 ~                 _、_      ,、    ,
                 ( ,_ノ`)     ヾヽ,   /
                           ヽ ヽノ



201 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/30(日) 21:57:07.72 ID:U4kfahAE0
ぐああああああこれは書くのかよ!
得意げに解説しちまったぁああああああああ

204 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 21:58:41.85 ID:NK5j/c1aP



 ('、`;川 「何かと思ったらそんなこと? まあいいけど………」



 (・∀ ・) 「やったー! よーし、ぱぱ本気だしちゃうぞー!」





かくして、ロシアは地中海に出る権利をゲットした。
この取引を『ウンキャル=スケレッシ条約』という。


しかし、「ロシアの軍艦が地中海に出てくること」を嫌がる国がいるのはご存知ですよね。







>>201
先読み上等、どんどん書き込んでくれww

正直なところ今さるがキツイwww

207 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 22:00:24.25 ID:NK5j/c1aP


 (・∀ ・) 「この約束は他の国には内緒なんだからな!」


 ('、`;川 「はいはい……」



     ξ#゚⊿゚)ξ o0(バレバレですから!  ちっくしょー、なんて約束してんのよあのクソ女!)






 (・∀ ・) 「それじゃーボクが全力でバックアップしてあげる。頑張ってエジプトを倒してきなよー!」


 ('、`#川 「ふん、言われるまでもないわ」



     ξ#゚⊿゚)ξ o0(なんとしてもロシアの一人勝ちだけは防がないと! こうなったら………)


209 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 22:01:44.87 ID:NK5j/c1aP


 ('、`#川 「今日こそぶち殺してやんよ……」


   _、_
 ( ,_ノ` ) 「ふん、鏡を見てから言うんだな」








      「 「 「 撃つと動く! ……いや、動くと撃つ!! 」 」 」




210 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 22:03:35.73 ID:NK5j/c1aP


 ミ,,゚Д゚彡 「おいおい、また殴り合いかよ。懲りない奴らだなあ。  まあ俺はエジプトを支持するから」


 (・∀ ・) 「オスマン帝国がかわいそうだと思わないの?  ボクはオスマン支持だよ」









 ξ゚⊿゚)ξ 「アタシは………オスマン帝国を支持します」



 (;・∀ ・)
         「えっ!?」
 ミ;゚Д゚彡



214 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 22:05:04.23 ID:NK5j/c1aP



                                    (・∀ ・;)
             _、_
 ミ;゚Д゚彡   ( ,_ノ` )             ('、`#川

                                    ξ゚⊿゚)ξ




       第2ラウンド  『第二次エジプト=トルコ戦争』













 ξ゚⊿゚)ξ o0(そういえばアタシって左に向けないわね………)



216 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 22:06:23.90 ID:NK5j/c1aP


 ミ;゚Д゚彡 「えっ? えっ?」


 (;・∀ ・) 「ちょ、ちょっと待った! これなんかやばそ――」




         うわああ                キャアア
     _、_
    (Д` ;);y=ー                (゚Д゚・川・∵.











 ξ#゚⊿゚)ξ チッ



218 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 22:07:51.44 ID:NK5j/c1aP


  (゚Д゚・川


   _、_
 ( ;,_ノ` ) 「………って、アレ?」


またもや始まった『第二次エジプト=トルコ戦争』。
今回も同様に『ムハンマド=アリー』の軍隊が優勢に戦いを進めていたが………









 ξ#゚⊿゚)ξ 「おいやめろ」


220 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 22:09:21.65 ID:NK5j/c1aP


 ξ#゚⊿゚)ξ 「てめえいい加減にしろよ。家臣の分際でなに主人に逆らってんだコラ」


     _、_
   ( ;,_ノ` ) 「あ……すいません………」





 ξ#゚⊿゚)ξ 「お前ももっとシャキッとしろよ。タマついてんのか? あ?」



   ('、`;川 「ご、ごめんなさい………」




223 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 22:11:06.87 ID:NK5j/c1aP



 ξ#゚⊿゚)ξ 「あとお前らも心して聞け。ついでだからここで確認しとくけどよ」



    ミ;゚Д゚彡 「………あっ? は、はいっ!」


    (;・∀ ・) o0(うわ、なんか超怒ってる………)





 ξ#゚⊿゚)ξ 「オスマン帝国はちゃんとした独立国だっつーの。勝手に戦争介入とかマジありえねえから」




    (;・∀ ・) o0(何言って……… うん?)



224 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 22:12:26.83 ID:NK5j/c1aP


 ξ#゚⊿゚)ξ 「ましてや  勝 手 に 軍 艦 を 侵 入 さ せ る  とか死んでいいレベルだかんな」



   (#・∀ ・) o0(……………あっ!)





 ξ#゚⊿゚)ξ 「そういうのは先進国として恥ずかしいと思えよ。以上」



   ミ;゚Д゚彡 「りょ、了解………」


   (#・∀ ・) o0(や、やられた……… くそう、もしかしてばれてたのか!?)



227 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 22:13:50.16 ID:NK5j/c1aP


 ξ#゚⊿゚)ξ 「おい、返事」



 (#・∀ ・) 「くっ………… 了解です」





こうして『第二次エジプト=トルコ戦争』は、イギリスが上手く立ち回って終結した。
その立ち回りは鮮やかであったとしか言いようがない。


228 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 22:14:56.18 ID:NK5j/c1aP



   _、_
 ( ;,_ノ` ) 「ムハンマド=アリー朝が始まったのはいいものの………」




第一に、『ムハンマド=アリー』は、
エジプトを世襲で支配できるようになったものの、シリアやその他の領土は全て失った。

エジプトは事実上の独立を達成したが、結果的には戦争に負けたのであった。



229 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 22:15:58.44 ID:NK5j/c1aP



 (#・∀ ・) 「せっかく地中海に出られるようになったのに! ちくしょう!」




第二に、ロシアは結果的に地中海へ出る権利を失った。

ロシアがオスマン帝国と秘密裏に結んでいた条約は、
その後の取り決めによって事実上廃棄されてしまったのである。



232 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 22:17:19.07 ID:NK5j/c1aP


 ξ#゚⊿゚)ξ 「お前ももうちょっと考えろよ。首都の目の前を外国の軍艦が通るとか、死にてーのか?」


   ('、`;川 「あ! そうですね! 確かに危ないですね!」



 ξ#゚⊿゚)ξ 「しっかりしろよ。ったく………」


   ('、`;川 「はい! ありがとうございました!」






 ξ#-⊿-)ξ o0(全く、なんでアタシがこいつのケツを持たなきゃいけないんだか………)



かくして、エジプトを巡る対立はようやく一段落したのであった。


233 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 22:18:49.14 ID:NK5j/c1aP

しかしながら、『東方問題』自体が解決したわけではない。
オスマン帝国が衰退し続けるかぎり、そこには対立の火種が残っているのである。



   ('、`#川 「もう助けてやるなんていう言葉には釣られないよ!」


   (#・∀ ・) 「くそ、支援してやったのに! 恩知らずなやつめ!!」







 (;・∀ ・) o0(ちくしょー、回りくどいことをせず最初っからボコしておきゃ良かった……)



そう、次の戦争はすぐそこです。



236 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 22:20:01.49 ID:NK5j/c1aP


 ('∀`*川 「おちんちんびろーん」



 (#・∀ ・) 「おいお前! このボクと勝負しろ!!」







    「 「 「  そうはいかんざき!  」 」 」







今回の戦争は、オスマン帝国内のキリスト教徒の扱いに関する対立がきっかけとなった。
要はロシアにとって、開戦理由はどうでもよかった。


238 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 22:21:36.74 ID:NK5j/c1aP

 ξ#゚⊿゚)ξ 「オスマン帝国に手ぇ出したらタダじゃおかねえっつっただろうが!! 史ね!!!」


 ミ,,^Д^彡 「国民にかっこいいところを見せてやらないとな! ロシアめ、覚悟しろ!」  ←ナポレオン3世


 \(^o^)/ 「ぼくも宣戦布告します」  ←イタリアのご先祖






 (#・∀ ・) 「KUAAAAA!! てめえら全員! まとめて相手をしてやるわー!!」






 ('∀`*川 「わーい、頑張れー」




240 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 22:22:59.09 ID:NK5j/c1aP



                              ミ゚Д゚,,彡

                                テメエ…
       (#・∀ ・)               ξ#゚⊿゚)ξ       ('∀`*川


                              ┗(^o^ )┓




         第3ラウンド    『クリミア戦争』(1853~56)




243 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 22:28:30.42 ID:NK5j/c1aP

 ξ゚⊿゚)ξ 「コサックとかまじうざいんですけど(笑)」


 ミ;゚Д゚彡 「おわああああああ! 俺様の艦隊が嵐で沈んじまった!!!!」


 ┏( ^o^)┛ 「このサルデーニャ、容赦せん!」





 (#・∀ ・) 「くそう! よってたかって卑怯だぞ!!」



今回はマジギレしてるイギリスに加え、フランスや『サルデーニャ王国』までもが介入を始めた。

ナポレオン戦争以来、お互いに戦火を交えていなかった欧州の国々にとって、
この『クリミア戦争』は久々の全面対決となった。







はい、さる入りましたー

245 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 22:29:44.25 ID:NK5j/c1aP

       ,;r''"~ ̄^'ヽ,
      ./       ;ヽ
      l  _,,,,,,,,_,;;;;i
      l l''|~___;;、_y__ lミ;l      いいぞ ベイベー!
      ゙l;| | `'",;_,i`'"|;i |      白兵戦でいたぶるのが戦争だ!!
     ,r''i ヽ, '~rーj`c=/        銃火器で破壊しつくすのはより近代化された戦争だ!!
   ,/  ヽ  ヽ`ー"/:: `ヽ.
  /     ゙ヽ   ̄、:::::  ゙l      ホント 要塞戦は地獄だぜ!!!フゥハハハーハァー
 |;/"⌒ヽ,  \  ヽ: r,ヘ──-ヘ
 l l    ヽr ヽ | _ rγー=ー=ノ)yン
 ゙l゙l,     l,|  彡  `i Lノノハノ」_〉
 | ヽ    ヽ   _ _|l |i| ゚ - ゚ノi|
  "ヽ     'j ヽヽ, ̄ ,,,,,U/"U,,
   ヽ    ー──''''''""(;;)   ゙j
   ヽ、_   __,,,,,r-'''''ーー'''''
       ̄ ̄



こうして凄惨な戦いはロシアの不利に終わり………


249 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 22:32:49.42 ID:NK5j/c1aP


 (;∀ ;) 「うわーん、バーカバーカ! もうお前らなんか知らないんだからな!」



 ('∀`*川 「ざまあwwwwwwwww」





 ξ#゚⊿゚)ξ 「ふん、アタシに歯向かおうなんて50年早いわ」

 ミ,,;Д;彡 「お、俺の軍艦………」

 \(^o^)/ 「みたか! わたしの実力を!」




その後結ばれた『パリ条約』によって、ロシアの試みは失敗した。
すなわち、ロシア艦隊は地中海に出ることを禁じられたのであった。


252 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 22:33:55.23 ID:NK5j/c1aP




 (ノ∀ ;) 「うぇぇ、ひっぐ……産業革命なんてどうすればいいんだよ………」





『クリミア戦争』での敗北は、ロシアに英仏との差を痛感させた。

そのためその後のロシアは、近代化政策と反動政治の間を行ったりきたりすることになる。


254 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 22:35:32.07 ID:NK5j/c1aP


 ('、`*川 「私だって何もしてなかった訳じゃないんだよ」



 ('、`*川 「保守主義者をぶっ殺したり、改革宣言を出したり………」



 (;、;*川 「流石にエジプトにまで負けたのは悔しいじゃんか……だから色々頑張ってるんです………」




一方のオスマン帝国は、二度に渡ったエジプトとの戦争の結果、
『ギュルハネ勅令』という宣言を出して、ようやく近代化を始めた。

抵抗組織であった『イェニチェリ』はすでに壊滅させていたから、改革は順調に進んでいった。



                   タンジマート
ちなみに、この一連の改革を『恩恵改革』と呼ぶ。


256 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 22:37:00.77 ID:NK5j/c1aP


そして十数年の時が流れ………




 (・∀ ・) 「もう完璧なんだからな。次は絶対負けないもんね」



 ('、`*川 「改革が進んで憲法まで作っちゃいました。すごいでしょ」




両国の改革の成果を見せるときが来た。


258 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 22:38:22.89 ID:NK5j/c1aP


 ('Д`;川 「ぎゃー! 何か反乱が起こってるー!!」


 (・∀ ・) 「ちょうどいい! このボクと勝負しろ!!」



 ('、`;川 「………は?」


 (・∀ ・) 「仲間のスラヴ人がいじめられてるんだ! ボクが黙って見てると思うなよ!!」




1875年に『バルカン半島』で起こった反乱を口実に、ロシアがオスマン帝国に宣戦布告したのである。


259 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 22:39:23.87 ID:NK5j/c1aP



 ('Д`*川 o0(どうせイギリスが助けてくれるしな………)





………ところが今回の戦争は、前回までとは異なった展開になった。



260 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 22:40:48.60 ID:NK5j/c1aP


 (゚、゚#川 「………いい度胸じゃない、今すぐ史ね!」



   ==二三 (#・∀ ・)⊃ 「おりゃああああああ」











               シーン…






 (゚、゚;川 「あっ、あれっ!?」


261 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 22:42:07.14 ID:NK5j/c1aP



                               ちょ、待って! 待って下さい!

      ==二三 (#・∀ ・)⊃         (゚Д゚;川






         第4ラウンド    『露土戦争』(1877~78)




262 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 22:43:30.51 ID:NK5j/c1aP


                メコリメコリ

         (#・∀ ・)⊃)川








 (・∀ ・) 「か、勝った………」



 (*・∀ ・) 「ついに勝ったんだ!!」




この『露土戦争』は、あまりにも早くロシアが攻撃を始めたために、英仏が介入する余地もなかったのである。
そのためオスマン帝国は惨敗し、ロシアの過酷な要求を呑まざるを得なくなった。


265 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 22:47:06.41 ID:NK5j/c1aP



 (*・∀ ・) 「いやっほおおおおおおおう!!!!!!」



 (*-∀ -) 「まずはねー! ルーマニアとセルビアと、モンテネグロの独立だろ!」



 (*・∀ ・) 「それからブルガリア人の自治領も作ってもらうからな!! そしてボクが管理するんだ!!」





  (-_-) ← セルビア人


  川д川 ← ブルガリア人






さる

268 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 22:51:17.08 ID:NK5j/c1aP


 (*・∀ ・) 「もちろんブルガリアは地中海まで領土を持つんだぞ!」




    ==二三 ξ;゚⊿゚)ξ 「ま、待ちなさい!」





 (*・∀ ・) 「これでボクも地中海クルーズができるんだ! やったー!!」


 ξ;゚⊿゚)ξ o0(うああ、一足遅かった………)





この要求は『サン=ステファノ条約』で達成された。
ロシアはついに、地中海へ出ることに成功したのであった。

272 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 22:59:03.27 ID:NK5j/c1aP

しかし、あまりにも過大なこの要求は、イギリス以外の国の干渉も招いてしまった。





  (#゚A゚) 「おいちょっと待てよ。人んちの裏庭で何かましとんじゃ!」



 ξ;゚⊿゚)ξ 「………そ、そうよそうよ!!」




なんと、『オーストリア=ハンガリー二重帝国』までもが介入してきたのである。
まあ地理的にも近いわけで、当然といえば当然な話であった。







あれ、VIP落ちてた?

274 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 23:02:36.02 ID:NK5j/c1aP


  (#'A`) 「セルビアとはキャラが被ってるんだ。あんな奴に出てこられたら困るんだよ!」



 ξ#゚⊿゚)ξ 「サン=ステファノ条約反対! ロシアの野望徹底粉砕! 今こそ反対の声を上げる時ー!」



 (;・∀ ・) 「くぅぅ、外野のくせにうるさいぞ! 今回の戦勝国はボクなんだからな!!」



 (+、+ 川  ・・・・・・




かくして話はさらに複雑になり………


276 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 23:03:39.61 ID:NK5j/c1aP

  _
 (;゚∀゚) 「しょうがねえな……俺がなんとかしてやるよ………」




「誠実な仲買人」を自称する『ドイツ帝国』が、問題の解決に名乗りを上げたのであった。

ちなみにこの時のドイツの指導者は、かの有名な『ビスマルク』である。







ただ重いだけか
ここまで来て落ちたとか洒落にならんぞww

278 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 23:04:53.47 ID:NK5j/c1aP


  _
 (;゚∀゚) 「お前ちょっとやりすぎだって…… ちょっとは我慢しる」



    (#゚A゚)
          「そうだそうだー! ロシア人は帰れー!!」
  ξ#゚⊿゚)ξ




 (ノ∀ ;) 「ちくしょう…… どいつもこいつもボクのことを馬鹿にしやがって………」





そして結論から言えば、ロシアの要求は却下された。
それどころか、ロシアに不利な形で決着したのである。


281 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 23:05:50.54 ID:NK5j/c1aP



  ('A`) 「そんじゃー俺はボスニアをもらうってことで^^」


 ξ゚⊿゚)ξ 「私はキプロスを頂いていきますね^^」




 (;∀ ;) 「なんで関係ない国が領土増やしてんだよ……うぅ………」




このように終わった『ベルリン会議』は、ロシアを憤慨させるのに十分であった。
その結果、ヨーロッパの外交関係はまた変化することになるが、それはまた別の機会にお話しよう。



283 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 23:06:56.85 ID:NK5j/c1aP



   (+、+ 川  ・・・・・・



 ξ゚⊿゚)ξ o0(こんなのが壁になると考えたアタシが馬鹿だったわね。さっさと死ねばいいのに)




そして当のオスマン帝国は、もはや全く存在感を失ってしまった。

いつしか「瀕死の重病人」と呼ばれるようになったオスマン帝国は、
その後滅亡への道をひた走っていくことになる。



284 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 23:08:29.33 ID:NK5j/c1aP

え? その後のエジプトがどうなったかって?




                            。、_
  ξ.. ∀ )ξ                  ( ;,_ノ゚ )


実はオスマン帝国との二度に渡る戦争の結果、エジプトの経済は崩壊寸前にあった。
頼みの綱の綿花輸出も、アメリカ産の綿に押されて大打撃を受けてしまい、どうしようもならなくなった。

起死回生の策であった『スエズ運河』も、その建設費が負担としかならず、
かくしてエジプトの財政は破綻し、借金のカタに英仏の指導下に入ることになった。

そしてその後、『アラービー=パシャの反乱』をきっかけにして、事実上イギリスの保護国となってしまうのである。


せっかく独立したのに何をやってるんだかねえ………






ここは読み飛ばすところだよww

285 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 23:09:39.62 ID:NK5j/c1aP


正直ロシアが怒るのはもっともだと思うwww

この時のイギリスはマジでうぜえwwwwww






さてここまでは、第4ラウンドまで続いた『東方問題』を見て参りました。

もちろん第5ラウンドは………わかるよね。
という訳で、次は滅亡まで一気に行きますよん。


286 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 23:10:39.89 ID:NK5j/c1aP

                    __r一' ̄`ー'´            \   | : : : : : : : : : : : 〈   / . : : : : : : : : : : : : : : ` ー 、    Sev
  \            /                         | / : : : : : : : : : : : : : ー‐' : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\___
.     \____  /           Rum         厂  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :   \
 ('A`) |       \{__          ◎ _____.イ  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :  |
     |        \   \_/ ̄ ̄ ̄\/       | : : : : : : : : : : : : : : : : : : Bla : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |
     └┐ (-_-)   {                    r┘ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |/
       |   Ser   └┐ 川д川            ec : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /
       |          '    Bul         / : : : : : : : : : : : : : : : : : : :  ____r 、: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : r'′
.  \__  >、        |                 'ー┐ : : : : : : : : : : : : : : : : : /          ̄`ヽ、           __ノ|
    : : く {  \    ┌┘            / ̄ ̄ ̄\ : : : : : : : : : : : : :  ノ               ̄``ー一'^ー'    |
   : : : : `¬,  |     └┐   / ̄\     \     `ー 、 _____「                              |
    : : : : : : } |       |__/    SC     /('Д`;川_,-‐く_      |          ◎                      |
    : : : : : :ノ Alb___/     r‐ 、__>‐<    Con _r一′     |       Ank                     |
    : : : : {      |    _  ⊂._ : O : :o : rァ;二二r‐一'′          |                               /|
    ___}    ノ    {  `ヽr一' : : : : : :o:U/                     |                           ,  '´   \    Arm
     : : : :。`ヽ./(´・ω・`)\ : : : : : : : : : : : : : : j__                    |       _________ .  '        \
      : : : : (} : ヽ   Gre L. : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ             |___/                          >、
     : : : : : :o : :\       ) : : : : : : : : : : : : : : : r'        ____/                              /    ̄ ̄ ̄ ̄
      : : : : : : : : :or′    ⊂._ く\: 0 : : : : : :n :r、_>―― '´                                     ___/
    : : : : : : :.:,r‐8し‐―vへ.__ \ヽ〉 : : : : : : :U ゝ‐v┐                                       /
     : : : : : : : :`~ ノ ̄ ̄`ヽr' ◎} . :(〉 : : : : : o⊂⊃} ◎     Smy                __rvヘ.   /
    : : : : : : : : : : 0: }_     く⌒ー' . : : Aeg : : : : : . \                         /      ノ /
   : Ion : : : : : : : : :`ヽ   「`′ . : : : : : : : : : : : : : : ゚o 。: ー┐rv┐    r'^^^^ー-、     rv'  . : : : : . `Y´         Syr
    : : : : : : : : : : : : : : : しヘ.\    o: : 。。 : :o: : : : o。: : : : :U:/l     { . : : : : : : ー―一': : : : : Eas : : :{



地図スレからゲット。
いやー、職人はやっぱりすごいね。

290 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 23:17:30.25 ID:NK5j/c1aP

●帝国の崩壊と革命と




 ('Д`;川 「近代化はどーすんのよ……」



19世紀末から20世紀初頭にかけて、オスマン帝国は迷走していた。

ようやく制定された『ミドハト憲法』は、直後に発生した『露土戦争』を口実に緊急停止されてしまった。
それどころか、専制君主制が復活して近代化政策が頓挫してしまったのであった。


292 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 23:21:21.64 ID:NK5j/c1aP

また『露土戦争』の結果、バルカン半島にはスラヴ人の国・自治領が成立していた。
これらの民族はそろってオスマン帝国を敵視しており、ひたすらに今までの復讐に燃えていた。



        ジリジリ
                              こっちくんな!!
   ...(-_-)
                           (゚、゚#川

   ...川д川




20世紀に入り、バルカン半島には深刻な対立関係が生まれていた。

すでにバルカン半島は、ヨーロッパの火薬庫となっていた。






>>289
ネタかぶりは気にせずどんどん説明してくれ
そうすれば俺に足りない部分も補完できて、いい教科書になるから

294 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 23:25:09.18 ID:NK5j/c1aP

そして、1904年に発生したある事件が、火薬庫をさらに刺激することになる。





                  待つんです!!                もう来ねえよ! うわあぁぁん!!

         ==二三 (#><)               ==二三 (ノ∀ ;)




そう、『日露戦争』だ。

日露戦争はこれから何度も出てくるから、年号も含めて絶対に覚えておいてほしい。







*おおっと さるだ!*

299 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 23:27:15.84 ID:NK5j/c1aP



 (ノ∀ ;) 「えぐっ、えぐっ……」




 (゚、゚;川 「う、うそ!? あのロシアがやられたの!? 信じられない!!」


 ('、`;川 「でも何が原因? やっぱり憲法なの? 憲法なのね!?」




日露戦争でのロシアの敗北は、オスマン帝国の人々にも影響を与えた。

そしてそれは、ペルシアの『カージャール朝』の時と同じように、
憲法の復活を求めるという形になって現れたのである。


300 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 23:28:20.83 ID:NK5j/c1aP



 ('、`#川 「そうよ、憲法が原因に違いないわ! 私にだって出来るんだから!!」






      DISCIPLINE! JUSTICE! ORDRE! 

  

        VIVE LA CONSTITUTION!!  





302 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 23:29:45.79 ID:NK5j/c1aP


 ('、`*川 「憲法万歳! 憲法万歳!!」




かくして専制政治は倒れ、オスマン帝国には憲政が復活した。
この事件のことを『青年トルコ革命』と呼ぶ。

しかしこの混乱は、さらなる混乱を呼び起こすことになってしまうのであった。


303 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 23:31:52.96 ID:NK5j/c1aP


 ('、`*川 「ばんざーい! ばんざーい!」



 \(^o^)/ ・・・・・・





 ┏( ^o^)┛ 「これなら勝てる」



まず手始めに、『青年トルコ革命』とその後の混乱を受けて、
なぜかイタリアがオスマン帝国に宣戦布告した。


…………本当になんで宣戦したんだろうね。


305 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 23:32:54.58 ID:NK5j/c1aP


      覚悟なさい                    えっ?

    ┏( ^o^)━  ==◎            ('、`;川




          『 伊 土 戦 争 』(1911~12)





308 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 23:34:05.50 ID:NK5j/c1aP


 ┏( ^o^)┛「わたしに勝とうなど100年早いわー」



 (゚、゚;川 「なんで攻撃されたのかわからねーと思うが、私も何が起こったかわからなかった………」





結果的に、この『伊土戦争』はイタリアの勝利に終わった。
でもこの大混乱を、他の国が見逃すはずがないですよね。


309 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 23:35:12.97 ID:NK5j/c1aP


 (*´^ω^) 「オスマン帝国弱すぎwwwwこれはもっかいボコボコにするしかないでしょwwwwwwwww」



 (-_-) 
        ・・・・・
 川д川



 (´・ω・`) 「え、一緒にトルコ人をボコしたいの? 」





ギリシア・セルビア・モンテネグロ・ブルガリアの4カ国は、
ロシアの支持を得て『バルカン同盟』を結成した。

そして、大混乱に陥っているオスマン帝国に対して、一斉に襲い掛かったのである。


311 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 23:36:45.56 ID:NK5j/c1aP










 (´^ω^`) 「それじゃあみんな! 一緒にオスマンぶっ壊しゲーム、始めようか!wwwww」









 

312 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 23:37:56.58 ID:NK5j/c1aP




      ( -_-)   (*´^ω^)

∀ ・)                                ('Д`;川

      (モンテ)    川д川




           『第一次バルカン戦争』(1912~13)


315 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 23:39:21.45 ID:NK5j/c1aP



 (*´^ω^) 「わはははは、媚びろ~! 媚びろ~!!」



 ('Д`;川 「はは……これはだめかもわからんね………」









    ξ゚⊿゚)ξ 「オスマン帝国? 知ったこっちゃないわよ。アタシには関係ないわ」



この時、イギリスはオスマン帝国を見捨てた。

その結果またしてもオスマン帝国は惨敗し、領土を大幅に削られて戦争は終結した―――



317 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 23:40:32.34 ID:NK5j/c1aP


―――かに見えたが、今度は『バルカン同盟』内部での仲違いが始まってしまったw





 川д川 =3



 (#´・ω・) 「ちょ、お前の取り分多くね? そのジャージ栗生んじゃね?」


 (#-_-)  ・・・・・・







 ('Д`*川 o0(こ、これはなんとかなるかも………!)



318 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 23:42:12.56 ID:NK5j/c1aP



                                     (・ω・`#)



    川;д川                  (-_-#)      (モンテ)     (ルーマニア)



                                     ('、`;川




              『第二次バルカン戦争』(1913)









い、いんぺりあ(ry

320 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 23:43:22.60 ID:NK5j/c1aP


 (*´^ω^) 「わっははは! 馬鹿め、凡人が俺に勝てるかーっ!!」


 (*-_-) =3




 川#д川




こうして、短期間に連続して発生した3つの戦争は、
バルカン半島の勢力図を完全に塗り替えてしまった。

オスマン帝国は、その領土のほとんどを奪われて没落しかかっていた。

322 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/30(日) 23:45:16.56 ID:NK5j/c1aP

     ヒソヒソ

 ξ...∀ )ξ 「やっぱりオスマン帝国はもう駄目ね………」



     ヒソヒソ

  (....∀ ) 「つぎこそはボクが植民地にしてあげるよ………」







 ( 、 川  ・・・・・・




小国同士のいさかいは大国の介入を招き、大国同士の対立を生み出していた。

もはや誰にも、火薬庫に引火することは止められなかったのである。


324 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/31(月) 00:00:14.84 ID:soCfNoy7P

そして………





                   ギャアアア

  (#-_-);y=ー        (・゚A゚) ・∵.





ついにヨーロッパの火薬庫は大爆発を引き起こした!!!










ごめんさる

326 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/31(月) 00:02:43.82 ID:NK5j/c1aP




ttp://www.youtube.com/watch?v=zikcHnimsxk




    _ _
   ( ゚∀゚ )  それでは皆さんご一緒に。
   し  J
   |   | 
   し ⌒J




327 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/31(月) 00:04:12.34 ID:soCfNoy7P







    _  ∩
  ( ゚∀゚)彡  Es braust ein Ruf wie Donnerhall,
  (  ⊂彡
   |   |
   し ⌒J



329 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/31(月) 00:05:15.83 ID:soCfNoy7P








  -=≡    _ _ ∩
 -=≡   ( ゚∀゚)彡   Wie Schwertgeklirr und Wogenprall
-=≡   ⊂  ⊂彡
 -=≡   ( ⌒)
  -=≡  c し'



330 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/31(月) 00:06:21.12 ID:soCfNoy7P








   ∩_ _   ≡=-
   ミ(゚∀゚ )  ≡=-   Zum Rhein, zum Rhein, zum deutschen Rhein,
    ミ⊃ ⊃    ≡=-
     (⌒ __)っ ≡=-
     し'´≡=-



331 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/31(月) 00:07:41.49 ID:soCfNoy7P










  -=≡    _ _ ∩   _ _ ∩    _ _ ∩   _ _ ∩    _ _ ∩    _ _ ∩
 -=≡   ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡 ( ゚∀゚)彡 ( ゚∀゚)彡 ( ゚∀゚)彡 ( ゚∀゚)彡     Wer will des Stromes Huter sein ?
-=≡   ⊂  ⊂彡 ⊂  ⊂彡 ⊂  ⊂彡 ⊂  ⊂彡 ⊂ ⊂彡 ⊂ ⊂彡
 -=≡   ( ⌒)   ( ⌒)   ( ⌒)   ( ⌒)   ( ⌒)   ( ⌒)
  -=≡  c し'     c し'     c し'      c し'      c し'     c し'




332 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/31(月) 00:08:52.22 ID:soCfNoy7P









  \\                                              //
   \\     Lieb'    Vaterland,    magst    ruhig    sein,      //
     \\                                             //
       _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.
     ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡
     (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡
    _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.
  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡
  (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.
   |   |     |   |     |   |     |   |    |   |     |   |     |   |
   し ⌒J.    し ⌒J.    し ⌒J.    し ⌒J.   し ⌒J.    し ⌒J.    し ⌒J



335 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/31(月) 00:10:09.35 ID:soCfNoy7P





       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       |  Lieb'  Vaterland,  magst  ruhig  sein,
       \_____  ________________
                ∨
      /\     _          _         / ̄\
     /| ̄ ̄|\/_ ヽ  _  ∩   ( ゚∀゚)つ   | ̄ ̄| ̄ ̄|
   / ̄ ̄| ̄ ̄| ̄|  ( ゚∀゚)彡 _ユ_II___ | ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|
   / ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄|( ⊂彡 [三≡_[----─゚   ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|
  / ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄| ⌒\⌒\  ||  / ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|
 / ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄] \_)_)..||| | ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄




337 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/31(月) 00:11:23.85 ID:soCfNoy7P




                           │
Fest steht und treu die Wacht,      _ ∩
                      (゚∀゚ )彡
       die Wacht am Rhein! (─⊂彡
                   __|__ |__
                   //ニ/ /ニ/ :|: l|=|
         ______/___ ___:|__' '
        /:  __ ̄ ̄ ̄:|:' ' ' :|' ' ' ' :|:
        /:  |  l | ,_,_,_,:|:  ._ :|: __   :|:
   ○二二二二二)| | |__|:|: [| O |:|: |lニO. :|:
       /:_| |__| |__| |:  |  :|:》  ̄
      /:   :|:       |:  [|. . .|:|:
      /:    :|:         |:    ̄ :|:
     /: ノ~|./ \..ノ~|     |: .__.__._= :|:_.__.__.__
     /: .|/       \.|.    :|: ~   : : |:
     |./          \  .:|:      :|:
     \           \ .|:__:__=:__:_.|:
      /ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  `‐- ,, ̄  :|:
      (三\______|三( `‐-,,_|:________
       \三(__)(_)()():::::::::::::\=\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



339 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/31(月) 00:12:30.71 ID:soCfNoy7P

  Fest  steht  und  treu  die  Wacht, die  Wacht  am  Rhein !


         (゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚) (゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)
         (゚∀゚ )(゚∀゚)(゚∀゚) (゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)( ゚∀゚)
        (゚∀゚ ) (゚∀゚) (゚∀゚) (゚∀゚) (゚∀゚)(゚∀゚)( ゚∀゚)
        (゚∀゚ )(゚∀゚ ) (゚∀゚) (゚∀゚) ( ゚∀゚)( ゚∀゚)( ゚∀゚)
        (゚∀゚ ) (゚∀゚ ) (゚∀゚ ) (゚∀゚) ( ゚∀゚)( ゚∀゚)( ゚∀゚)
       (゚∀゚ )(゚∀゚ )(゚∀゚ )( ゚∀゚ ) ( ゚∀゚)( ゚∀゚)( ゚∀゚)
       ( ゚∀゚ )(゚∀゚ ) (゚∀゚ ) ( ゚∀゚ ) ( ゚∀゚) ( ゚∀゚) ( ゚∀゚)
      ( ゚∀゚ )(゚∀゚ ) (゚∀゚ ) ( ゚∀゚ ) ( ゚∀゚) ( ゚∀゚) ( ゚∀゚)
     ( ゚∀゚ ) (゚∀゚ ) (゚∀゚ ) ( ゚∀゚ )  ( ゚∀゚) ( ゚∀゚)  ( ゚∀゚ )
    ( ゚∀゚ )(゚∀゚ ) (゚∀゚ )  ( ゚∀゚ )  ( ゚∀゚) ( ゚∀゚)  ( ゚∀゚ )
    ( ゚∀ ゚ )(゚∀゚ ) (゚∀゚ ) ( ゚ ∀ ゚ )  ( ゚∀゚)  ( ゚∀゚)  ( ゚∀゚ )
   ( ゚∀ ゚ )( ゚∀゚ ) ( ゚∀゚ ) ( ゚ ∀ ゚ )  ( ゚∀゚ )  ( ゚∀゚ )  ( ゚ ∀゚ )
   つ」7=(つ」7=∩(つ」7=∩(つ」7=∩-(つ」7=∩- (つ」7=∩ (つ」7=∩
   |   j |   j   |   j   |   j    |   j    |   j   .|   j
   し'⌒U し'⌒U  し'⌒U  し'⌒U   し'⌒U    し'⌒U.   し'⌒U  
   ザッザッザッザッザッザッザッザッザッザッ゙ッザッザッザッザッザッザッザッザッザッ





       『   第  一  次  世  界  大  戦   』


343 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/31(月) 00:24:09.34 ID:soCfNoy7P



ttp://www.youtube.com/watch?v=-KL76edqCKc



ちなみに、本当に腕を振りながら歌われていたらしいですよ

それとこの曲は俺のお気に入りだったりします









くそ、さるか
少し遊びすぎたぜ

345 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/31(月) 00:25:47.58 ID:soCfNoy7P

人類史上初の総力戦となった『第一次世界大戦』は、ドイツがベルギーに侵攻することで始まった。

ドイツはイギリス・フランスを敵に回しながらも、その攻撃は英仏連合軍を圧倒していた。
西ヨーロッパの平原には、鉄火の嵐が吹き荒れ始めていた。






ところがここで、面白いことが起こる。
なんと地中海に、ドイツの海軍が取り残されていたのである。


この時地中海にいた不運な軍艦は、たったの2隻。

周りをイギリス・フランスの艦隊に囲まれながら、必死の逃避行が始まった。


347 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/31(月) 00:26:53.99 ID:soCfNoy7P




                         _
                  -=≡ (;゚∀゚) 「うわああああ! 助けてくれええええええ!!!」




 -=≡ ξ#゚⊿゚)ξ 「待てーっ! 逃ーげーるーなーーー!!」





349 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/31(月) 00:28:05.66 ID:soCfNoy7P




                                              _
                                      -=≡  (゚∀゚;) 「待て、と言われて待つ者がいますか!」




       -=≡ ξ#゚⊿゚)ξ 「ちくしょー、止まれ! 止まりなさい!!」



350 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/31(月) 00:30:19.12 ID:soCfNoy7P


                                        あばよ! とっつぁ~~ん!!  >





 ξ;゚⊿゚)ξ 「くうう、逃げ足だけは一人前なんだから! 取り逃がしちゃったじゃないの!!」




イギリスは大変なものを見逃してしまいました。

352 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/31(月) 00:31:56.57 ID:soCfNoy7P


結局ドイツの軍艦は、イギリスの艦隊から逃げ切ることに成功した。
これはイギリスにとって、痛恨のミスであった。




逃げ切ったドイツ軍が向かった先は…………







イスタンブール。



353 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/31(月) 00:34:28.37 ID:soCfNoy7P

  _
 (;゚∀゚) 「ひいい、ここまでくれば大丈夫だろ……」


 ('、`;川 「ちょっとあんた、何しに来たんだよ…… 私までイギリスに狙われたら洒落になんねーし」


  _
 (;゚∀゚) 「そ、そんなこと言わずにさ。ちょっとだけ話を聞いてちょーよ」



 ('、`;川 「はあ?」






   _
 ( ゚∀゚) 「そう言えば、君ってけっこうおっぱい大きいよね」




356 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/31(月) 00:36:52.92 ID:soCfNoy7P


 ('、`#川 「で? 言いたいことはそれだけ?」


   _
 ((.;.;)∀;) 「えっと、本当はですね……… この僕と取引しませんか?」




 ( 、 #川 「………今度の戦争の話? 悪いけど私なんかを仲間にしても意味ないと思うよ」


   _
 ((.;.;)∀;) 「ですから、僕が乗ってきた船をお売りします。最新鋭の軍艦ですよ」





 ('、`;川 「は?」



357 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/31(月) 00:38:22.50 ID:soCfNoy7P


   _
 ((.;.;)∀;) 「イギリスの艦隊からも逃げ切れるほど高性能なやつです。ロシアなんかも一蹴できます」



 ('、`;川 「でも……でも私なんかが倒せるわけないし………」





   _
 ( -∀-) 「ハァ………やっぱりあんたはその程度だったのか」



 ('、`;川 「うっ」



359 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/31(月) 00:39:56.34 ID:soCfNoy7P

   _
 ( ゚∀゚) 「………あなた、イギリスとロシアが大嫌いなんでしょう?」




 ('、` 川



   _
 ( ゚∀゚) 「今なら復讐の手助けをしてあげますよ」







 ( 、 川




360 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/31(月) 00:41:32.47 ID:ZQ3oe9ld0
最後の支援……あとは頑張ってくれ……

365 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/31(月) 00:55:09.64 ID:soCfNoy7P



 ( 、 川 「…………その話、乗った」


   _
 (* ゚∀゚) 「そう来てくれないと!」




当時のオスマン帝国では、人々の募金によってイギリスに戦艦を発注していたのだが、
納品寸前になってイギリスに没収されてしまい、国民の間には反英感情が渦巻いていた。

そのため、イスタンブールに逃げ込んだドイツの軍艦は、
めぐりめぐって、オスマン帝国のドイツ側に立った参戦を招いてしまったのである。



これはヨーロッパの戦争が、中東地域にまで広がることを意味する。

イギリスにとって、これが悪夢の始まりであった。





おおう、目下さる中なんだがどうしよう
とりあえず>>360

367 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/31(月) 00:57:14.88 ID:soCfNoy7P

´・ω・)
                                      ('、`*川
         ξ゚⊿゚)ξ
                                 _
><)                           (゚∀゚ )

  ┏( ^o^)┛    ミ,,゚Д゚彡

^ω^)                           ('A`)

         (・∀ ・)
                                       川д川
-_-)



             『第一次世界大戦』(1914~18)








あと30レスくらいなんだ
一気に投下してさっさと寝たいお

370 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/31(月) 01:00:14.85 ID:soCfNoy7P

 ξ#゚⊿゚)ξ 「オスマン帝国がドイツに味方しただぁ!?」



 ミ;゚Д゚彡 「おい、どーすんだよ。ロシアがすごい困ってるんだけど………」






                                       早く補給をたのむよー(泣 >




 ξ#゚⊿゚)ξ 「チッ、情けないわねえ………」








と言うわけなんで、今見ている方へ、
厚かましいお願いですがもさもさ支援していただけませんか。
できれば2時までには終わらせとう思います。

369 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/31(月) 01:00:08.17 ID:lQalSpJT0
今日これどこまでやるの?
第二次世界大戦後くらい?

371 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/31(月) 01:01:21.01 ID:soCfNoy7P


 ξ゚⊿゚)ξ 「まあいいわ。さっさとオスマン帝国を降服させて、ロシアと連絡を取れるようにしましょ」


 ミ;゚Д゚彡 「でもそんなことできるのか? 流石に厳しいと思うんだが………」




 ξ*^⊿^)ξ 「あはは、何言ってるのよwww相手はあの"重病人"なのよ?wwwwwww」


 ミ;゚Д゚彡 「そ、そうか………?」




かくして、イギリスによってオスマン帝国攻撃の作戦が練られた。
その内容は、イスタンブールの近くに上陸して、首都を占領するという安直なものであった。





>>369
トルコ建国までです。残りは後編に。

374 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/31(月) 01:02:50.47 ID:soCfNoy7P


 ξ゚⊿゚)ξ 「さーて、ちゃっちゃと終わらせてドイツをボコしに行くわよー」


 ミ;゚Д゚彡 「………おう」


 ξ゚⊿゚)ξ 「そんじゃー艦砲射撃はじめー!」




ミ,,゚Д゚彡ξ゚⊿゚)ξ 「どかーん どかーん」




 ξ^⊿^)ξ 「なんだ、やっぱり楽勝じゃない。やっぱトルコは雑魚ねーwww」








  ( 、 川



375 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/31(月) 01:04:06.85 ID:soCfNoy7P



 ξ゚⊿゚)ξ 「そんじゃそのまま上陸しt――」








                    ガッ

                     ξ゚'ε⊂( 、 川 三二==






 ξ(゚'ε゚ξ 「あっ」






どんどん投下するよー

377 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/31(月) 01:05:04.03 ID:soCfNoy7P


         ゴフゥ      彡
           ξ(゚'ε゚ξ           ⊂( 、 川








   ξ(゚'ε゚ξ 「………え?」               ( 、 川



378 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/31(月) 01:06:07.45 ID:soCfNoy7P


 ξ(゚'ε゚ξ 「あ、あれ?」




 ( 、 川 「さんをつけろよ、デコ助野郎」




 ξ(゚'ε゚ξ 「う……うそ………」






「もはやゴミ以下のオスマン帝国は、すぐに降服する」


イギリスのこの予測は完全に外れていた。
それどころか、今までの弱体ぶりが嘘だったかのように、オスマン帝国軍は頑強に抵抗した。

379 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/31(月) 01:07:06.73 ID:soCfNoy7P


 ξ;^⊿^)ξ 「ハハ、たまたまよ。たまたま! 天下の大英帝国がトルコ人なんかに負ける訳がないじゃない」







                        ズガァァン! ギャアアアア        ゆっくりしね! >



 ξ;^⊿^)ξ 「ははは………はは?」




380 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/31(月) 01:08:18.84 ID:soCfNoy7P


                  ウワアアアア   タ、タイキャクセヨー!!




 ξ;゚⊿゚)ξ ・・・・・・









 (^、^*川 ニコッ



381 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/31(月) 01:09:51.48 ID:soCfNoy7P



 (^、^*川 「おおwwwwwwww弱い弱いwwwwwwwwwwwwww」




 ξ#゚⊿゚)ξ ブチィ





ちなみにこの上陸作戦を計画したのは、
かの有名な『ウィンストン=チャーチル』だったそうです。

この時の失敗が次回に活きてくるんだねえ………


384 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/31(月) 01:11:10.61 ID:soCfNoy7P


 ξ#゚⊿゚)ξ 「ちっくしょおおおおおお、トルコのくせに生意気だぞ!! ぶっ殺してやる!!!!」




 ('∀` 川 「やれるもんならやってみろよwwwwwwwwww巻きグソ女wwwwwwwwwwwwwwww」





この時のオスマン帝国軍は、天才『ムスタファ=ケマル』が司令官になったことで、八面六臂の大活躍を見せていた。

こうしたオスマン帝国の必死の抵抗を受けて、
初めは威勢の良かったイギリスも、じりじりと追い込まれていく。


388 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/31(月) 01:14:46.20 ID:soCfNoy7P


 ξ#゚⊿゚)ξ 「くうううう、あんたらも見てないで手伝いなさいよ!」



 ミ;゚Д゚彡 「すぐに倒せるって言ったのはどこのどいつだよ!」




                                    どうでもいいから早く助けてえええええ  >





 ξ#゚⊿゚)ξ 「キイイイイイッ、戦争が終わったらトルコを分けてやるからあんたらも戦いなさい!!」




『サイクス=ピコ協定』で、フランス・ロシアとオスマン帝国の分割を約束せざるを得ず………





さるきた!
これはやばい

389 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/31(月) 01:16:19.63 ID:soCfNoy7P


 ξ#;⊿;)ξ 「お前らも独立させてやるから反乱でも何でも起こしなさいよっ!!」




     (*゚∀゚)  「ほんとだな? 本当に独立させてくれるんだな?」


     (=゚ω゚)ノ 「だったら手伝ってやってもいぃょぅ」






『フサイン=マクマホン協定』でアラブ人に反乱を起こさせ………


392 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/31(月) 01:30:54.54 ID:soCfNoy7P


 ξ;⊿;)ξ 「お願いしますお金がないんです」



 从'ー'从 「そうなんだ~。それじゃあ貸してあげるよ~」



 ξ;⊿;)ξ 「ありがとうございます代わりにパレスチナでユダヤ人の町を造ることを認めます………」





最後には『バルフォア宣言』で、ユダヤ人がパレスチナに居住地を得ることを認めることになった。









ごめんもう少し支援ください

394 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/31(月) 01:33:04.24 ID:soCfNoy7P

これらのやり取りは一部が秘密裏に行われたこともあって、
その後各方面から反発を受けることになる。

二枚舌どころか、「三枚舌」の外交が行われたことで、この矛盾は現代まで続く大問題となってしまうのであった。




 ξ# ∀ )ξ 「あははははははwwwwwwwwもうどうにでもなーれ!!!!」






こんな適当な外交をしてしまうほど、イギリスは追い詰められていたのである。


395 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/31(月) 01:34:21.43 ID:soCfNoy7P

しかし衆寡敵せず。

1918年にもなると『中央同盟国』側の敗色は濃厚となり、オスマン帝国も降服しなくてはならなくなった。






 ('、` 川 「お……終わった……… 私の復讐が…………」




 ξ#゚∀゚)ξ 「ざっまああああああああああああああああああwwwwwwwwwwwwwwwwww」


398 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/31(月) 01:37:21.15 ID:soCfNoy7P


 ξ#゚∀゚)ξ 「この大英帝国さまに楯突くとこうなるんだよわかったかクソトルコ人が!!!!」



 ('、` 川  ・・・・・・



 ξ#゚∀゚)ξ 「罰としてお前らの国はアタシらが占領するからね! しばらく反省してなさい!!」





 (*´^ω^) 「フフ……この時を待っていたのだ」



調子に乗った連合国側は、オスマン帝国に対し過酷な講和条約を押し付けた。

これが『セーヴル条約』である。


399 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/31(月) 01:38:39.97 ID:soCfNoy7P


『セーヴル条約』では、オスマン帝国の大分割が行われようとしていた。




ヨーロッパ側の領土はほとんどがギリシャに割譲され、残った海峡沿いの部分もイギリスが占領。

アジア側の地中海沿岸ではギリシャ軍とイタリア軍が続々と上陸を始めており、
シリアではフランスが管理権を握っていた。



まあとりあえず次の地図を見てください。


400 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/31(月) 01:39:41.60 ID:soCfNoy7P


       |   Ser   └┐                  | : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /
       |          '    Bul         / : : : : : : : : : : : : : : : : : : :  ____r 、: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : r'′
.  \__  >、        |                 'ー┐ : : : : : : : : : : : : : : : : : /          ̄`ヽ、           __ノ|
    : : く {  \    ┌┘            / ̄ ̄ ̄\ : : : : : : : : : : : : :  ノ               ̄``ー一'^ー'
   : : : : `¬,  |     └┐   / ̄\     \     `ー 、 _____「
    : : : : : : } |       |__/    SC     /      _,-‐く_
    : : : : : :ノ Alb___/     r‐ 、__>‐<    Con _r一′            ( 、 川
    : : : : {      |    _  ⊂._ : O : :o : rァ;二二r‐一'′
    ___}    ノ    {  `ヽr一' : : : : : :o:U/ ξ#゚∀゚)ξ
     : : : :。`ヽ./      \ : : : : : : : : : : : : : : j__
      : : : : (} : ヽ   Gre L. : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ                                       ν(・ω・ν)
     : : : : : :o : :\       ) : : : : : : : : : : : : : : : r'
      : : : : : : : : :or′    ⊂._ く\: 0 : : : : : :n :r、_>(´・ω・)
    : : : : : : :.:,r‐8し‐―vへ.__ \ヽ〉 : : : : : : :U ゝ‐v┐
     : : : : : : : :`~ ノ ̄ ̄`ヽr' ◎} . :(〉 : : : : : o⊂⊃}                          __rvヘ.
    : : : : : : : : : : 0: }_     く⌒ー' . : : Aeg : : : : : . \        /(^o^)\        
  /      ノ     ミ゚Д゚;彡
   : Ion : : : : : : : : :`ヽ   「`′ . : : : : : : : : : : : : : : ゚o 。: ー┐rv┐    r'^^^^ー-、     rv'  . : : : : . `Y´
    : : : : : : : : : : : : : : : しヘ.\    o: : 。。 : :o: : : : o。: : : : :U:/l     { . : : : : : : ー―一': : : : : Eas : : :{



オスマン帝国は今度こそ駄目かと思われたが………

402 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/31(月) 01:41:15.35 ID:soCfNoy7P


 ξ#^∀^)ξ 「ねぇねぇ、国土が占領されてるけどwww今どんな気持ち?wwwwwww」


 (*´^ω^) 「ねぇ、どんな気持ち?wwwww」





 ('、`*川 「痛くもかゆくもないね。勝手にほざいてろ」



 ξ^Д^)ξ 「は?」



404 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/31(月) 01:42:52.00 ID:soCfNoy7P


 ('、`*川 「我々はもはや、オスマンの民ではない。我らはトルコ国民である」



 ('、`#川 「新生トルコの代表として私は宣言する! セーヴル条約は許可しない!!」






 ξ#゚∀゚)ξ
          プッチーン
  (#´^ω^)



『ムスタファ=ケマル』の率いる『トルコ国民議会』は、このセーヴル条約を拒否した。
この時ケマルは、オスマン帝国を見限り、自身の手で新しい国を作ろうと決心していた。


409 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/31(月) 01:54:53.27 ID:soCfNoy7P



 ξ#゚Д゚)ξ 「今の言葉を聞きましたか、ギリシアさん」


 (#´^ω^)  「ええ、もちろんですことよ、イギリスさん」




 ξ#゚∀゚)ξ 「今度こそ病人は死んだのよ。あとは遺産をどう相続するかだわ!」





イギリスとギリシアは激怒した。

必ずあの、思い上がったケマルを除かねばならぬと決意した。






さる ねむい

410 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/31(月) 01:55:47.43 ID:soCfNoy7P


 ミ;゚Д゚彡 「ちくしょー、こんなに反乱の多い場所にいられるか! 俺は国に戻るぞ!!」


 /(^o^)\ 「わたしも帰ります」




 ξ#゚Д゚)ξ ハァ?






しかし対する連合国は、フランスとイタリアが早々に退却し、一枚岩ではなくなっていた。


412 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/31(月) 01:56:43.23 ID:soCfNoy7P


 ('∀`*川 「バーカ!!」




 ξ#゚Д゚)ξ 「追うんですよギリシアさん! 捕まえなさい!!」




 (#´^ω^) 「言われるまでもない!」



こうして死亡フラグが立ちまくった訳ですが、ここで始まるのが『希土戦争』です。

414 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/31(月) 01:57:35.33 ID:soCfNoy7P




#゚Д゚)ξ     (#´^ω^)            ('、` 川




             『希土戦争』(1919~22)





416 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/31(月) 01:58:28.80 ID:soCfNoy7P


   ('∀` 川 ニヤニヤ



 (*´^ω^) 「おやおや? まだ状況が理解できてないようだね、このトルコ娘は」





   ('ε` 川 ププッ



 (#´^ω^) 「………全く、自分の分をわきまえろってことだよな!」



418 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/31(月) 01:59:23.58 ID:soCfNoy7P


 (#´・ω・) 「この戦いに勝ち! この世界を支配するのは!!」





 (#´゚ω゚) 「このショボン様さ!!」






   ==二三  (#´゚ω゚)⊃ 「突撃だーーーーー!!!!」





戦争が本格的になると、ギリシア軍は勢いに乗り、内陸深くにまで攻め込んでしまった。
これがギリシア軍にとって最大の失敗であった。


420 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/31(月) 02:00:25.66 ID:soCfNoy7P





         ==二三  (*´^ω^) 「フフ…動けまい! おれは天才だ! ファハハハ!!」







 ('、` 川 「…………さて」



そして、新生トルコの首都まで、あと50kmほどの地点まで攻め込んだ時に………











ちくしょー2時回っちまった

422 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/31(月) 02:01:25.28 ID:soCfNoy7P



 ('、` 川 「全軍へ告ぐ。ひたすらに前進せよ」




 ('、` 川 「諸君らの最初の目的地は…………」










 ('∀`*川   「地中海だ!」



423 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/31(月) 02:02:24.72 ID:soCfNoy7P



∩  /⌒ヽ,      トンファー百烈脚!  ̄_ ̄)’,  ・ ∴.'  .. ∧_∧ ∴.'
| |  / ,ヘ  ヽィハヘヽ       --_- ― = ̄  ̄`:, .∴)'     (((    )
| | .i l \ ('∀`*川 ヽ, _,-'' ̄  = __――=', ・,‘ r⌒>  _/ / ・,‘
| |ニヽ勿  ヽ,__    j  i~""  _-―  ̄=_  )":" .  ’ |y'⌒  ⌒i .'  ∴.'
∪       ヽ,, / / __,,, _―  ̄_=_  ` )),∴. ) |  /  ノ |∴.'∴.'
       ヽノ ノ,イ     ―= _ ) ̄=_)   _), ー'/´ヾ_ノ
       / /,.  ヽ,        _ _ )=  _) ,./ ,   ノ  ∴.'  ∴.'
      丿 ノ ヽ,__,ノ           = _)   /  / /∴.' ∴.'
      j  i                      / / ,'
     巛i~                      /  /|  |
                            !、_/ /   )
                                |_/



425 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/31(月) 02:03:24.86 ID:soCfNoy7P


 (´゚ω゚`) 「ぎゃああああああああああ!!!!!!!」



 ('∀`*川 「ギリシア人を殲滅せよ!! 地中海に叩き落してやるのだ!!!!」





調子に乗って深入りしすぎたギリシア軍は、
100kmにも及ぶトルコ軍の戦線に跳ね返されてしまった。

それどころか、補給が途切れつつあったこともあり、ギリシア軍は全面崩壊を引き起こしてしまったのである。


426 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/31(月) 02:04:37.83 ID:soCfNoy7P


 (´゚ω゚`) 「い……いやだ! たすけてくれえぇぇ!」



 (´;ω゚`) 「な…なぜ俺がこんな目に!!」



 (´;ω;`) 「天才のこの俺がなぜぇ~!!」



428 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/31(月) 02:05:38.47 ID:soCfNoy7P



                            (;ω;`) ≡=-   「あわっ」             ⊂('、`#川 ≡=-








      (゚ω゚`;) ≡=- 「うわっ うわあああ」             ('、`#川 ≡=-








うわらば」     ('、`#川




429 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/31(月) 02:06:48.31 ID:soCfNoy7P

かくして、ギリシア軍もトルコ国内より叩き出されてしまった。
フランス・イタリア、そしてギリシアまでもがトルコから逃げ出して………





 ξ;゚Д゚)ξ 「う、うそっ!? ギリシアまでトルコ人にやられたっていうの!?」





 (、`# 川 「さーて………」



 ξ;゚Д゚)ξ 「ひぃっ!」



残るはイギリスだけである。

431 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/31(月) 02:07:41.26 ID:soCfNoy7P


            ('、`#川 「おもしれえほど簡単に引っかかったな。ギリシアも無様におっちんじまったぞ?」


ξ;゚Д゚)ξ  「い、いやっ!」





       ('、`#川 「昔っからそうだったよなあ。私がどんなに努力しても、お前はいつもその一つ上を行っちまう」


ξ>Д<;)ξ 「こ、来ないで! こっちに来たらひどいわよ!!」






  (゚、゚#川 「だがッ! 私は今までのオスマン帝国じゃねえ!!」


ξ ;Д;)ξ 「うあ………あ………」


432 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/31(月) 02:09:15.94 ID:soCfNoy7P


 (゚、゚#川 「今こそてめえをブッ倒しッ! てめえの引き立て役だった過去に決別してやるッ!!」




 (゚、゚#川 「あの世で私にわび続けろ! 大英帝国!!!!」





 ξ ;Д;)ξ 「~~~~~ッ!」





・・・・・

・・・




434 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/31(月) 02:10:21.92 ID:soCfNoy7P

結果から言えば、以上の事件は、イギリスが土下座することで丸く収まった。
イギリスはもはや、往年ほどの力を持ってはいなかったのである。




 ξ ;Д;)ξ 「ごめんなさい……エグッ…………今までのことは謝りますから許して下さい……うぇぇ」



 ('、`#川  ・・・・・・





大英帝国はすでに死んでいた。


441 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/31(月) 02:33:04.52 ID:soCfNoy7P


 /(^o^)\ 「それでは再び会議を始めます」


 ミ;゚Д゚彡 「えっと、オスマ………いや、『トルコ共和国』代表の方、お願いします」



 ('、`#川


 ξ Д )ξ


 (´゚ω゚`)



その後、再度会議が開かれることになり、新たに『ローザンヌ条約』が結ばれた。
以前結ばれたセーヴル条約はもちろん破棄されて、トルコは独立国であることが承認された。

古臭いオスマン帝国は自然消滅してしまったのだ。





さるったから支援おながいします

443 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/31(月) 02:36:49.33 ID:soCfNoy7P



 ('、`*川 「現時点では私がトルコだ!」





その後のトルコは、『ムスタファ=ケマル』の指導の下、改革を成し遂げることに成功した。
イスラム教と政治を分離して、トルコ国民による「国民国家」を創り上げたのである。


そのため現在では、トルコはイスラム圏では珍しく『政教分離』政策をとっている。












ほんとにあと少しなんだけどな

444 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/31(月) 02:38:14.69 ID:soCfNoy7P

と言うわけで終わり





いやはや、長くなりました。

オスマン帝国の崩壊と、新生トルコ共和国の成立。

いかがでしたでしょうか。



イギリスがトルコ人のことをどう思っていたかを考えてみると、
ここら辺の歴史はかなり面白いんじゃないかなあ、と思います。

イギリス人はトルコをディスり過ぎてたと思うんだよねww


447 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/31(月) 02:54:18.11 ID:soCfNoy7P
もうゴールしていいよね
つーか見てたんなら支援の一つくらいくれよww



んじゃもう寝る

453 名前: ◆ImMEukpfHw :2010/05/31(月) 08:29:02.98 ID:soCfNoy7P
なんだ、まだ残ってるのか
おまいらおはよう


言い忘れてたけど、後編は6月中に投下できたらいいなーと思ってます。
予定は未定です。

次スレ
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

K-AYUMU

Author:K-AYUMU

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

ユーザタグ

カ行 タ行 ア行 ちんこ ハ行 サ行 マ行 ナ行 英数字  ^ω^) ('A`) ラ行 1レス ワ行 (´・ω・`) ショボーン ヤ行 ブーン ショボン トソン 'ー`)し ξ゚⊿゚)ξ (,゚Д゚) ドクオ まんこ (=゚д゚) J( 1レス カラマロス大佐 シュー ミセリ (-_-) いよう 川д川 人狼 (∪^ω^) 世紀末 ツンデレ 

FC2カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。