mesimarja
気に入ったスレを集めてみました。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺がブーン系を書いてみたようです
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 20:27:59.35 ID:7SUUwytX0
総合短編程度の長さのものを投下します

予定では


1.( ・∀・)あと一週間で終わりのようです
2.( ・∀・)偽善のようです
3.('A`)いきたいようです
4.( ・∀・)乳母車はまだからっぽのようです
5.答えを示したようです


の五つです

では

( ・∀・)あと一週間で終わりのようです


2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 20:28:29.13 ID:7SUUwytX0


        ミーンミンミンミーン………


                                ミーンミンミンミーン………


 ( ゚∀゚)「あ~……」


 ( ゚∀゚)「あっちいな……」


 ( ゚∀゚)


 ( ゚∀゚)「セミがうるせぇ……」


 ( ゚∀゚)


 ( ゚∀゚)「……あいつ……」


 ( ゚∀゚)「……元気かな……」




3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 20:29:17.27 ID:7SUUwytX0


 ( ゚∀゚)「……何言ってんだよ俺、らしくねぇ」


 ( ゚∀゚)


 ( ゚∀゚)「……一年ぶりくらい、か」


 ( ゚∀゚)「まぁ、なんてーか」


 ( ゚∀゚)


 ( ゚∀゚)「しんみりもするわな」




4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 20:29:49.43 ID:7SUUwytX0


 ウィーン


 ( ゚∀゚)「は~……涼しい……」


 ( ゚∀゚)「……とりあえず、受付行くか」


 ( ゚∀゚)


 ( ゚∀゚)「……もう少し涼んでからにしよ」


 ( ゚∀゚)「まだ時間もあるしな……」


 ( ゚∀゚)


 ( ゚∀゚)「でも……」


 ( ゚∀゚)「あいつはもう、時間ねぇんだよな……」




6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 20:30:27.64 ID:7SUUwytX0


 ( ゚∀゚)


 ( ゚∀゚)「……しゃーねぇな……」


 ( ゚∀゚)「すんません、ちょっといいですかね?」


 o川*゚ー゚)o「あ、はい、大丈夫ですよ。お見舞いですか?」


 ( ゚∀゚)「はい、後一週間ぐらいで死ぬやつに」


 o川*゚ー゚)o「えっ?」


 ( ゚∀゚)「いるだろ?もうすぐ死んじまうやつが」


 o川;゚ー゚)o「あ、えっと……モララーさんの事ですか?」


 ( ゚∀゚)「そ、そいつ。どこにいんの?」




7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 20:31:00.39 ID:7SUUwytX0


 o川;゚ー゚)o「えっと……モララーさんは4階、1422号室に入院中ですけど……」


 ( ゚∀゚)「そっか、わかった。サンキューな」


 o川;゚ー゚)o「あっ、でもっ、面会するのに諸注意がっ!」


 ( ゚∀゚)「ん?」


 o川;゚ー゚)o「モララーさん、絶対に安静にしてなきゃいけないんです。あまり野暮な事はしないでください!」


 ( ゚∀゚)「あぁ、はいはい、わかりましたよ」




8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 20:31:34.95 ID:7SUUwytX0


 ( ゚∀゚)


 ( ゚∀゚)「野暮な事って何だよ……」


 ( ゚∀゚)


 ( ゚∀゚)「荒っぽく見えたのかな……?」


 ( ゚∀゚)


 ( ゚∀゚)「それよかあいつ……」


 ( ゚∀゚)


 ( ゚∀゚)「……そんなに弱ってんのか?」




9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 20:32:11.38 ID:7SUUwytX0


 ( ゚∀゚)


 ( ゚∀゚)「よう、元気?」


 ( ゚∀゚)「いや、ダメだな。病人に『元気』はねぇだろ」


 ( ゚∀゚)


 ( ゚∀゚)「調子どう?」


 ( ゚∀゚)「……なんか俺らしくねぇな」


 ( ゚∀゚)


 ( ゚∀゚)「一回ジュース買ってからにしよ……」




11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 20:32:48.07 ID:7SUUwytX0


 ( ゚∀゚)「そういや、土産とか何もねぇや……」


 ( ゚∀゚)「……今日は帰ろうかな……」


 ( ゚∀゚)


 ( ゚∀゚)


 ( ゚∀゚)「アホか俺」


 ( ゚∀゚)


 ( ゚∀゚)「一週間後にはもういねぇんだよ……」




12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 20:33:20.54 ID:7SUUwytX0


 ( ゚∀゚)「……しゃーねぇ……」


 ( ゚∀゚)


 ( ゚∀゚)「なんでこんな緊張してんだろ?」


 ( ゚∀゚)


 ( ゚∀゚)「わけわからん」


 ( ゚∀゚)


 ( ゚∀゚)「……わけわからん……」




14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 20:33:53.63 ID:7SUUwytX0


 ガラガラッ


 ( ゚∀゚)「……よう……」


 ( ・∀・)「ん?あっ!え?ジョルジュ?なんで?」


 ( ゚∀゚)「……驚きすぎだ」


 ( ・∀・)「いや、でもさ……なんで……?」


 ( ゚∀゚)「……久しぶりに会うのが、葬式じゃイヤなだけだ」


 ( ・∀・)


 ( ゚∀゚)




15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 20:34:26.37 ID:7SUUwytX0


 ( ・∀・)


 ( ゚∀゚)


 ( ・∀・)「……よくここがわかったね……」


 ( ゚∀゚)「…………結構苦労したんだぞ……」


 ( ・∀・)「………そっか……」


 ( ゚∀゚)


 ( ・∀・)




17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 20:34:58.33 ID:7SUUwytX0


 ( ゚∀゚)「……つーかさ、後一週間って割には元気そうだな」


 ( ・∀・)「……うん、まぁ一応毎日薬とか飲んでるからね……」


 ( ゚∀゚)「……でもさ、受付で絶対安静とか言ってたからもっとこう、体中からチューブがはえてんのかと思ってたわ」


 ( ・∀・)「………いや、それはさすがにないよ」


 ( ゚∀゚)「………そうか……」


 ( ・∀・)


 ( ゚∀゚)




18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 20:35:32.63 ID:7SUUwytX0


 ( ゚∀゚)「……そういやさ、受付のねーちゃん胸おっきくね?」


 ( ・∀・)「……あぁ、キュートさん?……でもあの人彼氏いるよ」


 ( ゚∀゚)「………まぁ、そんな感じはしたけど……」


 ( ・∀・)「……っていうかさ、ジョルジュ彼女いなかったっけ?」


 ( ゚∀゚)「いや、もう別れた。浮気されてな」


 ( ・∀・)「………ふ~ん………」


 ( ゚∀゚)


 ( ・∀・)「………ごめん……」


 ( ゚∀゚)「………いや……」




19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 20:36:03.71 ID:7SUUwytX0


 ( ゚∀゚)「……つーかさ、モララーはどうなのよ?彼女いないの?」


 ( ・∀・)「……余命一年って宣告された時点で……ねぇ……」


 ( ゚∀゚)「……享年=彼女いない歴か?」


 ( ・∀・)「………そうなるね」


 ( ゚∀゚)


 ( ・∀・)


 ( ゚∀゚)「………笑えよ………」


 ( ・∀・)「……………うん……」




20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 20:36:36.13 ID:7SUUwytX0


 ( ゚∀゚)


 ( ・∀・)


 ( ゚∀゚)「なぁ、」


 ( ・∀・)「あのs」


 ( ゚∀゚)「ん?どうした?」


 ( ・∀・)「いや、そっちこそ」


 ( ゚∀゚)


 ( ・∀・)




21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 20:37:07.35 ID:7SUUwytX0


 ( ゚∀゚)「どうした?言えよ」


 ( ・∀・)「いや、そっちから言ってよ」


 ( ゚∀゚)「いやいや、俺後でいいよ」


 ( ・∀・)「いやいやいや、僕のはホントどうでもいいから」


 ( ゚∀゚)


 ( ・∀・)


 ( ゚∀゚)


 ( ・∀・)




22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 20:37:38.56 ID:7SUUwytX0


 ( ゚∀゚)「……じゃあ、俺から言うからな。言い終わったらお前も言えよ?」


 ( ・∀・)「………わかった」


 ( ゚∀゚)


 ( ・∀・)


 ( ゚∀゚)「なんかさ……」


 ( ・∀・)


 ( ゚∀゚)


 ( ・∀・)「……どうしたの?」




24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 20:38:11.36 ID:7SUUwytX0


 ( ゚∀゚)


 ( ・∀・)「……なに?」


 ( ゚∀゚)


 ( ・∀・)「……ねぇ?」


 ( ゚∀゚)


 ( ・∀・)「……オイッ!」


 ( ゚∀゚)「………こんなはずじゃなかったんだけどな……」


 ( ・∀・)




25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 20:38:49.01 ID:7SUUwytX0


 ( ゚∀゚)「モララーとはさ、親友だと思ってんだ。独りよがりとか、そんなんじゃなくてさ」


 ( ・∀・)


 ( ゚∀゚)「何年たっても、何十年たっても、たとえその間ずっと会ってなくても、いくつになってもバカみたいな事で笑ってられると思ってた」


 ( ・∀・)


 ( ゚∀゚)「なのにさ……なんか……何言っていいかわかんねぇんだ、今」


 ( ・∀・)


 ( ゚∀゚)「言葉、つながんねぇんだ…………でてこねぇ……」


 ( ・∀・)




26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 20:39:21.05 ID:7SUUwytX0


 ( ゚∀゚)「なんでだろうな……昔は何でも腹割って話せたのに……」


 ( ・∀・)


 ( ゚∀゚)「……なんかさ、俺どっかでモララーの事、変わっちまったって思ってるのかもしれねぇ」


 ( ・∀・)


 ( ゚∀゚)「………言っちゃわりぃけど、あんまり会いたくなかったんだ」


 ( ・∀・)


 ( ゚∀゚)「さっき言ったさ、もしもチューブみたいなのにつながれてたら、俺イヤだったんだ」


 ( ゚∀゚)「なんかそれってさ、すでにモララーであってモララーじゃない感じがするんだ、なんか」


 ( ・∀・)




27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 20:39:53.34 ID:7SUUwytX0


 ( ゚∀゚)「まぁ、実際そんな事なかったんだけどさ」


 ( ゚∀゚)「でもやっぱり俺、どっかでモララーの事、変わったって思ってんだろうな………」


 ( ・∀・)


 ( ゚∀゚)「でもさ、今は会わなきゃよかったなんて思ってねぇから」


 ( ゚∀゚)「……会って良かったって思ってっから……」


 ( ・∀・)


 ( ゚∀゚)


 ( ・∀・)「………野郎に言われてもな……」


 ( ゚∀゚)「………うるせぇ……」




29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 20:40:27.59 ID:7SUUwytX0


        ミーンミンミンミーン………


                                ミーンミンミンミーン………


 ( ゚∀゚)「…………セミがうるせぇな」


 ( ・∀・)「……そう言えばさ」


 ( ゚∀゚)「ん?」


 ( ・∀・)「……セミの寿命も一週間なんだよね」


 ( ゚∀゚)「……あぁ、そう言えばそうだったな」


 ( ・∀・)「………一週間……か………」




31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 20:40:59.16 ID:7SUUwytX0


 ( ゚∀゚)「……今のお前とおんなじなんだな」


 ( ・∀・)「そうだね……」


 ( ゚∀゚)


 ( ・∀・)


 ( ゚∀゚)


 ( ・∀・)


 ( ゚∀゚)


 ( ・∀・)「……悲しくないのかな……」




32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 20:41:31.08 ID:7SUUwytX0


 ( ゚∀゚)「……何が?」


 ( ・∀・)「……一週間しか生きれないのに、あんなに懸命に鳴いて」


 ( ゚∀゚)


 ( ・∀・)


 ( ゚∀゚)


 ( ・∀・)


 ( ゚∀゚)


 ( ・∀・)「悲しくないのかな……」




33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 20:42:02.11 ID:7SUUwytX0


 ( ゚∀゚)「……何言ってんだ、お前」


 ( ゚∀゚)「ああやって大声で鳴いてんのは、自分の子孫を残そうとしてんだろ?」


 ( ・∀・)「……メスを呼ぶためってのは知ってるけど、そういう意味で言ったんじゃ……」


 ( ゚∀゚)「みんな自分の存在知らせようと必死なんだよ」


 ( ・∀・)




35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 20:42:33.59 ID:7SUUwytX0


 ( ゚∀゚)「俺はここにいる。ここにちゃんと生きている。そうやって叫んでんだろ?」


 ( ・∀・)


 ( ゚∀゚)「『どうして僕は一週間しか生きられないんだ』、なんていうやつは一匹もいない、それこそ時間の無駄だろ」


 ( ゚∀゚)「セミは『泣』いてんじゃない、『鳴』いてんだ。その短い時間の中で、生きた証を残すために」


 ( ・∀・)


 ( ゚∀゚)


 ( ・∀・)「………くさっ……」


 ( ゚∀゚)「………うるせぇよ……」




36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 20:43:06.62 ID:7SUUwytX0


 ( ・∀・)


 ( ゚∀゚)


 ( ・∀・)「………じゃあさ」


 ( ゚∀゚)「ん?」


 ( ・∀・)「僕は何を残せたのかな?」


 ( ゚∀゚)


 ( ・∀・)「僕はセミと違ってさ」


 ( ゚∀゚)


 ( ・∀・)「……時間、無駄にしすぎた……」

 


37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 20:43:39.72 ID:7SUUwytX0


 ( ・∀・)「余命の宣告をされた時、僕ひどかったよね」


 ( ゚∀゚)「……まぁ、相当荒れてたからな……」


 ( ・∀・)「………結構後悔してんだよね」


 ( ゚∀゚)


 ( ・∀・)「学校もやめて、人間関係も全部断ち切って、自分が本当にやりたい事しようとしたんだ」


 ( ・∀・)「……だけどさ」


 ( ・∀・)「……やりたい事、何もなかった」




38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 20:44:11.87 ID:7SUUwytX0


 ( ・∀・)「少ない時間じゃ、満足にそれも見つけられないし」


 ( ・∀・)「……気持ちばっかり焦っちゃってさ」


 ( ゚∀゚)


 ( ・∀・)「………結局、僕は何もしなかったんだ……」


 ( ゚∀゚)


 ( ・∀・)


 ( ゚∀゚)「それでも……」


 ( ・∀・)


 ( ゚∀゚)「何も残せなかったって事は……ねぇだろ……」




39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 20:44:43.86 ID:7SUUwytX0


 ( ゚∀゚)「……少なくとも、俺の中にはお前との思い出もあるし、お前の考え方とかも残ってる」


 ( ゚∀゚)「………それに、きっと俺だけじゃねえよ、モララーの事覚えてんの。お前の思いは、みんなの中にちゃんと残ってるから」


 ( ・∀・)「……うん……まぁ……」


 ( ゚∀゚)「……納得してない感じだな」


 ( ・∀・)「……まぁ、ね」


 ( ・∀・)「………何かを残すのなら、ちゃんと目に見える、例えば芸術作品とか、そんなのじゃなきゃ意味ない気がする」


 ( ゚∀゚)


 ( ・∀・)


 ( ゚∀゚)「……否定はできんわな……」


 

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 20:45:15.20 ID:7SUUwytX0


 ( ゚∀゚)「けどさ、そんな事言ったら大半の人は何も残せてないぞ?」


 ( ・∀・)「……うん」


 ( ゚∀゚)「だからさ、どっかで妥協ってゆーの?必要なんじゃねぇの?」


 ( ・∀・)「でもさ……一応、子孫ってゆう生きた証は残してるじゃん?」


 ( ゚∀゚)


 ( ・∀・)


 ( ゚∀゚)「………童貞のまま死ぬのはイヤか?」


 ( ・∀・)「………いや、そうゆう意味じゃないけど………」


 ( ・∀・)「…………………くやしいよ……」




41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 20:45:47.98 ID:7SUUwytX0


 ( ゚∀゚)


 ( ・∀・)


 ( ゚∀゚)「……やっぱり怖いか、死ぬの?」


 ( ・∀・)「…………いや、そうでもない」


 ( ゚∀゚)


 ( ・∀・)「……逆に、覚悟が決まってすっきりしてるって感じかな?」


 ( ゚∀゚)「……覚悟……?」




42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 20:46:19.01 ID:7SUUwytX0


 ( ・∀・)「……終わりがいつ来るかわかってるから、あわてないですんでるって感じかな?」


 ( ゚∀゚)「……もう、やり残した事とかないのか?」


 ( ・∀・)「…………いまさらあがいたって……さ」


 ( ゚∀゚)「……………そうか………」


 ( ・∀・)


 ( ゚∀゚)





43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 20:46:50.08 ID:7SUUwytX0


 ( ・∀・)「………ゴメン、なんか少し疲れた」


 ( ゚∀゚)「……そっか、じゃあそろそろ行くよ」


 ( ・∀・)「………うん」


 ( ゚∀゚)「……一応、あと一週間はちゃんと生きろよな」


 ( ・∀・)「……そんな事、言われなくったってわかってるよ。大きなお世話」


 ( ゚∀゚)「………そうだな」


 ( ・∀・)


 ( ゚∀゚)




44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 20:47:22.31 ID:7SUUwytX0


 ( ・∀・)「………帰んないの?」


 ( ゚∀゚)「……帰るよ……」


 ( ・∀・)


 ( ゚∀゚)


 ( ・∀・)


 ( ゚∀゚)「そういえばさ」


 ( ・∀・)「ん?」


 ( ゚∀゚)「あの時言いかけたの、何だったの?」




46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 20:47:53.83 ID:7SUUwytX0


 ( ・∀・)「……まぁ、あんまり大した事じゃないけど……」


 ( ゚∀゚)


 ( ・∀・)「……来てくれて、ありがとう」


 ( ゚∀゚)


 ( ・∀・)「……そんだけ」


 ( ゚∀゚)


 ( ・∀・)「……なんか言えよ」


 ( ゚∀゚)「………野郎に言われてもな……」


 ( ・∀・)「……………うるさいよ………」




47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 20:48:24.91 ID:7SUUwytX0


 ( ゚∀゚)「……じゃあな」


 ( ・∀・)「……うん」


 ( ゚∀゚)


 ( ・∀・)


 ガラガラッ


 ( ・∀・)「あ」


 ( ・∀・)


 ( ・∀・)


 ( ・∀・)




48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 20:48:56.16 ID:7SUUwytX0


 ( ・∀・)


 ( ・∀・)「………ウソだよ……」


 ( ;∀・)


 ( ;∀;)「……死ぬのが怖くないなんて、ウソに決まってるよ………」


 ( ;∀;)


 ( ;∀;)「………いやだよぉ……」


 ( う∀;)


 ( う∀;)「…………しにたくないよぉ…………」




49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 20:49:29.91 ID:7SUUwytX0


        ミーンミンミン………ミーン………


                                ミーン……ミンミンミーン………


 ( ゚∀゚)


 ( ゚∀゚)


 ( ゚∀゚)「あつい……」


 ( ゚∀゚)


 ( ゚∀゚)「……うるせぇな………」




50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 20:50:00.92 ID:7SUUwytX0


        ミーン…ミン……ミン………ミ………


 ポトッ…


 ( ゚∀゚)「あ」


 ( ゚∀゚)


 ( ゚∀゚)


 ( ゚∀゚)


 ( ;∀;)


        ……ミーンミンミンミーン…………


                                ……ミーンミンミンミーン…………




51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 20:50:33.54 ID:7SUUwytX0






                  ( ・∀・)あと一週間で終わりのようです







53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 20:51:36.46 ID:7SUUwytX0
以上で

( ・∀・)あと一週間で終わりのようです

は終わりです

感想、期待、支援、その他もろもろありがとうございます

少ししたら次行きます

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 20:51:45.88 ID:29Yr+iX60
超現実的でもなんでもないと思うけど
しんみり来る話だ

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 20:52:44.17 ID:/mO7ighA0
1発目から鬱だな…

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 20:54:17.91 ID:7SUUwytX0
感想ありがとうございます

では


( ・∀・)偽善のようです

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 20:54:56.46 ID:7SUUwytX0


 ( ・∀・)】「もしもし?今どこにいるの?」


 ( ・∀・)】『今?ちょうど空港だよ?これから飛行機に乗って帰るからね』


 ( ・∀・)】「ほんと~、わかった~、気をつけてね~」


 ( ・∀・)】『気をつけるって何によ?』


 ( ・∀・)】「………事故とか?」


 ( ・∀・)】『……そんな事言われても、私が操縦するわけじゃないから……』


 ( ・∀・)】「ですよね~」




60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 20:55:27.38 ID:7SUUwytX0


 ( ・∀・)】「とにかく早く帰ってきてね、アメリカのお土産よろしく」


 ( ・∀・)】『ハイハイ、じゃあ飛行機乗るから切るね』


 ( ・∀・)】「うんわかった。ばいば~い」


 ( ・∀・)】 ピッ


 ( ・∀・)「………楽しみだな、何週間ぶりだろ?」


 ( ・∀・)


 ( ・∀・)「……ご馳走でも作ってあげよ」




61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 20:55:58.69 ID:7SUUwytX0


 『次のニュースです。今日未明、○○県××市で乗用車が…………』


 ( ・∀・)


 『幸い怪我人はいませんでしたが…………あッ!ここで臨時ニュースです!』


 ( ・∀・)


 『飛行機墜落事故ですッ!アメリカ発の成田行き飛行機が墜落しましたッ!』


 ( ・∀・)


 『詳しい情報はまだ入っておりませんッ!以後、番組は内容を変更してお送り………』


 ( ・∀・)


 ( ・∀・)「え?」




62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 20:56:30.58 ID:7SUUwytX0


 ( ・∀・)「……………なになになになに?」


 ( ・∀・)「えッ?何したの?えッ?」


 ( ・∀・)「あ~………なになになになに?」


 ( ・∀・)「ででッ、電話電話電話電話」


 ( ・∀・)】 オカケニナッタデンハワ、デンパノトドカナイバショカ‥‥


 ( ・∀・)「……やばいやばいやばいやばい」


 ( ・∀・)「えッ、何コレ?夢?」




63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 20:57:01.66 ID:7SUUwytX0


 ( ・∀・)「なになになになに?」


 ( ・∀・)「ちょいちょいちょいちょいちょい」


 ( ・∀・)


 ( ・∀・)「な?え?ど?え?」


 ( ・∀・)「うぇ?う?うぇぃ?」


 ( ・∀・)


 ( ・∀・)「………えぇ………」



64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 20:57:36.34 ID:7SUUwytX0


 『今世紀最大の大惨事と予想されますが……あっとここで最新の情報が入ってきましたッ!』


 ( ・∀・)「あ!」


 『日本人死者はいませんッ!繰り返しますッ!日本人の死者はいませんッ!怪我人もいませんッ!繰り返しますッ!日本人の……』


 ( ・∀・)


 ( ・∀・)「あ?」


 ( ・∀・)


 ( ・∀・)「あ?」




65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 20:58:09.45 ID:7SUUwytX0


 prrrrrr...


 ( ・∀・)「……電話」


 ( ・∀・)】『もしもしモララー?私なら大丈夫よ。ちゃんと生きてるよ』


 ( ・∀・)】


 ( ・∀・)】『もしもし?』


 ( ・∀・)】


 ( ・∀・)】『もしも~し?』


 ( ・∀・)】


 ( ;∀;)】




66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 20:58:40.86 ID:7SUUwytX0


 ( ;∀;)】「よ゛がっだ……い゛ぎでる゛……」


 ( ;∀;)】『え?なに?泣いてるの?』


 ( ;∀;)】「だっで……じん゛じゃっだがどお゛も゛っだん゛だぼん゛……」


 ( ;∀;)】『大丈夫よ、私はそう簡単に死なないから』


 ( ;∀;)】「だっで……だっで………」


 ( ;∀;)】『………まぁ、心配してくれてありがとね』




67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 20:59:11.73 ID:7SUUwytX0


 ( ;∀;)】『でもね、残念な事に今日はもう飛行機飛ばないって。帰りは明日以降になっちゃうかな?』


 ( う∀;)】「……何でもいい、生きてくれてれば……何でもいい」


 ( う∀・)】『わかったわかった、じゃあ私は手続きとかしなきゃいけないから、切るよ』


 ( ・∀・)】「………まって」


 ( ・∀・)】『ん?どうしたの?』


 ( ・∀・)】「………もうちょっとこうしてたい」


 ( ・∀・)】『………はいはい』




70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 20:59:42.92 ID:7SUUwytX0


 ( ・∀・)】「うん、もう大丈夫、ありがとね」


 ( ・∀・)】「うん、じゃあバイバイ」


 ( ・∀・)


 ( ・∀・)「………よかった」


 ( ・∀・)


 ( ・∀・)「………本当によかった……」


 ( ・∀・)


 ( ・∀・)「………よかった?」




71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 21:00:15.12 ID:7SUUwytX0


 『住宅街に墜落した飛行機は、乗客だけで数百人、付近の住民も含めてれば数百万人という大惨事になっています』


 ( ・∀・)


 『いや~、本当に恐ろしい事ですね。ですが、日本人被害者がいなかったのが不幸中の幸いですね』


 ( ・∀・)


 『そうですね、それだけは本当によかったです』


 ( ・∀・)


 『おっと、ここでいまだ混乱の続く現地に当社のアナウンサーが到着したようです。よんでみましょう………』


 ( ・∀・)


 ( ・∀・)「よかった………?」




72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 21:00:47.46 ID:7SUUwytX0


 ( ・∀・)】 prrrrrrr...


 ( ・∀・)】 prrrrrrr...


 ( ・∀・)】『…………もしもしぃ?』


 ( ・∀・)】「あ、ゴメン、寝てた?」


 ( ・∀・)】『…………うん………どしたのぉ……?』


 ( ・∀・)】「いや、ちょっと話がしたくてさ」


 ( ・∀・)】『………なぁに?』




73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 21:01:22.38 ID:7SUUwytX0


 ( ・∀・)】「僕はさ、ニュースを見て、君が死んじゃったんじゃないかって慌ててたけどさ」


 ( ・∀・)】「君から電話をもらって、生きてるって事がわかって、本当に良かったって思ったんだ」


 ( ・∀・)】「でもそれってさ、なんか不謹慎じゃないのかなって思ってさ」


 ( ・∀・)】


 ( ・∀・)】


 ( ・∀・)】『…………でぇ?』


 ( ・∀・)】「寝ぼけてるよね、君」




74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 21:01:53.53 ID:7SUUwytX0


 ( ・∀・)】『……大丈夫だよ……聞いてるよ……』


 ( ・∀・)】「……うん、まぁさ、要はあれだよ」


 ( ・∀・)】「僕の大切な人はちゃんと生きてたけど」


 ( ・∀・)】「誰かの大切な人は死んじゃったんだなって思ってさ」


 ( ・∀・)】「それなのに僕ばっかり喜んでるのは、その人に申し訳ないような気がするんだ」


 ( ・∀・)】


 ( ・∀・)】「聞いてる?」




75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 21:02:24.82 ID:7SUUwytX0


 ( ・∀・)】『………別にモララーが悲しんだからって死んだ人がかえってくるわけじゃないでしょ?』


 ( ・∀・)】「………まぁ、そうだけどさ」


 ( ・∀・)】「………なんか………なんか可哀そうなんだもん」


 ( ・∀・)】「……勘違いだったけど、僕も近い感情を持ったからさ」


 ( ・∀・)】『………そんな事言ったって、赤の他人に可哀そうって思われても正直微妙じゃない?』


 ( ・∀・)】「なんかやたらトゲがあるね、君」




77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 21:03:00.07 ID:7SUUwytX0


 ( ・∀・)】「………でもさ、結局君の言う通りなんだよね」


 ( ・∀・)】「僕が遺族のために祈ったって、結局どうしようもないんだけどさ」


 ( ・∀・)】「でも、なんかそうせずにはいられないっていうか」


 ( ・∀・)】「結局、自己満足なんだよね。偽善っていうおまけつきの」


 ( ・∀・)】「で、なんかそんな自分が嫌だなぁって自己嫌悪になってさ」


 ( ・∀・)】「…………自分で何言ってるのかよくわかんないや」




79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 21:03:33.50 ID:7SUUwytX0


 ( ・∀・)】『………ではここでモララーさんに問題です』


 ( ・∀・)】「……え?」


 ( ・∀・)】『ウルトラマンとか、スーパーマンは誰のために戦っているのでしょうか?』


 ( ・∀・)】「……え、なに?いきなり」


 ( ・∀・)】『いいから答えて、誰のため?』


 ( ・∀・)】「……正義の味方なんだから、みんなのためでしょ?」


 ( ・∀・)】『ブッブー、ちがいまーす』


 ( ・∀・)】『正解は、自分のためでしたー』




80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 21:04:04.75 ID:7SUUwytX0


 ( ・∀・)】「……どうして?」


 ( ・∀・)】『あの人たちはね、みんな『誰かを助ける』事で自己満足を獲得してるのよ』


 ( ・∀・)】『自分が満足したいだけで、誰かを助けてるだけ』


 ( ・∀・)】


 ( ・∀・)】『人ってね、みんなそうなの。結局は、自分のエゴを満たそうと生きてるの』


 ( ・∀・)】『だから、モララーの生き方は何も間違ってないわよ』




81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 21:04:35.35 ID:7SUUwytX0


 ( ・∀・)】「……それじゃまるで、みんな偽善じゃん」


 ( ・∀・)】「ウルトラマンも、自分が満足したいから怪獣と戦うの?」


 ( ・∀・)】「スーパーマンも、そのためだけに悪い人をやっつけるの?」


 ( ・∀・)】「あたかも誰かのためって感じでふるまって、結局自分のためなの?」


 ( ・∀・)】『そうよ、結局みんな偽善よ』


 ( ・∀・)】




82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 21:05:08.33 ID:7SUUwytX0


 ( ・∀・)】「……じゃあ、人は優しくなれないじゃん」


 ( ・∀・)】「誰かの事を考えようにも、それがもう自己満足を得るための行為でしょ?」


 ( ・∀・)】「……何をするにも偽善じゃ、優しくなんかなれないじゃん……」


 ( ・∀・)】『……そんな事ないよ』


 ( ・∀・)】『どんなに自分の事を考えてようが、誰かを幸せにできればそれはもう立派な優しさじゃない』


 ( ・∀・)】『ウルトラマンも、スーパーマンも、みんなを守りたいって思いがあるから、それが優しさになるんじゃない』




83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 21:05:38.89 ID:7SUUwytX0


 ( ・∀・)】『……例えばモララーだってさ、私が死んじゃったんじゃないかって心配して泣いてくれたでしょ?』


 ( ・∀・)】『……あれだってすっごい嬉しんだから』


 ( ・∀・)】『……たとえそれがモララーの自己満足のためだとしても、私にはちゃんと優しさが届いたんだよ?』


 ( ・∀・)】


 ( ・∀・)】「でも、そんな事言われたら今まで通りに優しくなんてできないよ」


 ( ・∀・)】「所詮偽善だったら、やらない方がマシじゃん」




85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 21:06:12.18 ID:7SUUwytX0


 ( ・∀・)】『………誰が言ったか忘れちゃったけどさ』


 ( ・∀・)】『……やらない偽善よりやる偽善なんだよぉ』


 ( ・∀・)】『……どうせ偽善なら、やった方がいいでしょ?』


 ( ・∀・)】『……その偽善で、救われる人だっているんだからぁ』


 ( ・∀・)】


 ( ・∀・)】「……うん」




87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 21:06:47.43 ID:7SUUwytX0


 ( ・∀・)】「………そうだね」


 ( ・∀・)】「そうだよね」


 ( ・∀・)】「結局、人に優しくしてバチが当たるなんて事はないんだもん」


 ( ・∀・)】「だったら、優しくしたようがいいに決まってるよ」


 ( ・∀・)】「偽善上等!そうやって考えてればいいんだね?」


 ( ・∀・)】


 ( ・∀・)】「……もしもし?」


 ( ・∀・)】『…………zzz』


 ( ・∀・)】「………寝とるがな」




89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 21:07:18.37 ID:7SUUwytX0

 ―――――――――――
 ――――――――
 ―――――


 ミセ*゚ー゚)リ「いらっしゃいませー」


 ( ・∀・)「あの、死んじゃった人に送るような花ってありますか?」


 ミセ*゚ー゚)リ「はい、ありますよ」


 ( ・∀・)「あ、じゃあお願いします」


 ミセ*゚ー゚)リ「はい、かしこまりました」


 

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 21:07:49.11 ID:7SUUwytX0


 ミセ*゚ー゚)リ「ありがとうございましたー」


 ( ・∀・)


 ( ・∀・)


 ( ・∀・)「こんな事されて嬉しいかわかんないけどね」


 ( ・∀・)


 ( ・∀・)


 ( ・∀・)「せめてもの気持ちですよ」




91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 21:08:21.65 ID:7SUUwytX0


 (*゚∀゚)「救われない人達に募金お願いしまーす!」


 ( ・∀・)


 ( ・∀・)「こまかいのあったかな?」


 ( ・∀・)


 ( ・∀・)「………千円しかない」


 ( ・∀・)


 ( ・∀・)「……じゃあいいや」




92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 21:08:58.39 ID:7SUUwytX0


 ( ・∀・)「……どうせやったって偽善にしかなんないしね………」


 ( ・∀・)


 ( ・∀・) ソワッ


 ( ・∀・) ソワソワッ


 ( ・∀・) ソワソワソワッ


 ( ・∀・) ソワソワソワソワッ


 ( ・∀・)「…………やっぱダメだ」




93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/25(土) 21:09:29.74 ID:7SUUwytX0


 ( ・∀・)「はい、募金」


 (*゚∀゚)「おー!千円もくれるのか?いい兄ちゃんだな!」


 ( ・∀・)「いやいや、ただの偽善だよ」


 (*゚∀゚)「そんな事ないぞー。きっと今のお金で救われる人がいっぱいいるぞー」


 ( ・∀・)「まぁ、そうだと嬉しいんだけどね。じゃあがんばってね」


 (*゚∀゚)「おー、ありがとな!救われない人達に募金お願いしまーす!」




1 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 21:35:36 ID:4b93Kjno0
とりあえず、続きから行きます


 ( ・∀・)「はい、募金」


 (*゚∀゚)「おー!千円もくれるのか?いい兄ちゃんだな!」


 ( ・∀・)「いやいや、ただの偽善だよ」


 (*゚∀゚)「そんな事ないぞー。きっと今のお金で救われる人がいっぱいいるぞー」


 ( ・∀・)「まぁ、そうだと嬉しいんだけどね。じゃあがんばってね」


 (*゚∀゚)「おー、ありがとな!救われない人達に募金お願いしまーす!」

2 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 21:36:55 ID:4b93Kjno0


 ( ・∀・)


 ( ・∀・)「……あの子もそのうち気付くんだろうな……」


 ( ・∀・)「……でもやっぱり」


 ( ・∀・)「やらない偽善よりやる偽善なんだな……」


 ( ・∀・)


 ( ・∀・)


 ( ・∀・)「……早く帰ってこないかな……」

3 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 21:37:56 ID:4b93Kjno0






                 ( ・∀・)偽善のようです

4 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 21:39:38 ID:4b93Kjno0
以上で

( ・∀・)偽善のようです

は終わりです

皆様、本当に申し訳ありません
手ほどきありがとうございます

少ししたら次に行きたいと思います
本当に申し訳ありません

6 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 21:45:48 ID:4b93Kjno0
では次に行きたいと思います
本当にごめんなさい


('A`)いきたいようです

7 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 21:46:28 ID:4b93Kjno0


 ('A`)「逝きたい」


 ('A`)


 ('A`)「逝きたい」


 ('A`)


 ('A`)「そう」


 ('A`)「逝きたいんだ」

8 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 21:47:12 ID:4b93Kjno0


 ('A`)「もう」


 ('A`)「生きているのは嫌だ」


 ('A`)「もう」


 ('A`)「辛い思いはしたくない」


 ('A`)「だから」


 ('A`)「逝きたかった」

9 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 21:48:05 ID:4b93Kjno0


 ('A`)「なのに」


 ('A`)「なのに」


 ('A`)「どうして止めた」


 (#゚;;-゚)


 ('A`)「もっと」


 ('A`)「もっと」


 ('A`)「僕に苦しめというのか?」

10 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 21:48:47 ID:4b93Kjno0


 (#゚;;-゚)「逝ってはいけません」


 ('A`)


 (#゚;;-゚)「逝ってはいけません」


 (#゚;;-゚)「逝ってはいけないのです」


 (#゚;;-゚)「命は」


 (#゚;;-゚)「人の心は」


 (#゚;;-゚)「大切にしなければいけません」

11 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 21:49:35 ID:4b93Kjno0


 ('A`)「僕は」


 ('A`)「僕を思った」


 ('A`)「だから」


 ('A`)「僕は」


 ('A`)「僕を殺そうとした」


 ('A`)「それで」


 ('A`)「僕は」


 ('A`)「僕を救いたかった」

13 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 21:51:06 ID:4b93Kjno0


 (#゚;;-゚)「だからと言って」


 (#゚;;-゚)「自分から逝ってはいけません」


 (#゚;;-゚)「命は尊いものです」


 (#゚;;-゚)「大事にしなければいけません」


 (#゚;;-゚)「逝ってはいけません」


 (#゚;;-゚)「生きなさい」


 (#゚;;-゚)「生きなさい」

14 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 21:51:54 ID:4b93Kjno0


 ('A`)「生きて何になるんですか?」


 (#゚;;-゚)


 ('A`)「生きて何になるんですか?」


 ('A`)「僕みたいに」


 ('A`)「何の役にも立てない」


 ('A`)「邪魔者が」


 ('A`)「生きてる意味のない」


 ('A`)「嫌われ者が」


 ('A`)「生きて何になるんですか?」

16 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 21:52:35 ID:4b93Kjno0


 (#゚;;-゚)「意味はあります」


 (#゚;;-゚)「誰にだって」


 (#゚;;-゚)「生きている意味はあります」


 (#゚;;-゚)「ないと言い張るのなら」


 (#゚;;-゚)「探してください」


 (#゚;;-゚)「懸命に探してください」

17 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 21:53:21 ID:4b93Kjno0


 ('A`)


 ('A`)「そうですね」


 ('A`)「少し間違えました」


 ('A`)「僕にも、生きている意味はあります」


 ('A`)「誰かの足を引っ張るという意味が」


 ('A`)「誰かの邪魔ばかりしてしまうという意味が」


 ('A`)「僕の人生にあります」

18 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 21:54:02 ID:4b93Kjno0


 ('A`)「もういいんです」


 ('A`)「もう嫌なんです」


 ('A`)「これ以上」


 ('A`)「誰かに迷惑をかけるのが」


 ('A`)「これ以上」


 ('A`)「誰かを不幸にするのが」


 ('A`)「たまらなく嫌なんです」

19 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 21:54:50 ID:4b93Kjno0


 (#゚;;-゚)「でも」


 (#゚;;-゚)「貴方が逝く事で」


 (#゚;;-゚)「両親や、友人に」


 (#゚;;-゚)「迷惑をかけてしまうでしょう?」


 (#゚;;-゚)「その人達の事を考えて」


 (#゚;;-゚)「生きなさい」


 (#゚;;-゚)「逝ってはいけません」


 (#゚;;-゚)「生きなさい」

20 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 21:55:35 ID:4b93Kjno0


 ('A`)「例えば」


 ('A`)「僕がこの先生きたとしたら」


 ('A`)「一体どれほどの人に」


 ('A`)「迷惑をかけるのですか?」


 ('A`)「一体どれほどの人を」


 ('A`)「不幸にするんですか?」


 ('A`)「多分」


 ('A`)「僕が今死んで迷惑をかける人の」


 ('A`)「比にはならないほどでしょう」

21 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 21:56:34 ID:4b93Kjno0


 ('A`)「それを考えれば」


 ('A`)「今逝って」


 ('A`)「それよりはるかに少ない人に」


 ('A`)「迷惑をかける方が」


 ('A`)「利口じゃないのですか?」


 ('A`)「その方が」


 ('A`)「僕も、救われるんです」

22 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 21:57:19 ID:4b93Kjno0


 (#゚;;-゚)「でも」


 (#゚;;-゚)「駄目です」


 (#゚;;-゚)「逝ってはいけません」


 (#゚;;-゚)「生きなさい」


 (#゚;;-゚)「逝かないでください」


 (#゚;;-゚)「生きてください」


 (#゚;;-゚)「生きてください」

23 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 21:58:11 ID:4b93Kjno0


 ('A`)「やめてください」


 ('A`)「もうやめてください」


 ('A`)「いい加減にしてください」


 ('A`)「貴方の勝手で」


 ('A`)「貴方の勝手で」


 ('A`)「僕を生かさないでください」

24 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 21:58:55 ID:4b93Kjno0


 ('A`)「これから先」


 ('A`)「僕が」


 ('A`)「生きたとして」


 ('A`)「その苦しみを」


 ('A`)「貴方が救ってくれるんですか?」


 ('A`)「僕の心を」


 ('A`)「貴方が救ってくれるんですか?」

25 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 21:59:36 ID:4b93Kjno0


 ('A`)「貴方はよかれと思って」


 ('A`)「僕を助けたいのでしょうが」


 ('A`)「それはもう」


 ('A`)「僕にとって」


 ('A`)「苦痛でしかありません」


 ('A`)「逝きたい人を生かしておくほど」


 ('A`)「酷な事はないのです」

26 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 22:00:31 ID:4b93Kjno0


 ('A`)「逝く勇気があるなら」


 ('A`)「その勇気で生きてみろと」


 ('A`)「ある人は言いましたが」


 ('A`)「そうではないのです」


 ('A`)「逝く勇気と」


 ('A`)「生きる勇気は」


 ('A`)「まったく」


 ('A`)「別なんです」

27 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 22:01:18 ID:4b93Kjno0


 ('A`)「逝く勇気は」


 ('A`)「どうなるかわからない事に飛び込む勇気」


 ('A`)「生きる勇気は」


 ('A`)「既に体験した恐怖に、もう一度挑む勇気」


 ('A`)「僕は」


 ('A`)「そう思うんです」


 ('A`)「だから」


 ('A`)「まったく」


 ('A`)「別なんです」

28 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 22:02:03 ID:4b93Kjno0


 ('A`)「あと」


 ('A`)「生きていれば」


 ('A`)「楽しい事がたくさんある」


 ('A`)「そう言った人もいますが」


 ('A`)「別にそれを否定しません」


 ('A`)「ただ」


 ('A`)「楽しい事以上に」


 ('A`)「辛い事が起きるんです」

29 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 22:02:57 ID:4b93Kjno0


 ('A`)「どんなに楽しい事が起きても」


 ('A`)「辛い事が起きれば」


 ('A`)「僕はもう」


 ('A`)「悲しい気持ちでいっぱいなんです」


 ('A`)「だから」


 ('A`)「どんなに生きたとしても」


 ('A`)「僕は悲しいんです」

30 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 22:03:38 ID:4b93Kjno0


 ('A`)「これだけ言えば」


 ('A`)「もう」


 ('A`)「反論できないでしょう」


 (#゚;;-゚)


 ('A`)「お願いです」


 ('A`)「もう」


 ('A`)「逝かせてください」


 (#;;;-;)「嫌です」


 ('A`)

31 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 22:04:24 ID:4b93Kjno0


 (#;;;-;)「生きてください」


 (#;;;-;)「逝かないでください」


 (#;;;-;)「逝かないで」


 (#;;;-;)「逝かないでください」


 (#;;;-;)「逝かないでください」


 ('A`)

32 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 22:05:33 ID:4b93Kjno0


 (#;;;-;)「生きてください」


 (#;;;-;)「誰かのために」


 (#;;;-;)「貴方を必要としている」


 (#;;;-;)「そんな人のために」


 (#;;;-;)「生きてください」


 (#;;;-;)「生きてください」


 (#;;;-;)「生きてください」

33 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 22:06:16 ID:4b93Kjno0


 ('A`)「僕を必要としている人」


 ('A`)「そんな人」


 ('A`)「いるはずがありません」


 ('A`)「もしいたとしても」


 ('A`)「僕は」


 ('A`)「その人のためには生きれません」

34 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 22:06:59 ID:4b93Kjno0


 ('A`)「僕の人生は」


 ('A`)「僕だけのもの」


 ('A`)「なのに」


 ('A`)「それなのに」


 ('A`)「他人のために生きるなんて」


 ('A`)「おかしいです」

35 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 22:07:54 ID:4b93Kjno0


 ('A`)「僕は」


 ('A`)「僕だけを愛して」


 ('A`)「僕だけのために生きて」


 ('A`)「僕自身の決断で逝きます」


 ('A`)「だって」


 ('A`)「僕は」


 ('A`)「僕だから」


 ('A`)「僕だけの」


 ('A`)「僕だから」

37 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 22:08:38 ID:4b93Kjno0


 ('A`)「僕を懸命に」


 ('A`)「励ましてくれた」


 ('A`)「生かそうとしてくれた」


 ('A`)「貴方には」


 ('A`)「でぃには」


 ('A`)「感謝します」


 ('A`)「でも」


 ('A`)「もう終わりです」


 ('A`)「僕は逝きます」

38 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 22:09:20 ID:4b93Kjno0


 (#;;;-;)「あぁ」


 (#;;;-;)「なにも」


 (#;;;-;)「なにも言えません」


 (#;;;-;)「なにも」


 (#;;;-;)「なにも反論できません」


 (#;;;-;)「貴方の言う事は」


 (#;;;-;)「全部」


 (#;;;-;)「理に」


 (#;;;-;)「かなっているから」

40 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 22:10:05 ID:4b93Kjno0


 (#;;;-;)「でも」


 (#;;;-;)「理だけじゃない」


 (#;;;-;)「私達は」


 (#;;;-;)「人は」


 (#;;;-;)「心は」


 (#;;;-;)「命は」


 (#;;;-;)「理だけじゃない」

41 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 22:10:57 ID:4b93Kjno0


 (#;;;-;)「理を思うなら」


 (#;;;-;)「大切な貴方を思うなら」


 (#;;;-;)「逝きなさいと」


 (#;;;-;)「言ってあげたい」


 (#;;;-;)「でも」


 (#;;;-;)「私の心を思うなら」


 (#;;;-;)「私の感情を思うなら」


 (#;;;-;)「生きなさいと」


 (#;;;-;)「叫びたい」

42 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 22:11:42 ID:4b93Kjno0


 (#;;;-;)「だから」


 (#;;;-;)「さいごです」


 (#;;;-;)「これが」


 (#;;;-;)「さいごの一言です」


 (#;;;-;)「私の」


 (#;;;-;)「貴方が必要な私の」


 (#;;;-;)「さいごの言葉です」

43 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 22:12:24 ID:4b93Kjno0






             いきなさい

44 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 22:13:15 ID:4b93Kjno0






              ('A`)いきたいようです

45 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 22:14:15 ID:4b93Kjno0
以上で

('A`)いきたいようです

は終わりです

感想、支援、ありがとうございます
少ししたら次行きます

48 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 22:17:40 ID:4b93Kjno0
わかりました
では次に行きます


( ・∀・)乳母車はまだからっぽのようです

49 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 22:18:28 ID:4b93Kjno0


 風が、大きな声で泣いている。
 何がそんなに悲しいのかわからない僕は、理由を知りたくて窓の外に目を向ける。けど、そんな事をしたところで、空は何も答えてくれなかった。
 真っ暗な世界を、申し訳なさそうに照らそうとする月。そんな優しく輝く月でも、風をなだめられずに雲に顔を隠されようとしている。


 しばらく眺めていると、月は完全に隠れてしまった。
 さっきまでは申し訳なさそうに、なんて言ってたけど、いざ隠れてしまうと本当に真っ暗になるんだな、と僕は暗さになれない目を擦った。


 なんとか見えるようになった視線を元に戻す。彼女は相変わらず、うつむいたままだった。


 悲しそうに、苦しそうに。

50 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 22:19:16 ID:4b93Kjno0


 風は僕に悲しみの訳を教えてはくれない。けど、彼女が悲しんでいる理由なら僕は知っている。
 そう、知っている。知っているだけ。知っているだけで、僕は彼女にどんな事をすればいいのかわからない。


 例えば、仕事がはかどらない、人間関係がうまくいかない、お金がない。そんな他愛もない事なら、僕は答える事が出来たかも知れない。
 といっても、相談する本人にとっては他愛もない事などではないのだけど。


 そもそも、相談だとか悩みだとかは、他人から見ればどうでもいい事の方が多い。
 本人にとってはとても重要な事でも、聞いてみれば鼻で笑える事の方が多かったりする。


 そう、他人事だったら鼻で笑えるんだ。彼女が悲しむ理由が、他人事ではないから、僕は鼻で笑えないんだ。

51 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 22:20:03 ID:4b93Kjno0


 真っ暗な部屋の中、僕の向かい側に座る彼女。相変わらずうつむいたまま、たまに肩を震わせるだけで、それ以外に動く気配はない。


 こんな時って、人は現実を見ないようにするのだろうか、不謹慎ながらうつむく彼女を心の底からかわいいと思った。
 今にも泣き出しそうな彼女を、もっとよく見たいと思ったけど、電気をつけられるような雰囲気じゃなかったし、もっと言えば動く事すら許されない気がした。


 相変わらずどんな事を言ってあげればいいのかわからない僕は、うつむく彼女を見続けるだけだった。
 彼女の視線は僕ではなく、依然として目の前に置かれた、彼女自身の手で破られた診察書だったけど。

52 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 22:20:44 ID:4b93Kjno0


 o川* ー )o「………ごめんね」


 先に沈黙を破ったのは、意外にも彼女だった。
 ただ、彼女に謝る必要は無いし、謝ったところでどうにかなる問題でもない。
 彼女もそれをわかっているだろうけど、きっと言わずにはいられなかったんだと思う。


 ( ・∀・)「………キュートは悪くないよ」


 そう分かっていても、自分の心をうまく言葉にできずに、僕はベタベタな回答をぼそりと呟く事しかできなかった。
 僕は、今さらのように自分の不甲斐なさと、彼女の心の優しさを知った。


 僕だって悲しいけど、本当に辛いのは彼女の方なのだから。

53 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 22:21:25 ID:4b93Kjno0


 彼女のお母さんが死んだのは、つい先日の事だった。
 母子家庭で育った彼女にとって、それがどんなに悲しい出来事なのかは簡単に想像ができる。
 ただ、彼女の不幸はそこで終わらなかった。


 お母さんの死因はガン。それだけならまだよかったって言えたのかもしれない。
 最悪なのは、遺伝性のガンだったという事。


 今の医療技術は僕の想像よりもすごくて、僕の最愛の人にもその遺伝子がある事を無慈悲にも暴いてしまった。
 お母さんと同じように、抗ガン剤を投与され、やせ細り、髪の毛も抜けおち、下腹部を膨張させ醜く死んでいくという未来を否応なしに突きつけられてしまったのだ。


 さらに言えば、もう一人、彼女と同じ運命を辿らなければならない人もいるわけで。
 彼女の、お腹の中に。

54 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 22:22:06 ID:4b93Kjno0


 お母さんが亡くなる数週間前、彼女の身体に新しい命が宿った。
 当然僕は喜んだし、彼女も大きな声で泣いていた。こんな現実がなければ、今も喜んでいられたのに。
 僕達の子供が、彼女のお母さんのように死んでしまうという事実さえなければ。


 ( ・∀・)「………これから……どうしようか?」


 彼女が沈黙を破ってくれたけど、結局僕は気のきいた事も言えず、彼女を困らせてしまう。


 o川* ー )o「どうするって………何言ってるの?」


 彼女がそう怒るのも当然だと、僕は頭を掻きながら思った。
 それでも、何と声をかければいいのか、何をすればいいのかわからない僕は逃げるように目を泳がせた。


 その先には、まるでそれを受け止めるようにベビーカーが置かれていた。

55 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 22:23:13 ID:4b93Kjno0


 赤ちゃんができたと聞いた次の日、気の早い僕は仕事の帰りにこれを買ってきた。
 その時の彼女の、嬉しそうな、困ったような顔を思い出して、僕の胸がキュンッと音を立てた。


 ( ・∀・)「……あかちゃん、うむ?」


 片言のように絞り出した声。彼女は何も答えない。相変わらず、うつむいたままだった。
 風の泣き声と、不意に聞こえ始めた涙の音、そんな悲しい音だけが部屋の中に響いていた。

56 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 22:23:53 ID:4b93Kjno0


 o川* ー )o「産んだところでどうなるの?」


 少し怒ったような声。暗い部屋の中で僕は彼女の顔を見つめる。相変わらず、綺麗だと思った。


 o川* ー )o「この子を産んだって、お母さんみたいに死んじゃうんだよ?」


 怒っていたかと思うと、今度は泣きそうな声。僕の目がもっとよかったら、きっと綺麗な涙が見えたのだろう。


 o川* ー )o「やせ細って、寝たきりになって、声を出すのもやっとで、そんな未来しか、私はこの子にあげられないんだよ?」


 震える声。その振動で、僕の心もゆれる。彼女のかすかにすすり泣く声が、風の泣き声の中から聞こえた。

58 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 22:24:38 ID:4b93Kjno0


 ( ・∀・)「……僕は、産んでほしいな」


 その言葉が彼女を傷つけるのは何となくわかっていた。それでも、僕は言わずにはいられなかった。


 o川#;ー;)o「ふざけた事言わないで!どうしてそんなにひどい事が言えるの?」


 想像以上の迫力の彼女に、僕は若干怖気つく。
 泣いている人がいたら、とりあえずは慰めるべきなんだろうけど、ひねくれ者の僕にそんな事はできなかった。


 ( ・∀・)「……なにがひどい事なの?」


 彼女の泣き顔をかわいいと思い、こんな事を言ってしまう僕はやっぱりひねくれ者で、最低なんだな、と改めて実感する。

59 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 22:25:35 ID:4b93Kjno0


 o川#;ー;)o「わざわざ無残な死に方をさせるために子供を産む事がひどいって言ってるのよ!」


 彼女が丁寧に、怒鳴りながら説明してくれた。だけど、やっぱり僕は納得できなかった。


 ( ・∀・)「じゃあ、その子はどうするの?もしかして、堕ろすの?」


 o川#;ー;)o「そうするしかないじゃない!」


 頬を伝う涙もかまわず、彼女は大きな声で泣きじゃくる。
 それでも、彼女を慰めるより、僕自身を納得させようとしている自分に腹が立った。


 ( ・∀・)「その方がよっぽどかわいそうだと思うけどね」

60 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 22:26:18 ID:4b93Kjno0


 ( ・∀・)「どんなに小さくったってキュートのお腹には命が宿ってるんだ。それを堕ろすというのはもはや殺人じゃないのかな?」


 彼女に口を挟まれないように、僕は早口で一気に言葉を並べる。といっても、言い終われば彼女は当然のように反論してくるのだけど。


 o川*゚ー゚)o「モララーって、本当に目先の事しか考えられないのね」


 涙が枯れてしまったのか、それとも僕にあきれたのか、彼女は皮肉っぽく笑った。
 まぁどんな理由にしろ、彼女を泣きやませる事の出来た僕は少しだけうれしかったのだけど。


 o川*゚ー゚)o「確かに私の中には命が宿ってる。だけど、この子はまだ何の感情も抱いてないの」


 o川*゚ー゚)o「だからこそ、今殺してあげるの。辛くて苦しい未来を迎える前に。そんな感情を抱く前に」


 そこにある命を感じるように、彼女は優しく自分のお腹をさする。
 その優しさが、その命を殺そうとしているのだろう。僕は何も言わずにそれを眺めていた

61 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 22:27:02 ID:4b93Kjno0


 o川*゚ー゚)o「結局モララーの考え方はただの偽善なのよ」


 優しさに満ちていた顔を怒りに変え、彼女は僕を睨む。それでも僕は焦ることなく、彼女の中に眠る新しい命について考えていた。


 ( ・∀・)「でも、どんなに小さくても命は命だよ」


 僕の言葉を聞くや否や、彼女は呆れたようにため息をつく。僕はおかしな事を言ったつもりはないので、思わず首をかしげてしまった。


 o川*゚ー゚)o「モララーが私と性交した時、一体どれほどの命を殺したと思ってるの?」


 クスクス笑いながら、彼女は僕が命を奪ったと主張する。その言葉の真意が分からず、僕はまた首をかしげる。

62 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 22:27:50 ID:4b93Kjno0


 o川*゚ー゚)o「卵子に受精するために、約三億匹の精子が一回の射精で飛び出てくるって知ってる?」


 o川*゚ー゚)o「だけど、その数億匹の精子の中で、卵子と結合できるのはたった一匹だけなの」


 o川*゚ー゚)o「つまり、他の精子はみんな死んじゃうって事」


 o川*゚ー゚)o「モララーは、その一匹一匹の精子に、可哀そうなんて感情移入するの?」


 早口で言い終わった彼女は、反応を待つように僕の顔を見続ける。
 だけど、僕は何かを返そうとはせず、今言われた言葉にただ感心するだけだった。

63 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 22:28:32 ID:4b93Kjno0


 o川*゚ー゚)o「何も答えられないでしょ?わかったら知ったような事言わないで」


 突き放すように僕から目をそらし、彼女は再び自分のお腹をさする。
 我に返った僕は、やっぱり納得できない僕は、相変わらず彼女を困らせる事を話し始める。


 ( ・∀・)「じゃあ、キュートは不幸だったの?」


 o川*゚ー゚)o「えっ?」


 キョトンとする彼女。冷静に考えれば、彼女の文脈から何もつながりがなかったなと僕も苦笑いする。
 それが、自分が笑われてるもんだと勘違いした彼女は、さっきよりも強く僕を睨んだ。

64 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 22:29:20 ID:4b93Kjno0


 ( ・∀・)「キュートが今まで生きてきた中で、幸せと感じた事が何回ぐらいあった?誰に幸せをもらった?」


 ( ・∀・)「誰にももらってないなんて言わせないよ。僕はキュートと結婚してから、君を幸せにすることだけを考えてきたんだから」


 ( ・∀・)「だから、少なくとも僕は君を少しでも幸せにできたと自信を持って言えるよ。これは皮肉でも過信でもなくね」


 ( ・∀・)「君の言った、無残な未来しかなかったとしても、君はちゃんと幸せになれた。それは僕達の子供も同じなんだ」


 ( ・∀・)「そのたくさんの幸せを、僕達の子供から奪う方が、数億の精子を殺す事よりひどい事じゃないかな?」


 彼女と同じように、早口で僕は言葉を紡いだ。それでも、微妙に彼女の問いの答えになってないような気がした。
 けど、彼女はそれを気にする事はなく、僕の事を悲しそうに見つめていた。

65 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 22:30:02 ID:4b93Kjno0


 o川*゚ー゚)o「………たとえ、この子が幸せに生きたとしても、いずれ生まれてきた事を後悔するはずよ」


 そう言いきる彼女は、また悲しそうにお腹をなでた。
 見とれるほどのしぐさと表情。僕は思わず取り込まれそうになりながら、彼女の言葉に耳を傾ける。


 o川*゚ー゚)o「………私が今、後悔してるの、産まれたくなかったって。恨んでるの、お母さんがなんで私を産んだのかって」


 彼女の手が動きを止める。かわりに、彼女のその美しい瞳から涙がこぼれる。
 どんなに泣いても、枯れる事のないその涙を、彼女はぬぐう事もせず口を動かし続ける。


 o川*;ー;)o「たった一人の大切なお母さんなのに……どうしてこんなふうに思っちゃうのかな?」


 o川*;ー;)o「イヤだよ……お母さんを嫌いになるのも……いつかこの子にもこう思われるのも……」


 大きな声で泣き続ける彼女に、僕はどんな言葉をかければいいのかわからなかった。
 だから、泣き崩れそうになる彼女を、僕は重い空気を押し破って必死に抱きしめた。強く、ギュッと。

66 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 22:30:49 ID:4b93Kjno0


 ( ・∀・)「僕達じゃ、この子が生まれる事を祈っているのかなんてわかりっこないんだ」


 泣き続ける彼女の耳元で優しく囁く。相変わらず大声をあげている彼女に、反応を求める事はしない。


 ( ・∀・)「だからせめて、僕達がこの子を幸せに過ごせるようにしてあげよう」


 ( ・∀・)「無駄な命なんてないって事を、教えてあげよう」


 ( ・∀・)「本当の愛を、教えてあげよう」


 ( ・∀・)「生きる事の意味を、教えてあげよう」


 僕の言葉に、彼女はさらに大声をあげて泣いた。優しく頭をなでると、かすかにうなずいたような気がした。

67 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 22:31:41 ID:4b93Kjno0


 いつだって僕たち人間は終わりに向かって歩いている。極端にいえば、それが早いか遅いかの違いしかないんだ。


 でも、大事なのは時間じゃない。そう思っているから、たとえどんなに短い人生でも、きっと意味があると思う。


 僕らも、その意味を探すのを手伝うから、一緒に歩いて行こう。


 近い将来聞こえるであろう、君の力強い産声を思って、僕もキュートと涙を流した。

68 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 22:32:28 ID:4b93Kjno0






                    ( ・∀・)乳母車はまだからっぽのようです




.

69 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 22:34:00 ID:4b93Kjno0
以上で


( ・∀・)乳母車はまだからっぽのようです

は終わりです
支援感想ありがとうございます

因みに規制の理由は自分でもよくわかりません

70 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 22:35:20 ID:4b93Kjno0
それでは最後行きます


答えを示したようです

71 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 22:36:02 ID:4b93Kjno0


 始まりはそう、ずっと昔。僕がまだ小学生の頃だった。
 偶然部屋にチョウチョが飛んできたんだ。


 ひらひらと綺麗な羽を動かして飛ぶその姿を、僕は飽きる事なく眺めていた。
 だけどそのうち、眺めているだけじゃ物足りなくなって、チョウチョを手に入れようと僕は手を伸ばした。
 壁に止まり、羽を休めるチョウチョにそっと近づいて、さっと手の中に閉じ込めた。


 握られた僕の手の中で、それはバラバラに砕けて死んだ。


 その時の事は、今でもはっきり覚えてる。忘れるわけないよ。だって、僕をこんな風にしてくれた、大事な一瞬だったから。


 僕はその時目覚めたんだ、何かを殺す事に。命を奪う事に。

72 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 22:36:46 ID:4b93Kjno0






                        答えを示したようです




.

73 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 22:37:30 ID:4b93Kjno0


 パラパラと手のひらからこぼれ落ちるチョウチョの残骸を見て、僕は異常なまでに興奮していた。
 ついさっきまで動いていたそれから、一瞬にして『生』を奪ったという事実に、僕は性的な快感すら感じた。
 今でもうまく言い表せないけど、僕は動いているものが動かなくなるのが好きなんだと思う。


 その日から、僕は虫を殺しまくった。


 アリは足を全部もぎ取ったし、カナブンは踏みつぶした。
 イモムシは原型がわからなくなるまで切り刻んで、カマキリは油をかけて燃やした。
 トンボは羽を全部ちぎって、セミは頭と胴を切り離した。
 カミキリムシは触角を引き抜き、カブトムシは餌をあげないで餓死させた。


 それはまさに快楽の一言。その小さな命を、僕の意志で生かすも殺すも自由自在。そうやって相手を支配していると思うのが、たまらない快感だった。

74 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 22:38:19 ID:4b93Kjno0


 そのうち、虫に飽きた僕はもっと大きな命を奪う事にした。


 トカゲは腹を掻っ捌き、キンギョは乾いたコンクリートの上に放置。
 カニは爪と足を潰して、コイは頭にクギを打ち込んだ。


 でも、僕の快楽はそんなものではもうおさまりがきかなかった。


 ニワトリは首をへし折り、ネズミは壁に思いっきり投げ付けた。
 ネコはハンマーで頭蓋骨を割り、イヌは首輪で首を絞めあげた。


 そうやって僕の欲望は、快楽は、どんどん膨らんでいった。

75 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 22:39:07 ID:4b93Kjno0


 いつしか、そのあまりに大きすぎる欲望がはじけた時、僕は初めて人を殺した。


 暗い夜道。家路を急ぐ女の子だった。彼女は真正面から僕に近づいてくる。数秒後には僕とすれ違うだろう、そう考えて僕はナイフを握りなおした。


 ほんの一瞬、すれ違いざまにブスリッ。たったそれだけ。数メートルよろよろ歩いて、彼女は倒れた。
 僕はその光景に、少しだけ恐怖を感じた。けど、それ以上に好奇心が僕の中で暴れまわっていた。


 もぞもぞと虫みたいに動く彼女を、僕は見下ろす。視線が合うけど気にしないで、お腹に刺さったままのナイフを引き抜いた。


 その時だった。彼女は僕の足にしがみついて、こう言ったんだ、


 『たすけて』って。

76 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 22:39:57 ID:4b93Kjno0


 その衝撃は、僕が一番最初に目覚めた時と同じだった。チョウチョを握りつぶした時に、感じた衝撃と。
 そう、僕は気付いた。今まで僕が奪ってきた命の重さに。


 今まで殺してきた虫達がもがいてたのは、生きたかったから。
 今まで殺してきた動物がもがいてたのは、生きたかったから。
 いま、殺そうとしている彼女がもがくのは、生きたいから。


 僕はそんな命を奪い続けてきた。


 その事実に、僕は改めて酔いしれた。なんて快感なのだろう、と。

77 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 22:40:40 ID:4b93Kjno0


 チョウチョも、アリも、カナブンも、イモムシも、カマキリも、トンボも、セミも、カミキリムシも、カブトムシもそう。
 トカゲも、キンギョも、カニも、コイも、ニワトリも、ネズミも、ネコも、イヌも、彼女も、みんなみんな立派な命なんだ。


 その命を、僕の勝手で生かすも殺すもできる。そう悟った時、僕は心の底から快感に酔いしれた。
 命乞いをする彼女を無視して、ナイフで全身をめった刺しにした時は、思わず射精しそうになった。それほど快感だった。


 それからも、僕はたくさんの命を殺してきた。年老いた老人。未来ある若者。まだ幼い子供。
 みんなみんなおんなじ命。それを僕はいつでも奪える。まるで神様みたいに。

78 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 22:41:38 ID:4b93Kjno0

 ―――――――――――
 ――――――――
 ―――――


 ( ・∀・)


 (´・ω・`)


 ( ・∀・)「以上です」


 (´・ω・`)


 ( ・∀・)「どうでしたか?面白かったでしょ?」


 (´・ω・`)「ん……あぁ……」


 ( ・∀・)「そう言ってくれるとうれしいです」

80 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 22:42:23 ID:4b93Kjno0


 ( ・∀・)「えっと、僕の話の記事を書いていただけるんですよね?」


 (´・ω・`)「……あぁ、その為の面会だからな」


 ( ・∀・)「いやぁ、ありがたいですね、本当に。何もわかってない愚民たちに、ちゃんとした生き方を教えてあげられるんですから」


 (´・ω・`)


 ( ・∀・)「……どうされました?」


 (´・ω・`)「………それはどういう意味だ?」

81 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 22:43:13 ID:4b93Kjno0


 ( ・∀・)「そのまんまの意味ですよ。馬鹿ばっかりの愚民どもに、人生の心理を教えてあげたいんです」


 (´・ω・`)「………心理?」


 ( ・∀・)「そう、心理。ショボンさんでしたっけ?貴方、虫を殺した事はありますか?」


 (´・ω・`)「……あるよ」


 ( ・∀・)「そうですよね。まぁそれは当然の事ですもんね」


 (´・ω・`)「……で、それがどうした?」


 ( ・∀・)「どうしたって、貴方も立派な犯罪者って事ですよ」


 (´・ω・`)

82 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 22:43:58 ID:4b93Kjno0


 (´・ω・`)「……何を言っている?」


 ( ・∀・)「ショボンさん、『なんで人は殺しちゃダメなのに虫は殺していいのか?』、なんて考えた事ありませんか?」


 (´・ω・`)「……いや、ない」


 ( ・∀・)「じゃあやっぱり貴方も馬鹿な愚民ですよ」


 ( ・∀・)「だってそうでしょ?人も虫も、みんな立派な命なのに、お前達はそれに重さをつけてんだ」


 (´・ω・`)「……その大切な命をお前はどれだけ奪ったんだ?」


 ( ・∀・)「あ?何言ってんの?」


 (´・ω・`)

83 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 22:44:48 ID:4b93Kjno0


 ( ・∀・)「いい加減気付けよ、それがどれだけ偽善かって」


 (´・ω・`)「……は?」


 ( ・∀・)「虫は殺していいけど人は殺しちゃダメってやつは馬鹿」


 ( ・∀・)「命はみんな平等なのに、人の方が優秀だってか?バカみたい」


 ( ・∀・)「あとね、イヌネコいじめんなって言ってんのに家畜の肉食うやつは間抜け。そう思わないか?」


 ( ・∀・)「家畜という命を食らって生きてんのに、その命の個体が変わったら保護、保護って……。ホントに馬鹿丸出しだな」

84 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 22:45:44 ID:4b93Kjno0


 (´・ω・`)「……だからって殺していい訳がないだろうが……」


 ( ・∀・)「頭悪いな、ホント。それが偽善だって言ってんだよ」


 ( ・∀・)「生きるために散々ほかの命を奪っておきながら、人は殺せない。なんだよそれ。馬鹿じゃないの?」


 (´・ω・`)「……ホントに頭悪いな……」


 ( ・∀・)「だろ?ホントにこの世界は馬鹿ばっかりだよ」


 (´・ω・`)「………俺はお前の事を言ってんだよ」


 ( ・∀・)

85 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 22:46:27 ID:4b93Kjno0


 (´・ω・`)「俺達が生きるためにたくさんの命が必要なのは知ってるよ。でもな、お前は殺す必要のない命まで奪ったんだ」


 ( ・∀・)「……あ?」


 (´・ω・`)「だってそうだろ?人が生きるために飯を食うのは仕方がない。だから家畜を殺すのは百歩譲ってよしとしよう」


 (´・ω・`)「だけどな、お前は生きるためとは関係ない命まで奪った。それは自己満足以外の何物でもないだろ?」


 ( ・∀・)


 (´・ω・`)「どうした?何も言い返せないか?」


 ( ・∀・)「あ、ははははっ、あはははははは、ははははっ、ハハっ!!」


 (´・ω・`)


 ( ・∀・)「バッカみたい!バッカみたい!アハハハッ!!」

86 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 22:47:12 ID:4b93Kjno0


 ( ・∀・)「お前何のために生きてんだよ!?何のために仕事して何のために飯を食うんだよ!?」


 ( ・∀・)「自己満足だろ!?生きる事で満足してんだろ!?幸せになった気になって満足してんだろ!?」


 ( ・∀・)「今だってそうじゃないか!遺族の事も考えないで僕の事書いてお金もらうんだろ!?そうやって誰かを不幸にしてる事実に気付けよ!」


 ( ・∀・)「マスメディアはいつだってそうだ!大衆の注意をひくために心にもないような事ずらずら書いて、時が過ぎればすぐに切り捨てる!」


 ( ・∀・)「いい加減気付けよ!いつも誰かを不幸にしてる事実に!僕はちゃんと真実を見てんだよ!」


 ( ・∀・)「僕は自分の自己満足のために人を殺した!その事実をちゃんと受け止めてんだよ!バカな愚民なんかとは違うんだよ!」


 (´・ω・`)「………」

87 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 22:47:53 ID:4b93Kjno0


 ( ・∀・)「ほら、何も言い返せないじゃん!やっぱりお前はバカだよ!バカッ!バカッ!バカッ!」


 (´・ω・`)「……馬鹿はお前だ……」


 ( ・∀・)「はぁ?なんだよ、何も言い返せないくせに。バカみたい!バカみたい!」


 (´・ω・`)「お前はそう言って自分のやった事を正当化してるだけだ。ただのイカれた罪人だ」


 ( ・∀・)「……うるさい黙れ」

88 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 22:48:38 ID:4b93Kjno0


 ( ・∀・)「本当の罪人は、この世界に生きるすべての人間だろ?」


 ( ・∀・)「たくさんの命を食らって生き、自己満足のためには他の命などお構いなし。そんな奴らを罪人と呼ばずに何と呼ぶ?」


 ( ・∀・)「そんなクズ共に僕は教えてやるんだ。僕は罪人なんかじゃない!救世主だ!神だ!」


 (´・ω・`)「お前なんかが神様だ?馬鹿げた事を言うな。地獄に落ちて悪魔にでも食われてろ」


 (#・∀・)「……何だとキサマ……殺す!殺してやる!」


 (´・ω・`)「…………」


 (#・∀・)「あ、なんだよその目は?言いたい事があるなら言えよ?」


 (´・ω・`)「……手足を縛られた死刑囚がなに言ってんだか」

89 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 22:49:20 ID:4b93Kjno0


 ( ・∀・)「はぁ?それがどうした?なんか関係あんのか?」


 (´・ω・`)「そんな無様な格好で、俺を殺せるのなら殺してみろ」


 ( ・∀・)「あはははっははっは!そんな事かよ!バカだなお前!誰が今すぐ殺すって言ったよ?」


 ( ・∀・)「お前を殺すのは、僕が天国に還った時だ!神の座に還った時に、真っ先にお前を殺してやる!」


 (´・ω・`)「…………馬鹿か、お前?」


 (#・∀・)「んだと?今すぐ殺してやろうか?あ?」

90 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 22:50:12 ID:4b93Kjno0


 (,,゚Д゚)「どうした、何かあったか?」


 (#・∀・)「うるさい!黙ってろ!こいつを今から殺すんだ!邪魔するとお前も殺すぞ!」


 (,,゚Д゚)「まずい、薬が切れたか……。誰か!!誰か来てくれぇ!!」


 (#・∀・)「やめろ!離せ!離せよ!」


 ( ゚∀゚)「大丈夫か?主治医がもうすぐ来てくれるから、それまで抑えておけ」


 ( ^Д^)「すみません、面会はもう終了です。ショボンさん、貴方はもう退室してください」


 (´・ω・`)「……あぁ、わかった」

91 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 22:50:58 ID:4b93Kjno0


 ( ・∀・)「あっはははははははは!!覚えてろよ!僕が天に還ったらお前らから殺してやるからな!」


 ( ・∀・)「その顔、絶ッ対忘れないからな!お前もお前もお前もお前も!覚悟しておけ!」


 ( ・∀・)「あは、あはは、あっはははははは、ははははははは、はははは
       はははははははははははははははははははははははははは
       はははははははははははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははは
はははははははははははははははははははははははははははははh………

92 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 22:51:41 ID:4b93Kjno0

 ―――――――――――
 ――――――――
 ―――――


 淡い光が差し込む部屋。僕はその光の階段をのぼっていく。あのバカは僕が地獄行きとかほざいてたけど、やっぱり僕は天国に還れるんだ。
 階段を上り終わったら、天使の輪っかがぶら下がってた。周りのバカどもが、僕の首にそれをかける。本当にバカだ、天使の輪っかは頭につける物なのに。


 「なにか、言い残す事はあるか?」


 憐れむような目をむける愚民に、僕は自分がなそうとしている事を教えてあげた。


 「こんな腐った世界、僕がすぐに壊してあげるよ」


 やっぱり馬鹿にはわかんないんだね、その時のぽかんとしたそいつの顔、傑作だったな。思わず笑っちゃったよ。


 「あはははっははははは、はははははははっはははh


 ガタンッ!


 瞬間、深い深い闇が僕を抱きしめた。

93 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 22:52:27 ID:4b93Kjno0






                        答えを示したようです




.

94 名前:以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/09/25(土) 22:59:19 ID:4b93Kjno0
以上で投下はすべて終了です

みなさんグダグダになって本当にごめんなさい
何から何まで手ほどき、本当にありがとうございます


バレてましたけど『俺の』、『俺だって』の人です
前回勘違いでお礼言いそびれちゃったmesimarjaさん、ごめんなさい、そしてありがとうございます
それとBoonStyleさん、7xさん、コピペブログの方、まとめてくださってありがとうございます

ホントに、申し訳ありません
ありがとうございました

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

K-AYUMU

Author:K-AYUMU

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

ユーザタグ

カ行 タ行 ア行 ちんこ ハ行 サ行 マ行 ナ行 英数字  ^ω^) ('A`) ラ行 1レス ワ行 (´・ω・`) ショボーン ヤ行 ブーン ショボン トソン 'ー`)し ξ゚⊿゚)ξ (,゚Д゚) ドクオ まんこ (=゚д゚) J( 1レス カラマロス大佐 シュー ミセリ (-_-) いよう 川д川 人狼 (∪^ω^) 世紀末 ツンデレ 

FC2カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。