mesimarja
気に入ったスレを集めてみました。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

('A`)実録、俺の性行為体験談のようです
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/30(火) 21:43:50.33 ID:D0z5A3w20

このスレでは、>>1が今まで体験した性行為や夜の出来事を
SS風に綴るスレです、童貞の方たちには見苦しかったり
辛いシーンもあるかと思いますが、どうかご了承ください。

それでは始めます。




Case.1 とある家出少女との一夜


11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/30(火) 21:49:11.77 ID:D0z5A3w20

ある寒い冬のことだった。

その日はあまりに寒いので、俺はコンビニにおでんを買いに行くことにした。

無事おでんを購入し、ほくほくと家路についている途中、
家まで待ちきれなくなり、俺は近所の公園のベンチに座りそこで食べることにした。

('A`)ハフハフ

とろけそうなほど柔らかい大根、汁のよく染みた黒い玉子に舌鼓を打っていると、
ベンチの後ろの植え込みのほうから、すすり泣くような声が聞こえた。

('A`)「なんだ?不審者か?」

防護用にコートに忍ばせておいたバタフライナイフを念のため右手に握らせ、
俺はゆっくりと近づいた。

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/30(火) 21:52:59.23 ID:D0z5A3w20

('A`)「誰だ!」

ガサッ!

植え込みを掻き分け声を出す、するとそこには。

川 ; -;)


近所の中学校の制服を着た、一人の少女がしゃがんで泣いていた。


('A`)「ど、どうしたんだキミ?」

川つ -;)「あ・・・」


彼女はこちらの様子に気づいたようで、潤んだ瞳をこっちに向けた。

('A`)「と、とりあえず、これで涙を拭いて」

俺はコートのポケットから一枚のハンカチを取り出し、彼女に渡す。

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/30(火) 21:57:58.68 ID:D0z5A3w20

川 ; -;)「で、でも・・・」

('A`)「いいんだ、それに、女子中学生ってのは涙が一番似合わない存在さ、
    さあ、涙を拭いて明るい子に戻ろう」

川 ; -;)「・・・・・・」


('A`)「あ、そうだ」

甘いものが好きで、普段からお菓子を持ち歩いていた俺は、丁度持ち合わせていた
チェルシーを懐から出して渡した。


('A`)「ほら、甘いものでも食べて、泣くのは止めな、な?」

川つ -;)「それじゃあ・・・いただきます」

彼女はおずおずと申し訳なさそうにキャンデーを一粒取り出し、口に運んだ。


川 ; -゚)「美味しい・・・」

('A`)「それはよかった、いっぱいあるからもっと食べて、ね」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/30(火) 22:03:44.37 ID:D0z5A3w20

まるで餓死寸前だったかのように、彼女はキャンデーを次々に口に運んだ。

川 ゚ -;)「アグアグ・・・すみません、お腹がすいてて・・・」

('A`)「遠慮することは無い、どんどん食べて」

勢いよくチェルシーを食べ続ける彼女を見て、俺は思った。

('A`)(今は深夜の1時過ぎ・・・制服姿の女子中学生が出歩く時間では絶対無い・・・
    それに、俺が来るまではずっと泣いてたようだし・・・何か訳があるに違いない)

その時、俺の心に眠る同情と興味が目を覚ました。
何故、彼女はこんなところに居たのか。それをとても知りたくなったんだ。


('A`)「食べながらでいいけど、ちょっと聞いていいかな?」

川 ゚ -゚)「モグ・・・はい、何ですか・・・?」

食べる手を休め、顔を見上げる彼女。

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/30(火) 22:10:39.52 ID:D0z5A3w20

と、その瞬間。
若干乱れた制服から、発育途中の乳房の肌色がチラリと見えた。

('A`)(生乳キタ!)

そこで俺は、改めて彼女の体をよくと見回した。
スカートの裾から覗く血流のよさそうな太もも、少女の潤いを保ったまま輝き続ける肌。


('A`)(いきなりの焦りと同情心で気が付かなかったが、この子・・・・・・)


('A`)(すごくエロい・・・・・・)


その時、俺の股間でくすぶり続けた性欲が、首をもたげ始めた。

('A`)(バ、バカ!この子はまだ中学生だぞ!)

中学時代から女と汗の臭いと性に囲まれて、何人もの女を泣かせてきた俺だったが、
流石に今は、最後の良心があらぶる性欲と戦い続けていた。

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/30(火) 22:17:05.24 ID:D0z5A3w20

川 ゚ -゚)「あの・・・?質問って」

立ち上がろうとする股間をなんとか押さえていた俺だったが、
少女の声で我に返った。

('A`)「あ、ああ、君、制服のままこんな所に今居るってことは、もしかして、
    家出してきたのかい?」

その問いに、彼女は顔を俯け、静かに黙っていた。

('A`)「別に、答えたくなかったらいいんだよ、ただ」


('A`)「泣いてる女の子を放って置けるほど、俺は情けない男じゃない」


('A`)(なぜなら、泣いてる女は持ち帰り率90%だから)


もちろん、本心は隠して俺は云った。

俺の熱意が伝わったのかは知らないが、俯いていた彼女はゆっくりと顔を上げ、
静かに呼吸した後、口を開いた。

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/30(火) 22:26:28.95 ID:D0z5A3w20

――家出した理由は、ごく簡単かつ複雑だった。

彼女の父親は優秀なサラリーマンであったが、ある日痴漢の冤罪で逮捕され、
無罪となるも世間の目を気にし、ストレスに耐えられず自殺した。

父の死後、母親はショックのあまり欝を発症、彼女に暴力を振るうなどをしている。

その間も、痴漢の真犯人は捕まらないままである。

彼女は、それらから逃れるために今夜家を出たのだった。


川 ゚ -゚)「両親が悪いとは思っていません、ただ・・・」


川  - )「うちの家族をめちゃくちゃにした、痴漢が憎い・・・!」


('A`)「そうか・・・君の気持ち、よく伝わったよ・・・」

家族を壊され、押さえ切れない憎しみと悲しみで今にも壊れそうになっている少女。

そんな彼女を救えるのは、慰めてあげられるのは、俺しか居ない。
俺は立ち上がった。



―― ('A`)「君、誰も悲しまない本当の痴漢を教えてあげよう!」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/30(火) 22:34:11.94 ID:D0z5A3w20

善は急げ、思い立ったが吉日。

彼女が父親と同じ道をたどることの無いよう、すばやく鍛える必要がある。

('A`)「ホテルがいい?それとも、青姦?」

川;゚ -゚)「え!?何の話ですか?」

('A`)「いや」


首を横に振り、俺は考え直す。

('A`)「その様子だと君は未経験のようだな、よし、俺がリードしてやる!」

彼女の手を引っ張ると、俺は近所のホテルへと駆けた。

川;゚ -゚)「えっ、ちょ、なっ!?」


44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/30(火) 22:39:45.78 ID:D0z5A3w20

秒速でチェックインを済ませ、自販機でゴムを買おうとするが、小銭が無い。

いつもだったら財布にスキンを10枚ほど忍ばせておく慎重派な俺だが、
あいにくおでんを買いに行った時にコンビニ店員と激しくやりすぎて切らしていた。


('A`)「ねぇ、100円持ってる?」

川;゚ -゚)「は、はい・・・」

彼女から渡された100円を投入し、俺は彼女の手をとり、ハンドルに触れさせた。


('A`)「一緒にまわそう、初めての共同作業だ、いいね?」

川 ///)「は、はい・・・・・・」


ポッと顔を赤らめる少女、その可愛らしい様子に俺は震えた。
こんな健気な子を泣かせる痴漢、絶対に許す訳には行かない。


('A`)「じゃあまわすよ、それ!」

ガチャン!

ハンドルが回され、受け取り口からカプセルに包まれたゴムが現れた。

('A`)「よし、いこう」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/30(火) 22:41:13.38 ID:dcQECoq60
ドクオまさかの非童貞…いや女とも限らんけど

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/30(火) 22:42:38.92 ID:RPWMEaMg0
コンビニ店員と10回して更にとか…

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/30(火) 22:46:36.76 ID:D0z5A3w20

部屋に入り、早速彼女をベッドへ押し倒す。

川 ゚ -゚)「な、何をしようというんですか・・・?」

('A`)「痴漢にも、正義と悪の2つがある」

川 ゚ -゚)「・・・・・・」

彼女の制服を脱がせながら、続ける。


('A`)「君のお父さんが捕まる原因を作った痴漢は、悪の痴漢だ」パチパチ

川 ゚ -゚)「・・・・・・じゃあ、正義の痴漢って何ですか・・・?」

('A`)「悪の痴漢は他人を悲しませてでも自分だけ気持ちよくなろうとする」ジーッ

('A`)「いいかい、正義の痴漢ってのは・・・」


その次の瞬間、彼女のブラウスを一気に引き裂き、俺は叫んだ。



('A`)「みんなを気持ちよくさせる、そんな存在なんだ!!」バリバリバリ!



川 ゚ -゚)「・・・・・・!!」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/30(火) 22:50:29.70 ID:RPWMEaMg0
スwwタwwwンwwwwガwwwwwンwwwww

バリバリとかディスってんかくそ

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/30(火) 22:54:08.63 ID:D0z5A3w20

俺は、いよいよ自身のズボンとパンツも脱ぎ始める。

川 ゚ -゚)「あなたは、正義の痴漢なんですか・・・・・・」

川 ゚ -;)「信じて、いいんですか・・・・・・」


('A`)「涙は似合わないって言っただろ?信じていいさ、俺は痴漢のプロさ」


彼女の涙をブリーフでぬぐい、俺は微笑んだ。

('A`)「さあ、その体をよく見せてごらん、さあ!」


川*゚ -゚)「・・・・・・はい」


股間を隠していた手を退けると、そこには桃源郷が待っていた。

恥丘に生えるうっすらとした陰毛、丘に一本の線を引いたような穢れを知らぬ割れ目、
へそから尻にかけての、黄金比のような滑らかな曲線。


川*゚ -゚)「どうですか・・・・・・」

('A`)「ワーオ・・・・・・想像以上だ、グッド」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/30(火) 23:02:02.89 ID:D0z5A3w20

('A`)「ちょっとお邪魔しますよ」

川 ///)「きゃっ」

指で膣を広げると、彼女は少女らしい高い声を出した。
可愛そうだが、心配しなくてもいい。
これは、セックスにおけるいわば検閲なのだから。


('A`)「どれどれ・・・・・・」

首を伸ばし、膣内を覗き込む。

するとそこには、来るものを拒み続けるかのような硬く厚い処女膜が、
10年以上破られること無く存在していた。
穴ひとつ無いところを見ると、自慰すら経験が無かったらしい。


('A`)「ということは、俺が彼女の始まりになるワケか・・・」

責任の重さに押しつぶされそうになるも、彼女のことを思い、耐える。

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/30(火) 23:08:20.28 ID:D0z5A3w20

('A`)「覚悟はいい?」

川 ゚ -゚)「・・・・・・はい」

怯えたような表情をしているが、その瞳にはこれから来る試練と快感を
受け入れるための熱意が赤々と燃えていた。
彼女のためにも、俺はやる。

臨戦態勢の肉棒を固め、彼女の中へとゆっくりと進入する。


('A`)「大丈夫?痛くない?」

川 ; -゚)「くっ、だいじょ、ぅ・・・」


('A`)(この締まりッ・・・!今までの中でも最高クラスだッ・・・・・・!
    気をつけないと、俺は完全に入る前に射精する・・・・・・!)


迫り来る快感、エクスタシー。
AVやビッチなどでは味わえない明日のリアルがここにはあった。

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/30(火) 23:20:52.20 ID:D0z5A3w20

そして、ついに。

メリ、メリメリ・・・・・・

('A`)「よし、もうすこしだ!頑張れ!」パンパン


川;゚ -゚)「はい!」


メリメリメリメリ・・・・・・ビリリリ!!

新聞紙が破れるような音を発し、ついに彼女の処女膜は大きな穴を開けた。

これはラブホテルにおいては小さな一歩だが、彼女の人生においては大きな進歩である。
彼女はついに、大人への道を一歩進むことができたのだ。


('A`)「よくがんばった!えらいぞ!・・・・・・?」

見ると彼女は、気絶していた。
プレッシャーと喜びが彼女の正気を失わせたのか。


('A`)「頑張ったな・・・・・・後は俺に任せとけ、絶対気持ちよくさせるから」

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/30(火) 23:27:39.86 ID:D0z5A3w20

('A`)「物心付いたら童貞を捨て、母親犯すは7つのあの日」

('A`)「肉と肉とのぶつかり合いに、命賭けては潮を浴びる」

('A`)「男ドクオ齢29、咲くは快楽散る春よ!」

('A`)「ヤアッ!」


俺は、後頭部の一部分を軽く小突くと、激しいピストンを開始させた。
その頃気づいたのだが、どうやらその位置には腰の動きをやわらかくするツボが
隠されていたのである。

自身の能力に助けられつつ、俺は膣内の陰核をカリ首で刺激する。

川  - )「あうぅ!」

その度に、気絶していながらも体を捩じらせ快楽におぼれる彼女。

('A`)「それっ!」

俺の腰の動きは、さらに加速する。

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/30(火) 23:34:38.73 ID:D0z5A3w20

('A`)「よーし、フィニッシュだ!」

肉棒と膣の隙間に開いた穴に指を入れ、膣壁をハムスターを撫でる様に軽く擦る。

川  - )「あ・・・、あ・・・ああああああう!」

('A`)「気持ちええか?ええか?ほんだらいくで!」

足の指も挿入し、全身を電動こけしのように震わせ、正に全身全霊で
彼女の膣、いや、心を愛撫する。

('A`)「くっ、俺はもう・・・・・・!」

彼女から体を離したとたん、俺の精液と交じり合いグレープカルピスのようになった
大量の愛液と潮が、部屋中に雨のように舞い散った。



川  - )ビクビク


('A`)「いい夢見ろよ」

震える彼女にジャケットを羽織らせ、俺はその場を後にした。

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/30(火) 23:40:59.73 ID:D0z5A3w20

――それから半年後。

朝、いつものように大塚さんで抜いてると、一枚の手紙が送られてきた。

封筒と一緒に同封されていた写真には、あのときの彼女が、
家族たちと一緒に写っていた。

以下は、手紙の内容だ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ドクオさん、あの時は本当にありがとうございました。

貴方が私の心のドア(膣もですけど)を開けてくれたから、
私は本当の勇気を見つけることができたのです。

あれから、私は暴力に立ち向かい、母親を何とか立ち直らせ、
父親も本当が生きていたことが火葬の段階で分かり、
あれだけバラバラだった家族が、元に戻ったのです。

私は、ドクオさんのような大人になるために、今はセックスの修行として
クラスメートとヤリまくっています。

ドクオさん。あなたは私の最大の恩人でもあり、師匠です!
ありがとうございました。

                       素直クールより



66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/30(火) 23:41:55.70 ID:n2bUOMUDO
栗とリスが膣内にあるかボケエエエエエエ

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/30(火) 23:44:10.59 ID:D0z5A3w20

追伸

娘の処女を奪ったやつを許さないと、父が必死にあなたを
探しています、殺されないように頑張ってください!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




('A`)「あの子・・・・・・立派になったな・・・・・・」

('A`)「ヘヘ・・・・・・師匠か、俺が・・・・・・」


写真で微笑む彼女の姿に安心を覚えつつ、俺はその写真で
もう一発抜いた。




Case.1 完

68 名前: ◆wV78i2v2/M :2010/11/30(火) 23:47:29.57 ID:D0z5A3w20
以上が私の体験した性体験のひとつでした。どうでしたか?

今でもあの子からはたまに手紙が送られてきます、セックスフレンドでもありペンフレンドですね。

さて、他にも数多くのセックストーリーを紹介したかったのですが、
先ほどからクリスマスの練習に付き合ってくれというセフレ達からのメールが
止まないのでここで失礼させていただきます。

またどこかでお会いしましょう、さよなら


コメント

1げと
[2011/08/30 20:06] URL | #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

K-AYUMU

Author:K-AYUMU

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

ユーザタグ

カ行 タ行 ア行 ちんこ ハ行 サ行 マ行 ナ行 英数字  ^ω^) ('A`) ラ行 1レス ワ行 (´・ω・`) ショボーン ヤ行 ブーン ショボン トソン 'ー`)し ξ゚⊿゚)ξ (,゚Д゚) ドクオ まんこ (=゚д゚) J( 1レス カラマロス大佐 シュー ミセリ (-_-) いよう 川д川 人狼 (∪^ω^) 世紀末 ツンデレ 

FC2カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。