mesimarja
気に入ったスレを集めてみました。
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( ^ω^)ブにも奇妙な物語のようです
2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/10(木) 00:20:23.31 ID:l6YyqHMj0
>>1
代理ありがとうございます。

今から長短様々な十の短編を投下します。
結構な量になるので規制が少し怖いです。
出来れば見ていただかなくても支援の方をお願いします。
また、一つだけでも見ていただけると幸いです。


6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/10(木) 00:24:56.88 ID:l6YyqHMj0
ξ゚⊿゚)ξ「完成したわ!」

永遠の美を求めすぎた女がいた。
その女は千年の寿命を求め、ある悪魔を召喚した。

( ゚∋゚)「ワタシを呼んだのはあなたね?」

ξ゚⊿゚)ξ「ええ。そうよ千年の寿命とやらを与えて頂戴」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/10(木) 00:27:20.47 ID:l6YyqHMj0



ξ゚⊿゚)ξ 千年の寿命のようです




10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/10(木) 00:30:23.93 ID:l6YyqHMj0
( ゚∋゚)「もちろん、与えてあげるわ」

ξ゚⊿゚)ξ「やった! これで寿命が千年になったわ!」

( ゚∋゚)「これであなたは千年の間老けることも死ぬこともないわ」

悪魔は笑いながら続けて言った。

( ゚∋゚)「なんて大馬鹿者でしょう。人類は数十年後に滅亡するというのに」

ξ゚⊿゚)ξ「あら、そうなの」

( ゚∋゚)「あなたはほぼ九百年、孤独に苛まれながら生きていくのよ」

ξ゚⊿゚)ξ「そうね。それは、よかったわ」

( ゚∋゚)「永遠の美を求めすぎた女の哀れな永い末路よ!」

ξ゚⊿゚)ξ「ええ本当、その通りだわ」

( ゚∋゚)「……」

悪魔は何とも腑に落ちない感じでいるが、実際に千年の寿命を与えた。
おかしいところは何もないと思いながらも、歯がゆいままに消えていった。

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/10(木) 00:34:59.70 ID:l6YyqHMj0
残った女は心から喜ぶ。

ξ゚⊿゚)ξ「何と嬉しいことか。永遠の命が千年になったわ」

女は科学者で自ら不老不死を手に入れていた。
しかし、無限の命で死ぬことが出来ないのは窮地と思い、数十年程度使って悪魔を呼んだ。

ξ゚⊿゚)ξ「一生死ねないのと千年後に死ねるのとでは大きな差だわ」

悪魔が彼女の喜びの理由を知る由など無かった。




ξ゚⊿゚)ξ 千年の寿命のようです 終





17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/10(木) 00:38:11.22 ID:l6YyqHMj0
ζ(゚ー゚*ζ

彼女が乗った、列車が行った。
いつもの駅でいつも会う。あの彼女はとても素敵だった。

特に出かける用なんてないのに、彼女を見るために駅前へ毎朝向かう。

( ・3・)「世界中の人間の顔が同じだったらいいのに。そしたら中身で判断されるのに」

今は見守っているだけだけど、いつか付きあいたい。
けれど告白しようたってこの顔だ。出来るはずが無い。

( ・3・)「せめて彼女好みの顔にでもならないかな?」

('(゚∀゚∩「望みを叶えにやってきたよ!」

(;・3・)「うわ! だれだ!」



( ・3・) 望みの顔のようです




21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/10(木) 00:41:20.71 ID:l6YyqHMj0
('(゚∀゚∩「僕は今君が願ったことを叶えにきたんだよ!」

(;・3・)「あなたはだれだ!」

('(゚∀゚∩「君は今顔のことについて願ったね。僕は願いを叶えにきた者なんだよ!」

(;・3・)「いや、だから……頭おかしいんじゃないか?」

('(゚∀゚∩「大丈夫だよ! 僕は他の人には見えないから、おかしく見えるのは君なんだよ!」

(;・3・)「それじゃダメだろ!」

('(゚∀゚∩「ちょっと時間はかかるけど、君の願いを叶えるよ! それじゃ!」

(;・3・)「って…………えー……」

一瞬で姿が消えてくれるならまだしも、その変人は走って去って行った。

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/10(木) 00:44:39.88 ID:l6YyqHMj0
さてそれからのことである。結局一日ずっとその言葉が引っかかっていた。
いつもは見向きもしない鏡を今日は何度も見る。
自分の顔に変化は無いかと気にしてしまう。
いつになったら彼女好みの顔になってれるのだろうか。

( ・3・)「もしかして、今の顔が彼女の好きな顔だったり……」

一日たっても変わらない顔。あらぬ期待をかけてみた。
でも、それはないだろう。僕でさえ気持ち悪いと思うのに。
その前に彼は本当に願いを叶えてくれるような者なのだろうか。
いや、違うのだろう。ただ僕は変な奴に遊ばれただけなのだ。

( ;3;)「……チクショウ」


僕は一晩中泣いた。

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/10(木) 00:48:54.58 ID:l6YyqHMj0
(゜3゜)「……」

そのせいだろう。目が腫れて充血した。
治りそうもないその顔に、また僕はいら立ちを覚えた。

(゜3゜)「クソ……クソ……」


どうしてこんな目に遭っているんだろう。




( ゜゜ω)「……」


たったの二日で、顔立ちが完全に変わってしまった。
もう、何が何だかわからない。
そうだ。これが彼女の好きな顔なのかもしれない。そうに決まってる。

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/10(木) 00:52:08.04 ID:l6YyqHMj0
いつものように、僕は駅前に向かった。

( ゚д゚ )「……」

( ゜゜ω)「?」

(゚д゚ )「……」

誰も目を合わせようとしない。
ただ、僕を少し見ては皆目をそらすのだ。
仕方ない。理解してるさ。こんな顔だもの。


ζ(゚ー゚*ζ

ああ、彼女が現れた。天使のような彼女だ。
きっとこんな僕のことを、彼女はきっと慰めてくれるはずだ。

目が合った。いや、合うように動いた。
僕は彼女から目線が話せない。

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/10(木) 00:56:28.99 ID:l6YyqHMj0
( ゜゜ω)「あの……」

周りから奇怪な光景に不審な目で見られる。
誰かは、警察や駅員を呼ぶ準備をしているだろうか。
そんなことはどうでもいいのだ。

ζ(゚ー゚*ζ「素敵な顔ですね」

( ゜゜ω)「え……」

ζ(^ー^*ζ「私もなってみたいです」

これは夢だろうか。いや、現実でこの声も幻聴などではない。
初めて耳にした天使のような声。
何も聞いてないのに素敵な顔だと彼女は言った。
彼女は僕の顔が醜いというのがわかっているのだ。

( ゜゜ω)「あの、貴女の顔とかそういうのじゃなくて、人としての中身が大好きです」

僕はついに言ってしまった。
だってそうだろう。
こんな素晴らしい人間がいたものか。
お世辞にも面と向かって目も逸らさないでこんな事が言えるものか。

ζ(゚ー゚*ζ「え……」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/10(木) 00:58:34.30 ID:l6YyqHMj0
彼女がそう言って、顔を歪ませた。その一瞬のことだった。
顔を歪ませたというよりは、歪んでいったの方が正しいのかもしれない。

ζ゜゜ωζ「うそ……」

彼女の顔が変わってしまった。僕と似たような醜い顔になってしまった。
声はそのまま。けれど天使の声には聞こえない。

( ゜゜ω)「……」

一瞬何が起きたか理解できなかった。
ただ、彼女への気持ちが一気に絶えてしまいそうになった。
だがどうだろう。彼女の中身を好きだと言った矢先、それを否定できるものか。

( ゜゜ω)「それでも好きです!」



僕は一体どこで間違ったのだろう――――


43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/10(木) 01:03:20.82 ID:l6YyqHMj0
私はいつものように駅へ向かった。
最近は痴漢に遭ったり、ナンパされたりして、いいことが全くない。
今日の朝も憂鬱なものだった。

( ゜゜ω)

なんだろう、あれは。今まで見たことが無い顔だ。
まるでひょっとこの面をそのまま顔面にくっつけた様なひどい顔。
そんな顔が私を見つめてくる。
今日もいいことが無いどころか気味が悪い。

( ゜゜ω)「あの……」

話しかけられてしまった。こういうのは穏便に済ませないといけない。
とりあえず、場を取り繕っておけば大丈夫なはずだ。

ζ(゚ー゚*ζ「素敵な顔ですね」

( ゜゜ω)「え……」

ζ(^ー^*ζ「私もなってみたいです」

いつも通り、上手くあしらって終わるはずだった。

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/10(木) 01:06:23.17 ID:l6YyqHMj0
( ゜゜ω)「あの、貴女の顔とかそういうのじゃなくて、人としての中身が大好きです」

('(゚∀゚∩「望みを叶えにやってきたよ!」

一瞬何が起こったのか分からなかった。
私とその異形の変人との間に割って入ってくる人が現れた。

('(゚∀゚∩「君は今顔のことについて願ったね。僕は叶えにきた者なんだよ!」

ζ(゚ー゚*ζ「え……」

('(゚∀゚∩「これぐらいの願いだから、すぐに叶えたよ! それじゃ!」

ζ゜゜ωζ「うそ……」

顔がグニャグニャと変形していくのがわかった。
そして、今頃どんな顔になっているのかも。

( ゜゜ω)「それでも好きです!」

あの男がでっかく叫ぶ。なんてことだ。
だがどうだろう。素敵な顔だと言った矢先、それを否定できるものか。
それに、こんな醜い顔になった以上、彼以外に誰が相手してくれるものか。

ζ゜゜ωζ「よ、よろこんで……」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/10(木) 01:08:56.00 ID:l6YyqHMj0
( ゜゜ω)

ζ゜゜ωζ


⌒*リ´・-・リ「ママー見て見て、変な顔が二人もいるよー」

从'ー'从「そんなこと言っちゃいけないよ」

⌒*リ´・-・リ「でも……変だよ?」

从'ー'从「あれは、とても素晴らしい顔なんだよ。ママ達家族も皆出来るものならなりたいくらい」

⌒*リ´・-・リ「本当に?」

从'ー'从「本当だよ」

⌒*リ´・-・リ「なら、私もなりたいな」

('(゚∀゚∩「望みを叶えにやってきたよ!」

从'ー'从「え?」


50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/10(木) 01:12:33.98 ID:l6YyqHMj0
今この世界に蠢くのは滑稽な思いやりの精神だ。
言ってしまった以上引くに引けない。そんな思いやりの精神。
その滑稽さは顔に表れる。悔むとすれば、自分の言葉。
けど悔むべきはその言葉でなくその精神のはずだ。


最近、様々なところで顔がかわる事件が起きている。
家族単位、クラス単位、さらには街単位で。
賛同したものは皆、同じ望んだ顔になる。


全ては一人のため。皆は一人のため。


( ・3・)「世界中の人間の顔が同じだったらいいのに。そしたら中身で判断されるのに」

一人の願いを叶えるため

望みの顔はやってくる――――




( ・3・) 望みの顔のようです 終

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/10(木) 01:16:21.49 ID:l6YyqHMj0
今日も一日疲れるなと思いながら朝食を食べていると、耳に俺の星座が聞こえた。
十二位。最下位。不幸でしょう。つらいでしょうが頑張りましょう。
全世界の十二分の一がそんな日を送るわけが無いと、いつもいつも思ってはいるものの、
やはり少しは調子が落ち込むものである。

('A`)「……嫌だなー。こんなのもうこんな占い止めればいいのに……」

約十二日に一度は起きることだと思い直し、さっさと食べ終わり片づけた。
仕事に行くのにはまだ急ぐ必要もないが、遅刻しそうな気がしたからすぐに身支度を済ませる。
特に滞りもなく、スムーズに準備が出来たて、いざ出発。そんな時に……

('A`)「靴ヒモが切れた……不吉な……」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/10(木) 01:20:49.86 ID:l6YyqHMj0



('A`) 不吉な予兆のようです




57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/10(木) 01:24:51.60 ID:l6YyqHMj0
今日は何かが起きる。何が起きるかわからないけれど不吉なことだ。
今まで靴のひもなど切れたことが無いから、一体どれだけ不吉なことが起こるのか分からない。

('A`)「クビとか宣告されたらどうしよう……」

そう考えていると、仕事へ向かう先々でカラスをよく見る。
いや、いつも目につかないだけで今日は特別目にとまるというわけではないだろうか。
だが、あまりにも多い何十羽といったカラスの群れがいく先々で現れる。

('A`)「不吉だ……よくわからんけど怖い」

(,,゚Д゚)「ニャー」

俺の前で猫が横切る。
まるで元気づけてくれるかのように癒される特有の声を出してくれている。

('A`)「猫だ可愛いな。やっぱりいいことだって起きるんだ。不幸じゃない」

(,,゚Д゚)「ニャー」

(;'A`)「あれ? でもクロネコに横切られると不吉なことが起こるって……」

ああ、不吉だ。

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/10(木) 01:28:05.50 ID:l6YyqHMj0
(;'A`)「怖い」

途中から駅の階段の段数を数えてみると十三段になってしまった。

(;'A`)「やばい」

傘とガムを一緒に買ったら値段がちょうど四百四十四円。

(;'A`)「不吉だ……」


空がやけにどんよりとしている。
今日は絶対何かが起きるだろう。

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/10(木) 01:32:20.43 ID:l6YyqHMj0
('A`)「……というわけなんだ」

(`・ω・´)「そうか」

昼、同僚に今日の不吉な予兆の事をすべて話した。

('A`)「絶対何か起きるぞ……」

(`・ω・´)「信じがたいな」

俺自身がそう思う。
しかし、実際に起ってるんだから仕方ない。

(`・ω・´)「でも、面白そうだな」

('A`)「どこがだよ」

(`・ω・´)「コーヒーはブラックの方が好きなんだけどな」

('A`)「どうした? 飲めばいいのか?」

マグカップに入った暖かいコーヒーとミルクを渡される。

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/10(木) 01:37:26.33 ID:l6YyqHMj0
(`・ω・´)「大丈夫。俺が飲むんだけど、ミルクを垂らしてくれないか?」

コーヒーをデスクの上に置き、ミルクを入れた。

('A`)「これでいいか? 何をしたいんだ?」

(`・ω・´)「コーヒー占いというものがあってさ、ちょっと確かめてみたかったんだ」

('A`)「好きな人のイニシャルとかが見えるとか」

量も多く無造作に入れたはずのミルクだったが、おかしな溶け方をし始めて、どう見ても文字に見えてしまうようになった。
『呪』と、確かにそう書いてあるように見えるのだ。

('A`)「不吉だ……」

(`・ω・´)「さっき言ってたことは信じることにしたけど……飲みづらいな」

('A`)「やっぱり俺が飲むよ」

渋々コーヒーを一気飲みした。
底に残ったコーヒーが今度は『死』の字に見えるような形をしている。
飲ませた張本人は、自分には関係のないことと思っているみたいだが。
どうしてさっきからこんなに不吉なんだ。

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/10(木) 01:42:52.91 ID:l6YyqHMj0
外回りの最中。

('A`)「お、雨」

降るな降るな、と思っていたら降りだした。
幸いにも傘を持っていたのだが、雷が落ちてきそうで怖い。
何が起きるかわからない、そんな不思議な天候だな。
そう思っていると、今度はいきなり晴れてくる。

すると今度は、変な奴に話しかけられる。
雨のなか雨宿りもしなかったのか、上から下までビチャビチャになっている。

(^q^)「あうあうあー」

一言で言うなら不気味だった。
……よくわからないが、これも不吉の予兆の一つと考えよう。

すぐに晴れた空は、太陽に丸い虹が出来ていた。
もしかすると、これは自分の不幸が去ったことを意味してると思いたい。

(゜д゜@「まぁ、いきなり降りだしたと思ったらすぐ晴れたわ。太陽に虹が出来てる」
 @@@
@#_、_@ 
 (  ノ`)「知らないの? あれは、縁起が悪いのよ」

(゜д゜@「あらやだ」


('A`)「……不吉だ……」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/10(木) 01:49:02.26 ID:l6YyqHMj0
そして、恐ろしいことがいつ起きるのかとずっとびくびく過ごしていたが、
それ以外はいつも通り、なんら変わったことは起きなかった。
ただ、よくよく縁起の悪いことが起きるのだ。
だから、今日は早く退社して、家路につこうと考えた。

(`・ω・´)「なぁ、昼間の事で少し話したいことがあるんだが、いいか?」

返しに困っていると続けて話してきた。

(`・ω・´)「ここで済むような話なんだけど。ただ今日どんな不吉なことが起きたかだけ」

それなら、ということで簡単に今日の起きたことを全部話した。
床の染みが怖い顔に見えて不吉なんて些細なことも全部。
すると返事がこうだった。

(`・ω・´)「あくまでも、仮定だけれどもしかしたら君に不幸なことは起きないんじゃないかな」

('A`)「どうしてだ?」

(`・ω・´)「不吉な予兆が起きているだけで、今まで君には実害が起きていないだろう?」

そういえば、そうだ。結局クビを宣告されたわけでもないし、この会社が倒産することは無い。
周りの女性から煙たがれるのは、いつものこと。
怪我をしたり、身内に何かあったということも聞いてはいない。

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/10(木) 01:53:21.70 ID:l6YyqHMj0
(`・ω・´)「もしかすると、『不吉なこと』というのは次に『不吉な予兆が起こること』だけなのかもしれない」

('A`)「そう、かもしれないな」

(`・ω・´)「一気に不幸なことが起きてしまうような可能性もあるけれどそう思っていた方が得だろ」

('A`)「うん。そうだな」

(`・ω・´)「まぁ今日は精神的に疲れているだろうから、早く帰って明日に備えた方がいいだろ」

とても長く感じられた不吉な予兆が起きる日が終わりを迎えている。
帰路はとても安穏として帰れることだろう。
そういえば、さっきからもう不吉な予兆となることは起きてはいない。
もう大丈夫なんだ。

(`・ω・´)「ところで血液型はB型だよな?」

('A`)「なんで知ってるんだ?」

(`・ω・´)「いや、最下位がBだったから多分そうだと思って」

('A`)「……」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/10(木) 01:57:01.07 ID:l6YyqHMj0
目の前の電柱にとまるカラスもそこまで恐ろしくなかった。

('A`)「今考えてみると、勝手に不吉な予兆の象徴とされてかわいそうだな」

カラスはただ生きているだけだ。
好きに鳴き、好きに飛び、自由にゴミをあさり、そして自由に糞を落とす。
そう、俺の頭の上にも。

(;'A`)「きたなっ…………って、不幸なことが起きた」

もう一度同僚の言葉が思い出される。

(`・ω・´)『もしかすると、不吉なことというのは次に不吉な予兆が起こることだけなのかもしれない』

彼の言ってたことが間違っていたじゃないか。

(`・ω・´)『一気に不幸なことが起きてしまうような可能性もあるけれどそう思っていた方が得だろ』

(;'A`)「……」

もしかすると、今から一気に不幸なことが起きるのだろうか。
今までの予兆を足し合わせた分の。

(;'A`)「怖い……」

嫌だ。どうして。嫌だ。なぜ。何が起きるんだ。嫌だ。怖い。嫌だ。
これからずっとなのか。うそだろ。嫌だ。これから凄い不幸なことが起きるのか。
嫌だ。
嫌だ。

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/10(木) 01:59:56.62 ID:l6YyqHMj0
(゚A゚)「イヤだ―! 死にたくない! イヤだ! やだ! やだー!」 

(゜д゜@「あらやだ。目を合わせないようにしないと」
 @@@
@#_、_@ 
 (  ノ`)「気分を損ねるわ」

(゜д゜@「なんか不気味ね。不吉なことでも起きてしまいそうだわ」




('A`) 不吉な予兆のようです 終

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/10(木) 02:04:14.83 ID:l6YyqHMj0
(´・ω・`)「トイレ行きたいな……」

( ^ω^)「漏らされたら困るお。我慢できないならこの料理店に入ってしてくるしかないお」

(´・ω・`)「悪いけどそうするか……」

(´ーヽ`ξ「あなたはゼロ」

( ^ω^)「お?」

(´ーヽ`ξ「あなたはヒャクゴ」

(´・ω・`)「ん?」

( ^ω^)「まぁ、いいお。さっさとこの店に入るお」

(´・ω・`)「そうだね」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/10(木) 02:06:28.75 ID:l6YyqHMj0



( ^ω^) 人数のようです




75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/03/10(木) 02:26:49.15 ID:1YQxH4hW0
代理 http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/sports/37256/1298215548/

すみません。プロバイダーの方の大量規制にあいました。
投下のことですが、携帯からも書き込めないので避難所のほうで後日投下していきたいと思います。
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/sports/37256/
支援ありがとうございました。おかげでさるにはなりませんでした。
避難所となりますが、どうか見ていただけると嬉しいです。

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

K-AYUMU

Author:K-AYUMU

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

ユーザタグ

カ行 タ行 ア行 ちんこ ハ行 サ行 マ行 ナ行 英数字  ^ω^) ('A`) ラ行 1レス ワ行 (´・ω・`) ショボーン ヤ行 ブーン ショボン トソン 'ー`)し ξ゚⊿゚)ξ (,゚Д゚) ドクオ まんこ (=゚д゚) J( 1レス カラマロス大佐 シュー ミセリ (-_-) いよう 川д川 人狼 (∪^ω^) 世紀末 ツンデレ 

FC2カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。