mesimarja
気に入ったスレを集めてみました。
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( ><)「兄ふんじゃった……。」
6 名前:1:2011/11/28(月) 19:00:11.38 ID:wKsBREFtO
 


0ふんじゃった: 絶対にイジメをなくしてやる!


.


9 名前:1:2011/11/28(月) 19:06:50.89 ID:wKsBREFtO
 


/ ,' 3「お、もうチャイム鳴ったか」

ハハ ロ -ロ)ハ「起立!着席!」

(*><)「お昼なんです!」


 今日の陽気は心地よかった。
 窓から射し込んでくる、暖かな日光を浴びているのに、生徒があまり寝ていなかったのは、 お昼前の四限目だったからだ。
 長いようで、いざ受けてみると短い歴史の授業は、授業の半分くらいが、先生の祖父の話だった事には誰も触れず、
 お昼にありつきたい一心で、皆がそれとなく話を聞き流し、結果、先生の独り舞台で、四限目の授業が終わった。

 先生がのしのしと退室し、チャイムが鳴り終える前に、皆がそそくさと机を囲んでいった。
 午後の体育を嘆く声が聞こえたり、今の歴史の授業で疲れたとぼやく声も聞こえていた。
 俺は、今日も、焼きそばパンを買いたいがために、はやく教室を出て、猛ダッシュで購買部に向かった。
 階段を下りる前、窓から運動場にたたずむ購買部の様子を見ると、早速十人は並んでいた。
 これじゃあ、今日も焼きそばパンは無理そうだ。

 だが、だからといって諦めてはだめなのだ。
 混んでいるように見えて、実は焼きそばパンは余っている、ということがごくまれにある。
 俺は、今日もその可能性に賭け、一目散に駆けた。
 ああ、今日こそは、焼きそばパンが買えそうだ。


.

10 名前:1:2011/11/28(月) 19:09:08.12 ID:wKsBREFtO
 


( ><)「焼きそばパンください」

爪゚ー゚)「ちょうど今売り切れました」


 おにぎりを二個買って、早足で教室に戻った。
 中庭で食べてもいいのだけど、あそこは、カップルがいちゃいちゃして、ご飯を食べる場と決まっているので、居づらい。
 それぞれに鮭と昆布の入ったおにぎりは、まだ温もりを宿している。
 これが逃げないうちに、胃袋に納めたいものだ、と思った。



(*><)「はやく食べよっと」
 つ▲と

 教室の扉を開き、いざ食べるべく、自分の席に向かおうとした。
 おなかも鳴り、すっかり、胃も米を受け付ける準備をしていた。


 そんな空腹感が、一気にぶっ飛ぶ光景を目の当たりにした。



.

13 名前:1:2011/11/28(月) 19:15:07.29 ID:wKsBREFtO
 


ミ,,゚Д゚彡「な、いいから!」

(;-_-)「困るよ……」

ミ,,゚Д゚彡「俺の言うことが聞けねぇのか?」

(;-_-)「とは言ってもさぁ……」

( ><)「(あれは……小森くんと擬古くん)」


 クラスの皆が談話、食事を楽しむなかで、そこだけは明らかに空気が違っていた。
 お弁当が載せられた机を挟んで、座っている小森マサルと、擬古(ぎこ)フサルが対峙していた。

 いや、対峙という表現ではない。
 ライオンがうさぎを睨むのによく似た視線で、擬古が小森を見下している。
 擬古はがたいがよく、この中学校には珍しい長髪の、有名なヤンキーだ。
 いっぽう小森は、見たままだが、背が低く痩身で、静かな男である。
 その小森が、威圧的に接している擬古に対し、ただただ萎縮していた。


.

15 名前:1:2011/11/28(月) 19:20:28.73 ID:wKsBREFtO
 

ミ,,゚Д゚彡「どーして嫌なんだ?」

(;-_-)「悪い事できないよ……そんな……」

ミ,,゚Д゚彡「だから俺がいいっつってんだよって」

(;><)「(あわわ……)」


 誰も、異様な空気を漂わす二人に、声をかけようとしない。
 否、声をかけるというより、小森を庇おうとしないのだ。
 おそらく、自分が〝これ〟の標的になりたくないから、あえて見て見ぬ振りをしているのだろう。

 イジメかぁ……。



( ><)「はむ……はむはむ……っ」
 つ▲と

 今日食べたおにぎりは、いつもよりも美味しさが半減していた。
 なんかおにぎりになにも具が入ってなかったけど、とりあえず、味はいつもの半分くらいしか味わえなかった。
 なにもかも、このイジメのせいだと、食事を採っている間、ずっと考えていた。
 いっぽうで、俺の食事の良きムードを壊された、とも思っていたが、これは逆恨みだな。
 でも、やっぱりイジメは認めたくなかった。


.

17 名前:1:2011/11/28(月) 19:25:17.23 ID:wKsBREFtO
 






( <●><●>)「由々しき事態だ」

( ><)「兄貴、イジメってなんで起こるの?」


 部活の間も、俺の脳内からもやもやが拭えなかった。
 部活のサッカーで、グラウンドを走り回り、クタクタで帰宅後、食卓を兄貴と二人で囲んで夕食を採っていた。
 それを少しずつ口にながら、俺は言った。
 すると、兄貴はまったく笑いもせず、俺が話している間も始終真顔だった。
 目を細め、兄貴は自分の手づくりの肉じゃがを食べている。

 肉じゃがは旨いが、互いに顔はぜんぜん笑っていない。
 というのも、俺が、昼の出来事を話したのだ。


.

19 名前:1:2011/11/28(月) 19:27:57.07 ID:wKsBREFtO
 


( <●><●>)「誰かをいじめる事で、己の優位性を示し、自分がいじめられないようにしたいのだ」

( ><)「それはわかるけど……
      中学に上下関係なんてどうでもいいんじゃ……」

( <●><●>)「それは違ふぇ!」

( <●><●>)

( ><)

(#<●><●>)「それは違うぞ、テルナンデス」

( ;><)「俺にあたるな!」


 口にじゃがいもを運びつつ、いちいち長く話したものだから、兄貴は箸を噛んでしまったようで、痛そうにしている。
 そして、急に大声を出されたので、思わず俺も大声を出してしまった。


.

20 名前:1:2011/11/28(月) 19:30:30.27 ID:wKsBREFtO
 

( <●><●>)「イジメなどどうでもいいのだが、テルナンデスの食事を妨害するのはいけ好かん」

( ;><)「おい! 前半撤回しやがれ!」

( <●><●>)「安心しろテルナンデス、私がイジメをなくしてやる!」

( ;><)「動機が不純すぎる!」

 いつになく真面目に話を聞いてくれたと思ったら、結局はこのオチだ。
 「なくしてやる」ってなんだよ、やっぱり先生にでも言うのか?

 すっかり意気消沈した俺は、最後に一口肉をほおばり、食卓をたった。
 もう兄貴はほっとこう。





( <●><●>)「晒し首か電気椅子、どちらか選べ」

ミ;゚Д゚彡「はぁ!?」

( ><)

( ><) あぁ、本人に交渉するんだ……

.


21 名前:1:2011/11/28(月) 19:32:51.78 ID:wKsBREFtO
 

 やがて日が明け、俺も兄貴も学校に着いた。
 登校すると、各々が授業の用意だったり、カコン(鹿威し)の用意だったりを、淡々としていた。
 俺も、ロッカーの中やゴミ箱、放送室など校内を転々と巡り、兄貴探しに努めていた頃だ。
 諦めて教室に戻ると、見慣れぬ光景が、目の前に広がっていたのだ。

 白衣の男が、擬古に詰め寄っている。
 その白衣の男の裏では、その男の写真を撮ったり、
 握手をせがんだりしている者で、すっかり教室内が溢れかえっていた。


.

23 名前:1:2011/11/28(月) 19:35:50.33 ID:wKsBREFtO
 


( ><)「って――」

( ;><)「兄貴、なにしてんだよ!」

( <●><●>)「おお、テルナンデス。
         こいつが昨日した、テルナンデスの食事の妨害は、
         兄法第二十六条『テルナンデスの私的時間確保』の項目に反する。
       だから、罰そうとだな」

( ;><)「罰そう、って、いきなり死刑かよ! いいから帰れ!」

( <●><●>)「それではダメなのだ」


 と兄貴が言うと、いきなり、どこからか分厚い本を取り出し、得意げに見せてきた。
 その本は、紅色の表紙に、金文字で兄法とか書かれてあった。
 なんのためらいもなく奪い取って破り捨て、帰れと言ったのだが、
 この本には予備があったらしく、兄貴は二冊目のそれを、懐から取り出した。


( <●><●>)「わかるかテルナンデス、罪を犯した者が罰を受ける、これは世界の常識でもあるのだぞ」

( ;><)「その常識の根本が常識はずれだっての!」


.

25 名前:1:2011/11/28(月) 19:38:18.92 ID:wKsBREFtO
 

 二冊目も噛みちぎってやったのに、今度は、尻ポケットから三冊目を取り出しやがった。
 それを窓の外に投げ捨て、外から聞こえる悲鳴を無視して、俺は兄貴に最大限の譲歩をした。


( ><)「じゃ、じゃあ、擬古くんが謝ってくれたら、許してあげて?」

( <●><●>)「近代最高の法案だ」


 兄貴がそういうと、ただ唖然としている擬古に一瞥を与え、
 ポケットに手を突っ込み、髪を逆立て、大声で説教まがいに言った。


( <●><●>)「ギコ!」

ミ;゚Д゚彡「あンだよ……?」

( <  ><  >)「ふぅ」


 兄貴がいったんうつむき、溜息を漏らした。
 どう説得してくるのか、俺は心配で見ていた。


.

26 名前:1:2011/11/28(月) 19:40:20.41 ID:wKsBREFtO
 



( <●><●>)「テルナンデスに謝れ!!」

( ><)


(;><)「俺ぇぇぇ!?」



.

29 名前:1:2011/11/28(月) 19:42:30.56 ID:wKsBREFtO
 

 先程まで、兄貴を一目見たいと思って集っていた兄ファンクラブも含め、皆が皆、黙り込んだ。
 擬古に至っては、呆然とか言うより、もうぽかーんとしている。
 数秒、間を置いて、大拍手が起こった。


ハハ* ロ -ロ)ハ「兄、さすがです!」
爪'ー`)y‐「リスペクトだぜ」
▼・ェ・▼「わん!」


( <●><●>)「さぁ、謝れ!」

( ;><)「(小森くんに向かって謝らせろよ!)」

ミ;゚Д゚彡「え……あ」


 完全に放心状態だった擬古くんは、兄貴の一声で我に返り、まじまじと俺をみた。
 もうなにがなんだか理解ができない俺に、擬古くんは頭を下げながら言った。

ミ;゚Д゚彡「テルナンデス、すまん」

( ;><)「あ、あはは……」

.


31 名前:1:2011/11/28(月) 19:44:25.00 ID:wKsBREFtO
 



( <●><●>)
ハハ ロ -ロ)ハ
爪'ー`)y‐
▼・ェ・▼



( ;><)「(どうしてくれんだこの空気ィィィィ!)」

( <●><●>)「よし、そろそろ絞首かギロチンか選べ」

ミ;゚Д゚彡「えぇ~……?」

( ;><)「なにが『よし』だ!」


 擬古くんにのしのしと近づく兄貴を後ろから抱え込み、これ以上前に歩ませまいと、全力で引っ張った。
 まあ、やはりびくともしないのだが、兄貴も俺の気持ちがわかったのか、歩みを止めた。
.

32 名前:1:2011/11/28(月) 19:46:22.86 ID:wKsBREFtO
 

( <●><●>)「この歳になって尚、愛する弟の抱擁にときめく私が悔しい」

( ><)「うわあ、キモッ!」

ミ;゚Д゚彡「えっと……」

≡(><; )「擬古くん今日の事は忘れていいよ! じゃっ!」

≡(<●><●> )「今日もテルナンデスは可愛いぞ」

≡( ;><)「顔を近づけんじゃねぇ!」


 沈黙を貫き通した皆の視線になんとか耐え、兄貴を教室の外に追い出した。
 案の定、なにかを勘違いしていらっしゃる兄貴だが、俺は構わず、言い切った。


( ><)「小森くんに謝ってほしいの! 俺じゃねーよ!」

( <●><●>)「疋田か……」

 兄貴を説得していると、そのちょうど核心部分でチャイムが鳴った。
 仕方ないから、続きは家で言うとして、俺はそのまま教室に戻った。
 なぜか、ファンクラブの皆から恨めしい目で見られたが、俺の顔に米粒がついているからだ、という事にしておく。


.

35 名前:1:2011/11/28(月) 19:54:05.94 ID:wKsBREFtO
 

/ ,' 3「お、もう終わりか。歳をとると時間が流れるのが早」

ハハ ロ -ロ)ハ「起立!着席!」

(*><)「お昼なんです!」


 今日は、先生が、自分の入れ歯をぼっとんに落としてしまった時の話を聞かされた。
 体育のあとの授業だからか、クラスメートの半数が寝ていた。
 また、もう半数がしゃべくり続けたのだが、それすらものともせず、先生は延々と続けていた。


 楽しみのお昼休みだ、今日こそ焼きそばパンを食べようと思う。
 そういえば、この前、クラスメートのヤンキーくんっていう、協調性がないけど
 ちょっと変わってて、おもしろい子が、焼きそばパンを手にしたことがあった。
 その時、一口だけもらった。
 焼きそばはなかったが、さすが焼きそばパンというだけあって、凄くおいしかった。


( ><)「今日こそ焼きそばパンを……」


.

36 名前:1:2011/11/28(月) 19:56:34.51 ID:wKsBREFtO
 

 駆け足で教室を出て、
 全速力で購買部に向かった。

 購買部から一番近いクラスは三年生だ。
 いつもは、人気商品の大半を三年生が買い占めていくから、それらは買えないのだが、
 今日は、体育館で三年生全員出席での、進路の説明があった筈である。

 そして体育館は購買部から遠い位置に在る。
 だから、買える可能性は、高い。

 実際、今日の行列は人がいつもより少なかった。
 並んでいる人も下級生が多い。


(*><)「(あ、まだ焼きそばパンある!)」


 俺が買う直前になり、購買部の棚を見てみると、三つも焼きそばパンが残っていた。
 しかも並んでいるのは、俺とその前の人だけ。
 これは、もしかしたら、と思うと、胸の高鳴りが止まなかった。


.

37 名前:1:2011/11/28(月) 19:57:42.16 ID:wKsBREFtO
 


(*><)「(焼きそばパンげっちゅー!)」

( <●><●>)「焼きそばパンをあるだけくれ」

爪゚ー゚)「はい」

( ><) そ

爪゚ー゚)「たった今、焼きそばパンが売り切れましたー」

( ><)




( ><)
 つ▲と


 結局、いつものおにぎり二個を購入した。
 それぞれに鮭と昆布の入った、このおにぎりの温もりだけが、俺を癒してくれた。


.

39 名前:1:2011/11/28(月) 19:59:55.14 ID:wKsBREFtO
 

( <●><●>)「テルナンデス、どうしたまたおにぎりか」

( ><)「わざとだろ」

( <●><●>)「?」


 大切におにぎりを抱えている俺に、
 俺が買えた筈の、焼きそばパンを奪い取った兄貴が、そう話しかけてきた。
 しかも嫌みを言われた。
 言い返すと、兄貴は無垢すぎるほどに「わかんないんです」と言いたげな視線を、俺に向けた。


( ><)「はぁ……とりあえず、兄貴はこっち来ないでね」

( <●><●>)「謝らせるのではないのか?」

( ><)「兄貴がくると面倒なんだよ!」

( <●><●>)「テルナンデス……」

( ;><)「(あっ! 言い過ぎたかな……)」


.

40 名前:1:2011/11/28(月) 20:02:07.16 ID:wKsBREFtO
 

 俺が、大声で兄貴に怒鳴りつけると、兄貴は残念そうな顔をして、しょんぼりとし、肩をすくめた。
 しまった。俺は、自分がパンを買えなかったのに苛立ちを感じ、その腹いせにと、兄貴にあたってしまったのだ。
 はは、最低じゃないか。


( <●><●>)「そうか、そんなにアーンしてもらうのが恥ずかしいのか」

(><; )「(なんかいろいろと違う……)」


 前言撤回だ。
 驚くほどにポジティブシンキングな兄貴が
 俺に怒鳴られた程度で、落ち込む柄ではないのは、
 ほかの誰よりも、俺が知っている筈ではないか。


.

41 名前:1:2011/11/28(月) 20:05:14.37 ID:wKsBREFtO
 

 美味しそうに焼きそばパンを頬張る兄貴は、俺が、未だにおにぎりのラップを
 開封しようとしないのに気づいて、俺からおにぎりを取り上げて、言った。


( <●><●>)「どうした、食べないのか?
         なんならアーンしてやるぞ?」

( ;><)「教室で食べるんだよ、歩きながら食べるのは嫌なんだ!」

( <●><●>)「イジメを見ながら食べるのは嫌ではないのか」

( ><)「嫌だけど……」

( ;><)「でも、歩きながらって行儀悪いんじゃ……」

( <●><●>)「『立てば芍薬
          座れば牡丹
          歩く姿はテルナンデス』
         って言うではないか」

( ;><)「おい三つ目なんとかしろ!」

( <●><●>)「テルナンデスが歩くだけで世界が救われるのだぞ」

( ;><)「(ごめん逆に歩けないっ!)」


.

43 名前:1:2011/11/28(月) 20:08:18.75 ID:wKsBREFtO
 

 兄貴とおにぎり争奪戦を繰り広げている間に、気がついたら、もう教室に着いていた。
 そこでは、皆が机を囲んで、和気藹々と語らい、箸を進めていた。
 そんななか、やはり、擬古と小森が、対峙していた。
 端から見ると、擬古がいじめっ子にしか見えないし、実際、そうなんだ。


( <●><●>)「お、あれが小森だな」

( ><)「うん」

( ><)

( ><)「なんで兄貴がここにいるの?」

( <●><●>)「言っただろ、絶対にイジメをなくしてやる」


 こっちを見て、そう言って、にんまりと笑んだ。
 しかし、正直言って、迷惑すぎる。
 兄貴のせいで、俺が周りから白い目で見られるんだ。


.

45 名前:1:2011/11/28(月) 20:11:13.09 ID:wKsBREFtO
 

 なんて言う間もなく、
 気がつくと、兄貴は既に二人の前に立っていた。


( ;><)「(早く止めないと…)」

( <●><●>)「なるほど、貴様が小森で間違いないな?」

(-_-)「う、うん……。あなたは、テルナンデス君の兄ですね?」

( <●><●>)「そんな事はどうでもいい」

( ><)「(どうでもよくねぇ!)」

( <●><●>)「貴様に如何なる過失が有るかなど知った事ではないが」

( ;><)「(さり気なくひどい事言っちゃってるよ!)」

( <●><●>)「それでも貴様は小森か!」

(; ; ><)「(小森だよ!!)」


.

46 名前:1:2011/11/28(月) 20:12:50.36 ID:wKsBREFtO
 

 兄貴が暴走しようとしているなか、肝心の小森は、おどおどして、
 なるべく角が立たないような口振りで、兄貴に言った。


(;-_-)「えっと……僕、なにか悪いこと……」


 瞬間、兄貴の眼が見開かれた。
 髪も逆立っているし、室内が静まり返っている。


.

47 名前:1:2011/11/28(月) 20:16:51.39 ID:wKsBREFtO
 


( <●><●>)「小森! 貴様は、それでいいのか!?」

(;-_-)「!」


 ゴゴゴゴ…
( <●><●>)「人生という一本道において、選択肢は行くか戻るかのみだ!
         そして、目の前に壁が立ちはだかっていたら、貴様は戻るのか!?
         そうだと、今まで歩んできた道を、再び見るだけだぞ!」

(-_-)「!!」

( <●><●>)「壁など、乗り越えてやれ!
         岩は砕け! 湖は越えろ!
         ほんとうの『小森』を見せてやらぬかッ!!」

(;_;)「兄………僕が間違ってたよ!」

( ><)「兄貴……」




( ><)「(結局なにが言いたいんだよ……!)」


.

48 名前:1:2011/11/28(月) 20:19:37.82 ID:wKsBREFtO
 

( <●><●>)「よし、じゃあその意気でテルナンデスに謝れ」

( ><)

( ><)「は?」


(ぅ_t)「ぐすッ……ごめんね、テルナンデス君」

( ><)

(>< )

(><; )「(だからなんで俺なのッ!?)」


 なぜか、擬古が小森に――
 ではなく、小森くんが俺に謝る
 という、もはや元がどんなだったか分からない関係となっていた。


.


49 名前:1:2011/11/28(月) 20:22:15.49 ID:wKsBREFtO
 

 依然教室は静かで、皆の痛々しい視線が俺に突き刺さっているのが、悲しきかな、よくわかる。
 そして、小森はすっかり兄貴にノセられ、自分が悪いんだ、と暗示してしまっている。


( ;><)「いや、小森くんは関係ないよ? 兄貴に騙されちゃ、だめだって」


( <●><●>)「実に感動的な仲直りだ」

爪'ー`)y‐「テルナンデス君を見直したぜ」

ハハ ロ -ロ)ハ「テルナンデス君の事勘違いしてました。ごめんなさいテルナンデス君」

( ;><)「(だから、なんなんだこの空気ぃ!)」


 お涙頂戴シーンなんて一度もなかった筈なのに、
 教室内は、すっかり鼻を啜る音で埋め尽くされている。
 なんか、俺が一方的に被害者って感じがして、嫌だ。


.


50 名前:1:2011/11/28(月) 20:25:04.67 ID:wKsBREFtO
 

( <●><●>)「よし、ギコもだ」

ミ;゚Д゚彡「まだあるの~……?」

( <●><●>)「疋田をいじめていたのは問題だ。
         ついでだし、謝っておけ」

( ;><)「(〝ついで〟とか言ったな!? なぁ、言ったろ!!)」



ミ,,゚Д゚彡「え」

(-_-)「いじめって?」

( ><)「え?」


 すると、擬古が再び頭を下げるはめになるのか、と思っていたのが一変
 二人ともきょとんとした顔をして、兄貴を見つめている。
 思わず、俺も同じように、きょとんとしていた。


.

51 名前:1:2011/11/28(月) 20:26:41.60 ID:wKsBREFtO
 


( <●><●>)「とぼけるな。小森をいじめていたのは確定事項だ」

ミ,,゚Д゚彡「え、なんの話かわかんない」

(-_-)「……!」

(-_-)「もしかして、昨日のお昼の?」

( ;><)「お昼の? ……って聞かれても」


 すると、小森が、顔を赤らめながら、ぼそぼそと何かを呟いていった。
 それを聞いて、俺は驚愕した。


(;*-_-)「お恥ずかしい話ですが……」

 そういう語り出しで、彼は、ぽつぽつと語り始めた。
 昨日のお昼の事だ。



.

52 名前:1:2011/11/28(月) 20:27:50.20 ID:wKsBREFtO
 



(-_-)『お昼だ…』

(-_-)

(;-_-)『あれ?』

(;-_-)『(お弁当がない……。忘れちゃったのかな)』


ミ,,゚Д゚彡『おーすヒッキー』

(-_-)『あ、フサギコくん』

ミ,,゚Д゚彡『中華弁当買ってきた……って、どうした飯は』

(;-_-)『その、家に置いてきちゃって』

ミ,,゚Д゚彡『そうか』

(-_-)『まあ一食くらい、抜いてもいいよね』


.


53 名前:1:2011/11/28(月) 20:28:56.83 ID:wKsBREFtO
 


ミ,,゚Д゚彡

ミ,,゚Д゚彡『よし、じゃあ俺のンやるよ』

(-_-)


(;-_-)『え!? 悪いよ!』

ミ,,゚Д゚彡『いいから食えって。ただでさえ、お前チビなんだから、飯だけは抜くな』

(;-_-)『フサギコくんだって成長期じゃん! 悪いよ!』

ミ,,゚Д゚彡『じゃあ訊くが、どーして嫌なんだ?』

(;-_-)『悪い事できないよ……そんな……』

ミ,,゚Д゚彡『だから俺がいいっつってんだよって』

(;-_-)『ぁぅ……』


.

56 名前:1:2011/11/28(月) 20:31:53.11 ID:wKsBREFtO
 

 どうやら、小森は、うっかり自分の弁当を忘れてきてしまったようなのだ。
 そんな、お昼を忘れた小森に、胸を痛めた擬古は、購買部で買った中華弁当を
 半ば強制的に、小森にあげよう、としていたらしい。
 でも、それだと擬古のご飯がなくなるから、と言って、頑なに拒んでいた小森、
 そして、その二人のやり取りの、一部だけを見たのが、俺。



( ><)「じゃあ、イジメとかは……」

ミ,,゚Д゚彡「ハ? あるわけないじゃん」

(-_-)「フサギコくんとは小学校からの友だちだし…」


.

57 名前:1:2011/11/28(月) 20:32:59.76 ID:wKsBREFtO
 


( ><)

( <●><●>)

爪'ー`)y‐

ハハ ロ -ロ)ハ

▼・ェ・▼

(-_-)

ミ,,゚Д゚彡



≡( <●><●>)「エマージェンシーコールが私を呼んでいる。
          お暇させていただくぞ」

≡( ;><)「あぁ、兄貴待って!」


.

58 名前:1:2011/11/28(月) 20:34:03.54 ID:wKsBREFtO
 

ミ,,゚Д゚彡っ「まあ待てよ」

っ< ><) そ


ミ,,゚Д゚彡「なんかよくわからんが、とりあえず俺とヒッキーに謝れよ、な?」

(;><)「謝らせたのは俺じゃな」

(-_-)「……」

ミ,,゚Д゚彡「……」

( ><)「……」



.

59 名前:1:2011/11/28(月) 20:35:06.58 ID:wKsBREFtO
 


≡( 。><)「ごめんなさぁぁぁい!」



 次の日から、俺は、いつも以上に周りから
 白い眼で見られるはめになってしまった。



.

60 名前:1:2011/11/28(月) 20:38:27.09 ID:wKsBREFtO
 


題:( ><)「兄ふんじゃった……。」
仮タイトル:( ><) 兄ふんじゃった!んだそうです
企画段階での仮タイトル:( ><)は兄ふんじゃったようです
作品案が脳内に浮かんだ時の仮タイトル:( ><)テルナンデスは兄ふんじゃったようです


 おしまいです。
 短いながらも、つきあっていただき、ありがとうございました!
 たぶん誤字はないと思うけど、あったらごめんなさい。


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

K-AYUMU

Author:K-AYUMU

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

ユーザタグ

カ行 タ行 ア行 ちんこ ハ行 サ行 マ行 ナ行 英数字  ^ω^) ('A`) ラ行 1レス ワ行 (´・ω・`) ショボーン ヤ行 ブーン ショボン トソン 'ー`)し ξ゚⊿゚)ξ (,゚Д゚) ドクオ まんこ (=゚д゚) J( 1レス カラマロス大佐 シュー ミセリ (-_-) いよう 川д川 人狼 (∪^ω^) 世紀末 ツンデレ 

FC2カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。