mesimarja
気に入ったスレを集めてみました。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▼・ェ・▼犬とぼく、のようです
5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/05(火) 20:48:06.83 ID:y9/mMCTbO
( ^ω^)

ぼくの住む町は、田舎。

飼い犬と走り回るには、困らない世界だった。

今は昼。

ぼくは君と、近くの砂利道ではしゃぎまわる。

( ^ω^)「ほら、こっちこいおビーグル!!」

▼・ェ・▼「わん!」

その飼い犬の首輪には、「Beegle」の文字。

これはぼくが間違えて彫ってしまったものだ。

カーチャンに、

「これじゃビーグルじゃなくてベーグルじゃない」

と笑われたのも覚えている。


7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/05(火) 20:50:36.40 ID:y9/mMCTbO
▼・ェ・▼「わん!わん!」

( ^ω^)「くすぐってえおwwちょwwやめwww」

▼・ェ・▼「わんわん!」

( ^ω^)「やめろwwwwやめろってwwwwやーめーろってwwww」

(#^ω^)「やめろってんだろうがお!!」

▼;・ェ・▼「わふ」

( ^ω^)「……」

( ^ω^)「はは」

犬に通じるわけもないのに

誰にも聞かれないように小さく呟く。

「はは、幸せだなあ」と。

それは懐かしく響く、僕だけの物語。

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/05(火) 20:54:00.08 ID:y9/mMCTbO



▼・ェ・▼犬とぼく、のようです




12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/05(火) 20:58:27.26 ID:y9/mMCTbO
――――――2年前。

出会いは単純だった。

その時ぼくは、確か学校の帰り道だったと思う。

(・∀ ・)「また明日なー」

( ^ω^)「お、また明日だおー!」

そう言い、揺らすランドセル。
お母さんに無理矢理つけられたワッペンには、「VIP小学校1年1組 内藤ホライゾン」の文字。


確か、親友のまたんき達とのドッヂを終わらせて


いつもの裏道を抜けて

後は家に帰るだけ。

そんな時だったなぁ。

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/05(火) 21:00:30.55 ID:y9/mMCTbO


( ^ω^)「今日のおやつはなにかな?まなかな?」

( ^ω^)「……ん?」



  ▼・ェ・▼ キューン
 ヾcUUっ



( ^ω^)

( ^ω^)「犬だ」

砂利道の脇の茂みに捨てられた君を、

たまたま目にした。


14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/05(火) 21:03:11.48 ID:y9/mMCTbO
( ^ω^)「一人なのかお」

▼・ェ・▼

( ^ω^)「カーチャンはいないのかお?」

▼・ェ・▼

( ^ω^)「……」




「……可哀想だなお前」


「わん」


17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/05(火) 21:05:31.38 ID:y9/mMCTbO
( ^ω^)

小学生成り立て。

物の善悪も分別しにくいお年頃だ。

でも。

どちらにしたって馬鹿な僕は

この光景を、野放しに出来なかったと思う

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/05(火) 21:08:10.21 ID:y9/mMCTbO
( ^ω^)「……よし」



( ^ω^)「お前」



「うちで飼ってやるお」




そう言ってこの犬に差し伸べらるた僕の手は


▼・ェ・▼


▼・ェ・▼「ばぬぅ!!」


思いっきり噛まれた。

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/05(火) 21:10:33.46 ID:y9/mMCTbO

( ^ω^)

( ^ω^)「……あれ?」


▼・ェ・▼「がじがじ」

右手かまれてやばい。マジやばい。右手やばい。

( ^ω^)

( ^ω^)「……お」

( ;ω;)「おおおおおおおおおおおおおおおおおおおん!!!!いてえ!!いてえおおおおおおおおおお!!!」


思いっきり泣いた。

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/05(火) 21:18:36.01 ID:y9/mMCTbO
――――――自宅。

家が近かったのが幸いし、ぼくの泣き声と犬の鳴き声を聞いたカーチャンは、すぐにかけつけてくれた。

「……まったく」

J( 'ー`)し「アンタはホントに馬鹿なんだから。犬に上から撫でに行っちゃそりゃ噛まれるでしょ」

( ;ω;)「なんでだお!ブーンは悪くないお!」

▼・ェ・▼「わん」

そう言いながらもちゃんと連れて帰ってきた当たり、ぼくはホントに馬鹿なんだと思う。


J( 'ー`)し「あのねぇブーン。動物はね、上を見にくいの」

J( 'ー`)し「だからね、上から手を出したりしたら攻撃されたと思って、自分を守る為に噛んじゃうのよ」

( ;ω;)「お……」

( ;ω;)「じゃあ、怖がらせたブーンが悪いのかお?」

J( 'ー`)し「そうよ」

( ;ω;)「うう……なら反省するお。ごめんお犬」

▼・ェ・▼「わん」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/05(火) 21:22:10.74 ID:y9/mMCTbO
J( 'ー`)し「……もう泣き止んだわね」

( ^ω^)「お」

J( 'ー`)し「じゃあこのわんちゃんは返して来なさい」

( ^ω^)

( ^ω^)「え?」

J( 'ー`)し「捨てられてた場所に、返して来なさい」

(;^ω^)「ちょ、待って欲しいおカーチャン!」

J( 'ー`)し「なに?」

( ^ω^)「ぼく、こいつを飼いたいんだお!」

▼・ェ・▼「わん!」

J( 'ー`)し「だめ」

(´^ω^)

▼´・ェ・▼

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/05(火) 21:27:59.69 ID:y9/mMCTbO
(;^ω^)「え、な、なんでだお?」

J( 'ー`)し「ブーン」

( ^ω^)「え?」

J( 'ー`)し「あなた飼うって軽々しく言ったけど、それがどういう事かわかってるの?」

( ^ω^)

J( 'ー`)し「例えばご飯はどうするの?」

(;^ω^)「え、そ、それはブーンのを分けて」

J( 'ー`)し「馬鹿いいなさんな。カーチャンはあなたの為に作ってるの。それに、トイレは?それに変な病気持ってるかも知れないわよ?」

(;^ω^)「う……」

J( 'ー`)し「あのねブーン」

J( 'ー`)し「ペットを飼うって事は、その一生を愛情かけて見守ってあげるって事なの」

J( 'ー`)し「一つ間違ったら、あなたの良心がこの子の一生を狂わせるかも知れないのよ?それを、わかってる?」

( ^ω^)「お……」

▼・ェ・▼

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/05(火) 21:31:52.73 ID:y9/mMCTbO
J( 'ー`)し「あなたが思ってるほど簡単じゃないのよ」

(;^ω^)「お……」

ちらりと、犬の方を見る。

▼・ェ・▼

至って普通だ。

喜怒哀楽がない顔。

だけど僕にはなんだか

何かを訴えられている気がして。


J( 'ー`)し「だから早く、返して来なさい」

(;^ω^)「……」

(;^ω^)「待って欲しいお!」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/05(火) 21:36:03.40 ID:y9/mMCTbO
J( 'ー`)し「なに?」

(;^ω^)「ぼくは……ぼくはそれでも、こいつを飼いたいお!」

J( 'ー`)し「……あのねぇ」

(;^ω^)「ちゃんと世話するお!見守ってやるお!」

J( 'ー`)し「……」

(;^ω^)「ご飯だってちゃんとあげるし!散歩にもつれてくお!庭先が邪魔なら、僕の部屋に住ませるお!」

J( 'ー`)し「……」

(;^ω^)「だから、お願い!」

J( 'ー`)し「……はぁ」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/05(火) 21:38:57.08 ID:y9/mMCTbO
J( 'ー`)し「ねぇブーン」

(;^ω^)「お?」

J( 'ー`)し「確認するわね。ご飯は?」

(;^ω^)「!!……ぼ、ぼくがあげるお!」

J( 'ー`)し「トイレは?」

(;^ω^)「ちゃんと教えて、僕が掃除する!」

J( 'ー`)し「噛んじゃうかも知れないわよ?」

(;^ω^)「……そ、それもかまないようにさせるお!」

J( 'ー`)し「絶対?」

(;^ω^)「絶対!」

J( 'ー`)し「……」

J( 'ー`)し「仕方ないわね」

(;^ω^)「!!」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/05(火) 21:56:38.13 ID:y9/mMCTbO
J( 'ー`)し「いい?世話はちゃんとあなたが見るのよ」

( ^ω^)「!うん!うん!」

J( 'ー`)し「ちゃんと世話が出来てなかったら、すぐにまた捨てにいきますからね」

( ^ω^)「大丈夫だお!ちゃんとやるお!」

J( 'ー`)し「ホントに、口だけは達者なんだから……」

▼・ェ・▼「わふぅ?」


こうして


僕には家族が増えた。

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/05(火) 22:01:07.64 ID:y9/mMCTbO
( ФωФ)「ふうん。雑種か」

▼・ェ・▼「?」

( ^ω^)「ざっしゅってなんだお?」

夜。
犬を飼うことに対して、父ちゃんはすんなり許してくれた。
それどころか、拾ってきたぼくより触りまくっている。
ぼくが拾ってきたのに……。


( ФωФ)「んーとなぁ。雑種ってのは……まぁ、犬の種類なんだが。なんというかな」

( ФωФ)「よくわからないやつ、って事だ」

▼;・ェ・▼「!?」

(;^ω^)「お!?父ちゃんでもわからない事ってあるのかお?」

( ФωФ)「そうだ。犬はな、凄いんだよブーン」

(;^ω^)「犬、すげぇ……!!」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/05(火) 22:15:26.19 ID:y9/mMCTbO
( ФωФ)「雑種とは言ってもあれだな。ビーグル犬の血が混ざってるみたいだな」

( ^ω^)「ビーグル犬?」

( ФωФ)「そうだ。人懐っこくて頭の良い。そんな種類の犬がいるんだ。」

( ^ω^)」

( ^ω^)「決めた!」

( ФωФ)「ん?」

( ^ω^)「この犬の名前だお!ビーグルって名前にしてやるお!」

(;ФωФ)「ん……んん?なんでだブーン?」

( ^ω^)「そのビーグル犬ってのは人懐っこくて頭が良いんだお?なら、僕がそのビーグル犬と間違えるくらいにこいつを育ててやるお!」

(;ФωФ)「だからって……名前がビーグルじゃなくても良くないか?他にもいろいろあるだろう」

( ^ω^)「お?例えば?」

( ФωФ)「例えば?そうだなぁ」

( ФωФ)「ココ・ジャンボとk」

( ^ω^)「却下」

(´ФωФ)

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/05(火) 22:17:42.08 ID:y9/mMCTbO
( ^ω^)「まぁいいお。とりあえず、お前は今日からビーグル!なっ!」

▼・ェ・▼「?」

( ^ω^)「お前の事だお、ビーグル」

▼・ェ・▼

▼・ェ・▼「わん」

( ^ω^)「そう!」



そうして、僕の初めてだらけの生活が始まった。

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/05(火) 22:23:40.15 ID:y9/mMCTbO
始めは、とにかく大変だった。


(;^ω^)「ああああああ!!!」

▼・ェ・▼「?」

(;^ω^)「こら、ビーグル!!お前なんでこんな玄関先にうんこしてんだお!!思いっきり踏んじまったじゃねーかお!!」

▼;・ェ・▼「……わふ」

(;^ω^)「うう、靴どうしよう……」

~~~~J( 'ー`)し「ちゃんと世話が出来なてかったら……」~~~~


( ^ω^)

(;^ω^)「……とりあえずこのうんこを片付けてから考えるかお……」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/05(火) 22:28:44.94 ID:y9/mMCTbO
( ^ω^)「散歩?」

J( 'ー`)し「そうよ。犬はちゃんと毎日散歩しないと行けないの」

( ^ω^)「どこに行けばいいんだお?」

J( 'ー`)し「あなたが決めなさい」

( ^ω^)「わかったお」

J( 'ー`)し「……迷子にはならないようにね?」

( ^ω^)「大丈夫だお!!いくおビーグル!」

▼*・ェ・▼「わんわん!わんわん!」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/05(火) 22:31:37.94 ID:y9/mMCTbO
(;^ω^)「ちょ、ビーグル!力強い!そっちじゃなくてこっちいくお!」

▼・ェ・▼「ばううう!」

(;^ω^)「あーもう!」

▼・ェ・▼「……」

(;^ω^)「……うわ!お前、電柱に小便すんなお!怒られるお!」

▼・ェ・▼

(;^ω^)「まったく……」

▼・ェ・▼「わん!」

(;^ω^)「ん?そっち行きたいのかお?」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/05(火) 22:34:29.18 ID:y9/mMCTbO

( ^ω^)

( ^ω^)

( ^ω^)「迷った」

▼;・ェ・▼

( ^ω^)

( ^ω^)「やばいなきそう。早く家にかえりてぇ」

▼;・ェ・▼

( ^ω^)「……う」

( ;ω;)「ううううう!!!」

▼;・ェ・▼ !

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/05(火) 22:39:40.53 ID:y9/mMCTbO

( ;ω;)「おおおおおおん!!帰りてえおおおお!!」

▼;・ェ・▼……

▼・ェ・;▼ 三 ▼;・ェ・▼

▼・ェ・;▼「!!」

▼;・ェ・▼「わん!わんわん!!」

( ;ω;)「お?」

ビーグルが向いている先には、電柱。

そして、それは確か。

(;^ω^)「あ!これ、お前が小便かけた電柱だお!」

( ^ω^)「でかしたビーグル!家に帰れるお!!」

▼*・ェ・▼「わん!」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/05(火) 22:42:50.32 ID:y9/mMCTbO


J( 'ー`)し「なんでこんなに遅かったの?」

(;^ω^)「う」

▼;・ェ・▼「わぅ」


こっぴどくしかられたけどね。

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/05(火) 22:46:57.60 ID:y9/mMCTbO

( ^ω^)「しかしあれだな」

▼・ェ・▼「がふがふ!」

( ^ω^)「お前、めっちゃ食うなぁ」

( ^ω^)「ドックフードってそんなにうまいのかお?」

▼・ェ・▼「がふがふ」

( ^ω^)「……」

( ^ω^)「ちょっともらうお」

▼;・ェ・▼「!?」

( ^ω^)「……」かりっ

( ^ω^)

( ;ω;)「おええええええええええ!!」



月日は、どんどん過ぎる。

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/05(火) 22:55:31.75 ID:y9/mMCTbO
―――――ペットショップ。


(;^ω^)「……」

(;^ω^)「この緑のドックフードと黄色のドックフードはどう違うんだお?」

(´・ω・`)「それは栄養の違いだね。黄色の方はやんちゃな子用で、緑の方はおとなしめな子用だ」

(;^ω^)「ほ、ホントかお?」

(´・ω・`)「ああ」

(;^ω^)「凄いお!おじさんは、なんでも知ってるんだお!」

(´・ω・`)「はは。そりゃあペットショップをやってたらね。毎日見てると覚えちゃうのさ」

(;^ω^)「ほお……」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/05(火) 22:57:34.78 ID:y9/mMCTbO
J( 'ー`)し「あ、いたいた。もう帰るわよ、ブーン」

( ^ω^)「あ、カーチャン!」

J( 'ー`)し「あらショボンさん。いつも割安にしてくれてありがとうね」

(´・ω・`)「いえいえ。こちらとしてもありがたい限りですよ。ビーグルくんだったかな?大切に育ててやって下さいね」

J( 'ー`)し「それをやるのは、ブーンですよ」

( ^ω^)「僕だお!」

(´・ω・`)「はは。頼もしいね」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/05(火) 23:00:23.66 ID:y9/mMCTbO
(´・ω・`)「あ、そうだブーン君」

( ^ω^)「お?」

(´・ω・`)「帰る前に、これはどうだい?」

( ^ω^)「……お?ジャーキーかお?」

(´・ω・`)「そうそう。黒ジャーキーって言ってね。ペットに食べさせたらもう大変。なつかれる事間違いなし」

( ^ω^)「まじかお!?買ってかえるお!」

(´・ω・`)「498円だけどね」

( ^ω^)

J( 'ー`)し

( ^ω^)

J( 'ー`)し「……いや、そんな目をされてもね、ブーン」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/05(火) 23:04:14.74 ID:y9/mMCTbO

▼*・ェ・▼「ハムッ!!ハフハフ、ハフッ!!」

(;^ω^)「えげつない勢いで食うなお前……」

黒ジャーキーは大成功だったみたいだ。

今度からごほうび上げる時は、これを使おう。

▼*・ェ・▼「わんわん!ワンワン!!」

( ^ω^)「もうあげないお。ちゃんとおとなしくしてないとね」

▼*・ェ・▼

▼・ェ・▼「わん」


効果てきめんらしい。

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/05(火) 23:09:42.64 ID:y9/mMCTbO
そして
半年が過ぎた時。


( ^ω^)

▼・ェ・▼

( ^ω^)

▼・ェ・▼



( ^ω^)つ「……お手!」

⊂▼・ェ・ ▼「わん!」


( ^ω^)つ⊂▼・ェ・ ▼


( ^ω^)「……ついに」

( *^ω^)「お手ができたああああああ!!よくやったお、ビーグル!黒ジャーキーあげるお!!」

▼*・ェ・▼「わん!」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/05(火) 23:12:44.05 ID:y9/mMCTbO
( ^ω^)「今度は、フリスビーだお!!」

▼・ェ・▼「わん!」

( ^ω^)「そぉら!とってこおおおおい」

▼・ェ・▼

▼・ェ・▼ ?

( ^ω^)「……」

残ったのはむなしく空に回る、円盤だけ。

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/05(火) 23:15:06.80 ID:y9/mMCTbO
ぼくはしっかり言いつけを守り続け

ビーグルは立派に成長した。

人には噛みつかなくなったし、トイレも覚えた。ご飯も散らかさずに食べる事が出来る。

そして何より

僕らは、仲良くなった。

( ^ω^)「はは」

▼・ェ・▼「わん」


僕らは、絆を育んでいった。

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/05(火) 23:18:51.75 ID:y9/mMCTbO
( ^ω^)「ほら、ビーグル!!こっちまで来てみろお!!」

⊂ニニニニニ( ^ω^)ニニニ⊃「追い付けるもんならな!ブーーーーーン!!」

三▼ ・ェ・▼「わおおおおおおん!!」

⊂ニニニニニ(^ω^;)ニニニ⊃「うわ、早あああああ!!ちょ、ぶつかる!ぶつか……」

(;^ω^)「ひでぶっ!!」

▼;>ェ<▼「きゃうっ!!」

(;^ω^)「ビーグル!!スピードには気をつけろお!!」

▼;・ェ・▼「……わん」

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/05(火) 23:21:12.29 ID:y9/mMCTbO
( ^ω^)「いててて……ちょっと擦りむいたお」

▼・ェ・▼

▼・ェ・▼ぺろぺろ

(;^ω^)「おおお!?く、くすぐってえ!!」



幸せだった。

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/05(火) 23:23:20.25 ID:y9/mMCTbO

ぼくはこう思った。

( ^ω^)「いつまでも、お前といてぇお!」

▼・ェ・▼「わん!」




幸せは終わらないと思っていた。




世界はもっと、自分に都合よく出来てると信じてた。

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/05(火) 23:26:04.36 ID:y9/mMCTbO
( ^ω^)「ビーグル!晩ごはんだお!」


( ^ω^)

( ^ω^)「ビーグル?」



▼ ェ ▼

( ^ω^)「寝てるのかお?ほら、起き……」

( ^ω^)

(;^ω^)「……え?」


▼; ェ ▼「きゅぅう……」

(;^ω^)「お!?ビーグル!?どうしたんだおビーグル!?」

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/05(火) 23:28:53.72 ID:y9/mMCTbO

▼; ェ ▼「……ごへっ」

(;^ω^)「!!」


「た、大変だおカーチャン!!ビーグルが、動かない!!!」

「なんか吐いたお!!すぐ来てくれお!!カーチャン!!カーチャンってば!!」


「ビーグルが!!」




世界はもっと、自分通りに回ってくれていると信じてたんだ。

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/05(火) 23:33:15.49 ID:y9/mMCTbO
「病気……ですね。野良犬にはよくある事です」

お医者さんは言った。

「野良時代に食べた細菌が蓄積され、老化と共に姿をあらわすんです。残念ながら、対処法は……」


なんだそれ。

(  ω )「なんだお、それ……」


じゃあなんだよ。


あの時、僕が助けても、例え助けなくても。


ビーグルは、病気で死んじゃってたって事?

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/05(火) 23:36:25.12 ID:y9/mMCTbO
▼; ェ ▼「…ぅぅ……」

ぼくの家の庭先で

丸まって震えるだけの、ビーグル。


時々動こうとしては


▼; ェ ▼「…かっ……こへっ…」


何か白黄色の液体を吐いてる。


嘘だろお前。


僕にも追いついたその足。


なんで骨が浮きはじめてるんだ。

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/05(火) 23:39:54.50 ID:y9/mMCTbO
翌朝になっても

ビーグルはずっと、そのまんまだった。

▼; ェ ▼「……わぅ」


(;^ω^)「ビーグル……」

J( 'ー`)し「……」

(;^ω^)「カーチャン!ぼ、僕は……どうすればいいんだお!?」

J( 'ー`)し「……」

カーチャンはただ

黙って、首を横にふった。

そして、一言。

J( 'ー`)し「祈ってあげなさい。ビーグルが、天国でも幸せになれるようにって」

なんだよそれ。

カーチャン。

ビーグルはまだ、死んでなんかいないんだぞ。

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/05(火) 23:43:18.62 ID:y9/mMCTbO
(;^ω^)「ほら!元気出すんだおビーグル!!」

▼; ェ ▼

J( 'ー`)し

(;^ω^)「だってまだお前、『おかわり』出来てないじゃないかお!お手はうまくなったけど、おかわりはまだ出来てないじゃないかお!」

(;^ω^)つ「ほら、ビーグル!やるんだお!『おかわり』!」

▼; ェ ▼「……わぅ」

(;^ω^)「うっ……」

▼; ェ ▼

(;^ω^)「……そ、そうだ!カーチャン!アレだお!黒ジャーキー!!ビーグルの、大好物だお!あれ食べたら、ビーグルも元気になるお!」


J( 'ー`)し「……ごめんね、黒ジャーキー、もう無いの……」

(;^ω^)「……うう!!」

三(;^ω^)「なら、自分で買いにいくお!」

J(;'ー`)し「あ、ブーン!待ちなさい!」

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/05(火) 23:46:38.06 ID:y9/mMCTbO
机の引き出しの一段目。

そこにしまわれてある、豚の貯金箱。

なんのためらいもなく、床に僕は叩き落とした。

(;^ω^)「ひゃくさんじゅう……えっと、ひゃく……はちじゅう……!!」

ぜんぶで506円。

なんだよ。たくさん入れたはずなのに

まったくたまってないじゃないか。

これじゃ新しいサッカーボールは買えないな。

でも、今はどうでもいい。

(;^ω^)「良かった!黒ジャーキー、買えるお!!」

⊂ニニニニニ(;^ω^)ニニニ⊃「ブーーーーーーーン!!!」

全速力で、走る。

きっと、ビーグルだって追いつけない凄いスピード。

目指すは、いつものペットショップ。

この道を抜ければ、あとはまっすぐに行くだけだ。

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/05(火) 23:49:34.60 ID:y9/mMCTbO
(;^ω^)「……あ……」

そして僕はうなだれる。

そうだ。

今日は、日曜日じゃないか。

(;^ω^)「……空いてないお……」

日曜日は、お休みだったんだ。

おじさんが言ってたじゃないか。

夢中になってて、忘れてた。

(;^ω^)「……どう、しよう……!」


でも、ここまで来たら

諦めたくなんかない。


(;^ω^)「おじさん!おじさぁん!!いるかお!!ブーンだお!!」

扉をがんがんと叩きながら、がむしゃらに叫んだ。

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/05(火) 23:52:43.97 ID:y9/mMCTbO
(;´・ω・`)「……?な、なんだい!?どうしたんだい!?」

(;^ω^)「……あ!」

良かった。

いた。

店にいる時とは違って、フツーの服をきたおじさん。

(´・ω・`)「ブーン君じゃないか。どうしたんだい?あいにく、今日はペットショップはお休みd」

(;^ω^)「お願いだお!黒ジャーキー、売ってくれお!!」

(´・ω・`)「へ?」

(;^ω^)「ビーグルが!大変なんだお!」


「早くしないと……ビーグルが!!」

僕は全てを、おじさんに話した。

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/05(火) 23:56:48.09 ID:y9/mMCTbO
(´・ω・`)「……それは、大変だね」

(;^ω^)「そうだお!だから早く、治してやりたいんだお!」

(´・ω・`)「わかった。ちょっと待ってなさい…………ほら、これだろ?黒ジャーキー」

(;^ω^)「……あ、ありがとうだお!これ、お金!」

(´・ω・`)「いらないよ」

(;^ω^)「お?」

(´・ω・`)「お金なんか、後でいい。今はとにかく、ビーグルくんにそれを届けてあげなさい。お金は、それから返しにきたらいい」

(´・ω・`)「ビーグルくんと、一緒にね」

(;^ω^)「……」

(;^ω^)「ホントにありがとうだお!おじさん!」

⊂ニニニニニ(;^ω^)ニニニ⊃「いそげええええええええええ!!!」



(´・ω・`)「……」

「……やれやれ。ホントに、これで良かったのかな」

その悲しい大人の言葉は、がむしゃらな少年の耳には届かなかった。

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/05(火) 23:58:51.24 ID:y9/mMCTbO
(;^ω^)「ただいま!カーチャン!ビーグルは?」

J( 'ー`)し「お帰りなさい、ブーン。ビーグルは……」

▼ ェ ▼


(;^ω^)


ビーグルはもう、声すらあげられない状態だった。

ああちくしょう。

こんなの見たら、もう駄目だよ。


ぼくだってわかるよ。



もう長くない事が。

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/06(水) 00:01:04.48 ID:M3dlY6OiO
(;^ω^)「ほら!!お前の大好きな、黒ジャーキー!!おじさんがくれたんだお!!だから早く食べて元気になって」

(;^ω^)「二人でお礼、言いにいこう!!」

▼ ェ ▼

食べる気配はなかった。


だから無理矢理、口に押し付けてみたけど


色の薄くなった歯茎が見えるだけで


口を開く事すらしなかった。

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/06(水) 00:04:17.90 ID:M3dlY6OiO
(;^ω^)「……なんだお」

(;^ω^)「ふざけんなお。仲良くなったばっかりじゃんかお。これからまだまだ楽しい事するんだお!ビーグル!なぁ!ビーグル!」

J( 'ー`)し「ねぇブーン」

(;^ω^)「お?」

J( 'ー`)し「カーチャンが前に言った言葉、覚えてる?」

(;^ω^)

J( 'ー`)し「ペットを飼うって事は、その一生を見守ってあげるって事。だから、あなたは最後まで見ていてあげなさい」

J( 'ー`)し「大好きなビーグルの為に、ね」

(;^ω^)

(;^ω^)「う、うううう……!!」

▼ ェ ▼

116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/06(水) 00:07:17.93 ID:M3dlY6OiO



「そんなの、絶対嫌だお!!!!」

J(;'ー`)し「あ!!!」


ブーンは、飛び出した。


耐えられなくって。

信じたくなくって。


責任なんか


感じたくなくって。


(; ω )「……うううううう!!!」

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/06(水) 00:09:57.12 ID:M3dlY6OiO

なんでだよ。


まだこれからだ。


僕はもっと大きくなる。

そしたらもっと足が速くなって追いかけっこも楽しくなる。

これからなんだ。


やれる事はまだまだあるじゃないか。


だのに。

お前はなんでそんなに早くいなくなるんだ?

そんなお前なんか。

ビーグルなんか。

( ;ω;)「ビーグルなんか……」


「大ッッ嫌いだああああああああ!!!!」

121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/06(水) 00:12:56.33 ID:M3dlY6OiO





そんな僕の声をかきけしたのは


大きなトラックの、クラクションの音。




( ;ω;)「あ……」


……どうやらぼくは、ホントに動揺してたらしい。




まさか

車道に飛び出してるのにも、気付いてなかったなんて。



トラックが、迫ってくる。

128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/06(水) 00:14:59.74 ID:M3dlY6OiO


( ;ω;)

もう駄目だ。

間に合わない。


……ん?

……はは、面白い話だ。


今から自分が死ぬってのに。


( ;ω;)「……ビーグル……」


なんで僕は直前まで

さっき大嫌いって言ったばかりの


ビーグルの事ばっかり考えてんだろう。


129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/06(水) 00:17:11.58 ID:M3dlY6OiO





痛みはなかった。


ごがぁん、と大きな音が聞こえて。


僕の体全身に大きな衝撃が走って……





それで……





130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/06(水) 00:20:03.95 ID:M3dlY6OiO




(; ω )


(; ω )


(; ω )「……」

……あれ?


(;^ω^)「えっ……僕……」

生き、てる……?



え?

131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/06(水) 00:23:42.16 ID:M3dlY6OiO
え?

あれ?


(;^ω^)



(;゚ω゚)「……え……」







▼ ェ ▼



なんで

お前が

そこにいるんだ?



ビーグル。

134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/06(水) 00:26:45.59 ID:M3dlY6OiO
(;゚ω゚)「……お」

( ;ω;)「おおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!」




嘘だろ。

お前、動けなかったんじゃなかったのか。

ビーグル。

なのに。

ビーグル。

僕を。

守る為に。

ビーグル。

( ;ω;)「びーぐるぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!!!!」


「うあああああああああああああああああああああああああ!!!」

139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/06(水) 00:29:28.95 ID:M3dlY6OiO
そこでやっと、僕は全てをちゃんと理解した。

僕が突き飛ばされたのはビーグルで。

聞いたのは、ビーグルが跳ねられた音。

僕の変わりに。

ビーグル。


なんで、お前は……

( ;ω;)「うっううううう!!!うううううう!!!」

トラックの運転手が出てきた。
僕に何かを言っている。

でも聞こえない。

それより、ビーグル。

141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/06(水) 00:32:12.00 ID:M3dlY6OiO

お前は最後まで

こんな僕の為に。

でもぼくは、

お前に何もしてやれてなかった。

助けてやりたかった。

助けてやりたかったのに、逆に助けられた。

その、ビーグル。

もう動かない、薄汚れた体。


▼ ェ ▼

それでも、僕は見た。

( ;ω;)

144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/06(水) 00:34:32.75 ID:M3dlY6OiO





▼^ェ^▼


( ;ω;)


最後の一瞬、確かに笑った。

僕の方を見て。


確かに、笑ったんだ。

149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/06(水) 00:38:20.73 ID:M3dlY6OiO


「君といれて良かった」。



そう、言いたかったんだろう。


( ;ω;)「うう……ううううううう!!!」


僕だって同じだよ。

大嫌いなんか嘘だよ。

まだまだいっぱい言いたい事はあるけど。

うまく出てこない。

だから。

( ;ω;)「ありがとうビーグル…………」


それ以上は

声にならなかった。

151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/06(水) 00:40:25.07 ID:M3dlY6OiO


……そうして


月日は流れていく。


確かにいたはずの僕の家族




ビーグルだけを、置き去りにして。

153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/06(水) 00:42:32.32 ID:M3dlY6OiO
\( 。^ω^)/「ふああ……」

僕の住む町は、都会。

走り回るには窮屈な、理詰めの世界だ。

今は、朝。

僕は一人、寝ぼけ眼で頭をかきながら、とある写真を見つめる。

( ^ω^)「おはよう、ビーグル」

写真立には、「Beagle」の文字。


あの時間違えた名前も、ちゃんと書けるようになったよ。


僕は大人になったんだ。


なぁ、ビーグル。

君のおかげだよ。

156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/06(水) 00:45:49.81 ID:M3dlY6OiO
( ^ω^)「……さてと。会社、行ってきますか」


( ^ω^)「……」

誰に聞かれるわけでもないのに

誰にも聞かれないように小さく呟く。


「僕は幸せだお」と。



それはいつまでも心に生きる、僕だけの物語。



▼・ェ・▼犬とぼく、のようです

終わり。

163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/06(水) 00:48:48.99 ID:M3dlY6OiO
遅くまで支援ありがとうございます。

ありきたりなストーリーでべたべたなお涙頂戴が書きたかった。

うまく表現出来てたらいいな。

質問などあればお答えします。

コメント

家も犬死んだことあるからその時のこと思い出して泣いた。
でも車のシーンは余計だったと思ったな。
[2011/07/09 19:19] URL | #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

K-AYUMU

Author:K-AYUMU

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

ユーザタグ

カ行 タ行 ア行 ちんこ ハ行 サ行 マ行 ナ行 英数字  ^ω^) ('A`) ラ行 1レス ワ行 (´・ω・`) ショボーン ヤ行 ブーン ショボン トソン 'ー`)し ξ゚⊿゚)ξ (,゚Д゚) ドクオ まんこ (=゚д゚) J( 1レス カラマロス大佐 シュー ミセリ (-_-) いよう 川д川 人狼 (∪^ω^) 世紀末 ツンデレ 

FC2カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。