mesimarja
気に入ったスレを集めてみました。
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

爪 ゚Ⅳ〉主人公格になったようです
3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 10:01:25.97 ID:NdC1fVWDO
あの戦いから1年たった
アンノウンは魂だけの存在として残っていたー

爪 ゚Ⅳ〉…


4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 10:02:44.13 ID:NdC1fVWDO
主人公格になりたいという未練はまだある

しかしもう、叶わぬ夢なのだ
そう諦めかけていた瞬間、声が聞こえた

《ちょっと君、主人公格になってみないかい?ドゥフフwwドゥフフwwwww》

それはキモい男の声だった

爪 ゚Ⅳ〉主人公になったようです

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 10:05:17.79 ID:NdC1fVWDO
爪 ゚Ⅳ〉!!

目の前がいきなり光った
眩しくて目を閉じた

そして恐る恐る目を開いてみると…

なんといきなり実体化しているではないか

しかし見たことない世界だ…
ここはどんな世界なんだ?

アンノウンはキョロキョロと辺りを見る

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 10:07:24.49 ID:NdC1fVWDO
そして歩く

見た目はファンタジーやSFの世界と異なり、普通の世界とあまり変わらない

爪 ゚Ⅳ〉…

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 10:09:10.07 ID:NdC1fVWDO
しばらく時間がたった

アンノウンは腹を減らしている

爪 ゚Ⅳ〉これが”空腹”か…

前の世界で実体化した時はなぜか空腹を感じなかった

初めての出来事にアンノウンは驚き、感動する

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 10:10:24.62 ID:NdC1fVWDO
最初は全ての出来事に感動した
スーパー、本屋、コンビニなど色々な店を見ていた

闇だったころはそんなことに気を入れたことはなかった

しかし、しばらくたってあまりの空腹さに気づいた

今の自分は能力を使えない

他の主人公格と違い
無力、あまりにも無力だった

爪 ゚Ⅳ〉

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 10:12:07.87 ID:NdC1fVWDO
爪 ゚Ⅳ〉とりあえず働かなければな…

アンノウンは人を動かしたことはあるが、人に動かされたことはない
少し屈辱だった

しかし、働かなければ食っていけない
まともに住むところがない
せっかく体を得たのに死んでしまっては意味がない

色々な世界を見ていたため、履歴書は書くことができた

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 10:15:15.06 ID:NdC1fVWDO
爪 ゚Ⅳ〉とりあえずコンビニにでも働くか

アンノウンは面接する前に電話する
電話はなぜかポケットに入っていた

爪 ゚Ⅳ〉もしもし?ブーンワークを見て電話したんですけど

('A`)はい、面接ですね。すみませんがお名前を教えてください

爪 ゚Ⅳ〉アンノウンです

('A`)アンノウン?失礼ですかもう一度お名前を教えてください

爪 ゚Ⅳ〉アンノウンです

('A`)…かしこまりました。アンノウンさんですね。では2時頃におこしください(変な名前…アノウンコププッ)

爪 ゚Ⅳ〉はい

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 10:16:47.82 ID:NdC1fVWDO
面接

爪 ゚Ⅳ〉面接に来たアンノウンです。よろしくお願いします。

('A`)はい、よろしくお願いします。(うわぁ…格好がコスプレみたいだ…)

('A`)ではアノウ…すみませんアンノウンさんの志望動機を教えてください

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 10:18:43.92 ID:NdC1fVWDO
爪 ゚Ⅳ〉我…いや私は接客に昔からうんたかんたらコンビニにうんたかんたら

('A`)なるほど…では次の質問ですうんたかんたら

アンノウンは色々な世界から色々な知識を得ていた
だから面接の質問はすぐ答えれた

('A`)では…3日後に合否を伝えますね。

爪 ゚Ⅳ〉わかりました

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 10:19:50.26 ID:NdC1fVWDO
3日後

ずっと待っていたが電話が来なかった

爪;゚Ⅳ〉ぐああああああああ!!!!!!そんなバカな!!!!!!!!!

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 10:21:14.25 ID:NdC1fVWDO
アンノウンには自信があった

恐らく絶対に受かるだろうと

爪 ゚Ⅳ〉…

しかし受からなかった

呆然とした目で電気屋でTVをみる

どうやらこの世界は不景気のようだ

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 10:22:55.23 ID:NdC1fVWDO
更に、面接でアンノウンのような特異な名前で特異な服を着ながら面接するようなのは他の世界でもいなかった

恐らく面接官にふざけていると勘違いされたのだろう

アンノウンにはそれが分からなかった

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 10:24:18.48 ID:NdC1fVWDO
アンノウンは試食コーナーで飯を食べたり、スーパーなどでタダで手に入る生姜を取ったりして食いつないだ

そして片っ端から面接を受けた

恥は捨てた

しかし…

爪♯゚Ⅳ〉なぜだ…なぜ受からぬ!

受からなかった

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 10:25:36.13 ID:NdC1fVWDO
ある意味、闇よりも闇の中だった

にこやかにはしゃぐ子供達、女子高生、カップル、家族

どれもこれも眩しく見えた

爪 ゚Ⅳ〉…

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 10:27:13.62 ID:NdC1fVWDO
金がないため、趣味すら持てない

そして自分はあまりにも無力

爪 ゚Ⅳ〉…

気づいたらアンノウンは目から涙を流していた

爪 ;Ⅳ〉

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 10:29:03.80 ID:NdC1fVWDO
爪 ;Ⅳ〉これでは…これでは闇のヘドロだったころと変わらないではないか…!

アンノウンは泣く
自分の無力さに泣く

そんな時ある言葉が浮かんだ

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 10:30:25.73 ID:NdC1fVWDO
「……いいか! よく聞けおクソ野朗!
     願いってのはあんなモンに頼って叶えるもんじゃない!
願いってのは――」

「――自分の可能性を信じて、自分で叶えるもんなんだお!
それが人の欲望ってもんだッ!」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 10:31:47.28 ID:NdC1fVWDO
爪 Ⅳ〉

そうだ…前の世界で手に入れた力は”自分”の力ではなかった

”聖剣”の力だ

自分の力でピンチを乗り越えてからこそ”主人公格”だ

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 10:33:06.16 ID:NdC1fVWDO
そして悟った
主人公格たちの輝きの裏にある苦悩を、決意を

爪 ゚Ⅳ〉我は…諦めない…!

アンノウンは覚醒した

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 10:34:20.61 ID:NdC1fVWDO
そしてアンノウンは面接の勉強をした
服も本をみてまともな服を作った

そのかいがあって面接に受かった
寿司屋の見習いだが内定した時の充実感はハンパなかった

爪 ;Ⅳ〉うぉおおお!!!!

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 10:35:30.04 ID:NdC1fVWDO
20年後ー

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 10:37:01.46 ID:NdC1fVWDO
爪 ゚Ⅳ〉へい!いらっしゃい!

アンノウンは一流の板前になっていた

( ^ω^)大トロ一丁!

爪 ゚Ⅳ〉おうよ!べらぼうめ!

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 10:37:59.93 ID:NdC1fVWDO
結婚して家庭も出来た

子供も部下も手に入れた

”仲間”を手に入れたのだ

アンノウンは気づかないうちに主人公格になっていた

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 10:39:01.45 ID:NdC1fVWDO
この世界の続きは分からない
しかし、アンノウンにとって光のある世界ということは間違いないだろう

ピンチな時も主人公格として乗り越えて行くのだろう

ー爪 ゚Ⅳ〉主人公格になったようですー

End

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 10:43:10.98 ID:NdC1fVWDO
あとがき
1人しかレスが付かねえ…
どうやら俺には文才がないみたいだ…

しかし、せっかく立てて貰ったスレだ
それに途中から書くのを辞めたらアンノウンが成仏できない
という訳で書き溜めたのを全て書かせて貰った

まあこんな作品を見てくれたみんなありがとう

今度こそスキルを付けて帰ってくるからまたよろしくな!

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

K-AYUMU

Author:K-AYUMU

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

ユーザタグ

カ行 タ行 ア行 ちんこ ハ行 サ行 マ行 ナ行 英数字  ^ω^) ('A`) ラ行 1レス ワ行 (´・ω・`) ショボーン ヤ行 ブーン ショボン トソン 'ー`)し ξ゚⊿゚)ξ (,゚Д゚) ドクオ まんこ (=゚д゚) J( 1レス カラマロス大佐 シュー ミセリ (-_-) いよう 川д川 人狼 (∪^ω^) 世紀末 ツンデレ 

FC2カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。