mesimarja
気に入ったスレを集めてみました。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

('A`)28メートルを飛べ!のようです
4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/08(金) 22:34:11.17 ID:0oX6ySN10
「よしっ!」矢が風を切り裂いて真っ直ぐに的を貫く。その時の爽快感は、悪いたとえだが、麻薬のようだ。中れば中るほど弓引きは、弓道って麻薬に溺れていく気がする。

( ^ω^)「ドクオー!調子いいお!」

('A`)「お、おう」

VIP高校弓道部。ドクオは、所謂天才というやつだ。ただし…。

( ´_ゝ`)「三年集まれ!来週の打ち合わせだ!!」

( ´∀`)「さて、君達、来週はいよいよ県大会だ」

( ´∀`)「ここで選手を発表する。いいな?」

( ´∀`)「大前、ジョルジュ!二的、兄者!中、ショボン!落前、ブーン!」

( ´∀`)「そして、落、ドクオ!」

(゜A゜)「おぼろろろろろろろろろ!!!」

「うわあああドクオが吐いたああああああ!!!!」

病的にプレッシャーに弱いのであった。



6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/08(金) 22:37:46.25 ID:0oX6ySN10
( ^ω^)「ドクオ大丈夫かお?」

('A`)「あ、ああ、大丈夫」

幼馴染のブーンはドクオのメンタルの弱さを昔から知っていた。
小学校の時の運動会、アンカーを任されて、同じように本番で吐瀉物を撒き散らしたことも覚えている。
そんなものならまだいいが、今回はそれとわけが違う。
この県大会はインターハイの選抜試合なのだ。

('A`)「何で俺が落なんだよ…」

( ^ω^)「何でって、そりゃドクオはうちのエースだからだお」

  _
( ゜∀゜)「そーだぜ!お前上手いんだから自身持てよ」

ジョルジュがアクセサリをちゃらちゃら鳴らしながら、割り込んでくる。
まっ茶色の髪にピアスをごっそり付けた彼は、弓道部の問題児である。

  _
( ゜∀゜)「大前は目立つからいいけどさ!やっぱ落が一番かっこいいよなぁ」

('A`)「おまえ…想像してみろよ…全員が中ててさ、最後、自分が中てたら優勝って状況だったら、どうするよ?」
  _
( ゜∀゜)「責任重大だなぁwwww」

ジョルジュは他人事のように、げらげらと笑う。彼のお気楽さにはドクオも感心するばかりで、もし、ジョルジュみたいな前向きな奴になれたらなぁ…。そう思ってはため息をつくばかりだった。


7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/08(金) 22:40:59.40 ID:0oX6ySN10
( ´_ゝ`)「おい、そこの3人!選手なんだから練習しろよ!」

兄者の怒号が響く。兄者は部の主将であり、高校生にして弓道4段を所持した猛者である。

(;^ω^)「い、今行くお!」

5人立ちの射場に選手が並ぶ。こうしてみると、やはりジョルジュが悪い意味で目立つ。何故規律に厳しい兄者がこれを許すのかというと、やはり、上手いのだ。ドクオほどではないし、射形もグチャグチャだが、何より中てる。的中立だけではドクオに匹敵する。

所作や射形はさておき、大会を勝ち抜くにはひたすら中てなくてはならないのは当然で、ともすればジョルジュの態度やらが黙認されるのも仕方がない。

( ´_ゝ`)「ジョルジュ!試合までに早気なおせよ!」
  _
( ゜∀゜)「俺のタイミングでやらせてくれよ!」

*早気とは、会(弓を引ききった状態)から離れ(矢を放つ)までの時間が短いこと。中てようと意識しすぎると、早気になる。普通は、5秒から10秒は保つ。

( ´_ゝ`)「ブーンを見習え!あいつは30秒は会を保つぞ」
  _
( ゜∀゜)「保ちすぎwwwww」


9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/08(金) 22:44:38.51 ID:0oX6ySN10
拍手が起こった
ドクオが離れを終えたばかりであった。兄者とジョルジュがドクオの腕の先を目で追っていくと、そこには的に吸い込まれるように突き刺さった矢が四本。皆中だ。



部活終了後



(´・ω・`)「やっぱりドクオ君はすごいよ」

帰り際、無口で気弱なショボンが呟くように言った。
彼は、特殊な腕の形である猿腕のせいか、よく腕を弦ではらってしまうのだ。

(´・ω・`)「僕もドクオ君みたいに皆中をバンバン出してみたいな…」

('A`)「…出来るよ」

(´・ω・`)「無理だよ…僕は弓を引くのが恐いんだ」

(;'A`)「あ…その腕…」

(´・ω・`)「あ、はは…またはらっちゃったんだ。やっぱ僕には才能無いのかなぁ…」

ショボンはそう言ったきり、黙りこくってしまった。
………気まずい…。何か言わなくては…コミュ障のドクオは何を言っていいのか、分からなかった。


12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/08(金) 22:47:30.61 ID:0oX6ySN10
( ^ω^)「おいすー!ドクオ帰ろうおー!」

呑気な声。ブーンだ。

( ^ω^)「お?ショボン!おまいも一緒に帰ろうお!」

(´・ω・`)「え?う、うん…」

そんなことで、ブーンとドクオとショボンは、肩を並べて帰路についた。

( ^ω^)「まさかブーンが試合に出られるとは思わなかったおー」

(´・ω・`)「僕も…」

( ^ω^)「ブーンの目標は大会で全試合皆中することだお!!」

(´・ω・`)「僕も、一回は皆中したいなぁ…」

( ^ω^)「そんな弱気じゃ駄目だお!夢はでっかく!インハイ!」

(´・ω・`)「だって…僕は所詮、頭数を合わせる為の代表だもの」

( ^ω^)「そうなのかお?」

(´・ω・`)「三年男子は5人しかいないでしょ?大会は5人じゃないと出られないからね」


14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/08(金) 22:50:10.81 ID:0oX6ySN10
ドクオは考えていた。何で、ショボンの発言を否定しなかったのか。確かにショボンは的中率こそ低い。しかし、射形の良さは兄者の折り紙付きじゃないか。才能がないなんてことは、決して、ない。

('A`)「ショボン…」

(´・ω・`)「え?」

('A`)「インハイ、いこう」

(´・ω・`)「う、うん」

('A`)「…ショボンが、いつまでも残って、射込みしてるのは、知ってる。努力が報われないことは、ない、と俺思うんだ」

つくづく俺は気が利いたことが言えない。ドクオはやきもきした。しかし、ショボンは笑った。

(´・ω・`)「ありがとう!」

( ^ω^)「いいこと言うおドクオ!来週は頑張ろうおっショボン!」

(´・ω・`)「ブーン君もありがとう!」

(´・ω・`)「僕はこっちだから、ここで…」

('A`)「おう、また明日」

( ^ω^)ノシ「ばいぶー」



15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/08(金) 22:50:46.12 ID:4WpdLPs50
はらうってなに?

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/08(金) 22:53:33.47 ID:0oX6ySN10
>15
弦が腕などに当たって、いたたになることです

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/08(金) 22:56:38.45 ID:0oX6ySN10
(;'A`)「は、腹痛ぇ…」

( ^ω^)「ちょっwwまたかおwww」

がむしゃらに射込むうちに一週間はあっという間に過ぎた。
ドクオは見事に下痢ピーになった。
げっそりするドクオと対照的に、ブーンはつやつやしている。どうせ、昨日の晩に豚カツでも食ったんだろう。ドクオはニヤついたピザを見つめた。

  _
( ゜∀゜)「遅ぇぞ!」

ジョルジュはこの一週間、相変わらず早気だった。

(´・ω・`)「おはよう。今日は頑張ろうね」

ショボンは相変わらず腕をはらって、腫らしていた。湿布の臭いが鼻をつく。

( ´∀`)「いいか、今日優勝すれば、県代表になれる。頑張れよ。……じゃあ、主将から一言」

モナーがちらりと兄者を見る。それにつられるように、ドクオ達部員は主将を見つめた。

( ´_ゝ`)「今までうちの高校からインハイにいった者はいない。もしかすると、これが引退試合になるかもしれない。でも、手は抜くな。悔いの残らない試合にしよう。以上」


21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/08(金) 22:59:53.54 ID:0oX6ySN10
川゜-゜)「遅れてしまったな。ツンのせいで」

ξ;゜⊿゜)ξ「何度も謝ったじゃないの!」

川゜-゜)「もう始まっているな。お、ラウ高のエースが中てたな」

ξ゜⊿゜)ξ「ラウ高って…インハイ常連のラウンジ高校のこと?」

川゜-゜)「ああ。お、また中てた。皆中だ」

ξ゜⊿゜)ξ「ラウ高はどうでもいいわよ!VIPは!?」

川゜-゜)「む、一応準決勝まで進んでいるようだな」

( ´∀`)「おや、お前たち。応援に来てくれたのかい?」

川゜-゜)「差し入れにドーナツを買ってきました。この、Dポップはドクオに…」

ξ゜⊿゜)ξ「ちょっと、さもアンタが買ってきた様に言わないでよ。」

川゜-゜)「ああ。そうだな。部費が余ったそうなので」

ξ゜⊿゜)ξ「余った訳じゃないわよ。私がうまーくやりくりして…」

( ´∀`)「ツン。こんな時まで会計の仕事をさせて悪いね。こんなに沢山ありがとう」

川゜-゜)「この半分はブーンにやるんだよな」

ξ;゜⊿゜)ξ「ち、違うわよ!!何わけ分かんないこと言ってんのよ!」


26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/08(金) 23:03:06.48 ID:0oX6ySN10
会計のツンは、湯水のように部費を使っていると見せかけて、実は結構節約上手だったりする。とはいえ1年のときから、何となく気になっていたブーンに部費で買ったドーナツなどを渡すのは嫌だったので、ブーンのドーナツはこっそり自分の小遣いから出していた。

始めっ!!
審判の合図が聞こえた。

川゜-゜)「ブーンに抱いている好意を見透かされたことを、ツンが真っ赤になって否定しているうちに、準決勝の試合が始まったのだ」

ξ;゜⊿゜)ξ「え、何!?誰に言ってるの!?止めてよ変なこと言…」

川゜-゜)「試合中だ。静かにしろ、ツン」

ξ゜⊿゜)ξ「………」


32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/08(金) 23:07:58.77 ID:0oX6ySN10
ジョルジュは、いつも通りの滅茶苦茶な射形で弓をh…離れた。良くも悪くもジョルジュだ。会は0,5秒。矢はまっすぐに的を貫く。

兄者は、いつも通りの教本の挿絵のような射形で弓を引く。流石は四段。胴に全くといって良いほどブレが無い。矢はやはりまっすぐに的を貫く。

ショボンは、腕をはらう。痛くて叫びだしたくなった。矢は失速し、矢道(射場から的までの草の生えたゾーン)に突き刺さった。

ブーンは、いつも以上にゆっくりと弓を引く。

ξ゚⊿゚)ξ「相変わらず、なっがいわね…」

川 ゚ -゚)「そうだな。何だ、いつもよりいやに長いな」

そして、時間切れ寸前まで保ち続けるのではないか、という思いすら湧き出てきたその瞬間、離す。ズバーンッと、漫画のような音をたてて的に中る。ブーンは部内で一番重い弓を引く。そのせいか、離すと風を切り裂くような音と、爆発音のような音が響き渡る。



34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/08(金) 23:14:23.35 ID:0oX6ySN10
『やべぇ…吐きそう…まぁ、三中はしてるし…ジョルジュと兄者は皆中してるしな…外しても、文句は言われねぇか』

ドクオは気楽に弓を引く。やはり、気負いしないとドクオは強い。
矢を的の中央、所謂ど星に叩き込む。皆中だ。


( ´∀`)「よくやったぞ。皆。決勝戦まで進むなんて、VIP高弓道部始まって以来だよ」

結果、皆中、皆中、羽分(二中)、皆中、皆中。ショボン以外は皆中であった。


ツンとクーが持ってきたドーナツを頬張りながら、ふとドクオは気付いた。ショボンがいない。

('A`)「兄者…、ショボンは?」

( ´_ゝ`)「巻き藁練習をしに行ったぞ」

('A`)「ショボ…( ^ω^)「ドーナツ無くなっちゃうお!!僕、ショボンを連れてくるお!」

ブーンは癖なのか、両手を大きく広げて、巻き藁練習場に走っていった。
('A`)「あ…」

川 ゚ -゚)「ドクオ。お前は行かないのか?」

('A`)「副主将」

川 ゚ -゚)「私は行くぞ。副主将としてではない。部の仲間としてだ」

('A`)「…待って、俺も行く」


37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/08(金) 23:18:12.12 ID:0oX6ySN10
ショボンは巻き藁に矢を放っていた。その度、内出血を繰り返し赤黒くなった腕が軋む。
射ては、抜き、また、射ては、抜き。気づかぬうちに、大粒の涙が溢れ出た。
また皆に迷惑をかけた。
何故僕は、こんなに役立たずなんだ。
モナー先生だって、記念のつもりで僕を出してくれたんだ。本当に勝ちに行くつもりだったら、僕より上手い後輩を選手に選んでいたよ。

涙をぼろぼろ零しながら、ぼろぼろの腕で弓を引く。

( ^ω^)「おーーい!ショボンー!!」

ブーンと効果音が出そうな勢いでブーンがドーナツの包みを持って走ってきた。後を追うように、ドクオとクーがショボンの横に立つ。

( ^ω^)「ショボン!ドーナツ持ってきたお!ポンデリングとエンゼルクリームどっちがいいかお?」

(´;ω;`)「ブーン君…」

('A`)「もうすぐ、決勝が始まるぜ。少し腕、休ませろよ」

川 ゚ -゚)「情けない顔をして…。戻れ、ツンが包帯を用意している」


38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/08(金) 23:23:25.78 ID:0oX6ySN10
俯いたままショボンが部員の元へ戻ってきた。ツンに包帯を巻かれながら、再び涙を流した。
 
(´;ω;`)「ごめん、皆…僕が役立たずで…」
  _
( ゚∀゚)「ホントだよ!羽分はないなー」

ジョルジュが無神経に言い放つ。
  _
( ゚∀゚)「俺らは、一応優勝狙ってんだよ。決勝でもそんなだったら、ぶん殴るぞ」

(´・ω・`)「ごめん…」

ジョルジュの言葉は、ある意味部員全員の気持ちを代弁しているようなものであった。ここまできたからには、やっぱり優勝したい。しかし、ショボンは怠けていたわけではない。一生懸命だったからこそ、誰もそんな文句は言えなかった。
  _
( ゚∀゚)「大体さぁ…」

( ´_ゝ`)「ジョルジュ、言い過ぎだ」

兄者がやんわりとたしなめる。



39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/08(金) 23:26:51.73 ID:0oX6ySN10
( ´_ゝ`)「ショボン。ジョルジュの言うことは否定はしない。だが、お前の努力も否定はしない」

(´・ω・`)「主将…」

( ´_ゝ`)「一つ言っておく。猿腕ははらいやすく、上達しにくい。だが、一度上達してしまうと、それは最大の武器になる」

(´・ω・`)「は、はい!」

( ´_ゝ`)「諦めるなよ」

(´・ω・`)「「はい!」


41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/08(金) 23:30:31.27 ID:0oX6ySN10
さっきまで晴れていたのに、太陽は完全に雲に包まれ、辺りは薄暗くなってしまった。雨でも降るのだろうか。ドクオは不安になった。それは雨への心配だけではない。

「選手は控えに入ってください!」

審判の声が聞こえた。決勝が始まるのだ。

ラウンジ高校は、当然のように決勝まで勝ちあがってきた。選手たちには余裕の笑みさえ見える。仕方が無い。VIP高校は無名の弱小校だから。

もう春だというのに、風は冷たい。
心なしか、さっきよりも風速が強くなったような気もする。

まずいな…。兄者は心の中で舌打ちをする。
この風の中では、ブーンほどの弓を引いていない限り、矢がブレてしまう。

控えに座りながら、ドクオは震えていた。もちろん、寒さだけが理由ではない。体は冷えきっているのに、弓手だけがじっとりと汗をかき、握り革を濡らした。

「始めっ!」

機械のような審判の声が、スピーカー越しに、耳へ届く。
相変わらず、風は強い。いや、むしろさっきよりも強くなっている気さえする。


43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/08(金) 23:34:30.06 ID:0oX6ySN10
大前、ジョルジュ。
  _
( ゚∀゚)『風がやんだ一瞬を狙うぜ…』

ジョルジュの早気は、今回ばかりはうまく作用したようだった。まずは一中。

二的、兄者。

(;´_ゝ`)『くそっ…風の流れが分からない……』

兄者のコントロール力をもっても、風に抗うことは出来なかった。外す。

中、ショボン。

(;´・ω・`)『どうしよう…どこを狙って射ればいいんだ……』

がむしゃらに、放つ。
風は、ショボンに味方をしたようだ。矢は真っ直ぐに的に中る。

落前、ブーン。

( ^ω^)『そういえば、フレンチクルーラーが残ってたお』

もとから20キロ以上の弓を使っているので、ブーンには風などほとんど関係なかった。一中。





44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/08(金) 23:36:42.89 ID:0oX6ySN10
落、ドクオ。

(;'A`)『やべえええええ!!ラウンジに勝つには、皆中しかなくね?無理いいいいい!!!』

腹がグルグルと鳴る。このままでは、神聖な射場でスカトロ騒ぎになる。やばいやばいやばいやばいやばい…。ドクオは頭が真っ白になった。
その時。

「ばぶぅーーん」

全ての気持ち悪さを超越したブーンの顔がこっちを向いていることに気づいた。
本来、試合でこんなことをやってはいけないのだが…。元来優しい彼は、彼なりにドクオをリラックスさせようとしていた。

('A`)「プ…」

軽く吹き出すと、顔色の悪さはどこへやら。
落ではいつものエース、ドクオが、堂々と弓を引いていた。


45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/08(金) 23:39:32.14 ID:0oX6ySN10
一方、ラウンジ高校も、風に苦戦していた。インターハイで何度も優勝を重ねているKO高校と同等の力量を持っていても、やはり自然の力にだけは抗えないものだ。

二射目。
ジョルジュはタイミングを計り違え、矢は幕すれすれのアヅチに力なく刺さる。
兄者は、一射目で風の流れを掴んだか、ペースを取り戻した。

そしてショボン。
ショボンは嬉しかった。一人で練習していた時、ブーン達が来てくれたことが。下手くそな自分の努力を認めてくれた、兄者の言葉が。

“猿腕は、上達すれば最大の武器になる。”

その意味を考えた。
猿腕は、曲がっているから、腕をはらうんだ。もし、離れの時に強く弓手を押したら…。

やってみよう。

ショボンは大きく打ち起こすと、強く強く、弦を引いた。
考えたように、弓手をまっすぐに突き出すと、今までに見たことの無い速度で風を切り裂き、的をぶち抜いた。


ξ゚⊿゚)ξ「ショボンて、あんな矢勢あったけ!?」

川 ゚ -゚)「猿腕の利点に気付いたんだな」


46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/08(金) 23:42:20.60 ID:0oX6ySN10
( ^ω^)『皆頑張ってるおー…全試合で皆中して優勝したら、カーチャンが新しい弓を買ってくれるって言ってたお。ブーンも…中てるお!!』

ブーンも中てる。

さっきの、今世紀最大の変顔を見せ付けられたドクオは、いつもの試合とは別人のようにスムーズに中てていった。風のせいで的の端ギリギリではあったが。

VIP、ラウンジ、共に二射、三射目を終え、お互い最後の一射になった。

ジョルジュは、兄者は、ショボンは、ブーンは、渾身の力で矢を放つ。
ラウンジの選手も、軽快に的紙を貫く音を響かせる。


49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/08(金) 23:45:17.84 ID:0oX6ySN10
風が強い。部員たちは、風の音など気にせず、掛け声を発する。

ラウンジの総的中数は、17。
VIPも17。最後の一本、ドクオが皆中すれば、VIPの優勝が決まる。
俺が外したら、試合は長引き、皆への負担も大きくなる。
俺が中てなきゃいけないんだ。俺が、あ て な きゃ だ め だ 。
血の気が引いていくのが分かる。やんだはずの腹痛が再びドクオを襲う。
矢を番える手がガクガクと震える。

もう、いいかな。
射詰め競射になったって、皆が中ててくれるでしょ。

射終わって退場していくブーンの背中を見つめながら、ドクオは必死で言い訳を考えた。
瞬間、ブーンが振り返る。


50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/08(金) 23:48:29.22 ID:0oX6ySN10
今までに見たことのない、笑顔だった。

ニヤニヤした脂っこいピザブーン。
でも違う。これは本当に俺を信じて、笑ってくれたんだ。

既に退場し終えたジョルジュが、応援席からドクオをみる。
…そーかい。エースなら中てろってか。

風がやんだ。静寂が耳に沁みる。

ドクオはニヤリと笑った。
引き分けを行い、会に入る。

中る!

強く離れる。


53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/08(金) 23:51:22.49 ID:0oX6ySN10
放たれた矢は、射場から、的までの28メートルを泳ぐように進む。
音は無い。ただただ真っ直ぐに、的をめがけて。

風が吹いた。

ξ;゚⊿゚)ξ「あ!矢がっ…!」

川 ゚ -゚) 「まずい、ブレたか!?」

的に中ったような、外の木枠に当たったような、判断の付かない音がなる。

ミスった…。ドクオは覚悟を決めた。
俯きながら、射場をあとにしようとした時、兄者の声が会場いっぱいに響いた。

( ´_ゝ`)「落、確認お願いします!!!!」

矢取りの係が、ドクオの的に走り寄る。


54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/08(金) 23:57:56.75 ID:0oX6ySN10

「落、皆中です!!!」

どわっと歓声と拍手が起こった。ドクオは射場から退場すると、目を丸くして、腰を抜かした。すると、先に退場した選手たちが集まってきた。

( ^ω^)「やったおーーーーーーーーー!!優勝だおドクオ!!」
  _
( ゚∀゚)「ひゅ~流石エース!やってくれるねぇ」

(´・ω・`)「ドクオ君、ありがとう!」

('A`)「いや、ショボンこそ、スランプから脱出できたみたいだな」

(´・ω・`)「コツ、なのかな?掴めたみたい」



56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/09(土) 00:01:02.38 ID:Xs3esua60
('A`)「あと、兄者。確認頼んでくれてありがとう。俺、頭真っ白で忘れてたわ」

( ´_ゝ`)「退場するまでが弓道だぞ。阿呆みたいな顔して…」

川 ゚ -゚)「ドクオ!」

('A`)「クー…」

川 ゚ -゚)「Dポップ食べ忘れているぞ」

ξ゚⊿゚)ξ「今はいいでしょうが!」

( ^ω^)「じゃあ、ブーンが食べるお!」

ξ゚⊿゚)ξ「何でそうなるのよ!バカ」



58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/09(土) 00:03:44.19 ID:Xs3esua60
VIP高校弓道部、初のインターハイ出場が決まった。

( ・∀・)「よお、お前か。ドクオ君ってのは」

('A`)「えーと…。ラウンジのモララーさん」

( ・∀・)「タメだよ。敬語やめ」

( ・∀・)「優勝おめでとう」

('A`)「お、おう。ありがとう…」

モララーは気さくにドクオに話しかけるが、目が僅かに赤く腫れていた。

( ・∀・)「俺、正直すげぇ悔しいよ。聞いたこともない三流高校に負けたんだからな」

ドクオは口籠もった。俺たちの優勝の下敷きにされた高校が、山ほどいる。そう考えると素直に喜べなかった。もちろん中には、ドクオよりずっと練習を重ねた選手だっているんだろう。


60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/09(土) 00:06:36.78 ID:Xs3esua60
( ・∀・)「何暗い顔してんの」

('A`)「あ、いや」

( ・∀・)「インハイは県大会なんかよりずっと強いやつがいるの、分かってるよな?」

('A`)「もちろん」

( ・∀・)「ま、ラウ高に勝てたんだから、優勝も夢じゃないかもなwww」

「おーい!モララー!」

( ・∀・)「おーう!…じゃ、俺行くわ。頑張れよ。エース!」


61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/09(土) 00:09:54.80 ID:Xs3esua60
“エース”

俺がエースと名乗っていいのだろうか。ドクオは何かモヤモヤした気持ちを抱えて、部員達の元へ戻った。

( ´∀`)「今日は祝賀会でもしようかね?」

( ^ω^)「ブーンは焼肉がいいお!」
  _
( ゚∀゚)「俺は中華!!」

( ´_ゝ`)「俺はイタリアンがいい」

ξ゚⊿゚)ξ「ここは、今日のヒーローにでも決めてもらいましょうか」

(´・ω・`)「そうだね」

どうする?ドクオ?皆が皆、ドクオを見つめて問いかける。

(;'A`)「お、俺、腹痛いから、温かいそうめんが食べたい…」


63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/09(土) 00:13:01.82 ID:Xs3esua60
はあああ!?
皆の怒号が響き、もみくちゃにされるドクオ。
ぐちゃぐちゃになって、皆でへらへらしているうちに、日が暮れ始めた。

帰り道。
電車に揺られながらドクオは思った。
俺は一人では、エースとかいうものにはなれなかったなと。
俺を、エースたらしめているのは、皆の存在なんじゃないかと。


電車の窓から、きれいな満月が見えた。
それはまるで、俺たちが追い求めている的のような形だった。
月が的に見えるなんて、やっぱり弓道は麻薬みたいだ。
ドクオは静かに笑った。


64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/09(土) 00:15:26.87 ID:Xs3esua60
以上で終了です。支援してくださった方々、感謝です。
作中に出てきた用語で分からないものがあったら言って下され。

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/09(土) 00:03:34.13 ID:IPoJ3NKR0
いちいち頼まないと確認してくれないの?

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/09(土) 00:21:42.17 ID:IPoJ3NKR0
いいとこで切るねー
乙!こんな青春したかった

じゃあとりあえず、アヅチと>>57

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/09(土) 00:24:34.28 ID:brK+ZJWaO
アヅチ:的を置く、盛り土のような所。

>>57
確認は頼まなくても、勝手にやってくれますが、何か兄者を目立たせたくて、この表現を入れました。

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/09(土) 00:54:25.31 ID:brK+ZJWaO
沢山の乙ありがとうございます。恐縮です…
今度はインハイ編も書くでごわす。多分

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

K-AYUMU

Author:K-AYUMU

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

ユーザタグ

カ行 タ行 ア行 ちんこ ハ行 サ行 マ行 ナ行 英数字  ^ω^) ('A`) ラ行 1レス ワ行 (´・ω・`) ショボーン ヤ行 ブーン ショボン トソン 'ー`)し ξ゚⊿゚)ξ (,゚Д゚) ドクオ まんこ (=゚д゚) J( 1レス カラマロス大佐 シュー ミセリ (-_-) いよう 川д川 人狼 (∪^ω^) 世紀末 ツンデレ 

FC2カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。