mesimarja
気に入ったスレを集めてみました。
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( ´_ゝ`)流石兄弟が都市伝説を体験するようです
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 15:03:02.70 ID:4joTn9BeO
『呪いのビデオ』

( ´_ゝ`)「おい弟者、ちょっとこっち来てみろ」

(´<_` )「どうした兄者、何かあったのか?」

( ´_ゝ`)「ちょっと面白いビデオを見つけてな、一緒に見ないか弟者?」

(´<_` )「良いぞ、どんなビデオなんだ兄者?」

( ´_ゝ`)「それは知らん」

(´<_` )「知らないのに面白いビデオだと分かるのか兄者?」

( ´_ゝ`)「俺の勘だ弟者」

(´<_` )「兄者の勘は割と当たるからな、期待して見るとしようか兄者」

( ´_ゝ`)「そうだな弟者、では茶をいれてこよう」

(´<_` )「分かった兄者、俺はビデオをセットするとしよう」

( ´_ゝ`)「頼んだぞ弟者」


8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 15:10:38.65 ID:4joTn9BeO
( ´_ゝ`)「茶はいったぞ弟者」

(´<_` )「こっちもビデオセットし終わったぞ兄者」

( ´_ゝ`)「そうか、では見るとしようか弟者」

(´<_` )「そうだな兄者、再生するぞ」

( ´_ゝ`)「了解だ弟者」

(´<_` )「よし」ポチッ

( ´_ゝ`)「…」

(´<_` )「…」

( ´_ゝ`)「…何も映らないな弟者」

(´<_` )「そうだな兄者、壊れているんじゃないのか?」

( ´_ゝ`)「いや、そんな事はないはずだぞ弟者」

(´<_` )「しかし現に…あ、映ったぞ兄者」

( ´_ゝ`)「…井戸か?」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 15:17:53.16 ID:4joTn9BeO
(´<_` )「井戸だな兄者」

( ´_ゝ`)「…これだけか?」

(´<_` )「いや、これだけでは終わらないはずだぞ兄者」

( ´_ゝ`)「何故分かるんだ弟者?」

(´<_` )「多分これは呪いのビデオだからな兄者」

( ´_ゝ`)「…呪いのビデオ?」

(´<_` )「リングを見たことあるだろ、貞子だ兄者」

( ´_ゝ`)「あぁ、思い出したぞ弟者、それなら…」ポチッ

( ´_ゝ`)「…うむ、消えないな」

(´<_` )「やはり呪いのビデオのようだな兄者」

( ´_ゝ`)「そうだな弟者、大変な事になったな」

(´<_` )「そうだな、大変だな兄者」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 15:23:34.51 ID:4joTn9BeO
( ´_ゝ`)「それで、これからどうする弟者」

(´<_` )「どうする事も出来ないだろ兄者」

( ´_ゝ`)「そうだな弟者、まぁ面白そうだしこのまま見るとするか」

(´<_` )「了解だ兄者」

( ´_ゝ`)「…」

(´<_` )「…」

( ´_ゝ`)「…」ズズー

(´<_` )「…」

( ´_ゝ`)「…中々出て来ないな弟者」

(´<_` )「…そうだな兄者」

( ´_ゝ`)「…」

(´<_` )「…」

( ´_ゝ`)「…遅いな、もう五分位たっているぞ弟者」

(´<_` )「…貞子にも色々支度があるんだろう、気長に待つとしよう兄者」

( ´_ゝ`)「…そういうものか、了解だ弟者」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 15:28:14.98 ID:4joTn9BeO
( ´_ゝ`)「…」ズズー

(´<_` )「…」

( ´_ゝ`)「…ちょっと小便に行ってくるぞ弟者」

(´<_` )「了解だ兄者」

(´<_` )「…」

(´<_` )「…」ズズー

(´<_` )「…ふぅ」

(´<_` )「…」

( ´_ゝ`)「お待たせ弟者、何か進展はあったか?」

(´<_` )「あぁ、井戸に手が掛かったぞ兄者」

( ´_ゝ`)「そうか、もうそろそろだな」

(´<_` )「そうだな兄者」

( ´_ゝ`)「では貞子の分の茶もいれてくるとしよう」

(´<_` )「では俺は茶菓子を持ってこよう、客に茶だけではアレだからな」

( ´_ゝ`)「流石は弟者、気が利くな」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 15:33:28.80 ID:4joTn9BeO
( ´_ゝ`)「茶はいったぞ」

(´<_` )「俺も茶菓子を持って来たぞ、大福で良かったよな兄者?」

( ´_ゝ`)「日本茶に合うし良いんじゃないか弟者?」

(´<_` )「そうか」

( ´_ゝ`)「…貞子はまだテレビの中か」

(´<_` )「そうだな、しかし井戸からは完全に出ているからもう少しだと思うぞ兄者」

( ´_ゝ`)「そうか、了解だ弟者」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 15:39:22.39 ID:4joTn9BeO
( ´_ゝ`)「…」

(´<_` )「…」

( ´_ゝ`)「…歩くのは遅いみたいだな弟者」

(´<_` )「雰囲気を出す為じゃないのか兄者、ゆっくり来られた方が恐怖も溜まっていくからな」

( ´_ゝ`)「なるほど、そんな深い考えがあったのか、流石は貞子だな」

(´<_` )「全くだな兄者」

( ´_ゝ`)「…」

(´<_` )「…」

( ´_ゝ`)「大福食って良いか弟者?」

(´<_` )「沢山あるから少しなら良いんじゃないか兄者?」

( ´_ゝ`)「了解だ弟者」バクッ

( ´_ゝ`)「…うむ、美味いぞ弟者」

(´<_` )「良かったな兄者」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 15:47:26.69 ID:4joTn9BeO
( ´_ゝ`)「…」

(´<_` )「…お、実体化してきたぞ兄者」

( ´_ゝ`)「ここまで長かったな弟者」

(´<_` )「そうだな兄者」

( ´_ゝ`)「…よし、完全に出たな弟者」

(´<_` )「そうだな兄者」

貞子「…」

( ´_ゝ`)「貞子がゆっくりと近づいて来ているがどうしたら良いんだ弟者?」

(´<_` )「取り敢えず自己紹介したら良いんじゃないか兄者」

( ´_ゝ`)「そうだな弟者、こんばんは、俺は兄者で…」

(´<_` )「俺は弟者だ、よろしく」

( ´_ゝ`)「よろしく貞子者、歓迎する」

貞子「…」

( ´_ゝ`)「無反応だぞ弟者」

(´<_` )「無反応だな兄者」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 15:52:59.81 ID:4joTn9BeO
( ´_ゝ`)「…」

(´<_` )「…」

貞子「…」

( ´_ゝ`)「…思ったより美人だな弟者」

(´<_` )「そうだな兄者、痩せ型だがスタイルも割と良いしな」

( ´_ゝ`)「うむ、流石だな」

(´<_` )「そうだな兄者」

( ´_ゝ`)「HAHAHAHHAHAHAHAHAHAHA」(´<_` )

( ´_ゝ`)「で、どうする弟者」

(´<_` )「どうしようも無いだろ兄者、取り敢えず様子を見よう」

( ´_ゝ`)「OK弟者」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 15:59:23.91 ID:4joTn9BeO
貞子「…」

( ´_ゝ`)「…近いな」

(´<_` )今にも接吻する勢いだな兄者」

貞子「…」

( ´_ゝ`)「…相変わらず無反応だな、殺そうとしているのか弟者?」

(´<_` )「いや、1日目では殺さないはずだぞ兄者」

( ´_ゝ`)「そうか、安心したぞ弟者」

(´<_` )「しかし、兄者なら殺されそうになっても大丈夫何じゃないのか?」

( ´_ゝ`)「人を化物みたいに言うな弟者」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 16:02:44.97 ID:4joTn9BeO
貞子「…」

( ´_ゝ`)「取り敢えず座ったらどうだ」

(´<_` )「茶と大福もあるぞ」

貞子「…」

( ´_ゝ`)「…無反応だな弟者」

(´<_` )「完全無視だな兄者」

( ´_ゝ`)「…ちょっとトイレ行ってくる弟者」

(´<_` )「またトイレか兄者」

( ´_ゝ`)「次はうんこだ弟者」

(´<_` )「そうか、了解だ兄者」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 16:07:37.76 ID:4joTn9BeO
( ´_ゝ`)「…ただいま弟者」

(´<_` )「おかえり兄者」

( ´_ゝ`)「…あれ、貞子はどうした弟者」

(´<_` )「テレビの中に帰って行ったぞ兄者」

( ´_ゝ`)「そうか、早いお帰りだな」

(´<_` )「あぁ、兄者と同じように俺に近づいた後テレビに頭から入って井戸の中に潜って行った」

( ´_ゝ`)「そうか」

(´<_` )「…」

( ´_ゝ`)「…」

(´<_` )「残念ながら見えなかったぞ」

( ´_ゝ`)「そうか、残念だな弟者」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 16:15:19.09 ID:4joTn9BeO
( ´_ゝ`)「それで、貞子がもう一度来るまで期限があったはずだが…弟者、何日だったが覚えているか?」

(´<_` )「いや、うろ覚えだな、調べて見ようか兄者」

( ´_ゝ`)「頼んだぞ弟者」

(´<_` )「よし分かったぞ兄者、期限は一週間だ、一週間経ったら殺しに来るぞ」

( ´_ゝ`)「早いな、流石は弟者」

( ´_ゝ`)「しかし一週間か、結構長いな、それまでに対策しておくか」

(´<_` )「そうだな兄者」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 16:18:52.55 ID:4joTn9BeO
【2日目】

( ´_ゝ`)「弟者、茶いるか?」

(´<_` )「あぁ、頼む兄者」

( ´_ゝ`)「よし、じゃあいれるぞ」

( ´_ゝ`)「…」

(´<_` )「…」

( ´_ゝ`)「…はいったぞ弟者」

(´<_` )「早いな兄者」ズズー

(´<_` )「美味いな、流石は兄者」

( ´_ゝ`)「そうか」ズズー

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 16:23:28.71 ID:4joTn9BeO
【3日目】

( ´_ゝ`)「弟者、リモコンどこにあるか知らないか?」

(´<_` )「いや、知らないぞ兄者」

( ´_ゝ`)「そうか…」

(´<_` )「…座布団の下は見たか兄者?」

( ´_ゝ`)「いや、まだだが…あ、あったぞ、流石だな弟者」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 16:24:47.91 ID:4joTn9BeO
【五日目】

( ´_ゝ`)「弟者、茶葉が無くなったから買ってきてくれないか」

(´<_` )「了解だ兄者」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 16:30:09.01 ID:4joTn9BeO
【七日目】

( ´_ゝ`)「…弟者、テレビがなんか変なんだが何か知らないか?」

(´<_` )「テレビが変?」

( ´_ゝ`)「あぁ、勝手に付いたんだが」

(´<_` )「…井戸か」

( ´_ゝ`)「井戸だな、何か忘れているような気がするんだが、何か知らないか弟者」

(´<_` )「…もう少しで思い出せそう何だが…駄目だ思い出せん」

( ´_ゝ`)「そうか…まぁ良いか、煎餅持ってきてくれないか弟者」

(´<_` )「了解だ兄者」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 16:36:31.02 ID:4joTn9BeO
( ´_ゝ`)「…」ボリボリ

(´<_` )「…」バリッ

( ´_ゝ`)「…うむ、美味いな弟者」

(´<_` )「そうだな兄者」

( ´_ゝ`)「…ん?井戸に手が掛かってないか弟者?」

(´<_` )「…かかっているな兄者」

( ´_ゝ`)「…」

(´<_` )「…」

( ´_ゝ`)「…弟者、思い出したか?」

(´<_` )「あぁ、確か今日が七日目だったな」

( ´_ゝ`)「大変だな、何もしてないぞ弟者」

(´<_` )「そうだな、大変だな兄者」

( ´_ゝ`)「…まぁ何とかなるだろう、弟者、煎餅もう一枚いるか」

(´<_` )「すまんな兄者」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 16:39:57.68 ID:4joTn9BeO
( ´_ゝ`)「…」バリッ

(´<_` )「…」ボリボリ

( ´_ゝ`)「…」ズズー

(´<_` )「…」ズズー

( ´_ゝ`)「…ほ」

(´<_` )「…ふぅ」

( ´_ゝ`)「…お、もうそろそろ出てくるぞ弟者」

(´<_` )「今回は早かったな兄者」

( ´_ゝ`)「ゆっくりは俺たちに効果無いと思ったんじゃないか?」

(´<_` )「そうかもな兄者」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 16:50:15.53 ID:4joTn9BeO
貞子「…」

( ´_ゝ`)「…」

(´<_` )「…」

( ´_ゝ`)「…これは首を絞めようとしているのか?」

(´<_` )「そうかもな、しかし逃げても無駄だぞ兄者」

( ´_ゝ`)「どうする弟者?」

(´<_` )「諦めるしか無いんじゃないか兄者」

( ´_ゝ`)「しかしなぁ…」

貞子「…」

(´<_` )「…おい兄者、首に手が近づいているぞ」

( ´_ゝ`)「そうだな、でもどうしようも無いぞ弟者」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 16:59:29.63 ID:4joTn9BeO
( ´_ゝ`)「…」

(´<_` )「…」

( ´_ゝ`)「…あれ、苦しく無いぞ」

(´<_` )「変だな、確かに首に手がかかっているんだが」

( ´_ゝ`)「…何故か分かるか弟者?」

(´<_` )「…多分俺達が恐怖を感じていないから殺せないんじゃないか兄者、呪いのビデオは恐怖が関係しているとか聞いたことあるぞ」

( ´_ゝ`)「…俺は聞いた事無いが、そんなものなのか?」

(´<_` )「知らん、でも現に兄者は死んでないからそうなんじゃないか」

( ´_ゝ`)「…いまだに首を絞めてきている貞子が可哀想になってきたぞ弟者」

(´<_` )「俺もだ兄者」

( ´_ゝ`)「貞子はどうする弟者」

(´<_` )「ほっといたらその内帰るんじゃないか兄者」

( ´_ゝ`)「分かった、じゃあ無視するぞ弟者」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 17:10:01.08 ID:4joTn9BeO
( ´_ゝ`)「おい弟者、呪いのビデオどこにあるか知らないか?」

(´<_` )「知らないぞ兄者」

( ´_ゝ`)「そうか、リサイクルショップに売りに行こうと思ったんだがな」

(´<_` )「あんな危険なものを売りに行こうとするなよ兄者」

( ´_ゝ`)「まぁ細かい事は良いだろ弟者、しかしどこに行ったんだろうな」

(´<_` )「呪いのビデオだからな、どこかに飛んでいったんじゃないか兄者」

( ´_ゝ`)「飛んでいったのか、流石は呪いのビデオだな弟者」

(´<_` )「全くだな兄者」

『呪いのビデオ』完

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 17:16:55.07 ID:4joTn9BeO
『ダッシュババァ』

( ´_ゝ`)「おい 弟者、ドライブに行かないか?」

(´<_` )「いきなりどうしたんだ兄者」

( ´_ゝ`)「ちょっとドライブに行きたくなってな、一緒に行くか弟者?」

(´<_` )「まぁ良いか、暇だからつきあうぞ兄者」

( ´_ゝ`)「よし、じゃあ行くぞ弟者」

(´<_` )「OK兄者」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 17:23:23.83 ID:4joTn9BeO
( ´_ゝ`)「よし、取り敢えず高速に行くか弟者」

(´<_` )「遠い所に行くのか兄者?」

( ´_ゝ`)「いや、高速を走るだけだ、ある程度走ったらパーキンによって休憩した後引き返す」

(´<_` )「なるほど、了解だ兄者」

( ´_ゝ`)「…次を右だったよな弟者」

(´<_` )「左だぞ兄者、右に行くとドン・キホーテ方面だぞ」

( ´_ゝ`)「そうか、了解だ弟者」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 17:30:41.87 ID:4joTn9BeO
( ´_ゝ`)「風が気持ち良いな弟者」

(´<_` )「そうだな兄者…ん?」

( ´_ゝ`)「どうした弟者?」

(´<_` )「兄者、後ろから婆が走ってくるぞ」

( ´_ゝ`)「流石に騙されんぞ弟者」

(´<_` )「いや、本当だぞ兄者、ちょっとバックミラー見てみろ」

( ´_ゝ`)「…よく見えんが何かが走って来ているな弟者」

(´<_` )「もの凄い速さだな兄者」

( ´_ゝ`)「そうだな弟者、あの婆さんは何者だ?」

(´<_` )「多分ダッシュババァだろ、本物は初めてみたな」

( ´_ゝ`)「あれがダッシュババァか、俺はターボ婆さんで覚えていたんだがな弟者」

(´<_` )「そんな事はどっちでも良いだろ兄者」

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 17:39:22.70 ID:4joTn9BeO
( ´_ゝ`)「なぁ弟者、まさかとは思うが…」

(´<_` )「…いや、それは流石に無いだろう、多分別人だ兄者」

( ´_ゝ`)「…そうだな、別人だな弟者」

(´<_` )「流石にな、婆者は今旅行に行っているしな兄者」

( ´_ゝ`)「そうだな弟者、考えすぎだな」

(´<_` )「…段々差が縮まって来たぞ兄者」

( ´_ゝ`)「そうだな、流石はババァだな」

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 17:45:13.38 ID:4joTn9BeO
(´<_` )「どうする兄者?」

( ´_ゝ`)「ほっとこう、無視だ弟者」

(´<_` )「そうだな、もうすぐパーキンだぞ兄者」

( ´_ゝ`)「了解だ弟者」

(´<_` )「何か食うか兄者」

( ´_ゝ`)「そうだな、アメリカンドックでも食うか」

(´<_` )「じゃあ俺は唐揚げにを食うぞ兄者」

( ´_ゝ`)「唐揚げか、じゃあ俺はアメリカンドックと唐揚げにするぞ弟者」

(´<_` )「欲張りだな兄者」

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 17:49:20.66 ID:4joTn9BeO
( ´_ゝ`)「美味かったな弟者」

(´<_` )「そうだな兄者」

( ´_ゝ`)「ではそろそろ帰るか弟者」

(´<_` )「了解だ兄者」

( ´_ゝ`)「…」

(´<_` )「…」

( ´_ゝ`)「…ババァが付いてきてるぞ弟者」

(´<_` )「そうだな兄者」

( ´_ゝ`)「無視されたのがショックだったのかもしれないな弟者」

(´<_` )「悪いことしたな兄者」

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 17:54:37.62 ID:4joTn9BeO
( ´_ゝ`)「…どうする弟者」

(´<_` )「少しだけ付き合ってやれば良いんじゃないか兄者」

( ´_ゝ`)「そうするか」グッ

(´<_` )「…この車こんなにスピード出たのか兄者」

( ´_ゝ`)「そうみたいだな、俺もこんなにスピードがでるとは初めて知ったぞ弟者」

(´<_` )「割と運転上手いな兄者」

( ´_ゝ`)「レースゲームで鍛えているからな弟者」

(´<_` )「…それで鍛えられるものなのか兄者」

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 17:58:33.27 ID:4joTn9BeO
( ´_ゝ`)「弟者、ババァはどうなっている?」

(´<_` )「もうすぐ横に並ぶぞ兄者、本気で走っているみたいだな」

( ´_ゝ`)「大丈夫なのか弟者?横は対向車線だぞ」

(´<_` )「今は車が来る気配が無いから大丈夫何じゃないか兄者」

( ´_ゝ`)「…結局の所大丈夫じゃ無いんだな弟者」

(´<_` )「そうなるな兄者」

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 18:06:34.01 ID:4joTn9BeO
( ´_ゝ`)「どうすれば良いんだ弟者」

(´<_` )「都市伝説の婆さんだし大丈夫だろう、気にしないで良い」

( ´_ゝ`)「そうか、弟者がそういうならこのまま続けよう」

(´<_` )「…」

( ´_ゝ`)「…」

(´<_` )「…」

( ´_ゝ`)「…あ、大型トラックが来るぞ弟者、婆さんは大丈夫か?」

(´<_` )「…駄目だな、目と歯を食いしばって走っている、気付いてないな兄者」

ドカッッ!!!!!
ギィィイイイイイ… ドシャ

( ´_ゝ`)「…嫌な音が聞こえたぞ弟者」

(´<_` )「そうだな兄者」

( ´_ゝ`)「まぁ仕方ないな、忘れてさっさと帰ろうか弟者」

(´<_` )「流石は兄者、割り切っているな」

( ´_ゝ`)「それは弟者も一緒だな」

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 18:15:43.38 ID:4joTn9BeO
【数日後】

( ´_ゝ`)「あれからダッシュババァどうなったんだろうな弟者」

(´<_` )「気になるか兄者」

( ´_ゝ`)「俺は気になるな弟者」

(´<_` )「そうか、じゃあ調べてみようか兄者」

( ´_ゝ`)「頼んだぞ弟者」

(´<_` )「よし分かったぞ」

( ´_ゝ`)「早いな、流石だな弟者」

(´<_` )「あの日から2日ほど目撃情報が無かったが、3日目位からちらほらと目撃されているみたいだ」

( ´_ゝ`)「大型トラックと正面衝突して3日で完全復活したのか、流石はダッシュババァだな」

(´<_` )「全くだな兄者、都市伝説なだけはあるな」

『ダッシュババァ』 完

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 18:26:19.54 ID:4joTn9BeO
『赤マント・青マント』

(´<_` )「色々買ったな兄者」

( ´_ゝ`)「そうだな弟者、色々と言っても茶菓子だけどな」

(´<_` )「細かい事は気にするな兄者」

( ´_ゝ`)「…何か変な奴がいるぞ弟者」

(´<_` )「そうだな兄者」

赤マント・青マント「赤いマントと青いマント、どっちが良い?」

( ´_ゝ`)「赤いマントと青いマント、どっちが良いか聞いているぞ弟者」

(´<_` )「リピートしなくても聞いていたぞ兄者」

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 18:31:17.09 ID:4joTn9BeO
( ´_ゝ`)「…どうする弟者?」

(´<_` )「露出狂を相手にしていても仕方ないからな、無視して帰るか兄者」

( ´_ゝ`)「そうだな弟者、無視して帰るか」

赤マント「おい、聞こえてるぞ」

青マント「そういう話は聞こえないように話せよ」

( ´_ゝ`)「…」

(´<_` )「…」

赤マント・青マント「無視するなよおい」

( ´_ゝ`)「うるさいな、どうする弟者」

(´<_` )「仕方ないから少しだけ付き合ってやるか」

( ´_ゝ`)「了解だ弟者」

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 18:35:31.91 ID:4joTn9BeO
( ´_ゝ`)「それで、何だった」

赤マント・青マント「赤いマントと青いマント、どっちが良い?」

(´<_` )「このセリフを言う時は活き活きとしているな兄者」

( ´_ゝ`)「決めゼリフ何だろうな弟者」

赤マント・青マント「良いからさっさと選べよ」

( ´_ゝ`)「しかし選べと言われてもな弟者」

(´<_` )「寒くないもんな兄者」

赤マント・青マント「寒くても寒くなくても良いからさっさと選べよ」

121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 18:40:10.25 ID:4joTn9BeO
( ´_ゝ`)「しかし息ぴったりだな弟者」

(´<_` )「そうだな兄者、今時珍しいな」

赤マント「どうでも良いこと言わずに」

青マント「早く選んでくれよ頼むから」

( ´_ゝ`)「だそうだ、どうする弟者」

(´<_` )「俺はどっちでも良いけどな兄者」

( ´_ゝ`)「俺もだ弟者」

赤マント・青マント「じゃあさっさと選べよおい」

( ´_ゝ`)「…あ、そうだ弟者、思い出したんだがこれって都市伝説の赤マント青マントじゃないのか」

(´<_` )「多分そうだろうな」

136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 19:04:27.43 ID:4joTn9BeO
( ´_ゝ`)「確か何かの色で助かるんだよな弟者」

(´<_` )「そうだな兄者、確か肌色だったと思うが」

赤マント・青マント「ギクッ」

( ´_ゝ`)「図星のようだな弟者」

(´<_` )「みたいだな兄者」

赤マント「いやいや、肌色は止めとけよ、大変な事になるぞ?」

青マント「そうだぞ、取り敢えず肌色はやめとけ、な?」

( ´_ゝ`)「やはり肌色であっているみたいだな弟者」

(´<_` )「そうだな兄者」

赤マント「おいおい、ちょっと待てよ」

青マント「少しだけ待とうぜ、な?」

(´<_` )「もう一度聞けよ」

( ´_ゝ`)「そうだ、次は答えてやるぞ」

赤マント・青マント「…赤いマントと青いマント、どっちが良い?」

( ´_ゝ`)「肌色だ」(´<_` )

140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 19:09:57.61 ID:4joTn9BeO
( ´_ゝ`)「赤マントと青マント、賑やかな奴だったな弟者」

(´<_` )「そうだな兄者」

( ´_ゝ`)「そういえば赤か青選んでいたらどうなるんだ弟者?」

(´<_` )「確か赤だと血みどろに、青だと血を抜かれて殺されるはずだぞ兄者」

( ´_ゝ`)「そうなのか、うっかり選ばなくて良かったな弟者」

(´<_` )「全くだな兄者」

【赤マント・青マント】 完

145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 19:21:23.73 ID:4joTn9BeO
【メリーさん】

( ´_ゝ`)「弟者、何か面白い事はないか?」

(´<_` )「どうした兄者、暇なのか?」

( ´_ゝ`)「言わずもがなだな、何か無いか弟者」

(´<_` )「残念ながら無いな兄者」

( ´_ゝ`)「そうか」

piriririri

( ´_ゝ`)「ん、電話か」

(´<_` )「誰からだ兄者」

( ´_ゝ`)「分からん、非通知だ弟者」

(´<_` )「出るのか?」

( ´_ゝ`)「暇だから出てみるよ弟者」

(´<_` )「そうか」

( ´_ゝ`)「もしもし?」

『私メリーさん、今バッティングセンターにいるの』

148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 19:27:40.56 ID:4joTn9BeO
( ´_ゝ`)「…」

(´<_` )「誰からだ兄者?」

( ´_ゝ`)「分からん、メリーさんとか言っていたぞ」

(´<_` )「それで?他には何か言ってなかったか兄者」

( ´_ゝ`)「バッティングセンターにいるとか言っていたぞ弟者」

(´<_` )「OKそれはメリーさんだな」

( ´_ゝ`)「だからメリーさんだと言っているだろ弟者」

(´<_` )「いや、そうではなく都市伝説のメリーさんだ」

( ´_ゝ`)「…あぁ、あの近づいて来る奴か弟者?」

(´<_` )「そうだ、最後に背後に来て振り向くと何かがあるらしい」

( ´_ゝ`)「何かって何だ弟者」

(´<_` )「多分殺されるんだろうな兄者」

( ´_ゝ`)「それは恐ろしいな」

(´<_` )「全くだな兄者」

150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 19:34:09.97 ID:4joTn9BeO
( ´_ゝ`)「それで、どうすれば良い弟者」

(´<_` )「振り向かなければ良いんじゃないか兄者」

( ´_ゝ`)「そう言う問題でも無いだろ弟者」

piriririri

(´<_` )「来たぞ」

( ´_ゝ`)「そうだな弟者」

( ´_ゝ`)「もしもし?」

『私メリーさん、今薬局にいるの』

( ´_ゝ`)「薬局らしいぞ弟者」

(´<_` )「近づいて来ているな兄者」

154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 19:44:45.47 ID:4joTn9BeO
( ´_ゝ`)「そうだ弟者、仰向けに寝転がったり背中を壁に付けたりしたらどうだ弟者」

(´<_` )「メリーさんに直接聞いてみたらどうだ兄者」

( ´_ゝ`)「…聞いてくれるのか?」

(´<_` )「言ってみなければ分からないだろ兄者」

( ´_ゝ`)「そうだな弟者」

piriririri

( ´_ゝ`)「来たな」

156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 19:46:07.43 ID:4joTn9BeO
『私メリーさん、今ドン・キホーテにいるの』

( ´_ゝ`)「ちょっと待てメリーさん、聞きたい事がある」

『…なに?』

( ´_ゝ`)「仰向けに寝たり背中を壁に付けたりしたらどうなるんだ?」

『…背後にまわれない…けど、出来れば止めてほしい』

( ´_ゝ`)「そうか、分かった」

(´<_` )「どうだった兄者?」

( ´_ゝ`)「止めてほしいと言われた」

(´<_` )「で、兄者はどうするんだ?」

( ´_ゝ`)「女性に止めてほしいと言われたんだ、止めるしか無いだろ弟者」

(´<_` )「流石は兄者、紳士だな」

( ´_ゝ`)「まあな」

162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 19:56:30.23 ID:4joTn9BeO
(´<_` )「しかし背中を付けないとなると、どうする気だ兄者」

( ´_ゝ`)「もう電話に出なければ良いんじゃないか弟者」

(´<_` )「それもそうだな兄者」

piriririri

( ´_ゝ`)「来たか」

(´<_` )「来たな」

piriririri

(´<_` )「…」

( ´_ゝ`)「…」

piriririri

( ´_ゝ`)「なかなかうるさいな弟者」

(´<_` )「全くだな」

163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 19:58:50.82 ID:4joTn9BeO
『…』

(´<_` )「…切れたのか?」

( ´_ゝ`)「いや、留守電になっただけだな」

(´<_` )「そうか」

『お願い…電話に出て…』

(´<_` )「お願いされているぞ兄者、どうするんだ?」

『お願い…』

( ´_ゝ`)「女性にお願いされているんだ、でるしか無いだろ」

(´<_` )「やはり兄者は紳士だな」

168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 20:03:02.31 ID:4joTn9BeO
( ´_ゝ`)「もしもし、すまない遅くなった」

『…私メリーさん、今コンビニの前にいるの』

(´<_` )「どうだった兄者?」

( ´_ゝ`)「弱々しい声で今コンビニにいると言われた」

(´<_` )「コンビニか、どこのコンビニだ兄者」

( ´_ゝ`)「…分からん」

170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 20:07:29.44 ID:4joTn9BeO
( ´_ゝ`)「しかし電話に出ないのも禁止になってしまったな弟者」

(´<_` )「そうだな、じゃあ非通知を着信拒否にするのはどうだ兄者」

( ´_ゝ`)「それは良い案だな弟者、では早速」ピッ

(´<_` )「これで来ないだろうな」

( ´_ゝ`)「そうだな弟者」

piriririri

(´<_` )「…」

( ´_ゝ`)「…」

(´<_` )「一応聞くが誰からだ兄者」

( ´_ゝ`)「知らない番号だな弟者」

173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 20:14:50.06 ID:4joTn9BeO
( ´_ゝ`)「もしもし」

『着信拒否にするなんて酷い…』

( ´_ゝ`)「で、どこにいるんだメリーさん」

『…今花田マンションの前にいるの』

(´<_` )「どうだった兄者」

( ´_ゝ`)「花田マンションの前にいるらしい」

(´<_` )「花田マンション…この近くのマンションだな兄者」

( ´_ゝ`)「そうだな弟者」

(´<_` )「…そういえば番号出ていたよな兄者」

( ´_ゝ`)「あぁ、非通知を着信拒否にしていたからな」

(´<_` )「てことはメリーさんの番号をゲットしたって事か、凄いな兄者」

( ´_ゝ`)「よく考えればそうだな弟者」

178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 20:20:29.26 ID:4joTn9BeO
( ´_ゝ`)「もうそろそろ家の前だな弟者」

(´<_` )「そうだな兄者、結局どうする事も出来なかったな」

( ´_ゝ`)「まぁ後ろ見なければ良いだけだしな弟者」

(´<_` )「それもそうだな兄者」

piriririri

( ´_ゝ`)「もしもし」

『私メリーさん、今あなたの家の前にいるの』

(´<_` )「家の前か兄者」

( ´_ゝ`)「そうだ弟者」

(´<_` )「いよいよだな兄者」

( ´_ゝ`)「凄く怖くなってきたぞ弟者」

(´<_` )「全くそうは見えないな兄者」

181 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 20:25:23.24 ID:4joTn9BeO
piriririri

( ´_ゝ`)「もしもし」

『私メリーさん、今玄関にいるの』

(´<_` )「どこに来たんだ兄者?」

( ´_ゝ`)「玄関らしいぞ弟者」

piriririri

(´<_` )「早いな」

( ´_ゝ`)「もしもし」

『私メリーさん、今部屋の扉の前にいるの』

( ´_ゝ`)「部屋の扉の前らしいぞ」

(´<_` )「いよいよ次が最後だな兄者」

( ´_ゝ`)「そうだろうな弟者」

piriririri

( ´_ゝ`)「もしもし」

『私メリーさん、今あなたの後ろにいるの』

187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 20:31:21.01 ID:4joTn9BeO
( ´_ゝ`)「…」

(´<_` )「…」

メリー「…」

( ´_ゝ`)「弟者、後ろにメリーさんはいるか?」

(´<_` )「いるぞ弟者、金髪の女の子だ」

( ´_ゝ`)「可愛いか?」

(´<_` )「ちょっと待ってろ兄者」

メリー「…!」

(´<_` )「…うみ、紅眼に綺麗な白い肌、整った顔立ち、紛れもない美少女だぞ兄者」

( ´_ゝ`)「そうか、見てみたいが振り返る訳にはいかないしな弟者」

(´<_` )「残念だな兄者」

メリー「…」

194 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 20:36:37.75 ID:4joTn9BeO
( ´_ゝ`)「ずっと後ろにいられるのも変な感じだな」

(´<_` )「まぁそうだろうな兄者」

メリー「…」

( ´_ゝ`)「…さっきからずっと喋らないが本当に大丈夫なのか弟者?」

(´<_` )「多分電話を通さないと喋れないんだろうな」

( ´_ゝ`)「かなり面倒臭いな弟者」

(´<_` )「全くだな兄者」

メリー「…」

197 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 20:39:57.57 ID:4joTn9BeO
( ´_ゝ`)「…後ろに行きたいんだがどうすれば良いんだ弟者」

(´<_` )「首を後ろに向けずにゆっくりと回転したらどうだ兄者」

( ´_ゝ`)「なるほど、それなら振り向いてはいないな」

( ´_ゝ`)「…」

(´<_` )「…」

メリー「…」

( ´_ゝ`)「…邪魔臭いな、なんとかならないのか弟者」

(´<_` )「何ともならないな兄者」

メリー「…」

200 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 20:44:18.67 ID:4joTn9BeO
( ´_ゝ`)「トイレ行きたくなってきたぞ弟者」

メリー「…!」

(´<_` )「行けば良いじゃないか兄者」

( ´_ゝ`)「いや、そういう訳にもいかないだろ弟者」

(´<_` )「ではメリーさんに電話をかけてみたらどうだ兄者」

( ´_ゝ`)「なるほど、ナイスアイデアだな、流石は弟者」ピッ

アイタクテー アイータクテーフルーエル

『…私メリーさん』

( ´_ゝ`)「いや、知っているぞ」

205 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 20:48:58.73 ID:4joTn9BeO
( ´_ゝ`)「トイレに行きたいんだが、メリーさんどうすれば良い?」

『…トイレの前で待ってる』

( ´_ゝ`)「背後にいなくて良いのか?」

『…仕方ないから…良い』

( ´_ゝ`)「トイレの前で待ってるそうだ弟者」

(´<_` )「いや聞こえていたぞ兄者」

( ´_ゝ`)「そうか、ではトイレに行ってくるぞ弟者」

(´<_` )「了解だ兄者」

210 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 20:54:40.21 ID:4joTn9BeO
(´<_` )「しかしトイレとはいえ背後にいなくて良いとは、都市伝説も割といい加減だな」

(´<_` )「しかし目の前にいるのに電話で話姿は滑稽だったな、しばらくこんな生活が続くのか」

( ´_ゝ`)「戻ったぞ弟者」

(´<_` )「おかえり兄者」

( ´_ゝ`)「しかししばらくこんな生活が続くのか、体の肩がこりそうだな」

(´<_` )「振り向いたら終わるぞ兄者、色んな意味で」

( ´_ゝ`)「怖いことを言うな弟者」

213 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 21:02:06.61 ID:4joTn9BeO
【20分後】

( ´_ゝ`)「おい弟者、茶が入ったぞ」

(´<_` )「分かった、今行くぞ兄者」

( ´_ゝ`)「こっちはメリーさんの分だ、渡してくれ弟者」

(´<_` )「了解だ兄者」

( ´_ゝ`)「…ふぅ」

(´<_` )「…ほ」

メリー「…」

( ´_ゝ`)「弟者、あんころ餅あっただろ、とってきてくれないか」

(´<_` )「了解だ、ちょっと待っててくれ兄者」

( ´_ゝ`)「メリーさんもいるか?」

メリー「…」ツンッ

( ´_ゝ`)「一回つついたという事はYESか、弟者、メリーさんの分も頼む」

(´<_` )「OK兄者」

メリー「…」

219 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 21:09:38.24 ID:4joTn9BeO
( ´_ゝ`)「…ふぅ」

( ´_ゝ`)「やはり日本茶は最高だな」

piriririri

( ´_ゝ`)「もしもし」

『どうして…馴染んじゃってるの?』

( ´_ゝ`)「細かいことは気にするなメリーさん」

『…』

( ´_ゝ`)「それだけか?」

『…早く後ろ向いてくれないと…困る…』

( ´_ゝ`)「女性が困るのは俺も困るが、残念ながら振り向くのは無理な相談だ」

『…』

( ´_ゝ`)「それに今俺が振り向いたらあんころ餅食えないぞ?」

『…後で良い』

( ´_ゝ`)「了解だメリーさん」

223 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 21:16:40.09 ID:4joTn9BeO
(´<_` )「あんころ餅持ってきたぞ」

( ´_ゝ`)「よし、弟者、メリーさんに渡してくれ」

(´<_` )「了解だ兄者、はいメリーさん」

メリー「…」

( ´_ゝ`)「よし、では頂こうか弟者、メリーさん」

(´<_` )「OK兄者」

メリー「…」ツン

( ´_ゝ`)「…」パクッ

(´<_` )「…」バクッ

メリー「…」モグモグ

( ´_ゝ`)「…」ズズー

(´<_` )「…」ズズー

メリー「…」ズズー

( ´_ゝ`)「美味いな弟者」

(´<_` )「そうだな兄者」

227 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 21:24:46.97 ID:4joTn9BeO
【数時間後】

( ´_ゝ`)「そろそろ寝る時間だが、メリーさんどうする?」

メリー「…」

(´<_` )「電話をかけて聞いたらどうだ兄者?」

( ´_ゝ`)「そうだな弟者」

アイタクテー アイータクテーフルーエル
『…私メリーさん、今の背後にいるの』

( ´_ゝ`)「知っているぞメリーさん」

232 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 21:28:23.71 ID:4joTn9BeO
『…』

( ´_ゝ`)「それで、これから就寝だがどうするんだメリーさん」

『…一旦、家に帰る』

( ´_ゝ`)「そうか、では送って行こう」

『大丈夫…一人で帰れるから…」

( ´_ゝ`)「しかしこの時間に女性を一人で返すわけにもな」

『…大丈夫だよ…瞬間移動できるし…』

( ´_ゝ`)「メリーさん瞬間移動できるのか」

(´<_` )「流石はメリーさんだな」

233 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 21:31:13.74 ID:4joTn9BeO
( ´_ゝ`)「それで、その後はどうするんだメリーさん」

『…朝になったら…また戻ってくる…』

( ´_ゝ`)「戻ってくるのか」

(´<_` )「結構何でもありなんだな都市伝説」

『…それじゃあ、おやすみなさい』

( ´_ゝ`)「はい、おやすみメリーさん」

(´<_` )「おやすみメリーさん」


( ´_ゝ`)「戻ってくると言っていたな弟者」

(´<_` )「しばらくこの生活が続くみたいだな兄者」

( ´_ゝ`)「…肩こるな」

(´<_` )「俺は見ていて面白いから良いけどな兄者、しかし兄者も結構たのしんでいなかったか?」

( ´_ゝ`)「まあな弟者」

238 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 21:34:32.71 ID:4joTn9BeO
(´<_` )「まるで押しかけ女房だな兄者」

( ´_ゝ`)「そうだな弟者」

( ´_ゝ`)「HAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHA!!!」(´<_` )

( ´_ゝ`)「疲れたな、寝るか」

(´<_` )「そうだな兄者」

【メリーさん】 完

243 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 21:41:47.96 ID:4joTn9BeO
【人面犬】

( ´_ゝ`)「夜風が気持ち良いな弟者、メリーさん」

(´<_` )「そうだな兄者」

メリー「…」ツンッ

(´<_` )「しかし何でまた夜道を散歩したいと思ったんだ兄者」

( ´_ゝ`)「何となくだ、何かそういう時ってあるだろ?」

(´<_` )「まぁ、たまにあるな兄者」

メリー「…」ツンッ ツン

( ´_ゝ`)「メリーさんはあまり無いみたいだな…お、犬か」

(´<_` )「犬…みたいだが普通の犬とは違うみたいだぞ兄者」

メリー「…?」

252 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 21:52:10.27 ID:4joTn9BeO
人面犬「なんだよお前ら…」

メリー「…!?」ビクッ

( ´_ゝ`)「人面犬だな弟者」

(´<_` )「そうだな兄者、初めて見たぞ」

( ´_ゝ`)「俺もだ弟者」

メリー「…」ブルブル

人面犬「…ん?何でお嬢ちゃんその男の後ろで震えいるんだ?」

( ´_ゝ`)「お前が怖いからだろうな」

(´<_` )「それしか無いよな兄者」

メリー「…」ブルブル

人面犬「…いきなり来て怖いかよ、酷い扱いだなおい」

258 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 22:00:09.46 ID:4joTn9BeO
(´<_` )「しかし同じ都市伝説なのに怖いとか変な話だな」

( ´_ゝ`)「全くだな」

メリー「…」ブルブル

人面犬「…それで、何かようか?」

( ´_ゝ`)「いや、何もようは無いぞ」

(´<_` )「散歩してたらたまたま来ただけだ」

人面犬「…じゃあ帰れよ」

( ´_ゝ`)「まぁそういうな、せっかく会ったんだから少し話そう人者」

人面犬「じ…神社?」

(´<_` )「人面犬のじんに者で人者だ人者」

人面犬「…なるほど、いや分からねえよ」

262 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 22:09:21.30 ID:4joTn9BeO
【五分後】

( ´_ゝ`)「それで人者はこんな所にいるのか、大変だな人者」

人面犬「全くだよ兄者、本当に俺も苦労したよ…」

(´<_` )「分かるぞ人者、あれは本当に辛い」

人面犬「分かってくれるか弟者、お前ら位だよ分かってくれたのは」

( ´_ゝ`)「そうか人者、いくらでも愚痴れ、最後まで聞いてやる」

(´<_` )「そうだぞ人者、いくらでも話せ」

人面犬「兄者も弟者も良い奴だな…」

メリー「…」グイ グイ
( ´_ゝ`)「どうしたメリーさん、もう帰りたいのか」

メリー「…」ツンッ

( ´_ゝ`)「分かった、では人者、そろそろ帰るぞ」

(´<_` )「また会おう人者」

人面犬「おう、またな兄者、弟者、お嬢ちゃん!」

267 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 22:13:22.22 ID:4joTn9BeO
( ´_ゝ`)「見かけによらず人者は良い奴だったな弟者」

(´<_` )「そうだな兄者」

メリー「…」

( ´_ゝ`)「メリーさんは苦手みたいだな弟者」

(´<_` )「そうみたいだな兄者」

メリー「…」

【人面犬】 完

278 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 22:24:39.10 ID:4joTn9BeO
【テケテケ】

( ´_ゝ`)「何で人者が苦手なんだメリーさん?」

メリー「…」

(´<_` )「あまり言いたくないみたいだな兄者」

( ´_ゝ`)「言いたくないなら良いんだがな」

メリー「…」

コツッ… コツッ…

( ´_ゝ`)「…何か聞こえないか弟者」

(´<_` )「そうだな、何か聞こえるな兄者」

コツッ コツッ… コツコツッ…

(´<_` )「近付いてきているな兄者」

( ´_ゝ`)「そうみたいだな弟者」

メリー「…」ギュッ

( ´_ゝ`)「袖を掴まないでくれメリーさん」

282 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 22:32:16.48 ID:4joTn9BeO
コツコツッ… コツ コツコツッ コツッ… コツッ!…

( ´_ゝ`)「どんどん近付いているな」

(´<_` )「何か見えてきたぞ兄者」

( ´_ゝ`)「そうだな弟者」

メリー「…」ビクビク

コツコツコツ コツ! コツッ コツ コツッ コツコツッ!

( ´_ゝ`)「少しずつ見えてきたな」

(´<_` )「…上半身か?」

コツッコツッ… コツッコツコツッ! コツッコツコツコツッ コツコツッ…コツ!

メリー「…!!!??」ビクッ!!

( ´_ゝ`)「女の上半身が肘で走ってくるぞ弟者」

(´<_` )「そうだな兄者、あれは多分テケテケだな」

289 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 22:40:49.39 ID:4joTn9BeO
コツッ コツッコツ コツコツコツ コツッコツコツコツッ!

テケテケ「私の足…足が無いの、私の足はどこ?」

メリー「…ひゥ」ブルブル

( ´_ゝ`)「足を探しているみたいだな弟者」

(´<_` )「そうみたいだな兄者、どうする?」

( ´_ゝ`)「テケテケって害はあったか弟者」

(´<_` )「いや、足をもぎ取られるとかいう作り話はあるが、基本害は無いはずだぞ」

( ´_ゝ`)「そうか、じゃあ適当に相手した後帰って頂こうか弟者」

(´<_` )「そうするか兄者」

メリー「…」ブルブル

297 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 22:49:27.49 ID:4joTn9BeO
コツッ コツコツッコツ コツ! コツッコツ コツッ…

テケテケ「あし…私の、私の足はどこ?」

メリー「…」ブルブル

( ´_ゝ`)「女の子の下半身か、弟者心当たりはあるか?」

(´<_` )「いや無いな、メリーさんは…」

メリー「…」ブルブル

(´<_` )「メリーさんも知らないみたいだな」

( ´_ゝ`)「残念だが俺たちには力になれそうにない、すまないな」

テケテケ「そう…」

(´<_` )「そういえば北海道で体千切れたみたいだから、北海道探した方が良いんじゃないか?」

( ´_ゝ`)「それは名案だな、流石は弟者、どうだ?」

テケテケ「…分かった、もう一度北海道に帰ってみる」

( ´_ゝ`)「見つかるように兄弟とメリーさんで祈っておこう」

テケテケ「ありがとう…じゃあね…」

コツッ コツコツ コツ! コツッ コツッコツ コツ!

304 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 22:56:50.97 ID:4joTn9BeO
コツッ コツ コツコツッ… コツ

( ´_ゝ`)「帰って行ったな弟者」

(´<_` )「そうだな、上半身だけにしては意外とまともだったな兄者」

コツッ…コツコツ コツッ…

( ´_ゝ`)「そうだな、足見つかると良いな弟者」

(´<_` )「そうだな兄者」

コツッ…

メリー「…」ブルブル

(´<_` )「…もう大丈夫だぞメリーさん」

メリー「…?」キョロキョロ

( ´_ゝ`)「帰るか、弟者、メリーさん」

(´<_` )「了解だ兄者」

メリー「…」ツン

【テケテケ】 完

312 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 23:07:08.44 ID:4joTn9BeO
【ミミズバーガー】

( ´_ゝ`)「弟者、ハンバーガーを買ってきたぞ」

(´<_` )「いきなりだな兄者、どうしたんだ?」

( ´_ゝ`)「ちょっとハンバーガーを食いたくなってな、ついでにポテトも買ってきたぞ弟者、メリーさんも食うか?」

メリー「…」ツンッ

(´<_` )「では三人で食事だな兄者」

( ´_ゝ`)「そうだな弟者」

318 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 23:12:07.67 ID:4joTn9BeO
( ´_ゝ`)「…」バクッ

(´<_` )「…」パクッ

( ´_ゝ`)「…ん?少し味が違わないか?」

(´<_` )「そうだな兄者、何かおかしいな」

メリー「…?」

( ´_ゝ`)「…もしかしてミミズバーガーか?」

(´<_` )「かもしれないな兄者、まさか本当に存在したとはな」

メリー「…!?」

(´<_` )「食わなくて良かったなメリーさん」

メリー「…」ツンッ

( ´_ゝ`)「しかし…これはこれで行けるな弟者」パクッ

(´<_` )「そうだな、何か癖になる味だ」パクッ

メリー「…」

( ´_ゝ`)「…メリーさんも食うか?」

メリー「…」ツンッ! ツンッ!

323 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 23:16:07.64 ID:4joTn9BeO
( ´_ゝ`)「…」モグモグ

(´<_` )「…」バクッ

メリー「…」

(´<_` )「ジト目は止めてくれないかメリーさん」

( ´_ゝ`)「じゃあメリーさんはポテトを食うか?」

メリー「…!」ツンツンッ
(´<_` )「全力拒否だな兄者」

( ´_ゝ`)「美味しいのに残念だな」

メリー「…」プイッ

【ミミズバーガー】 完

329 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 23:22:27.65 ID:4joTn9BeO
【テンケンソウメツ】

( ´_ゝ`)「山にドライブ中だな弟者」

(´<_` )「説明しなくても分かっているぞ兄者、なあメリーさん」

メリー「…」

( ´_ゝ`)「…後部座席に座っているから返事出来ないみたいだな、弟者、手を平をつつかせてやれ」

(´<_` )「了解だ兄者」

メリー「…」ツンッ

(´<_` )「分かっている、との事だ兄者」

( ´_ゝ`)「まぁ最初から答えは分かっていたけどな弟者」

(´<_` )「そうだな」

334 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 23:28:23.51 ID:4joTn9BeO
( ´_ゝ`)「…暗くなってきたな弟者」

(´<_` )「早く戻った方が良いんじゃないか兄者?」

メリー「…」ツンッ

(´<_` )「メリーさんも早く帰った方が良いと言っているぞ」

( ´_ゝ`)「言っては無いけどな、了解だ弟者、メリーさん」

(´<_` )「山は危ないからな、遭難したら大変だしな兄者」

( ´_ゝ`)「そうだな弟者」


ケン… ソウ…


( ´_ゝ`)「…何か聞こえないか弟者?」

(´<_` )「そうだな兄者」

メリー「…」ビクビク

339 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 23:34:14.20 ID:4joTn9BeO
テン…  ソウ…

( ´_ゝ`)「何かが来るぞ弟者」

(´<_` )「みたいだな兄者」

テン…  ケン…  メツ…

( ´_ゝ`)「徐々に近付いているな弟者」

(´<_` )「そうだな兄者」

( ´_ゝ`)「ちょっと見てくれるか弟者?」

(´<_` )「了解だ兄者」

メリー「…」ブルブル

  ケン… ソウ… メツ…

(´<_` )「よく見えないぞ兄者」

( ´_ゝ`)「まぁ暗いからな、仕方ないな弟者」

341 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 23:40:43.37 ID:4joTn9BeO
テン… ソウ… メツ…

( ´_ゝ`)「結構近付いたみたいだな、どうする弟者」

(´<_` )「どうしようも無いな、このまま走ろう」

テン…ケン…ソウ…メツ…

( ´_ゝ`)「そうするか弟者」

メリー「…」ブルブル

(´<_` )「…ん、少し見えてきたぞ兄者」

( ´_ゝ`)「そうか、どんな感じだ?」

(´<_` )「白いな、そして一本足で頭が無い」

( ´_ゝ`)「また変わった奴が来たな弟者」

(´<_` )「全くだな兄者」

344 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 23:45:08.79 ID:4joTn9BeO
テン…ケン…ソウ…メツ…

(´<_` )「お、よく見えてきたぞ兄者、手をむちゃくちゃに振り回している」

( ´_ゝ`)「ダンスでも踊っているのか弟者」

(´<_` )「そうかも知れないな兄者」

( ´_ゝ`)「HAHAHAHAHAHAHAHAHA!!!」(´<_` )

( ´_ゝ`)「お、俺にも見えたぞ、これは何とも言えない形をしているな弟者」

(´<_` )「そうだろ兄者、話は通じそうに無いな」

( ´_ゝ`)「全くだな弟者」

メリー「…」ビクビク

349 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 23:49:49.44 ID:4joTn9BeO
テン…ケン…ソウ…メツ…

(´<_` )「…あれ、消えたぞ兄者」

( ´_ゝ`)「どうやら右に移動したみたいだな、今度はこっちから声がする」

(´<_` )「横に飛んだのか、凄いな兄者」

( ´_ゝ`)「あぁ、流石は化物だな弟者」

テン…ケン…ソウ…メツ…

(´<_` )「出口はまだか兄者?」

( ´_ゝ`)「後もう少しだと思うぞ弟者」

355 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/21(金) 23:55:23.30 ID:4joTn9BeO
テン…ケン…ソウ…メツ…

(´<_` )「兄者、腕ブラブラがメリーさんの近くに来たぞ」

( ´_ゝ`)「それは大変だな弟者」

メリー「…」ブルブル

(´<_` )「相変わらず震えているな、どうする兄者」

( ´_ゝ`)「こうなったら仕方ないな、少々手荒だが車をぶつけよう」

(´<_` )「それは良い案だな兄者」

( ´_ゝ`)「では行くぞ弟者」ドコッ!

メリー「…」ビクッ!

( ´_ゝ`)「OKクリティカルヒットだ」

(´<_` )「思いっきり横に当てたな兄者」

メリー「…」

362 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/22(土) 00:00:05.82 ID:XBVzUGJWO
( ´_ゝ`)「腕者はどうなった弟者」

(´<_` )「…消えたみたいだぞ、声もしなくなった」

( ´_ゝ`)「流石の化物も車には勝てなかったか」

メリー「…」

(´<_` )「…兄者、メリーさんの様子が変だぞ」

( ´_ゝ`)「どうした弟者?」

(´<_` )「さっきから全くメリーさんが震えてない」

( ´_ゝ`)「それは変だな弟者」

(´<_` )「そうだろ兄者」

368 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/22(土) 00:03:34.88 ID:XBVzUGJWO
( ´_ゝ`)「さて、どうしたものか」

(´<_` )「どうしようか兄者」

( ´_ゝ`)「取り合えずは様子を見よう弟者」

(´<_` )「OK兄者」

メリー「…た」

( ´_ゝ`)「…ん?」

(´<_` )「兄者、さっきメリーさん喋らなかったか?」

( ´_ゝ`)「そうだな、確かに喋った、不思議な事もあるものだな弟者」

(´<_` )「全くだな兄者」

メリー「…いれた」

373 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/22(土) 00:08:49.26 ID:XBVzUGJWO
( ´_ゝ`)「また喋ったな弟者」

(´<_` )「そうだな兄者、本当に珍しいな」

メリー「はいれた」

(´<_` )「ん?

( ´_ゝ`)「お?」

メリー「はいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれた」

( ´_ゝ`)「あぁ、取り憑かれたみたいだな弟者」

メリー「はいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれた」

(´<_` )「そうだな兄者、おかしいと思った」

メリー「はいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれた」

( ´_ゝ`)「うるさいな弟者」

メリー「はいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれた」

(´<_` )「全くだな兄者」

378 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/22(土) 00:13:37.64 ID:XBVzUGJWO
メリー「はいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれた」

( ´_ゝ`)「こうぶつぶつと同じ事言われたらたまらないな弟者」

メリー「はいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれた」

(´<_` )「全くだな兄者」

メリー「はいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれた」

( ´_ゝ`)「弟者、やれ」

メリー「はいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれた」

(´<_` )「了解兄者、ちょっとすまんねメリーさん」コキッ

メリー「はいれたはいれたはいれたはいれたはいれたはいれたコヒュ…」

( ´_ゝ`)「静かになったな弟者」

(´<_` )「そうだな兄者」

メリー「…」グター

393 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/22(土) 00:18:52.50 ID:XBVzUGJWO
…テン…ケン…ソウ…メツ…

( ´_ゝ`)「外に出たみたいだな弟者」

(´<_` )「みたいだな兄者、メリーさんだから助かったのかもな」

( ´_ゝ`)「メリーさんはどうだ?」

メリー「スー…スー…」

(´<_` )「寝息たてながら寝てるぞ兄者」

( ´_ゝ`)「そうか、良かったな弟者」

(´<_` )「全くだな、首をコキッとしたかいがあったもんだ」

テン…ケン…ソウ…メツ…

( ´_ゝ`)「…まだこりてないみたいだな弟者」

(´<_` )「そうみたいだな兄者」

400 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/22(土) 00:25:08.59 ID:XBVzUGJWO
(´<_` )「猛スピードで後ろから追いかけて来てるぞ兄者」

( ´_ゝ`)「怒ってるのか?」

(´<_` )「多分そうだろうな、どうする兄者」

( ´_ゝ`)「猛スピードで真後ろから追いかけてくる…答えは一つしかないな」

(´<_` )「OK兄者、メリーさんと俺はしっかりシートベルトしてるぞ」

( ´_ゝ`)「よし、急ブレーキだ」ギィイイイイ!!!


ドコォッ!!!!!

( ´_ゝ`)「OK直撃だ弟者」

(´<_` )「流石だよな俺ら」

( ´_ゝ`)「HAHAHAHAHAHAHAHAHA!!!」(´<_` )

( ´_ゝ`)「帰るか弟者」

(´<_` )「そうだな兄者」

【テンケンソウメツ】 完

410 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/22(土) 00:32:14.46 ID:XBVzUGJWO
【口裂け女】

( ´_ゝ`)「茶葉を買い物に行くか弟者」

(´<_` )「もう無くなったのか兄者」

( ´_ゝ`)「そうだ、流石に飲み過ぎかもな」

メリー「…」ツン

(´<_` )「メリーさんも飲み過ぎだねって言ってるぞ兄者」

( ´_ゝ`)「とまぁ、そういうわけで行くぞ弟者、メリーさん」

メリー「…」ツン

(´<_` )「OK兄者」

416 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/22(土) 00:37:46.24 ID:XBVzUGJWO
( ´_ゝ`)「沢山買ってしまったな弟者」

(´<_` )「流石に買い過ぎだろ兄者」

メリー「…」ツン

( ´_ゝ`)「やはりそうか、しかしどうせすぐに無くなるからな、別に良いだろ弟者、メリーさん」

(´<_` )「まぁそれもそうだな」

女「あの…」

( ´_ゝ`)「…ん?」

(´<_` )「…お?」

メリー「…?」

418 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/22(土) 00:44:35.70 ID:XBVzUGJWO
( ´_ゝ`)「どうしました?お美しいお嬢さま」

(´<_` )「何かお困りですか?美しいお嬢さま」

メリー「…」

女「…えっと…私綺麗?」

( ´_ゝ`)「えぇ勿論ですとも、とてもお美しいですよ」

(´<_` )「それはもう光り輝いてますよ」

女「そんな…///」

メリー「…」

口裂け女「じゃなくて…これでも綺麗かー!!」

( ´_ゝ`)「えぇ、とてもお美しいです、素敵ですね」

(´<_` )「良ければこれからお茶などいかがですか?」

口裂け女「え…」

428 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/22(土) 00:48:55.05 ID:XBVzUGJWO
(´<_` )「どうしたんですか?さぁ行きましょう」

( ´_ゝ`)「綺麗ですよお嬢さま」

メリー「…」

口裂け女「し、失礼しました!!」

( ´_ゝ`)「あぁ、行ってしまったな弟者」

(´<_` )「残念だな兄者、口裂け女とお茶を飲める機会など殆どないのに」

( ´_ゝ`)「全くだな、少し強引に行き過ぎたか」

メリー「…」ギュー

(´<_` )「痛いぞメリーさん、つままないでくれ」

( ´_ゝ`)「これ結構シャレにならないからなメリーさん」

メリー「…」プイッ

431 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/22(土) 00:53:28.50 ID:XBVzUGJWO
( ´_ゝ`)「一度で良いから口裂け女とお茶を飲んでみたかったんだがな」

(´<_` )「そうだな、俺もだ兄者、何でだろうな」

( ´_ゝ`)「分からん、そんな事思い始めた時の事など覚えていないぞ弟者」

(´<_` )「俺もだ兄者」

メリー「…」

( ´_ゝ`)「まぁ良い、またどこかで会えそうな気もするし帰るか」

(´<_` )「そうだな兄者」

メリー「…」ツンッ

【口裂け女】 完

437 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/22(土) 01:03:31.95 ID:XBVzUGJWO
【メリーさん②】

( ´_ゝ`)「普通に過ごしてたけどメリーさんが来てから結構たつな弟者」

(´<_` )「そうだな兄者、あまりに自然にいたから気づかなかったぞ」

( ´_ゝ`)「久しぶりに電話してみるか弟者」

(´<_` )「そうだな兄者、メリーさんいいか?」

メリー「…」ツンッ

(´<_` )「良いみたいだな」

( ´_ゝ`)「よし、かけるぞ」

カナラズー ボクラーハデーアウダロー オンナジ

『…もしもし、私メリーさん』

( ´_ゝ`)「メリーさん着メロ変えたんだな」

『…うん』

444 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/22(土) 01:08:38.39 ID:XBVzUGJWO
( ´_ゝ`)「それでメリーさん、最近気になっている事とかはあるか?」

『…えっと…首にちょっと…違和感があった事かな』

(´<_` )「…」

( ´_ゝ`)「…」

『あ…でも、もう治ってるから…』

( ´_ゝ`)「そうか、それは良かったな弟者」

(´<_` )「あぁ、本当に良かったな兄者」

448 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/22(土) 01:12:24.63 ID:XBVzUGJWO
( ´_ゝ`)「他には何か無いかメリーさん」

『えっと…』

( ´_ゝ`)「どうしたメリーさん」

『その…私がいて…迷惑じゃ…ない?』

(´<_` )「…いや、それは今の所は無いな」

( ´_ゝ`)「そうだな、今の所は大丈夫だ」

『今の所…フフッ…ありがとう…』

( ´_ゝ`)「うむ」

454 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/22(土) 01:17:46.14 ID:XBVzUGJWO
( ´_ゝ`)「他には無いかメリーさん」

『…ううん…大丈夫…』

( ´_ゝ`)「そうか」

『えっと…ありがとう…兄者…弟者』

( ´_ゝ`)「うむ」

(´<_` )「うむ」

( ´_ゝ`)「切れたな、少し照れたな弟者」

(´<_` )「そうは見えないぞ兄者」

( ´_ゝ`)「弟者も人の事いえないがな」

(´<_` )「うむ全くだな、それではメリーさんとテレフォンコーナー終了だな兄者」

( ´_ゝ`)「コーナーだったのか弟者」

メリー「…♪」

【メリーさん②】 完

459 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/22(土) 01:23:25.24 ID:XBVzUGJWO
【クネクネ】

( ´_ゝ`)「凄い田舎にやってきたな弟者」

(´<_` )「そうだな兄者、一面田んぼだらけだな」

メリー「スー…ハー…」

( ´_ゝ`)「空気が美味しいかメリーさん」

メリー「…」ツンッ

(´<_` )「確かに良い空気だな、しかし何で俺たちはこんな所にいるんだ?」

( ´_ゝ`)「ドライブだドライブ、細かい事は気にするな」

(´<_` )「そうするか」

メリー「…」ツンッ

( ´_ゝ`)「メリーさんも賛成しているな」

464 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/22(土) 01:29:10.38 ID:XBVzUGJWO
( ´_ゝ`)「これからどうする弟者」

(´<_` )「この辺をブラブラすれば良いんじゃないか兄者」

メリー「…」ツンッ

( ´_ゝ`)「メリーさんも賛成か」

「お前、見たのか!!!!アレを見たのか!!!!??」

メリー「!?」ビクッ

(´<_` )「何だ、何かあったのか?」

( ´_ゝ`)「行ってみるか弟者」

(´<_` )「そうだな兄者」

メリー「…」

465 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/22(土) 01:33:51.25 ID:XBVzUGJWO
( ´_ゝ`)「泣き崩れた爺とキョトンとした子供が一人」

(´<_` )「それと狂ったように踊っている青年が一人か

爺「良かった…お前だけでも助かって…本当に良かった…」

子供「…え?お兄ちゃんどうしちゃったの?ねえお爺ちゃん?」

青年「ははハハHaはhaはハはハハハはHAハはハ」クネクネクネクネクネクネクネクネクネクネクネクネクネクネクネクネクネクネクネクネ

( ´_ゝ`)「あんまり大した事ない光景だな弟者」

(´<_` )「そうだな兄者、期待外れだな」

メリー「…」ブルブル

473 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/22(土) 01:40:56.24 ID:XBVzUGJWO
( ´_ゝ`)「どうする弟者」

(´<_` )「取り合えず話を聞くか兄者」

( ´_ゝ`)「そうするか弟者」

( ´_ゝ`)「どうしたんだ?」

爺「だ、誰じゃお前は!?」

(´<_` )「そんな事は後で良いだろ、何かあったのか?」

爺「じ…実は…そこのたかし…青年がアレを望遠鏡で見てしまったのじゃ」

青年「ははハハはHハaハはhaはハはハハははHAハはハ」クネクネクネクネクネクネクネクネクネクネクネクネクネクネクネクネ

( ´_ゝ`)「そこの笑いながらクネクネクネクネしている奴か」

(´<_` )「アレってあの田んぼの白い奴か?」

爺「そうじゃ…もう良いじゃろ…ワシはこの二人を連れて家に帰るぞ」

(´<_` )「はいどうぞ」

( ´_ゝ`)「お大事に」

476 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/22(土) 01:46:03.38 ID:XBVzUGJWO
( ´_ゝ`)「で、どうする弟者」

(´<_` )「まぁ、忘れて行った望遠鏡もある事だし、答えは一つだな」

( ´_ゝ`)「そうだな弟者」

メリー「…」フルフル

( ´_ゝ`)「…止めた方が良いのか?」

(´<_` )「…どうする兄者」

( ´_ゝ`)「うーむ…、お前が決めろ弟者」

(´<_` )「OK、では少しだけ見るぞ兄者」

( ´_ゝ`)「了解弟者」

メリー「…!」

483 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/22(土) 01:50:48.20 ID:XBVzUGJWO
(´<_` )「…」

( ´_ゝ`)「どうだ弟者」

(´<_` )「…いや、普通に白い何かがクネクネしているだけだが」

メリー「…!?」ツンッツンッ

( ´_ゝ`)「え?そんなはずは無いって?」

メリー「…!」ツンッ

(´<_` )「いや、しかし白い何かがクネクネしていただけだったが、何かは分からないが」

( ´_ゝ`)「ちょっと貸してみろ弟者」

(´<_` )「了解兄者」

メリー「…!」フルフル

488 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/22(土) 01:56:36.80 ID:XBVzUGJWO
( ´_ゝ`)「…」

(´<_` )「どうだ兄者」

( ´_ゝ`)「…確かに白い何かがクネクネしているだけだな、しかしこれは何だ弟者」

(´<_` )「分からん、何だろうな兄者」

メリー「…?」ツンッ

(´<_` )「望遠鏡を貸せと言っているぞ兄者」

( ´_ゝ`)「了解だメリーさん」

メリー「…」

( ´_ゝ`)「どうだメリーさん」

(´<_` )「何もないだろう?」

メリー「…」クネッ

( ´_ゝ`)「…」

(´<_` )「…」

500 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/22(土) 02:00:37.77 ID:XBVzUGJWO
メリー「…ハハ」クネクネッ

(´<_` )「どうやら本当だったみたいだな兄者」

( ´_ゝ`)「そうみたいだな弟者」

メリー「…ハハHAは」クネクネクネクネッ

(´<_` )「次は兄者が頼むぞ」

( ´_ゝ`)「OK弟者」ポキッ

メリー「ハハ…」

(´<_` )「流石は兄者、上手いな」

( ´_ゝ`)「まあな」

メリー「…キュー…」

510 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/22(土) 02:05:42.94 ID:XBVzUGJWO
メリー「スー…スー…」

メリー「…?」

(´<_` )「気がついたかメリーさん」

( ´_ゝ`)「ここは家の中だぞ」

メリー「…?」

(´<_` )「何があったのか聞きたそうだぞ兄者」

( ´_ゝ`)「気にするなメリーさん、思い出さない方が良い」

メリー「…」

(´<_` )(中々目覚めないから流石に逝ったかと思ったぞ兄者)

( ´_ゝ`)(すまないちょっと力が入りすぎたぞ弟者)

メリー「…?」

【クネクネ】 完

665 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/22(土) 13:46:01.76 ID:XBVzUGJWO
【コーラの原液】

( ´_ゝ`)「良い物を見せてやるぞ弟者、メリーさん」

(´<_` )「どうしたんだ兄者?」

メリー「…?」

( ´_ゝ`)「良いからこっち来い弟者」

(´<_` )「了解だ兄者」

( ´_ゝ`)「これだ弟者、メリーさん、見てみろ」

(´<_` )「…茶色い液体が鍋の中一杯に入っているな」

メリー「…」ワクワク

675 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/22(土) 13:55:12.51 ID:XBVzUGJWO
(´<_` )「この液体は一体何なんだ兄者」

メリー「…?」

( ´_ゝ`)「これはコーラの原液だ弟者」

(´<_` )「コーラの原液?それはトップシークレットだろ、何で兄者が持っているんだ?」

( ´_ゝ`)「俺が作ったからだな弟者」

(´<_` )「なるほど、納得だ兄者」

メリー「…?」

(´<_` )「メリーさんが何で作れたのか聞きたそうな顔をしているぞ兄者」

( ´_ゝ`)「実はコーラの原液を作ってみたくなってな、苦節一時間の末ようやく完成した」

(´<_` )「何かごそごそやっていると思ったらそんな事していたのか、しかし一時間で完成させるとは流石だな兄者」

( ´_ゝ`)「まあな」

679 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/22(土) 14:05:45.03 ID:XBVzUGJWO
メリー「…」ワクワク

( ´_ゝ`)「飲んでみるかメリーさん」

メリー「…!」ツンッ

(´<_` )「メリーさんの目がキラキラしているな兄者」

( ´_ゝ`)「そうだな弟者、ではコップに注ぐぞ…あ、少しこぼれたな」ポタッ

ジュワアアァ…

メリー「!!?」ビクッ

(´<_` )「コンロがただれたぞ、どうなっているんだ兄者」

( ´_ゝ`)「どうやら酸が強すぎて特殊な素材で作ったものじゃ無いと焼けただれてしまうみたいだな、酸に強いコップを用意しておいて良かった」

(´<_` )「用意が良いな、流石は兄者」

メリー「…」

( ´_ゝ`)「ほら、出来たぞメリーさん、飲め」

メリー「…!!」ツンツンッ!

(´<_` )「全力で拒否しているぞ兄者」

( ´_ゝ`)「何故だろうな弟者」

681 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/22(土) 14:10:29.19 ID:XBVzUGJWO
【数日後】

( ´_ゝ`)「無くなってしまったな弟者」

(´<_` )「最後の方は殆ど原液で飲んでいたから仕方無いな兄者」

( ´_ゝ`)「そうだな、最初は流石にヤバいかと思ったが意外と大丈夫だったな弟者」

(´<_` )「流石だよな俺ら」

メリー「…」

( ´_ゝ`)「結局最後までメリーさんは飲まなかったな」

(´<_` )「コーラは嫌いだったのかもな兄者」

メリー「…」

【コーラの原液】 完

693 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/22(土) 14:22:36.38 ID:XBVzUGJWO
【猿夢】

( ´_ゝ`)「弟者、何で俺達は電車のホームにいるんだ?」

(´<_` )「多分夢だろうな兄者、後ろを見てみろ、メリーさんがいない」

( ´_ゝ`)「なに?」

( ´_ゝ`)「本当だな、メリーさんが見当たらない、しかし夢だとしても二人が同じ夢を見ていると言うのか弟者?」

(´<_` )「実際見ているのだから仕方ないだろう、しかしリアルな夢だな兄者」

( ´_ゝ`)「そうだな弟者」

ガタンガタン…ガタンガタン… ガタン…
ヴゥゥウウウウゥゥ…

( ´_ゝ`)「電車が来たみたいだな弟者、乗るか?」

(´<_` )「面白そうだから乗ってみよう兄者」

( ´_ゝ`)「了解だ弟者」

700 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/22(土) 14:28:52.87 ID:XBVzUGJWO
『まもなく 電車が来ます。その電車に乗ると怖い目に会いますよー』

(´<_` )「らしいぞ兄者」

( ´_ゝ`)「面白いな、どんな目なのか見せてもらおうじゃないか弟者」

(´<_` )「流石だな兄者、では乗り込むぞ」

( ´_ゝ`)「OK」

『出発しま~す』

ガタ…ガタン…ガタン…ガタンガタン…ガタンガタン…

( ´_ゝ`)「走り出したようだな弟者」

(´<_` )「そのようだな兄者」

706 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/22(土) 14:35:41.07 ID:XBVzUGJWO
男「…」

女「…」

( ´_ゝ`)「男と女が乗っているな弟者」

(´<_` )「どちらも今にも死にそうな顔をしているな」

( ´_ゝ`)「ではその二人の横に座るとするか弟者」

(´<_` )「そうするか兄者」

『え~。次は~活け作り~活け作り~』

( ´_ゝ`)「豪華だな、振る舞ってくれるのか?」

(´<_` )「振る舞ってくれるにしても電車の中ではあまり食いたく無いがな兄者」

( ´_ゝ`)「それもそうだな弟者」

男「ギャァアアアアアア!!!ウワァ!!アァッ!!アガァァアアアァアアア!!!!」

( ´_ゝ`)「何かあったみたいだな弟者」

(´<_` )「そうみたいだな兄者」

女「…」

709 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/22(土) 14:41:07.46 ID:XBVzUGJWO
男「ァ…アァ…ゥ…」

( ´_ゝ`)「力尽きたみたいだな弟者」

(´<_` )「そうみたいだな兄者、そういえばさっきまでいた男はどこに行ったんだ?」

( ´_ゝ`)「居ないな、もしかしたらそこに転がっている肉塊がそうなんじゃないか?」

(´<_` )「なるほど男の活け作りか、あまり食いたくないな兄者」

( ´_ゝ`)「全くだな弟者」

女「…」

(´<_` )「さっきから全く動かないなこの女性」

( ´_ゝ`)「あの騒ぎにも動じないとは流石だな」

720 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/22(土) 14:47:40.91 ID:XBVzUGJWO
『次は~。抉り出し~抉り出し~』

( ´_ゝ`)「抉り出しらしいぞ弟者」

(´<_` )「何を抉り出すんだろうな兄者」

( ´_ゝ`)「…ん?何かが来たぞ」

(´<_` )「小人…猿か?変な生物だな兄者」

( ´_ゝ`)「本当だな弟者、よく見ると何か持っているぞ」

(´<_` )「先がギザギザのスプーンだな、あれで何かを抉り出すんだろうな」

( ´_ゝ`)「と言うことは活け作りもあの猿者が作ったのか、上手いな」

(´<_` )「あぁ、流石だな」

726 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/22(土) 14:55:34.08 ID:XBVzUGJWO
女「ヒッ…キャァアアアアアア!!!イヤッ、イヤァアアアアアア!!!!」グジュガジュゴリブチッ

( ´_ゝ`)「女の目玉が抉られているな弟者」

(´<_` )「そうだな兄者、しかし女に手を挙げるとは卑劣な奴らだな」

( ´_ゝ`)「使ったのはキザスプーンだがな、どうする弟者?」

(´<_` )「助けるにももう手遅れだろう、諦めよう」

( ´_ゝ`)「そうだな諦めるか」

女「ウゥ…ア…ァァ…」

( ´_ゝ`)「ふむ、絶命したみたいだな弟者」

(´<_` )「目玉を抉られただけでも死ぬものなんだな兄者」

( ´_ゝ`)「多分ショック死だろうな」

730 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/22(土) 15:01:47.87 ID:XBVzUGJWO
『次は~。挽肉~挽肉~』

( ´_ゝ`)「挽肉らしいぞ弟者」

(´<_` )「挽肉と言えばハンバーグだな兄者」

( ´_ゝ`)「そうだな弟者、今度作るか」

(´<_` )「まぁそれは置いておくとして、この順番だと次は俺達じゃないのか?」

( ´_ゝ`)「そうだな弟者」

ウィイイン ウィィイン

猿「ギヒヒ…ギャヒヒヒヒ」
( ´_ゝ`)「猿者が大層な機械を持ってきたぞ弟者」

(´<_` )「そうだな兄者、どうする?」

( ´_ゝ`)「このまま殺される筋合いも無いだろう、出来るだけ抵抗するか弟者」

(´<_` )「OK兄者」

739 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/22(土) 15:11:52.51 ID:XBVzUGJWO
ウィイイン ウィィィイン

猿「ギヒャヒャヒャ…グヒッ」

猿2「ゲヒヒヒヒ…」

猿3「ギャヒャヒャヒャヒャ…キヒャ!」

猿4「グヒッグヒッ…」

( ´_ゝ`)「四匹位か、しかしこうして見るとサイバイマンみたいだな弟者」

(´<_` )「そうだな兄者、それではやるか」バコォ!

猿2「ギャヒュ…」

(´<_` )「ふむ、夢の中だからか体が何時も以上によく動くな」

( ´_ゝ`)「それにしてもあのパンチ力は流石だな、猿者が吹っ飛んだぞ」

猿2「…」ピクッ ピクッ

753 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/22(土) 15:18:24.52 ID:XBVzUGJWO
( ´_ゝ`)「では俺もやってみるか」ボコォ!

猿4「ギヒョッ!」

(´<_` )「流石は兄者、凄まじい脚力だな」

( ´_ゝ`)「流石は夢の中だな、何でもありだ」

『え~。電車の中で暴れるのは止めて下さい~他のお客様の迷惑になります~』

( ´_ゝ`)「暴れるなと言っているぞ弟者」

(´<_` )「そういう訳にもいかんだろう兄者」

( ´_ゝ`)「そうだな弟者」

猿「キ…キィ…」ビクビクッ

猿3「キィィ…」ブルブル

( ´_ゝ`)「猿者が怯えているぞ弟者」

(´<_` )「そうだな兄者、勝手な猿だな」

755 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/22(土) 15:25:12.12 ID:XBVzUGJWO
( ´_ゝ`)「この猿者達どうする弟者?」

(´<_` )「少しお仕置きは必要だろうな兄者」

( ´_ゝ`)「そうだな兄者、では全力でいくか」

猿「キィ!?」

猿3「ギャヒ!?」

『え~。動物虐待は止めてください~』

(´<_` )「俺達を挽肉にしようとした奴が何か言っているぞ兄者」

( ´_ゝ`)「そうみたいだな弟者、無視するか」

(´<_` )「そうだな兄者」

『あ~。分かりました~夢から帰すので止めてください~お願いします~』

( ´_ゝ`)「帰してくれるらしいぞ弟者」

(´<_` )「なら大目に見てやるか兄者」

( ´_ゝ`)「そうするか弟者」

757 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/22(土) 15:26:39.70 ID:XBVzUGJWO
飯食ってくる

760 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/22(土) 15:37:39.42 ID:XBVzUGJWO
【数時間後】

( ´_ゝ`)「しかし変な夢だったな弟者」

(´<_` )「そうだな兄者、結局猿者達はボコボコにしてしまったしな」

メリー「…?」

(´<_` )「どんな夢なのか聞きたいみたいだぞ兄者、どうする?」

( ´_ゝ`)「教えるのは止めておいた方が良いだろ弟者」

(´<_` )「そうだな、止めておいた方が良いな」

メリー「…」

(´<_` )「まぁそうすねるなメリーさん、早く挽肉をこねてくれ」

メリー「…」ツンッ

( ´_ゝ`)「…服に挽肉がついてしまったぞ弟者」

(´<_` )「仕方ないだろ、我慢しろ兄者」

メリー「…」

『猿者』 完

766 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/22(土) 15:52:02.97 ID:XBVzUGJWO
『三回見ると死ぬ画像』

キャァアアアアアア!!!

メリー「…!?」ビクッ!

( ´_ゝ`)「OKブラクラゲット」

(´<_` )「流石だな兄者、今日だけで何度目だ?」

( ´_ゝ`)「もう36回だな、流石に飽きたぞ」

メリー「…」ウルウル

(´<_` )「メリーさんは未だに慣れないみたいだな兄者」

( ´_ゝ`)「そのようだな弟者」

(´<_` )「しかし、何を探しているんだ?また例の画像を探しているのか」

( ´_ゝ`)「メリーさんがいるのにそんな事するわけ無いだろう弟者、少し風景画を集めていただけだ」

(´<_` )「風景画でそこまでブラクラを貼られるとは、流石だな兄者」

772 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/22(土) 16:02:46.58 ID:XBVzUGJWO
メリー「…?」

(´<_` )「メリーさんが例の画像って何?と聞きたげな顔をしているぞ兄者」

( ´_ゝ`)「それは流石に教えられないなメリーさん、人生の苦汁を舐めて人間としてもう少し大きくなったら教えてやる」

(´<_` )「メリーさんは人間じゃないぞ兄者」

( ´_ゝ`)「あぁ、そうだったな弟者」

メリー「…」

( ´_ゝ`)「まぁ良いだろ、次はこれだ」カチッ

(´<_` )「これは…アレか」

メリー「…?」

( ´_ゝ`)「あぁ、アレだな弟者、三回見ると死ぬ画像だ」

メリー「!?」

(´<_` )「まぁただの根も葉も無いネットの噂だ、気にするなメリーさん」

メリー「…」

774 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/22(土) 16:14:02.81 ID:XBVzUGJWO
( ´_ゝ`)「まぁ、俺はこの画像を見たの丁度三度目何だけどな」

メリー「…」

(´<_` )「そうなのか、それはご愁傷様だな兄者」

( ´_ゝ`)「縁起でも無いことを言うな弟者」

(´<_` )「すまんな兄者」

( ´_ゝ`)「それよりもこの画像の事を少し詳しく教えてくれないか弟者」

(´<_` )「確かベクシンスキーという画家が書いた絵だったと思うぞ兄者、三回見たら死ぬとか不幸な事がおこるとかいわれている」

メリー「…」

(´<_` )「心配するなメリーさん、ただの都市伝説だ」

( ´_ゝ`)「メリーさんも都市伝説だけどか弟者」

(´<_` )「そうか、忘れていたぞ兄者」

メリー「…」

786 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/22(土) 16:38:30.46 ID:XBVzUGJWO
(´<_` )「まぁ気にする必要は無いだろ兄者」

( ´_ゝ`)「そうだな、続けるか」カチッ

キャァアアアアアア!!!

メリー「…!?」ビクッ

( ´_ゝ`)「OKブラクラゲット」

(´<_` )「またか兄者、もしかして不幸ってこれじゃないのか?」

( ´_ゝ`)「そうかもしれないな、しかしこれでは俺の不幸と言うよりメリーさんの不幸じゃないのか?」

(´<_` )「そうだな兄者」

メリー「…」グスッ

787 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/22(土) 16:44:14.01 ID:XBVzUGJWO
【三時間後】

( ´_ゝ`)「1日のブラクラゲット記録を更新したぞ弟者」

(´<_` )「そうだな兄者、軽く百回以上は開いたな」

( ´_ゝ`)「…ん?メリーさんの気配を感じないぞ弟者、どうしたんだ」

(´<_` )「途中で嫌になったみたいでな、早くに帰ったぞ兄者」

( ´_ゝ`)「そうか、悪いことをしたな弟者」

(´<_` )「そうだな兄者」

『三回見ると死ぬ画像』 完

798 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/22(土) 16:58:52.18 ID:XBVzUGJWO
知っている都市伝説が尽きたので終わろう思います

817 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/22(土) 17:09:42.85 ID:XBVzUGJWO
八尺様はすまん
今度妖怪系で書こうとか思ってるからその時出させて貰う

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

K-AYUMU

Author:K-AYUMU

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

ユーザタグ

カ行 タ行 ア行 ちんこ ハ行 サ行 マ行 ナ行 英数字  ^ω^) ('A`) ラ行 1レス ワ行 (´・ω・`) ショボーン ヤ行 ブーン ショボン トソン 'ー`)し ξ゚⊿゚)ξ (,゚Д゚) ドクオ まんこ (=゚д゚) J( 1レス カラマロス大佐 シュー ミセリ (-_-) いよう 川д川 人狼 (∪^ω^) 世紀末 ツンデレ 

FC2カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。