mesimarja
気に入ったスレを集めてみました。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( ^ω^)ブーンは豪華客船に乗り込むようです
前スレ
7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 17:07:07.42 ID:T1jdtUUj0
川 ; -;)

(;^ω^)「ほら! 走って!」

川 ; -;)「……頼むぞ」

(;^ω^)b「当たり前だお! 一応、動けるデブなんだお! 任せてくれお!」 グッ

川 う-;) グシグシ…

川 う-;)「……約束だからな」

(;^ω^)b「約束だお! 小学校の頃パパイヤ鈴木とかスタン・ハンセンとかあだ名された僕ならやり遂げられる自信があるお!」

川 ; -;)” コクリ

≡≡≡川 ; -;) タッタッタ…

(;^ω^)

(;^ω^)=3「……行ったかお」フゥ


9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 17:09:35.24 ID:T1jdtUUj0
(;^ω^)「……とまあ、カッコ良く言ってみたは良いけど」

(;^ω^) ジャブジャブ…

(;^ω^)「すでに浸水してるし……」

(;-ω-) ゴクリ…

(;-ω-)「急がなきゃ、本格的にマズイお……!」

(;-ω-)

(;-ω-)「って言うか、この広い船内何処を探せば良いのか……」

(;-ω-)

(;;;-ω-)ダラダラ…

(;;;-ω-)「やっべー、冷や汗止んねー」 ダラダラ…



~~~

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 17:12:12.63 ID:T1jdtUUj0



(;^ω^) ジャブジャブ…

(;^ω^)「ジョルジュー!! どこだおー!!」



(;^ω^)つ ガチャ!

(;^ω^)「ジョルジュー!」


(;^ω^) キョロキョロ

(^ω^;) キョロキョロ

(;^ω^)「ジョールジュー!!」




~~~

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 17:16:01.18 ID:T1jdtUUj0
(; ゚ω゚)「ゼェ……! ゼェ……!」

(; ゚ω゚)「どこにも居ねええええええええええええええええええええ!!!!」 ドドドドーン!!

(; ゚ω゚) ジャブジャブ…

(; ゚ω゚)「水も腰くらいまで来てるし……ッ!」

(;´ω`)「その上すっげー傾いててロクに歩けないし……」 ゼェゼェ…


               ガコンッ……!


Σ(; ゚ω゚)))「おお!」 ゴゴゴ……

(; ゚ω゚)「……やべぇお! ちょっとした揺れでも足を取られる様になって来たお! 水って怖い!」

(; ゚ω゚)「そろそろ本気で逃げないと……」

(; ゚ω゚)

(; ゚ω゚)「あれ? どうやって甲板行くの?」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 17:19:11.53 ID:T1jdtUUj0
(; ゚ω゚) キョロキョロ

(゚ω゚ ;) キョロキョロ

(; ゚ω゚)「ココハドコデスカーーーーーー!!!」ヤベェェェェ

(; ゚ω゚)「GYAAAAAAAAAAAAAA!! 死ぬうううううううううううううう!!」

(; ゚ω゚) ジャブジャブ!!

(; ゚ω゚)「全然前に進まねえええええええええええええええええええ!!」

(; ゚ω゚)「助けておおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!」

(; ゚ω゚) ハッ!

(; ゚ω゚)「この扉……、だったかお? 確か、ここからサロンに出て、階段を……」

(; ゚ω゚)つ ガチャ…

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 17:22:45.96 ID:T1jdtUUj0


                          ドバァァァァァアア!!


(; ゚ω゚)「どわああああああああああああああ!! 水が!! 水が押し寄せてくるううううう!!」 ギャァァァ

(; ゚ω゚)≡≡≡≡ ザッバーン!

( ´ω`)「ガボゴボガボガボ……!」 ブクブク…

( ´ω`)

::(  ゚ω゚)::「プッハー!!」

(  ゚ω゚)「し、死ぬかと……」 ハァハァ…
  _
(  ∀ ) プカー…

(;^ω^) ハッ

(;^ω^)「あれ……? 誰か浮いてる……?」
  _
(  ∀ ) チーン

(; ゚ω゚)「うわああああああああああああああ!! ジョルジュだああああああああああああ!!」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 17:25:30.34 ID:T1jdtUUj0
(; ゚ω゚)「ジョルジュー!! ジョルジュー!!」
  _
(  ∀ ) チーン

(; ゚ω゚)「起きておー!! 死んではいけないお!!」
  _
(  ∀ ) チーン

(; ゚ω゚)「チーンじゃねぇお!! お前、クーさん置いて行くつもりかお?!」
  _
(  ∀ ) チーン

(; ゚ω゚)「うおおおおおおおおおおおお!! マジで死んでやがるぜえええええええええええええええ!!」

(; ゚ω゚)

(; ゚ω゚)「……どうすんのこの状況」 ジョルジュシンデルシ……

(; ゚ω゚)

(; ゚ω゚) ゾクッ…

(; ゚ω゚)「と、とりあえず、逃げなきゃ……」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 17:28:22.13 ID:T1jdtUUj0
(; ゚ω゚)「お?」


                ベキ……
                    パキ……
                               ミシミシ……


(; ゚ω゚)「あれ……、奥の扉から嫌な音が聞こえてくるお?」

                          パキパキ……

(; ゚ω゚)

(; ゚ω゚)「に、逃げ……」


                               バキバキバキバキッ!!

                            ドバァァァァアアアアアアアアア!!


(; ゚ω゚)「ホァアアアアアアアアアアアア!!」

(  ゚ω゚)≡≡≡≡ ザップーン!

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 17:31:57.64 ID:T1jdtUUj0
(  ゚ω゚)「ガボガボガボガビ!!」 ブクブクブク…

(  ゚ω゚)

(  ゚ω゚)「ガボゥ!!」 ブゥ…

(  ゚ω゚)

(  ゚ω゚)「ビボ……」

(  ゚ω゚)










……

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 17:34:09.17 ID:T1jdtUUj0























.

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 17:36:53.10 ID:T1jdtUUj0
 ⊂⊃
( ^ω^) チーン

⊂⊃
('A`) チーン

 ⊂⊃
( ^ω^)「よお」

⊂⊃
('A`)「お先でした」

 ⊂⊃
( ^ω^)「許さない」

⊂⊃
('A`)「ひ弱だからさ、俺」 キリッ

 ⊂⊃
( ^ω^)「もっとメシ食えよ。死ぬ衝撃じゃねぇだろ、あれ」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 17:40:32.38 ID:T1jdtUUj0
⊂⊃
('A`)「んな事言ったってなぁ……、死んでしまったものはしょうがない」

 ⊂⊃
( ^ω^)「しょうがないで済ますなお。生きとし生けるものに対しての冒涜だお」

⊂⊃
('A`)「で、どうする?」

 ⊂⊃
( ^ω^)「何がだお?」

⊂⊃
('A`)「何で衝突したのか、見る?」

 ⊂⊃
( ^ω^)「ああ……。確かに不思議だおね……。この広い海で船同士がぶつかるなんて……」

⊂⊃
('A`)「いや、不思議って事は無いさ」

 ⊂⊃
( ^ω^)「そうなのかお?」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 17:43:52.20 ID:T1jdtUUj0
⊂⊃
('A`)「大体の船は、同じ航路を辿ってる。例外はあるがな。だからぶつかる危険なんて、いつも隣り合わせだぜ」

 ⊂⊃
( ^ω^)「そうだったのかお……。でも、今回のは防げなかったのかお?」

⊂⊃
('A`)「防げたか、防げなかったか。その辺も見て行こうか」

 ⊂⊃
( ^ω^)「おっおっ……」

⊂⊃
('A`)「さて……。場所は変わってブリッジ……」



(´・ω・`)つ ピピッ…ピピッ…



 ⊂⊃
( ^ω^)「おっ……この人、船長かお?」

⊂⊃
('A`)「ああ。アンドレア・ドリアの船長だな。どうやらレーダーをいじっているみたいだ」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 17:46:47.25 ID:T1jdtUUj0
(船`∪´)「どうしました、船長」

(´・ω・`)「レーダーが正常に動いてるかと思ってね」

(船`∪´)「滅多な事じゃ壊れませんよ」

(´・ω・`)「万が一、って事もある……」


 ⊂⊃
( ^ω^)「なんだか、用心深そうな人だお」

⊂⊃
('A`)「その通り。アンドレア・ドリアの船長は用心深さで有名だったんだ」

 ⊂⊃
( ^ω^)「おーん……。つーか、レーダーなんてあったのかお……」

⊂⊃
('A`)「当時としては最新鋭さ」

 ⊂⊃
( ^ω^)「すっげー」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 17:50:04.78 ID:T1jdtUUj0
(´・ω・`)「……少し霧が出てきたか?」

(船`∪´)「確かに……。でも、レーダー通りに進んどけば大丈夫ですよ」

(´・ω・`)「……いや、レーダーは信用ならんな」

(船;`∪´)「そうですか?」

(´・ω・`)「海って言うのは、本当に何があるか分からない……」

(船;`∪´)「そりゃそうですけど……」

(´・ω・`)「見張りを3倍に増やせ。障害物が無いか、常に確認。どんな小さな事でも報告しろ」

(船`∪´)「はい……!」


 ⊂⊃
( ^ω^)「おお……、最新鋭に頼らない堅物って感じだお」

⊂⊃
('A`)「噂通りだな」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 17:54:43.55 ID:T1jdtUUj0
(´・ω・`)「……そういえば君はレーダーに詳しかったな」

(船 ゚@゚)「少し……、詳しいと言いますか……」

(´・ω・`)「どっちにしろ自分の様な素人より、君が見た方が良い。レーダーに関しての指揮は頼む」

(船 ゚@゚)「はい」

(´・ω・`)「……それと、近くの船にこちらの位置が分かるように霧笛を鳴らし続けろ」

(船`∪´)「わかりました」


⊂⊃
('A`)「これでもか、って位の警戒だな」

 ⊂⊃
( ^ω^)「こーんなに警戒してるのに、ぶつかっちゃったのかお?」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 17:57:43.61 ID:T1jdtUUj0
(´・ω・`)「……減速するぞ。良いな?」

(船 ゚@゚)「はっ」

(´・ω・`)「よし……」


⊂⊃
('A`)「減速までしたか……。完璧だな」

 ⊂⊃
( ^ω^)「おー……、なんだかこの船長凄そうだお……」 ボクニハヨクワカラナイケド


ピピッ……ピピッ……

(船 ゚@゚)「船体が近づいてきます……」

(´・ω・`)「……見張りに確認を取れ」

(船`∪´)】「そっちはどうだ……?」

(船`∪´)】「……ふむ。ありがとう」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 18:02:51.48 ID:T1jdtUUj0
(船`∪´)「どうやら、遠くで船体を確認したようです」

(´・ω・`)「……通信」

(船-⊃-)「……こちらはアンドレア・ドリア、アンドレア・ドリア。貴船の進路は確認できているか?」

  ビビ……ガガ……

「問題ない。そちらはどうなっている?」

(船-⊃-)「貴船がアンドレア・ドリアに近づいてきている」

「……いや、レーダーの異常は無い」

(船-⊃-)「だそうです……」

(´・ω・`)「……ふむ」

(船`∪´)「船長……」


 ⊂⊃
( ^ω^)「なんか雲行きが怪しいお……」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 18:05:35.93 ID:T1jdtUUj0
(船;゚@゚)「……どんどん近づいて来てます」

(´・ω・`)「どこの船だ……? ファンネル確認」


 ⊂⊃
( ^ω^)「ファンネル? このおっちゃん、ニュータイプなのかお?」

⊂⊃
('A`)「違う違う。船の煙突の事をファンネルって言うんだ。それに書いてあるマークで船舶会社と所有国を把握するんだ」


(船;゚@゚)「ええっと……、スウェーデンの「ストックホルム号」と確認が出来ております」

(;´・ω・)「スウェーデン……」ゾク…

(船;`∪´)「あの国、海安委員に参加してないんじゃないか……?」


 ⊂⊃
( ^ω^)「海安委員?」

⊂⊃
('A`)「国際海上安全委員会の事だ。海安委員からこの付近の海は混雑する為、20海里南を通る様に支持が出ている」

 ⊂⊃
(; ^ω^)「お……」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 18:09:46.81 ID:T1jdtUUj0
(;´・ω・)「距離!」

(船;゚@゚)「1.1海里!」

        ジリリリリリリリ!!!  ジリリリリリリリ!!

(船;`∪´)「全見張り台から通信!」

(;´・ω・)「ほっとけ!! 状況は確認出来てる!!」

           ビービー!! ビービーッ!!

(船;゚@゚)「エマージェンシー! 目視、レーダー共に船体確認!!」

(;´・ω・)「舵ッ!! 左!!」

(船;`∪´)「一杯だ!!」

(;´・ω・)「アヘッド!!アヘッド!!アヘッド!!アヘッド!!」


 ⊂⊃
(; ^ω^)「いよいよヤバイお……」

⊂⊃
('A`)「だな……」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 18:12:25.99 ID:T1jdtUUj0


                         ドゴォォオオ!!


(;´>ω<)≡≡≡≡≡≡ ドゴォ!!

Σ(;´>ω<)そ「クッ……」

Σ(船;-@-)そ ドガッ…

(;´-ω-)「……つっ」

   ピ―――――――――――――――――――……
 

(;´-ω・)「無事か……?」

(船;-@-)

(船;`∪´)「は、派手にぶつかったぞ……」ゾク…

   ピ―――――――――――――――――――……

(;´-ω・)「マスターアラーム」

(船;`∪´)「……エンジンオールロス」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 18:15:15.77 ID:T1jdtUUj0
(;´・ω・)「……浸水箇所は」

(船;゚@゚)つ ピッピッ…

(船;゚@゚)つ「右舷、二区画!」

(;´・ω・)「右からか……!」

(;´・ω・)))…… グラッ…

(船;`∪´)「なんだこの傾き方は……」

   ピ―――――――――――――――――――……

(;´・ω・)「コントロール」

(船;゚@゚)「……アンコントローラブル」

        ビーッ……! ビーッ……! ビーッ……!

(;´・ω・)「何でコイツ鳴るんだ……」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 18:18:24.53 ID:T1jdtUUj0
(;´・ω・)「……隔壁閉鎖!」

(船;゚@゚)つ「隔壁閉鎖!」 ガコン!

(;´・ω・)「閉鎖出来たか……?」

(船;゚@゚)つ「か、確認出来ません!」

(;´-ω-) 

(船;`∪´)「船長……」

(;´・ω・)「……全船員に伝えろ!」

(船;`∪´)「はいっ」

(;´・ω・)「船を捨てる……!乗客の避難を優先! 死者を一切出すな!」

(船;`∪´)「……は!」

(;´・ω・)「急げ!!」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 18:22:07.80 ID:T1jdtUUj0
 ⊂⊃
(; ^ω^)「凄い速さで指示が飛び交ってるお……」

⊂⊃
('A`)「混乱してもおかしくない中で、何のミスも無く伝達されている。素晴らしいチームワークだ」


(;´・ω・)「こちら、アンドレア・ドリア! 救難信号は確認できているか?!」

ビビ……ガガ……

「こちら、イル・ド・フランス。確認出来ている。何事か」


 ⊂⊃
(; ^ω^)「船長自ら通信を……」

⊂⊃
('A`)「出来る人間がやる。この状況下じゃ当たり前の事だが、そうそうマネは出来ないな」


(;´・ω・)「他船舶が本船に激突。死者の数は確認出来ていない! 一刻を争う!」

「船の状態は」

(;´・ω・)「アンコントローラブル」

「了解した。全速前進で向かう。それまで持ちこたえる事を祈る」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 18:25:31.37 ID:T1jdtUUj0
(;´・ω・)「イル・ド・フランスの到着まで各員、ボートでの避難を進めろ!」

(船;゚@゚)「ストックホルムからの通信も確認!」

(;´・ω・)「何て言っている?!」

(船;゚@゚)「どうやらあちらは沈没を免れているそうです!」

(;´・ω・)「ならば救難に回る様、要請しろ!」

(船;゚@゚)「はっ!」


 ⊂⊃
( ^ω^)「イル・ド・フランス?」

⊂⊃
('A`)「これも有名な客船だ。かなり古い船で、おじいちゃん船と言ってもいい。もっとも、最近改築されたばかりだがな」

 ⊂⊃
( ^ω^)「おーん……」

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 18:28:28.00 ID:T1jdtUUj0
⊂⊃
('A`)「これを見て分かる様に、船員たちは的確な判断と行動で乗客たちを救った」

 ⊂⊃
( ^ω^)「何人くらい救えたのかお?」

⊂⊃
('A`)「死者は衝突時以外、出していない様だ」

 ⊂⊃
( ^ω^)「すげぇ」

⊂⊃
('A`)「お前は数に含まれてないからな」

 ⊂⊃
( ´ω`)「分かってるお」 ショーン

 ⊂⊃
( ´ω`)「……あっ。て事は、ジョルジュは衝突時に死んでたって事かお?」

⊂⊃
('A`)「どうやらどの様だな」

 ⊂⊃
( ´ω`) ショーンショーン

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 18:31:15.91 ID:T1jdtUUj0
(;´・ω・)「……乗客はみな脱出したか?!」


⊂⊃
('A`)「あ、続きが始まる」

 ⊂⊃
( ^ω^)「もう皆脱出した後みたいだお」


(船;゚@゚)「はい! 乗客全ての脱出を確認しました!」

(;´・ω・)「そうか……。ならば、君たちも逃げなさい」

(船;゚@゚)「はっ」

(;´・ω・)

(船;`∪´)「船長は……?」

(;´-ω-)

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 18:33:31.81 ID:T1jdtUUj0
(船;`∪´)「船長は逃げないんですか……?」

(;´-ω-)

(船;`∪´)「船長!」

(船;゚@゚)「逃げましょう……! 早く!」


 ⊂⊃
(;^ω^)「おろ。この船長、逃げないで船と一緒に沈むつもりなのかお?」

⊂⊃
('A`)「どうやらそうみたいだな……」

 ⊂⊃
(;^ω^)「な、何でだお……」

⊂⊃
('A`)「いや、それが……、この時代だと結構ありがちな話なんだ」

 ⊂⊃
(;^ω^)「お?」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 18:37:11.90 ID:T1jdtUUj0
⊂⊃
('A`)「この時期の海難事故について調べてみると、逃げられるのに逃げずに死んだ船長は多い」

 ⊂⊃
(;^ω^)「……船と一緒に死ぬって事かお?」

⊂⊃
('A`)「そうだ。そういった精神が行き届いていたんだな。むしろ、それが当たり前だったんだ」

 ⊂⊃
(;^ω^)「えー……」

⊂⊃
('A`)「今じゃ、考えられないけどな。タイタニックに乗ってた日本人も、生きて帰って来たらバッシングされたくらいだ」

 ⊂⊃
(;^ω^)「そうなの?」

⊂⊃
('A`)「大和男児らしく、死んで帰って来いってな」


(;´-ω-)

(船;`∪´)「船長がその気なら……私もこの場を動きません」

(;´・ω・)「……何?」

(船;゚@゚)「俺もだ……」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 18:40:18.30 ID:T1jdtUUj0

                  「俺だって動かないぞ……」

                                       「船長一人で死なせるもんかよ……」
        「俺も……」


(;´・ω・)「お前ら……、死ぬんだぞ?」

(船;`∪´)「分かってますよ……」

(;´・ω・)

(;´・ω・)「君たちは若い。逃げなさい」

(船;゚@゚)

(船;`∪´)

(;´・ω・)「……逃げなさいと言っている」


 ⊂⊃
(;^ω^)「ま、まるで作り話だお……」

⊂⊃
('A`)「いや、実話だ。海洋専門家による記録も残ってるらしい」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 18:44:49.04 ID:T1jdtUUj0
(;´・ω・)(……いや、彼らをここで死なせる事はあってはならない)

(;´・ω・)「……逃げるぞ」

(船;゚@゚)「え?」

(;´・ω・)「君たちを死なせる訳にはいかない」

(船;`∪´)「船長……」

(;´・ω・)「自分が残れば君たちも残るんだろう……? ならば逃げるしかないじゃないか」

(船;`∪´)

(船;゚@゚)

(;´・ω・)「さあ、行くぞ。水が纏わりついて逃げられなくなる前に」


 ⊂⊃
(;^ω^)「おっ……、彼らは無事逃げられたのかお?」

⊂⊃
('A`)「みたいだな。結局、船長自ら船員を誘って逃げたようだ」

 ⊂⊃
( ´ω`)「良かったお……」 ホッ…

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 18:47:10.81 ID:T1jdtUUj0
⊂⊃
('A`)「しかし、まだ終わりじゃないぞ」

 ⊂⊃
( ´ω`)「お?」

⊂⊃
('A`)つ│三│「これを見てくれ」 ガサッ

 ⊂⊃
( ´ω`)つ│三│「新聞かお?」 バサッ…

 ⊂⊃
( ^ω^)つ│三│ ヨミヨミ…


【アンドレア・ドリア沈没。原因は船長の判断ミス】


 ⊂⊃
( ^ω^)「え……、何だおこれは……」

⊂⊃
('A`)つ│三│「まだまだあるぞ」ガサッ

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 18:51:14.83 ID:T1jdtUUj0
 ⊂⊃
(;^ω^)つ│三│ ヨミヨミ

【アンドレア・ドリア号船長、レーダーを過信。その罪は重い】

 ⊂⊃
(;^ω^)「ち、違うお! 船長は過信なんかしてなかったお! 出来ることはしっかりやってたんだお!」


【最悪の船長と最悪の船員という船にとって最大の重荷】

 ⊂⊃
(; ゚ω゚)「んな訳ねーお! 何言ってんだお! 自分の救命胴衣を渡してくれる船員の何処が最悪なんだお!」


【アンドレア・ドリア沈没。船長、船員はどう責任をとるのか】

 ⊂⊃
(; ゚ω゚)つ│三│ ガサッガサッ

 ⊂⊃
(; ゚ω゚)つ│三│「どれもこれもこんな記事ばっかりじゃねぇかお……」

 ⊂⊃
( ´ω`)、「……何なんだお。こんなの、あんまりだお」 ショーン

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 18:55:05.71 ID:T1jdtUUj0
⊂⊃
('A`)「悲しいが、これが現実だ」

 ⊂⊃
( ´ω`)「……後味悪すぎだお」

⊂⊃
('A`)「当時、船長や船員に対するバッシングは相当なものだった。ぶつかってきたストックホルムは置いといてな」

 ⊂⊃
( ´ω`)「そういうの、あるお。今の社会も変わらない所あるし……」

⊂⊃
('A`)「その後、船長はイタリアン・ラインを解雇。二度と船に乗ることは無かった」

 ⊂⊃
( ´ω`)「……そうかお」

⊂⊃
('A`)「あの大事故で1000人以上の人を救出なんて、並の事じゃないのにな……」

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 18:58:58.54 ID:T1jdtUUj0
 ⊂⊃
( ´ω`)「あ……。そういえば」

⊂⊃
('A`)「クーさんの事か?」

 ⊂⊃
( ^ω^)「そうだお。僕、約束守れなかったからどうなってるのかと思って……」

⊂⊃
('A`)「見てみるか……」


川 ゚ -゚)


 ⊂⊃
( ^ω^)「……あ、無事なのかお」

⊂⊃
('A`)「みたいだな」

 ⊂⊃
( ´ω`)「良かったお……」

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 19:02:37.01 ID:T1jdtUUj0
 ⊂⊃
( ^ω^)「えっと……。で……、ここは、お墓かお?」

⊂⊃
('A`)「そのようだな。手に持ってる花は……」


川 ゚ -゚)

川 ゚ -゚)つ スッ…

川 ゚ -゚)「ジョルジュ……、今日はすごく天気が良いぞ」


⊂⊃
('A`)「当然、ジョルジュのモノか」

 ⊂⊃
( ´ω`)「おっ……。ごめんお……、クーさん。動けるデブとか言っておきながら……」 ショーン…

⊂⊃
('A`)「デブにしちゃ、動けた方だったろ」

 ⊂⊃
( ´ω`)「でも……」

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 19:05:50.39 ID:T1jdtUUj0
川 ゚ -゚)「……後悔しても、しきれないな」

川 ゚ -゚)「もっともっと、素直になっていれば……、こんな気持ちにはならなかったよ」

川 ゚ -゚)「……あの時、私が怒らなければ船に乗る事も無かった」

川 ゚ -゚)

川 う-゚) グイ…

川う-∩)「……いやだな。すぐ泣いてしまって」

川う-∩) グスッ……グス…

川う-∩)「会いたいよ……、ジョルジュ……」


 ⊂⊃
( ´ω`) ショーン

⊂⊃
('A`) ショーン


93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 19:09:03.98 ID:T1jdtUUj0
 ⊂⊃
( ´ω`)「……ごめんお」

⊂⊃
('A`)「気にするな。衝突時には死んでたんだ。不可抗力だよ」

 ⊂⊃
( ´ω`)「でも……」

⊂⊃
('A`)「事故ってのはそういうもんだ……」

 ⊂⊃
( ´ω`)「お……」

⊂⊃
('A`)「なんの前兆も無しに全てが消されちまうんだよ」

 ⊂⊃
( ´ω`)「消されずに残った人は辛いお」

⊂⊃
('A`)「だな……」

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 19:11:32.78 ID:T1jdtUUj0
 ⊂⊃
( ´ω`)

⊂⊃
('A`)

 ⊂⊃
( ´ω`)「テンション、無くなっちゃった」

⊂⊃
('A`)「俺もだ」

 ⊂⊃
( ´ω`)「元はと言えば、お前の所為だお」

⊂⊃
('A`)「良いじゃないか。なんとなく、分かっただろ? 豪華客船の事が」

 ⊂⊃
( ´ω`)「豪華客船以上に、海難事故の悲しさについて学んで行ってるような気がする」

⊂⊃
('A`;)「ぐぬぬ……」

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 19:15:03.16 ID:T1jdtUUj0
⊂⊃
('A`;)「まぁ、何……。次はしっかり豪華客船についてをだな……」

 ⊂⊃
( ´ω`)「おー? また事故っちゃうんじゃないかお?」

⊂⊃
('A`;)「大丈夫だ。客船の進化は凄まじい。事故ったって死人は出ない」

 ⊂⊃
( ´ω`)「おーん……」

⊂⊃
('A`;)「信用してないな」

 ⊂⊃
( ´ω`)「信用してないお」

⊂⊃
('A`;)「……とりあえず、戻るか」

 ⊂⊃
( ´ω`)「そーするお」



………

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 19:18:38.31 ID:T1jdtUUj0
                                      ☆資料と補足☆
                                                  (全て直リン)

【沈み行くアンドレア・ドリア】
http://farm3.static.flickr.com/2611/4000458750_d4a51f399a.jpg

1956年にニューヨークへ向かう途中、ストックホルムと衝突事故を起こし転覆・沈没。
十一時間にわたりゆっくりと傾き、海の底へと消えて行った。

【イタリアン・ライン】
http://image1.shopserve.jp/ocean-note.cx.shopserve.jp/pic-labo/Z-ItalianLine_Rex.jpg

客船「レックス」を代表とする、数々の客船を生み出したイタリアの会社。
しかし、アンドレア・ドリアやレックス、コンテ・ディ・サボイア等、大型客船を失い続け消滅した。

【アンドレア・ドリアの船内紙】
http://pdxretro.com/wp-content/uploads/2012/02/andrea-doria1.jpg

当時を思わせるデザインが美しい船内紙。
ウェルカムの文字が哀愁を誘う。

【当時のLIFE紙】
http://cruiselinehistory.com/wp-content/uploads/2008/06/andreadoria-life.jpg

実際のLIFE紙。遠くで力なく傾くアンドレア・ドリアが映っている。
その、衝撃的な表紙が当時の人たちの言葉を失わせた。


100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 19:23:24.67 ID:T1jdtUUj0
【ピエロ船長】
http://www.grijalvo.com/Jar/Andrea_Doria/Piero_Calamai__Andrea_Doria.jpg

アンドレア・ドリアの船長、ピエロ氏。彼の適切な判断と行動で多くの客が助かる事となった。
しかし、当時の社会は彼を酷くバッシングした。また、船を失った責を重く見ていたピエロ氏はその言葉、一つ一つを受け止めた。
最期の言葉は「乗客は皆無事か」だったと言う。

【当事故に関する記事】
http://1.bp.blogspot.com/_4o9duHpeBQQ/TFgBh0j3FbI/AAAAAAAADXw/X44aL_W7fcE/s1600/A+Doria+B+Globe.jpg

実際の新聞である。国家的大事故だった為、すべての新聞社が大きく取り扱った。

【プールサイドの女性】
http://inlinethumb47.webshots.com/38126/1079986401047519446S600x600Q85.jpg

アンドレア・ドリアのプールサイドでポーズを決めるチャンネー。
当然ながら、宣伝用の写真だ。

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 19:26:04.62 ID:T1jdtUUj0
【陸のアンドレア・ドリア】
http://3.bp.blogspot.com/_9_5PSY7vQ-c/SQZ3Dg6AaWI/AAAAAAAABB0/MgTP6Uj2LJM/s400/digitalizar0006.jpg

すらりとしたボディーに巨大な船体。このデザインが人気の秘訣だった。
今見ても、美しいデザインであると共に、その雄大さは目を瞠るばかりである。

【アンドレア・ドリアのポスター】
http://pdxretro.com/wp-content/uploads/2011/07/andreadoria-ad.jpg

実際のポスター。このように立食パーティが毎日行われていたのだろう。

【半壊のストックホルム】
http://cache2.artprintimages.com/lrg/26/2699/RYRUD00Z.jpg

アンドレア・ドリアと衝突した船、ストックホルム。アンドレア・ドリア側に過失は無く、衝突の原因はストックホルム側のレーダーの見誤り。
沈没は免れ、驚くことに今でも運用されていると聞く。


103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 19:28:39.72 ID:T1jdtUUj0
【それからしばらく……】

( ^ω^)つ カタカタ…

('A`)「何してるんだ、ブーン」

( ^ω^)「僕たちがこれから乗る船についてちょっと調べてたんだお」

('A`)「VIPⅡの事か?」

( ^ω^)「そうそう。それそれ。ガラガラで当たったヤツ」

('A`)「勉強熱心だな」

( ^ω^)「そうかお?」

('A`)「で、どうだ? 有益な情報は得られたか?」

( ^ω^)「んー……。そんなに。つってもそんな真剣に調べてないけど」

('A`)「嫌儲郵船のホームページ見てみろよ」

107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 19:32:17.09 ID:T1jdtUUj0
( ^ω^)「嫌儲郵船?」

('A`)「最近出てきた会社だ。とは言え、「VIPⅡ」はかなりの性能を誇っているはずだぞ」

( ^ω^)「そうなのかお?」

('A`)「他社の船と比較すると……、そうだな……」

('A`) ウーン…

('A`)「……「飛鳥2」を大きく上回る」

( ^ω^)「それって凄いの?」

('A`)「当たり前だ。日本じゃトップクラスだな」

(;^ω^)「おー……。僕はとんでもないモノを当ててしまったみたいだお」

('A`)「そんな船に乗れるんだ。しっかり準備しないと」

( ^ω^)「おっおっ。実は、準備ならちょぼちょぼやり始めてるんだお」

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 19:36:08.41 ID:T1jdtUUj0
('A`)「ほう」

( ^ω^)「とりあえず服だけでこんな感じ」 ドッサリ

('A`;)「多いな~」

( ^ω^)「え? 一か月間だお? このくらいなっちゃうお」

('A`;)「そんな心配しなくて良いぞ、ブーン」

( ^ω^)「お~?」

('A`)「服なんて最低限で良い。船の中でクリーニング出来るのは勿論、普通に買うことも出来るからな」

(;^ω^)「おっ! 服、買えるのかお!」

('A`)「ショッピングモールがある」

(;^ω^)「……は? 船の中に?」

('A`)「そうだ」

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 19:58:35.50 ID:T1jdtUUj0
(;^ω^)「えー……。あんましイメージ沸かないお……」

('A`)「ふつーのショッピングモールだ。ルミネやミロードみたいなのを想像してくれれば良い」

(;^ω^) ポカーン

(;^ω^)「……モールどころじゃねぇじゃん。進化しすぎワロタ」

('A`)「だから、俺はダンボール一つだ」

( ^ω^)「……お? ドクオ、ダンボール持って乗り込むのかお?」

('A`)「んな訳ねーだろ」

( ^ω^)「??」

('A`)「送るんだよ。宅配で」

( ^ω^)「客船に?」

('A`)「そうだ。事前に送っておけば、部屋に入れておいてくれる」

121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 20:01:42.90 ID:T1jdtUUj0
( ^ω^)「お~……便利ー……」

('A`)「あと、現金もそんなに要らん。最低限で良いんだ」

( ^ω^)「え……? ショッピング出来る所とかあるんじゃないの?」

('A`)「ある。だが要らん」

(;^ω^)「……まさか、タダって事かお?」

('A`)「いや、そうじゃない……。まあ、それは当日にでも説明するか」

( ^ω^)「勿体ぶるなお」

('A`)「良いじゃねぇか、別に」 ネタモナクナッテクルダロ

( ^ω^)「……あ、一つ質問良いかお?」

('A`)「どうぞ、ブーン君」

123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 20:04:41.55 ID:T1jdtUUj0
( ^ω^)「当日はどんな服で乗船すれば良いんでしょうか」

('A`)「好きな格好で構わん」

( ^ω^)「意外と適当だった」

('A`)「だが、その場にそぐわない格好の場合は注意されるかもな」

( ^ω^)「と、言うと?」

('A`)「パンクな格好で決めてみたりとか、スギちゃんみたいにワイルドな格好だったりとか」

( ^ω^)「うん。それは無いから安心して」 スギチャンニニテルケド

('A`)「でもまあ……、大体の人はカジュアルな格好に身を包んでいる気がする」

( ^ω^)「ほうほう」

('A`)「気にせず短パンTシャツの人もいるけどな」

126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 20:08:03.78 ID:T1jdtUUj0
( ^ω^)「なるほどおー……」

('A`)「あと、服装の事なんだが、最低限用意しておかなくちゃいけないモノが三つある」

( ^ω^)「ん? なんだお?」

('A`)「一つは寝巻き」

( ^ω^)「え。用意されてないの? サムエとかあるでしょ普通」

('A`)「無いんだなー、それが」

( ^ω^)「そうなんだ。意外だお……」

('A`)「これはクルーズ会社によって変わるが、大体のところは用意していない。持って行っといて損は無いぞ」

( ^ω^)「おっおっ。分かったお」

('A`)「嫌儲郵船の場合は、用意してないと注意書きもしてある。あとでホームページをチェックだ」

( ^ω^)「おっけー」

129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 20:11:37.56 ID:T1jdtUUj0
('A`)「そして、二つ目。スーツだ」

( ^ω^)「ジャケットだけ、とかじゃなくて一式かお?」

('A`)「ああ。バッチリ持って来い」

( ^ω^)「まあ……、就活で使ったのがあるけど……」

('A`)「そんなんじゃダメだ」

(;^ω^)「え、ダメなの」

('A`)「なんと言えば良いか……。有名店や、ホテルのディナーなんかに出かけるような、きちっとした格好だ」

(;^ω^)「おー、難しいお」

('A`)「つまり、余所行きの格好だな」

(;^ω^)「そりゃ、リクルートスーツじゃマズイおね……」

131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 20:14:29.23 ID:T1jdtUUj0
('A`)「そして三つ目。これは少し厄介なんだけど……」

( ^ω^)「お? 何だお?」

('A`)「タキシードかダークスーツ」

(;^ω^)「ゲッ……!」

('A`)「結婚式や成人式で着るようなヤツって言うのか……? まぁ、華やかな式典で着るタイプの服装だな」

(;^ω^)「成人式とか普通のスーツで出たし……。ってか、みんなビシッとした格好してなかったお……」

('A`)「んー……、女の子とか、成人式の後の同窓会でドレス来てなかった?」

(;^ω^)「着てた」

('A`)「つまり、ああいう世界観のヤツを着れば良い。女性で言う、イブニングドレスの様な……。カクテルドレスでも良いかも知れん」

(;^ω^)「ぐぬぬ……。僕には無縁の世界だっただけに、衝撃が……」

137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 20:17:44.03 ID:T1jdtUUj0
( ^ω^)「……でも、ドクオ」

('A`)「ん?」

( ^ω^)「なんでこんなビシッとした服を二種類も?」

('A`)「ドレスコードだよ」

( ^ω^)「? ドレスコード?」 ポカーン

('A`)「簡単に言えば、服装の指示が出るんだ」

( ^ω^)「お~?」

('A`)「今日は皆さんこの服でオナシャス。明日はこの服でオナシャス……、みたいな感じでな」

(;^ω^)「……な、なるほど」

('A`)「船内の雰囲気を非日常にする為の工夫だ。今や大体の客船で採用されてる。もはや常識だぜ」

(;^ω^)「考えられてるんだお……」

('A`)「そういう事だから、しっかりマナーを守れよ?」

(;^ω^)「はいお」

139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 20:21:24.60 ID:T1jdtUUj0
('A`)「よし。大体前準備については分かったか?」

( ^ω^)b「うんお。まずはAOKIに駆け込まなくてはならない事が判明したお」 グッ

('∀`)b「俺もこれを機会に、新調するぜ。とびっきりのヤツを買ってやるぞ」 グッ

(;^ω^)「金持ち~」

('∀`)「こういう時こそバーッと使え! 一生に一度あるか無いかだぞ!」

( ^ω^)「おっ……、そうだおね……」

(*^ω^)「……よーし! 僕もしっかりと準備するお~!」 ウキウキ

('∀`)「楽しみだなぁ、豪華客船」

(*^ω^)「おっおっ! 楽しみだお~!」



……

143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 20:24:12.13 ID:T1jdtUUj0









                             第三章:現代(2012年)












147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 20:27:36.37 ID:T1jdtUUj0
【電車の中で】


               ガタン……ガタン……


( ^ω^)「これから一か月、日本とお別れとなると少し寂しい気もするお」

('A`)「ホームシックにならないと良いな」

( ^ω^)「多分なっちゃう」

('A`)「おいおい。大丈夫かよ」

( ^ω^)「つーか忘れ物無いかどうかが不安なんだけど」

('A`)「万が一の時は俺のを貸してやろう」

( ^ω^)「パンツとか忘れてたら貸してお」

('A`)「お前が穿いたらブーメランパンツになるぞ」 サイズチガスギテ

149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 20:30:18.40 ID:T1jdtUUj0
(*^ω^)「お~、海が見えてきたお~……」

('A`)「そろそろ「VIPⅡ」が見えてくるんじゃないか?」

( ^ω^)「え? あと5駅も先なのに?」

('A`)「デカいから見えるだろ」

( ^ω^)「んなもん、限度があるお」

       ガタン……、ガタン……

('A`)「……ほら、見えてきた」

( ^ω^)「えー、嘘つけ……」


http://farm8.staticflickr.com/7143/6630728997_cb400e4541_z.jpg 


( ^ω^)

( ^ω^)「……デカすぎね?」

152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 20:33:11.77 ID:T1jdtUUj0
('A`)「言ったろ? デカいんだって」

( ^ω^)

( ⊃ω⊂) ゴシゴシ

( ^ω^)

( ⊃ω⊂) ゴシゴシ

(  ゚ω゚)「……うそーん」

('A`)「な? 進化してるだろ?」

(  ゚ω゚)「規模が全然違うお……。タイタニックの二倍はあるんじゃないかお?」

('A`)「二倍は言い過ぎだな。……いや、質量的にそれくらいはある様に見えるかも」

(  ゚ω゚) ポカーン

154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 20:36:20.01 ID:T1jdtUUj0
('A`)σ「ほら。あの人も興奮してるぞ」

(;^ω^)「お?」


(*><)「凄いんです! 凄いんです!!」 キャッキャ

( <●><●>)「はしゃぎ過ぎです、ビロード君」

(*><)「だって、大きすぎるんです! 僕感動しちゃったんです!」キャッキャ

      (*‘ω‘ *) 
        ⊂彡 Σそ))><) パッシーン

(*‘ω‘ *)「電車の中なんだから静かにしなさいっぽ」

(#))><)「……え、叩かれるほどの事?」

( <●><●>)「ははっ」

(#))><)「何その笑い方。もう帰りたくなっちゃったんですけど」


( ^ω^)「おろ。彼らも豪華客船に乗るのかな……」

('A`)「格好がそんな感じだし、乗るかも知れん。結構若いみたいだ」

157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 20:39:56.67 ID:T1jdtUUj0
( ^ω^)「爺さん婆さんばっかりかと思ったお」

('A`)「んー……、ブーンの読み通り爺さん婆さんばかりだと思うぞ」

( ^ω^)「やっぱり?」

('A`)「海外じゃ、若い人たちも多いが……。日本はあんましだな」

( ^ω^)「おー……、なんでだお?」

('A`)「纏った休みが取れないんじゃね?」

( ^ω^)「と、言うと?」

('A`)「外国はバカンス制度とかあったろ。一か月くらいドパッと休み取れるやつ」

( ^ω^)「あー……」

('A`)「日本じゃ難しいからな。定年後の金持ち爺さん達の楽しみってイメージはみんなあるんじゃなかろうか」

160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 20:42:35.94 ID:T1jdtUUj0
( ^ω^)「なるほどお~……。って事はもしかしたら、僕たちは一か月間ジジババだらけの中かも知れないと」

('A`)「際どい所だな」

( ^ω^)「お? だって、さっきジジババばっかりだって……」

('A`)「雑誌なんかじゃ、最近はクルーズに乗り込む若者も多いなんて記事もあったり……」

( ^ω^)「ようするに社畜じゃない若者って事かお?」

('A`)「いや、大学生とか」

(;^ω^)「は? どんだけブルジョアなんだお」

('A`)「たまにいるだろ、学生で上等な車乗ってる奴。ああいう奴らが楽しむんじゃねーかな」

(;^ω^)「うわー……、サイゼリアがたまり場だった僕とは世界が違うお」

('A`)「人って不平等だよな」

162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 20:45:29.13 ID:T1jdtUUj0
( ^ω^)「ふむー……、とすると……」


(#))><)「もう僕はスネるんです。ふーんだ」 ツーン

( <●><●>)「楽しみですね、ぽっぽちゃんのドレスが早く見たいです」

(*‘ω‘ *)「同窓会の時のお古だから期待されても困るっぽ」

(#))><)「ねぇ、僕スネてるんですけど。少し相手にしましょうよ」


( ^ω^)「彼らはそういう系の人たちっぽいお」

('A`)「だなー。俺らとは違うってオーラが出ているような……」

( ^ω^)「金持ちって良いおね。ワンダースワンを買って欲しくて貧乏を憎んだ時代があったのが懐かしいお」

('A`)「クソハードじゃん。買わなくて良かったな」

( ^ω^)「うん」

165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 20:48:25.17 ID:T1jdtUUj0
【そして、美府港へ】

(*^ω^)「うっわー……、間近で見るとでっけー……」

('A`)「おーい、ブーン。どこ行くんだ? こっちだ、こっち!」

( ^ω^)「お? 船の方じゃないのかお?」

('A`)「いったん建物の中に入って審査と手続きだ。そのまま連絡通路で船の中に入れる様になってる」

( ^ω^)「へー。なんか飛行機みたいだお」

('A`)「ぶっちゃけ、そういう所はあんまし変わらんな」

( ^ω^)「じゃあパスポート用意しとかないとだお……」

('A`)「偉い偉い。よく気が付いたな」



……


169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 20:51:18.45 ID:T1jdtUUj0
(係’ー’)「乗船券をお見せください」

( ^ω^)つ□「はいお」 ペラッ…

(係’ー’) モソモソ…

(係’ー’)つ□「はい、こちらがIDになります」 スッ

( ^ω^)つ□「お……? あ、どうも……」

( ^ω^)つ□ ジー…

( ^ω^)「ID?」

('A`)「IDカードの事だ。部屋の鍵になるから、しっかり持っとけよ」

( ^ω^)「あー、部屋の鍵かお……」

( ^ω^)つ□ スッ…

( ^ω^)つ□「こんなカードがねぇ……」


171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 20:54:15.10 ID:T1jdtUUj0
('A`)「それだけじゃない。これは船内においての身分証明にもなる」

( ^ω^)「ほぇー……。何だか凄いお……」

('A`)「あともう一つだけ。このIDカードはとても特殊な役割を果たすんだ」

( ^ω^)「身分証明以外に?」

('A`)「前に、金はあまり持たなくて良いと言ったな?」

( ^ω^)「ああ、言われたお。ドクオの言葉を信じてちょんぼしのお金とクレジットしか持って来てないお」

('∀`)「それで正解だ」

( ^ω^)b「おっおっ。やっぱり、船内でクレジットが効くと言う読みは正解だったお!」 グッ

('∀`)「さらに言えば、クレジットでの精算は最後の最後で良い」

( ^ω^)「んお?」

174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 20:57:04.97 ID:T1jdtUUj0
('∀`)つ□「このIDカードがキャッシュレスカードの役割を果たすんだよ」

(;^ω^)「これが?」

('∀`)つ□「そう。これを提示すれば、サインだけで買う事が出来るんだ」

(;^ω^)「す、すげぇ……」

('A`)「ただ、最終日には利用明細が部屋に届くから使いすぎない様にな」

(;´ω`)「うわー……、使いすぎそうで不安だおー……」 オロロ…

('A`)「さて、後は税関と出国審査だけだな」

( ^ω^)「おーん。毎回引っかかっちゃったらどうしようかと不安になるおね」

('A`)「ちなみに、パスポートは預かられるからな」

( ^ω^)「え? そうなんだ」

176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 21:00:09.50 ID:T1jdtUUj0
('A`)「船内でパスポート関係のトラブルはかなり怖いからな……」

(;^ω^)「お~……、失くしたりしたらゾッとするお……」

('A`)「で、出国審査が終わればお待ちかね……」

(*^ω^)+「乗船だお!」 キラーン

('∀`)「そうだ。楽しみだな」

(*^ω^)「おっおっ! 現代の豪華客船がどんなもんか早く見てみたいお!」

('A`)「思えば、お前には辛い思いをさせたな……」

(ヽ^ω^)「本当だよ。思い返すと胃が痛くなるお」 ゲッソリ…






……

178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 21:03:07.77 ID:T1jdtUUj0
【VIPⅡ 船内】

http://farm4.static.flickr.com/3208/3155733692_a33092e942.jpg

(*^ω^)「んっほおおおおおおおおおお! すんごおおおおおおおおおいいいい!!」

('A`;)「さ、さすがにデカいなあ……」

(*^ω^)「な、なんだおこれは……。本当に船の中かお~?」

('A`;)「ビックリだぜ」

(*´ω`)「わあ~……、ここから僕の船旅は始まるんだお~……」

('A`;)「と、とりあえず……、部屋行くか。荷物が届いてるかチェックしないとな」

( ^ω^)「あれ。甲板いかないのかお?」

('A`)「出発のセレモニーまで少し時間があるぜ?」

(:^ω^)「セ、セレモニー……?」

('A`)「どうした?」

179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 21:06:07.95 ID:T1jdtUUj0
(;^ω^)「出発のセレモニーなんてあるのかお?」

('∀`)「おう。すげぇだろ」

(;^ω^)「楽団がパッパカパーンって感じ?」

('A`)「いや……、普通に歌手なんかがやって来て歌って踊って……、じゃないかな?」

(;^ω^)「お~……。なんか近代的……」

('A`)「果たして、どんなゲストが来るのか……」

( ^ω^)「僕は岡村孝子に来ていただきたいお」

('A`)「最近ハマってるもんな」

( ^ω^)「最高の歌姫だお」

('A`)「異論なし」

180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 21:09:20.61 ID:T1jdtUUj0
(*゚∀゚)「おい、アタシらの部屋はどこなんだよ!」 スタスタ

σ(´^_ゝ^`)「どこだろうねぇ……」ポリポリ

*(‘‘)*「おとーさん、しっかり!」テトテト…

(*゚∀゚)「本当、使えねぇなー。旦那選び間違えたぜ」

(´^_ゝ^`)「だって広いんだもの。しょうがないじゃない……」


( ^ω^)「あ、家族連れ」

('A`)「しかし、とてもブルジョア家族には見えないなあ。つーか、お父さんが」

( ^ω^)「ホームセンターで時間つぶしてそうな格好してるお……」

('A`)「嫁さんと子供とのギャップが凄いぜ」

( ^ω^)「流石は豪華客船。いろんな人がいるんだお~……」


……

183 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 21:12:21.05 ID:T1jdtUUj0
【VIPⅡ 客室】

http://images.bonvoyage.co.uk/bonvoyage/upload/stateroom/RCI_LB_Accessible.jpg

(  ゚ω゚)「広い!」 クワッ

('A`)「すっげーなー……。贅沢だぜ、こりゃ」

(*゚ω゚)「ぬおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!! 贅沢ばんざあああああああああああああいいい!!!」ドドドドドドーン!!

≡≡≡≡≡(*゚ω゚) タッタッタッタッタ

         ε=(*´ω`)=3 ボフッ

(*´ω`)「ベッドもフッカフカだお~……」

('∀`)「よし。荷物も全部届いてるぜ」

(*´ω`)「う~ん……、幸せ」

190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 21:15:11.34 ID:T1jdtUUj0
('A`)つ ガサガサ

(*´ω`)「ドクオなにやってるお?」

('A`)「ん? これを見てるんだよ」

('A`)つ□ ガサッ…

(*´ω`)つ□「……なになに? VIPダイアリー?」

('A`)「船内新聞だ」

(;^ω^)「せっ、船内新聞!」

('A`)「読んで字のごとく、船内の出来事を記事にしてる」

(;^ω^)「す、すげぇ……」

192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 21:18:06.95 ID:T1jdtUUj0
('A`)「今日や明日のショーの演目や、上映する映画なんかをこれに載せるんだ」

(; ゚ω゚)「映画って……、映画館があるのかお?」

('∀`)「あるぜ。過去の名作から最近の話題作まで上映するらしい」

(*゚ω゚)「きょええええええ!! すっげぇお!」

('∀`)「俺はベン・ハーが見たいなあ」

(*´ω`)「明日の8時からシェルブールの雨傘やるみたいだお……。一度見てみたかったんだお……」

('A`)「おっと……、重要な記事がもう一つ」

( ^ω^)「お?」

('A`)σ「ここを見てくれ」

( ^ω^)「んっと……、ドレスコード……」

194 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 21:21:18.92 ID:T1jdtUUj0
('A`)「そう。ドレスコード。出発の何日か前に話しただろう?」

( ^ω^)「その日によって衣装が変わるってルールだおね」

('A`)「その情報もここに記される。ちゃんと見ておかないとな」

( ^ω^)b「おっけー」グッ

('A`)「さーて……、こんな事を話してる間にセレモニーの時間になっちまうな……」

( ^ω^)「この船内新聞にも、セレモニーの事は詳しく書いてないお」

('A`)「豪華ゲストが登場ってヤツが一番気になるぜ」

( ^ω^)「アッコさんに一票」

('A`)「いや、こういう豪華ゲストはだいたい松崎しげるなんだよ。テレビでもそうだろ?」

( ^ω^)「あんまり仕事無いから呼びやすいんだろうね」


……

199 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 21:24:27.46 ID:T1jdtUUj0
【VIPⅡ ボートデッキ】

                  ガヤガヤ……
             ざわざわ……  
                                        ガヤガヤガヤ……


( ^ω^)「ひゃ~……、もう既にいっぱい人が集まってるお……」

('A`)「このデッキだけでこの数か……。やっぱすげぇなこの船……」

( ^ω^)「お~ん……」

( ^ω^) キョロキョロ

(^ω^ ) キョロキョロ

(^ω^ )「あっ……、ドリンク配ってる」

('A`)「俺の分も取って来てくれ」

202 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 21:28:02.08 ID:T1jdtUUj0
( ^ω^)「何が良いお?」

('A`)「野菜ジュース」

(;^ω^)「あるの?」

('A`)「無かったら水で」

(;^ω^)「なんだかドクオの体が心配になってくるお……」

('A`)「肉ばっかり食ってるお前の方が心配だぜ」

( ^ω^)「ま、とりあえず取って来るお……」

('A`)「よろすー。俺、席取ってるわ」

( ^ω^)「任せた」


……

204 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 21:31:15.14 ID:T1jdtUUj0
( ^ω^)つ凵「えーっと……、ドクオは……」

('A`)ノシ「こっちこっち」ブンブン

( ^ω^)つ凵「あんなところに……」

('A`)「見ろよ、ブーン。ここ、特等席だぜ?」

( ^ω^)「おー?」

('A`)「ステージはちゃんと見えるし、日当たりは良いし。ラッキーラッキー」

( ^ω^)「ドクオにしては上出来……」


<パッパカパカパカパーン!!


( ^ω^)「おっ……。始まるっぽいお」

('A`)「だな」


207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 21:34:27.25 ID:T1jdtUUj0

               『お待たせいたしました! 当クルーズ一か月間の旅を祝して出港セレモニーを開始いたします!』


( ^ω^)「ちなみに、野菜ジュース無かったので水を貰ってきました」

('A`)「だと思った」


                     『この記念すべき出港を祝ってくれるのは、誰もが驚くあの人です!』


( ^ω^)「松崎しげるかお」

('A`)「じゃねーかな」


              『それでは登場していただきましょう! スーパートップアイドル、渡辺 鍋子さんです! どうぞ!』


从'ー'从「みんな~、ナベちゃんだよ~」

(゚A゚)「ナベちゃんDAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAA!!!」 ガタッ

(;^ω^)「ドクオ?!」

211 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 21:37:16.56 ID:T1jdtUUj0

                                「ワァァァアアアアアア!!!」

         「ナベちゃんだあああああああああああああああああああ!!」     

                                           「かわいいいいいいいいいいいい!!」

                「ナベちゃあああああんんんん!!」                   「お゙ぅ゙え゙ぇぇぇぇえ!!!」


(;^ω^)「み、みんな興奮しすぎだお!」

(゚A゚)「GYAAAAAAAAAAAAAAAA!!! ナベちゃんだぎゃあああああああああああ!!」

(;^ω^)「ドクオ! 落ち着けお! ドクオ!」

                      『なんと、ナベちゃんは今日から一か月間私たちと一緒に船旅を楽しんでくれます!』

从'ー'从「よろしくね~」

::(゚A゚)::「バカな! ナベちゃんと同じ船で過ごせるなんて!!」ワナワナ…

( ^ω^)(アイドルってすげぇ……)

216 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 21:40:09.58 ID:T1jdtUUj0
(゚A゚)「ナベちゃんと言えば、強烈に愛くるしいルックスとその甘えた声で世の男性を魅了し続けるトップアイドル!!」

( ^ω^)「急に説明してくれなくても分かってるお」

(゚A゚)「そんな人と……、一か月間一緒に居られるなんて……」

( ^ω^)「別にドクオと一緒にいる訳じゃないお」

从'ー'从「よ~し、まずは一曲! 私の代表曲と言えば~?」


                         「「「「「ナスビの様に私を愛して!!!!!」」」」」


从'ー'从「みんなありがとー!! じゃあ行くよ~! ミュージックスタート!!」

(゚‰゚)「WAAAAAAAAAAAAAAAAAAA!! ナベちゃんの生歌だあああああああああああああああ!!」 ブクブク

( ^ω^)「なんか泡吹き始めてるから、そろそろ落ち着けお」

220 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 21:43:15.76 ID:T1jdtUUj0
从'ー'从「おナス~の~♪ つやつや~♪ 紫~の~♪ 色合い~♪」 ジャカジャカ…

(゚A゚)「ナベちゃ~ん!! 愛してる~!!」

(*><)「ナベちゃ~ん!! こっち向いてなんです~!!」

('A`)「んあ?」

( ><)「え?」

(゚A゚)「テメェの方向いたら俺の方を向いてくれなくなるだろうがあああああああ!!」 カッ


              グイグイグイグイギ (゚A゚)つ<;><) イタイタイタイ…


<;><)「い、痛いんです! 何するんですか!」

(;^ω^)「ドクオ~!! ダメだお! そんな事したらダメだお!!」

<;><)「ワカッテマス! ぽっぽちゃん! 助けてください!」

223 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 21:45:29.96 ID:T1jdtUUj0
( <●><●>)「ビロード君が悪い。大人しく懲らしめられなさい」

(*‘ω‘ *)「哀れだっぽ」

<;><)「何で僕が悪いんですか!」

( ^ω^)(あれ……、この人たち電車で……)

<;><)「は、放せ~!!」

                  パッ… ('A`)つ   ≡≡≡≡≡<;><) ノワァァァァ…

Σ(;><)そ「い、痛い……!」 スッテンコロリン!

('A`)「チッ! 今日はこのくらいにしておいてやる!」

( <●><●>)「すみません、ウチのキチガイが迷惑かけて」

('A`)「良いんだよ、別に」

( ^ω^)「どう考えてもドクオの方がキチガイだお」

224 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 21:48:02.78 ID:T1jdtUUj0
(;><)「ただ、僕はナベちゃんが好きなだけなのに……」

('A`)「何……?」

( <●><●>)「また懲らしめられますよ」

(;><)「懲らしめられてもこれだけは譲れないんですっ!」

(*‘ω‘ *)「はい、キモイ」

(;><)「たとえぽっぽちゃんにそんな事言われようと……!」

( ^ω^)「余計に話がややこしくなるからやめて欲しい」

('A`)「そうだ、やめとけ。俺のナベちゃん好きパワーに圧倒されるぞ」

(;><)「望む所なんです! こうなったら僕がどれだけナベちゃんが好きなのかを教えてやるんです!」




……

225 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 21:51:18.82 ID:T1jdtUUj0
゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+僕のエンジェル゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.

                  いつもテレビで見るナベちゃん、可愛いよ
                    でも君は、僕には一生手の届かない美しいエンジェル
                   僕はいつまでたっても醜い堕天使
                  届くのは僕の気持ち
                  君の気持ちは高すぎて、まぶしい

                  Angel. 僕には清すぎる
                  それはTruth. 確かな痛みが僕を突き抜ける
                  愛しているよ、とも言えずに
                  悲しい恋歌は、青空に消えていくのかな
         
                                                 ビロード( ><)

゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜


/(;゚ω゚)\「ぐうううおおおおおおおおおおおおおお!! 何だこれはああああああああああああ!!」

/('A`;)\「変なポエムが頭の中に直接ううううううううううううううううう!!」

/(;゚ω゚)\「もう止めてくれおおおおおおおおおおおおおお!!」

229 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 21:54:32.11 ID:T1jdtUUj0
( ><)「勝った」

(; ゚ω゚)「テ、テロだお……!」 ハァハァ…

('A`;)「くそっ……、反則だぜ……」 ハァハァ…

从'ー'从d「Tell me~♪(なぁ、教えてくれ)Do people turn away from the sorrow Why~♪(何故人々は悲しみから背を向けるのか)」


                             「サイコー!!」
                                        「ワァァァァァアアアアア!!」
                       「お゙ぅ゙え゙ぇぇぇぇえ!!!」


('A`;)「あああ!! 『ナスビの様に私を愛して』が終わってしまった!」

(;><)「ぜ、全然聞けなかったんです!!」

(; ´ω`)「僕はあのポエムが頭から離れなくてそれどころじゃないお……」

233 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 21:57:18.52 ID:T1jdtUUj0
( <●><●>)「彼女の事はあまり知らないですけど、結構良い歌でしたよ」

(*‘ω‘ *)「私も気に入ったっぽ」

('A`;)「ぐ、ぐぬぬ……。俺もちゃんと聞きたかったぜ……」

( <●><●>)「そういえば……、アナタたち、電車でお見かけしましたが……」

(; ^ω^)「あ、ああ……。僕も言おうとしてましたお」

( <●><●>)「同じくらいの歳だったので、珍しいなと思いまして」

('A`;)「そうだな……」

( <●><●>)「私、ワカッテマスと言います。一応、大学院生です」

('A`)「あー。俺は、ドクオ。こいつはブーン」

( ^ω^)「よろしくだお」

235 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 22:00:37.67 ID:T1jdtUUj0
( <●><●>)「えーっと、彼女はちんぽっぽちゃん」

(*‘ω‘ *)「ワカッテマスと一緒の研究をしてるっぽ。よろしくっぽ」

( ^ω^)「よろしくよろしく」

( <●><●>) チラッ

( ><)

( <●><●>)「……以上です」

( ><)「なんで目が合ったのに僕の事は紹介してくれないんです?」

( <●><●>)「自分で言ってください」

( ><)「……僕はビロードなんです。よろしくです」

( <●><●>)「彼だけはニートです」

( ><)「ちゃんと院生です。嘘教えないでください」

238 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 22:03:46.28 ID:T1jdtUUj0
('A`)「アンタらはどうしてこの船に?」

( <●><●>)「ちょっと、研究で大穴を当てましてね」

( ^ω^)「と言うと?」

(*‘ω‘ *)「ウチらの研究チームが特効薬を開発してしまったっぽ」

('A`)「何のだ?」

( <●><●>)「癌」

( ^ω^)「パネェ」

( <●><●>)「って事で、後の事は教授たちに任せて私たちはパーッと遊びましょ、と来てしまった訳です」

( ><)「まだ実用化は先ですけどね」

('A`)「何か凄い人と出会ってしまった感マックス」

240 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 22:06:11.54 ID:T1jdtUUj0

                    ボーーーーーーーーーーーッ……


<パーーパカパパーン! チャカチャカチャカ~♪


(*^ω^)「お! 出港だお!」

('A`*)「ついに俺たちの船旅が始まるぜ!」

(*^ω^)

( ^ω^)「あれ。おーーーーーい、はやらないのかお?」

('A`)「だって、野次馬があんまりいないだろ?」

( ^ω^)「本当だ……」

('A`)「ブーン」

( ^ω^)「お?」

('A`)「現代はな、ドライなんだよ」

( ^ω^)「急に切なくなって来たお」

243 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 22:09:11.09 ID:T1jdtUUj0
('A`)つ】 ピッピ…

( ^ω^)「何やってるんだお」

('A`)つ】「こういう時はな、ツイッターで豪華客船なう、だ」

( ^ω^)「それが現代のおーーーーーーーーーーい、かお」

('A`)つ】「そんな感じ。だって、ほら」

( ^ω^)「お?」

('A`)つ】「こいつらを見ろよ。みんなやってるだろ?」

( <●><●>)つ】 ピッピ…

(*‘ω‘ *)つ】 ピッピ…

( ><)つ】 ピッピ…

( ^ω^)「なるほどお……」

244 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 22:12:04.48 ID:T1jdtUUj0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ブーンくん  @boon_kun
豪華客船なう

ダークネス・ダライアス・DOKU @dokuo_deep_en
豪華客船なう

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


( ^ω^)「こんな感じかお?」

('A`)「ああ。大体そんな感じでオッケーだ」

( ^ω^)「なんか、出港したって気にならないお……」

                                          ワイワイ……
                ガヤガヤ……

('A`)「乗客もいたって普通だしな……」

( ´ω`) ショーン…

247 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 22:14:56.25 ID:T1jdtUUj0
( <●><●>)「さて……、もうちょっとしたら避難訓練ですね」

( ´ω`)「……避難訓練?」

('A`)「船内新聞に書いてあったろ?」

( ^ω^)「ありゃ。見落としたお……」

('A`)「今は法令で決められてるからな。しっかりやらないとダメだぞ」

(;^ω^)「まあ……、あれだけの事故を体験してればやらない訳にはいかないお……」

(*><)「でも、何だか避難訓練ってワクワクするんです!」

('A`)「そうかぁ? 俺は疲れるだけで嫌だぜ」

(*><)「防災ずきんとか被るんですかね?」 ワクワク

( ^ω^)「僕、防災ずきん被るの大嫌いだったお」

( ><)「えー……」

251 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 22:17:55.32 ID:T1jdtUUj0
( ^ω^)「ちなみに、避難訓練ってどこでやるんだお?」

('A`)「確かこのデッキでやったと思うが……」

( <●><●>)「救難ボートの下ろし方、とかでしょうね」

( ^ω^)「だったら、チームに分かれてやったりするのかお?」

('A`)「さーな。俺もやったこと無いからわからん」

( ><)「避難訓練と言えば、子供のころ……」

      (*‘ω‘ *) 
        ⊂彡 Σそ))><) パッシーン

(*‘ω‘ *)「話を曲げるんじゃ無いっぽ」

(#))><)「ご、ごめんなさい……。そんなつもりじゃ……」

( ^ω^)(コイツ、さっきから気の毒だお……)


……


253 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 22:20:16.66 ID:T1jdtUUj0
【VIPⅡ デッキ 避難訓練】

( ^ω^)「結局何人かに分かれてやる事になったお」

('A`)「大人数であちゃこっちゃやる訳にもいかんしな」

( ^ω^)「彼らは三人でやるみたいだし……」

('A`)「何だかんだ仲がよろしい様で」

( ^ω^)「で、僕らは……」

/ ,' 3 ヨボヨボ…

( ^ω^)「この爺さんかお……」

/ ,' 3「じいさんとは何じゃ!! じいさんとは!!」

(;^ω^)「き、聞こえてた……」

254 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 22:22:24.18 ID:T1jdtUUj0
/ ,' 3「ワシはのう!! もう91じゃ!!」

('A`;)「じいさんじゃないか……」

(;^ω^)「じいさんだお……」

/ ,' 3「それもそうじゃな。うっかりしとったわい……」テヘヘ…

( ^ω^)

( ^ω^)[ドクオ!!] ヒソヒソ

('A`)[何だ!!] ヒソヒソ

( ^ω^)[この爺さん! 絶対に一癖も二癖もあるお!!] ヒソヒソ

('A`)[俺もそれを言おうと思ってた所だ!!] ヒソヒソ

/ ,' 3「しょうゆが飲みたいのう……」

258 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 22:25:26.75 ID:T1jdtUUj0

<はい! じゃあ、船を下してくださーい……


( ^ω^)「おっ……」

('A`)「よ、よーし……。そっちのロープしっかり持ってろよ?」

( ^ω^)「わかったお~……」

/ ,' 3 ヨボヨボ

('A`)「ほら、じいさん……。ちゃんと掴んでないと、ボートがドッポーンって海に落ちちまうぞ……」

/ ,' 3「良いから良いから。下しなされ」

('A`)

('A`)つ「じゃ、じゃあ……。下しまーす」 ジャコジャコジャコジャコ……

     ドッポーーーーンッ!!

('A`;)「あああああ! 言わんこっちゃない!!」

260 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 22:28:06.15 ID:T1jdtUUj0
/ ,' 3「んー、無念」

( ´ω´)「んー、無念」

(;^ω^)「じゃねぇお!! ちゃんと持っててって言ってたおね?」

/ ,' 3「そうじゃったかの?」

('A`;)「え~い……、この爺さんは……」

/ ,' 3「おや、あんなところに綺麗なチャンネーが……」

   +
从'ー'从  +  キラキラ
    +

('A`;)「あっ、爺さん! 変な目でナベちゃんを見るんじゃない!」

/ ,' 3「妙に艶めかしいのう……、枕でもやっとるんじゃないのか?」

(゚A`;)「ナベちゃんは純粋なんだよ! んなことするかあ!!」

263 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 22:31:02.62 ID:T1jdtUUj0
( ^ω^)「つーか、豪華ゲストのナベちゃんも避難訓練参加するんだ……」

('A`;)「法令で決まってるって言ったろ? 例外は無いぜ」

( ^ω^)「おーん……」


ドッポーン…

  パッシーン…!

<痛いんです!


( ^ω^)「あ。ビロード君が叩かれてる音がする」

('A`)「何かやらかしたんだろうな」

( ^ω^)「何かやらかしたんだろうお」

( ^ω^)

( ^ω^)「あれ? 爺さんは?」

264 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 22:34:13.55 ID:T1jdtUUj0
('A`)「そういやどこ行っちまったんだろう……」

( ^ω^)

( ^ω^)σ「ドクオ」

(゚A`;)「あああああああああああ!!」


/ ,' 3「もしもし、お姉さん」

从'ー';从「は、はい……?」

/ ,' 3「よろしければ、ワシを介護してみない?」

从'ー';从「えーっと……、その……」


(゚A`;)「ナベちゃんが困ってるうううううううううううう!!」

270 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 22:37:10.54 ID:T1jdtUUj0


              グイグイグイグイギ (;゚A゚)つ< ,' 3   フォォォ…


('A`;)「このクソジジイ! 早くこっちに来い!」

< ,' 3「分かった、分かった。あんまり引っ張ると皮膚が剥がれる……」

(; ^ω^)「す、すみませんでしたお……」

从'ー';从「い、いや……、別に……」

(マネ‐ヽ-)「ボケ始めの爺さんなんだから、周りがもう少しちゃんとしてくれないと……」

从'ー';从「マネージャーさん……。もう少しソフトな言い方しなよ……」

(; ^ω^)「いいや、ごもっともですお……。後で懲らしめておきますお……」

从'ー';从「良いんです、私はそんなに気にしてませんから……」

272 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 22:39:41.69 ID:T1jdtUUj0
(゚A`;)「バカッ! あの人はナベちゃんだぞ! ジジイみたいな汚いのが触っちゃいけないの! 分かる?!」

/ ,' 3「汚いとはなんじゃああああ!! ワシは三日ごとに風呂に入るぞい!!」

( ^ω^)「汚いお」

('A`)「汚いな」

/ ,' 3「ほっほっほ。汚かったわい。うっかりうっかり……」


<避難訓練は終了です……、快適なクルーズをお楽しみください……


('A`;)「のわっ! もう終わってしまった!」

(; ^ω^)「係の人の話、ほとんど聞けなかったお!」

/ ,' 3「結果オーライじゃ」

( ^ω^)「爺さん。結果オーライの意味分かってる?」


……

277 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 22:42:50.47 ID:T1jdtUUj0
【VIPⅡ 客室】

( ´ω`)=3 ハァ…

( ´ω`)「あの爺さんの所為で疲れてしまったお……」

('A`;)「ナベちゃんに危害を加えようとするとは……。油断ならんぞ……」

( ´ω`)「まったくだお……」

( ´ω`)つ□ ガサッ…

( ^ω^)つ□「おっ……」

('A`)「どうした?」

( ^ω^)つ□「今、地図見てるんだけど……。テニスコートとかあるのかお?」

('A`)「そうなの? まだ地図見てないから俺もわかんねーや」

280 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 22:45:21.75 ID:T1jdtUUj0
('A`)つ□「本当だ。テニスコートって書いてあるわ」

( ^ω^)「ボールとか海に落ちちゃったらどうするんだろう」

('A`)「そのままなんじゃね?」

( ^ω^)「城之内君みたいに取りに行ったりはしないのかお?」

('A`;)「する訳ねーだろ。あんな事しいたらスクリューにミンチにされちまうか永遠に戻ってこれなくなっちまうぜ……」

( ^ω^)「おーん……」

( ^ω^) ウズウズ

( ^ω^)「……とりあえず、行ってみないかお?」

('A`)「テニスコート?」

( ^ω^)「だおだお」

('A`)「お前、運動出来んの?」

281 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 22:48:19.76 ID:T1jdtUUj0
( `ω´)+「ふっふっふ……、一応動けるデブではあるつもりだお……!」 キラーン

('A`)「俺、運動出来ないぞ」

( ^ω^)「別に良いお。ただ、なんとなく一番上の方まで行ってみたいだけだから」

('A`)「ああそうか……。テニスコートは一番上なんだな」

( ^ω^)「プールや小さなゴルフコースもあるみたいだお……」

('A`;)「つくづく凄いなあ……」

(*^ω^)「一か月で全部回れる気がしないお……!」

('∀`)「遊びつくせないな!」

(*^ω^)「あー、なんだか急にワクワクしてきたお!」

('∀`)「よ~し、遊ぶぞ~。たまには現実逃避も大切だ!」

( ^ω^)「日常生活でも割と現実逃避してるけどね」

('A`)「うん」

286 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 22:50:57.19 ID:T1jdtUUj0
【VIPⅡ テニスコート】

http://trendy.nikkeibp.co.jp/lc/cover2/080611_part02_36.jpg


                            パコンッ……
                パコンッ……


(*^ω^)「ひょえええ~! まるで大きな公園だお!」

('A`*)「あっちがプールで、隣がロッククライミングの壁か? 規模が凄すぎる……」

(*^ω^)「いざ踏み込んでみて分かる、この豪華さ」

('A`*)「豪華とかそういうんじゃない。もう一つの街なんだ、この船は……」

(*^ω^)「よっしゃ! 僕も元気に汗を流したくなってきたお!」

('A`*)「俺はこの辺でジュース飲んでるからな」

( ^ω^)「えー」

288 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 22:53:15.69 ID:T1jdtUUj0
( ><)「あー! ブーン君達なんです!」

( ^ω^)「ありゃ。君たちも来てたのかお?」

( <●><●>)「奇遇ですね」

(*^ω^*)「やっぱり一番最初は高台から海を眺めるに限るっぽ」

('A`)「みんなこっち来いよ。俺と一緒にジュース飲もうぜ」

(;^ω^)「テニスコートでいきなりジュース誘うなお」

( <●><●>)「ぽっぽちゃんは適当にしてて下さい。僕とビロード君は汗を流してますから」

(*‘ω‘ *)「じゃあジュースでも飲んでるっぽ」

('A`)「ジュース仲間が増えた」


292 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 22:58:27.36 ID:T1jdtUUj0
( ><)「ふふ……。カッコいい所をぽっぽちゃんに見せつけるんです」

( ^ω^)「アンタはナベちゃんじゃなかったのかお?」

( ><)「ブーン君。それはそれ、これはこれです」

(;^ω^)「曖昧なのに妙に納得してしまうお……」 ヌヌ…

( ><)「心に決めた相手がちゃんといるんですっ。ナベちゃんは憧れなんですー」

( ^ω^)(あんなに雑に扱われてるのに……、健気だお……)

( <●><●>)「さて……貸し出しのラケットは……」


                 スパコーン!!
                                  パコッ!!
         パコーン!!


( <●><●>)「ん……む」

( ^ω^)「どうしたお?」


293 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 23:01:26.66 ID:T1jdtUUj0
( <●><●>)σ「……彼、相当ウマいですね」

( ^ω^)「彼……?」

  _  +
( ゚∀゚) +  キラキラ…
 +

( ^ω^)

(  ゚ω゚)「……ドクオ!!」 クワッ

(゚A゚)「分かってるぜ!」 クワッ

(; ゚ω゚)「明らかにジョルジュだお!」

(゚A゚;)「やっぱり現代にもいるんだ……!」

( <●><●>)「? 知り合いなんですか?」

(;^ω^)「えーっと、知り合いと言えば知り合いで、そうでないと言えばそうでないと言うか……」

298 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 23:04:33.39 ID:T1jdtUUj0

      \キャー!! ジョルジュクーン!!/
                                \コッチムイテー!!/

('A`;)「なんか黄色い声援が飛んでる……」

(;^ω^)「今回のジョルジュはどんなヤツなんだお……」

(*‘ω‘ *)「あれ……、彼のポロシャツの胸に校章があるっぽ……」

( <●><●>)「本当ですね……」

(*‘ω‘ *)「もしかして、新速高校なんじゃないかっぽ?」

( ^ω^)「新速高校?」

(*‘ω‘ *)「とんでもないお金持ちの学校だっぽ」

( <●><●>)「あー……、確か乗船の時に誰か言ってましたね」

('A`)「何を?」

( <●><●>)「この船を修学旅行で使う学校があるって」

301 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 23:07:45.64 ID:T1jdtUUj0
('A`;)そ「こ、この船を修学旅行で?!?!」 ドドドドーン!

(; ゚ω゚)そ「あ、あ、あ、ありえんおー!!」ドドドドーン!!

( ><)「じゃあ、その新速高校で間違いないんです」

( <●><●>)「彼に声援を飛ばしてる女の子たちも、新速高校の生徒でしょうね」

('A`;)「一体どんなブルジョア高校なんだ……ッ!」 ゴクリ…

(; ^ω^)「僕なんて、修学旅行で九州まで行くのにバスだったお!」 ギュウギュウダッタオ

(*‘ω‘ *)「何でも、入学費に2億かかるとか」

(゚A`;)「二億……だと……」

( ^ω^)「ありえへん。世界が違いすぎるんや」

304 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 23:10:09.51 ID:T1jdtUUj0
  _  
( ゚∀゚)「……うっし! 俺の勝ちッ!」


                 \キャァァァァアア!! ジョルジュクーン!!/

  _  
(; ゚∀゚)「う、うるさいな……」

(;^ω^)「す、すごい声援……」

(;><)「地響きのするレベルなんです」

( <●><●>)「……何だか、気に入りませんね」

( ^ω^)「お?」

( <●><●>)「キャアキャア騒がれてる天狗を一つ成敗してやりましょう」

(;^ω^)「ぼ、暴力反対だお」

( <●><●>)「ご心配なく、テニスでです」

305 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 23:12:14.73 ID:T1jdtUUj0
('A`)「腕に自信があるのか?」

( <●><●>)「まあ。それなりに」

(*‘ω‘ *)「テニスに関しては結構すごい人だったみたいだっぽ」

('A`)「へぇ……」

(;><)「あのぉ……、彼、別に天狗になってるわけじゃ無いと思うですが……」

( <●><●>)「まず、ガキの癖にちやほやされているのが気に入りません」

(;><)「え~、大人げないんです!」

( <●><●>)「大人げない? ヌクヌクと育ってきた様なガキンチョに現実の厳しさを教えてやるのが大人ってモノでしょう」

( ><)「うん。大人げないんです」

307 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 23:14:19.05 ID:T1jdtUUj0
( <●><●>) スタスタ…

( <●><●>)「もし。一つ勝負と行きませんか?」
  _  
(; ゚∀゚)「え? 俺と?」

( <●><●>)「ダメなら良いですが……」


         \ジョルジュクーン!!ヤッツケテー!!/
                                           \ブッコロセー!!/
                       \グチャグチャニシテー!!/

  _  
(; ゚∀゚)「まあ……良いけど……」

( <●><●>)「後悔しない事です」
  _
(; ゚∀゚)「ははは……、何かお兄さん、怖いなあ」

( <●><●>)「そうですか?」
  _
(; ゚∀゚)「主に目が」

312 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 23:16:19.27 ID:T1jdtUUj0

                       パコーン!!
                                    スパコーン!!

              パッコーン!!


( ^ω^)「ああ、始まっちゃったお……」

('A`)「凄ぇな。結構いい勝負してるぜ」

(; ><)「あー、これ僕が戦ってたら瞬殺されてたんです……」

(*‘ω‘ *)「……ワカッテマス、カッコいいっぽ」 ボソッ…

( ><)「え?」

(*‘ω‘ *) ジー…

( ><)「ぽっぽちゃん?」

(*‘ω‘ *)「今集中してるんだから話しかけないでっぽ」

Σ( ><) ガーン!!

……

313 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 23:18:14.82 ID:T1jdtUUj0
゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+恋のMESSIAH゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.

                       綺麗だねって言いたかった
                       その言葉は、MESSIAH(メサイア)の様に輝かしくて
                       僕には似合わなかったんだ
                       
                       その横顔が、ふわりとした髪の毛が
                       僕にはPOISON
                       美しいモノを毒と感じてしまう、哀れなミツバチ
                       消えた女王を探せど、毒にあてられ落ちてしまう

                       LOVE YOU LOVE YOU
                       Ohh…… Ohh……
                       歌が聞こえるよ
         
                                                 ビロード( ><)
゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚

/(;゚ω゚)\「んんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんん?!?!?!」

/('A`;)\「なんでコイツのポエムは世界観を無視して頭の中に響くんだああああああああああああ!!」

/(;゚ω゚)\「体中が痒くなってきたおおおおおおおおおおおおおお!!」

/('A`;)\「分かった!! 分かったからもうヤメテ!!」

318 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 23:20:27.98 ID:T1jdtUUj0
(;´ω`)「バイオテロも裸足で逃げ出すレベル……」 ハァハァ

( ><)「どうかしたんです?」

('A`;)「自分の胸に聞いてみな!」 ハァハァ

( ><)「??」

(*‘ω‘ *)「もし良かったら代わりにビンタしてあげようかっぽ?」

(;´ω`)「お願いしますお」

      (*‘ω‘ *) 
        ⊂彡 Σそ))><) パッシーン

(#))><)「えーっと、何で?」

(;´ω`)「ポエム慰謝料」

(#))><)そ「え?! やだ、聞かれてたんですか?! 恥ずかしい!」ガーン

319 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 23:22:23.76 ID:T1jdtUUj0

                    パッコーンッ!!
  _
(; ゚∀゚)「ぬあッ! 追いつかない!」

( <●><●>)つ「……っし! アナタの負けです」
  _
(; ゚∀゚)「ひゃー……、アンタ強ぇぇなぁ……」


              \ジョルジュクーン!! マケテモカッコイイー!!/
                                   \コッチムイテー!! キャー!!/


( <●><●>)「え、何か負けたのにチヤホヤされてる」
  _
(; ゚∀゚)「俺もまだまだだなぁ……」

( ^ω^)「あら。終わったのかお?」

('A`)「随分長かったな」

( <●><●>)「彼が根気よく粘ったので」

320 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 23:24:15.81 ID:T1jdtUUj0
  _
(つ-∀゚)「いやぁ……、汗かいたなぁ……」

( ^ω^)「……キミ、ジョルジュ君だおね」
  _
( ゚∀゚)「え? まあそうだけど……」

( ^ω^)「あのさ……、もしかして……」

('A`;)「まさかお前、クーさんの事聞くつもりか?」
  _
( ゚∀゚)「……クーの事知ってるの?」

( ^ω^)[おっ……。やっぱりクーさんとジョルジュ、知り合いみたいだお] ヒソヒソ

('A`)[……みたいだな。まぁ今までの流れで言えば特に疑いもしなかったが] ヒソヒソ

( ^ω^)「ジョルジュ君」
  _
( ゚∀゚)「ん?」

( ^ω^)「ちなみに、クーさんもこの船に?」
  _
( ゚∀゚)「そりゃあ……、修学旅行だから……」

323 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 23:26:35.93 ID:T1jdtUUj0
( ^ω^)「やっぱり……」

('A`)「此処まで来ると偶然じゃねぇな……」
  _
( ゚∀゚)「……クーがどうかしたのか?」

( ^ω^)「ちなみに、ジョルジュ君!」
  _
(; ゚∀゚)「え? 何?」

( ^ω^)「クーさんの事、好きでしょ」
  _
(; ∀ ),;:,':∴  ブーッ

('A`;)「おいおい、ブーン」
  _
(;×∀×)「ケホッ! ケホケホッ……」

( ^ω^) ジー
  _
(; -∀-)「……そ、そんな訳無いでしょ」

(*^ω^)「おーん……」ニヤニヤ


325 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 23:28:18.90 ID:T1jdtUUj0
  _
(; ゚∀゚)「なんでそんな事聞くんだよ……」

(*^ω^)「ナイショだお。気にしなくて良いお」
  _
(; ゚∀゚)「え、えー……」

(*^ω^)ノシ「じゃ、そういう事で。ばいぶー」
  _
(; ゚∀゚)「……ば、ばいぶー」

('∀`)「意地が悪いな、ブーン」 スタスタ…

(*^ω^)「そうかお? でも全部話したら僕たちキチガイ扱いだお」 スタスタ…

('∀`)「そりゃ言えてるぜ」

(*^ω^)「……あー、きっとこの後にクーさんらしき女の人がヒョッコリ現れるんだお」

('∀`)「妙にうれしそうだな」

(*^ω^)「三度目ともなるとね……」

345 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 23:53:24.32 ID:T1jdtUUj0
(*^ω^)

( ^ω^) ハッ…

( ^ω^)「……でも」

('∀`)「ん?」

( ^ω^)「タイタニックと言い、アンドレア・ドリアと言い、二人は結ばれてないお……」

('A`)「……そういう運命なのかな」

( ^ω^)「その一言で片付けるのは……」

('A`)「けどなぁ。……そうとしか思えん」

( ^ω^)「おー……」

( ^ω^)

( ^ω^)「あれ? って事は、今回も?」

350 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 23:55:38.36 ID:T1jdtUUj0
('A`)

( ^ω^)

('A`)「まさか」

( ^ω^)「だおね。この船が沈む事なんて。想像できないお」

('∀`)「だよな~! あはははははは」

( ^ω^)「おっおっおっ!」

('∀`;)

(; ^ω^)

(; ゚ω゚)(むっちゃくちゃ不安だ……ッ!!)(゚∀`;) ゴクリ…

356 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 23:57:22.66 ID:T1jdtUUj0
( <●><●>)「どうしたんです、二人とも? 顔色が良くないですよ」

(; ^ω^)「そ、そうかお?」

( ><)「ふやけた親指みたいな顔してるんです!」

('∀`;)「よく言われる」

(*‘ω‘ *)「とりあえず、私たちは下に降りるけど……。どうするっぽ?」

(; ^ω^)「え、えーっと……」

('∀`;)「もう少し海風に当たりたいかな、なんて……」

( <●><●>)「そうですか。では、私たちは……」

( ><)「今度映画見に行きましょうね!」

(; ^ω^)「おっおっ! 楽しみだお!」

……

357 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/02(土) 23:59:25.54 ID:T1jdtUUj0
【VIPⅡ オーシャンビューラウンジ】

( ^ω^)「ドクオ!」

('A`)「何だ!」

( ^ω^)「冷静に考えたんだけど、沈む気がしてきた!」

('A`)「分かってる! 緊急会議だ!!」

( ^ω^)「会議の内容は!!」

('A`)

('A`)「いざ聞かれると困るな」

( ^ω^)「ですおね」

360 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 00:01:34.69 ID:CW1vB8tU0
('A`)「つっても、まだ沈むって決まった訳でもねぇし……」

( ^ω^)「そうだけど……。この海より深い不安はどう拭えば良いのか」

('A`)「……もし、沈んだとしてもこの船はデカい」

( ^ω^)「うん」

('A`)「沈み始めてから完全に沈むまで……。大体半日はかかるんじゃねぇかな?」

( ^ω^)「……って考えると」

('A`)「逃げ出す暇なんて幾らでもある。運が悪くなけりゃ怪我すらしない……、と思う」

( ^ω^)「なるほど……」

('A`)「何か異常が起きたらすぐ逃げれば良い。今度はチーンでは済まされないからな」

( ^ω^)「あ。万が一の時は死んでも良いか、とか思ってた自分がいたお」 ウッカリ

364 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 00:03:42.08 ID:CW1vB8tU0
('A`)「それに、まだこの時代のクーが俺たちのクーさんと同じとは限らない」

( ^ω^)「お?」

('A`)「例えば、クーさんがブサイクでニキビまみれで臭かったらどうする?」

( ^ω^)「いや、それはクーさんじゃないお。名前が同じでもクーさんでは無いお」

('A`)「まぁ、つまりはそういう事だ」

( ^ω^)「なるほど……」

('A`)「なんとなーく、不安じゃなくなるだろう?」

( ^ω^)「確かに……」

/ ,' 3「ワシはいつでも老い先が不安じゃけどの……」

('A`)「お前は老いる先がねぇだろ」

( ^ω^)「てか、どこから沸いて来やがったこのジジイ」

367 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 00:05:39.80 ID:CW1vB8tU0
/ ,' 3「ジジイとはなんじゃ……。ワシには荒巻と言う立派な名前がだな……」

( ^ω^)「荒巻って言うんだこの爺さん。意外と普通の名前だお」

('A`)「あれ……? 荒巻……、何か聞いたことあるな……」

/ ,' 3「知っとるのか、ワシを」

('A`)「……荒巻財閥と何か関係ある?」

/ ,' 3「ワシのグループじゃん。良く知っとるのう」

(゚A`) ポッカーン…

( ^ω^)「え、そんな凄いのその会社」

(゚A`)「すげぇも何も、ある意味今ある日本の基礎を作り上げた財閥じゃねぇか……」

( ^ω^)「はい?」

(゚A`)「住友財閥や三菱財閥なんかと同じくらいのデカさだぞ」

371 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 00:07:31.89 ID:T1jdtUUj0
( ^ω^)「僕には良く分からないんだけど、凄そう」

(゚A`)「凄い所じゃねぇ! 荒巻財閥が無かったら今、こんなに発展してねぇぞ!」

(; ^ω^)「おっ……」

/ ,' 3「ま、あっけなく財閥ごと乗っ取られたけど」

( ^ω^)「急展開」

('A`)「知りませんでした」

/ ,' 3「最近の若造は怖いのう。ワシの知り合い、全部味方にしちゃうのよ。一人ぼっちじゃ何も出来ない事分かってるんだなぁ」

( ^ω^)「なんか急に爺さんが可愛そうになってきたお」

('A`)「ごめんな、爺さん。なんか辛く当たっちゃって」

/ ,' 3「ほっほ……。謝られたくらいじゃ傷は癒えんわい」

( ^ω^)(根に持ってやがる)

375 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 00:09:27.73 ID:CW1vB8tU0
/ ,' 3「まあ、何。ちょっと昔の話じゃ。今はこうやって自由に暮らしとるわい」

('A`)「でも、乗っ取られたって言ったけど、今も名前は『荒巻財閥』だろ?」

/ ,' 3「ま、その辺は察して欲しいのう」

('A`)「?」

( ^ω^)「どういう意味だお?」

('A`)「わかんね」

/ ,' 3「若造には分からんわい。この言葉の真意が」

( ^ω^)「分かってしまったら何かドス黒いものを垣間見る気がするお」

/ ,' 3「大体そんな感じじゃ」

378 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 00:12:07.20 ID:CW1vB8tU0
('A`)「さて……、結論を出すと……」

( ^ω^)「うむ」

/ ,' 3「早よせんか」

('A`)「ぶっちゃけ分からないので、適当に楽しみましょう」

( ^ω^)「はい」

('A`)「これで良いっしょ?」

( ^ω^)b「考えたってしょうがないお!」グッ

/ ,' 3「じゃな!」

('A`)「あれ? 爺さん、話分かってる?」

/ ,' 3「いや、その場のノリで相槌とか打ってるだけじゃよ」

('A`)「だと思った」

381 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 00:15:01.36 ID:CW1vB8tU0
/ ,' 3「よっこらしょ……。じゃ、ワシは失礼するぞい」

( ^ω^)「何処に行くんだお、爺さん」

/ ,' 3「オムツ忘れたから買いに行こうかと思っての」

('A`;)「売ってんのかあ?」

/ ,' 3「売ってなかったらどうしよう……」

(;^ω^)「いや、僕たちに聞かれても困るお」

/ ,' 3「ティッシュとか詰めておけば大丈夫かのう……」

('A`)「最っ高に汚いぜ、それ」

( ^ω^)「グジュグジュになるお」

/ ,' 3「あー、嫌かも」


……

385 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 00:16:58.29 ID:CW1vB8tU0
【VIPⅡ ショッピングエリア】

http://cruises.about.com/library/graphics/visitorspics/photo%207.JPG

(  ゚ω゚)「えっ」

('A`)「どうした?」

(  ゚ω゚)「何これ。街?」

('A`)「一応船の中だな」

(  ゚ω゚)「ど、ど、どうなってんだお……」

/ ,' 3「年寄が散策するのにはちょいと広すぎるかのう」

('∀`)「最近の豪華客船じゃ、これが当たり前だ」

(  ゚ω゚)「なんだと」

('∀`)「夜になるとライトアップされて、それはもう別空間なんだぜ」

388 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 00:19:05.08 ID:CW1vB8tU0
(; ^ω^)「ぐぬぬ……、現代の豪華客船って本当に一つの都市みたいな感じなんだおね……」

('∀`)「凄ぇだろ」

(; ^ω^)「凄すぎて逆に歯がゆいお」

/ ,' 3「ほれ! 突っ立ってないでさっさとオムツ探さんか!」

( ^ω^)「えー。めんどくさいお。自分で探せお」

/ ,' 3「早くしないと漏らしちゃう。てか、もう漏らしてるかも」

( ^ω^)「えっ」

/ ,' 3「だって漏らしたの、気づかないし」

('A`)「俺もいつかはこんな感じになるのかな……」

( ^ω^)「時の経過って残酷だお」

389 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 00:21:06.06 ID:CW1vB8tU0
/ ,' 3「とにかく、早く探しとくれい……」

( ^ω^)「とは言え、どこを探せば良いか……」

('A`)「カフェやブランド品店ばっかりで……」

/ ,' 3「じゃったら人に聞きなさい。若造はそんな事も分からんのじゃな」

( ^ω^)「てめぇで忘れたんだからてめぇで聞けや」

/ ,' 3

/ ,' 3「ふがふがふがふが……」モゴモゴ

('A`;)「コイツ! 急に喋れなくなりやがった!」

(;^ω^)「なんっつー便利な体だお!」

391 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 00:23:18.10 ID:CW1vB8tU0
/ ,' 3「ほら、あそこに家族連れがいるぞい。聞いてみい」

(;^ω^)「家族連れ……」


(´・_ゝ・`)「凄いなぁ、まるで街じゃないか……」

(*゚∀゚)「おお! ブランドもんばっかしかと思ったけど、庶民的な店もあるんだな!」

*(‘‘)*「おとーさん、これ買って!」

(´^_ゝ^`)「あっはっは……。お父さんのお金は全部お母さんが握ってるから、お母さんに頼みなさい」

(*゚∀゚)「まるで支配されてる様な口ぶりじゃねぇか」

(´^_ゝ^`)「だってそうじゃないか」


( ^ω^)「……あの幸薄そうなお父さん、一回見たお」

392 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 00:25:15.61 ID:CW1vB8tU0
('A`)「客室に行く前に一回見たんじゃなかったか?」

( ^ω^)「あー。そういえばそうだったかも」

/ ,' 3「ほれ、ボーッとしてると行ってしまうぞい」

(;^ω^)「おっと……」

('A`;)「すんませーん!」

(´・_ゝ・`)「ん?」

(;^ω^)「あのう……、お店を探してるんですけど……」

(´・_ゝ・`)「お店? どんな?」

('A`;)「何て言うか……、介護用品みたいな……」

(´^_ゝ^`)「介護用品? 誰かを介護するのかい?」アッハッハ…

(;^ω^)σ「まぁ。そこの老人を……」

394 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 00:27:10.75 ID:CW1vB8tU0
( ^ω^)σ

( ^ω^)σ「……あれ、居ない」

/ ,' 3「奥さん、美人ですのう」 キリッ

(;*゚∀゚)「ほあ?」

/ ,' 3「もしかしたら、アナタと出会うためにこの年まで生き長らえたのかも知れませんぞ」

(;*゚∀゚)「あのー……」

('A`)「おい、クソジジイ。キリッ、じゃねぇぞ」

( ^ω^)「オムツが必要なんじゃねぇのかお」

/ ,' 3「オムツ? このワシが? なーに言っとるんじゃ。そんなカッコ悪いもの必要ないわい」

(#^ω^) ビキビキ…

('A`#)「よせ、ブーン。俺がやる」 ビキビキ…

395 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 00:30:00.62 ID:CW1vB8tU0
*(‘‘)*「おとーさん、おかーさん取られちゃうよ!」

σ(´^_ゝ^`)「それは困るなあ……」 ポリポリ…

/ ,' 3「旦那さんより、ワシの方が満足させてあげられる自信がありますぞ」

(;*゚∀゚)「面倒だなこのジジイ。アンタら、保護者なんだったら何とかしてくれよ」

( ^ω^)「こんなヤツの保護者じゃないです」

('A`;)「おっさんも頭掻いてないで助けてやれよ」

σ(´^_ゝ^`)「大丈夫だよ、この人強いし。お爺さん一人くらい、簡単に殺せる」ポリポリ

(*゚∀゚)「誰だってこんなジジイ簡単に殺せるだろ」

( ^ω^)「僕だって30秒で殺せる自信あるお」

/ ,' 3「やめて!」

397 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 00:32:30.40 ID:CW1vB8tU0
('A`)「分かったら大人しくしてろ、爺さん」

/ ,' 3「ほい」 ショーン…

(´・_ゝ・`)「……もしかして、君たちも家族か何かかい?」

( ^ω^)「まさか。こんなジジイとガリガリ、ウチの家系にはいませんお」

('A`)「全くの赤の他人だよ」

(´・_ゝ・`)「そうなの。あんまりにも仲が良さそうだから勘違いしてしまったよ」

( ^ω^)「オッちゃん達は家族だおね?」

(*゚∀゚)「まーな。……ほら、ヘリカル。自己紹介してやりぃ」

*(‘‘)*「あたし、ヘリカル! 5ちゃい!」

(*^ω^)「おっおっ! 僕はブーンだお! よろしくお!」

/ ,' 3「ワシ、荒巻! 91しゃい!」 ヨボヨボ…

410 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 00:52:38.59 ID:CW1vB8tU0
('A`*)「可愛いなぁ、幼女可愛いなぁ」

(*゚∀゚)「あんまし変な目で見るんじゃねぇぞ」

(*^ω^)「なんか、子供らしい子供で安心するお!」

('A`*)「見かけるガキどもは、なんかシャレ込んでてガキっぽさが無いもんな」

(´^_ゝ^`)「んー、僕たちみたいな普通の人間がこんな船に乗るなんて、場違いすぎて困惑してる最中だよ」

('A`)「つっても、この船に乗るくらいだから金持ちの部類なんだろ?」

(´^_ゝ^`)「金持ち?」

( ^ω^)「僕たちなんて、抽選で当たっただけだお」

σ(´^_ゝ^`)「金持ちなんて……。安月給の貧乏家族だよ」ポリポリ

( ^ω^)「え? そうなの?」

(´^_ゝ^`)「いつもは火災報知器とか点検してるんだ。どうしようもない給料でね」

('A`)「本当にフツーな感じだな」

(*゚∀゚)「手取り20万程度の糞旦那だよ」

412 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 00:55:16.35 ID:CW1vB8tU0
('A`)「へぇ……。でも、よく一か月なんて休みが取れたな」

(´・_ゝ・`)「もう定年だからね」

( ^ω^)

('A`)

(´・_ゝ・`)

( ^ω^)「はい?」

('A`)「何歳ですか?」

(´・_ゝ・`)「60」

( ^ω^)「マジかよ」

/ ,' 3「近いのう……」

('A`)「いや、決して近くは無いぞ爺さん」

413 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 00:58:07.95 ID:CW1vB8tU0
( ^ω^)「って事は、奥さんは……?」

(*゚∀゚)「私は24だよ」

( ^ω^)「oh……」

('A`)「よく結婚が許されたと思います」

( ^ω^)「つーか、クルーズなんて乗ってる場合じゃないんじゃないかお?」

('A`)「もうすぐ年金で食わせていかなきゃいけなくなるんだろ?」

(´^_ゝ^`)「あっはっは……。そうかも知れないなあ……」

(;^ω^)「笑いごとじゃないお」

(*゚∀゚)「ま、私がガッツリ稼いでるから大丈夫大丈夫」

('A`)「何をされてるんで?」

(´・_ゝ・`)「主婦だよ」

('A`)「?」

414 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 01:01:38.72 ID:CW1vB8tU0
/ ,' 3「株か」

(*゚∀゚)「ご名答。FXもやってるよ」

('A`)「普通の家族じゃないじゃん! 普通の家族じゃないじゃん!」ブーブー

( ^ω^)「結局金持ちじゃないか!」ブーブー

σ(´^_ゝ^`)「言われてみたらそうかも知れない」ポリポリ

(;^ω^)「ズルして金持ちになりやがって! 悔しいお!」

(;*゚∀゚)「別にズルじゃねぇだろ。昼寝出来ねぇんだぞ」

/ ,' 3「JALで痛い目見たワシから言わせれば、ガンガン儲けてるオタクらはラッキーじゃな」

(*゚∀゚)「私から言わせればJALを切らなかったヤツがバカとしか言いようが無いね」

('A`)「言われてるぞ、爺さん」

/ ,' 3「うん。まさか買ってるとは自分でも思わなかったわい。いつ買ってたんだろう、あんな紙屑。ちなみにまだ持ってる」

(;^ω^)「ボケて買ってた事忘れてたのかお」

/ ,' 3「良いんじゃよ。ワシ個人の遊びだったんじゃから」 ツーン

('A`;)「スネんなよ……」

416 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 01:04:14.58 ID:CW1vB8tU0
*(‘‘)*「おかーさん、早く行こうよー」

(*゚∀゚)「わーった、わーった……」

('A`)「何かすまん、引き留めてしまって」

(´^_ゝ^`)「いやいや、別に」

( ^ω^)「このボケ老人の所為だお」

/ ,' 3「なんじゃと! 口を慎め若造が!」

( ^ω^)「いや、でもアンタの所為だろ」

/ ,' 3「そうじゃな」

(´・_ゝ・`)「まぁ、また機会があったらゆっくりと話でも……」



                   \キャー!キャー!/
      \クーサマー!/                       \ワー!クーサマヨ!/



418 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 01:07:26.93 ID:CW1vB8tU0
( ^ω^)「おっ……?」

(*゚∀゚)「なんか急に騒がしくなったな……」

σ(´・_ゝ・`)「あの高校生たちだ……。なんだろう……」 ポリポリ…

('A`)「なんかさ、クー様とか言ってる様に聞こえるんだけど……」

( ^ω^)「奇遇だお。僕にもそう聞こえるお」


    ざわ……ざわ……
                   「クー様が来るわよ! 道を空けなさい!」
                                                 がやがや…
    「こっち向いてくれるかしら……」
                                           「ああ、凄すぎる。もう立ってられないわ……」
                        ざわざわ……


(;^ω^)「ぜ、絶大な人気だお……」

('A`;)「ま、まさか……。本当にあのクーさんなんじゃ……」 ゴクリ…

(;^ω^)「もし、僕たちの知るクーさんだったらこの船の寿命がマッハだお……!」

420 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 01:10:12.35 ID:CW1vB8tU0

                     キラキラ…
       ,゚    。   +     。 。   ,゚.。
。 ゚ *   。.   , 。゚    +   o  。  ゚.    ,゚  。 +
o。  。.゚*    。゚ 。.゚   。  川 ゚ -゚)  o。   。  .゚*  
     。   ゚  .  +。 ゚ *   。. ,  。  ゚ 。.   ,    キラキラ…
   。  *  。,  + 。. 。    *   。    ゚。   ゚., ,+ 
                 キラキラ……!
 

(; ゚ω゚)「うわああああああああ!! どこからどう見てもあのクーさんだおおおおおおおおおお!!」

(゚A`;)「しかも今までと輝きが違いすぎる!! なんて凄い金持ちオーラなんだあああああああああ!!」

(´・_ゝ・;;;:::..... シュゥゥ…

(; ゚ω゚)「金持ちオーラが凄すぎておっさんが消滅し始めてるお!!」

(; ゚ω;;;:::... シュゥゥ…

(゚A`;)「ブゥゥゥゥゥウウン!! お前もだ!! 耐えろぉぉお!!」

423 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 01:13:05.56 ID:CW1vB8tU0
川川 ゚) スタスタ…

(;´ω`)「ハァハァ……、去って行ったお……」

('A`;)「これ程までとはなぁ……」

(;´・_ゝ・)「危うく消えてしまいそうだったよ……」

(;*゚∀゚)「誰だよ、今のは……」

(;´ω`)「クーさんだお」

(;*゚∀゚)「?」

('A`;)「美人でスタイル抜群。気立ては良くて、恋人想い。その上大金持ちだ」

(;´・_ゝ・)「詳しいね……」

(;´ω`)「生死を共にした仲ですから……」

*(‘‘)*「よくわかんない」

425 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 01:16:20.39 ID:CW1vB8tU0
/ ,' 3「ふむ……、あの小娘……」

('A`)「知ってるのか爺さん」

/ ,' 3「なーんか見た事あるのぅ……」

(;´ω`)「マ、マジすか……」

/ ,' 3「……あー! 思い出したわい!」

('A`)「うん?」

/ ,' 3「随分前に会ったイタリア人の娘に似とる。あの石油王なんちゃらって言うジジイの娘じゃ!」

('A`)

( ^ω^)

('∀`)「あはははは……。世の中にゃ奇妙な事もあるんだなぁ……」

( ^ω^)「おっおっおっ。不思議だお!」

427 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 01:19:09.40 ID:CW1vB8tU0
( ^ω^)[やっぱ、この爺さん凄いヤツの様な気がする]ヒソヒソ

('A`)[うん。見た目はあんなだけど、確実に凄いヤツなのは確定してるから]ヒソヒソ

*(‘‘)*「早く早く~。遅いよ~」

(;´・_ゝ・)「あ、ああ……。ゴメンゴメン……」

(;*゚∀゚)「って訳で娘がせがむから行くわ……」

(;^ω^)「なんか色々とすみませんでしたお」

/ ,' 3「そうじゃ……。まだ名前を聞いとらんかったのう」

(´^_ゝ^`)「そういえば。……自分は盛岡デミタス。妻は、つーって言います」

(*゚∀゚)∩「よろしく」スッ

( ^ω^)「おっおっ。今度会った時はもっとお話ししたいですお」

(´^_ゝ^`)「そうだね。その時はよろしく頼むよ」

428 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 01:22:05.60 ID:CW1vB8tU0
(*゚∀゚)「ほら、ヘリカル。バイバイって言いな」

*(‘‘)*ノシ「バイバイ」

('A`*) ポッ

(;^ω^)「顔赤らめんなお、気持ち悪い」

(´^_ゝ^`)「あっはっは……、ではまた」ペコペコ

( ^ω^)「ではまた」ペコペコ…

('A`*)「行ってしまった……」

/ ,' 3「美人な奥さんじゃのう……」

( ^ω^)「あのオッちゃん、相当な勝ち組だお」

('A`)「人生の勝利者だよなぁ……」

430 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 01:25:14.11 ID:CW1vB8tU0
/ ,' 3「それに、あの小娘もそうとうな美人じゃった……。ここは天国じゃ……」

(;^ω^)「えっ! ヘリカルちゃんの事かお?!」

/ ,' 3「違うわい! クーとか言う娘の事じゃ!」

(;^ω^)「よ、良かった……」

(;^ω^)

( ^ω^)「あっ」

('A`)「どうした?」

( ^ω^)「クーさん。結局僕たちの知るクーさんだったお」

('A`)「こうしちゃおけねぇ」

/ ,' 3「なんじゃ? どうかしたのか?」



……

431 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 01:28:17.09 ID:CW1vB8tU0
【VIPⅡ カフェ】

http://www.realholidayreports.com/hotel_reviews/images/Voyager_Of_The_Seas_Cruises_2.jpg

('A`)「ブーン! 緊急会議だ!」

( ^ω^)「分かってるお!!」

('A`)「よし! 始めるぞ!」

( ^ω^)「ちょっと待てお!」

('A`)「どうした!」

( ^ω^)「ジジイが居ないお!」

('A`)「ジジイは置いて来た! この戦いには着いて行けない!」

( ^ω^)「それもそうかお!」

436 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 01:31:41.86 ID:CW1vB8tU0
('A`)「やはり、あれはクーさんだった」

( ^ω^)「整った顔に、艶やかな髪。間違いなくクーさんだお」

('A`)「そして、テニスコートのアイツもジョルジュで間違い無い」

( ^ω^)「クーさんが好きな点まで、そっくりそのまま同じだお」

('A`)「もうフラグビンビンだな」

( ^ω^)「だお」

('A`)「……かと言って、俺たちにはどうにも出来ん」

( ´ω`) ショーン

( ´ω`)「一つ考えてたんだけど……」

('A`)「ん?」

437 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 01:35:20.38 ID:CW1vB8tU0
( ´ω`)「タイタニックとアンドレア・ドリアの事故で、結局二人は離ればなれになってるお」

('A`)「んー……、まあそうだな……」

( ´ω`)「じゃあ、今回も何らかの原因で離ればなれになったりして……」

('A`)「……けど、今回はまだクーさんと話してない。もしかしたら、クーさんはジョルジュの事が好きじゃないかも知れないだろう?」

( ´ω`)「確かにその可能性はあるけど……」

('A`)「なんとも言えないのが現状だよ、やっぱり」

( ´ω`)「結局緊急会議してもその結論って悲しいお」

('A`;)「ゴメン……」

( ^ω^)「……僕、今度クーさんを見かけたらコンタクトを取ってみようかと思うお」

('A`)「ほお……。随分と行動的だな」

440 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 01:38:13.30 ID:CW1vB8tU0
( ^ω^)「だって、僕……。彼らの死目と言うか、離ればなれになる瞬間を二回も見てしまってるお」

('A`)「……ああ、そういえばお前はそうだったな」

( ^ω^)「現代でもこうして出会って、恋をしてたとするなら……」

('A`)「あんまりにも残酷すぎるよな……」

( ^ω^)「だお。胸が痛いお」

('A`)「ふむ……」

( ^ω^)「出来る事なら、なんとかして……」

('A`)「助けたいってか」

( ^ω^)「もし、今まで通り沈むんならの話ですけどお」

('A`)「……なるほどな」

( ´ω`)「……なんて、口では簡単に言えるけどね」 ショーン

441 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 01:41:17.32 ID:CW1vB8tU0
('A`)「いや、でも……。お前の言うとおりだ」

( ´ω`)「お?」

('A`)「こうして生まれ変わって、何度も出会って死別して……。そんな運命は酷過ぎる」

( ´ω`)「ドクオ……」

('A`)「やれる事、してみようぜ」

( ^ω^)「……お前、めちゃくちゃいい奴だお」

('∀`) ニカッ

('∀`)b「ボン・ボヤージュ」 グッ

(*^ω^)b グッ

(*^ω^)b「ボン・ボヤージュ」

444 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 01:44:13.82 ID:CW1vB8tU0
('∀`)b「もし、何かあった時……。絶対に死なせない。決まりだな」

(*^ω^)b「決まりだお。こんな運命、あってたまるかお!」

从'ー'从「あのぉ~……」

( ^ω^)b「お……?」

从'ー'从「合席……、良いですか? どこも空いてなくて……」

( ^ω^)「どうぞどうぞ」

从'ー'从「すみません、失礼しますー……」

('A`)「本当だ、結構混んでる……。さっきまではそんな事無かったのに……」

从'ー'从「そうなんですかぁ……。間が悪かったかなぁ~……」

( ^ω^)

( ^ω^)「あれ……、アナタどこかで……」

447 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 01:48:06.22 ID:CW1vB8tU0
从'ー'从「え?」

( ^ω^)「……まさか、ナベちゃん?」

('A`)「……うん?」

从^ー^从、「ありゃ……良く気が付いたね……」 テレ…

('A`)

('A`)「うわっ、マジだ。マジやん。えっ? うわー」

从^ー^从「私服だとオーラ無いから……。いつも気が付かれないんだぁ~」

(;^ω^)「なんかそれっぽいと思ったら……。スグに気づけなくてゴメンお……」

从^ー^从「気にしないで~」

449 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 01:50:59.69 ID:CW1vB8tU0
('A`)「すんません! サインしてください!」

从'ー'从「良いよ~」

('A`)つ□「オナシャス!」 スッ

(;^ω^)「その色紙、どこから持ってきたんだお」

('A`)「俺はいつ芸能人に会っても良いように、常時携帯してる」

(;^ω^)「知らなかったお……」

从'ー'从φ サラサラ…

从'ー'从つ□「はい。これで良いかな?」

('A`*)「ひょおおおおおおおおおおお! ひょおおおおおおおおおお!!」

从;'ー'从「周りの人にバレちゃうから、あんまし大声ださないでぇ~」

450 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 01:53:27.90 ID:CW1vB8tU0
( ^ω^)「あれ? そういえばマネージャーさんは?」

从'ー'从「適当に撒いてきちゃった」

(;^ω^)「意外とアクティブ」

从'ー'从「だって、いっつも付きっ切りで疲れちゃうんだもん……」

('A`*)「疲れちゃうなら、逃げちゃえば良いっす! それで良いっす!」

( ^ω^)「露骨に優しく接しようとすんなお。魂胆見え見え」

('A`;)「うるせえな……」

从'ー'从「疲れちゃうなら逃げれば良いねぇ……」

('A`;)「いや、それ忘れてください。なんか恥ずかしい」

从'ー'从「……じゃあ、アイドル止めちゃおうかな」ボソッ

451 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 01:56:17.74 ID:CW1vB8tU0
(;^ω^)「おろ?」

(゚A`;)「えええええええ……! 嫌っすよ! 俺、嫌っすよ!」

从^ー^从「冗談だよ、冗談……」

(;^ω^)「やっぱ、アイドルって辛いのかお……?」

从'ー'从「んー、まあね」

(゚A`;)「ま、ま、ま、まさか……」

(;^ω^)「お?」

(゚A`;)「あのクソジジイの言うとおり、枕を……」

(;^ω^)「えー?」

从;'ー'从「まさかー。そんな事しないよー」

453 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 01:59:13.09 ID:CW1vB8tU0
ε=('A`;)「よ、良かった……」ホッ

(;^ω^)「ビックリさせんなお、ドクオ」

从;'ー'从「少なくとも私はね……」

(;^ω^)「……って事はやってる子もいるのかお?」

从;^ー^从「んー……。まあ、いる事はいるよねぇ~……」

(;^ω^)「都市伝説かと思った」

从'ー'从「最初から売れる子は良いんだけどね~……。中途半端や見切りつけられてる子はお呼びがかかるよ」

('A`;)「黒いなぁ……」

从'ー'从「拒否出来るから、まだ良いよ」

(;^ω^)「それで拒否出来なかったら大問題だお」

465 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 02:20:26.92 ID:CW1vB8tU0
从'ー'从「ただ、私は表舞台って言うのが疲れただけって言うか……」

( ^ω^)「一時期大人気だったおね」

('A`)「今だって大人気だよ!」

(;^ω^)「そうだけど……」

('A`)「コイツの言う事なんて気にしないでください!!」

从'ー'从「あはは……、でも、結構向いてないと思うんだ、こういうの」

(;^ω^)「そうなのかお?」

从'ー'从、「多分ね。自分でも分からないけど……」

('A`)「ナ、ナベちゃん……」

从;'ー'从「あ……、なんか話し過ぎちゃったかな。忘れて忘れて」

('A`;)「……はい」


468 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 02:24:27.36 ID:CW1vB8tU0
从'ー'从「あ! コーヒー冷めちゃってる……」

(;^ω^)「おーん、僕もだお……」

从'ー'从「ついでだから、君のも貰って来てあげようか?」

(;^ω^)「あー、いやいや。僕が行きますお」

从'ー'从「そんな気ぃ使わなくても良いのにー……」

( ^ω^)「おっおっ。構いませんお! はい、コップ出して」

从'ー'从つ凵「んー……、じゃあお願い」

( ^ω^)つ凵「はいお」 スタスタ…

('A`)

从'ー'从

('A`)「あれ……。俺、ナベちゃんと二人っきりじゃね?」

472 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 02:28:50.03 ID:CW1vB8tU0
从'ー'从「ん? 何か言った?」

('A`;≡;'A`)「い、いやいやいやいや! 何も言ってないっす!」ブンブン

从^ー^从「変なの~」ニコリ

('A`;) ドキドキ

('A`;)(やべぇ! ナベちゃん超可愛い! 化粧してなくても最高に可愛い!)

      「あの……、そこの席空いてますか?」

('A`;) ドキドキ

从'ー'从「君、話しかけられてるよ?」

('A`;)「ハ、ハイ!!」

从'ー'从σ「ほら」

('A`;)「へ?」

474 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 02:33:38.53 ID:CW1vB8tU0
川 ゚ -゚)

(゚A`;) ギョッ

川 ゚ -゚)「そこ、良いですか?」

(゚A`;)「あ、そ、そこは。ブーンってヤツが座ってて……」

川 ゚ -゚)「そうなのか……」

从'ー'从「はい、イス持ってきたよ。座って~」 ガタ…

川;゚ -゚)「あっ……、何か気を使って貰って悪いな」

('A`;)(……ビ、ビックリした。あっちからコンタクト取って来るとは思わなかったぜ) ドギマギ…

从'ー'从「君、一人なの?」

川 ゚ -゚)「ん? まぁ……。ちょっと周囲が面倒だから、一人になりたかったんだ。ここなら人も多いし撒けるかと思って……」

从^ー^从「じゃあ一緒なんだ……」

479 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 02:36:37.39 ID:CW1vB8tU0
( ^ω^)つ凵「おっおっ~。貰って来たお~」

从'ー'从「あ、意外と速かったね」

( ^ω^)つ凵「これでも並んだ方……」

川 ゚ -゚)

( ^ω^)つ凵「ドクオ!」

('A`)「まぁ、つまりそういう事だ!」

( ^ω^)つ凵「お隣、失礼します!」

川;゚ -゚)「? あ、ああ……。失礼してるのは私の方と言うか……」

从^ー^从「美人さんだからって、気合入りすぎだよ~」クスクス…

(;^ω^)「ついつい気合を入れざるを得ない理由があると言うか、なんと言うか」

480 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 02:39:48.26 ID:CW1vB8tU0
从'ー'从「アナタ、新速高校の子?」

川 ゚ -゚)「ええ……。何故?」

从'ー'从「何か、修学旅行で来てるってマネージャーが言ってて。凄いねぇ~」

川 ゚ -゚)「無理やり連れてこられた様なもんだ」

('A`)「……ちなみに、お名前は?」

川 ゚ -゚)「ん? 私のか?」

('A`)「イエス」

川 ゚ -゚)「素直 クールと言うが……」

('A`)[……だそうだ]ヒソヒソ

( ^ω^)[ニュアンスは違えど、やっぱりクーさんだお]ヒソヒソ

481 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 02:42:51.11 ID:CW1vB8tU0
川 ゚ -゚)「アナタ方は?」

( ^ω^)「僕はブーン。こっちのガリガリはドクオだお」

('A`)「ドクオです」

川 ゚ -゚)「そうか……。で、アナタは?」

从'ー'从「ナイショ」

川;゚ -゚)「ナイショなのか……」

从^ー^从「ミステリアスで良いでしょ~」

川;゚ -゚)「そう言うものなのか……?」

从'ー'从「そういうものです」

「おい。おいクー……」

川 ゚ -゚)「……ん?」

483 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 02:45:36.70 ID:CW1vB8tU0
  _
( ゚∀゚)「こんな所に居たのか……、探した探した……」

('A`;)「ぶふぉっ」

( ^ω^)「おっ……、ジョルジュ君」
  _
( ゚∀゚)「あれ? さっきの……」

川 ゚ -゚)「知り合いなのか、ジョルジュ」
  _
( ゚∀゚)「うん、まあね。クーも知り合いなんだろ?」

川 ゚ -゚)「? まあ、今さっき……」
  _
( ゚∀゚)「ん?」

(;*^ω^)「おっおっ……。もしかして、クーさん探してたのかお?」
  _
(; ゚∀゚)「何だよ、その嫌な笑い方は」

从'ー'从「お~、君たち恋仲なのかぁ~?」

川;゚ -゚)、 ドキッ

从'ー'从「あはは……。俯いちゃってる。可愛いなぁ~」

484 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 02:48:14.42 ID:CW1vB8tU0
(; ^ω^)[やっぱり、ヒットだお。クーさんもジョルジュの事が好きなんだお!]ヒソヒソ

('A`;)[ほぼ確定だったから特段驚きはないぜ。つーか、少し危なかったぞ]ヒソヒソ

(; ^ω^)[ね。ちょっと冷や汗掻いた]ヒソヒソ

川;゚ -゚)「こ、恋仲……?」

( ^ω^)「……何だお。もう付き合ってるんじゃないのかお?」
  _
(; ゚∀゚)「何で会ったばっかしの人にこんな詮索されなきゃいけないんだ!」

('∀`)「良いじゃねか。ついでだから話そうぜ」

从'ー'从「この席に座ったのが運のツキだったねぇ~」
  _
(; ゚∀゚)「……ク~」

川;゚ -゚)「す、すまない……」

485 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 02:51:10.99 ID:CW1vB8tU0
从'ー'从∩「ハイ! 質問しますー」

( ^ω^)「どうぞですお!」

从'ー'从「二人は付き合ってるんですか~、どうなんですか~」

川;゚ -゚)

川;゚ -゚)「言わなきゃダメなのか?」
  _
(; ゚∀゚)「……馴れ馴れしい人たちだな」

('∀`)「早く早く。待ちくたびれたぜ」

川;゚ -゚)「……付き合っては無い」

( ^ω^)「え? 好きなのに?」

川; - ),;:,':∴  ブーッ
  _
(; ∀ ),;:,':∴  ブーッ

488 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 02:55:19.06 ID:CW1vB8tU0
川; -゚)「ゲヒッ! ゲホゲホ……、コホッ」

从'ー'从「ナイスリアクション」

川;゚ -゚)「好きだなんて……。そんなんじゃ……」
  _
(; ゚∀゚) ドキッ…

(*^ω^)「あーあー。そんな事言ったら、ジョルジュ君が傷ついちゃうお」

川;゚ -゚)「え?」
  _
(; ゚∀゚)「……傷つくわけねぇだろ」

川;゚ -゚) ドキッ…

('∀`)「まーた、そんな事言うと今度はクーさんが傷ついちゃうぜ」

川;゚ -゚)、「……あのなぁ」

489 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 02:58:19.86 ID:CW1vB8tU0
  _
(; ゚∀゚)「……そもそもだぞ!」

(*^ω^)「お?」
  _
(; ゚∀゚)「もし付き合ってたとして……それが発覚したら、退学になっちまうぜ」

('A`)「えぇ?」

川;゚ -゚)「……校則で決まってるからな。恋愛関係を持ってはいけないって」

从'ー'从「わー……、お気の毒……」
  _
(; ゚∀゚)「お、お気の毒でも何でもねぇよ! 別に好きなんかじゃ……ないし」

( ^ω^)「じゃあ、何でクーさんを探してたのかお?」
  _
(; ゚∀゚)「そ、それは……」

川 ゚ -゚)、 チラッ…
  _
(; ゚∀゚)「それは……、だな……」


492 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 03:01:25.88 ID:CW1vB8tU0
( ^ω^)「それは……?」

('A`)「それは……?」
  _
(; ゚∀゚)
  _
(; ゚∀゚)「ちょっと用事が出来た! またな!」

                  _
≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡(; ゚∀゚) スタタタタタ


(*^ω^)「おっおっ~。逃げやがったお!」

从'ー'从「ウブだねぇ~」

川 ゚ -゚)、

从'ー'从「ほら、落ち込まないで。彼、君の事好きみたいだよ?」

495 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 03:04:25.46 ID:CW1vB8tU0
川 ゚ -゚)「えっ……」

从'ー'从「本当は気づいてる癖にぃ~」

川*゚ -゚)「……別に気づいてなんか」

(*^ω^) ジー

('A`*) ジー

从*'ー'从 ジー

川;゚ -゚)

川;゚ -゚)「私も用事を思い出した」 ガタッ

(*^ω^)「ジョルジュによろしくお」

川;゚ -゚)「べ、別に喋る機会なんて無い! で、では……」


≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡川;゚ -゚) スタスタスタスタ


496 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 03:07:48.47 ID:CW1vB8tU0
(*^ω^)「おっおっ……。行ってしまったお……」

从'ー'从「可愛いねぇ~……、私にもそんな時代が……」

从;'ー'从「……ってもうこんな時間?!」

('A`)「あっ……。もう4時半なんだ」

从;'ー'从「マネージャーさんが打ち合わせがどうとか言ってたよ~。怒られる~」

(;^ω^)「そ、それは早く行った方が良いお!」

从;'ー'从「うん、行くね。色々喋りすぎちゃってゴメン~」

从;'ー'从 タッタッタ…

('A`)「……なんか、一気に居なくなっちまったな」

(;^ω^)「嵐の様だったお……」


……


497 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 03:10:36.92 ID:CW1vB8tU0
【VIPⅡ 客室】

( ^ω^)「……つー訳で。結局、クーさんは僕たちの知るクーさんだったお」

('A`)「でもって、ジョルジュとクーさんの関係も俺らの知る通りだったな」

( ^ω^)「……言っちゃ何だけど、なんか安心したと言うか」

('A`)「あー。分かるかも、それ」

( ^ω^)「でしょ?」

('A`)「クーさんが他の男が好きだったりしたら何か嫌だもんな」

( ^ω^)「そうそう。そうなんだおね」

('A`)「不思議な満足感がこみ上げるぜ」

499 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 03:14:01.27 ID:CW1vB8tU0
( ^ω^)「さて……次はどうしようかお。まだ回ってない場所も山ほど……」

('A`)「その前に、着替えだ」

( ^ω^)「お? 着替えかお?」

('A`)「今日は5時からドレスコードが発令してる」

( ^ω^)「あー、噂の衣装指定かお」

('A`)「んでもって、今回のドレスコードはフォーマルだ」

( ^ω^)「フォーマルって言うと……」

('A`)「タキシードやダークスーツだな」

(;^ω^)「げぇ……、いきなりかお……」

('A`)「そう文句言うな。どうせ一か月に1回2回しかないんだから」

501 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 03:17:57.58 ID:CW1vB8tU0
(;^ω^)「おーん……」

('A`)「ビシっと着替えられたら、夕食の時間だな」

(*^ω^)「待ってました!」

('∀`)「凄ぇのが出るぞ!」

(*^ω^)「バイキングかお~?」

('∀`)「バイキングの会場もあるが、今回はフルコースの会場に行こう」

(*゚ω゚)「おおおおおお!! ぐるナイとかで出てくるヤツかお?!」 ササキノゾミトカガタベテタヤツ

('∀`)「おう、滅茶苦茶高級なのが食べられるぜ」

( ^ω^) ハッ

( ^ω^)「でも、お高いんでしょう」

('∀`)「料金は一切かかりません」

(*゚ω゚)「すっげえええええええええええええええええ!!」

503 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 03:22:12.88 ID:CW1vB8tU0
('∀`)「これが豪華客船だ、ブーン」

(*゚ω゚)「分かってはいたけどトンでも無いお……。もはやキチガイのレベルだお……」

('∀`)「むしろ、こんな贅沢して良いのかって罪悪感が沸くな」

(*´ω`) ウットリ…

(*´ω`)「天国だお……」

('∀`)「よし、そうと決まればさっさと着替えて会場へGOだ!」

(*^ω^)「うおおおおお!! 食うおおおおおおお!!」

('A`)「あ、ちなみに酒は有料だから」

(*^ω^)「構わん!!」



……


505 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 03:25:54.42 ID:CW1vB8tU0
【VIPⅡ 夕食会場】

http://www.seateamimages.com/STI/pics/105/105978_big.jpg

(*゚ω゚)「ぬううおおおおおおおおおおおお!!」

('A`;)「……圧巻の一言だぜ」

(*゚ω゚)「これぞ! 豪華客船!!」

('A`;)「ああやって解説してたけど、いざ目の前にしてみると立ちすくむぜ」

(*´ω`)「これだけ広いとどこに座って良いやら……」

(*゚∀゚)「お~い……」

('A`)「あっ……」

(*゚∀゚)「昼間の兄ちゃんたちだろ?」

(*^ω^)「あ、つーさん……」

506 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 03:28:45.99 ID:CW1vB8tU0
(*゚∀゚)「そんな所で突っ立ってどーしたん?」

(*^ω^)「いやぁ……。どこに座ろうかなー、なんて」

(*゚∀゚)「そんじゃあこっち来いよ。一緒しようぜ」

(*^ω^)「良いのかお?」

(*゚∀゚)「良いも何も、あの旦那と一緒じゃせっかくの豪華客船も変わり映えないしな」

('∀`)「そんな事言ったら悲しんじゃうぜ」

(*゚∀゚)「ははっ……。アイツに悲しむなんて感情ねぇんだよ。死ぬまでのほほんとしてるんだ、きっと」

(;^ω^)「容易く想像出来る……」

(*゚∀゚)「にしても……」

( ^ω^)+ ビシッ

('A`)+ ビシッ

(*゚∀゚)「タキシードなんて着ちゃって……。随分と印象変わるなあ」

508 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 03:32:15.80 ID:CW1vB8tU0
( ^ω^)「似合ってるかお?」

(*゚∀゚)「良い感じ良い感じ」

('∀`)b「つーさんも素敵なドレスだ」 グッ

(*-∀゚)「煽てたって何にも出やしねぇぞ」

( ^ω^)b「お似合いですお~」 グッ

(*゚∀゚)「そうかい? ま、素直に受け取っとくぜ」

( ^ω^)「おっおっ!」

(*゚∀゚)「ウチの旦那もアンタら位に似合ってくれりゃ良いんだけどね」

( ^ω^)「おーん。そんな微妙なのかお?」

576 名前:再開:2012/06/03(日) 11:28:41.28 ID:fUajrZQY0
(*゚∀゚)=3「ビミョーも良い所さ。見せてやるよ」 フゥ

('A`)「確かに、あのオッサンがタキシードってのは想像出来ないな」

( ^ω^)「点検屋って言ってたから、完全に作業服のイメージだお……」

(*゚∀゚)「ま、こんな所で立ち話も何だ。こっちこっち。込み合う前に早く座っちまおう」

( ^ω^)「おっおっ。そいじゃあお言葉に甘えてお邪魔しちゃいますお」

('A`)「何だか悪いな」

(*゚∀゚)「な~に、ガキんちょは気にしなくて良いんよ」

( ^ω^)「ガキんちょって言うけど、年近いおね?」

(*゚∀゚)「あ、そうだった。なんか子供産んじまうと間隔狂うな~」

('A`)「出産あるある?」

(*゚∀゚)「いや、私だけかも」

( ^ω^)「そうすか」

……

580 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 11:31:39.99 ID:fUajrZQY0
(´・_ゝ・`)「あれ?」

( ^ω^)「こんばんみ」

(*゚∀゚)「丁度会ったから連れて来ちった」

('A`)「お邪魔しま~す」

(´^_ゝ^`)「あー、そうなの。座って座って」

( ^ω^)「失礼しますお~」

*(‘‘)*「こんばんわ」

(*^ω^)「おっおっ。ヘリカルちゃん、僕の事覚えてるかお?」

*(‘‘)*「ブーン!」

(*^ω^)b グッ

581 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 11:34:03.61 ID:fUajrZQY0
('A`)「しっかしまあ……」

(´・_ゝ・`)「ん?」

('∀`)「つーさんの言うとおり、なんか似合わねぇな」

σ(´^_ゝ^`)「やっぱり?」ポリポリ…

(*゚∀゚)「何でだろうなぁ……。変な違和感があんだよな~」

(´^_ゝ^`)「足が短いからかなぁ」

(;^ω^)「そーいう訳じゃないと思うけど……」

*(‘‘)*「おとーさん、変!」

(´^_ゝ^`)「あっはっは……。今日はこれで勘弁してくれ、ヘリカル」

(*゚∀゚)「私は勘弁しねぇぞ」

σ(´^_ゝ^`)「困ったな……」ポリポリ…

582 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 11:37:12.69 ID:fUajrZQY0
('∀`)「ほら、頭掻くとフケが落ちるぜ」

(´^_ゝ^`)「おっと……」

(*゚∀゚)つ「全く……」パシパシ…

(´^_ゝ^`)「ありがとう、ありがとう」

/ ,' 3「ワシのフケも取って取って」

(;*゚∀゚)「うおっ」

(;^ω^)「クソジジイ! いつの間に!」

('A`;)「神出鬼没すぎるぜ」

/ ,' 3「お~、奥さん。良い香水つけてますのう……」

(;*゚∀゚)「ど、どーも……」

583 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 11:39:35.29 ID:fUajrZQY0
/ ,' 3「そこの席、良いですかな?」

(´^_ゝ^`)「構いませんよ」

/ ,' 3「ほっほっほ……。どっこいしょっと……」 ヨボヨボ…

('A`;)「何だよ……。爺さんと一緒の席かよ……」

/ ,' 3「なんじゃ。文句あるのか!」

(;^ω^)「アンタといると疲れるんだお!」

/ ,' 3 ガーン…

/ ,' 3「ひどいと思わないかのう? ヘリカルちゃん」

*(‘‘)*「ひどーい」

/ ,' 3「おじいちゃん、悲しいぞい。おーいおいおいおい……」オヨヨ…

*(‘‘)*「おじいちゃん、かわいそう。おじいちゃん、かわいそう」

('A`;)「ぐぬぬ……」 ズキッ…

(;^ω^)「卑怯だお……」 ズキズキッ…

586 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 11:42:08.99 ID:fUajrZQY0
/ ,' 3「全く……。カジノですっ飛んで癒えぬ傷を穿り返された気持ちじゃよ」

(;^ω^)「それは知らんお」 ボクノセイジャネーシ

(*゚∀゚)「……え。あのカジノで痛い目みたの?」

/ ,' 3「200万はぶっ飛んだわい」

( ^ω^)「額が非現実的だお」

(*゚∀゚)「私、ガッポリ稼げたけど」

/ ,' 3「えっ、嘘」

(*゚∀゚)「30万くらいは軽く稼げたよ」

/ ,' 3「オタクの嫁さん、凄いのう」

(´^_ゝ^`)「自分もそう思います」

/ ,' 3「金の成る木じゃ。大切にしなさい」

(;*゚∀゚)「もうちょっとマシな例えはねぇのか」

588 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 11:44:43.29 ID:fUajrZQY0

   パッシーン

<痛いんです!

( ^ω^)「おっ……、何か聞きなれた音と悲鳴が」


( <●><●>)「全く。ビロード君がトロトロしてるから殆ど席埋まっちゃってるじゃないですか」

(;><)「だって、このスーツうまく着れなかったんです!」

(*‘ω‘ *)「また言い訳かっぽ」

(;><)「ご、ごめんなさい……」


('A`)「あ……。例の仲良しトリオ」

( ^ω^)「彼らもこの会場に来たのかお……」

('A`)「みたいだな」

( ^ω^)「何か、席探してるみたいだお」

(´^_ゝ^`)「ん? 彼ら、知り合い?」

591 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 11:47:50.29 ID:fUajrZQY0
( ^ω^)「まあ、そんな感じですお」

(´^_ゝ^`)「良いよ良いよ。ここ呼んじゃいなよ」

( ^ω^)「良いんですかお?」

(*゚∀゚)「ま、特段デカいテーブルみたいだし。気にする事ねぇよ」

('∀`)「なんだか悪いな」

( ^ω^)ノシ「お~い! こっち来いお~! こっち空いてるお~!」

( <●><●>)「おや……。彼は……」

(*><)「席が空いてるって言ってるんです!」

(*‘ω‘ *)「ラッキーだったっぽ」

(*><)「仲良くなっといて良かったんですぅ~。これで席が取れなかったら、ぽっぽちゃんに処刑されちゃう所だったんです」

(*‘ω‘ *)つy= ジャキッ

( ><)「ね?」

( <●><●>)「どこから出したんですかね、これ」


……

592 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 11:50:41.83 ID:fUajrZQY0
( <●><●>)「おじゃまします」

(*‘ω‘ *)「何か悪いっぽ」

( ^ω^)「いやいや。オッちゃんが良いって言うから……」

(´^_ゝ^`)「ブーン君達の友達なら、無視するわけには行かないしね」

(*><)「ありがとうなんです!」

/ ,' 3「もし、御嬢さん」ヌッ

(;*‘ω‘ )「ぽっ?」

/ ,' 3「とても素敵なドレスですなぁ……」 ホッホッホ…

(;*‘ω‘ )「ど、どうも……」

(;><)(さっそくぽっぽちゃんがジジイに絡まれちゃってるんです!)ガーン!

593 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 11:52:40.30 ID:fUajrZQY0
/ ,' 3「その顔もとても可愛いぞい……。うーん……」  ヨボヨボ…

(;*‘ω‘ )「は、はぁ……」

( <●><●>)「ほら。絡まれちゃってますよ、ビロード君」

(;><)「し、知ってるんです!」

( <●><●>)「ブーン君たちは違う人と話に夢中で気が付いてませんね……」

(;><)「むむ……」

( <●><●>)「助けられるのはビロード君しかいません」

(;><)「ぼ、僕しか……」

/ ,' 3「でもワシは、そのドレスの下が気になるのう……」ニタリニタリ…

(;*‘ω‘ )「ぽっ……」

/ ,' 3「ん? ん?」サワサワ

( <●><●>)「ほら。おさわりされてますよ」

(;><)「ジジイ大胆過ぎるんです……ッ」

597 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 11:55:19.92 ID:fUajrZQY0
/ ,' 3「もしよろしければ、ワシと一緒に……」

(;><) グッ

(;><)「ぬぬ! ぽっぽちゃんを守るんです~!」

( <●><●>)「行け! 頑張れ!」

≡≡≡(;><)つ「こんにゃろ~」バッ


      (;*‘ω‘ )   パッシーン
        ⊂彡 Σそ))><) / ,' 3


(;*‘ω‘ )「あっ……」

(#;;))><)「痛いんです」

(;*‘ω‘ )「ジジイを殴ろうとしたのに、急に出てくるから……」

(#;;))。><)「僕はぽっぽちゃんを守ろうとしただけなのに……」ジワッ

612 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 12:14:05.71 ID:fUajrZQY0
/ ,' 3「若造」

(#;;))。><)「はい……」

/ ,' 3「悪いのう」

(#;;))><)「クソむかつく、このジジイ……ッ!」ギリッ

( <●><●>)「抑えて抑えて」

(#;;))><)「お前は許さないんです! 僕の敵なんです!」

/ ,' 3

/ ,' 3「許してちょんまげ」 

(((#;;))><)))「この野郎! この野郎!!」ジタバタジタバタ

( <●><●>)「ビロード君、抑えて抑えて」

(;*‘ω‘ )「暴れないでっぽ!」

615 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 12:17:15.84 ID:fUajrZQY0
(#;;))><)=3「怒り心頭なんです!」プンプン

(*゚∀゚)「このジジイはまともに相手するだけ無駄だからほっとけほっとけ」

( <●><●>)「……ぽっぽちゃん、大丈夫ですか」

(*‘ω‘ *)「うん……」

( <●><●>)「触られた所、拭きます?」

( <●><●>)つ□ スッ

(*‘ω‘ *)つ□「ありがとうっぽ」

(*‘ω‘ *) フキフキ

(*‘ω‘ *)「なんか、ワカッテマスのハンカチ良い匂いがするっぽ」

( <●><●>)「ははは……、そうですか? 少しうれしいですね」

(#;;))><) ガーン

(*゚∀゚)「ははっ……、何だコイツら急にイチャつきやがって」

(#;;))><)

(*゚∀゚)「……少年?」

……

620 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 12:20:32.08 ID:fUajrZQY0

゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+FOREVER DREAMING゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.

                          淡い夢を見続けていて
                          今の君に横顔に僕は背中を向ける
                          そんなセンチメンタルに
                          君は気づくことなく

                          僕の気持ちは知られることなく
                          空に浮かぶ雲のように
                          白く、か弱く、MISTY

                          SORRY MY LOVE
                          僕は朽ちた茨だった
                                                    
                                                 ビロード( ><)
゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+

/(;゚ω゚)\「ふぉおおおおおおおおおおおお!!!」 ワナワナ

/(;*゚∀゚)\「ぎゃああああああああああああああああああああ!!! 何だこのテレパシーはあああああああ!!」 ワナワナ

/(゚A゚;)\「完全に油断してたぜぇッ!!」 ワナワナ

*(;;)*「おかーさん、怖いぃぃ……」 ポロポロ

(;*゚∀゚)「な、泣くな泣くな。ほらほら、ヘリカル」

623 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 12:23:53.00 ID:fUajrZQY0
(  ゚ω゚)「関係の無い僕たちまでポエム飛ばして来るんじゃねぇお!!」

( ><)「え?」

('A`)「迷惑なんだよ!」

( ><)「え?」

(;*゚∀゚)「分かった、分かったから……。泣き止めって……」

*(;;)*「ひぃぃん……」 ポロポロ

( ^ω^)「ほら! ヘリカルちゃん泣かした!」

( ><)「え?」

( <●><●>)「どうしたんですか、ビロード君」

( ><)「あー、うん。まあ、いつもの事なんです」

('A`)「いつもの事……だと……」

( ^ω^)「何か急に悪い気がしてきた。ゴメンお」

626 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 12:26:04.14 ID:fUajrZQY0
('A`)「ほら。爺さんもあんまりハシャぎすぎんなよ。変なトラブルになるから」

/ ,' 3「ほっほっほ……。スマンスマン」

( <●><●>)「……もし、老人」

/ ,' 3「ん?」

( <●><●>)「どうも、アナタに見覚えがあるのですが……。お名前を伺っても?」

/ ,' 3「荒巻じゃ。ま、今まで通りクソジジイで良いわい」

( <●><●>)「……荒巻。まさか、荒巻財閥の?」

/ ,' 3「ま、そんな所じゃ。今は大失脚中じゃがの」

( <●><●>)「驚いた……。まさか、日本を代表するリーダーにこんな所で会えるとは……」

( <●><●>)つ「……よろしければ握手を」

/ ,' 3 っ「はい、握手」

627 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 12:29:26.87 ID:fUajrZQY0
( <●><●>)つ「感激です」

/ ,' 3「さっきチンコ掻いた手じゃがのう……」

( <●><●>)つ□ フキフキ

( ><)「この爺さん、凄い人なんですか?」

( <●><●>)「凄いなんてものじゃありませんよ。俗にいうホンモノってヤツです」

/ ,' 3「なーにがホンモノじゃ。運任せにホイホイ広げてっただけじゃい」

( <●><●>)「謙遜なさる……」

/ ,' 3「ワシ自体、大した能力ありゃせんしな」

( ^ω^)「株も失敗するし」

/ ,' 3「うるさい! 優待券が欲しかっただけじゃい!」 

(*゚∀゚)「ガキの言い訳かよ」

629 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 12:32:30.53 ID:fUajrZQY0

                   ざわっ……
                                    ざわざわ……

( ^ω^)「なんだお? 急にザワツキだしたお……」

( ><)「もうご飯が出てくるんですか?」

( <●><●>)「いえ、まだもう少し時間があります」

('A`)「……ん」

( ^ω^)「どうかしたかお?」

('A`)σ「あれを見ろ。あれを」

( ^ω^)「お?」

('A`)σ「例の高校生たちだ。彼らも此処で食べるみたいだな」

( ^ω^)「ああ、クーさんとジョルジュの……」

632 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 12:37:20.33 ID:eqJXawke0

                                  「すみません、この席良いでしょうか?」
                                                             「失礼します」
                       「この席お願いします」


( ^ω^)「ありゃ? 固まって食べる訳じゃないのかお?」

('A`)「どうもそうみたいだな……」

( ^ω^)「……おっ」

('A`)「どうした?」

(*^ω^)σ「ほら。人気者がいるお」


川 ゚ -゚)

                    「この席良いみたいですよ!」
                                        「キャー! クー様と一緒の会場だなんて!」
              「クー様、こっちで一緒に……」
                                    「こっち向いてー!」


('A`;)「すっげぇ。高校生たちの目がハートになってるぞ」

635 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 12:41:13.63 ID:eqJXawke0
(;^ω^)「こりゃ、昼間のカフェみたいな人ごみの中に逃げてくる訳だお……」


川;゚ -゚) ウロウロ…


('A`;)「困ってる困ってる」

(;^ω^)「……デミタスさん」

(´・_ゝ・`)「うん?」

(;^ω^)「彼女、こっちに連れてきて良いかお?」

(´^_ゝ^`)「良いよ良いよ。許可なんていらないから」

(*^ω^)「おっおっ! ありがとうですお!」

('A`)ノシ「お~い、クーさ~ん! こっちだこっちだ!」

638 名前:ルーター調子悪かったんで変わっちゃいました:2012/06/03(日) 12:45:07.25 ID:eqJXawke0
川 ゚ -゚) ハッ

(*^ω^)「気が付いたみたいだお」

('A`)ノシ「こっちこっち。席空いてるぞー」

川 ゚ -゚) スタスタ…

(*^ω^)「おっ。来た来た」

/ ,' 3

( ^ω^)

( ^ω^)「爺さん、もうちょっとあっち行ってて」

/ ,' 3「何故じゃ! 何故なんじゃ! まだワシは何もしとらんぞ!」

( ^ω^)「数レス先の行動が見えているんで」



……

640 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 12:48:57.25 ID:eqJXawke0
川 ゚ -゚)「良いのか?」

('∀`)「随分困り果ててたからな」

(*^ω^)「人気者は辛いお」

川 ゚ -゚)、「済まない……」

( <●><●>)「ふむ……。それにしても、新速高校は纏って席を用意してないんですね」

( ><)「修学旅行の時はみんなでご飯を食べるもんです!」

川 ゚ -゚)「それが……。この夕食も授業の一環で……」

( ^ω^)「お?」

川 ゚ -゚)「見知らぬ人と席を一緒させてもらう事で、様々な教養を得るとか何とか……」

('A`;)「コミュ障には辛いな……」

(;^ω^)「最近の学校って変わってるお……」

643 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 12:51:34.67 ID:eqJXawke0
(*‘ω‘ *)「変わってるも何も、そもそも修学旅行が豪華客船って所がおかし過ぎるっぽ」

( ><)「僕なんて、京都だったんです」

( <●><●>)「一応、オーストラリアでしたが……。普通に飛行機でしたね」

(´・_ゝ・`)「へぇ……。自分は日光だったけどなぁ」

( ^ω^)「目的地はどこなんだお?」

川 ゚ -゚)「ちゃんとニューヨークまで行く。そこからまた研修が始まるんだ」

('A`;)「す、すごいな……。一か月間かよ……」

(;^ω^)「伊達に金持ち学校じゃないお……」

/ ,' 3「御嬢さん、御嬢さん。一つ聞いても良いかの」 ヨボヨボ…

川 ゚ -゚)「はい?」

( ^ω^)「クーさん。このジジイと口を利いてはいけないお」

/ ,' 3「何でそういう事言うんじゃ」

('A`)「自分の胸に聞いてみな」

646 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 12:54:29.36 ID:eqJXawke0
川 ゚ -゚)「それで、質問とは……?」

/ ,' 3「いや、何。苗字を聞かせて貰おうかと思ってな」

川 ゚ -゚)「素直だが……」

/ ,' 3「ほぉ……。そうかそうか」

( ^ω^)「知り合いかお?」

/ ,' 3「いーや。知り合いでは無いのう……」

('A`;)「何だよ。意味深な流れにしやがって」

/ ,' 3「でも、知ってると言えば知ってるわい。のう? 兄さん」

( <●><●>)「素直家と言ったら有名ですからね」

( ^ω^)「そうなのかお?」

647 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 12:57:13.63 ID:eqJXawke0
/ ,' 3「紀伊の方の大地主じゃ。たーんと持ってるハズじゃよ」 オオガネモチジャ

( ^ω^)「大地主……、って言われてもピンと来ないお」

( <●><●>)「まあ、昔からの金持ちって思ってくれれば間違いは無いです」

( ^ω^)「おーん……」

川 ゚ -゚)「まあ……、一応はそういう事になってる」

('A`)「なるほどなぁ。由緒正しき家で、金持ち、んでもって美人でスタイル抜群」

( ^ω^)「そりゃキャーキャー騒がれる訳だお」

川 ゚ -゚)「迷惑なだけだ」

(*^ω^)「だって心に決めた人がいるからね」

川;゚ -゚)「だ、だから……」

(*゚∀゚)「ほうほう。その辺はもう少し詳しくお聞かせ願おうかな……」

652 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 13:01:23.62 ID:eqJXawke0
(*^ω^)「まあ、話て聞かせるより実物を見て貰った方が良いお」

川;゚ -゚)「へ?」

('∀`)ノシ「お~い! ジョルジュ~!」

  _  
( ゚∀゚)「……あっ、あんときの」


('∀`)ノシ「こっち来いよ。空いてるぜ」

( <●><●>)「ああ。あの時のテニス少年じゃないですか」

( ><)「おお……。美男美女なんです」

川;゚ -゚)「だ、だから違うって!」

(*゚∀゚)「へぇ……。結構イケメンじゃないの。羨ましい」

川;゚ -゚)「だから!」


……


654 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 13:04:13.68 ID:eqJXawke0
  _  
( ゚∀゚)「あれ。何でクーがここにいんの?」

川;゚ -゚)「やあ」

('A`)「な、なんて奇遇なんだ……!」

( ^ω^)「二人は惹かれあう運命なんだお……!」

川;゚ -゚)「あのなあ!」

( ><)「ジョルジュ君、お昼ぶりなんです!」

( <●><●>)「どうも」
  _  
( ゚∀゚)「なんだ、アンタらもいたんだ」

( ^ω^)「じゃ、ジョルジュ君はクーさんの隣ね」
  _  
(; ゚∀゚)「えっ」 ドキ

/ ,' 3「嫌ならワシが……」

( ^ω^)「ジジイは大人しく座っててくれお」

657 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 13:07:32.55 ID:eqJXawke0
  _  
(; ゚∀゚)「じゃ、じゃあ失礼して……」

(*゚∀゚)「おう。好きにいちゃついてくれて構わないぜ」
  _  
(; ∀ ),;:,':∴  ブーッ
  _  
(; ゚∀゚)「べ、別にそんなんじゃ……」

(*゚∀゚)「……コイツ、めちゃくちゃ面白い反応するな」

( ^ω^)「だお?」

('∀`)「思い通りに動いてくれる楽しさを再認識するぜ」
  _  
(; ゚∀゚)「クソッ! 面倒くせぇ席に来ちまった!」

川;゚ -゚)「何か、ゴメン」
  _  
(; ゚∀゚)「い、良いんだよ。別にクーが悪いわけじゃ無いし……」

659 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 13:10:11.09 ID:eqJXawke0

              \アレー?ジョルジュクンハ‐?/
                              \ジョルジュクントオナジセキガヨカッタノニー!/
                 \ヤダー!/


('A`)「何か騒がれてるぞ、ジョルジュ」

( ^ω^)「あー、そういえばコイツも人気者だったお。モテモテ」
  _  
(; ゚∀゚)「モテモテ……、なのか?」

(*^ω^)「なーに言ってんだお。モテモテに決まってるじゃないかお」

('∀`)「だよな、クーさん」

川;゚ -゚)「何故私に振る……」

(*^ω^)「え? 何か浮かない顔してたから」

川;゚ -゚)「考え事してたんだよ!」

(*^ω^)「だってお、ジョルジュ君」
  _  
(; ゚∀゚)(もう帰りたい)

661 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 13:11:48.90 ID:eqJXawke0
ごっはーんたべてくるね

665 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 13:22:47.39 ID:eqJXawke0
(´・_ゝ・`)「君、ジョルジュ君って言うの。カッコいい名前だね」
  _  
(; ゚∀゚)「い、一応ハーフなんで……」

(´^_ゝ^`)「そっか……。もう既に叶わないステータスしてるなあ」
  _  
(; ゚∀゚)「は、ははは……」

/ ,' 3「で、お前さんは何処の金持ちじゃ?」
  _  
(; ゚∀゚)「え?」

/ ,' 3「新速高校に入るくらいなんじゃから、とんでもない金持ちじゃろ? ほれほれ」
  _  
(; ゚∀゚)「い、いや……。ウチは別に金持ちじゃ……」

(*^ω^)「んな訳あるかお」
  _  
(; ゚∀゚)「ホントなんだって……」

667 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 13:25:29.29 ID:eqJXawke0
( <●><●>)「失礼ですが、フルネームを聞かせて貰っても?」
  _  
(; ゚∀゚)「長岡ジョルジュ……」

/ ,' 3「あー……。なるほど」

( <●><●>)「何となく、そんな気はしてました」

( ^ω^)「え? 何かワケありな感じなのかお?」

/ ,' 3「良い感じのワケありじゃな」 ホッホッホ…

( <●><●>)「簡単に言えば、長岡家って凄く有名な家があったんですけど……」

('A`)「あったんですけど、って事はもう無いのか?」
  _  
( ゚∀゚)「まーな。一家バラバラになっちまったよ」

('A`)「随分と暗い過去をお持ちで」

( ´ω`)「何かすんません」 ペコリ
  _  
(; ゚∀゚)「別に物心つく前の話だから気にしてねーし」

672 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 13:28:41.25 ID:eqJXawke0
( ^ω^)「僕の近所のおじさんも蒸発してたけど、そんな感じかお?」

( <●><●>)「ちょっと違いますが、似たようなもんですね」

/ ,' 3「昔で言う没落貴族じゃ」

('A`)「あ、分かりやすい」

( ^ω^)「つっても、新速高校に通ってる訳だし金持ちなんじゃないのかお?」
  _  
(; ゚∀゚)「学費は知らない所から送られて来てる」

('A`)「うわ。ドラマチック」

(*´ω`)「離ればなれになっても愛で繋がっているんだお……」
  _  
(; ゚∀゚)「実感ねぇな……」

/ ,' 3「没落してもそれだけのマネーがある長岡家に腰を抜かしそうになるわい」

( ^ω^)「それってどのくらい凄いのかお?」

( <●><●>)「細胞一つになってまで生きていたセルくらいですかね」

(;^ω^)「凄い」

674 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 13:31:47.18 ID:eqJXawke0
/ ,' 3「まあ、それでも素直家の御嬢さんとじゃ釣り合わんがのう!」
  _  
(; ゚∀゚) ドキッ

(;^ω^)「コラッ! ジジイ! あんまり青年をいじめるんじゃ無いお!」

/ ,' 3「ほっほっほ……。愉快愉快……」

川;゚ -゚)「そ、そういう……、生まれとかは……」

/ ,' 3「ん?」

川;゚ -゚)「……関係無いんじゃないかと」
  _  
(; ゚∀゚)「クー……」

(*^ω^)「ヒュー!」

/ ,' 3「ヒュー!」

('∀`)「ヒュー!」

川;゚ -゚)「ゴメン。余計な事言ったから変な流れになった」

677 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 13:34:12.50 ID:eqJXawke0
/ ,' 3「愛の前じゃ全ての障害が霞んで見えるわい……」

(*^ω^)「ラブパワーだお……」

(*‘ω‘ *)「もう付き合っちゃえば良いっぽ」

川;゚ -゚)「……そ、それ以前にそういうのは」

从'ー'从「校則違反になっちゃうんだっけ?」 ヌッ

Σ('A`;)「ぶおっ!」 ビクッ

(;^ω^)「ナベちゃん……」

从'ー'从「やっほ~」

( ><)「え? ナベちゃん? 何処にいるんです?」

从'ー'从「目の前です~」

( ><)

(;><)「だ、わわわわわ!! 本当なんです! 良く見たらナベちゃんなんです!」 アセアセ

680 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 13:37:25.20 ID:eqJXawke0
( <●><●>)「確かに……。ナベちゃんですね」

(*゚∀゚)「ひょー……。言われてみればって感じ。全っ然気が付かなかった」

从'ー'从「しょうがないよ~。メイクも変えてるし、格好も違うし」

('A`)「お美しいです、ナベちゃんさん」

从'ー'从「ど~も、ど~も」

(;><)「め、め、目の前にナベちゃんが……」

( <●><●>)「あのビロード君の気持ち悪いポエム聞かせましょう」

( ><)「やめて!」

('A`)「数レス前をコピペすれば簡単に聞かせられるぞ」

( ><)「やめて!!」

684 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 13:40:06.47 ID:eqJXawke0
从'ー'从「この最後の席、失礼しちゃって良いかなぁ」

(*゚∀゚)「どうぞどうぞ。つか、私らなんかが一緒で良いのかね」

从'ー'从「気になさらず~」

( ^ω^)「あれ? マネージャーとかは?」

从'ー'从「ちょっと打ち合わせ~」

('A`)「忙しいんだなぁ、マネージャーって」

从'ー'从「で、またこのカップルの話だったんでしょ?」

川;゚ -゚) ドキッ
  _  
(; ゚∀゚)「……そのまま流れるかと思ったのに」

( ><)「ありゃ。ナベちゃん、この子達の事知ってたんですか?」

从'ー'从「お昼くらいに仲良くなってね」

685 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 13:43:09.72 ID:eqJXawke0
(*゚∀゚)「それで……。あの校則違反がなんたらってのは?」

从'ー'从「簡単だよ。恋愛関係になるのは禁じられてるって事です~」

(*゚∀゚)「は~ん。不自由だなぁ~」

( <●><●>)「まあ……。仕方のない部分があるでしょう」

( ><)「そうなんですか?」

( <●><●>)「新速高校と言えば、彼らみたいにとんでもない家が集まる場所」

('A`)「あー……。なるほど。むやみやたらに恋愛関係になられたら複雑になって来るって事か」

( ^ω^)「何だお。結局は大人の事情ってやつかお」

( <●><●>)「そういう事です。それもあって、彼らは躊躇してるんじゃないですかね」
  _  
(; ゚∀゚) ドキッ

川;゚ -゚) ドキッ

( ^ω^)「んな事、高校生が気にする事無いのに……」

687 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 13:46:27.83 ID:eqJXawke0
(*゚∀゚)「そんな小せえ事気にしてたら、いつか後悔すっぞ」

从'ー'从「そうそう。我慢は体に毒だよ~」

川;゚ -゚)「その……」

/ ,' 3「何じゃい。生まれは関係ないとか口走っておいて一番気にしとるのじゃないか」

(;`ω´)「こ、こら! ジジイ!」

川;゚ -゚)、 シュン…

川;゚ -゚)「ご、ごめん……、ジョルジュ」
  _  
(; ゚∀゚)「あ……。べ、別に……」

川;゚ -゚)「そ、そうじゃなくて……、でも……。ジョルジュ……。私は……」ボソボソ…
  _  
(; ゚∀゚)「え?」

川;゚ -゚)「……何でもない」

(;^ω^)「き、気にしないでお」

川;゚ -゚)「大丈夫だ……」

690 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 13:49:03.17 ID:eqJXawke0

                 ざわざわ……                        どよどよ……
                                  わさわさ……

('A`)「おっ。いつの間にか他のテーブルは料理が出て来てんのか」

(*><)「話に夢中で全く気が付かなかったんです!」

(*^ω^)「おっおっ……! 待ち遠しいお!」

(*^ω^)

( ^ω^)「あれ。野菜しか出てない気がするんだけど」

('A`)「そりゃフルコースだからな」

( ^ω^)「って事は最初は野菜しか食べられないのかお?」

('A`)「当たり前だろ」

( ´ω`)「最初に肉をがっつきたい系男子の僕には辛すぎるお……」ショーン


……


693 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 13:52:08.46 ID:eqJXawke0
(ウェ`⊃´)「お待たせしました」カチャカチャ…

( ´ω`)「うわっ。野菜だお……。しかも極端に量が少ない」

('A`)「そんなもんだ。俺は前菜でお腹いっぱいになりそう」

( ´ω`)「だから病院行けって」 モグモグ

/ ,' 3「ワシも前菜だけでお腹いっぱいになりそうだわい」

('A`)「何だ爺さん。お前もか」

/ ,' 3「最近ウンコが細くなって心配じゃ」

('A`)「おっ。俺も俺も」

( ´ω`)=3「お前ら二人とも病院行けお」 ゲフッ

('A`)「もう食い終わったの?」

( ´ω`)「松屋のサラダの方がまだ食べごたえがあるお」

694 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 13:54:57.49 ID:eqJXawke0
  _  
( ゚∀゚) モグモグ

川 ゚ -゚) モグモグ

( ´ω`)「コイツら丁寧に食べるなー」

川 ゚ -゚)「そうか? 普通だと思うが」

( ´ω`)σ「普通ってのはああいうのを言うんだお」

(´・_ゝ・`)「ん?」 バリバリ…

川 ゚ -゚)「そんな食べ方してると怒られるぞ」

(´^_ゝ^`)「誰も気にしないって」

(*゚∀゚)「恥ずかしいからキチンと食べろ」

(´・_ゝ・`)「はい」 バリバリ…

( ´ω`)「ああ、早く次が来ないかお……」


……

699 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 13:58:11.77 ID:eqJXawke0
(((*゚゚ω゚゚)))「ぐぅぅおおおおおおおおおおお!!」ガツガツガツガツ!!

(;><)「肉料理が来た瞬間バケモノと化したんです!」

('A`)「平常運転だ。ほっといてやれ」

(((*゚゚ω゚゚)))「ふぁああああああああああ!! うめぇぇぇええええええ!!」ガツガツガツガツ!!

*(;;)*「怖いぃぃ……」

(*゚∀゚)「トラウマになるから見ちゃダメだぞ~」

( <●><●>)「こんな美味そうに食われたら、シェフの人も嬉しいでしょうね」

(;><)「そうですか? ちょっと恐怖しますよ絶対」
  _  
( ゚∀゚)「他の席の人たちに見られてる気がする」

川;゚ -゚)「事実注目を浴びてるぞ」

( ´ω`)=3 ゲフッ
  _  
( ゚∀゚)「あ、もう食い終わりやがった」

700 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 14:01:16.05 ID:eqJXawke0
( ´ω`)「足らない」

('A`)「良く噛んで食べないからだ」

( ´ω`)「それ良くカーチャンに言われたお」

('A`)σ「ほら、良く見ろ」

(*゚∀゚) モグモグ

(´・_ゝ・`) クチャクチャ

('A`)「みんなちゃんと噛んで食べてるぞ。おっさんは何かクチャクチャ言ってるけど」

( ´ω`)σ

('A`)「ん?」

/ ,' 3 ゴクゴク

('A`)「コイツ……、固形物を飲んでる……」

/ ,' 3「もう噛む力が無くてのう……」

703 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 14:04:03.34 ID:eqJXawke0
('A`;)「死ぬぞジジイ」

/ ,' 3「餅だって飲んじゃうワシの前に敵は居ないんじゃ」

('A`)「いや、こんにゃくゼリー大魔王がアナタを待っている」

/ ,' 3「本気で相手せねば返り討ちにあうのう……ッ」

( ´ω`)「……で、次のご飯は?」

('A`)「これで三品目だったから……。もうデザートだな」

(  ゚ω゚)「す、少ない……ッ!」

( ><)「僕、結構食べる方ですけどお腹いっぱいですよ」

('A`)「コイツを一般的な視点で考えない方が良い。スイパラ出禁になった男だぞ」

( ´ω`)「……ドクオの少し頂戴」

('A`)「ほら、やるよ」

(((*゚゚ω゚゚))) ガツガツガツガツ!!


……

707 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 14:09:05.39 ID:eqJXawke0
( ^ω^)「肉料理の間に出てきたシャーベットもイケたけど、これもイケるお」 パクパク

( ^ω^)=3「……でも物足りない」 ゲフッ

川*゚ -゚)「おいしい……」
  _  
( ゚∀゚)「……俺、甘いもんダメだからやるよ」

川*゚ -゚)「良いのか?」
  _  
( ゚∀゚)「おう」

:::( ゚゚ω゚゚)::: ギンッ!!

('A`;)「マズイ! 狙われてるぞジョルジュ!」
  _  
(; ゚∀゚)「ケモノかよっ」

('A`;)「今のコイツはケモノ以上だよ! 気をつけろ!」

:::( ゚゚W゚゚)::: キシャー
  _  
(; ゚∀゚)「ほら、早く食えクー!」

川;゚ -゚)「は、はい……」

709 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 14:12:56.04 ID:eqJXawke0
川;゚ -゚) パクパク…

( ;ω;)「うっ……、うっ……」 ポロポロ

川;゚ -゚)「何か罪悪感が……」

('A`)「気にしたら負けだよ」

川;゚ -゚)「これは勝ち負けなのか?」

(´^_ゝ^`)「はい、ヘリカル。食べるかい?」

*(‘‘)*「食べる! 食べる!」

( ^ω^) ハッ

:::( ゚゚ω゚゚)::: ギンッ!!

:::( ゚゚W゚゚)::: キシャー

:::爪( ゚゚W゚゚)爪::: バサッ!!

('A`)「子供はやめてあげて!!」


……

714 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 14:15:31.05 ID:eqJXawke0
( ´ω`)「食い足らないお……」

('A`)「まあそう言うとは思ってた」

( ´ω`)「……後で持ってきたカップめんを食べるお」

('A`;)「そんなモノ持って来てたのか……」

( ´ω`)「乗船前の持ち物検査で引っかかったけど許してもらったお」

( ´ω`)

( ^ω^)「……おっ?」

('A`)「どした?」

( <●><●>)「何かステージが明るくなってますね」

( ><)「なんなんですかね……」

('A`)「余興かな……」

718 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 14:18:39.60 ID:eqJXawke0

                   バッ!!

(;>ω<)「おっ!!」

('A`;)「うわっ、スポットライトが!」

(;><)「眩しいんですッ!」

(;>ω<)「何で僕たちに当てられてるんだお……?」

/ ,' 3「ふっふっふ……」 スッ

('A`;)「ジジイ……まさか……」

/ ,' 3「お主等にホンモノのショーを見せてやるぞい」

(;^ω^)「ジジイ!」

从'ー';从「私ですぅ~。おじいちゃんどいて」スッ

(;^ω^)「何だよ、ジジイじゃねーのかよ!」

('A`)「ナベちゃん何かやるのか?」

721 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 14:22:11.88 ID:eqJXawke0
从'ー'从「まぁね。少しだけだけど……」

( ><)「でも、その格好じゃいつもみたいに歌って踊れないんです」

从'ー'从「大丈夫大丈夫~。じゃ、行ってくるね」

从'ー'从 スタスタ

('A`)「ん? 今回は歌って踊らないのか……?」

( ><)「?? どうなんでしょう」

( ^ω^)「実はナベちゃんの事をあんまり知らない僕にはなんとも予想しがたいお」

/ ,' 3「ストリップかのう……」

('A`)「ナベちゃんはそんな事しない」

( <●><●>)「客船の余興と言えば、あれです」

( ^ω^)「お?」

( <●><●>)「マジック」

('A`)「あ、それっぽい」

722 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 14:25:07.80 ID:eqJXawke0
( ^ω^)「マジックってテンコーみたいな?」

( <●><●>)「そうそう。マリックみたいな」

(*゚∀゚)「あのフワフワっ子がそんな事するのかねぇ……」

从'ー'从 スッ…

( ^ω^)「あれ。ナベちゃん、ピアノの所座ったけど……」

('A`)「えっ、ナベちゃんってピアノ弾けるの?」

( ><)「い、いや……。僕知らないんです……」

从'ー'从「えー……、みなさん。私、渡辺鍋子です」

                   どよっ……
                                                  ざわざわ……
                                どよどよ……

( ^ω^)「やっぱし、皆驚いてるみたいだお」

('A`)「そりゃあ、衣装も違うしナベちゃんっぽく無いからな……。俺だってナベちゃんに見えないぜ」

725 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 14:29:13.21 ID:eqJXawke0
从'ー'从「ちょっと、私っぽくないけど……。お食事後の微睡に一つ協力したいと思いまして……」

                      ざわざわ……

                                          どよどよ……

从'ー'从っ ポロロン♪

从^ー^从っ「曲を一曲。皆様にお届けしたいと思います……」

                                どよどよ……
                 どよっ……
                                           ざわざわ……

( ^ω^)「やっぱり歌うつもりなんだお」

('A`)「弾き語りか? まさか、『ナスビの様に私を愛して』なんじゃ……」

( ><)「いや、絶対に『トマト王子ミガリウィルタ・マス・オーディス』なんです!」

('A`)「大穴で『アスパラの塔』かも知れん……」

( ^ω^)「ナベちゃん、お野菜好きなの?」

726 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 14:32:16.06 ID:eqJXawke0
从'ー'从っ

シーン……

从'ー'从っ~♪ ポロン…

http://www.youtube.com/watch?v=lkjdPXDskj4

从'ー'从っ「なつかし~い~……、痛みだ~わ~……」~♪

(´・_ゝ・`)「あっ……、聖子ちゃんの曲だ。懐かしいなぁ……」

( ^ω^)「お~……。ちょっとロマンスな感じ」

('A`)「ナベちゃん……。綺麗だよ……。こんな歌も歌えるなんて……」

从'ー'从っ「時間~だ~け~……」~♪

(*゚∀゚)「意外だね。こんな感じに歌うなんて……」

('A`*)「ナベちゃんは何だって出来るんだ! 天才なんだ!」

(*><)「天才なんです!」

(´・_ゝ・`)「いつもはキャピキャピした曲歌ってるのに……」

/ ,' 3「ふむ……。随分とイキイキとしとるのう……」

('A`)「え?」

727 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 14:34:38.74 ID:eqJXawke0
/ ,' 3「ほっほっほ……、本当にやりたいことをしてるって感じじゃな」

( ^ω^)「爺さん分かるのかお?」

/ ,' 3「何十年人の顔を見定め続けたと思っとるんじゃ」

(;^ω^)「おっ……」

/ ,' 3「楽器を叩いて、自分の声で全うに勝負する。彼女がやりたかったのはそういう事なんじゃよ」

('A`)「そうなのか……、ナベちゃん……」

/ ,' 3「そんなもん、一目見れば分かるわい」

(;^ω^)「ジジイすげぇ……」

/ ,' 3「セレモニーの時みたいに歌って踊るよりもよっぽど良い女に見えるのう」

( <●><●>)「輝いてる女性は美しいってヤツですか?」

/ ,' 3「まあそんな感じよの」

729 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 14:37:15.19 ID:eqJXawke0
~♪  ~♪  ~♪

  ~♪  ~♪

从'ー'从っ ポロンポロン


(*´ω`) ウトウト…

('A`*)「良いなあ、ナベちゃん。良いなあ……」


从'ー'从っ  ポロンポロン~♪

  _  
( ゚∀゚) ボー…

川 ゚ -゚)「……空いた口が塞がってないぞ」
  _  
( ゚∀゚)「え? あ、ああ……。ついつい真剣になってた」

川 ゚ー゚)「ふふっ……、何だそれは……」
  _  
(; ゚∀゚)「笑うなよー」

733 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 14:40:08.66 ID:eqJXawke0
川 ゚ー゚)「お前が音楽に真剣になるとか、滑稽だ」
  _  
(; ゚∀゚)「ひっでぇ。俺だって凄いと思った時には感動するんだよ」

川 ゚ー゚)「それは悪かった」
  _  
( ゚∀゚)「……あー、そうだ。クー」

川 ゚ -゚)「何だ?」
  _  
( ゚∀゚)「さっき、言いかけてた事あったじゃん」

川;゚ -゚)「……あ、ああ」
  _  
( ゚∀゚)「あれ、何だった?」

川;゚ -゚)「その……、っと……」

川;゚ -゚)、

川;゚ -゚)「やっぱ何でもない」
  _  
(; ゚∀゚)「ええ……。何だよ」

川;゚ -゚)「何でもない!」

738 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 14:43:13.02 ID:eqJXawke0

~♪
          ~♪


从'ー'从っ ポロロン…♪


                      「「「「「ワァァァァアア!!」」」」」


(゚A`)「ナベちゃんブラボオオオオオオオオオオオオオオ!!」パチパチ

(*^ω^)「凄く良かったおおおお!!」 パチパチ

(*><)「もっとファンになっちゃったんですぅ!!」パチパチ

从'ー'从 スタスタ…

(*^ω^)「ナベちゃんお帰りお」

从*'ー'从「歌っちゃった~」

('A`)「凄かったっす、ナベちゃん。もうメロメロっすよ」

从*'ー'从「ホントはもっとジャジーな曲を歌いたかったんだけどねぇ~」

742 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 14:46:06.64 ID:eqJXawke0
(*^ω^)「そうなのかお?」

从*'ー'从「うん。もっとスキャットとかをバリバリ~って使ったような……」

('A`)「スキャット?」

从*'ー'从「まーそこは置いといて……。それでも、楽しかったなぁ」

(*^ω^)「ナベちゃん、こういう感じの曲を歌いたかったのかお?」

从*'ー'从「そうだよ~。もとはと言えば、こっちの方志望してて……」

(*^ω^)「へぇ~、意外だお~」

从*'ー'从「まあ、いつもの感じしか見てないと意外だったかもしんない」

从*'ー'从凵 ゴクゴク…

从*'ー'从=3 フゥ…

从*'ー'从「おいし……」

743 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 14:49:38.75 ID:eqJXawke0
从*'ー'从「あははは。何か、テンション上がって来ちゃった」

(*^ω^)「お酒頼むお?」

从*'ー'从「頼んじゃおっか」

('A`)「さっきも言ったが、今までとは違って有料だぞ」

(*^ω^)「良いお良いお!」

('A`)「あんまり飲みすぎるなよ」

(*^ω^)「分かってる分かってる」

从*'ー'从「……ねぇねぇクーちゃん」

川 ゚ -゚)「うん?」

从*'ー'从「我慢してる事をやるって言うのは、最高だよ~」

川 ゚ -゚)「……確かに凄く楽しそうでした」

从*'ー'从「だからさ、クーちゃん」

川 ゚ -゚)「?」

744 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 14:52:13.71 ID:eqJXawke0
从*'ー'从「我慢なんてやめて、彼とくっ付いちゃったら?」

川; - ),;:,':∴  ブーッ

从*'ー'从「生まれとか、決まりとかそんなもん考えないでさ。もっともっと自由に行こうよ」

川;゚ -゚)、 アセアセ…

(*^ω^) ニヤニヤ

('∀`) ニヤニヤ

从*'ー'从「だって、やろうと思えば出来る事をやらないなんて、馬鹿げてない?」

川;゚ -゚)「その……」

从*'ー'从「それに……、話してみたら意外とわかってくれる人もいるかもよ?」

(*^ω^)「だってお、ジョルジュ」
  _  
(; ゚∀゚)「……う、ん」

746 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 14:55:37.26 ID:eqJXawke0
('A`)「その、話してみたら意外と分かる人って言うのは……」

从*'ー'从「マネージャーさん」

('A`)「やっぱり……」

从*'ー'从「堅物だったんだけどね、一回だけやってみても良いって」

(*^ω^)「良い人だお」

从*'ー'从「凄く悩んだんだけどね、やって良かった。本当に」

('A`*)「僕はナベちゃんが幸せなら、幸せです」

( ^ω^)「露骨に狙いに行くなお」

('A`)「別に狙ってねぇよ」

( ^ω^)「嘘つくなお」

('A`)「ゴメン嘘だった」

748 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 14:58:59.42 ID:eqJXawke0
从*'ー'从「でも、明日からは元に戻らなくちゃ」

('A`)「え? 元にって?」

从*'ー'从「アイドルに」

( ^ω^)「戻っちゃうのかお?」

从*'ー'从「うん」

('A`)「でも、ああいうのをやりたかったんじゃ……」

从*'ー'从「んー……、なんか上手く言葉に出来ないけど……」

从*'ー'从「……何て言うのかな」

从*'ー'从「んー……」

从*^ー^从、「……それでも私はアイドルだから」ニコッ

( ^ω^)「おっ……」

从*'ー'从「アイドルの私を待ってくれる人がいるんだもん。私一人じゃ決められないよ」

749 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 15:01:53.09 ID:eqJXawke0
('A`)「ナベちゃん……。俺はナベちゃんがアイドルじゃ無くたって……」

从*'ー'从「はい、この話はお終い!」

('A`)「けどさ……」

从*'ー'从「女の子に同じこと言わせないの」

('A`)「はい」

( ^ω^)「素直か」

('A`)「だって嫌われたくないもん」

( ^ω^)つ凵「人間らしいぜ、ドクオ。乾杯」チンッ

凵⊂('A`)「へへっ……、外見がゾンビでも心は人間でありたいぜ。乾杯」チンッ

( <●><●>)「今の、深イイですね」 ゾンビノアタリガ

('A`)「バカにしてんのか」

( ><)「深イイほどムカつくワードも無いんです」


……


752 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 15:05:08.77 ID:eqJXawke0
从*'ー'从「あははは、楽しぃ~」 ベロンベロン

('A`;)「ナベちゃん、飲むねぇ……」

(; ^ω^)「とんでもないペースだお」

川*゚ -゚) ポッ

( ^ω^)「……ん?」

川*゚ -゚)=3「ふぅ……」

( ^ω^)「おい、高校生。お前飲んでるだろ」

川*゚ -゚)「少しだけ……」

( ^ω^)「知らねー! 僕、知らねーお!!」

σ(´^_ゝ^`)「まあまあ、良いじゃないの。バレなきゃ大丈夫、大丈夫」ポリポリ…

('A`;)「学校の人に怒られたらオッサンの所為にするからな」

(´^_ゝ^`)つ凸「そん時は逃げようかな。……はい、グラス空いてるよジョルジュ君」
  _  
(*゚∀゚)「あ、すんません」

756 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 15:08:26.60 ID:eqJXawke0
(; ^ω^)「つーさん、オッサンを止めてあげて!」

(*゚∀゚)「別に良いんじゃねぇの? 一発ぶっ潰れてゲロでも吐かせりゃ、今後の飲み方とか分かってくるさ」

( <●><●>)「良い社会勉強になります。よっぽど意味のある授業です」

(;´ω`)「……良いのかお? 僕なんか、高校生の頃ちょっとエッチな番組録画しただけで怒られたのに」

/*,' 3「ふぁが! ふぉっろもっれほい!」

(;´ω`)「ジジイは何喋ってるか分からないし……。つーか、チャクラかよ、この染まり方」

( ><)「良く頭のてっぺんから赤くなってくる人いるじゃないですか」

(;´ω`)「こじつけも良い所だお」

/*,' 3「いいあひひとるほう……(良い脚しとるのう……)」サワサワ…

*(‘‘)*「くすぐったーい」

(; ゚ω゚)「アウト! その子はアウト!!」

757 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 15:11:12.86 ID:eqJXawke0
(*゚∀゚)「おら、ヘリカル。ぶっとばせ!」

/*,' 3「わひのよめにならんはのう……(ワシの嫁にならんかのう……)」 サスサス…

*(‘‘)*「おひげがチクチクするー」

(*^∀^)「ひゃひゃひゃ……」

('A`;)「何か、酒が入って無法地帯になりつつある」

(; ^ω^)「このままでは本当にヘリカルちゃんがジジイの嫁になってしまうお!」


    ~♪ ゥンチャッチャ…
                                               ~♪ ゥンチャッチャ…
                               ~♪ ゥンチャッチャ…


(; ^ω^)「……お?」

('A`;)「何か曲が始まったぞ……?」

759 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 15:14:35.11 ID:eqJXawke0
( <●><●>)「ふむ……。ワルツですね」

( ^ω^)「ワルツかお?」

( ><)「つまり、踊りたい人はステージで踊りなさいって事なんです」

(*^ω^)「お、おお……、何か貴族の遊びっぽい」

(*^ω^) ウズウズ

(*^ω^)「ドクオ、行くかお?」

('A`;)「男同士でか?」

(*^ω^)「ダメ?」

('A`;)「ゲイだと思われるぞ」

从*'ー'从「じゃあ、私と踊る?」

(*゚ω゚)「ふぉっ!」

('A`;)「ナ、ナベちゃんと……ッ!」

770 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 15:37:11.17 ID:eqJXawke0
(*゚ω゚) ウジウジ

('A`;) モジモジ

(; ´ω`)「いざ人前で踊るとなると、勇気でないお~」ウジウジ

('A`;)「クッ……! 勇気の無い俺を許してくれ、ナベちゃん!」 モジモジ

从*'ー'从「むー……。つまんない」

从*'ー'从 キョロキョロ

从'ー'*从 キョロキョロ

从'ー'*从「お爺さん」

/ ,' 3「ふぉあ?」

从^ー^*从「踊りましょ」

/ ,' 3「ワシとか?」

773 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 15:40:46.68 ID:eqJXawke0
从^ー^*从「だって、なんとなく上手そうだし……」

/ ,' 3「ダーメじゃ、ダメじゃ。もう体が動かんわい」

从^ー^*从「えー」

/ ,' 3「こうして座っておさわりしてるほうが良いのじゃ……」

从*'ー'从つ< ,' 3  ガシッ

从*'ー'从つ「ほらほら、行きましょう。おじい様」 グイグイ

< ,' 3 「ふぉおおおお! ふぉおおおお!」フォオオ!

(; ^ω^)「ナ、ナベちゃん……、アグレシッブ……」

('A`;)「こんなに引っ張ったらジジイの皮が剥がれそうだ!」

从*'ー'从つ< ,' 3 グイグイ…

(; ^ω^)「連れて行かれてしまった……」

('A`;)「ジジイが抵抗してないから、マジで虐待っぽく見える」

774 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 15:43:21.88 ID:eqJXawke0
从*'ー'从「はい、お爺さん。ステージだよ、ステージ」

/ ,' 3「全く、見た目に寄らず強引じゃのう」

从*'ー'从「強引な小娘はお嫌い?」

/ ,' 3「少々好物とは離れてるかの……」

从*^ー^从「あらら。残念」

/ ,' 3「まあ、良いわい」

/ ,' 3 っ スッ

/ ,' 3 っ「ほおれ。手を出さんか」

从*'ー'从「あれれ~。お爺さん、リードしてくれるの?」

/ ,' 3 っ「人前で女をリードしない男がどこにいるんじゃ」

从*'ー'从つ スッ

从*'ー'从つ「ちょ~っとだけ、素敵よ。お爺さん」

776 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 15:46:38.30 ID:eqJXawke0


  ((  / ,' 3 っ⊂从'ー'*从 ))


(; ^ω^)「おお……、ジジイが踊ってる」

('A`;)「ヨボヨボすぎて不安だったけど…。全然大丈夫そうだな」

(; ^ω^)「むしろ、背筋もシュッとして若々しいお……」

( <●><●>)「恐らく、人前に出たからでしょう」

( ^ω^)「おっ?」

( <●><●>)「大勢の人間を前にして、嘘のように姿を変える。流石は表舞台を歩んできた人間です」

( ^ω^)「へー。なんかジジイかっけぇ」

( <●><●>)「失脚だか何だか良く分からないですが、今までの歩みで染みついて来た生き方が現れてますね」

('A`)「いつもはタダのエロ老人なんだけどな。やっぱ筋書通り、伊達じゃねぇってか」

( ´ω`)「さっきまで幼女の足をさすってたジジイにあんな見事な出で立ちをされると、なんか自信喪失するお」 ショーン…

778 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 15:51:32.00 ID:eqJXawke0
从*'ー'从つ「凄い凄い、上手上手」

/ ,' 3 っ「ほっほっほ……。何だか体が良く動くわい」

从*'ー'从つ「あははは……。いつもこの位背筋伸ばして女の子に気を使ってくれればモテモテなのにな~」

/ ,' 3 っ「なぁに。そんな事せんでもモテモテじゃわ」

从*'ー'从つ「またまた~……」

/ ,' 3 っ「ほほほ……。御嬢さんもいい女じゃよ」

从*'ー'从つ「そお~?」

/ ,' 3 っ「うむ、そうじゃ。悩む女性ってのは美しいのよぅ」

从*'ー'从つ「悩む女性……?」

/ ,' 3 っ「吹っ切れない女性は美しいと言っとるんじゃ」

从*'ー'从つ「……あはは。お見通しかぁ。お爺さん凄いなぁ」

/ ,' 3 っ「まぁ、それを吹っ切っる女はもっと艶めかしいくて良いんじゃがのう……」

779 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 15:54:18.76 ID:eqJXawke0
从*'ー'从つ「あれれ~? もしかして、口説いてる?」

/ ,' 3 っ「ほっほっほ。アンタが好きな道に進んで、もっと色っぽくなったら口説いてやるわい」

从*'ー'从つ「今の私じゃ満足じゃないんだぁ~」

/ ,' 3 っ「ピアノの前のアンタは最高の女じゃったよ」

从*'ー'从つ「んふふ……、嬉しいなぁ……」

/ ,' 3 っ「……ほれ。足が乱れるぞい」 ヨロヨロ…

从*'ー'从つ 

从*'ー'从つ「……あのね、お爺さん」

/ ,' 3 っ「おん?」

从*'ー'从つ「やっぱ私。ありのままの自分で勝負したい」

/ ,' 3 っ「そうかそうか」

从*'ー'从つ「……どうかな? お爺さんは応援してくれる?」

/ ,' 3 っ「何をいまさら。ワシャいつでも可愛い子ちゃんの味方じゃよ」

从*'ー'从つ「言うと思った~」

……


781 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 15:57:19.19 ID:eqJXawke0
( ^ω^)「あの二人、何か楽しそうに会話してるお」

(;><)「何か悔しいんですっ」 ギリギリ

('A`)「血涙が出そうだ……ッ!」 グヌヌ…

( ^ω^) チラッ…

川*゚ -゚) ボーッ
  _  
(*゚∀゚) ボーッ

( ^ω^)「ほら! 何ボーッとしてるんだお!」

川*゚ -゚)「え?」

(*^ω^)「あんたらも早く行って来いお!」

川;゚ -゚)「……行ってくるって?」

(*^ω^)「んな分かり切った事聞いてんじゃねーお! 踊って来いって言ってんだお!」

783 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 16:00:32.59 ID:eqJXawke0
  _  
(; ゚∀゚)「お、俺とクーでか?」

(*^ω^)「それ以外誰がいるんだお」

川;゚ -゚)「だ、だが……」

('∀`)「早く行けって」

川;゚ -゚)「……えっと」

(*`ω´)「ええい、じれったいお!」

                          _  
           (((*`ω´)つ川;゚ -゚)(; ゚∀゚) グイグイ


川;゚ -゚)「わっ、ちょっ……」
  _  
(; ゚∀゚)「押すなって……」

(*^ω^)「おっおっー! 若いお二人がダンスを踊るようですお!」
  _  
(; ゚∀゚)「わーーー!! 何言ってんだ! やめろ!」

786 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 16:03:22.19 ID:eqJXawke0
( <●><●>)「ほう……」

(*゚∀゚)「へぇー。最近の若いのはダンスが踊れんのか」

(´^_ゝ^`)「最近はダンスが必修って聞いたよ」
  _  
(; ゚∀゚)「必修だけど、こんなエレガンスなダンスじゃなくて……」

(*^ω^)「はいはい、早く行って行って」
  _  
(; ゚∀゚)「お、おい……」

(*^ω^) ニヤニヤ

('∀`) ニヤニヤ
  _  
(; ゚∀゚) チラッ…

川;゚ -゚)、
  _  
(; ゚∀゚)「……行くか、クー」

川;゚ -゚)「え?」

791 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 16:06:47.92 ID:eqJXawke0
  _  
(; ゚∀゚)「ほら、来いよ」
  _  
(; ゚∀゚)つ⊂(゚- ゚;川  ギュッ

(゚- ゚;川 「あ、ちょっ……引っ張……」

(*^ω^)「おっ!」

('∀`)「やるねぇ、少年」
  _  
(; ゚∀゚)「お前らのそばに居ると冷やかされてばっかりだからな!」

(*^ω^)「おっおっ! ごめんおー!」
  _  
(; ゚∀゚)「……ったく」スタスタ…

(゚- ゚;川 スタスタ…

(゚- ゚;川「ジョルジュ……」
  _  
(; ゚∀゚)「え?」

(゚- ゚;川「良いのか?」
  _  
(; ゚∀゚)「……良いんだよ!」

794 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 16:09:33.59 ID:eqJXawke0
  _  
(; ゚∀゚)つ⊂(゚- ゚;川 スッ
  _  
(; ゚∀゚)「よ、よーし……」

(゚- ゚;川「……で」
  _  
(; ゚∀゚)「うん」

(゚- ゚;川「踊り方は分かるのか?」
  _  
(; ゚∀゚)
  _  
(; ゚∀゚)「いや」

(゚- ゚;川

(゚ー゚;川「ふふ……」
  _  
(; ゚∀゚)「おっ……、笑いやがったな」

(゚ー゚;川「いや、だって。何も知らないのにステージに上がろうと思うなんて……」
  _  
(; ゚∀゚)「そ、それはなあ……!」
  _  
(; ゚∀゚)
  _  
(; ゚∀゚)「……その場の空気でって言うか、二人で抜け出したかったって言うか」モゴモゴモゴモゴ……

797 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 16:12:22.04 ID:eqJXawke0
(゚- ゚ 川「……良く聞こえないぞ」
  _  
(; ゚∀゚)「何でもねぇよ」

(゚- ゚ 川「ま、良い。……ほら。腰を掴め」
  _  
(; ゚∀゚)「こ、腰?!」

(゚- ゚ 川「ほら」
  _  
(; ゚∀゚)「えっと……」
  _  
(; ゚∀゚)つ スッ
  _  
(; ゚∀゚)つ「こうか?」

(゚- ゚ 川「それでは触ってるだけだ。もっとしっかり掴まないと」
  _  
(; ゚∀゚)つ「えっと……」グッ

(゚- ゚ 川「そうだ。そしたら次は手を……」
  _  
(; ゚∀゚)つ「お? っと……、こうか?」

(゚ー゚ 川「……ふっ」
  _  
(; ゚∀゚)つ「……鼻で笑ったろ!」

800 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 16:15:44.69 ID:eqJXawke0
(゚ー゚ 川「いや、そういうつもりじゃ無い」
  _  
(; ゚∀゚)つ「じゃあどういうつもりだよ!」

(゚ー゚ 川「……ただ、楽しいから」
  _  
(; ゚∀゚)つ ドキッ

(゚ー゚ 川

(゚ー゚;川「そういえばさ……」
  _  
(; ゚∀゚)つ「ん?」

(゚ー゚;川「学校のみんなに見られてるよな、これ」
  _  
(; ゚∀゚)つ「あっ」

(゚ー゚;川「これって……、恋愛関係とかになるのか?」 ドキドキ…
  _  
(; ゚∀゚)つ ドキドキ…
  _  
(; ゚∀゚)つ「な、なるんじゃないかなぁ~……」 ドキドキ…

(゚ー゚;川「……やっぱりな」 ドキドキ…

802 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 16:18:46.30 ID:eqJXawke0
(*^ω^)「おいおい。めちゃくちゃ良い雰囲気じゃないかお」

('A`*)「高校生だからな。二人っきりになればそうなる」

(*´ω`)「……ああ、僕もそんな青春を送りたかったお」

('A`*)「高校時代なんて、辛いだけだったからな……」

( ^ω^)「ハデ目の女子の足に視線を送る日々でした」

('A`)「たまにトランクス穿いてる奴いてビビるよな」

( ^ω^)「え、マジで?」

(*゚∀゚)「なんだよお前ら、そんな寂しい青春を送ってたのか」

( ><)「可愛そうなんです……」

( ^ω^)「そういうビロード君はどんな学生生活送ってたんだお?」

( ><)「え? まあ、創作活動ですかね」キリッ

( ^ω^)「たかだかポエムだろうが」

Σ(;><)「何で知ってるんです!」テテーン

803 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 16:21:10.22 ID:eqJXawke0
(゚- ゚ 川「……あのさ、ジョルジュ」
  _  
( ゚∀゚)つ「ん?」

(゚- ゚ 川「さっき、私が言いかけてた事あったろ?」
  _  
( ゚∀゚)つ「ああ……」

(゚- ゚ 川「それな……」

(゚- ゚ 川

(゚- ゚ 川「……何て言うか、気にしないから」
  _  
( ゚∀゚)つ「……?」

(゚- ゚ 川「ジョルジュがどういう環境で育ってきたとか……、関係ないから」
  _  
( ゚∀゚)つ「クー……?」

(゚- ゚;川「そ、それだけだ。別に大した話じゃなかっただろう?」

806 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 16:24:27.29 ID:eqJXawke0
  _  
( ゚∀゚)つ「……いーや、大した話だったね」

(゚- ゚;川「嘘つけ」
  _  
( ゚∀゚)つ「だって、ドキドキしたもん」

(゚- ゚ 川「……どういう意味だ?」
  _  
( ゚∀゚)つ「……どーいう意味も糞もねぇだろ」ゴモゴモゴモ…

(゚- ゚ 川「聞こえないぞ」
  _  
(; ゚∀゚)つ「そーいう意味だっていってんだよっ」

(゚ー゚ 川「……ふふ。ジョルジュ」 クスッ…
  _  
(; ゚∀゚)つ「……なんだよ」

(゚ー゚ 川「退学になったら、どうする?」
  _  
(; ゚∀゚)つ「……そんときゃそんときだな!」 ドキドキ…

(゚ー゚ 川「行き当たりばったりじゃないか」
  _  
(; ゚∀゚)つ「うん、まあ。ね。ほら。うん」ドキドキ…

811 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 16:27:25.59 ID:eqJXawke0
( ^ω^)「なんか、ジョルジュがオドオドしてる気がするお」

('A`)「ありゃ完全に何か言われた顔だろ」

( ^ω^)「何かって?」

('∀`)「好き、とか愛してる、とか?」

(*^ω^)「ヒュー」

('∀`)「ヒュー」

(*^ω^)「こうやって人は大人になっていくんだお……」

('∀`)「大人の階段って、こんな身近にあるんだな」

(*^ω^)「とても豪華客船が身近とは言えないけどね」

('A`)「あれ。……て事は、俺たちはまだ大人の階段のぼれて無いって事じゃないか?」

( ^ω^)「あ、そうか」

('A`)「チルドレンだな、俺ら……」

( ^ω^)「うんお。チルドレンだお……」

814 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 16:30:12.71 ID:eqJXawke0
(*゚∀゚)「ほら、童貞ども。良いから飲め飲め」

(; ^ω^)「ぐぐ! 単刀直入に言うなお!」

('A`;)「素人童貞じゃないだけ勝ち組だ! 胸張ろうぜ!」

(; ^ω^)「いや、素人童貞の方が話のネタにはなるから一枚上手だと思うお!」

('A`)「価値観の不一致」 

( ^ω^)「価値観の不一致」

(;*゚∀゚)「急に萎えるなよ」

( ^ω^)「前からコイツとは意見が微妙にスレ違うんだお」ギリッ…

('A`)「ああ……。来いよ。今この場で決着をつけてやる……」

( ^ω^)「上等だお。生まれてきた事を後悔させ」

                        ゴグッ……

((( ^ω^))) グラッ…

((('A`)))  グラッ…

( ^ω^)「……お?」

826 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 16:33:10.36 ID:eqJXawke0
('A`)「……今揺れたか?」

(*‘ω‘ *)「なんか、そんな気がするっぽ……」

( ><)「地震ですかね……」

( <●><●>)「ん……。感じませんでしたが……」

( ><)「でも、シャンデリアが揺れてるんです……」

( ^ω^)「……じゃあ、確かに揺れたって事かお?」

('A`)「……だな」

( ^ω^)「おっ……、もしかして波」

                 ゴゴゴガガ……! ガガガガガ……!

(((((  ゚ω`)))))  グラグラグラ…

((((('A`;))))) グラグラグラ…

(((((;><)))))「わ、わわ……」 グラグラグラ…

(; ゚ω`)「……い、今のはデカかったお」

('A`;)「な、何だ……?」

832 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 16:35:31.81 ID:eqJXawke0

                      ざわざわざわ……
                                              どよどよどよ……

(; ゚ω`)「……ドクオ、何だおこれは」

('A`;)「わ、わから」


                  ギガガガガガガッガガガガガ!!!!  ガギギギギギ!!


(((((; >ω<))))) 「う、うわー!!」ガガガ…

(((((-A-;)))))「……!」 ガガガ…

(((((;*‘ω‘ )))))「た、立ってられないっぽ……!」ガガガ…

((((( <●><●>)))))「……何かにつかまって」ガガガ…

(((((;><)))))「ハイなんです!」ガガガ…

((((*゚∀゚))))「……ヘリカル。こっち」 ガガガ…

((*(;‘‘)*))「うん……」ガガガ…

                           ガガガ……、ガガッ……



838 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 16:38:09.80 ID:eqJXawke0
(; >ω<) ギュッ…

(; ゚ω`)「お、おさまったかお……?」

('A`;)「一応揺れはな……」

(;´・_ゝ・)「尋常じゃない揺れ方だった……」

(; ゚ω`)「何かあったのかお……?」

('A`;) キョロキョロ

(;'A`) キョロキョロ

(;^ω^)「……ドクオ?」

('A`;) タッタッタ…

(;^ω^)「ドクオ! どこ行くお!」

('A`;)「窓だよ! 外の様子を確認するんだ!」

(;^ω^)「そ、そうか……!」タッタッタ…

843 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 16:40:48.02 ID:eqJXawke0
('A`;)「んと……」 ヨイショ…

(;^ω^)「どうだお……?」

('A`;)「……暗くて良く分からんな」

(´・_ゝ・`)「ちょっと良いかい?」ヌッ…

('A`;)「オッサン……」

(´・_ゝ・`)「……ふむ」

(´・_ゝ・`)σ スッ

('A`;)「なんだ?」

(´・_ゝ・`)σ「あれ……。崖……?」

('A`;)「え? どれ?」

(´・_ゝ・`)σ「斜め前の少し先。暗くて判別がつかないけど……」

('A`;) ジーッ…

('A`;)「……んてこったい」

848 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 16:43:28.87 ID:eqJXawke0
(;^ω^)「崖……。崖が見えたらどうなんだお?」

('A`;)「……これじゃ、近すぎるんだよ」

(;^ω^)「え?」

('A`;)「だから、陸が近すぎるんだよ」

(;^ω^)「……もっと分かりやすく言えお」

('A`;)「座礁したんだ」

(;^ω^)「ざ、座礁……?」

('A`;)「船底が海底にぶつかっちまってるって言ってんだよ!」

(; ゚ω゚)「おっ……」 ゾクッ

                    ジリリリリリリリリリ……!  ジリリリリリリリリリ……!

(;><)「な、何の警鐘ですか……?」

('A`;)「……まさか、浸水したんじゃないだろうな」

854 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 16:46:14.42 ID:eqJXawke0
/ ,' 3「な、何じゃ急に……」

从'ー';从「グラグラするよ~?」

('A`;)「フィンスタビライザーか壊れたのか……?」

              ざわざわ……
                                      ざわっ……
           「何だ、今のは……」
                                         「ちょっと……、どうなってんの……」
                              ざわ……

(;^ω^)「ド、ドクオ……」

('A`;)「クルーズ側から何か……。とにかく、放送を待」

((('A`;) グラッ…

(((;^ω^)「おっ……」 グラッ…

('A`;)「……傾きだしてるな」

                 パリンッ 
                                パリン……ッ

(;^ω^)「わわっ、お皿が……」

857 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 16:49:07.47 ID:eqJXawke0

            がやがや……
              「に、逃げろ……!」
                                     「傾いてるぞ!!」    がやがや……
                     「おい! そこをどけ!!」
                                                     「つっかえてんだよ!! どけ!!」
          「きゃあ!」                 「逃げろー!」       わさわさ……


('A`;)「大パニックだ……! マズい……」

(;^ω^)「わっ……。一瞬にして人がごっちゃ混ぜだお……!」

(;*゚∀゚)「お、おいおい……。どうすんだよ……」

(;><)「どうするもこうするも、僕達も逃げるんです! 死んじゃうんです!」

( <●><●>)「この状態でうまく逃げられますか?」

(;><)「それでも逃げなきゃ……」

(;^ω^)「ぐぬぬ……、やっぱこうなるハメに……」

('A`;)「……ブーン」

(;^ω^)「お?」

862 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 16:52:35.21 ID:eqJXawke0
('A`;)「そんな事もあろうかと、あれを準備してたろ!」

(;^ω^)「あっ……」

从'ー';从「あれ?」

(;><)「何です、あれって……」

(;^ω^) ガサゴソ…

(;^ω^)つ□「船内新聞」

(;*゚∀゚)「船内新聞なんてどうすんだよ」

('A`;)「新聞の中の小さい地図に、ざっと避難経路を記しておいたんだ。俺流のな」

(;^ω^)「会場に来る前に少し時間あったから、ドクオが一人でシコシコ書いてたんだお」

从'ー';从「わー……。やるぅ……」

('A`;)「あるフラグの所為で不安で一杯でしたからね!!」

867 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 16:56:07.39 ID:eqJXawke0
('A`;)「……とにかく、この経路通り行けばいち早く、かつ安全に甲板まで行けるはずだ!」

( <●><●>)「なるほど、道の広い場所を選んでいる……。込み合う事も想定してある訳ですか」

('A`;)「その辺は抜かりなしよ! みんながクルーズ側が指示してる避難経路を使う事も計算に入れて、だ! 」

(;^ω^)b「流石ドクオ。いざと言うときに頼りになるお!」 グッジョブ!

('A`;)「骸骨だってクソの役には立つんでい」

(;^ω^)「……だが、もう一つ肝心な事があるお」

('A`;)「ん?」

(;^ω^)「それは……」 チラッ

  _  
(; ゚∀゚)「……な、何だよこれ」

川;゚ -゚)「し、沈むのか……?」


(; ゚ω゚)σ「あの歩く死亡フラグの確保だおおおおおおおおおお!!」

870 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 16:59:07.15 ID:eqJXawke0
('A`;)「そうだ……、コイツらに下手に動かれたら……」

(; ゚ω゚)「またポックリ逝っちまうのは目に見えてるお!」


川;゚ -゚)「わ、わ……」 ドカドカ
  _  
(; ゚∀゚)つ「つかまってろ、クー! 人に流されるぞ!」 グッ

川;゚ -゚)つ ガシッ
  _  
(; ゚∀゚)つ「は、はぐれたらワケ分かんなくなっちまう……!」


('A`;)「……ジョ、ジョルジュ! そこに居ろよ!」 タッタッタ

(; ゚ω゚)「クーさん、今行くお!」 タッタッタ

('A`;)「って、人が凄すぎて思うように動けん……!」

(; ゚ω゚)「ええい! どけお! どけお! 邪魔だお!」

872 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 17:02:10.50 ID:eqJXawke0

川;゚ -゚))) ドン…
  _  
(; ゚∀゚)つ「あっ……! しまった!」

                               「逃げろ……! 逃げろ……!」
          「また傾き始めてるぞ!!」
                                           「どけ!! そこは開けろ! 通れなくなるぞ!」

川;゚ -゚)))))「ジョルジュ……!」 グイグイ
  _  
(; ゚∀゚)つ「待て……! おい!」

                         「そんな所で突っ立ってんじゃねぇ!」
           「や、やめて……」

川;゚ -゚)))))「ちょっと……、どけ……!」 グイグイ

( 川;゚ -゚) ドンッ

「おっおっ。つーかまえたっ!」 ( ^ω川;゚ -゚) 「へ?」

876 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 17:05:49.33 ID:eqJXawke0
(;^ω^)「何度もアンタの泣き面や死に面を見せられるこっちの身にもなれお、御嬢さん」

川;゚ -゚)「……な」

(;^ω^)「ドクオー!! クーさん確保だおー!!」

('A`)「よし!! 良くやった!! こっちもジョルジュ確保だ!!」
  _  
(; ゚∀゚)「ど、どうしたってんだよ……」

( ^ω^)「絶対にはぐれるんじゃねーお、クーさん」

川;゚ -゚)「えっと……」

(;^ω^)b「じゃないと、まーた辛い気持ちになるお!」 グッ

('A`)「おう、ジョルジュ。このヒョロガリにしーっかり着いて来いよな」
  _  
(; ゚∀゚)「? あ、ああ……」

d('A`)「いつまでも美人を悲しませる男は童貞の敵だぜ!」 グッ

879 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 17:08:04.66 ID:eqJXawke0
(;^ω^)b「すべての準備は……」

d('A`)「整った!!」

(;^ω^)「みんな、逃げるお! この短時間でどんどん傾いてきてるお!」

('A`)「座礁とは言え、あんまり時間が無いかも知れない!」

( <●><●>)「ええ、ワカッテマス」

::(;><)::「……足が震えるんです」 フルフル…

(;*‘ω‘ )「な、なんでこんな事に……」

(*゚∀゚)「ほら、ネーチャン達。裾、縛りな。コケるよ」

(;*‘ω‘ )「ぽっ……」ギュッ…

从'ー';从「だよねぇ……」 ギュッ

(*゚∀゚)つ「ヘリカル、しっかり握ってろな」 スッ

*(;‘‘)*つ ギュッ

883 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 17:10:39.37 ID:eqJXawke0
('A`)「甲板まで急ぐぞ。落ち着いてな」

σ(´・_ゝ・`)「まさかこの年で走る事になるとはなぁ……」 ポリポリ

/ ,' 3「なーにを言うとるか。ワシなんて、満足に歩けやせんぞい」 ヨボヨボ…

(;^ω^)「お前ら緊張感ねーな。ってかジジイはさっきまで元気に踊ってたじゃねぇか」

('A`))) グラッ…

从'ー';从))「イヤ……」 グラッ…

(;^ω^)「……また、傾いて」

('A`;)「ええい! 行くぞ! みんなついて来い!」

(;^ω^)「クーさん、行くお」

川;゚ -゚)「ああ……」

('A`;)「絶対に人に飲まれるなよ……! はぐれたり巻き込まれたら場所が分からなくなるからな……!」
  _  
(; ゚∀゚)「……おう」

……

888 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 17:13:49.43 ID:eqJXawke0
【VIPⅡ デッキ6 客室廊下】

('A`;) タッタッタ…!

('A`;)))) グラッ…!

(;><)))「ぬわっ……!」 グラッ

( <●><●>)「だんだん傾く角度が……」

/ ,' 3(;^ω^)「……いつか、ガクンと来たりして」

从'ー';从「やだよ~、怖いこと言わないで~」

「ええからしっかり走らんかい!!」 / ,' 3(; ゚ω゚) 「うっせーお! 耳元で怒鳴るなお! つーか口くせぇよ!」

('A`;)「けど、そこを曲がって階段を昇ったら甲板はすぐそこだ」
  _  
(; ゚∀゚)「よ、よし……。そしたら避難訓練通りに……」

('A`;)「ああ。もう船員が救難ボートを用意してくれてるハズさ」

891 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 17:16:41.71 ID:eqJXawke0
/ ,' 3(;^ω^)「そうと決まれば、パッパといっちまうお!」 タッタッタ

川;゚ -゚)「……ハァハァ」カッカッカ
  _  
(; ゚∀゚)「大丈夫か?」

川;゚ -゚)「ヒ、ヒールで走るのが慣れてないだけだ」
  _  
(; ゚∀゚)「おぶる?」

川;゚ -゚)「いや、良い。心配しないでくれ」

('A`;) タッタッタ…!

('A`;)「んあ……?」 タッタッタ!


                         「通せ! どけ!」
                    がやがや…                      「押すな!! そっち!」
         「早く! 傾くぞ!」               どやどや……


('A`;)「……こっちまで人が」

897 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 17:20:06.00 ID:eqJXawke0
/ ,' 3(;^ω^)「ど、どうするお?」

('A`;)「……待とう。少しすれば人の流れもスムーズになるはずだ」

(;><)「少しすればってどのくらいなんですか!」

('A`;)「それは……」

/ ,' 3( ^ω^)「ドクオ、そういう時は無理にでも道を作るんだお!」

('A`;)「まさか、人を押し飛ばすんじゃねーだろうな……」

/ ,' 3( ^ω^)b グッ

('A`;)「グッ、じゃねえよ! 他の人が怪我すんだろ!」

/ ,' 3( ^ω^)b「それは鍛錬が足らない」

('A`;)「ボンボン共の集まりなんだから優しく扱ってあげて!」

  フォォォ…
≡≡≡/ ,' 3( `ω´)つ「そぉぉぉおおい!!」 グイグイ!!

           ドカドカドカ     ドカドカ……
  _  
(; ゚∀゚)「すげぇ、マジでやりやがった……」

902 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 17:23:05.60 ID:eqJXawke0

              「い、いてぇ……」 
                                       「な、何だ……?」
                「だ、誰だ! 誰だ!!」


/ ,' 3( ^ω^)

グッ d/ ,' 3( ^ω^)b グッ

('A`)「ジジイうぜぇ」

( <●><●>)「どうせ出来た道なら、さっさと通ってしまいましょう」

('A`;)「しゃーないか……」 タッタッタ…

           どかどか      「ええい、ドケドケ!!」
                                  「おい!! 糞!!」
              どかどか!                            どかどか!

/ ,' 3(;^ω^)「おっ」 グイグイ

('A`;)「ゲェ! みんなマネし始めやがった!」 グイグイ

(;´・_ゝ・)「もうゴリ押しで通るしかないね……」グイグイ

⊂('A`;)「ちっくしょおお、この野郎!! どけオラ!! オラオラ!」 グイグイ

911 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 17:26:12.00 ID:eqJXawke0
【VIPⅡ 甲板】

(゚A゚;)「ゼェ……! ゼェ……!!」

/ ,' 3(; ゚ω゚)「よ、ようやく……!」 ゼェゼェ

(゚A゚;)「……ってかよぉ」

                  どやどや……
                                    がやがや……

(゚A゚;)「甲板も尋常じゃねぇ数だぞ……」

( <●><●>)「避難が進んでないんですか?」

从'ー';从「だって、船員さんが見当たらないよ~。あれれぇ……」

(゚A゚;)「どういう事だ……?」

(;´・_ゝ・)「……自分たちで救難ボートを降ろし始めてる所もある」

(゚A゚;)「……クソッ! 考えてる時間が惜しい! 手伝え、ブーン! 俺らも降ろすぞ!」

918 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 17:28:36.45 ID:eqJXawke0
(; ^ω^)「おっ……! 分かったお!」

/ ,' 3「ワシも手伝うぞい」

('A`)「ジジイはボーッとしててな」

/ ,' 3「ほい」

(; ^ω^)つ「全く、ジジイは今どんな事態だか分かって……」 ガキッ…

(; ^ω^)つ「……ん?」

(; ^ω^)つ ガキッガキッ

(; ^ω^)つ「あれ。避難訓練の時みたいに降りないんだけど……」

(;'A`)つ「……おいおい、マジかよ」

(;><)σ「こ、これ見てください!」

(;'A`)「へ?」

(;><)σ「此処! ガッツリ錆びてるんです!」

924 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 17:31:05.49 ID:eqJXawke0
(;'A`) ポカーン

(;゚A`)「んだこりゃあああああああああああああ!!」 ドドドドーン

(; ゚ω゚)「そりゃ降りない訳だおおおおおおおおおおおおおおおおお!!」 ドドドドーン

σ(;´^_ゝ^)「整備不良ってレベルじゃないね……」アッハッハ

(; ゚ω゚)「まさか、使えるヤツだけで訓練させてたって事かお?!」

(;゚A`)「……畜生。どうなってんだこの船のクルーはよ!」

               ドボンッ……
                                           「こっちのボートは降りたぞ!!」
        「こっちもだ!! 乗れるやつから乗っていけ!!」
                                     「ダメだ! 錆びてる!!」

( <●><●>)「どうやら使えるボートもあるみたいですね……」

(;゚A`)「でも、大半が使えないんじゃ全員の避難なんて……」


        「うわああああ~~~~~!! どけ~~~~~!! どいてくれ~~~~~~!!」


(; ^ω^)「お?」

(;'A`)「……誰か人をかき分けてくるぞ」

928 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 17:34:04.58 ID:eqJXawke0
⊂(’e’;)「うわぁぁぁ~~~~~どいてくれ~~~~」 グイグイグイグイ

(;・∀ ・)「船長、こっちのボート降りてますよ!」

⊂(’e’;)「よ、よし! 取っとけ!」 ヨロヨロ…


(;'A`)「せ、船長……?」

(; ^ω^)「あれがかお……?」

( <●><●>)「千鳥足ですね……」

(;><)「飲んでたって事ですか?」

( <●><●>)「恐らく」

⊂(’e’;)「おら! どけぇぇ! 死ぬ!」

(; >ω<) ドンッ

⊂(’e’;)「うわぁぁぁ~~~!! どけぇぇ~~!!」

(; >ω<)「あ痛たた……」

937 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 17:37:37.93 ID:eqJXawke0
(;'A`)「あの野郎……」

从'ー';从「もしかして、自分だけ逃げる気なんじゃ?」

(  >ω<)

(  >ω<)「……飲んでた上に、座礁させて、挙句の果てには乗客をはねてまで逃げる気かお?」

(;'A`)「なんてヤツだ……! あんなヤツがいたなんて……!」

(;><)「人間じゃないんです!」

(  >ω<)

(  ゚ω゚)「ゆるさぬ」 ギンッ

(;'A`)「ブーン……?」

(  ゚ω゚)「てめぇ!! 船長なら責任持ておおお!!!」クワッ

⊂(’e’;)「どけどけどけぇ!! 邪魔だぁぁ!」

(;*‘ω‘ )「全然聞いてないっぽ……」

941 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 17:40:07.92 ID:eqJXawke0
(# ゚ω゚) ブチイ!!

(;;;;;;;;ω゚) ゴゴゴゴゴゴゴゴ…

(;'A`)「ブーンがキレた……!」

(;;;;;;;;ω゚)「ゆるさーーーーーーーーん!!!!」ドッカーン

/ ,' 3「ほっほっほ、良いぞ良いぞ!」 ワクワク

(;;;;;;;;ω゚)「少しはアンドレア・ドリアの船長を見習えおおおおおおおおおお!!」クワッ

从'ー';从「何か凄い迫力だよぉ~」

(;;;;;;;;ω゚)「ぶっ殺ーーーーーーーーーーーーーーす!!」

('A`)「よし、良いだろう! 殺せ!」

(;><)「行けー!なんです!」

从'ー';从「がんばれ~」

(;;;;;;;;ω゚)「小学校の頃スタン・ハンセンとあだ名された僕の実力、見せてやるおおおおおおお!」

('A`;)「それ、ネタ分かる奴いんのか」

⊂(;;;;;;;;ω゚)つ「ウィーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!」

947 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 17:43:20.21 ID:eqJXawke0
○( `ω´)「こんにゃろーーーーーーー!!」

(’e’;)「へ?」

                ボカッ!
          (   `)≡≡○)))e゚;)「プブッ!!」


(;;))e゚;)「お、おぎゃあああああああああ!! おぎゃああああああああああああ!!」

○( `ω´)「お前だけはゆるさーーーーーーーーーーーーーーーん!!!」

(;;))e゚;)「ひ、ひいいいいいいいいい!!!」

(;´・_ゝ・)「まるで壊れたダンプカーだ」

               ボキョッ
         ( `ω´)≡≡≡○))e×;)「ギエピー!!」


≡≡≡≡(;;#))e×;)「うわぁぁぁ~~~~~~」 ドカーン

(;'A`)「いいぞ! そこだ!」

/ ,' 3「そこじゃ!! 殺せい!!」

951 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 17:46:03.73 ID:eqJXawke0

                 「何だ……?」                          がやがや
                                   「相手は船長らしい!」
                          がやがや                      「やっちまえ!!」
      「行け! ぶっ飛ばせ!!」                  「殺せ!!」


(;><)「皆注目し始めたんです!」
  _  
(; ゚∀゚)「な、何か知らないけど応援してしまう自分がいる……!」 グッ

川;゚ -゚)「頑張れ……!」

( `ω´)「動けるデブなめんなおおおおおおおおおおおおおおお!!」

(;;#))e×;)「ボ、ボスケテ……」

(;・∀ ・)「せ、船長!」

○( `ω´)「ウィーーーーーーーーーーーーー!!」

(;;#))e゚;)「ひぃぃぃ!!」

(;・∀ ・)「この野郎! 調子に乗りすぎだ!」

○(;・∀ ・) スッ

957 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 17:48:35.86 ID:eqJXawke0
○( `ω´)「どけオラーーーーーーーーーーーーー!!」

○(;・∀ ・)「来いッ!」

                   ボカッ!!
            ( ;・∀ )≡≡≡○)))ω゚ )「ぱしへろっ!!」


(;><)「あーーーーー!!」

( <●><●>)「思いっきりアゴに入りましたね」


(;;;))´ω`)~゚  バタンキュ~


(;'A`)「ブ、ブーン……」

从'ー';从「頭の上に星が出てるよ~」


 ☆⊂⊃☆
(;;;))´ω`)~゚ ぴよぴよ


(;'A∩)「ダ、ダメだこりゃ……」

968 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 17:51:22.50 ID:eqJXawke0
(;・∀ ・)「船長!」

(;;#))e゚;)「逃げ! 逃げ!!」


(;*‘ω‘ )「船長が逃げるっぽ!」


(;・∀ ・)「あそこのボート乗れます!」

(;;#))e゚;)「ぬおおぉおお!! 乗せてくれ~~~~!!」

(;;#))e゚;)つ ヌッ


(;><)「ああ……。まんまと乗られてしまったんです……」


(;・∀ ・)「よ、よし……。脱出だ!」

(;;#))e゚;)「ほら! はやく出せ!」

(客;´ミ`)「だが、まだ十人は乗れるぞ」

(;;#))e゚;)「良いんだよ! 早くしないと沈んじまう!!」

(;・∀ ・)つ「俺に変われ!」 ドンッ

(客;´ミ`)「お、おわっ」

976 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 17:54:13.16 ID:eqJXawke0
(;;#))e゚;)「はははは!! お前らも早く逃げろよ~~~!!」


(;'A`)「あー……。船長の癖に一目散に逃げちまった……」
  _  
(; ゚∀゚)「しかもあのボート、全然乗れたじゃねぇか!」

川;゚ -゚)「タダででも錆びて使えないのがあると言うのに……」

(;'A`)))……  グララ…
  _  
(; ゚∀゚)))…  グラッ

( <●><●>)「……これは四の五の言ってられない状況ですよ」

(;'A`)「……つーか、そろそろ他の船や陸からの支援が来てもいい頃だろ!」

(;><)「そういえば、一切無いんです!」

(;'A`)「まさか、アイツら遭難信号すら出してないんじゃ……」

从'ー';从「ど、どうしよ~」

(;'A`)「え、ええい……。俺らで通報するしかない!」

984 名前:ちなみにスレ立てられないから、誰か立ててくれると助かります:2012/06/03(日) 17:56:31.40 ID:eqJXawke0
( <●><●>)つ】 ピッピッ…

( <●><●>)つ】「よし、電波は生きてます」

(;'A`)「とにかく!! 通報して、使えるボートを探すんだ!!」

(;*‘ω‘ )「ちょ、ちょっと待つっぽ……!」

(;'A`)「何だ?」

(;*‘ω‘ )「つーさんが居ないっぽ……」

(;'A`)「……え?」

(;><)「……この人ごみに紛れ込んでしまったんですかね?」

σ(;´^_ゝ^)「あ、あれれ……」ポリポリ

(;'A`)「あれれ、じゃねぇぞオッサン!」

σ(;´^_ゝ^)「おっかし~なあ……。さっきまで一緒だったんだけど……」

11 名前:再開。スレ立てサンクス!:2012/06/03(日) 17:58:57.69 ID:eqJXawke0
(;'A`)「……なら、近くに居るハズだ」

(;'A`) キョロキョロ

('A`;) キョロキョロ

从'ー';从「あっ、いたよ! つーさんだよ!」

(;'A`)「どこだ?」

从'ー';从σ「ほら、あそこ」

/ ,' 3「こっちじゃ! こっちじゃ!」

(;*゚∀゚)

(;'A`)「ジジイが見つけてくれてたのか……」

(;><)「頼りになるんだか、ならないんだか、なんです」

/ ,' 3「そんな事より、大変なんじゃ! 緊急事態じゃ!」

(;'A`)「今度は何だよジジイ!! いつものおふざけだったらぶっ殺す!」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 18:01:19.22 ID:eqJXawke0
(;*゚∀゚)「ヘ、ヘリカルがいないんだ……」

(;><)「え……」

/ ,' 3「な? 緊急事態じゃろ?」ドヤァ

(;'A`)「顔の引きつるレベルの緊急事態だよっ」

(;´・_ゝ・)「いつから……?」

(;*゚∀゚)「甲板に出る時だ……。ずっと探してたんだけど……」

(;'A`)「……あのオシクラマンジュウ状態の時にはぐれちまったのか」

(;*‘ω‘ )「じゃあ、甲板にいるんじゃないかっぽ?」

(;*゚∀゚)「い、居ないんだ……」

(;'A`)「まさか……、戻ったのか?」

(;><)「戻ったって、船の中にですか?」

( <●><●>)「考えられます。子供の行動ですから。予想なんてつきませんよ」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 18:03:49.58 ID:eqJXawke0
(;*゚∀゚)「……私、探して来るっ」 ダッ

(;'A`)つ(;*゚∀゚) グイッ

(;'A`)「自殺行為だ!」

(;*゚∀゚)「で、でも……」

(;'A`)「……とにかく、今は救援を」
  _  
( ゚∀゚)「なあ、クー」

川;゚ -゚)「なんだ、ジョルジュ……」
  _  
( ゚∀゚)「ヘリカルってあの小さい女の子だよな?」

川;゚ -゚)「え? そ、そうだが……」
  _  
( ゚∀゚)「……おっけー」

               _  
   ≡≡≡≡≡≡二( ゚∀゚) ダッ!


川;゚ -゚)「お、おい……! ジョルジュ!!」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 18:06:18.83 ID:eqJXawke0
(;><)「今、誰か船の中に戻っていったんです……」

(;'A`)「……あ?」

川;゚ -゚)「ジョ、ジョルジュが……!」

(;'A`)「え……。まさか、ジョルジュのヤツ……?」

川;゚ -゚)「ど、どうしたら……」

(;'A`)「な、なんなんだよ。どうしてこうなるんだ……」

(;-A-)「……や、やっぱりそういう運命なのか?」

川;゚ -゚) グッ

川;゚ -゚)「私も行く」

(;'A`)「バカ言え!」

川;゚ -゚)「……だって、嫌な予感がするんだ」

(;'A`)「嫌な予感……?」

川;゚ -゚)「今、ジョルジュから離れてしまったら……、もう二度と会えないんじゃないかって……」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 18:09:28.59 ID:eqJXawke0
(;'A`)「クーさん……」

川;゚ -゚)「だから……っ」

≡≡≡≡≡川;゚ -゚) ダッ

(;'A`)「なっ! おいッ!」

( ^ω^)つ川;゚ -゚) グイッ

(;'A`)「ブ、ブーン……?」

(;><)「いつの間に復活してたんですか!」

( ^ω^)「ちょっと待ちねえ御嬢さん」

川;゚ -゚)「は、放せ……」

( ^ω^)「アンタが行って何になるお?」

川;゚ -゚)

( ^ω^)「そのボロボロのヒールと服装で、無事に傾いた船から脱出出来るのかお?」

(;'A`)「……ブーン」

川 ; -;)「……でもっ」 ポロポロ

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 18:11:33.11 ID:eqJXawke0
( ^ω^)「でも、もウンコも無いお」

川 う-;)「……ジョルジュが行っちゃったんだ! 行っちゃったんだぞ!」 グスッグスッ

(;'A`)

川 う-;)「せっかくジョルジュの気持ちも分かって……、勘違いじゃないって分かって……! それなのに……」 グスグス…

( ^ω^)「ワカッテマス君、ちょっとクーさんを頼むお」

( <●><●>)「ワカッテマス」

(;'A`)「お、おい……。どうするつもりだ?」

( ^ω^)「決まってるじゃないかお。船に突入だお」

川 う-;)「え……?」

从'ー';从「ちょっと……君?」

( ^ω^)「パパッと、ヘリカルちゃんとジョルジュを回収して来るって言ってんだお」

川 う-;)「だったら私も……」

( ^ω^)「いーや、ダメだお」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 18:14:01.07 ID:eqJXawke0
川 う-;)「な、なんで……」

( ^ω^)「アンタにゃ無事にこの船から脱出してもらわないと。もし、ジョルジュが脱出出来てクーさんが死んじまったら本末転倒だお」

川 う-;) グスグス…

( ^ω^)「三度目の正直!」

川 う-;)「……三度目?」

(;><)「三度目って、何の事ですか……?」

(;*‘ω‘ )「何言ってるのか全然分からないっぽ……」

(;'A`)「はは……、三度目の正直ね……」

从'ー';从「何? 合言葉か何か?」

(;'∀`)「……おっしゃ、乗ったぜブーン」

( ^ω^)「お?」

(;'∀`)「俺も行くって言ってんだよ」

(*^ω^)b「……おっおっ。話が分かるヤツだお」 グッ

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 18:16:33.54 ID:eqJXawke0
(;><)「ほ、本気なんですか二人とも……」

(*^ω^)「本気も本気。大マジってヤツだお」

(;'∀`)「ヘリカルちゃんとジョルジュはバッチリ連れて帰って来るからな」

(;*゚∀゚)「おい……、アンタら……」

σ(;´^_ゝ^)「んー……」 ポリポリ

(;´^_ゝ^)「よし、行こうか」

(;*゚∀゚)「え?」

(; ^ω^)「……オッサン?」

(;´^_ゝ^)「こんな顔だけど、居ても立っても居られないくらいには焦ってるからね」

(;*゚∀゚)「バ、バカ……。アンタまで……」

(;´^_ゝ^)「って事で、後は頼むよ」

( <●><●>)「はい。無事に逃がすことを約束しましょう」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 18:19:09.36 ID:eqJXawke0
(; ^ω^)「本当に行くのかお、オッサン」

(;'A`)「俺以上にひ弱そうなんだが」

( ^ω^)「それは無い」

(;*゚∀゚)「ヘリカルだけじゃなくて……、アンタまでいなくなっちまったら、私は……」

σ(;´^_ゝ^)「……上手い事言えないけど、大丈夫」 ポリポリ

(;*゚∀゚)「何が大丈夫なもんかよ!」

(;*゚∀゚)))) グラ…

(;'A`)))) グラ…

( ^ω^)「……もう時間もあんまし残ってないみたいだお」

(´・_ゝ・`)「って事で、パパッと行ってしまおう」

(;'A`)「しっかり着いて来いよ、オッサン」

σ(´・_ゝ・`)「60の老いぼれには辛いアスレチックになりそうだ」 ポリポリ

( ^ω^)「じゃあ、後は任せた!」


                  ≡≡≡≡( ^ω^)(;'A`)( ´・_ゝ・) バッ…!


84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 18:22:54.30 ID:eqJXawke0
(;*゚∀゚)「おいッ! アンタ……」

(;><)「ま、マジで行っちゃったんです……!」

川 う-;) グスッ……

( <●><●>)「……ヘリカルちゃんとジョルジュ君の事は彼らに任せて、私たちは逃げる準備を」

(;><)「そ、そうですよね……」ハッ

从'ー';从「泣き止んで~? 頑張ろ~?」

/ ,' 3「ほれ、元気出せい」 

川 う-;)「……ジョルジュ」

/ ,' 3「しっかりせんと。あの眉毛小僧に笑われるぞい」

( <●><●>)「動ける人は錆びついてないボートを探しましょう。一刻を争います」

(;><)「は、はい……!」

川 う-;) グスッグスッ



……

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 18:25:22.41 ID:eqJXawke0
【VIPⅡ 船内】

( ^ω^)「……と、啖呵を切って突っ込んだは良いものの」 タッタッタ

(;'A`)「結構傾いてて走り辛いな……!」タッタッタ

(´・_ゝ・`)「こう、感じが違うと場所も把握しにくいね……」タッタッタ

(; ^ω^)「そもそも、どこを探せば良いものか……」

(;'A`)「ワカッテマスも言ってたけど、子供の動き何て予想出来ないぞ」

(; ^ω^)「オッサン、心当たり無いのかお?」

(´・_ゝ・`)「実は、部屋に戻ったんじゃないかって……」

(; ^ω^)「部屋……」

(;'A`)「オッサン達の客室って事か?」

(´・_ゝ・`)「うん。つーが客室に戻ったと思って、ヘリカルも戻ったのかも知れない」

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 18:28:15.75 ID:eqJXawke0
(; ^ω^)「なるほど……」

σ(´^_ゝ^`)「と、言うよりそれ以外は見当がつかないな……」ポリポリ

(;'A`)「あても無く彷徨ってるって可能性もある訳か……」

(; ^ω^)「ジョルジュはどうやってヘリカルちゃんを探してるんだろう……」

(;'A`)「わからん……」

(; ^ω^)「むむ……」

(;'A`)「とにかく、オッサン達の客室に行こう。ジョルジュもそっちに向かったと信じるしかない」

(; ^ω^)「ジョルジュはオッサンたちの客室知ってるのかお?

(´・_ゝ・`)「知らないだろうね……」

(; ^ω^)「やっぱそうかお」

(;'A`)「でも、意図せずそっちに向かった可能性も無くは無い」

(; ^ω^)「運じゃねぇかお……」

(;'A`)「運しかねぇだろ! 勘でしか動けんぞ!」

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 18:30:13.48 ID:eqJXawke0
(;'A`)「……まずは、オッサンの客室だ。そこから捜索範囲を広げていけば良い」

(; ^ω^)「だったら最初から分散して……」

(;'A`)「この状況で分散なんて出来るか」

(; ^ω^)「……だおね」

(;'A`)「何かあった時の為の三人。一人で対所出来ない事をこなして行かなくてはな」

(´・_ゝ・`)「とりあえず、急ごう。こうしてる間にも、下部は水で浸されてるかも知れない」

(;'A`)「ちなみにオッサンの部屋って……」

(´・_ゝ・`)「下部だよ」

(;'A`)「こうしちゃおれない……」

                       ドムッ!!!!

(((;゚A`)))「……ッ?」ガタガタガタ…

(((; ゚ω゚)))「おっ……」ガタガタガタ…

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 18:32:47.71 ID:eqJXawke0
(;´・_ゝ・)「……縦揺れ?」

(;゚A`)

(; ゚ω゚)「今のは……」

(;゚A`)「何か爆発したぞ」

(; ゚ω゚)「ば、爆発って……」

(;゚A`)「……何が爆発した?」

(; ゚ω゚)「し、知るかお……。荷物じゃねーの?」

(;゚A`)「……この船は、……何で動いてたか」

(;´・_ゝ・)「電気のハズだよ。此処まで大きな客船を動かすのは、ディーゼルエレクトロニクスしかない」

(;゚A`)「……って事は」

(; ゚ω゚)「事は?」

(;゚A`)「発電用のディーゼルじゃねぇだろうな……」

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 18:34:50.92 ID:eqJXawke0
(; ゚ω゚)「ディーゼル……?」

(;゚A`)「いや、ディーゼル自体が爆発とは考えにくい」

(;´・_ゝ・)「……でも、座礁で傷がついてたとしたら?」

(; ゚ω゚)「……どうなるんだお?」

(;゚A`)「何処が破損してたかによる。……気化用のボイラーか? それとも」

(;゚A`) 

(;゚A`)「……何にせよ、霧状の重油に引火したと想定すれば十分にあり得る」

(; ゚ω゚)「よ、良く分からんお。結果どうなるんだお」

(;'A`)「あっという間に火の海だ!!」

(; ゚ω゚) ゾクッ…



……


105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 18:37:11.60 ID:eqJXawke0
【VIPⅡ 船内 下部客室廊下】
  _  
( ゚∀゚) タッタッタ…

               グラッ……
  _  
(; ゚∀゚)))「むおっ……」ヨロッ
  _  
(; ゚∀゚)「……あぶねぇ」
  _  
(; ゚∀゚)「さっきの変な爆発からやけに揺れるようになったぞ……。電気も消えちまったし……」
  _  
(; -∀-)=3 フゥ
  _  
(; ゚∀゚)「急ごう!」
  _  
(; ゚∀゚) タッタッタ……
  _  
(; ゚∀゚)「……何か熱くなって来たな」

                                     パキ……
                       ペキペキ……



112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 18:39:26.86 ID:eqJXawke0
  _  
(; ゚∀゚)「……嫌な音がするぜ。そこの奥からだ」
  _  
(; ゚∀゚) タッタッタ…


从从          从从从ゴォォォ……  从从  从从
  从从从从     从         从从从           从从

  _  
(; ゚∀゚)「……なっ」
  _  
(; ゚∀゚)
  _  
(; ゚∀゚)「んだよこれ……。火の海じゃねぇか……」
  _  
(; ゚∀゚)、「……チッ、引き返すか」

                  オカーサン…
  _  
(; ゚∀゚)「ん?」

*(;‘‘)* ウロウロ…


115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 18:41:18.84 ID:eqJXawke0
  _  
(; ゚∀゚)「あの子は……」

*(;‘‘)* ウロウロ…
  _  
(; ゚∀゚)「……おーい!! ヘリカルちゃーん!!」

*(;‘‘)*そ
  _  
(; ゚∀゚)「な、何やってんだ! 来い! 死ぬって!」

*(;‘‘)*「おかーさんがいるの……」
  _  
(; ゚∀゚)「……は?」

*(;‘‘)*「おかーさん、おへやにいるの」
  _  
(; ゚∀゚)「何言ってんだ……。お母さんなら甲板に……」

*(;‘‘)*っ「ここに……」

*(;‘‘)*っ ガチャッ
  _  
(; ゚∀゚)「お、おい……」

                      ゴオォォォオオオオ!!

Σ*(;‘‘从从从从从从从从

124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 18:43:19.33 ID:eqJXawke0
  _  
(; ゚∀゚)「……え?」

*(;;从「あーーーー!!」
  _  
(; ゚∀゚)「な、なんだぁ……? ドア開けた瞬間に火が……」

*(;;从「熱い!! 熱い!!」
  _  
(; ゚∀゚)「……ヤベぇ!」
  _  
(; ゚∀゚)つ*(;;从 パシパシッ

*(;;)*「えぇぇぇ……」
  _  
(; ゚∀゚)「……あっつ! っつ!!」

。・゚ ゚・*(><)*・゚ ゚・。「ええええええええええええええええええええええんん!!」ビエーン
  _  
(; ゚∀゚)「だ、大丈夫か? 腕が爛れて……」

。・゚ ゚・*(><)*・゚ ゚・。「ええええええええええええええええええええええんん!!」ビエーン
  _  
(; ゚∀゚)「これ、マズいタイプの火傷だよなぁ……」

133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 18:45:21.11 ID:eqJXawke0

              ペキペキ……
                                   パキッ……パキ……

  _  
(; ゚∀゚)「……って、人の心配してる場合じゃねぇかも」


从从          从从从ゴォォォ……  从从  从从
  从从从从     从         从从从           从从

  _  
(; ゚∀゚)「完全に囲まれちまった……」

。・゚ ゚・*(><)*・゚ ゚・。「ええええええええええええええええええええええんん!!」ビエーン
  _  
(; ゚∀゚)つ*(><)* スッ
  _  
(; ゚∀゚)「ほら、こっち来い……」

。・゚ ゚・*(><)*・゚ ゚・。「ええええええええええええええええええええええんん!!」ビエーン
  _  
(; -∀゚)「万事休す……ってヤツですかね」


……

135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 18:47:16.40 ID:eqJXawke0
【VIPⅡ 船内 客室廊下】

(;'A`)「ダメだ! こっちにも火が回ってる!」

(; ^ω^)「……これじゃ下に降りれないお」

(;´・_ゝ・)「思ったより火の勢いが激しい……」

(;'A`)「それに、船の軋み方が尋常じゃない。爆発で大穴があいたぞ、こりゃ」

(; ^ω^) ゴクリ…

(;'A`)「……他を回ろう」

(; ^ω^)「で、でも……、もしかしたら下に居るかも知れないのに」

(;'A`)「この炎の中をどうやって進むんだ?」

(; ^ω^)「それは……」

138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 18:49:23.48 ID:eqJXawke0
(;'A`)「それに、もしかしたら他の場所に居るかも知れないじゃないか……」

(; ^ω^)「……お」

(;'A`)「他を回るしかないんだ。その方が賢明なんだよ!」

(; ^ω^) チラッ…

(;´・_ゝ・)

(; ^ω^)「……ダメだお!」

(;'A`)「ブーン」

(; ^ω^)「どうするんだお! 二人が本当に下に居たら!」

(;'A`)「けどなぁ!」

≡≡≡(; ^ω^) ダッ

(; ^ω^)つ ガチャッ

(;'A`)「お、おい……、そっちは給湯室だぞ」

(; ^ω^)つ「うっせぇお!」

142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 18:51:41.88 ID:eqJXawke0
【VIPⅡ 給湯室】

( ^ω^)つ ベキベキ

(;'A`)「何してんだよ、ブーン!」

(;´・_ゝ・)「……水道管を壊してるんだ」

(;'A`)「え……?」

( ^ω^)つ バキッ

    ブシャァァァァア……

( ^ω^) シャァァ…

(;'A`)「ブーン……、お前まさか水をかぶって突入するつもりじゃ……」

( ^ω^)「そのまさかだお!」シャァァ…

(;'A`)「……アホかよ! 死んじまうぞ!」

146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 18:53:33.77 ID:eqJXawke0
( ^ω^)「だからと言って、あの二人を見殺しにするのかお?」

(;'A`)「ジョルジュやヘリカルちゃんがその下に居るとは限らないだろう!」

( ^ω^)「もし居たらどうするんだお」

(;'A`)

( ^ω^)「居ないかも知れない、で死んじまったらどうすんだお!」

(;'A`)「ブーン……」

( ^ω^)「僕はもう見たくないお、ああやって誰かが悲しむ姿とか誰かが死んじゃってる姿とか! たとえ、それが運命でもだお!」

(;'A`)

( ^ω^)「……それとも、ドクオは見たいのかお?」

(;'A`)「……そ、それは」

( ^ω^)「だったら止めてくれるなお」

153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 18:55:29.46 ID:eqJXawke0
(;'A`)「ブ、ブーン……」

(´・_ゝ・`) シャァァ……

(;'A`)「おい、オッサン。アンタまで水かぶって……」

(´・_ゝ・`)「自分は最初から行くつもりだったからね」

(;'A`)「……マジかよ」

(´^_ゝ^`)「だって、ヘリカルが居ない人生なんて想像が出来ないんだもの」

(;'A`)「ぐ、ぐぐ……」

(;'A`)

(;'A`)「ええい! ままよ!!」シャァァ…

( ^ω^)「ドクオ……」

(;'A`)「……何があっても、絶対に死なせない。カフェでそう言ったろ?」

(*^ω^)「……おっおっ! 流石ドクオ。物覚えが良いお!」

157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 18:57:35.73 ID:eqJXawke0
(;'A`)「よし……。ダッシュすれば大丈夫、大丈夫」 ブツブツ…

(*^ω^)「お前は焼ける肉なんて無いんだから心配すんなお」

(;'A`)「うるせぇ! 覚悟は肉が無くても必要なんだよ!」

(´・_ゝ・`)つ□ シャァァ…

(´・_ゝ・`)つ□「ここから先は直で息をするのも危ないから、ハンカチも濡らしておくと良い」

( ^ω^)「口に当てれば良いんだおね」

(;'A`)「中毒になるとか言うやつか……」

(´・_ゝ・`)つ□「それもあるけど……」

( ^ω^)「けど?」

(´^_ゝ^`)つ□「単純に肺が焼ける」

(; ^ω^)「おっ……」

(;'A`)「詳しいな……」

160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 18:59:12.64 ID:eqJXawke0
(; ^ω^)「あ、確か報知器の点検やってたとか……」

(´^_ゝ^`)「そんなもの、糞の役にも立たないよ。ただのテレビの受け売り」

(; ^ω^)つ□「なんだ……、ちょっと尊敬しかけたのに」 シャァァ…

(;'A`)つ□「まあ、確かに点検業なんて糞の役にも立たなさそうだな」 シャァァ…

(∩^ω^)パシッパシッ

( ^ω^)「よし。準備おっけー」

(;'A`)「……行くか」

(´・_ゝ・`)「行こう。それで、さっさと帰って外の人たちを安心させないとね」

( ^ω^)「その通りだお」

(;'A`)「わざわざ炎の中に突っ込むんだから、皆で生きて帰らないとな」

( ^ω^)「三度目の正直!」

(;'A`)「うしっ!」

163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 19:01:06.05 ID:eqJXawke0
( ^ω^)「では……」 ゴホン…

( -ω-) スゥ…

( -ω-)

(  ゚ω゚)「行くぞおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!」

(;゚A`)「うぉぉおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!」

(´・_ゝ・`)「うお~」


≡≡≡≡≡≡≡≡≡(  ゚ω゚) ウォォォ
≡≡≡≡≡≡≡≡(;゚A`) ウォォォ
≡≡≡≡≡≡( ´・_ゝ・) ウォォォ


(  ゚ω゚)「絶対に死なせるかおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!」

(;゚A`)「絶対に死んでたまるかああああああああああああああああ!!」

(;´・_ゝ・)「今行くからな、ヘリカル!」

……


196 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 19:30:41.02 ID:eqJXawke0
【VIPⅡ 船内 下部客室廊下】


从从          从从从ゴォォォ……  从从  从从
  从从从从     从         从从从           从从

  _  
(; ゚∀゚)

*(><)*「ひっく……、ひっく……」
  _  
(; ゚∀゚)「……ヘリカル。行くぞ」

*(><)*「ひく……、ひく……」
  _  
(; ゚∀゚)「しっかりつかまってろよ。一気に走り抜けるからな」

*(><)* ヒクヒク…

                    ベキベキ……
        パキッ……          パキパキ……
  _  
(; ゚∀゚)
  _  
(;-∀-)「……とてもじゃないけど、無理だ」

200 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 19:32:20.69 ID:eqJXawke0
  _  
(; ゚∀゚)「でも、どうする……? このままここにいたって火あぶりになるだけだぞ……」

                ミシミシ……
                           ミシミシミシミシ
          ミシミシ

  _  
(; ゚∀゚)「なっ……、何だこの音」

                       バキバキバキ……
         バキバキ……!

  _  
(; ゚∀゚)「マズい……! 天井が崩れる!!」

                ガラガラガラガラ!!
                                  ガラガラガラガラ!!

  _  
(; ゚∀゚)つ「危ない、ヘリカル!」 グッ

*(><)*「うぇぇぇぇ……」

205 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 19:34:17.72 ID:eqJXawke0

                  ドンガラガッシャーン!!
                                   ガラガラガラ!!

  _  
(; -∀゚)「くっ……、無事か?」 ズキッ…

。・゚ ゚・*(><)*・゚ ゚・。「……ええええええええええええん!!」ビエーン
  _  
(; -∀゚)「怪我はないな?」
  _  
(; -∀-)=3 ホッ
  _  
(; -∀-)「大丈夫そうだ」
  _  
(; -∀-)
  _  
(; -∀-)「ゴホッ……」
  _  
(; ゚∀゚)「……いよいよ息苦しくなってきやがった」


从从          从从从ゴォォォ……  从从  从从
  从从从从     从         从从从           从从


207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 19:36:22.63 ID:eqJXawke0
  _  
(; ゚∀゚)「……どうする」
  _  
(; ゚∀゚)
  _  
(; ゚∀゚)「どうするどうするどうする!」
  _  
(; ゚∀゚)「……次、どこか崩れたらタダじゃ済まないし、このまま居ても死ぬだけだ!」

                      ベキベキベキ……
                                     バキッ…
  _  
(; ゚∀゚))) ミシッ
  _  
(; ゚∀゚)「……今度は床か?!」

*(><)*))… ミシミシ…

*(><)*「あ、あ……」
  _  
(; ゚∀゚)(まさか、足元……ッ!!)
  _  
(; ゚∀゚)「ヘリカル!! どけっ!」

  _  
(; ゚∀゚)つ≡≡≡*(><)*  ドンッ



212 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 19:38:58.97 ID:eqJXawke0
*(><)*=3 ポテッ…
  _  
(; ゚∀゚))) ミシミシミシ
  _  
(; ゚∀゚)(……一歩でも動いたら崩れるッ)
  _  
(; -∀-)
  _  
(; ゚∀゚)「もうお前一人でも逃げろ!!」

。・゚ ゚・*(><)*・゚ ゚・。「……ええええええええええええん!!」ビエーン
  _  
(; ゚∀゚))) ミシミシミシ
  _  
(; ゚∀゚)「早く!」

。・゚ ゚・*(><)*・゚ ゚・。「ええええええええええええん!!」ビエーン
  _  
(; ゚∀゚)「泣くな! 逃げなきゃ死」


 l l l
 l l l                 ドンガラガッシャーーン!!
 l l l          ガラガラガラ!!
  _  
(; ゚∀゚)「ぬ」 ピュー…


222 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 19:42:19.04 ID:eqJXawke0
(; ゚'ω゚)つ ガシッ
  _  
(; ゚∀゚)つ「……な?」 プラーン…

(; ゚'ω゚)つ「ギリギリセーーーーーーーーーーーーーーーフ!!」 ハァハァ…!
  _  
(; ゚∀゚)つ「ア、アンタ……」 プラーン…

(;'A`)「おい、ブーン! 凄い音が……」

(;゚A゚)「……って大丈夫かーーーーーー!!」 ヌォォ!!

(; ゚'ω゚)つ「大丈夫じゃねぇお!! 早く引き上げてくれお!!」 ハァハァ…!

(;゚A゚)「わかった! 頑張れ!」
  _  
(; ゚∀゚)つ「……何でこんな所に?」 プラーン…

(; ゚'ω゚)つ「三度目の正直!!!」
  _  
(; ゚∀゚)つ「……は?」 プラーン…

232 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 19:45:12.52 ID:eqJXawke0
:::(;゚A゚)つ:::「ぬお~……、重いぃ~……」 オリャー…

(; ゚'ω゚)つ「頑張れヒョロガリ!」

:::(;゚A゚)つ:::「ヒョロガリにこの作業は酷だ!!」ウーン…


(;´・_ゝ・)「ヘリカル!」

。・゚ ゚・*(><)*・゚ ゚・。「おとーーーーさーーーーーん!!」ビエーン…

(;´^_ゝ^)「お~、よしよし。良く頑張ったね」

。・゚ ゚・*(><)*・゚ ゚・。「ええええええええええええええええええええええんん!!」ビエーン

(;´^_ゝ^)「……この火傷、傷になっちゃうかも。ゴメンね」

:::(;゚A゚)つ:::「おっさ~~~~ん!! こっち手伝ってくれ~~~!」 ウーン…

(;´・_ゝ・)「……分かった! 今行く!」

*(><)*っ ギュッ

(;´・_ゝ・)「ヘリカル、もう離れちゃだめだよ」

239 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 19:48:38.64 ID:eqJXawke0
::(;゚A゚)つ::「ぬぅぅおおおおおお!!」 プルプル…

(;´・_ゝ・)つ「がんばれ、我が60肩!」

(; ゚'ω゚)つ「ジョルジュ! しっかり力入れろお!」
  _  
(; ゚∀゚)つ「わ、分かってるよ!!」

(; ゚'ω゚)つ「あともうちょっとだお! 頑張れ!」
  _  
(; ゚∀゚)つ「頑張ってるヤツに対して頑張れって言っちゃいけないんだぞ!」

(;´・_ゝ・)つ「減らず口を叩ける余裕があるなら大丈夫だ!」
  _  
(; ゚∀゚)つ「……けどよ」

(; ゚'ω゚)つ「お?」
  _  
(; ゚∀゚)つ「実は、さっき天井落ちた時に怪我しててさ」 ズキズキ…

(; ゚'ω゚)つ「……おい! 大丈夫かお!」
  _  
(;-∀゚)つ「力が入らね~」 ズルッ…

245 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 19:51:24.85 ID:eqJXawke0
(; ゚'ω゚)つ「ドクオ! おっさん! 早く引き上げてお!」

::(;゚A゚)つ::「そぉぉぉおおおおおい!!」 プルプル…

(;´・_ゝ・)つ「くぉぉ~……」 グヌヌ…
   _  
(((; ゚∀゚)つ「も~ヤバイ……」 ズルッ…

(; ゚'ω゚)つ「諦めんなお! クーさんが待ってるお!」
   _  
(((; ゚∀゚)つ「あ~……クー……。死んだら怒るかなぁ」 ズルッ…

(; ゚'ω゚)つ「もうブチ切れだお! 天国まで追ってくるお!」
   _  
(((; ゚∀゚)つ「そいつは怖いや……」 ズルッ…

(; ゚'ω゚)つ「だから踏ん張れお! まだクーさんのおっぱいも拝んでねぇんだろ?!」
  _  
(; ゚∀゚)つ「拝むまでは死ねないよなぁ……」

(; ゚'ω゚)つ「だったら、その位の運命変えて見せろおぉぉおおおおおおお!!」グイグイグイグイ!

::(;゚A゚)つ::「おぉぉぉおおおおおおおおおおお!! 頑張れブーン!!」グイグイグイグイ!

(;´-_ゝ・)つ「よしっ、イケるぞ……!」グイグイグイグイ!

258 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 19:56:18.07 ID:eqJXawke0
(; ゚'ω゚)つ「おっしゃあ! 今だお! 足使えお!」
  _  
(; ゚∀゚)「っそい!!」 ダンッ
      _  
≡≡≡(;-∀-)  ズサー…

(; ゚'ω゚) ハァハァ…
  _  
(;-∀゚) ハァハァ…

(; ´ω`)「……良かったお~」ヘナヘナ…
  _  
(; ゚∀゚)「サ、サンキュー……」

(;'A`)「サンキューじゃねぇよ……。本当に……」 ヘナヘナ…

(;´-_ゝ・)「……とにかく、これで全員無事だ」

*(><)*「ひっく……ひっく……」

(; ´ω`)「そんじゃあ、後は逃げるだけかお……」


从从          从从从ゴォォォ……  从从  从从
  从从从从     从         从从从           从从


(;'A`)「このどうしようもねぇ炎の中からな……」

262 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 19:59:37.75 ID:eqJXawke0
(; ´ω`)「どうするかお……。さっきみたいに全力で駆け抜ければ……」

(;'A`)「コゲ死にそうになったじゃねぇか」

(;´-_ゝ・)「でも、それ以外に方法は無い」

(;'A`)「……あと、どうも床も柔くなって来てる。本当にマズい状況だぞ」 ジカンガナイゼ

(;´・_ゝ・)「きっと、燃えやすい塗装を使ってるんだ……。思ってる以上に熱にやられてるね」

(;'A`)「それだけじゃない。さっきの爆発で船内がぶっ壊されてバランスも悪くなってる。そこらじゅうで船体の悲鳴が聞こえるぜ」

(; ´ω`)「じゃあ、さっさと海にダイブするお。そうすりゃこの炎からは抜け出せるお」

(;'A`)「アホか。重油の流れ出た海に飛び込もうなんて自殺行為だ」

(; ´ω`)「お?」

(;'A`)「失明じゃ済まされないぞって言ってんの!」

(; ´ω`)「……だったらどうすんだお」 ショーン

(;'A`)「どうするも糞もねぇさ。ここまで来ちまったら答えは一つ」

(;´-_ゝ・)「全力のダッシュかな」

(;'A`)「しかねぇだろ」

267 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 20:02:49.37 ID:eqJXawke0
(; ^ω^)「よし……、やったるか」

(;'A`)「ただ、さっきより炎は広がってる。どうなるか分からんぞ」

(; ^ω^)「ぐぬぬ……」

(;´-_ゝ・)「走れるかい、ジョルジュ君」
  _  
(; ゚∀゚)「お、おっけー……。頑張るよ」

(;´-_ゝ・)「……それと、一つ」

(; ^ω^)「お?」

(;´-_ゝ・)「分かってると思うけど、大階段みたいな吹き抜けは絶対に使っちゃダメだからね」

(; ^ω^)「何でだお?」

(;'A`)「黒煙で一杯だぞ。煙突の役割になっちまってんだ」

(; ^ω^)「じゃ、じゃあ……。走ったってどうにもならなくね?」

(;'A`)

(;'A`)「どうすっかなー」

(; ^ω^)「おいっ。考えれば考えるほどダメじゃねーか!」

271 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 20:05:48.43 ID:eqJXawke0
(;´-_ゝ・)「どっかの客室から窓を割って、よじ登るしかない。んでもって、助けを呼ぶ」

(; ^ω^)「マ、マジで?」

(;´-_ゝ・)「傾きもあるし、そこまで苦じゃないハズかと」

(;'A`)「もし、思ってる以上に火の回りが激しくてよじ登れなかったら……」

(;´^_ゝ^)「死ぬしか無いなぁ」アッハッハ…

(; ^ω^)「言い切りやがった!」
  _  
(; ゚∀゚)「……ま、でもやる事は分かったぜ」

(; ^ω^)「おっ、居たって単純。全力で逃げ切る事」

(;'A`)「出来るか?」

(; ^ω^)「やるしかねぇんだお」
  _  
(; ゚∀゚)「うっし……」

(; ^ω^)「特に、お前! 死ぬんじゃねぇお!」
  _  
(; ゚∀゚)「何か良く分かんないけど、三度目の正直ってヤツだろ?」

(; ^ω^)「いぇあ」

277 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 20:10:05.26 ID:eqJXawke0

从从          从从从ゴォォォ……  从从  从从
  从从从从     从         从从从           从从


(∩^ω^) パシパシ…

( ^ω^)「では、準備はよろしいかな」

(;'A`)「任せろ。小学校の頃ゾンビと呼ばれてた俺に死と言う文字は無い」

*(><(;´・_ゝ・)「ヘリカル、しっかりつかまってるんだよ」
  _  
(; ゚∀゚)「ちゃんと帰って来たら、クー喜ぶかなぁ……」

( ^ω^)「当たり前だお。全力ダッシュして、僕が客室のドアをぶち破って、船体よじ登って、助けて貰って、ハッピーエンド。これで決まりだお」

(;'A`)「そんなにうまく行くかねぇ……」
  _  
(; ゚∀゚)「でも、やるっきゃないね」

( ^ω^)「うし、それでは……」

( -ω-) スゥ…

( -ω-)

(  ゚ω゚)「行くおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!」

279 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 20:12:36.57 ID:eqJXawke0
(;'A`)「っしゃおらああああああああああああああああ!! こうなりゃヤケだあああああああああああああ!!」

*(><(;´・_ゝ・)「待ってて、つー……」
  _  
(; ゚∀゚)「うぉおおおおおおおおおお!!」

(  ゚ω゚)「三度も同じこと繰り返させるかおおおおおおおおおおおおおおおおお!!」

                _  
≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡(; ゚∀゚) ウォォォ
≡≡≡≡≡≡≡≡≡(  ゚ω゚) ウォォォ
≡≡≡≡≡≡≡≡(;゚A`) ウォォォ
≡≡≡≡*(><( ´・_ゝ・) ウォォォ

(  ゚ω゚)「全速前進ーーーーーーーーーーー!! これで本当にお終いだおおおおおおおおおおおおおおおおお!!」

(;゚A`)「アヘッド!! アヘッド!!」

                      ベキベキベキッ!! 
                                       ドンガラガッシャーン!!

(; ゚ω゚)「ぎゃあああああああああああいきなり天井が落ちてくるうううううううううう!!」

(;゚A`)「ぬおおおおおおおおおおおおおお!!」

……

282 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 20:14:39.89 ID:eqJXawke0

























.

287 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 20:16:51.66 ID:eqJXawke0
【救難ボート】

(;><)「す、すごい炎なんです……」

从'ー';从「火って、あんなに燃え広がるモノなの?」

( <●><●>)「……今何時ですか?」

(;><)「十二時を回ったところなんです……」

( <●><●>)「……彼らが入ってから一時間以上経ってますね」

(;><)「大丈夫なんですか、ブーン君たちは……」

/ ,' 3「なんじゃなんじゃ。もっと大人しく待っとれ」

(;><)「無理言うななんです! ソワソワしてしょうがないんです!」

川 ; -;) ポロポロ…

(*‘ω‘ *)「クーちゃん……」

从'ー';从「……絶対帰ってくるよぉ~。泣かないで~」

289 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 20:18:33.59 ID:eqJXawke0


                 ギギギギッ……


从'ー';从「……な、何の音?」

( <●><●>)「船が大きく傾きました……。転覆寸前ですね……

(;><)「マズイですよマズイですよ……」

( <●><●>)「海上保安隊も待機してる状態です。とても中には入れないんでしょう……」

川 ; -;) ポロポロ…

(*゚∀゚)「泣くなって」

川 ; -;)「だ、だって……」

(*゚∀゚)「絶対帰ってくる」

川 ; -;)「そんなの、わからない……」

(*゚∀゚)「良いから。絶対帰って来るんだよ」

川 ; -;) グスッグスッ…

294 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 20:20:26.63 ID:eqJXawke0
川 う -;)「……でも」

(*゚∀゚)「でもじゃねぇ。そんな泣かれたら、私だって挫けるだろうが」

川 う -;) グスッグスッ

( <●><●>)「……救助船が誘導してます。私たちも回収されましょう」

(;><)「見捨てちゃうんですか?」

( <●><●>)「この心許ないボートの上で無事を祈るより、救助船で無事を祈った方が安全だと言ってるんです」

(;><)「うむむ……」

( <●><●>)「それに、乗ってるのは私たちだけじゃありませんから」

从'ー';从「……そうだよね」

/ ,' 3「わしゃ、ウンコがしたい」 ケロッ

(;><)「ジジイは黙っててなんです!」

299 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 20:23:01.00 ID:eqJXawke0
/ ,' 3

/ ,' 3「……おや?」

从'ー';从「どうしたの?」

(;><)「まさか、漏らしたんじゃ……」

/ ,' 3「ほれ。あそこ。船のてっぺんの方」

从'ー';从「え……?」

( <●><●>)「……ほう」

(;><)「どうかしたんですか?」

( <●><●>)σ スッ


(;;;;;;;;ω;;) ヌッ…


(;><)

(;><)「……ん?」

310 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 20:24:42.38 ID:eqJXawke0
从'ー';从「……ク、クーちゃん、クーちゃん!」

川 ; -;) グスッグスッ…

从'ー';从「ほら! あそこ! ほら! テッペン!」

川 ; -;)「え……?」


(;;;;;;;A;;) ヌッ…


(;*‘ω‘)「煙で良く見えないっぽ……」

(;><)「……で、でも確かに人影が見えるんです!」

/ ,' 3「目ん玉ほじくり返して良く見んかい!」

川 う-;) グシグシ…

(;><)「むむ……!」

318 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 20:27:05.05 ID:eqJXawke0
【燃えるVIPⅡ デッキ7側面】

(;;;;;;゚ω゚)ノシ「お~~~~~~~~い!!お~~~~~~~い!!」

(;;;;;゚A`)ノシ「ここだーーーーーーー!! 助けてくれーーーーーーー!!」

(;;;;;;゚ω゚)ノシ「そこのヘリ!! ここだお~~~~~~~~~!!」

*(><(;;;;;;;´・_ゝ・)「お~~~~~~~~~~い!!」
   _  
(;;;;;゚∀゚)ノシ「うおぉぉおおおおおいいいいい!!」

(;;;;;;゚ω゚)ノシ「死にかけなんだから早く助けて~~~~~~!!」
   _  
(;;;;;゚∀゚)ノシ「ゲホッゲホッ!!」

(;;;;;;゚A`)ノシ「助けて~~~~~~!!」

(;;;;;;゚ω゚)ノシ「まさか、出港時にしなかったお~~~~~~~~いを此処でするハメになるとは……」

(;;;;;;゚A`)ノシ「ドラマチックでいいじゃねぇか!」

(;;;;;;゚ω゚)ノシ「どこがドラマチックかお!」

329 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 20:30:13.64 ID:eqJXawke0
【救難ボート】

从'ー';从「ほら……、みんないるよ!」

(;><)「本当なんです! ジョルジュ君も、ヘリカルちゃんも無事なんです!」

川 ; -;)「……無事?」

从'ー';从「無事だよ! ちょっとコゲてるけど、みんな無事だよ!」

( <●><●>)「……どうやら、心配損だったようですね」

/ ,' 3「ほっほっほ。元気に手なんか振っとるわい」

川 ; -;)

川∩-∩)「うっうっ……」ポロポロ…

从'ー';从「あはは……、泣け泣け」

(;*゚∀゚)=3 フゥ…

(;*゚∀゚)「……本当に良かった~~」 ヘナヘナ…

( <●><●>)「あら。全然動じてないと思ってたのに」

(;*゚∀゚)「旦那と子供が火の中にいて動じない嫁がどこにいんだよ……」

335 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 20:34:06.90 ID:eqJXawke0
                   バババババッ……

(*><)「ヘリコプターが向かって行くんです!」

/ ,' 3「まーったく。散々なクルーズ旅行だったのう……」

( <●><●>)=3「何よりも、彼らが生きていて良かったです」 ホッ…

(*‘ω‘ *)「あんまり心配してた風には見えないっぽ」

( <●><●>)「ニヒルなんです。これでも胸が震えてます」

(*゚∀゚)「ほら、生きてたんだよ。泣き止め泣き止め」

川∩-∩) メソメソ

从'ー'从「泣かしてやんなよ~」

(;*゚∀゚)「だって、私もベソ掻いちゃいそうになるだろ……」

/ ,' 3「そんな事より、見なさい。あの勇敢な男たちの姿を」


(;;;;;;゚ω゚)つ ヒィヒィ


( ><)「ヘリにつかまる姿がへっぴり腰でダサいんです」

……

338 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 20:36:52.65 ID:eqJXawke0
【救助船にゅうそく ヘリポート】

                バババババババ……

(;;;;;;゚ω゚) ヒィヒィ…

(;;;;゚A`)「……嘘みてぇだ。生きてやがる」

(;;;;;;´ω`) ヘナヘナ……

(;;;;;;´ω`)「やっぱ無理はするもんじゃないお~……」
   _  
(;;;;;゚∀゚)「ハァハァ……」

*(><(;;;;;´^_ゝ^)「今でも信じられないなぁ……」

(;;;;;;´ω`)「……どうだお、ジョルジュ」
   _  
(;;;;;゚∀゚)「え?」ハァハァ…

(;;;;;;´ω`)「無事に船から脱出出来た気分は」
   _  
(;;;;;゚∀゚)「……何か良く分からないけど、最高な気がする」

(;;;;;;´ω`)「聞いたかお、ドクオ。最高だってお」

342 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 20:39:21.90 ID:eqJXawke0
(;;;;'A`)「ああ、聞いたぜ……」

(;;;;;;´ω`)「おっおっ……。これが三度目の正直」
   _  
(;;;;;゚∀゚)「その意味は良く分かってねぇけどな……」

(;;;;;;´ω`)「分かんない方が良いお。とりあえず、僕に感謝しろお」
   _  
(;;;;;゚∀゚)「感謝します、ブーンさん」

(;;;;;;´ω`)「よきに計らえ」

*(><(;;;;;´^_ゝ^)「ブーン君はジョルジュ君を助けるのにかなりこだわりを持っていたからね」
   _  
(;;;;;゚∀゚)「……そうなのか?」

(;;;;;;´ω`)「こだわりの理由を知りたいかお?」
   _  
(;;;;;゚∀゚)「そりゃ、まあ……」

(;;;;;;´ω`)σ

(;;;;;;´ω`)σ「あれが理由」

349 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 20:44:24.84 ID:eqJXawke0
川 ; -;)

川 ; -;)「……ジョルジュ」
   _  
(;;;;;゚∀゚)「……クー」

川 ; -;)

≡≡≡川 ; -;) ダッ

                  _   
         川 ; -;)つ(゚∀゚;;;;;) ギュッ…


川 ; -;) ギュ‐…
   _  
(;;;;;゚∀゚)「お、おい……」

(;;;;;;´ω`)「ね? 上等な理由だお?」

(;;;;'∀`)「これが無かったら、ここまで出来なかったぜ……。つーか、バレたら退学じゃなかったのかよ……」

(;;;;;∩ω∩)「……このまま見続けると歯がゆくなるので、見ないようにしましょうお」

(;;;∩A∩)「悲しい童貞の属性だな」

355 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 20:47:08.39 ID:eqJXawke0
   _  
(;;;;;゚∀゚)「ク、クー……」

川 ; -;)「お前……、バカだよ……」
   _  
(;;;;;゚∀゚)「ゴメンなー……」

川 ; -;)「私がどれだけ心配したと思ってんだ……っ」
   _  
(;;;;;゚∀゚)「あ、あはは……、顔見れば分かるよ」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                   ( ^ω^)ブーンは豪華客船に乗り込むようです

                             エンディング


                                    エンディングテーマ:岡村孝子「ジュ・テーム」
                                        http://www.youtube.com/watch?v=FQpm-vlSKOA

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

川 ; -;) ギュッ…
   _  
(;;;;;゚∀゚)「分かったから……。もう泣き止めって、な?」

川 ; -;)「うるさい……っ」

366 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 20:49:22.14 ID:eqJXawke0
(;;;;;∩ω∩)「でも、この瞬間の為に頑張ったんだから、見なきゃ損な気がしないかお?」

(;;;∩A∩)「する」

(;;;;;^ω∩) チラッ

(;;;'A∩) チラッ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                 メイン
 
                     ( ^ω^) ブーン:内藤ホライゾン(ニュース速報VIP)

                         ('A`)  ドクオ:毒男(独身男性板)

                     川 ゚ -゚) クー:素直クール(ふたばちゃんねる)
                     _  
                   ( ゚∀゚) ジョルジュ:ジョルジュ長岡(風俗全般板、ニュース速報VIP)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      _ 
リ川川 ´) ゚ ) ブッチュー…

(;;;;;^ω∩)

(;;*;∩ω∩) ポッ

376 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 20:51:20.50 ID:eqJXawke0
( ><)σ「あ~~~~~!! アイツら、チューしてるんです!」

( <●><●>)「童貞には刺激が強すぎますかね」

(;><)「どどど、童貞ちゃうわ!」

( <●><●>)「どう思います?」

(*‘ω‘ *)「童貞に決まってるっぽ」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                              サブ
   
                ( ><) ビロード:わかんないです(クイズ雑学板)

              ( <●><●>) ワカッテマス:わかってます(ニュース速報VIP)
 
                (*‘ω‘ *) ちんぽっぽ:ちんぽっぽ(ニュース速報)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(;><)「なんなんですか! この流れは! 生還したのに生きた心地がしないんです!」

( <●><●>)「お得意のポエムはやらないんですか? 少し期待してたのに」

(*‘ω‘ *)「実は今までのヤツ書き留めてたっぽ」

( ><)「えっ。身近にファンがいた」

383 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 20:53:26.96 ID:eqJXawke0
(;;;;;´^_ゝ^)「やあ」

(*゚∀゚)「やあ、じゃねぇ……、バカちんが……」

(;;;;;´^_ゝ^)「はい。ごめんなさい」

*(><)*「おか~~~さ~~~~ん!!」

(*゚∀゚)「おーよしよし……。怖かったな……」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                サブ

                 (´・_ゝ・`) デミタス:盛岡デミタス(ニュース速報VIP)

                       (*゚∀゚) つー:つー(モナー板)

                   *(‘‘)* ヘリカル:ヘリカル沢近(ニュース速報VIP)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(*゚∀゚)「おい……、ヘリカル腕が……」

(;;;;;´・_ゝ・)「そうだった」ハッ

(;*゚∀゚)「そうだった、じゃねぇ!! バカたれ!」

388 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 20:55:42.46 ID:eqJXawke0
从'ー';从「全くも~、心配させないでよねぇ~」

(;;;;'∀`)「ナベちゃ~~ん」

从'ー';从「次心配させたら怒るから!」

(;;*;'∀`)「えっ、次があるの……!」

(;;;;;;´ω`)「何でコイツはこんなに元気になれるだお……」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                サブ

                从'ー'从 渡辺 鍋子(渡辺 美咲):渡辺さん(ニュース速報VIP)


                   / ,' 3 荒巻:荒巻スカルチノフ(ニュース速報VIP)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

/ ,' 3「ほっほっほ、トンだ痛い目を見たのう」

(;;;;;;´ω`)「全くだお」

/ ,' 3「さーて、ちゃんと責任は取らせんとの……」

(;;;;;;´ω`)「……?」

396 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 20:57:57.00 ID:eqJXawke0
川 ; -;)つ ギュッ…
  _  
(;;;;゚∀゚)「いつまでやってんだよ。汗だくで臭ぇだろ、俺」

川 ; -;)つ「そんな事ない……」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                登場船舶

          一章   RMS Titanic(タイタニック)  全長 269.1 m  全幅 28.2 m  
                      1912年4月15日海没  原因:氷山への衝突
                                               所有:ホワイト・スター・ライン(消滅)

          二章  Andrea Doria(アンドレア・ドーリア)  全長 213.4 m  全幅 27.5 m
                      1956年7月25日海没  原因:他船舶との衝突
                                               所有:イタリアン・ライン(消滅)

          三章  VIPⅡ(ヴィップ・ツー)※架空(参考:ボイジャー・オブ・ザ・シーズ)  全長 311.1 m  全幅 48.0 m
                 2012年6月3日全焼  原因:座礁による船体の破損、それに伴うディーゼルエンジンの大きな損傷
                                               所有:嫌儲郵船(消滅)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

川 ; -;)つ「……ずっと、こうしていたかった。50年も、100年も前からこうしてたかった気がするんだ」
  _  
(;;;;゚∀゚)「なんだよそれ、大げさだなぁ」

川 ; -;)つ「大げさなもんか……」

410 名前: ◆24es8un4MA :2012/06/03(日) 21:00:31.72 ID:eqJXawke0
(;;;;;;´ω`)=3「……ドクオ」 フゥ…

(;;;;'A`)「あ……?」

(;;;;;;´ω`)「僕、もう船はこりごりだお……。つーか、本気出し過ぎて辛い」

(;;;;'A`)「実は俺もだ」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                かいたひと

                              ◆24es8un4MA

                            好きな食べ物:おすし
                            好きな飲み物:みりん
                        好きなハサウェイ:アン・ハサウェイ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(;;;;;;´ω`)「もう、絶対船には乗らないお……。50年経っても、100年経っても」

(;;;;'A`)「俺も乗らない……。今度は安全に空の旅と行こうぜ……」


……


419 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 21:02:22.21 ID:eqJXawke0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




                     ( ^ω^)ブーンは豪華客船に乗り込むようです



                             みてくれてありがとう





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





                                                / ,' 3「もうちっとだけ続くんじゃ」

430 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 21:04:25.95 ID:eqJXawke0

                                      ☆資料と補足☆


【座礁したシー・ダイヤモンド】
http://www.travel-to-santorini.com/topics_images/25.jpg

2007年7月6日座礁。ギリシャ所有。
離礁に成功したが、その後沈没した。行方不明者も出ており、座礁と言う聞こえは大したこと無さそうだが、非常に大きな海難事故である。

【座礁したコスタ・コンコルディア】
http://images.nationalgeographic.com/wpf/media-live/photos/000/471/cache/costa-concordia-off-coast_47180_600x450.jpg

有名な豪華客船で、2012年1月13日、ティレニア海で座礁・転覆事故を起こした。
力なく倒れるコスタ・コンコルディアから大量の重油があふれ出し、それも問題となった。

【コスタ・コンコルディアの船底】
http://www.waypointmagazine.com/sites/default/files/u6/concordia.jpg

大きく傷ついた船底が見て取れる。
それが大きな原因となり、転覆した。また、船長は客を置き去りにして真っ先に逃げた事も有名である。

433 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 21:05:20.37 ID:eqJXawke0
【飛鳥2】
http://www.asahi-net.or.jp/~mf4n-nmr/asuka1/asuka01s.jpg

日本が誇る最大のクルーズ客船、飛鳥2。
収容人数、大きさ等は外国の企業のフラッグに劣るが、それでも誇れる性能を持っている。

【オアシス・オブ・ザ・シーズ】
http://file.sikaotakeo.blog.shinobi.jp/Oasis_of_the_Seas_1.jpg

世界最大の客船。海に浮かんだ一つの街である。
最大6300名の収容を可能とする、とんでもない豪華客船だ。金さえあれば乗れるぞ。

【ヤーマス・キャッスル(上)と燃え盛るヤーマス・キャッスル(下)】
http://www.bbc.co.uk/blogs/adamcurtis/ycastle.JPG

海上で火災にあった船である。最終的にボイラーが爆ぜて沈没した。
地獄のような光景と、その死傷者の数から当時は騒がれたが、今ではあまり知られていない。
海面が沸騰しているのを何人もの人が見ており、蒸気の咆哮が響き渡るなど、人々を畏怖させた。



……

439 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 21:06:50.17 ID:eqJXawke0
【その後】

('A`)「ブーン、ほれ見てみろ」

('A`)つ│三│ ガサッ

( ^ω^)「おっ。新聞かお?」

( ^ω^)つ│三│ ヨミヨミ…

( ^ω^)つ│三│「あっ……、VIPⅡの記事が載ってる」

('A`)「写真見てみな」

( ^ω^)つ│三│「写真……」


       【(;;;;;;゚ω゚)ノシ】


(; ^ω^)つ│三│「うーわ、ひっでぇ顔だお」

('∀`)「傑作だろ」

447 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 21:09:04.30 ID:eqJXawke0
(; ^ω^)つ│三│「撮るならもっとカッコよく撮って欲しかったお……」

(; ^ω^)つ│三│ ヨミヨミ…

( ^ω^)つ│三│「おっ……。嫌儲郵船買収?」

('A`)「まー、あんだけの大事故を起こした上に、船長も吊し上げられたしなぁ。そりゃこうなる」

( ^ω^)「シビアだお~……」

('A`)「……でよ、買収したのは誰だと思う?」

( ^ω^)「誰? 会社とかじゃないのかお?」

('A`)「良く読んでみろ」

( ^ω^)つ│三│ ヨミヨミ…

(; ^ω^)つ│三│「……元荒巻グループ会長。それって、あのクソジジイの事かお?」

('A`)「おう。そうだな」

455 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 21:11:22.52 ID:eqJXawke0
(; ^ω^)つ│三│「なになに……、今後はフラッグシップを病院船に作り変え……アフリカを中心に……?」

('A`)「どうも、嫌儲郵船を慈善企業にしようとしてるらしい」

(; ^ω^)つ│三│「ジジイのマネーパワーハンパねぇ……」

('A`)「あと、もう一つ。驚くことが判明した」

(; ^ω^)「なんだお?」

('A`)「それが、嫌儲郵船って荒巻グループの一部だったんだ」

(; ^ω^)「おっ……。そうなのかお?」

('A`)「そのお蔭で、荒巻グループ全体にもダメージが及んでる」

(; ^ω^)「うわー……。かわいそー……」

('A`)「そして何よりも、今の荒巻グループのトップは言うまでもない、あのクソジジイの息子なんだよ」

(; ^ω^)「……え? でも、あのクソジジイって会長の座から無理やり落とされたんじゃ」

('A`)「クソジジイを陥れたのが、実の息子だ」

( ^ω^)「えげつねー……」

460 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 21:13:28.47 ID:eqJXawke0
('A`)「ま、そんなこんなで嫌儲郵船を筆頭に様々な企業の買収を始めてるらしい」

( ^ω^)「ジジイがかお?」

('A`)「ああ。特に荒巻グループの息がかかってる企業をな」

(; ^ω^)「荒巻グループを潰すつもりかお……」

('A`)「それがあの時言ってた、責任を取らせるってヤツだろうな。90のジジイなのに元気だぜ」

(; ^ω^)「やはりジジイはタダモノでは無かったのだ」

('A`)「ジジイ、恐るべし」

(; ^ω^)つ│三│「人は見かけによらないとは、この事……」ヨミヨミ

( ^ω^)つ│三│「あ」

('A`)「どした?」

( ^ω^)つ│三│「渡辺鍋子、アイドル引退」

('A`)

(;A;)「思い出させるな、思い出させるな」オヨヨヨヨ…

469 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 21:15:49.07 ID:eqJXawke0
(;^ω^)「何も、泣くこと無いお……」

(;A;)「こんな悲しい事件ないだろ……」

( ^ω^)「でも、ライブハウスで音楽活動を続けるんだお?」

(;A;)「そうだが……」

( ^ω^)「じゃあ、良いじゃないかお。きっと、違う方面で活躍していくんだお」

('A`)「ちなみに、実はもうライブハウスでナベちゃんの歌を聴きに行ったんだ」ケロッ

( ^ω^)「早っ」

('A`)「またサイン貰っちった」 ニマイメ

( ^ω^)「実は僕も貰ってたんだお。客船で」

('A`)「えっ、意外とちゃっかりしてるなお前」

( ^ω^)「部屋に飾ったら、友達が来た時に話題になるかなって。お前しか友達いないけど」

('A`)「ブーン……。俺もだよ……」


477 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 21:17:54.29 ID:eqJXawke0
( ^ω^)「あ、そうそう」

('A`)「ん?」

( ^ω^)「こないだ、つーさんからメールが来たんだお」

('A`)「なんだって?」

( ^ω^)「ヘリカルちゃん、無事に元気になったって」

('∀`)「おお……、そいつは良かった」

(*^ω^)「傷も最低限に抑えられたらしいお」

('∀`)「女の子だもんな、目立たない方が良い」

(*^ω^)「あと、ワカッテマスたちの薬も正式に発表されたし……」

('∀`)「みんな、それぞれの道を歩いてるんだな……」

( ^ω^)「それに比べ、僕たちと来たら」

('A`)「言うな。俺だって苦しい」

483 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 21:20:04.07 ID:eqJXawke0
( ^ω^)「さて……。僕はそろそろお暇するお」

('A`)「おう。気を付けて帰れよ」

( ^ω^)「……あのさ、ドクオ」

('A`)「ん?」

( ^ω^)「ジョルジュとクーさんのその後、聞きたい?」

('A`)「まあ、聞きたいかな」

( ^ω^)「僕も聞きたいお」

('A`;)「何だよ、知らねぇのかよ」

(; ^ω^)「あんまり詮索するのは野暮かなーって」

('A`;)「そりゃ野暮だけどよ……」

(; ^ω^)「けど、気になって気になって夜も眠れないお」 ゴクリ…

('A`;)「そんなに気になるなら聞いちまえよ」

(^ω^;三;^ω^)「出来ない、出来ない」ブンブン

('A`;)「シャイボーイか」

487 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 21:22:15.63 ID:eqJXawke0
( ^ω^)「直接二人を前にすれば聞けるんだけどなぁ」

('A`)「つっても居場所が分からんから、どうとも……」

( ^ω^)

( ^ω^)「……これは冗談なんだけど」

('A`)「?」

( ^ω^)「もう一回何かに乗れば、会えるんじゃね?」

('A`)

( ^ω^)

('∀`)「はははははは……。笑えんジョークだ!」

(*^ω^)「だおね、ゴメンお!」

('∀`)「あははははははは……」

(*^ω^)「おっおっおっ……」



……

496 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 21:23:54.57 ID:eqJXawke0
【翌日 東京にて】

(*^ω^)「おっおっ。買っちゃったお! 買っちゃったお!」

(*^ω^)「疲れた気持ちには、大金を叩くのが一番効くお~……」

( ^ω^)「……お?」


    [開店50周年記念福引 一万円以上のレシートで一回]


( ^ω^)「およ。この店もやってるのかお……」

( ^ω^)

( ^ω^)「PS vitaがある……ッ」

( ^ω^)「うっしゃ!」

( ^ω^)b グッ

506 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/03(日) 21:25:40.22 ID:eqJXawke0
( ^ω^)「すんません、これで一回お願いしますお」

( ^ω^)つ□ スッ

( ^ω^)

( ^ω^)つ「よーし……」

( ^ω^)つ ガラガラガラ……

( ^ω^)つ コロン……

( ^ω^)つ「……金の玉」

                    カランカラン!! カランカラン!!

( ^ω^)「……え? 一等?」

( ^ω^)「豪華ジャンボジェットで行く、南米ブラジルの旅……?」

( ^ω^)

( ^ω^ )


                         ( ^ω^)ブーンは豪華客船に乗り込むようです  おしまい

524 名前: ◆24es8un4MA :2012/06/03(日) 21:27:51.30 ID:eqJXawke0
お、終わった……。
みんな読んでくれてありがとう……。
支援のおかげで最後まで投下できました。疲れたー。

では、また会いましょう。次の投下はいつになるかな~、社畜は辛いな~。
ほいじゃ、ばいぶー。

コメント
最高だった
物語はハッピーエンドが好きだ!
最高に愉快だった!
[2012/07/16 00:46] URL | ナナシさん #- [ 編集 ]


(;ω;)イイハナシダオー

こーゆー作品があるからブーン系は止められませんな♪
[2012/10/06 12:14] URL | 迎撃しすてむΣ(・ω・) #TY.N/4k. [ 編集 ]


おもすれー
この人の他の話も探してみるかな
[2012/10/14 15:00] URL | #- [ 編集 ]

感動
長い映画を見ていた気分(良い意味で)
感動した
ありがとう管理人
ありがとう作者
[2014/08/08 03:30] URL | 匿名 #- [ 編集 ]


おもしろかった
[2016/01/13 16:37] URL | #ZKEs3CJw [ 編集 ]


久しぶりにブーン系みたけど、すんげー
面白かった…作者さんありがとう
[2016/02/08 23:50] URL | クソ虫 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

K-AYUMU

Author:K-AYUMU

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

ユーザタグ

カ行 タ行 ア行 ちんこ ハ行 サ行 マ行 ナ行 英数字  ^ω^) ('A`) ラ行 1レス ワ行 (´・ω・`) ショボーン ヤ行 ブーン ショボン トソン 'ー`)し ξ゚⊿゚)ξ (,゚Д゚) ドクオ まんこ (=゚д゚) J( 1レス カラマロス大佐 シュー ミセリ (-_-) いよう 川д川 人狼 (∪^ω^) 世紀末 ツンデレ 

FC2カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。