mesimarja
気に入ったスレを集めてみました。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川 ゚ -゚)ロボ娘lw´‐ _‐ノvしゅーでいず川 ゚ -゚)いわく猫のようです
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/12(土) 22:44:26.96 ID:RqoFQpOi0

川 ゚ -゚)は花も恥じらうロボ娘のようですの最終話と

lw´‐ _‐ノvしゅーでいずのようですの最終話と

川 ゚ -゚)はいわゆるいわくの猫のようですの最終話と

( ^ω^)スターブーンのようですの最終話を

投下させていただきたいと思います、長くなりましたが、
ようやく今日完結です、それでは皆さんよろしくお願いします


2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/12(土) 22:52:44.14 ID:RqoFQpOi0

広い宇宙を、一隻の宇宙船が飛んでいた。


( ^ω^)「ドクオさん、その僕のフィアンセがいる星ってまだなんですかお?」

('A`)「そうあせるな、ワープを使えばすぐなんだが、これは結構、
   燃料を消費するんだ」

( ^ω^)「そうなんですかお」

('A`)「そんなことよりお前も働け、レディをお迎えするんだから、
   汚いお前の部屋に掃除して置け。彼女がティッシュの積み重なる
   ゴミ箱を見てどう思うか?」

( ^ω^)「僕の子を今すぐ孕みたいと思う」

('A`)「アホか!」

从 ゚∀从「ブーンアホス」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/12(土) 22:56:41.75 ID:RqoFQpOi0

ロボの女子高生であるクーは、じっと星空を眺めていた。

川 ゚ -゚)「私を作った博士も、今頃、同じ星を見ているのだろうか」

川 ゚ -゚)「……」


川 ゚ -゚)「そんなわけないか、星を見るような人じゃないしな」


感慨深いだなんて、そんな感情を持ってはならない、
それはロボットの鉄則、いや、アイデンティティ。

ロボットは人間に近づいては、いけない。

それはわかっている、だが、彼女のベーコン回路に流れるプログラムが、
どこをどう間違えたか、「感情」なんて想定外の物を、
次から次に運んでくるのだった。

川 ゚ -゚)「あ、宇宙船だ」

宇宙を駆ける宇宙船を見て、クーは、旅に出たくなった。

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/12(土) 22:59:35.96 ID:RqoFQpOi0

巨大な宇宙フェリーの中で、ヒートは叫んでいた。


ノパ⊿゚)「なんで修学旅行の旅行先が木星なんだああああ!」


ノパ⊿゚)「じゅ、じゅ、」

ノパ⊿゚)「じゅぴたあああああああああああああああああああああ!!」



lw´- _-ノv「だよねー、修学旅行といったら普通ローソンだよねー」

o川*゚ー゚)o「それもちょっと違う気がする……」

lw´- _-ノv「小市民め」

o川*゚ー゚)o「ローソンという発想の方が小市民だよ……」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/12(土) 23:07:20.99 ID:RqoFQpOi0

100年の月日は、人々の宇宙旅行を可能にした。

ブーンの友人が、木星へと旅立ったという話を聞いて、
クールも興味を持ち始めた。

人は死んだら星になるという。

ドクオも今頃、広い宇宙のどこかで、
貧相な星となって暮らしているならば、
そいつにあって、旗の一つも立ててやりたい。

クールはそう思った。

/ハ)ヽヽ
川 ゚ -゚)(猫又として死んだら星になっただろうが、
     ロボットとしてよみがえった私が、
     死んで星になれるだろうか…いや、なれまい)


/ハ)ヽヽ
川 ゚ -゚)(星となって愛に行くのが無理ならば、せめて直接、
     ドクオの星に会いたい、笑ってやりたい、
     私は元気でピンピンしてると、伝えてやりたい……)

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/12(土) 23:10:54.37 ID:RqoFQpOi0

4人の、違った境遇を持つ若者たち。

そんな彼らを、宇宙の奥の奥の奥、
小さなゴミまで広く見渡せる、そんな宇宙の頂点とも言うべき場所で、
神は黙って見つめていた。

从´・ω・`从「……」

神は悩んでいた。

彼らは美しい、いとおしい。
私の大事な子どもたちだ。出来る事なら救ってやりたい、
出来る事なら、ハッピーエンドを迎えさせてやりたい。

しかし。

从´・ω・`从「彼らを、救ってやることは私にはできない、
        私の力が未熟だから……」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/12(土) 23:14:46.04 ID:RqoFQpOi0


从´・ω・`从「ま、いっか♪」

从´・ω・`从「どうせ、その程度の設定の奴らだったってことだし♪
       さっさと滅ぼそうっと♪」

ポチッ!

神は、ブラックホールのスイッチを押した。

ダイソン製の吸引力の変わらないブラックホールは、
まるで非常時のアナルのように、急激に宇宙を吸いこんでいく。

ゴゴゴゴゴ……

从´・ω・`从「グッバイ、マイベイビーズ!私の子に生まれた事を
        後悔しなさいね!」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/12(土) 23:17:18.80 ID:RqoFQpOi0


( ^ω^)「う、うわあああああああああああああああ!!」


川 ゚ -゚)「ぎょええええええええええええええええええええ!!」


lw´- _-ノv「いやああああああああああああああああああん!!吐く吐く!」


/ハ)ヽヽ
川 ゚ -゚)「うっはあああああああああああああああああああああああ!!」





4人の主人公たちは、一斉に宇宙に引き寄せられた。

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/12(土) 23:20:52.57 ID:RqoFQpOi0

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                    \
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                       ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙       .'                             ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:                ゙゙゙゙゙;;;;;;
  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                              ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙|lii|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´`゙
                         ´゙゙´`゙``´゙`゙´``´゙`゙゙´´


               そして、ビッグバンが起こった。彼らは、跡形もなく消え去った。

                      とにかくこれで収拾はついた、
            さーて堅揚げポテト食べて放尿オナニーしてゼリー食って寝るべ!

                               おやすみ!

川 ゚ -゚)は花も恥じらうロボ娘のようです&lw´‐ _‐ノvしゅーでいずのようです
( ^ω^)スターブーンのようです&川 ゚ -゚)はいわゆるいわくの猫のようです   完 結

13 名前: ◆wV78i2v2/M :2010/06/12(土) 23:25:33.69 ID:RqoFQpOi0
一年以上にわたって、お送りしてきた今作品でしたが、
ようやく完結まで運ぶことが出来ました、これも支援してくださった皆様のおかげです、
本当にありがとうございました。

それから、まとめてくださったまとめさん、絵を提供してくださらなかった絵師さん、
感想などを書いてくれた人々にも、感謝の言葉を贈りたいと思います。

第1話の時点では、完結できるかどうか不安でしたが、
こうして立派にENDを迎える事が出来たので、もう心残りはありません。

長編を完結できたことで、より飛躍できたような気がします。

それではみなさん、次回作でお会いしましょう、さようなら!

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/12(土) 23:26:36.73 ID:gqMQigjq0
1年間楽しかったよ乙
また次も待ってるからなー

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

K-AYUMU

Author:K-AYUMU

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

ユーザタグ

カ行 タ行 ア行 ちんこ ハ行 サ行 マ行 ナ行 英数字  ^ω^) ('A`) ラ行 1レス ワ行 (´・ω・`) ショボーン ヤ行 ブーン ショボン トソン 'ー`)し ξ゚⊿゚)ξ (,゚Д゚) ドクオ まんこ (=゚д゚) J( 1レス カラマロス大佐 シュー ミセリ (-_-) いよう 川д川 人狼 (∪^ω^) 世紀末 ツンデレ 

FC2カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。