mesimarja
気に入ったスレを集めてみました。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( ^ω^)何かに気づいたようです
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/09(土) 04:27:48.93 ID:1qBX+YB5P
( ^ω^)「今日で卒業」

( ^ω^)「部活も頑張ったし友達もいっぱいできたし・・・」

( ^ω^)「男女問わず結構頼りにされてたと思うお」

( ^ω^)「ツンとは結局何もなかったけども」


( ^ω^)「・・・そろそろ皆帰るみたいだ」


( ^ω^)oO(皆一番仲良い人と帰ってるみたいだお)


( ^ω^)「・・・」


( ^ω^)「・・・」


( ^ω^) ポツン


( ^ω^)「1人で帰るか・・・」

こんな感じの体験を語れ


2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/09(土) 04:29:37.24 ID:cA+qfqctP
3人で遊ぶ時はいつも後ろを歩く

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/09(土) 04:43:05.28 ID:NMl/M35W0
>>2
人は三人集まると2人が結束して一人を見下す

2人の時だとやさしい

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/09(土) 04:37:50.51 ID:xzzo/ZPAO
学ランのボタンが全部余った

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/09(土) 04:43:20.76 ID:TOGmhQ1n0
支援

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/09(土) 04:46:48.78 ID:xzzo/ZPAO
>>6
ごめんこれSSスレじゃないんだ

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/09(土) 04:53:34.49 ID:CYXy3FiE0
二人で会話しているときは普通なのに、
他の人間がやってくると途端にテンションが上がり2分と待たず場を去って行く
そんな体験

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/09(土) 05:07:27.62 ID:6H3s9ssP0
3人以上の友人と遊ぶとき、俺以外の誰かが行けなくなると中止になる
俺が行けなくなっても中止にならない

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/09(土) 05:53:39.68 ID:xzzo/ZPAO
スレ伸びないか・・・


意志があったわけじゃない。
携帯を忘れていた、ただそれだけのことだったんだ。
教室の扉にかけたその手が止まったのは、盗み聞きするためではなかったはずだった。
ただ、聞こえてしまったから、そこに入ることを躊躇った。
教室の中から自分の名前が呼ばれた気がしたから。


――ドクオくんって、ちょっと頑張っちゃってるよね。


勝手にはね上がった心臓を氷水で冷やしているような、そんな感じ。

('A`)(なんだよ)

携帯は明日でいいや。
ドクオはそんなことを思った。

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/09(土) 06:11:08.76 ID:xzzo/ZPAO
家について、風呂に入ってご飯を食べて。
そんないつも通りの、何ら特別な要素もない行動がなんだか重苦しい。

('A`)(あれ、誰がいってたんだろうか・・・)


一言で言ってしまえば、只の悪口。
お前ちょっと調子にのりすぎだよとかそんなとこだ

全ての人に好かれるのは無理な話ということもわかる。
それでも新学年が始まってから皆と仲良くやってきたと思っていた。

('A`)「実は俺って・・・痛い奴だったのかな・・・」

ため息とも呟きともとれる声で自分の部屋の天井に喋りかける。


答えは返ってこなかったが、なんとなく吹っ切れた気がして布団にくるまった。

聞き違いかもしれないし。
そんなことを考えてるうちに微睡んできた。
明日の皆の反応を見てみよう――――。

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/09(土) 06:35:35.80 ID:xzzo/ZPAO
朝、悩んだわりに快眠だったのでいつもよりも一本早い電車にのれた。
学校に近くなると顔見知りもふえてくる。

( ^ω^)「おいすー」

('A`)「あ、あぁ・・・」

こいつは内藤ホライゾン、あだ名はブーン。
昔は西川とかいう名前だったらしいけれど詳しくは知らない。

( ^ω^)「どうしたんだお?」

('A`)「な、何でもない・・・」

ブーンとは三年間同じクラス、同じ部活だ。
そんなこともあって俺は仲良い友達だと思ってる。
あいつはエースで、俺は補欠にも入れない実力ではあるけれど。

( ^ω^)「そうなのかお?じゃお先にー」

('A`)「あぁ、またな」

いつもと違ってブーンは先に行ってしまった。
だいぶ増えた学生の間をすりぬけながら小さく小さくなっていく。
――あっ、内藤くんおはよー。
――おはようだお。

いつもと違って・・・。

('A`)「は、はは・・・まさかな・・・」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/09(土) 08:13:50.24 ID:xzzo/ZPAO
いつもの通り道、学校へ真っ直ぐの一本道。

まだ今日はブーン以外と話してない。


そういえば挨拶はいつも自分からしていた気がする。


('A`)「・・・」


まだこない、まだこない。
極力平然を装いつつも、誰かがおはようと背中を叩いてくれるのを身構えていた。
いつもは何とも感じない通学路の一歩一歩が、自分の命運を握ったカウントダウンに聞こえる。


('A`)「き、気にしすぎだよな・・・」


今朝、声をかけられたのは結局ブーンだけだった。

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/09(土) 08:39:26.68 ID:xzzo/ZPAO
正直気分はかなり悪い。
なんでかって、教室に近づく程に胃が下にめり込むような感じに襲われるからだ。
――そんなこんなでただいま教室の扉に手をかけているのだが。


('A`)「教室ではいつも通りでいくか・・・」

もしこれで皆が反応しなかったら・・・。

自己主張の激しい腹の重たさを振り切って、思い切りよく扉をあけた。

('A`)「よお、おまえら」

 _
( ゚∀゚)「よお」
( ^ω^)「やっときたお」
(´・ω・`)「遅かったね」


ああ、良かった。
さっきまであんなに重たかった胃はどこかへとんでいってしまったようだ。

('A`)(あとはいつも通り振る舞うだけだ)

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/09(土) 08:55:11.26 ID:xzzo/ZPAO
('A`)「ところでなんの話してたんだよ?」


熱血でクラスの中心のジョルジュ、いつも冷静でイケメンなショボン、そして穏やかで運動のできるブーン。
このクラスになって一番話すのはこの三人だった。


どうやら議題はまた下らない話らしいが、そのことでジョルジュがショボンに熱弁している。


('A`)(しかしまさにクラスの中心だよな・・・)

三人は一人一人に個性があって、それでいて話も面白い。
後輩からは尊敬の眼差し、先生には一目置かれるような、そんな三人の中に・・・俺?

('A`)(なんで俺はこいつらと話してるんだろう・・・?)

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/09(土) 09:03:56.61 ID:xzzo/ZPAO
('A`)(い、いや今まで話してたんだ)

('A`)(いつも通りやればいい、いつも通りいつも通り・・・)

_
( ゚∀゚)「だからぁ、一番変態なのはお前だって!」

(´・ω・`)「それはないない」

('A`)(いまだ!)

('A`)「お・・・、お前に決まってんだろジョルジュ・・・」


中途半端な声、中途半端なタイミング。
ワンテンポ遅れた発言。
いつもならなんでもない一言が、微妙な雰囲気をつくってしまう。


_
( ゚∀゚)「あ?」

('A`) ビクッ

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/09(土) 09:23:13.11 ID:xzzo/ZPAO
(;'∀`)「あ、あはは・・・」

あまりの微妙な雰囲気に、それ以上突っこむことも、前言を撤回する声もでてこない。
曖昧に苦笑いをつくるのが精一杯だった。


( ^ω^)「いや、ジョルジュが一番変態だお」

('A`)「!」

 _
( ゚∀゚)「おいwwwお前もかよwww」

(;^ω^)「っていうかあんなでかい声でおっぱいおっぱい叫べるのはお前くらいだお・・・」

 _
( ゚∀゚)「はははwwwまあなwww」


('A`)(助かったけど・・・)

ジョルジュが笑っていたらチャイムが鳴った。

教室にいる各々が自分の席に戻り始める。

そのなかでドクオだけがジョルジュの背中をじっと見つめていた。

('A`)(冷たい目だった・・・)

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/09(土) 09:46:39.51 ID:xzzo/ZPAO
休み時間はほとんど話さなかった、話したくなかった。
そのために授業が終わっても顔は机に突っ伏したまま過ごす。

( ^ω^)「ドクオどうかしたかお?」

('A`)「少し頭痛くてな」

( ^ω^)「さっさと保健室いくお!」

('A`)「おk・・・あとでな」


('A`)(・・・)

机に伏した状態でも意外とよく教室の音は聞こえる。

人の笑い声、ひそひそ話、忍び笑い。

今の精神状態からすると、その音は甚だ不快だった。
まるで自分のことを馬鹿にされているように聞こえた。

('A`)(もう考えるのをやめよう、我ながら被害妄想が激しい)

そんなこんなで放課後になった。

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/09(土) 09:51:28.94 ID:xzzo/ZPAO
寝る、もう落としていいです

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/09(土) 10:00:31.96 ID:VdSvSjiv0
まってる

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

K-AYUMU

Author:K-AYUMU

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

ユーザタグ

カ行 タ行 ア行 ちんこ ハ行 サ行 マ行 ナ行 英数字  ^ω^) ('A`) ラ行 1レス ワ行 (´・ω・`) ショボーン ヤ行 ブーン ショボン トソン 'ー`)し ξ゚⊿゚)ξ (,゚Д゚) ドクオ まんこ (=゚д゚) J( 1レス カラマロス大佐 シュー ミセリ (-_-) いよう 川д川 人狼 (∪^ω^) 世紀末 ツンデレ 

FC2カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。