mesimarja
気に入ったスレを集めてみました。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(`ェ´)は思い出すようです
4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/14(金) 22:34:18.23 ID:5j1uV5c50
 ガーガタン 、 ガーガタン …


 目の前で無尽蔵に踊る機械。
 大量のパーツを生み出すこれは、僕の相棒であり、商売道具だ。
 
 ガーガタンガーガタン

 毎日機械に触るだけの作業は、辛くないと言えば嘘になる。
 しかし、対人恐怖症である僕には、こういう機械を扱った単純作業しかできない。


 …いや、できなくさせられたのだ。


 今でも思い出す。あの日、あの時、あの掲示板。
 僕は4年前、ある掲示板にスレッドを建てた。  
 そしてその日から、僕の生活は一変したのである。


 そう、あの日から――――


6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/14(金) 22:35:38.87 ID:5j1uV5c50




            (`ェ´)は思い出すようです





8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/14(金) 22:36:42.87 ID:5j1uV5c50
 有限会社VIP工場は、どこにでもあるような零細企業だ。
 そして現在、どこにでもあるように景気不足による資金難に喘いでいる。

(,,゚Д゚)「おう佐藤! 今日も頑張ってんな!」

 背後から強烈な一発。出し抜けに背中に痛みが走る。
 大きな音とともに張り手を繰り出してきたのは、この会社の取締役、擬古(ぎこ)社長。

(`ェ´)「あ…はぃ…。おつかれさまです」

 2年前、高校卒業にも関わらず就職先が決まらなかった僕に、声をかけてくれた人だ。
 
(,,゚Д゚)「相変わらず生気がない顔してやがんな! しっかり頼むぜ!」

 口では何やかんや言ってくるが、基本的に良い人だ。
 この工場は社長に影響されているのか、明るい人が多い。いや、明るい人というよりうるさい人、か。
 勿論、うるさいというのは良い意味の方だ。 

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/14(金) 22:42:42.69 ID:5j1uV5c50
 社長に拾われ入ったこの会社。最初は、毎日辞めたいと思っていた。
 当時社会を甘く見ていた僕は、機械仕事と聞き楽な仕事を思い浮かべていたからだ。
しかし、そんな甘い想像をしていた僕を待っていたのは、想像以上の力仕事だった。
 
 機械のレバーを、次々に振り下ろす作業。
 単純な反復作業だが、初めは腰や腕の筋肉痛がひどく、日常で歩くのにも支障をきたした。
 そして作業が終わり、毎日クタクタになり、帰宅するなり眠りにつく。
 それでも、学校から会社という環境の変化に馴れず、体調を崩してしまったのだ。
 作業は遅くなり、毎日先輩に怒声罵声を飛ばされる。あまりに遅い時は「帰れ!!!」とすら言われることもあった

 入社して3カ月、やっと作業に慣れ始めたが、会社の人間を誰も信用できなくなっていた。
 自分でできない、わからない作業も先輩にきくことはなく、ミスを繰り返す。
 当然先輩に怒られるが、説教は耳には入っていなかった。


 ああ、クビになるだろうな。次ミスしたら、やっとクビになるだろうな。

 
 僕は、完全に自暴自棄になっていた。

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/14(金) 22:44:14.83 ID:5j1uV5c50
 そんな時、僕はある光景を眼にした。
 いつものように挨拶すらせず、タイムカードを押そうと事務室に入った時のことだ。 

「……!」

(`ェ´)(ん…?)

 隣の部屋で大きな声がしたので、何事かと少し開いたドアから覗いてみる。
 そこでは、宝(たから)先輩と古地(こち)先輩が、険しい顔をした社長に言い詰めよっていた。

(,,゚Д゚)「…しかし、佐藤のラインだけ生産力が落ちているんだぞ…?」

(;^Д^)「大丈夫です! 我々が何とかカバーしてみせます!」

( ゚д゚ )「だから…だから佐藤をクビにするのは、もう少し待って下さい!」


 二人は、社長に頭を下げた。

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/14(金) 22:46:46.85 ID:5j1uV5c50
(`ェ´)(な…な……)

(;ェ;)(なんで…っ)

 先輩達が頭を下げたのを見て、思わず涙が零れる。
 拭っても拭っても涙が止まらない。
 
(グスッ…グスッ…)

( ゚д゚ )「ん…?」

 古地先輩が泣き声に気づく。見つかる。が、もうどうでもいい。

(;ェ;)「先輩"…。すびばせ"んでした…すみませんでした…グスッ」


(,,゚Д゚)「佐藤…」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/14(金) 22:48:02.93 ID:5j1uV5c50
(;^Д^)「佐藤、俺達が悪かった。ちゃんとお前にもわかるよう教えなかったから…」

(;ェ;)「違います…。僕が悪かったんです…。僕が仕事を舐めていたんです…」

 嗚咽が止まらない。

(;ェ;)「自分では何もできないのに…できる気になっていたんです…。ごめ"ん"な"さい"…」

( ゚д゚ )「…これからは一緒に一歩ずつ進んで行こう。な?」

(;ェ;)「すみませんでした…すみませんでした…」



(*,,゚Д゚)(へっ、荒治療が効いたかな…。ちゃんと成長できたじゃねぇか)

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/14(金) 22:48:54.80 ID:5j1uV5c50
 こうして、本当の意味での僕の仕事は始まった。
 
( ^Д^) 「おらおらノロノロしてんじゃねぇぞ!!!」

( ゚д゚ )「佐藤!! そこパーツが詰まってんだろうが!!」

 先輩は厳しいが、以前とは違う。
 わからないことは教えてくれるし、僕からも聞きに行ける。
 
 次第にミスも減っていき、ラインを正式に一本任せてもらうようになった。
 そして何より、皆と仲良くなれたことが嬉しかった。
 弁当を一緒に食べ、仕事の帰りにはご飯を食べに行く。
 そんな当たり前のことが、僕にはとても新鮮に思えた。

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/14(金) 22:50:09.09 ID:5j1uV5c50
 いろんなことがあって、今では充実した毎日を送っている。
 そう、過去のことなど忘れるくらい充実した( ^Д^)「佐藤!」

 …宝先輩から呼ばれる。どうやら、何度も声を掛けられていたようだ。
 考え事をすると、周りが見えなくなるのが自分の悪い癖である。
 
(`ェ´)「あ…はい。何ですか先輩」

( ^Д^)「お前今年成人式だろ?成人の日は会社休むのか?」

 成人式。あまり聞きたくない言葉だった。
 
(`ェ´)「…いや、成人式は出ないつもりなんですよ」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/14(金) 22:52:52.04 ID:5j1uV5c50
 あらかじめ用意していた答えを出す。
 すると先輩は、顔を顰めて僕に言った。

( ^Д^)「出ないってお前…。成人式ってのは一生に一回しかないんだぞ」

(`ェ´)「それは…わかってますけど…」

 わかっている。わかってはいるが…。

( ^Д^)「…まぁ、明日までに決めとけよ、シフトのこともあっから」

(`ェ´)「はい、すみません…」

 僕がそう言うと、宝先輩は持ち場に戻って行った。
 何とか事なきを得る。
 それからしばらくして、定時を告げるベルが鳴った。


(`ェ´)(成人式か…)

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/14(金) 22:54:59.31 ID:5j1uV5c50
(`ェ´)「お疲れさまでした―」

 社長や先輩に挨拶をしてあがろうとする。
 が、古地先輩に呼び止められた。

( ゚д゚ )「佐藤! 今日どうだ?」

 こっちを見て例のお酌を持つ動作をする先輩。
 飲みに行かないか、ということらしい。

(`ェ´)「すみません。今日はちょっと用事があって」

( ゚д゚ )「そうか…それなら仕方ないな」
 
 先輩には悪いが、今日は断ることにした。
 昔のふがいない自分を思い出してしまって、酒を飲む気分ではない。

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/14(金) 22:55:59.47 ID:5j1uV5c50
( ^Д^)「あ、佐藤。成人式のこと、考えとけよ」
 
(`ェ´)「はい。考えときます」 
   
 もう行かないと決めているが、返事だけはしておく。
 余計なことを言うと面倒になるということは、社会生活で学んだことの一つだ。
 
 もう一度先輩たちに挨拶をして事務室を出る。
 まだ18時だというのに、辺りはカーテンを降ろしたように暗かった。


27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/14(金) 23:02:06.09 ID:5j1uV5c50
(`ェ´)「ただいまー」

 寒さで悴んだ手で玄関のノブを回し、ドアを開く。
 車庫に車があったので、母さんはもうパートから帰っているようだ。
 
 そんなことを考えていると、台所から母さんがエプロンで手を拭きながら出てきた。

「あら、おかえり」
 
(`ェ´)「ただいま。父さんはまだなの?」
 
 父さんは役所に勤めている。
 公務員というと楽で定時に終わるイメージがあるが、父さんの部署はそうではないらしい。

「今日も遅くなるって言ってたわねぇ。まぁ、あの人は仕事が生きがいだから」
 
 クスクスと笑いながら台所に戻る母さん。
 確かに父さんは仕事第一だ。
 息子のことにも構ってはくれない。
 あの時も、そうだった。

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/14(金) 23:11:19.73 ID:5j1uV5c50
 階段を上り、自室に入る。
 雑誌や食べかけの袋であちこち散らかっているが気にしない。
 掃除をしなくていいというのは、彼女がいない男の利点である。
 
(`ェ´)「あ"ー」

 我ながら情けない声を出しベットにダイブする。
 目を瞑ると、どこからか疲れがドッと出てきた。
 体中がギシギシ音をたて、脳は目を閉じることを命令する。
 
 まどろむ意識の中で、引っかかる言葉が一つ浮かんだ。


(`ェ´)(成人式…か…)

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/14(金) 23:24:58.24 ID:5j1uV5c50
 *

「佐藤君っておもしろーいwww」

 女子が僕の名を呼び笑う。
 高校入学で舞い上がっていた僕は、あの手この手で女子の興味を惹こうとした。
 ギャグ、一発芸、授業中に当てられた時の珍回答。果ては階段を逆立ちで降りたりもした。
 男子も僕のくだらない行為に同調してくれたのか、僕を慕ってくれた。
 教師すら僕を笑い、僕の存在と笑いはどんどん広がっていく。

 そして気がつくと僕は、学年でも知らない人がいないくらい人気者になっていた。
 
(*゚ー゚) 「あ、あの…これ読んで下さい!」
 
 そして念願の告白もされ、彼女もできた。
 僕の高校生活は順風満帆だった。

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/14(金) 23:30:58.11 ID:5j1uV5c50
 しかしその一方で、人気を妬むものもいる。

( ^ω^)「佐藤ってうるさいし、何かむかつくおね」

('A`)「ん?ああ、そうだな」

(´・ω・`)「ぶち殺すぞ」

 所謂リア充とは反対側にいる奴らだ。
 奴らは僕の人気に嫉妬し、影口を叩き始めた。

( ^ω^)「佐藤って実はマザコンアニオタゲーオタ幼(*゚ー゚) 「ねーよ」

 …が、僕の人気はそれくらいでは崩れなかった。

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/14(金) 23:35:44.34 ID:5j1uV5c50
 女子に良い顔をしたい僕は、そんな奴らとも仲良くしようとした。
 

 しかし、
  
 これがいけなかった。
 
 こいつらが原因で


 僕の人生の歯車は、狂ってしまったのだ。

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/14(金) 23:40:19.11 ID:5j1uV5c50
( ^ω^)('A‘)(´・ω・`)(ヒソヒソ…)

(`ェ´)「ようwww何の話してんのwww俺も混ぜてくれよwwwww」

(´・ω・`)「あ? ぶち殺すぞ」

( ^ω^)「何でもないお。どうせお前にはわからん話だお」

('A‘)「まんどくせ」

(`ェ´)「ちょwwwお前らwwwwテンション上げてけwwwwww」

( ^ω^)「うるさいおねー。お前には…んっ(ピキーン)」

( ^ω^)(そうだお。こうしたら…) 

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/14(金) 23:46:47.42 ID:5j1uV5c50
( ^ω^)「おっ! 佐藤は家にはパソコンあるかお? ネットはできるかお?」

(´・ω・`)「ブーン、なにを」

( ^ω^)「(いいからちょっと黙ってろお)」

(`ェ´)「パソコンあるぜwwwww兄貴のだけどwwwwwwww」

( ^ω^)「そうかお! じゃいいこと教えてあげるお! 実はブーン達は『VIP』って所で遊んでいるんだお」

(`ェ´)「びっぷ?」

 変な奴らだ。学校でも遊んでいるのにネットでも遊ぶとは。
 まぁ、そこら辺は文化の違いか。

('A`)「…」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/14(金) 23:51:14.57 ID:5j1uV5c50
( ^ω^)「『VIP』はおね、いい人達ばかりなんだお! だから佐藤も一緒に遊ぶお!」

(`ェ´)「そうなのかwwwwwwわかったwwwww俺もやるわwwwwwww」

( ^ω^)「ただし、始めるのに一つだけやらなきゃいけないことがあるお」

(`ェ´)「? なんだ?」

( ^ω^)「スレッドっていうのを建てて、自己紹介しなきゃいけないんだお」

(´・ω・`)('A`)「!?」


40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/14(金) 23:55:05.41 ID:5j1uV5c50
(`ェ´)「そうかwwwwwそりゃ最初は自己紹介だよなwwwwwww」

(´・ω・`)「(ブーン、それはちょっと)」

( ^ω^)「(いいから黙ってろお)」

('A`)「生きるのめんどくせ」

( ^ω^)「それと、自分で作った顔文字もなきゃ駄目だお」

(`ェ´)「顔文字もかよwwwwww」

( ^ω^)「当たり前だお。アバターってあるお? それと同じだお」

(`ェ´)「そっかwwwwww納得wwwwwww」


41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 00:02:18.48 ID:qbOARHZ10
( ^ω^)「それじゃスレ建てる方法教えるお」

 ~~~~~~~~~~

(`ェ´)「なぁ内藤。何でスレッド名が『ここだけ本名を晒すスレ』なんだ?」

( ^ω^)「いきなり自己紹介されたら困るお? だからだお」

(`ェ´)「なんだwwwwwwそんなことかwwwwwww了解wwwwwww」

( ^ω^)「これで終わりだお。何か質問はあるかお?」

(`ェ´)「おっけーwwwwwwwじゃ今日の夜にでも建ててみるわwwwwww」

( ^ω^)「待ってるお」

 仲間が増えるのが嬉しいのか、内藤はとても嬉しそうな顔をしている。
 こういう奴らでも、話したら結構いいヤツなんだ、と思ってしまった。


43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 00:11:40.01 ID:qbOARHZ10
 授業が終わり、帰路につく。
 彼女師井は部活があるらしく、一緒に帰れなかった。
 
(`ェ´)「ただいまー」

 いつものように自室には向かわず、兄貴の部屋に向かう。
 兄貴の部屋にはデスクトップとノートの2種類のパソコンがあり、ノートの方は俺も使っていいことになっていた。

 ノートパソコンを自室に持ち帰り、アダプタを入れ電源をつける。
 無線回線なので、新たに回線を繋ぐ必要は無かった。

(`ェ´)「びっぷびっぷ~っと…」

 早速ヤフーでvipを検索してみる。
 すると、すぐにそれらしきものが出てきた。

(`ェ´)「おっ、これか」

 ニュース速報VIP板。
 2ちゃんねるという言葉は聞いたことあるが、意味はわからなかった。

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 00:17:59.20 ID:qbOARHZ10
(`ェ´)「よし…これで…」

 内藤に言われた通りにスレッドを建てる準備をする。
 初めてのことなので、少し、緊張する。 

(`ェ´)「新規スレッドさくせ…あ!?」

 クリックした瞬間重大なミスをしていることに気づく。
 顔文字を入れてなかったのだ。
 家に帰る間、ずっと考えていた顔文字を。

(`ェ´)「すとーっぷ!」

 僕の叫びも虚しく、画面は切り替わる。が、

(`ェ´)「『このホストでは、スレッドは建てられません』?」

 何か知らないけれど、スレッドは建たなかったようだ。
 安心するとともに、少し落胆する。
 しかし、そのあと何回やっても同じメッセージが出てくるのだ。

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 00:24:14.60 ID:qbOARHZ10
(`ェ´)「何だよこれ~! あの豚野郎~!」

 想定外の事態に、思わず本当のことを言ってしまう。
 何回やってもダメなら、もう諦めよう。その方が賢明だ。

 結局スレッドを建てるのは止めて、夕飯まで眠ることにした。
 友達は部活をやっている奴ばっかりで、遊びに誘うのに気がひけたからだ。

 パソコンを閉じ、ベッドに横たわる。
 彼女の顔、友達の顔、様々なことが頭の中に浮かんで、意識は闇に包まれていった。

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 00:31:30.09 ID:qbOARHZ10
 夕飯を済ませ、テレビを見ているともう10時になっていた。
 明日も学校があるので、早く寝なければならない。

(`ェ´)「あ、そういや」

 内藤に言われたスレッド。
 帰って来てからやったが建てられなかった。
 しかし、内藤も待っているのではないか?『VIP』で。

(`ェ´)「…もう一回やってみるか」
 
 パソコンを開き電源をつける。
 windowsのマークが現れ、デスクトップを映しだした。

 IE、VIP
 ここまではさっきやった手順だ。
 問題は、スレッドがちゃんと建てられるかだ。  

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 00:35:11.56 ID:qbOARHZ10
 さっき忘れた顔文字もしっかり入力する。
 タイトル名…よし。
 本文…よし。

 これであとは『新規スレッドを建てる』をクリックするだけだ。
 
(`ェ´)(建ってくれよ…。眠たいんだから)


 そんな思いを抱いて、ボタンをクリックした。

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 00:36:08.36 ID:qbOARHZ10


ここだけ本名晒すスレ


1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/01/14(水) 22:32:04.39ID:y1VDPqtO0

んじゃいくよ

俺、佐藤裕也(`ェ´)ピャー



51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 00:40:30.54 ID:qbOARHZ10
(`ェ´)「おお! 建ってる建ってる!」

 スレッド一覧の先頭にある自分のスレを確認する。
 顔文字は、自分でも渾身のできだ。

(`ェ´)「さーて、内藤達はきてくれるかな~…ん?」

 更新ボタンを押し、あることに気づく。
 自分の奴が書き込まれている文字、それは…。

  
  俺、佐藤裕也(`ェ´)ピャー


 自分と、全く同じ名前だった。

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 00:47:42.76 ID:qbOARHZ10
(`ェ´)「な、何だよこれ…」

 更新する度に現れる『佐藤裕也』の文字。
 明らかに同姓同名などではなく、これらはただ自分のをコピーしただけのものだった。

(`ェ´)「ふざっけんな!」


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
  同姓同名がこんなにいんのかよ 
  。お前らふざけんなよ!!!!


 スレッドに文句を書きなぐる。
 しかし、書き込みの勢いは衰えることがない。

俺も佐藤裕也(`ェ´)ピャー
お前ら本名晒すなよww俺?俺佐藤裕也(`ェ´)ピャー
お前ら悪乗りすんなよwwwwwwwwwwwwwまぁおれも佐藤裕也なんだが(`ェ´)ピャー
俺と同じ名前多杉だろwwwwwwwww
本名を晒さない方がいいですよ、俺?俺、佐藤裕也(`ェ´)ピャー
お願いだから俺の本名晒さないで(`ェ´)ピャー


 名前欄には、全て『佐藤裕也』と書かれていた。

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 00:53:11.85 ID:qbOARHZ10
みんな佐藤裕也(`ェ´)ピャー
全人類佐藤裕也じゃね(`ェ´)ピャー
偶然だな俺も佐藤裕也(`ェ´)ピャー
俺、佐藤裕也(`ェ´)ピャー
おまえらいい加減にしろ!! あ、俺? 佐藤裕也と申します。(`ェ´)ピャー
ここはひどいインターネッツですね 俺?俺、佐藤裕也(`ェ´)ピャー
今日は天皇誕生日だな。え?俺?俺は佐藤裕也(`ェ´)ピャー


(`ェ´)「んっだよこれ……(ハッ)」

 ここで初めて気づく。
 俺は、内藤に騙されていたのではないか。

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 01:02:50.79 ID:qbOARHZ10
 だとしたらマズい。
 一刻も早くスレッドを削除しなければ。

 しかし、今日vipにきたばかりの自分には、スレッドの落とし方はわからなかった。

(`ェ´)「クッソ…どうしたら…」

 その時、あることを思いついた。
 ここは掲示板なんだから、皆に聞けばいいのではないか?

(`ェ´)「そうだっ…スレッドを新しく建てて…」

 本文、内容を入力して、新たにスレッドを建てる。
 
スレッドの落とし方おしえて
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
 削除依頼出すしか方法ないですか?
 どのくらいの時間ででおちまますか?

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 01:11:35.89 ID:qbOARHZ10
 結論から言えば、その方法は失敗だった。
 vipにはIDというものがあって、スレッドを建てたのが自分だとすぐにばれたのだ。

 そして、新しく建てたスレッドも『佐藤裕也』の名前で埋まってしまう。
 画面に広がるのは、佐藤裕也佐藤裕也佐藤裕也佐藤裕也…

 学校で人気者と呼ばれいい気分になっていたが、ネットで自分の名前を書かれても、ちっとも嬉しくなかった。

(`ェ´)「もう…ダメだ…」

 これ以上あがいても無駄だと悟り、PCの電源を落とす。
 ネットの事なんか忘れて寝よう。こんなこと、誰も覚えてないだろう。

 電気を消し、ベットに入る。
 明日になれば、何事も無かったようにいつもの生活が続くさ。

 そう、思っていた。

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 01:17:32.53 ID:qbOARHZ10
 翌日。
 学校に登校した僕を待っていたのは、現実とは思えないものだった。
 
(`ェ´)「おはよーwwwwww」

 いつものようにクラスに入り、挨拶する。
 しかし、皆の視線はいつもとは違って、どこか刺すようなものだ。

(`ェ´)「な、なんだよ皆wwww朝から暗いよwwwwwwww」

(*゚ー゚) 「佐藤君…」

(`ェ´)「あ、師井おはよーwwwwwww」

(*゚ー゚) 「佐藤君って…オタクって本当だったんだ…」

(`ェ´)「…え?」

 ちょっと待て。
 何だそれは。
 オタク?誰が?

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 01:24:02.78 ID:qbOARHZ10
(`ェ´)「な」

(`ェ´)「なに言ってんだよ師井wwwオタクって…」

(*゚ー゚) 「これ」

 師井が突きつけてきたのは、一枚のA4用紙だった。
 そこには、見たくもない文字が書かれていた。

 俺、佐藤裕也(`ェ´)ピャー

 ちょっと待て。何故それをお前が持っている。
 
(*゚ー゚) 「校内にばら撒かれているよ…。もう皆知ってる」

(;`ェ´)「ちょ、ちょっと待てよ。何もそれが俺って決まったわけじゃ」

 言いかけた瞬間、教室のドアが開く

( ^ω^)「おいーっす」

 元凶が現れた。

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 01:30:51.68 ID:qbOARHZ10
(;`ェ´)「内藤、てめぇ!」

 内藤の胸倉を掴む。
 しかし、内藤は上から見下ろし

( ^ω^)「なんだお? ブーンが何かしたかお?」

 まるで、何も知らないように振る舞う。
 怒りで体が震え始めた。

(;`ェ´)「てめぇ…自分がしたことわかってんのかよ」

( ^ω^)「何をそんなに怒ってるんだお? ちょっと落ちつくお」

(;`ェ´)「てめぇ!!!」

 内藤の頬めがけ、拳を打ち出す。
 だが次の瞬間、自分の体が宙に浮いていた。

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 01:37:50.94 ID:qbOARHZ10
(;`ェ´)「ギャッ!!」

( ^ω^)「正当防衛、だお」

 一本背負い。
 見たことはあるが、自分が喰らうとは思わなかった。

(´・ω・`)川 ゚ -゚) 「なんだなんだ」( ・∀・)( ´∀`)ゾロゾロ…

 騒ぎを聞きつけ、人が集まってくる。
 急いで起き上がろうとするが、内藤が上になっていてどうにもならない。
 内藤は完全に体重を預け、僕の動きを封じていた。
 
( ^ω^)「こいつが手出してきたからちょっと懲らしめてたお」

 おい、何嘘を言って…

「うわっ…佐藤ダセッ」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 01:43:11.48 ID:qbOARHZ10
(`ェ´)「!?」

 何だと。

「やっぱ噂本当だったんだ」
「何かオタクって言われて怒ったらしいよ」
「うわ~幻滅…」

 何を言っているんだ、こいつらは。
 俺はハメられたんだ。悪いのはコイツなんだ。

(*゚ー゚) 「佐藤君…もうやめよう。もう別れようよ」

 師井?

「ヒューヒュー」
「おいオタクwww何か言えよwww」
「だっせーwwwwwwww」

(*゚ー゚) 「さよなら」

 公衆の面前で、別れを告げられた。
 ちょっと待ってくれ。本当に何なのだ、これは。

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 01:47:23.54 ID:qbOARHZ10
(´<_` )「おーい席つけー」

 先生が入ってくる。
 そして、こちらを見て、言った。

「佐藤は後で職員室に来るように―」

 違うんだ。俺は何もやっていない。
 俺はハメられたんだ。俺は
 俺は

 俺は…

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 01:58:10.33 ID:qbOARHZ10
そこからは何を言っても無駄だった。
オタクではない、と言っても「オタク乙」「ロリコン乙」と言われ、
仕舞には「予備犯罪者」とまで言われる始末。

あれだけ仲良くしていたクラスの連中は皆僕を避け、完全にハブられた。

内藤に詰めよっても、「お前が悪いんだお」の一点。
しつこく言い寄ると、クラスの男子が内藤の周りに集まり「早く消えろ犯罪者」と言われた。


僕は、信用と友達というおよそ生きていく上で大切なモノを、同時に失くした。

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 02:08:03.92 ID:qbOARHZ10
ハブはその後も続き、卒業するまで誤解が解けることはなかった。
日が経つにつれ、学校にもあまり行かなくなる。
登校しても、保健室や図書室で過ごす毎日。


卒業はなんとかできたが、就職はとてもする気になれなかった。

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 02:25:17.29 ID:qbOARHZ10

(`ェ´)「んっ…」

 蛍光灯の光が眩しい。
 思わず両手で目を覆う。
 
 ベットに入ったまま、寝てしまっていたみたいだ。
 時刻は…午後10時。3時間ほど寝ていたことになる。

 しかし

(`ェ´)「ハァ…」

 また、昔のことを思い出してしまった。
 最近は思い出す回数が減ってきたが、いつ見てもあれは気が滅入る

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 02:30:54.14 ID:qbOARHZ10
 今でもあいつらのことは許していない。
 卒業してどこかの大学に行ったとは聞いたが、追いかけてまで復讐しようとは思わなかった。

(`ェ´)「成人式、か…」

 成人式。
 あいつらも恐らく来るのだろう。
 その時――――

「ご飯よ出来てるわよ―」

 階下から母さんに呼ばれる。
 考え事はあとにして、今は遅い夕飯を食べることにした。

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 02:35:35.32 ID:qbOARHZ10
(`ェ´)「父さん…これ、なに…?」

「見ればわかるだろう。スーツだ」

 仕事から帰ってきていた父さんは、リビングに掛けたそれを僕に見せつけた。

(`ェ´)「なんでこんなものを…」

「成人式に着て行くためだ。お前、スーツの一着も持ってないだろう」

 確かにそうだが、成人式には出る予定はない。
 父にそう言おうとするが

「これ、10万したんだからな。ちゃんと着て行けよ」

 とても、言えそうになかった。

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 02:42:56.13 ID:qbOARHZ10
 夕飯を済ませ、10万のスーツと向き合う。

(`ェ´)「成人式…」

 あの日、あの時、あの掲示板。
 
 そして、あの連中。

 
 僕は、変われるのだろうか。

 僕は、取り戻せるのだろうか。

 
 ただ、一つだけ言えることがある

76 名前:-糸冬-:2011/01/15(土) 02:44:03.05 ID:qbOARHZ10




        僕は、確かに生きている






79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 02:46:37.57 ID:qbOARHZ10
ネタで書き始めたのにこんなにかかるとはwwwww
最後は強引に終わらせますた
しゅみませんでした(´・ω・`)

こんな深夜まで多数の支援ありがとうございますた
誤字脱字ばかりですが見て下さってありがとうございます
最後に

俺、佐藤裕也(`ェ´)ピャー

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

K-AYUMU

Author:K-AYUMU

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

ユーザタグ

カ行 タ行 ア行 ちんこ ハ行 サ行 マ行 ナ行 英数字  ^ω^) ('A`) ラ行 1レス ワ行 (´・ω・`) ショボーン ヤ行 ブーン ショボン トソン 'ー`)し ξ゚⊿゚)ξ (,゚Д゚) ドクオ まんこ (=゚д゚) J( 1レス カラマロス大佐 シュー ミセリ (-_-) いよう 川д川 人狼 (∪^ω^) 世紀末 ツンデレ 

FC2カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。