mesimarja
気に入ったスレを集めてみました。
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( ^ω^)はボクサーのようです
19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 20:01:01.24 ID:FeujvlyHO

( ^ω^)+


 ぼくは「ボクサー」だ。
 筋肉質な体。高潔で、堂々としてて。
 頭もいい。頼れる「ボクサー」だ。


( ^ω^)+

(∪^ω^)ペタン


ξ゚⊿゚)ξ「やっぱり、耳は垂れてる方が可愛いわよ、ブーン」

(∪;^ω^)オーン!!


 違う! ボクサーになるからには耳は立たなきゃ駄目なの!
 もう一回耳引っ張って御主人、もう一回!




22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 20:05:36.99 ID:FeujvlyHO

ξ;゚⊿゚)ξ「何でこんなに必死なのこの子……」

(∪;^ω^)オンオーン! ワンワンオー!!

 ぼくはボクサーになりたいんだってば!
 何で人間はぼくたちの言葉を理解出来ないの!? 馬鹿なの!? 死ぬの!?
 あっやだ死なないで! 死んじゃ嫌だ御主人!!


(´・ω・`)『坊主』

(∪^ω^)『あ、ショボン!』

(´・ω・`)『お前な』


(´・ω・`)『雑種だからボクサーにはなれねえよ』

(∪;^ω^)そ ガーン!!





     ( ^ω^)はボクサー(犬)のようです(?)





26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 20:13:23.14 ID:FeujvlyHO


 ――ぼくは「ブーン」。この家に住んでいる犬だ。
 雑種。ふさふさの毛が自慢である。


(∪;^ω^)『うそだ……がんばれば、ボクサーに……』

(´・ω・`)『無理無理』


 この子はショボン。ぼく同様、ここに住む犬。
 ぼくより先に住んでたから、先輩だ。

 ぼくより体も大きいし。うん。かっこいい。
 ショボンは何だっけ、ゴールデンレトリバーだっけ。

 ちょっと口は悪いけど優しいし力持ちだ。
 やっぱりかっこいい。



28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 20:18:53.45 ID:FeujvlyHO

ξ゚⊿゚)ξ「ふたりして何話してんの? よしよし」

(∪*^ω^)オーン (*´・ω・`)クーン


 この人間の女の子はツンちゃん。御主人。
 こーこーせー、とかいうお仕事? よく分かんないけど何かそんな感じの役職に就いている。

 何を隠そう、ぼくをこの家に連れてきたのは御主人である。
 3ヶ月前、ぼくを拾ってくれたのだ。
 優しいんだぞー。可愛いんだぞー。凄いんだぞー。


< ツンー! ご飯だよー!


ξ゚⊿゚)ξ「はーい! ご飯食べてくるね、ブーン、ショボン」

 御主人は、庭から家の中に入っていってしまった。
 ご飯食べたら、また遊んでくれるかなあ。



33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 20:25:39.06 ID:FeujvlyHO

 あ。虫だ!
 最近あったかくなってきたから、虫をよく見かけるようになった。

(∪*^ω^)オーンオーン

(´・ω・`)『おい。おい坊主』

(∪*^ω^)オーンオーン

(´・ω・`)『虫を捕まえようとすんな。おいって』

(^ω^*∪)オン?

(´・ω・`)『お前よ、何でボクサー犬なんかに憧れてんだ』

(∪*^ω^)『だって、かっこいいお!』

(´・ω・`)『……そもそも、どこで知ったんだ、ボクサー犬』

(∪*^ω^)『この間、家の中で遊んでたら……』

(´・ω・`)『家の中。はあ。いいっスね。小さい奴は頻繁に家に入れてもらえて』

(∪;^ω^)『あうあう』



35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 20:31:46.42 ID:FeujvlyHO

(´・ω・`)『んで?』

(∪*^ω^)『で……御主人と一緒にテレビ観たんだお!』

(´・ω・`)『ああ。それにボクサーが出てたと』

(∪*^ω^)『だお! すごいおショボン、頭いいお!』

(´・ω・`)『大体予想つくわ』

(∪*^ω^)『そしたらそしたら、御主人が「かっこいー」って』

(´・ω・`)『ふうん。だからボクサーになりたいのか』

(∪*^ω^)『おん! 筋肉が凄くて、気品に溢れてて頭良くて……』

(´・ω・`)『お前と真逆だな』

(∪;ω;)『おーん』



36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 20:37:04.98 ID:FeujvlyHO

(∪;ω;)『でも、がんばれば……』

(´・ω・`)『無理だな』

(∪;ω;)『無理じゃないおー!』

(´・ω・`)『俺の半分もないじゃねえか、お前』

(∪;ω;)『まだ成長中だお! ていうかショボンが大きすぎるんだおふじこふじこ』

(´-ω-`)『ゴールデンレトリバーですから』

(∪;ω;)『ぼくだって、いつかショボンぐらいには……』

(´-ω・`)『そしたら家の中に上げられる回数が減るぞ』

(∪;ω;)『それは嫌だおー』

(´-ω-`)『じゃあどうすんだ』

(∪;ω;)『……小っちゃいままムキムキになるお』

(´-ω-`)『気持ち悪いわ』



38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 20:42:15.34 ID:FeujvlyHO

(∪`ω´)『どうしろっつーんだおー!!』

(´・ω・`)『そのままでいいじゃねえか、そのままで。
      かっこいいの担当は俺。可愛いの担当はお前。フゥー、バランス最高ー』

(∪^ω^)『ぼくだってかっこいいって言われたいお……』

(´・ω・`)『……はあ、好きにしろ』

(∪^ω^)『するおー。見てるおショボン、ぼくはショボンよりかっこよくなるお!
       ボクサーみたいになるお!』

(´・ω・`)『おい、お前の中では ボクサー>俺 なのか。噛み殺すぞ』



*****



40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 20:48:22.51 ID:FeujvlyHO


 【がんばること、そのいち おっきくなる】


(∪*^ω^)『だお!』

(´・ω・`)『時間かかるだろ』

(∪´ω`)

(´・ω・`)『……飯いっぱい食ったらどうだ』

(∪*^ω^)『それなら得意だお!!』



ξ゚⊿゚)ξ「ショボン、ブーン、ご飯ー」

 丁度いいところにご飯が!

 御主人が、僕の青いお皿とショボンの赤いお皿にご飯を入れてくれた。
 かりかりしてるやつ。美味しい!



42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 20:53:21.97 ID:FeujvlyHO

(∪*^ω^)オンオンカリカリ

(´・ω・`)カリカリ

ξ゚⊿゚)ξ「ブーンは食べるの早いわねえ、小さいくせに」

 これから大きくなりますから!

(∪*^ω^)ケプッ

 あっという間に僕のお皿が空っぽに。
 ごちそうさま? いやいや、まだまだこれから。
 たくさん食べなきゃ大きくなれませんから!

(∪*^ω^)オンオンオー オカワリオ!

 もう一杯、もう一杯!



ξ゚⊿゚)ξ「あ、もう駄目よ。太っちゃうでしょ」


(∪´ω`)

(´・ω・`)『まあそうなるだろうな』カリカリ



45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 21:00:29.52 ID:FeujvlyHO

 【がんばること、そのに れいぎただしく、こうけつに】


ξ゚⊿゚)ξ「おすわり!」

(∪^ω^)(´・ω・`) ピシッ!

ξ゚ー゚)ξ「えらいえらい。姿勢がとっても綺麗よ。次は、ショボンお手!」

(´・ω・`)∩ サッ

ξ゚ー゚)ξ「よしよし。ブーンお手!」

(∪^ω^)∩ サッ

ξ゚ー゚)ξ「よく出来ましたー」ナデナデ

(∪*^ω^)(*´・ω・`) シッポブンブン



46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 21:05:49.20 ID:FeujvlyHO

ξ゚ー゚)ξ「はい、ご褒美」

 ほねっこ! ほねっこ!

(∪*^ω^)(*´・ω・`) シッポブンブン

ξ゚⊿゚)ξ「……待て!」

(∪;^ω^)そ

 な、なんだってー。

 目の前に置かれるほねっこ。
 でも御主人は僕らに掌を見せる。まだ食べちゃ駄目だって。

(∪;^ω^)

(´・ω・`)

 ショボンは、ぴしっとおすわりしたまま動かない。
 さすがだ。

(∪;^ω^)

 うう、ほねっこ。ほねっこがある。
 ううう。



47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 21:11:16.58 ID:FeujvlyHO

(´・ω・`)『……ボクサー』

(∪;^ω^)そ

 ボクサー。そう、ぼくはボクサーになるんだ。
 きっとボクサーは、ほねっこなんて誘惑には余裕で耐える。
 御主人の命令には絶対背かない。

 だからぼくも耐えなきゃ。
 ほねっこなんて。
 ほねっこなんて。
 ほねっこ……。

 ほねっ……こ……ほね……

 ほn


(∪*^ω^)ガリッ! ガリガリ!!

ξ;゚⊿゚)ξ「あ! あーあーあー……。相変わらず『待て』は苦手ね、ブーン」

(∪;^ω^)そ

 あああああしまったあああああああああ!!



48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 21:19:41.54 ID:FeujvlyHO

 【がんばること、そのさん からだをきたえる】


ξ゚⊿゚)ξ「散歩行くよー」

(∪*^ω^)ワンワンオー

(*´・ω・`)ワフン


*****


 最近、ぼくとショボンは一緒に散歩に連れていかれるようになった。
 前は別々だったんだけど。多分、ぼくを散歩に慣らすためだったのかな。

 御主人と2人きりなのもいいけど、ショボンが一緒だともっと楽しい。

(∪*^ω^)ワンワンオー

(´・ω・`)『先に行きすぎ』

(∪;^ω^)オン!

 至らぬところをショボンがフォローしてくれるから、ありがたい。



50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 21:25:04.10 ID:FeujvlyHO



 公園に着いた。広い場所。
 御主人がリードを外してくれる。

ξ゚⊿゚)ξ「今は誰もいないからね、好きなだけ走っておいで」

 来た! 来たぞ! ぼくはこのときを待っていた!

(∪*^ω^)『体を鍛えるチャンスだお!』

(´・ω・`)『はいはい。あんまり遠くに行くなよ』

 全力で駆け回る。
 いっぱい走って、いっぱい運動すれば、きっとぼくもボクサーのように!

 ボクサーのように!





(∪;´ω`)ブヘァ

(´・ω・`)『バテるの早いなおい』



52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 21:32:56.11 ID:FeujvlyHO

(∪;´ω`)『き、きっと数をこなせば……きっと……』

(´・ω・`)『どうだか』

 ショボンはひとっ走りすると、ベンチに座っている御主人のもとに戻っていった。
 ぼくも、よろよろ、後をついていく。

ξ゚⊿゚)ξ「気持ち良かった?」

(´・ω・`) ワフン!

(∪;^ω^)ワンオ

 再びリードを繋がれる。
 そのリードを右手にまとめて、御主人は、ぼうっと視線を遠くに投げた。

 綺麗な花びらが落ちてくる。
 桜って言うらしい。
 桜はぼくの鼻にくっつくと、風でゆらゆら揺れた。

 むずむずする。

(∪>ω<)クシュンッ



53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 21:39:19.84 ID:FeujvlyHO

   「――あ、つ、ツンさん」


ξ゚⊿゚)ξ「?」

(∪^ω^)(´・ω・`)『?』

 突然、隣から声をかけられた。
 見れば、御主人と同じ背格好の、人間の女の子が立っていた。

川д川「だよ、ね。つ、ツンさん、だ」

 ……女の子? うん、多分女の子。
 髪の毛で顔の半分が隠れてるからよく分かんないけど。
 女の子の筈。おっぱい大きいし。
 あれ? でも御主人はおっぱいないけど女の子だ。あれ? 分かんない。不思議!

ξ゚⊿゚)ξ「……貞子さん」

川д川「わ、わんちゃんの、さ、ささ、散歩?」

ξ゚⊿゚)ξ「ええ」

川д川「そそ、そっか。……か、わいいね」



56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 21:45:28.50 ID:FeujvlyHO

ξ゚⊿゚)ξ「もう帰るけどね」

川д川「あう、あ、そ、そうなん、だ。……ご、ごめんね。ばい、ばい」

ξ゚⊿゚)ξ「ばいばい」

 御主人が立ち上がる。
 いつもはもっと長くひなたぼっこするのに。

 歩きながら振り返ると、さだこ、と呼ばれていた女の子は小さく手を振っていた。
 御主人は気付いてないみたい。御主人も手を振ってあげればいいのになあ。



*****



59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 21:51:41.74 ID:FeujvlyHO


(´・ω・`)『あれが貞子か』

(∪^ω^)『お?』

 お家に帰って、庭にぼくとショボンの2人きりになると、
 ショボンがそんなことを呟いた。

(´・ω・`)『御主人のクラスメートだ』

(∪^ω^)『くらすめーと?』

(´・ω・`)『……学校で、同じ教室で授業を受けてる仲間のこと』

(∪^ω^)『?』

(´-ω-`)『……同じ小屋で勉強してる仲間』

(∪^ω^)『おっ!』

 なるほどなるほど。

(∪^ω^)『じゃあ、御主人のお友達かお?』

(´・ω・`)『そういうわけじゃあない』

(∪^ω^)『おー……?』



61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 21:58:21.38 ID:FeujvlyHO

(´・ω・`)『人間は集団になると、いじめってやつが起こりやすくなる。俺らも一緒だがな』

(∪´ω`)『……お……』

(´・ω・`)『俺は詳しくは知らないが――あの貞子もいじめられていた。らしい。
      去年の話だがな。今は知らん』

(∪´ω`)『そうなのかお……可哀相だお……』

(´・ω・`)『ええっと、あのときは、まだお前がいなかった頃か。
      去年の秋、御主人が泣きながら学校から帰ってきた』

(∪;^ω^)『おっ?』

 御主人も泣くことがあるのか。
 しかし話が見えない。さだこと何の関係があるんだろう?

(´-ω-`)『御主人は、家に入るより先に、俺のところに走ってきた。
      そして、俺を抱きしめたんだ』



*****



62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 22:05:03.11 ID:FeujvlyHO



ξ;⊿;)ξ「うっうううっ、わああああん!」

(;´・ω・`)『うわっ、何だ、どうした御主人』

ξ;⊿;)ξ「何で……わ、私、私、悪いことしてないのに……私……」

(;´・ω・`)『?』

ξ;⊿;)ξ「さ、貞子ちゃんだって悪くないのに! いじめる方が悪いのに!
      何で、注意しただけで、私まで、む、無視されなきゃ、いけな……っ……ひぐ……」

(;´・ω・`) ペロペロ

ξ;⊿;)ξ「ショボン……ショボン、わ、私もいじめられちゃうのかなあ……。
      恐いよ、学校行きたくないよ……」

(;´・ω・`)『大丈夫だ、大丈夫だぞ御主人』ペロペロ

ξ;⊿;)ξ「ううう……」



*****



65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 22:13:27.76 ID:FeujvlyHO



(´-ω-`)『御主人は俺達や家族には素直だし優しいが、
      他人にはきつい態度をとりがちだ。
      そのせいか、友達といったものが少ない』

(´-ω-`)『――これは推測でしかないが。
      多分、いじめられていた貞子を御主人が助けた。根は優しい人だからな。
      それにより、いじめっ子に目をつけられたんだろう』

(∪;^ω^)『ご、御主人いじめられてるのかお!?』

(´・ω・`)『いや、数日ほど無視はされていたみたいだが、今は特に問題なさそうだ』

(∪^ω^)『そうかお……』

(´・ω・`)『しかしあの調子だと……貞子とは仲良くやっていけてないか』



66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 22:20:09.15 ID:FeujvlyHO

(∪;^ω^)『おー……』

 御主人も大変なんだなあ。
 それにしても人間って変。
 いいことしたのに、悪いことしか起きなかったなんて。

(´-ω-`)『……せめて貞子が御主人の友達になってくれりゃあな』

(∪^ω^)ムゥ

 さだこは、御主人と仲良くしたそうだった。
 御主人は恐いのかもしれない。さだこに関わったせいで無視されちゃったから。

 きっと、御主人ががんばれば、仲良くなれると思うんだけど。

(´・ω・`)『お前はボクサーになることに集中しろ。
      俺らには、人間の複雑な関係なんてどうしようもねえさ』

(∪^ω^)『……ボクサー』



68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 22:28:15.65 ID:FeujvlyHO

 ぼくはボクサーになりたい。
 でも、違うよ、多分ショボンは勘違いしてる。

 ただ見た目がかっこいいからとか、そんな理由でボクサーになりたいんじゃない。


 筋肉質な体。高潔で、堂々としてて。
 頭もいい。頼れる「ボクサー」。


 テレビで見たボクサーは、彼の御主人様にとっても信頼されていた。
 病気を持った御主人様を、たくさんたくさん助けていた。

 そんな彼を見て、ぼくの御主人は「かっこいい」って言ったんだ。


 ぼくは、御主人が困ってるときに助けてあげられるボクサーになりたいんだよ。


(∪^ω^)『ショボン』

(´・ω・`)『あん?』

(∪^ω^)『手伝ってほしいことがあるお!』


*****



70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 22:34:28.49 ID:FeujvlyHO



 今日も、公園へお散歩。
 御主人は人がいないのを確認して、ぼくとショボンのリードを外す。
 適当にひとっ走り。

 それから御主人のもとに戻って、ひなたぼっこ。

 ……今日は来てくれるかな。来なかったらまた明日。それでも来なかったら、また明日――

(∪^ω^)『!』

 ――来た!


川д川「……ツン、さんだ。……こ、こんにちは」

ξ゚⊿゚)ξ「……こんにちは」


 また会ったね、ってさだこが言う。
 御主人は頷いて、立ち上がった。

川д川「か、かえ、帰る、の?」

ξ゚⊿゚)ξ「うん」



72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 22:40:33.95 ID:FeujvlyHO

ξ゚⊿゚)ξ

ξ゚⊿゚)ξ「?」

(´・ω・`) シーン

ξ゚⊿゚)ξ「ショボン? 帰るよ」

(´・ω・`) シーン

 御主人がリードを引っ張っても、ショボンは動かない。
 伏せの体勢のまま、ブランコを眺めている。

ξ゚⊿゚)ξ「ショボンってば」

(´-ω-`) ワフン

 ――僕みたいに小さいと、引きずられたり抱っこされたりするだろう。
 けれどショボンはゴールデンレトリバー。大きいし重たい。

 こうやって御主人を足止めするのにぴったりだ。

ξ゚⊿゚)ξ「ショボン!」

(;´-ω-`) ……ワフ

 ちょっと辛そうだけど。



75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 22:46:23.16 ID:FeujvlyHO

(∪;^ω^)『ショボン、大丈夫かお』

(;´・ω・`)『ああ……御主人のためとはいえ、命令をシカトし続けるのは心苦しいな』

 あと3回ぐらい命令されたら歩き出す、とショボンが言う。
 それじゃあ駄目だ。
 今度はぼくががんばる番。

(∪*^ω^)ワンワンオ!!

川;д川「わっ」

ξ;゚⊿゚)ξ「あ、こら!」

 さだこに飛び掛かる。
 さだこはとっても痩せてるみたいで、簡単に尻餅をついた。

(∪*^ω^)ワンワンオー

川;д川「きゃう」

 さだこの手をぺろぺろ舐めると、くすぐったそうに笑った。

川*д川「あ、あはは、……かわいい……」



76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 22:51:29.07 ID:FeujvlyHO

ξ;゚⊿゚)ξ「やめなさい、ブーン! ……ごめんなさい、この子、人懐っこくて」

川*д川「あはは、う、ううん、か、かわい、くて、いいと思、思う、よ」

(∪*^ω^)ペロペロオン

川*д川「ふふ……――ん?」

(∪*^ω^)ペロ……

(∪^ω^)

 あれ? 何か変な味――

(∪;゚ω゚)オン!?

川;д川「あ……」

 うわああああああ!?
 さだこの手から血が出てる!?

川;д川「あ、ありゃりゃ」

ξ;゚⊿゚)ξ「血……! 大丈夫!?」

川;д川「う、うん、ただの擦り傷……。ここ、転んだときに、多分」



79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 22:58:06.66 ID:FeujvlyHO

ξ#゚⊿゚)ξ「ブーン!」

(∪;ω;)オーン、オーン

 ごめんなさい! ごめんなさい!
 ぼくは、御主人とさだこが会話するきっかけを作れればって!
 怪我させるつもりはなかったんです! 本当です!

(;´・ω・`)『あーあ……失敗か?』

ξ;゚⊿゚)ξ「もう……! 貞子さん、こっち来て」

川д川「は、はは、はい?」

 御主人はぼくとショボンのリードをベンチの足に結んで、
 貞子の怪我してない方の手を引っ張った。

 2人が水飲み場に歩いていく。

(´・ω・`)『……どうなるかね』

(∪;ω;)オーン

 さだこの傷を洗ってるみたい。
 少しすると、こっちに戻ってきた。



81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 23:04:59.78 ID:FeujvlyHO

ξ゚⊿゚)ξ「座って」

川д川「う、うう、うん」

 ベンチに並んで腰掛ける。
 御主人はハンカチで傷の周りを拭くと、小さな鞄から箱みたいなのを取り出した。

(∪^ω^)『あれ何だお?』

(´・ω・`)『絆創膏。怪我したときに貼るもんだ』

 ばんそーこーとやらを、さだこの傷に貼った。多分。
 ぼくからはよく見えない。

ξ゚⊿゚)ξ「ごめんなさい……」

川д川「う、ううん、きき、気にしてない。あ、ありが、とう」

川д川「……あ、ありがとう、本当に……」

ξ゚⊿゚)ξ「絆創膏貼っただけだし、そもそもうちの犬のせい――」

川д川「そ、それ、じゃなな、くて」

川д川「きょ、去年……の……」

ξ゚⊿゚)ξ「……」



83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 23:13:29.39 ID:FeujvlyHO

川д川「わ、わわ、私、こんな、だから。……ど、どもって、うま、く、話せな、から」

川д川「それ、それに、あのとき、き、あ、頭パニックだ、たから」

川д川「お礼、い、言い損ねちゃっ、た……」

川д川「……わ、私のこ、こと、か庇って、くれて……ああ、ありがとう、ご、ざいました」

ξ゚⊿゚)ξ「……」

川д川「……でも、私のせ、せいで……無視されてたの、ごご、めんなさい……」

ξ゚⊿゚)ξ「別に、気にしてないよ」

川д川「や、やっぱ、ツンさん、優しい、ね……」

ξ゚⊿゚)ξ「そんなことない」

川д川「ある、よ、今だって、ば、ばんそこ……ほ、ほら、優しいよ」



86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 23:23:43.02 ID:FeujvlyHO

川д川「つ、ツンさん、が学校じゃ、近寄り、が、がたい、けど……」

川д川「こん、な、風に、本当は、す、すごく、優しい……」

ξ*∩∩)ξ「……」

川д川「あ、てれ、照れてる……?」

ξ*∩∩)ξ「て、照れてないし!」

川*д川「ふふ……は、あはは」

ξ*∩∩)ξ「笑うなあ!」

川*ー川「あははは……」

川ー川「……ず、ずっと……ありがと、って、い、言いたかったの……。
    やっと、いえ、言えた」

ξ*゚ -゚)ξ「……」

川д川「がっこ、でも、こんな風に、し、した、ら、み、みんな、もっと、
    ツンさ、さんと、仲良く、し、してくれるとお、思うよ」



88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 23:32:07.78 ID:FeujvlyHO

ξ*∩∩)ξ「無理恥ずかしい。今更キャラ変えとか無理」

川д川「だ、だだ、大丈夫、ゆ、ゆっくりでも……が、頑張ってみよ……。
    わ、私もてつ、手伝う、し」

川;д川「あう、わ、私なんかが、て、手伝うのは、い、嫌かな……」

ξ*∩-゚)ξ「……」

ξ*゚ -゚)ξ「……よろしく、お願いします……」

川*ー川「……う、ん!」


(∪^ω^)『おー……』

(´-ω・`)『上手くいったんじゃねえの』

(∪*^ω^)『本当かお!』

(´-ω-`)『おうよ』

(∪*^ω^)『やった! やったおー!!』

ξ;゚⊿゚)ξ「……何で急にはしゃぎだしたの、ブーン」

川*ー川「か、かわいいね、2匹共……」



89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 23:34:46.51 ID:FeujvlyHO





 【がんばること、そのよん ごしゅじんをたすける】



 クリア!







91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 23:41:10.35 ID:FeujvlyHO



 御主人とさだこが仲良くなってから、しばらく経った。

(∪‐ω^)『……おー……?』

川д川「あ、ぶ、ブーン君、ショボン、君、おはよ」

(∪*^ω^)『おっ! さだこ!』

(´・ω・`)『はよう』

 最近、さだこが毎朝家に来る。
 ちょっとお寝坊さんな御主人を迎えに来てるらしい。

ξ-⊿-)ξ「んー、おはよう……」

川;д川「ま、まだ、眠そうだ、だね」

ξぅ⊿゚)ξ「昨日ちょっと夜更かしして」

川д川「い、いつもでしょ……ふふっ」



92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 23:47:30.50 ID:FeujvlyHO

ξ゚⊿゚)ξ「あー、今日の体育も体力テストだっけ……」

川д川「う、うん。じ、持久走、と50メートル走」

ξ゚⊿゚)ξ「今日こそクーに勝ってやる……」

川д川「シャトルランと、は、反復横跳びは負けてたもん、ね」

ξ#゚⊿゚)ξ「うっさーい! くっそ、あいつ胸に余計なもんぶら下げてるくせに!
      ハインもだ畜生!」

 御主人は友達が増えたみたい。
 毎日楽しそうだ。

ξ*゚⊿゚)ξ「――あ、ブーン、ショボン、いってきまーす」

(∪*^ω^)『いってらっしゃいおー』

(´・ω・`)『いってらー』



94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 23:52:14.86 ID:FeujvlyHO



(∪*^ω^)『ねえねえショボンショボン』

(´・ω・`)『あん?』

(∪*^ω^)『ぼく、ボクサーに近付いたんじゃないかお?』

 ふふん、と誇らしげにおすわりしてみる。
 結構大きくなってきたんじゃないかなあ。
 筋肉もついてきたかも。
 頭も良くなったと思う。気品も身についた筈!

(´・ω・`)『見た目は全然変化無いな』

(∪´ω`)

 なんだってー。



95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 23:57:03.44 ID:FeujvlyHO

(´・ω・`)『けどよ』

(∪^ω^)『おん?』

 ぼくの頭に、ショボンが顎を乗っけた。
 こんにゃろう大きいからって馬鹿にしやがってー。


(´・ω・`)『テレビのボクサーにゃ負けねえぐらい、
      てめえの心はでかくて逞しいや』


(∪*^ω^)『――おっ!』




96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 23:59:51.01 ID:FeujvlyHO





     (∪^ω^)はボクサーのようです





              おわり!







99 名前: ◆EpvQephXIa3b :2011/04/05(火) 00:03:46.34 ID:hmLBFT+GO
終わりっすウッスウッス
一応酉出し

質問・指摘あったらよろしくお願いしまっす

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 20:31:25.41 ID:mpg9DhSp0
せいとかいはもう連載しないの?
少女小説には参加しないの?

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/05(火) 00:11:44.90 ID:hmLBFT+GO
>>34
避難所でひっそり連載してますです

なので少女漫画企画にまで参加する余裕がない
面白そうだとは思うんだけど

104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/05(火) 00:14:49.63 ID:9e44AR6cO
和んだ乙

やっぱりほのぼの安定してるけど短編ながらじゃ既視感が
できれば中長編が読みたいなーなんて

107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/05(火) 00:29:35.77 ID:hmLBFT+GO
>>104
我ながら既視感パネエ

中長編なら避難所で、『ζ(゚ー゚*ζ あな素晴らしや、生きた本 のようです』
っての書いてるから興味沸いたら読んでみてね という宣伝をしておく

コメント

生徒会と生きた本の作者だったか。
ほのぼのしてて良かった。
確かに既視感はあったが。
[2011/07/01 02:23] URL | #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

K-AYUMU

Author:K-AYUMU

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

ユーザタグ

カ行 タ行 ア行 ちんこ ハ行 サ行 マ行 ナ行 英数字  ^ω^) ('A`) ラ行 1レス ワ行 (´・ω・`) ショボーン ヤ行 ブーン ショボン トソン 'ー`)し ξ゚⊿゚)ξ (,゚Д゚) ドクオ まんこ (=゚д゚) J( 1レス カラマロス大佐 シュー ミセリ (-_-) いよう 川д川 人狼 (∪^ω^) 世紀末 ツンデレ 

FC2カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。