mesimarja
気に入ったスレを集めてみました。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( ^ω^)ドラゴンボールのようです
2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 12:10:31.22 ID:MovMwEDb0
( ^ω^) ナッパよけるな


( ^ω^) 死んじゃった


3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 12:10:41.72 ID:VHQTKEQZO
俺達の戦いはこれからだ!


~THE END~

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 12:11:59.77 ID:Mqr+TH+u0
来春、第二弾決定!

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 12:13:43.04 ID:MovMwEDb0
( ^ω^) お墓を作ろう

( ^ω^) よいしょ

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 12:14:40.48 ID:MovMwEDb0
END

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 12:22:47.37 ID:W/9OGpwLQ

>>1 ありがとうございます!

このスレは、


~~~~~~

51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/12/27(月) 12:03:54.26 ID:W/9OGpwLQ
こんな時間だけど 人少なそうだけど
代理スレ立て頼みたい

スレタイはそちらに任せる
タイトルから即興で話を考えて、ながらで書いていきたい

スレタイに使うAAは、テンプレ1~3の中から選んでほしい


よろしくお願いします!


~~~~~~


という試みのもとに立てていただきました

俺 ドラゴンボール ろくに知らない
だから あの漫画 関係ない話 なる

ながらでゆっくりゆったり進めていきます

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 12:36:07.12 ID:W/9OGpwLQ

( ^ω^)

( ^ω^)「>>2-6で既に終わってるじゃねーか」

( ^ω^)

( ^ω^)「まあいい」





( ^ω^)「始まり 始まり」




          ( ^ω^)ドラゴンボールのようです




 昔々、かぐや姫に求婚した男は、彼女に「龍の首の五色の玉」を取ってこいと言われた。

 彼は、何のズルもせず、龍に挑み、
 その首にある玉を、持ち帰ったという――




16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 12:49:50.02 ID:W/9OGpwLQ

( ^ω^)「そんな伝説に倣って」

( ^ω^)「結婚を申し込む際には、竜の首から玉を取ってきて、
       それを相手に送る、ってのが慣わしになったんだけど」

( ^ω^)「当然、誰でも出来るもんじゃない。つか普通死ぬお」

( ^ω^)「だから実際のところ、山から石を拾ってきて、それを綺麗に磨き、
       五色の玉に見立てることで代わりとしているんだお」

( ^ω^)「そんなわけで僕は裏山にやって来たのだった」

( ^ω^)「ぶっひゅうwww早くクーに石渡して求婚するおwwwww」



ξ-⊿-)ξ

( ^ω^)

( ^ω^)「女の子が倒れてるお」



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 12:55:58.98 ID:W/9OGpwLQ

(;^ω^)「何で山に女の子が……」

(;^ω^)「……良かった、生きてるお」

ξ-⊿-)ξ

( ^ω^)「……」

( ^ω^)「可愛い子だお」

( ^ω^)「10歳くらいかお?」

( ^ω^)「こんな所で倒れてたら、ろりぺど糞野郎の餌食になっちゃうお」

( ^ω^)

( ´ω`)「……今日は、石は諦めるお」

ξ-⊿( ´ω`) ヨッコイショ



*****




19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 13:05:29.27 ID:W/9OGpwLQ



 ガラガラ

ξ-⊿( ´ω`)「ただいまお」

ξ-⊿( ´ω`)「……おかえりと言ってくれる人もいないお」

ξ-⊿( ´ω`)「寂しいお」

ξ-⊿( ´ω`)「早く石をクーに送りたいお……」

( ´ω`)「……とりあえず、この子を横にさせて、と」

ξ-⊿-)ξ

( ´ω`)「……」

( ´ω`)「ご飯作るお……」



*****



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 13:12:23.89 ID:W/9OGpwLQ



ξ-⊿-)ξ ピクリ

ξ-⊿゚)ξ「……」

( ^ω^)「起きたかお?」

ξ゚⊿゚)ξ

ξ;゚⊿゚)ξ「!!」

( ^ω^)「あ、逃げないで。大丈夫、いじめないお」

ξ;゚ -゚)ξ「……、……」

( ^ω^)「山で倒れてる君を見付けたんだお。
       無視するのも心苦しいから、勝手に連れてきちゃったお」

ξ;゚ -゚)ξ「……」

( ^ω^)「……ご飯、食べないかお?」



24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 13:20:24.86 ID:W/9OGpwLQ

ξ;゚ -゚)ξ ブンブン

Σξ;゚⊿゚)ξ グキュルルル

ξ;// -//)ξ

( ^ω^)「おっおっ、ただの雑炊で申し訳ないけど、味は保証するお。
       クーに教えてもらった味付けだから、とっても美味しいんだお!」

ξ;*゚⊿゚)ξ「……」

ξ*゚⊿゚)ξ パクッ

ξ*゚~゚)ξ モグモグ

ξ*゚~゚)ξ

ξ;゚⊿゚)ξ ケッ ケッ

(;^ω^)「おわっ!? ど、どうしたお? 口に合わないかお?」

ξ;>⊿<)ξ オエー

(;^ω^)「そんなに美味しくないかお? もしや失敗しちゃったのでは……」

(;^ω^) モグモグ

(;^ω^)「……いつもの美味しい味だお……」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 13:26:44.30 ID:W/9OGpwLQ

ξ;゚⊿゚)ξ ゲー

(;^ω^)「……子供には美味しくないのかおー」

   < カサカサカサ

(;^ω^)「! でかい蜘蛛だお! ひえええっ、僕、虫苦手なんだお!!」

ξ*゚⊿゚)ξ「!」

      パシッ!
ξ*゚⊿゚)ξ⊃ そ

ξ*゚⊿゚)ξ モシャモシャ

ξ*゚⊿゚)ξ ウマー


( ^ω^)


( ^ω^)




( ^ω^ )



27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 13:37:13.01 ID:W/9OGpwLQ

(;゚ω゚)「蜘蛛食ったぁああああああああああああああああああああ!!!!!」

(;^ω^)「ぺーしなさい! ぺー! そんなの食べちゃ駄目ぇええええ!!」

ξ#゚⊿゚)ξ ムッ

    ドグッシャァァア!!
ξ#゚⊿゚)ξ≡≡⊃))゚ω゚)「こぺんはーげん!!!!!」

:(##)゚ω゚):

     < カサカサカサカサ

ξ*゚⊿゚)ξ「!」

ξ*゚⊿゚)ξ モシャモシャ

:(##)゚ω゚):「何……今の拳……強すぎるお……拳の王となるのかお……
        ξ゚⊿゚)ξが拳の王となるようですなのかお……」





(##)゚ω゚)「てかまた蜘蛛食ってるぅうううううううううう!!!!!」

ξ*゚⊿゚)ξ ~♪



29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 13:46:12.27 ID:W/9OGpwLQ



(;^ω^)「……この子、一体どんな風に育ったんだお……」

ヾξ゚⊿゚)ξノシ

(;^ω^)「こら! 狭くてボロっちい家なんだから走り回らない!」

ξ゚ -゚)ξ

(;^ω^)「ここ座って」

ξ゚ -゚)ξ ペタン

( ^ω^)「……さて……」

( ^ω^)「君、名前は?」

ξ゚ -゚)ξ

ξ゚⊿゚)ξ「つん」

( ^ω^)「ツン?」

( ^ω^)(……喋れるのかお)



31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 13:56:13.93 ID:W/9OGpwLQ

( ^ω^)「ツン、……えっと、お母さんやお父さんは?」

ξ゚⊿゚)ξ

ξ;⊿;)ξ ブワッ

(;^ω^)「おおおおおっ!?」

ξ;⊿;)ξ エッグエグ

(;^ω^)「き、訊いちゃいけなかったかお……ごめんお……」

ξ;⊿;)ξ エッグマックマフィン

(;^ω^)「よしよし……」ナデナデ

ξ;⊿;)ξ「……」

ξ*;⊿;)ξ

(;^ω^)「ごめんお、今の質問は忘れてくれお……」

ξ*ぅ⊿;)ξ グシグシ



35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 14:03:45.61 ID:W/9OGpwLQ

ξ゚⊿゚)ξ「……はぐれちゃった……」

( ^ω^)「?」

ξ゚⊿゚)ξ「お母さんたちと、はぐれちゃった……」

( ^ω^)「はぐれた?」

ξ゚⊿゚)ξ「……つんが、」

ξ゚⊿゚)ξ「つんが、ドラゴンボールとられちゃったから……」

( ^ω^)

( ^ω^)「どら……」

ξ゚⊿゚)ξ「ドラゴンボール」

( ^ω^)「ハハッ、ワロス」



40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 14:14:20.61 ID:W/9OGpwLQ

( ^ω^)「何それ。7つ集めんの? 願い叶うの?」

ξ゚⊿゚)ξ「いっこでも、それなりには」

( ^ω^)「叶うんだ……」

( ^ω^)

( ^ω∩)「ちょっと待って、分かんない……話が見えない……」

ξ゚ -゚)ξ ムー



*****



( ^ω^)「とんでもない事実が発覚したお」

ヾξ゚⊿゚)ξノシ

( ^ω^)「……この子」

( ^ω^)「龍なんだって」

( ^ω^)「ハハッ」



43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 14:25:43.39 ID:W/9OGpwLQ

( ^ω^)「なんでも」

( ^ω^)「龍の首には玉がついてて」

( ^ω^)「その玉が無くなってしまうと、龍は龍でなくなるのだとか」

( ^ω^)「玉は通称『ドラゴンボール』という」

( ^ω^)「ツンは、そのドラゴンボールを人間に奪われたと」

( ^ω^)「そのせいで人間の姿になってしまったのだと」

( ^ω^)





( ^ω^)「誰が信じる、そんな話」

ξ゚⊿゚)ξ そ ガーン



45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 14:38:47.22 ID:W/9OGpwLQ

ξ#゚⊿゚)ξノシ

( ^ω^)「いや……だって、信じられるかお」

( ^ω^)「そりゃ、龍の存在は確認されてるからともかくとして……。
       首の玉が無くなったからって人間になるなんて」

    ゴバァアアアン!!
ξ#゚⊿゚)ξ≡≡⊃))゚ω゚)「わしんとん!!!!!!!!!」

:(##)゚ω゚):

ξ#゚⊿゚)ξ「ほんとだもん!」

:(##)゚ω゚):「この力……人間の子供を超越してるお……」

ヾξ#゚⊿゚)ξノシ プンプン

(∩);^ω^)「……まさか、本当に龍……?」

     ¥<カサカサカサカサカサカサ

ξ゚⊿゚)ξ≡⊃¥ ヒュバッ

ξ*゚⊿゚)ξ モシャモシャ

( ^ω^)「……百足……」

( ^ω^)「……信じるわ」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 14:55:50.57 ID:W/9OGpwLQ

*****


( ^ω^)「――で、ツンとしては、ドラゴンボールを取り返したいんだおね」

ξ゚⊿゚)ξ「このままの姿じゃ、お母さんに見付けてもらえないもん」

( ^ω^)「ふむ。誰に取られたのかは分からないのかお?」

ξ゚⊿゚)ξ「男だったかも」

( ^ω^)「うーん……あの山に倒れてたってことは、
       この村か、あるいは山の向こうの村の人間に取られたんだろうけど……。
       男ってだけじゃ、絞り込むのは難しそうだお」

ξ゚⊿゚)ξ「……はやく、とりかえさなきゃ」

( ^ω^)「お?」

ξ゚⊿゚)ξ「ドラゴンボールは、ねがいごとをかなえられる」

ξ゚⊿゚)ξ「ねがいを聞き届けたドラゴンボールは、こわれちゃうの。
      ――そしたら、わたし、りゅうに戻れない」

( ^ω^)

/^ω^\ ナンテコッタイ



48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 15:02:48.85 ID:W/9OGpwLQ

(;^ω^)「犯人探すのも難しいってのに、時間制限付きかお」

ξ゚⊿゚)ξ「ドラゴンボールとったひと、まだ、ねがいごと言ってないみたい」

(;^ω^)「分かるのかお?」

ξ゚⊿゚)ξ「ドラゴンボールの、力みたいなの、感じるから」

(;^ω^)「……その力とやらでドラゴンボールの居場所を知れたりは……」

ξ゚⊿゚)ξ「しない」

(;^ω^)「ですよねーそんな都合いい話ないですよねー」

( ^ω^)「……とにかく、早く見付けないといけないお」

ξ゚⊿゚)ξ「うん……」

( ^ω^)「でも、夜も遅いし、今日は寝るお。ドラゴンボール探しは明日ってことで」

ξ゚⊿゚)ξ「……ん」

( ^ω^)(……どうか、夜の間に願いなんか言わないでくれお、まだ見ぬ犯人さん)



*****



49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 15:06:08.48 ID:W/9OGpwLQ


 ~翌日~





(*'A`)ノ○「ブーン! 見てくれよ、綺麗な石だろー」


ξ゚⊿゚)ξ「あれ、つんのドラゴンボール!」


エエエエェェェェ(^ω^)ェェェェエエエエ







52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 15:13:52.46 ID:WD35yoOC0
ちょwww

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 15:15:36.35 ID:Xa4XkWs40
オワタwwwwwww

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 15:22:02.94 ID:W/9OGpwLQ

( ^ω^)「もう都合いいとかいう話じゃないおあと自己紹介忘れてた
       僕ブーンっていうんだおよろしく」

ξ゚⊿゚)ξ「ぶーん!」

('A`)「めっちゃ早口で何か言ってる……」

( ^ω^)「ちなみに彼はドクオだお」

ξ゚⊿゚)ξ「どくお!」

(;^ω^)「――いやいやそんなんどうでもいいお!!
       ドクオ、それ、どこで……」

('A`)ノ○「これ? ショボンから預かったんだ」

(;^ω^)「……ショボン?」

('A`)「おう――って、お前は知らないか。
    山の向こう、シベリア村に住んでる男だ。
    去年、山菜を採りに行ったときに知り合ったのさ」

( ^ω^)「ほうほう」



56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 15:32:14.16 ID:W/9OGpwLQ

('A`)「んで、昨日ショボンが俺の家に来たんだが……」

('A`)「……クーに、求婚しに来たみたいだった」

(;^ω^)「ナンダッテー」

(;^ω^)「ショボンとかいう人も、クーが好きなのかお」

('A`)「ほら、山菜採りに行ったときにショボンと会ったっつったろ?
    そんときクーも一緒だったんだが、ショボンの奴、クーに一目惚れしてたらしいぜ」

ξ゚⊿゚)ξ「……くーって?」

( ^ω^)「クーは、ドクオの妹さんだお。とっても綺麗な人だお」

ξ゚⊿゚)ξ「へー」

('A`)「――そんでな、求婚しても無駄だって分かったショボンが、
    俺に、この石を預けてった」

( ^ω^)「どうして……」

('A`)「諦めきれないから、だとさ」

( ^ω^)「……おーん。まさかの恋敵だお」

('A`)「はは、そうだな」



57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 15:40:11.57 ID:W/9OGpwLQ

ξ゚⊿゚)ξ「ぶーんも、くーが好きなの?」

( ^ω^)「だお。昔から好きだったんだお。
       実は既に告白済みなんだお!」

ξ゚⊿゚)ξ「こくはく、したの?」

(*^ω^)「したお! そしたらクーも『好き』って言ってくれたお。
       あとは、五色の玉をクーに渡して求婚するだけ――」

(;^ω^)「――玉!!」

(;'A`)「うわっ、何だよ!?」

(;^ω^)「それ、その玉! 石! 僕にくれないかお、ドクオ!」

(;'A`)「駄目だって、ショボンのなんだから」

ξ゚⊿゚)ξ「それ、つんのだもん!」

(;'A`)「あ? そういや誰だ、この幼女」

(;^ω^)「ツンっていう子だお……ええと、その玉の持ち主で……」

(;'A`)「?」



58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 15:51:52.34 ID:W/9OGpwLQ

ξ#゚⊿゚)ξ「それ! ツンのたまなの! ツンにくっついてたたまなの!!」

(;'A`)

(;'A`)「え……?」

(;^ω^)「あっ何か変な誤解生まれた絶対!!」




~~~~~~~説明中~~~~~~~

ξ゚⊿゚)ξノシ( ^ω^)ノシ  ('A`;)

~~~~~~~~~~~~~~~~~




(;'A`)「そんなこともあるのか……信じるけど」

( ^ω^)(信じるんだ……)



62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 16:04:27.41 ID:W/9OGpwLQ

( ^ω^)「というわけだから、ツンに返してあげてほしいんだお」

('A`)「んー、たしかに返してやらないと可哀相だな」

ヾξ゚⊿゚)ξノシ

('A`)「でも元はツンのものとはいえ、預かり物だしな……」

ξ´゚⊿゚)ξ

('A`)「一応ショボンに話してからでもいいんじゃないか?」

( ^ω^)「……だそうだお」

ξ゚⊿゚)ξ「……ぜったい、かえしてくれるなら、いいよ」

('A`)「えらいな」

ξ*゚⊿゚)ξ



63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 16:15:23.02 ID:W/9OGpwLQ

('A`)「たしか今日はラウンジ村に用があるって言ってたから……、
    明日、ショボンのところに行こう。案内は俺がするから」

ξ゚⊿゚)ξ「たま、だいじにしててね」

('A`)「もちろん」

( ^ω^)「ありがとうお、ドクオ。――じゃあ、今日は、
       山に石をとりに行ってくるお」

ξ゚⊿゚)ξ「いし?」

( ^ω^)「綺麗な石をあげるのが、求婚の作法なんだお」

ξ゚⊿゚)ξ「へー」

('A`)「そんなん、わざわざしなくていいのに」

( ^ω^)「クーと約束したんだおー」

('A`)「へいへい、そうですか」

ξ゚⊿゚)ξ「つんもてつだう!」

( ^ω^)「おっお、じゃあ行くおー!」

ξ゚⊿゚)ξ「おー!」



64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 16:22:13.56 ID:W/9OGpwLQ

*****



ξ゚⊿゚)ξノ□「これは?」

( ^ω^)「んー、もうちょっと丸みがある方がいいお」

ξ゚⊿゚)ξノ△「これ!」

( ^ω^)「ちょっと小さいお……」
 _,、_
ξ゚⊿゚)ξ

(;^ω^)「……ごめんお、でもこだわりたいんだお……」

ξ゚⊿゚)ξ「好きだから?」

( ^ω^)「だお。クーのことが大好きだから、一番良いものをあげたいんだお」

ξ゚⊿゚)ξ「そっか。……がんばろ!」

( ^ω^)「頑張るおー」



65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 16:28:56.54 ID:W/9OGpwLQ

((ξ゚⊿゚)ξ ガサガサ

( ^ω^)ガサガサ

(((((ξ゚⊿゚)ξ ガサガサ

( ^ω^)ガサ…

(;^ω^)そ

(;^ω^)「おーい、ツン、そっちは駄目だお!」

ξ゚⊿゚)ξ「え?」ガサ…

ξ゚⊿゚)ξ

ξ*゚⊿゚)ξ「おっきい石、いっぱいある!」

ξ*゚⊿゚)ξ「ぶーん、石がたくさん!」

(;^ω^)「だから駄目だってば……それは村人のお墓だお」

ξ゚⊿゚)ξ「えー、おはかなの?」

( ^ω^)「そうだお。だから取るなおー」



66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 16:33:57.18 ID:W/9OGpwLQ

ξ゚ -゚)ξ「はあい」

ξ゚⊿゚)ξ「……おはか、なんか、かいてあるね」

( ^ω^)「死んだ人の名前が彫ってあるんだおー」

ξ゚⊿゚)ξ「これ、なんてよむの?」

( ^ω^)「『ぎこ』だお。年寄りのくせして、村一番の力持ちだったお」

ξ゚⊿゚)ξ「これは?」

( ^ω^)「『しぃ』。ギコの奥さんだったお。優しい人だったおー」

ξ゚⊿゚)ξ「じゃあ、これ!」

( ^ω^)「それは」

( ^ω^)「……」

ξ゚⊿゚)ξ「?」

( ^ω^)「……『くー』だお」

ξ゚⊿゚)ξ「――え……」



69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 16:43:08.22 ID:W/9OGpwLQ

ξ゚⊿゚)ξ「くー?」

( ^ω^)「だお」

ξ゚⊿゚)ξ「ぶーんの、好きなひと?」

( ^ω^)「そうだおー。つい先日、病気で死んじゃったお」

ξ゚⊿゚)ξ「……? けっこん……」

( ^ω^)「まあ、死んだ人とは結婚出来ないお」

( ^ω^)「でも求婚するんだおー」

ξ゚⊿゚)ξ「わかんない」

( ^ω^)「んーと……なんというか、自己満足っていうか」

( ^ω^)「大好きだし――約束、したから」

ξ゚⊿゚)ξ「……」

( ^ω^)「さ、石探すおwwwww」

ξ゚ -゚)ξ「……ん……」



*****

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 16:59:28.13 ID:W/9OGpwLQ



( ´ω`)

川 ゚ -゚)『何て顔してるんだ、馬鹿』

( ´ω`)『クー、こんなに痩せちゃって……』

川 ゚ -゚)『君はもう少し痩せた方がいいな』

( ´ω`)『ドクオみたいにがりがりになっちゃってるお……』

川 ゚ -゚)『あれほどじゃないだろう、失礼な』

( ´ω`)『……』

川 ゚ -゚)『……』

( ´ω`)『クー』

川 ゚ -゚)『何だ?』

( ´ω`)『好きだお』

( ´ω`)『大好きだお』

( ´ω`)『綺麗な石、探してくるから……僕と結婚してほしいお』



74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 17:05:49.06 ID:W/9OGpwLQ

川 ゚ -゚)

川 ゚ー゚)『……なんだか、気力が沸いてきたよ』

川 ゚ー゚)『私も君が大好きだ、ブーン』



―――――
―――




川; - )『げほっ、はっ……あ、あう……』

(;'A`)『クー! クー、大丈夫か!』

(;^ω^)『クー!!』

川; - )『う、くっ……!』

(;'A`)『クー……!』

川; - )『ぶ、ん……ブーン……』

(;^ω^)『何だお!?』



76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 17:13:40.89 ID:W/9OGpwLQ

川; - )『……いし……』

(;^ω^)『お?』

川;゚ー゚)『石……くれるんだろう……?』

川;゚ー゚)『持ってきてくれよ……とびっきり綺麗で、素敵な石……』

川;゚ー゚)『……それで、求婚してくれたら……きっと、私、元気になる……』

川; - )『う……! げほ、げほっ!』

(;'A`)『クー、もう喋るな! おとなしくしてろ!』

( ^ω^)『……とってくるお……』

川; - )『ああ……生半可なもの持ってきたら、許さないからな……』

(;'A`)『おい、ブーン!? どこに――』



―――――
―――





77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 17:18:52.73 ID:yjAgA7lk0
>>2-6が見事な伏線になっていたとは・・・

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 17:22:58.05 ID:W/9OGpwLQ


(;^ω^)『――駄目だお、こんなちっぽけなのじゃ駄目だお!』

(;^ω^)『もっと、澄んだ色じゃなきゃ駄目だお!』

(;^ω^)『こんなのじゃない……』

(;^ω^)『これも、これも違う!!』

(;^ω^)『……何で、無いんだお……!』

(;^ω^)『何で無いんだお! クーが気に入ってくれるような石! どうして!』

(;^ω^)『こんなにいっぱい転がってるのに!』

(;^ω^)『たくさん、たくさんあるのに! どうして!』

(;^ω^)『僕の欲しい石は、一つも無いんだお!!』

( ;ω^)『――早く、早く見つけなきゃ』

( ;ω;)『クーが元気になってくれないんだお!!』

( ;ω;)『ああ、ああ! 早く! ……お願いだから……』

( ;ω;)『クー……』




82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 17:37:27.73 ID:W/9OGpwLQ

―――――
―――




川 - -)

( ^ω^)


('A`)『……お前が出てってから、少し経った頃に死んじまったよ』

('A`)『石、見付かったか』

( ^ω^)『……見付からなかったお』

( ^ω^)『――僕が、石を持ってこれなかったから……クー、死んだのかお……』

('A`)『……そういうことじゃないと思うぜ』

( ^ω^)『……』

('A`)『お前の悲しむ顔、見たくなかったんだろ』

( ^ω^)『……』



84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 17:42:03.01 ID:W/9OGpwLQ

( ^ω^)『ドクオ』

('A`)『あん?』

( ^ω^)『僕……絶対、クーに綺麗な石をあげるお』

( ^ω^)『石をあげて、求婚するお』

( ^ω^)『それで……いつか僕が死んで、天国に行ったら』

( ^ω^)『クーと、結婚するお』

('A`)『……そうかい』

('A`)『そこまで愛してもらえて、幸せもんだな。この妹はよ』





*****




87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 17:54:53.84 ID:W/9OGpwLQ

( ‐ω‐)

( ‐ω^)「……お?」

ξ゚⊿゚)ξ「ぶーん起きた」

( ^ω^)「おー……寝ちゃってたかお」

ξ゚⊿゚)ξ「なんか悲しそうな顔してたよ」

( ^ω^)「……ちょっと、夢を見ただけだお。
       もう暗くなってきたし、帰るかおー」

ξ゚⊿゚)ξ「ん」



*****



ξ*゚~゚)ξ モシャモシャ

:(;゚ω゚):(ひええええGとヤモリを一緒に食っておられるううううううう)


*****



89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 18:12:32.64 ID:W/9OGpwLQ

 ~翌日~

('A`)「っつーわけで、ショボンのところに行くぞ」

( ^ω^)ノξ゚⊿゚)ξノ「おー」



*****


(;^ω^)ゼヒッゼヒッ

('A`)「疲れすぎだろ豚」

ξ゚⊿゚)ξ「ぶたー」

(;^ω^)「何でそんなに余裕なの君達……」

('A`)「いつも行き来してるし」

ξ゚⊿゚)ξ「龍だし」

('A`)「ま、そろそろ着くし、あと少しの辛抱な」


*****



90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 18:25:08.53 ID:W/9OGpwLQ



('A`)「――さ、着いたぞ」

(;^ω^)「大きな家だお……僕の家とは大違いだお」

ξ゚⊿゚)ξ「おっきー」

('A`) ドンドン

('A`)「ショボーン、いるかー」

    「――はいはい」

  ガラッ

(´・ω・`)「……おや、ドクオじゃないか」

('A`)「よお」

(´・ω・`)「何の用だい?」

('A`)ノ○「――これについて、ちょっとな」



*****



93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 18:36:35.01 ID:W/9OGpwLQ





(´・ω・`)「――そうだね、たしかに、僕が幼い龍から奪ったものだ」

ξ#゚⊿゚)ξ「ひどい!」

(´・ω・`)「ごめんね。あまりにも無防備に遊んでいたし、
      玉が無くなったら人間になっちゃうなんて、知らなかったんだ」

( ^ω^)「知らなかったんなら、仕方ないおね」

ξ゚ -゚)ξ ムー

('A`)「そういうわけだ。この子に返してやってくんねえか」

(´・ω・`)「そうだね。――その前に確認したいんだけど」

('A`)「ん?」

(´・ω・`)「この玉……ドラゴンボールは、願いを叶えられるんだよね」

ξ゚⊿゚)ξ「うん!」

(´・ω・`)「そっか」



94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 18:37:32.84 ID:W/9OGpwLQ





(´・ω・`)「じゃあ、僕の願い、叶えさせてもらおうかな」





( ^ω^)「――え……」




98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 18:44:04.89 ID:W/9OGpwLQ

(;'A`)「ショボン?」

(´・ω・`)「どうしても叶えたい願いがある。頼むよ」

(;'A`)「話聞いてたか!? 願いを叶えたら、ツンは……」

(´・ω・`)「そんなの知ったこっちゃないって」

ξ;゚⊿゚)ξ「? え?」

(;^ω^)「な、何を――」

(´・ω・`)「分かるでしょ? 僕が叶えたい願い」



(´・ω・`)「――クーさんを、生き返らせてほしいだけなんだ」


(;^ω^)(;'A`)「!!」



99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 18:50:28.12 ID:W/9OGpwLQ

(;^ω^)「クーを……?」

(´・ω・`)「そうだよ」

(;'A`)「おま……ドラゴンボールで人を生き返らせるって、何か妙な既視感が」

(´・ω・`)「死んだ人を生き返らせることは出来るのかな?」

ξ;゚⊿゚)ξ「う、うん」

(;'A`)「ばっ……正直に答えんな!」

ξ;゚⊿゚)ξ「あっ」

(´・ω・`)「……ははは、そうなんだ。やった。良かった。……良かった」

(;^ω^)「ショボンさん、本気かお!?」

(´・ω・`)「本気さ」

(´・ω・`)「さあ、ドクオ。それ、ちょうだいよ」

(´・ω・`)「君も、妹さんに会いたいだろう」

(;'A`)「……!」



101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 19:02:00.46 ID:W/9OGpwLQ

(;^ω^)「駄目だお! ツンが可哀相だお!?」

(´・ω・`)「……君は、本当の、心の底からの愛ってものを知らないのかな」

(´・ω・`)「何物を犠牲にしたって構わない」

(´・ω・`)「彼女に会えるなら、他のものなんて、どうだっていい」

(´・ω・`)「そういう深い愛情を、抱いたことはないのかい?」

(;'A`)「……でも、生き返ったところで、クーがお前を受け入れるか――」

(´・ω・`)「僕のおかげで生き返ったと知れば、
      彼女も、僕のこの愛に気付けるだろう」

(#´・ω・`)「ほら! 早くそれを僕に寄越せ、ドクオ!!」



104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 19:07:26.65 ID:W/9OGpwLQ

(; ω )「――そんなの……」

(#´・ω・`)「あ?」

(; ω )「そんなの、愛じゃないお。クーへの愛情なんかじゃないお」

(; ω )「そんなの――」


(#^ω^) キッ!!


(#^ω^)「クーの命を!
       彼女の死を軽んじるなんて、クーへの侮辱だお!!」


ξ;゚⊿゚)ξ「ぶーん……!」




106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 19:26:16.01 ID:W/9OGpwLQ

(#^ω^)「僕は、クーが死ぬ瞬間にこそ立ち会えなかったけど、
       死んでしまった後の、安らかな顔は見たお!」

(#^ω^)「……きっと――絶対、もっと生きたいとは思っていた筈だお」

(#^ω^)「それでも! クーは、死を理解して、受け止めた!」

(#^ω^)「彼女の最後の最後、そこにあった心を、気持ちを、
       無駄になんてしたくないお!!」


(#´・ω・`)「ごちゃごちゃとやかましい……!」


(;'A`)「……っ」




110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 19:34:59.26 ID:W/9OGpwLQ


*****

川; - )『――……兄さん、見たか……』

(;'A`)『……何を』

川; - )『ブーンさ。今の、石をとってくると言ったブーンを』

川; - )『なんて凛々しい。……なんて優しい』

川; - )『最後に見るブーンの顔があの顔で、本当に良かった……』

(;'A`)『最後なんて言うな、クー……!』

川; - )『自分のことは、自分で分かるさ。
     ……ふふ。ブーンの悲しい顔なんて、見たくないからな』

川; - )『あれで、良かった』

(;'A`)『……』

川; - )『兄さん。本当は石なんて必要ないんだ』

川; ー )『もう、あれだけで――充分だよ』

*****



112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 19:45:17.57 ID:W/9OGpwLQ



(#'A`)「――そうだ、ブーン!
    クーの意思を、無駄になんかしないでくれ!!」

(#´・ω・`)「……揃いも揃って……」

(#´・ω・`)⊃P スッ…

(#'A`)

(;'A`)

(;'∀`)「しょ、ショボンくん、その斧をどうする気かな?」

(#´・ω・`)「ころしてでも うばいとる」

(;゚A゚)「ひぃいいやぁあああああああああああああ!!!!!」

(;^ω^)「汚い、さすがショボン汚い」



113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 19:45:47.88 ID:3+RUwPFjO
アルファベットやー

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 19:49:34.24 ID:5t+s24Fe0
Pwwwwwwwwwww

116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 19:56:14.64 ID:W/9OGpwLQ

ξ#゚⊿゚)ξ「どくお!」バッ!!

(;'A`)「うわっ」

ξ#゚⊿゚)ξノ○「……ゆるさないんだから」

(#´・ω・`)「んー? お嬢ちゃんに何が出来――」


爪ξ#゚⊿゚)ξ爪  バサァッ!!

爪ξ#゚皿゚)ξ爪  ビキビキ…


( ^ω^)

( ^ω^)「そういやこの子、龍だったわ」



爪ξ#゚W゚)ξ爪  ギシャァァァァアアアアアア!!!!!


(´・ω・`)


(´・ω・`)



118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 20:02:22.34 ID:W/9OGpwLQ





(#メ)ω(#メ#)


('A`)「えっと……またね」



 ガラガラ ピシャン





*****


ξ゚⊿゚)ξノ○「ふう」

( ^ω^)「あれ……外しちゃうのかお?」

ξ゚⊿゚)ξ「ちょっとね」



120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 20:08:53.91 ID:W/9OGpwLQ

ξ゚⊿゚)ξ「ぶーん、これ、綺麗だと思う?」

( ^ω^)「ドラゴンボールかお? とっても綺麗だと思うお」

ξ゚⊿゚)ξ「……くー、喜びそう?」

('A`)「クーの好きそうな感じはするよな」

( ^ω^)「だおー」

ξ゚⊿゚)ξ「そう……――じゃあ」

ξ゚⊿゚)ξ「これ、ぶーんにあげる」

(;^ω^)「へっ」

ξ゚⊿゚)ξ「くーに、わたしてあげて」

(;^ω^)「で、でも、でも……ツンが……」

ξ゚⊿゚)ξ「……」

ξ゚⊿゚)ξ「あのね、お母さんから聞いたお話なんだけどね」

ξ゚⊿゚)ξ「むかーしむかし――」




122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 20:21:59.43 ID:W/9OGpwLQ



 ――昔々。

 ある、怪我をした龍が、倒れたまま動けずに困っていました。
 そこへ、1人の、人間の男がやってきます。
 彼は武器を持っていましたが、龍を傷付けることなく、
 丁寧に手当てをしてくれました。

 喜ぶ龍に、男は、首についている玉をくれないかと尋ねました。
 愛する人のため、持って行かねばならぬと言うのです。

 当然、龍は「あげられない」と答えます。
 すると男は、残念そうな顔をしながら、その場を去ろうとしました。
 武器があるのに、龍は怪我をしているのに、それでも無理矢理奪おうとはしなかったのです。

 とても優しい男を見て、龍は、どうしても何とかしてあげたくなりました。

 そんなとき。
 龍は、あることを思いつきました――





127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 20:28:08.46 ID:W/9OGpwLQ


ξ゚⊿゚)ξノ○

ξ゚⊿゚)ξ「ドラゴンボールさん」



ξ゚⊿゚)ξ「――つんに、あたらしいドラゴンボールをください」



(;^ω^)「!!」

(;'A`)「あ……」


○ヽξ゚⊿゚)ξノ○


    パキン――


○ヽξ゚⊿゚)ξ 。゚;。サラ…


ξ゚⊿゚)ξ「……ちょっと、小っちゃくなっちゃったけど。
      いい?」



130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 20:37:42.20 ID:W/9OGpwLQ

( ^ω^)「……おっお」

(*^ω^)「それぐらいの大きさでいいお、嬉しいお、ツン。
       ――ありがとう、お」

ξ*゚ー゚)ξ「えへへ」

('A`)「……良かったな、ブーン」

(*^ω^)「本当に、良かったお……」



ξ*゚⊿゚)ξ「――じゃあ、お別れね」

( ^ω^)「だお……ありがとうお、ツン」

ξ*゚⊿゚)ξ「こっちこそ、ありがと」

爪ξ*゚⊿゚)ξ爪  バサッ

爪ξ*゚ー゚)ξ爪



 ――ばいばい。




134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 20:45:47.67 ID:W/9OGpwLQ





*****



爪ξ*゚w゚)ξ爪 「! おかーさん!」

爪ζ(゚w゚*ζ爪 「ツン!!」

爪ξ*゚ー゚)ξ爪 爪ζ(゚ー゚*ζ爪


爪ξ*^ー^)ξ爪



*****







136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 20:48:42.92 ID:W/9OGpwLQ



*****



( ^ω^)「クー」

( ^ω^)「石、持ってきたお」

( ^ω^)「綺麗だお?」

( ^ω^)「とっても優しい子が、君と、僕のためにくれたんだお」

( ^ω^)

( ^ω^)「……クー」



( ^ω^)「……僕と、結婚して下さいお」


( ‐ω‐)




139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 20:52:44.80 ID:W/9OGpwLQ

( ‐ω‐)「僕が、いつか、そっちに行ったら」

( ‐ω‐)「結婚してほしいお」

( ‐ω‐)「大好きだお、クー」




     ( ‐ω‐)


     ( ‐ω‐)


     ( ‐ω‐)川 ゚ -゚)




     ( ‐ω‐)川*゚ー゚)





142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 20:56:45.80 ID:W/9OGpwLQ



( ^ω^)「……お」

( ^ω^)「何だか、今、クーが居た気がするお」

( ^ω^)「……」

( ^ω^)「待っててほしいお、クー」

( ^ω^)「また会えるの、楽しみにしてるお」










 ――君が来るのを、気長に待っておくよ。
   ブーン。







143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 20:57:53.72 ID:W/9OGpwLQ










          ( ^ω^)ドラゴンボールのようです





                    おわり












147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/27(月) 21:01:35.62 ID:W/9OGpwLQ

終わりー

スレ立ててくれた人、読んでくれた人、レスしてくれた人、
皆さんありがとうございました!

漫画の方のドラゴンボールネタ楽しみにしてスレ開いた人がいたら、ごめんなさい



質問・指摘ありましたら、お願いします



コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

K-AYUMU

Author:K-AYUMU

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

ユーザタグ

カ行 タ行 ア行 ちんこ ハ行 サ行 マ行 ナ行 英数字  ^ω^) ('A`) ラ行 1レス ワ行 (´・ω・`) ショボーン ヤ行 ブーン ショボン トソン 'ー`)し ξ゚⊿゚)ξ (,゚Д゚) ドクオ まんこ (=゚д゚) J( 1レス カラマロス大佐 シュー ミセリ (-_-) いよう 川д川 人狼 (∪^ω^) 世紀末 ツンデレ 

FC2カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。