mesimarja
気に入ったスレを集めてみました。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

綺麗には終われないようです
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 21:59:28.84 ID:+e+Z2jrnO
七夕だから
好き勝手に、ながら短編を一晩一つ書こうと思った

その3日目
一人七夕祭りは今夜で終了


綺麗には終われないようです


2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 22:07:43.46 ID:+e+Z2jrnO
(゚、゚トソン「で、そのガチョウが王女様なんですね?」

('A`)「ああ、そうだ。俺がお守り出来なかったから、こんな事になってしまった」

こんなときばかり、魔女を頼ってくるから人間は嫌いだ

何も悪さをしない私を、魔女だからと言うだけの理由で
街から追い出し、森の奥にまで追いやり……

都合が悪くなるとこれだ

だから私は人間が嫌いだ

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 22:17:17.54 ID:+e+Z2jrnO
('A`)この男、王女を護衛する騎士なのだという
騎士はこちらの思いなど思慮の外で
一方的に自分の要件をまくし立てる

面倒そうだったから、内容はかいつまんで貰った
長話も嫌いだ

('A`)「他国の魔法使いの呪いのせいで、美しかった王女様がガチョウに」云々……

ふーん

('A`)「高名な魔女トソン様の魔法で元の姿に」云々……

ええ……面倒い……



5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 22:26:21.71 ID:+e+Z2jrnO
('A`)「報酬は充分に用意……

(゚、゚*トソン「なんですと!」

などと、報酬に目が眩んだフリをする。何も欲しいものなどない癖に

我ながら、魔女だなと思う
(*'A`)「おお、やってくれるか!」

(゚、゚*トソン「うまくいくか分かりませんが、全力を尽くします!」

(*'A`)「魔法に必要な物や金は用意する。いくらでも言ってくれ」

はい釣り成功

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 22:36:31.36 ID:+e+Z2jrnO
さて、では魔女らしく行くか。フヒヒ

フヒヒとか書いたが、本心では別に面白がってはいない
ただなんとなく、意地悪魔女ならフヒヒって言うかと思っただけ
この手の勝手な願い事には、飽き飽きしているのだ


(゚、゚トソン「難しい魔法を使います。それには必要な物があります」

('A`)「何なりと。我ら騎士団の威信にかけ、明日の昼までには揃えて見せよう」

(゚ー゚トソン「そうですか。ではまず……」

威信などと言われて、ついニヤケてしまった
からかいがいがある。かも?

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 22:44:27.58 ID:+e+Z2jrnO
(゚、゚トソン「ガチョウから人間にする魔法のためには……」

('A`)「うむ」

神妙な顔して……そんなに王女様が大事か?

……そりゃ大事か。

まあ、知らんがな

(゚、゚トソン「本物のガチョウを6匹、生きたまま連れてきてください」

('A`)「ガチョウの魔法だからな……確かに必要そうだ」

いや別に



15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 22:52:09.74 ID:+e+Z2jrnO
(゚、゚トソン「私はこれから、二つ目の魔法の準備に取りかかります」

('A`)「二つ目?とは?」

(゚、゚トソン「先ほどのガチョウ6匹の魔法が効かなかった時の、サブの策です」

(;'A`)「な、なるほど。さすがは高名な魔法トソン」

(゚、゚トソン「では、また明日の昼においでください」

('A`)「分かった」

(゚、゚トソン「あ、そのガチョウ王女も連れてきてくださいね?」

('A`)「もちろん。よろしく頼むぞ」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 23:01:18.18 ID:+e+Z2jrnO
正直煩わしいのだけれど
たまにはこんな事もないと、人生に飽きてしまう

魔女はだいたい何でもできてしまうから
人間より、案外つまらないのだ

たまに悪さをする魔女もいる
多分人生に飽きて、滅茶苦茶したくなった輩だろう

どうでもいいが



私は「二つ目の策」の為に、台所へと向かった

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 23:04:34.00 ID:+e+Z2jrnO
(゚、゚トソン「……塩が少し足りないですね。ま、いいか」


次の日

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 23:14:44.93 ID:+e+Z2jrnO
普通のガチョウ6匹と、元は王女だったというガチョウ1匹を連れて
騎士は昼前にやって来た

(゚、゚トソン「ではですね、私の家の中に、ガチョウを全部放して下さい」

('A`)「王女もか?」

(゚、゚トソン「はい。で、私達は家の外に出ます」

('A`)「ふむ……」

(゚、゚トソン「そうしておいて、私の家全体に魔法をかけます」

('A`)「我々に魔法がかからない様に、外に出る訳だな?」

(゚、゚トソン「まあ、そうです」

('A`)b「なるほど把握」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 23:23:06.46 ID:+e+Z2jrnO
(゚、゚トソン「準備はこれだけですが、質問はありますか?」

(;'A`)「い、いや、質問……あるような無いような……魔法はよく分からんし」

(゚、゚トソン「では、始めます」

(;'A`)「う、うむ。では魔女殿の家の中にガチョウを全て放つぞ……」


残念。ここで彼は、私に質問をしなければならなかった
よく分からないから、と、丸投げしてしまってはいけなかった

人間は嫌いだ。後で必ず私をなじるから

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 23:32:12.62 ID:+e+Z2jrnO
(゚、゚トソン「では、私達は出ましょう」

('A`)「うむ」

(゚、゚トソン「始めます」

私は少し考え……

簡単な光の魔法を使う
ピカッと光って、見た目が魔法っぽいから

別に意味はない。騎士に魔法らしい感じを与えればいい

(;'A`)「おおっ!眩い光!これが王女を人に戻す秘術か!」



いいえ。違いますがw

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 23:41:23.40 ID:+e+Z2jrnO
(゚、゚トソン「終わりました。上手くいったかどうかは分かりませんが」

(*'A`)「おお、では、王女様の無事を確認してくるぞ!」

無事は無事だろう。何もしてない訳だし
ただ家の中にガチョウが7匹居るだけの結果だが

少しして
騎士は戻って来るなりがなりたてた
予想通りの反応

(#'A`)「魔法は効いていないぞ!ガチョウしかいなかったではないか!」

そりゃそうだ

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 23:48:25.26 ID:+e+Z2jrnO
(゚、゚トソン「仕方ありません。この魔法は簡単過ぎて効かないことも多いのです」
ピカッとする魔法が呪いに効いたことなどないが

(#'A`)「ならば次だ!二つ目の策があるのだろう?」

(゚、゚トソン「次のはかなり危険な奥の手ですので……」

(#'A`)「王女に危険なのか?」

(゚、゚トソン「いいえ。騎士様。あなたが危険なのです」

(#'A`)「構わん!話してみよ!」



25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/07(木) 23:57:13.14 ID:+e+Z2jrnO
騎士の態度がずいぶんと高圧的になってきた

いや、茶番劇までしてこう仕向けたのだ。なってくれねばつまらない

(゚、゚トソン「相当なお覚悟がおありのご様子……さすがは騎士様」

(#'A`)「とっと話せ!」

(゚、゚トソン「騎士様から直接、王女様に」

(゚、゚トソン「人間に戻る様に説得して頂きます」

(#'A`)「な?何を?」

(゚、゚トソン「騎士様に、ガチョウになる魔法をかけます」

(゚、゚トソン「そうすれば、ガチョウ同士会話できます」

('A`)

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/08(金) 00:07:44.26 ID:hvQba7o7O
きょとんとする騎士。うん。なかなかの不細工ぶりだ

(゚、゚トソン「理解できましたか?」

(;'A`)「王女様……の為だ……」

(;'A`)「それで私と王女様は、人間に戻れるのだな」

騎士は「私と王女様」と言った
自分の保身が先に立っているのが伺える
人間なんてみんなわがままなもの
そのわがままな一方で威信などとも吹く

だから私は人間が嫌いなのだ


28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/08(金) 00:11:22.32 ID:hvQba7o7O
(゚、゚トソン「はい」

はいじゃないが


(;'A`)「わ、わかった……やってくれ」

(゚、゚トソン「では始めます」

私は変身の魔法を、騎士に唱えた

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/08(金) 00:14:57.02 ID:hvQba7o7O
(゚、゚トソン「ガチョウ8羽……やはり塩が足りませんね」

私は人間が嫌いだが



ガチョウの塩漬け肉は大好物なのだ

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/08(金) 00:15:43.81 ID:hvQba7o7O
綺麗には終われないようです

終わり

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/08(金) 00:17:40.53 ID:hvQba7o7O
支援とかありがとうございます

あと匹じゃなくて羽でした
間違えた

ではさようなら

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/08(金) 00:27:50.59 ID:hvQba7o7O
♪たーなーばーたーサーラサラー

七夕とはサラサラ関係ございません

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

K-AYUMU

Author:K-AYUMU

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

ユーザタグ

カ行 タ行 ア行 ちんこ ハ行 サ行 マ行 ナ行 英数字  ^ω^) ('A`) ラ行 1レス ワ行 (´・ω・`) ショボーン ヤ行 ブーン ショボン トソン 'ー`)し ξ゚⊿゚)ξ (,゚Д゚) ドクオ まんこ (=゚д゚) J( 1レス カラマロス大佐 シュー ミセリ (-_-) いよう 川д川 人狼 (∪^ω^) 世紀末 ツンデレ 

FC2カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。