mesimarja
気に入ったスレを集めてみました。
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

('A`)花夢のようです
1 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/06/27(金) 21:44:39.02 ID:JZtphzhP0
 
 海が広がっている。
 奇妙に曇った灰色の空と、濁った海。


ξ ⊿ )ξ  ( ω  )


 知らない男女が海の中に立っている。
 顔は見えない。


ξ ⊿ )ξ「    」


 けれども彼女達は何かを伝えようとし。


(  ω )「    」


 いつもいつも、聞こえないで終わる。

 咲き誇る花。
 鮮やかな赤。くすんだ青。
 紫陽花。
 海に咲いた花弁が、二人の足元から散るように、湧き上がるように、広がっていく。


 それはまるで、自分を呑み込もうとしているようだった。


2 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/06/27(金) 21:45:49.01 ID:JZtphzhP0
 


('A`)花夢のようです



 

4 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/06/27(金) 21:47:28.40 ID:JZtphzhP0
 
 じりじりと日が照る。
 梅雨の合間の見事な晴れの日だった。


(;'A`)「あっちぃ……」


 海の見える道を歩きながら、ドクオは呟いた。
 ああ全く、何でこんな所まで来てしまったのか。最悪の気分だ。


  ◇
  十


('A`)「ん?」

('A`)「……『時計塔の二階』、って字ィちっちゃ!」

('A`)「何だよこの看板……案内する気あんのかよ」
 

5 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/06/27(金) 21:48:27.16 ID:JZtphzhP0
 
  ◇
  十  ....( 'A`)


  ◇
  十   ('A`)ピタ


  ◇
  十  ('A` )....


('A`)「……『占い、承ります』」

('A`)「これかよ。マジかよ」


 どうやら目的の場所は、この看板の先のようだった。

 

6 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/06/27(金) 21:49:33.27 ID:JZtphzhP0
 

('A`)「……お邪魔しますよーっと」

('A`)「あー涼しい」

川('A`)「……誰もいねえのかな」

川 ゚('A`)「まあこの時計塔も看板も、随分寂れてるしな……」

川 ゚ -゚)('A`)

川 ゚ -゚) .....( 'A`)

川 ゚ -゚)   ('A` )

川 ゚ -゚)ノシ ('A` )


川 ゚ -゚) Σ('A`;)「うおおおおおお!?」


 女が背後に立っていた。
 長い黒髪を背中で遊ばせている。
 

7 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/06/27(金) 21:51:22.08 ID:JZtphzhP0
 
川 ゚ -゚)「いらっしゃい」

(;'A`)「い、いつからそこに」

川 ゚ -゚)「お前が階段を上ってきた時から」

(;'A`)「声かけてくれよ!」

川 ゚ -゚)「気付かない方がどうかと思うが」

(;'A`)「そ、それはまあ、確かに……」

川 ゚ -゚)「気配は殺してたけどな」

('A`)「確信犯じゃねえか!!」
 

8 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/06/27(金) 21:53:27.00 ID:JZtphzhP0
 
川 ゚ -゚)「さて、お茶でも淹れよう」

('A`)「おい待て」

川 ゚ -゚)「話をしに来たんだろう?」

('A`)「……」

川 ゚ -゚)「私はコーヒー党だ。構わないな」

('A`)「言いながら既に用意してんじゃねえか……」

川 ゚ -゚)「とりあえず気が散るから座れ」

('A`)「……ハイ」


 この酷く強引でマイペースな女は、例の分かりにくい看板を書いた主だった。
 コーヒーの香りが漂う。香りは悪くないが、正直美味くない。
 

9 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/06/27(金) 21:54:27.31 ID:JZtphzhP0
 
川 ゚ -゚)「それで、何を占って欲しいんだ?」

('A`)「……」

川 ゚ -゚)「流石にテレパシーは持ってないから喋れ」

('A`)「いや……何か、本当にあると思わなくて」


 ネットの噂を頼りにやって来て、すっかり道が分からなくなって、最悪の気分だった。
 そしてここに至ってこの強引な女のペースに完全に飲まれていたが、我に返ると。


川 ゚ -゚)「ま、分かりにくい場所だからな」

('A`)「おまけに看板の文字は小さいし」

川 ゚ -゚)「そうか? お前の目が悪いだけじゃないか?」

('A`)「あれは誰がどう見ても小せえよ」

川 ゚ -゚)「そうか。明日あたりもっと大きく書き直そう」


 で、と女は頬杖をついた。

 

10 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/06/27(金) 21:55:40.13 ID:JZtphzhP0
 
川 ゚ -゚)「占って欲しいことを、話せ」

('A`)「……夢、の話で、いいんだよな」

川 ゚ -゚)「ああ。夢以外でも占いはするが、聞きたいのは夢占いか」

('A`)「ああ」


 コーヒーを一口。本当に香りは悪くないのに、何て残念な味だろうか。


('A`)「二週間くらい前から、かな。三日に一回、いつも同じ夢を見る」


 そしてドクオは、ついに本題を切り出した。


 

12 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/06/27(金) 21:57:18.13 ID:JZtphzhP0
 
川 ゚ -゚)「ふむ」


 海と、知らない男女と、紫陽花。
 話してみれば案外短いそれを聞いて、女が返したのはその一言だった。


('A`)「……」

川 ゚ -゚)

('A`)「で、あの、占いは」

川 ゚ -゚)「ん? ああ。今日は暑いからどうしようかと考えていた」

('A`)「おい」


 所詮噂は噂、ただの変人の話が膨れ上がっただけか。
 今すぐ帰ろう、そして忘れよう、とドクオが決意しかけたその時、女は立ち上がった。


川 ゚ -゚)「お前、名前は」

('A`)「え、あー、鬱田ドクオ……」

川 ゚ -゚)「分かった。私は素直クール。クーと呼べ」

('A`)「お、おう」

13 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/06/27(金) 21:58:55.42 ID:JZtphzhP0
 

 女は本棚から一冊の本を取り出す。


川 ゚ -゚)「今日は特別だ。始めるぞ」

('A`)「何をだよ」

川 ゚ -゚)「無論、占いだとも。さあ、お前もこっちに来い」

('A`)「な、何なんだよ」

川 ゚ -゚)「ドクオ、お前の聞いた噂では、私は何と呼ばれていた?」


 唐突な展開と問いに、一瞬口を噤む。
 だが、その呼び名は脳裏にすぐ浮かんでいた。
 

14 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/06/27(金) 21:59:51.39 ID:JZtphzhP0
 
('A`)「『時計塔の占い師』」

川 ゚ -゚)「そう。もう一つ二つ、なかったか?」

('A`)「……『時計塔の気狂い魔女』」

川 ゚ -゚)「気狂いとは、また余計な称号がついたものだ。まあいいさ。
     ――その所以を、見せてやろうじゃないか」

('A`)「……」

川 ゚ -゚)「ほら、私の前に立て。知りたいだろう?」


 ドクオは立ち上がる。
 未だコーヒーの香りがけぶる中、部屋の中央へ進む。
 時計塔の気狂い魔女――クーは、本を開く。
 クーの手の上で、その本は勝手にページをめくり始めた。
 唖然とそれを見つめていると、にやりと魔女は笑う。


川 ゚ -゚)「――さあ、お前の夢を解き明かそう」


 今になって、時計の音が大きく大きく響き始める。
 ぶわりと、目の前を白いページが埋めた。

 

15 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/06/27(金) 22:01:49.53 ID:JZtphzhP0
 


('A`)「っ……」


 ドクオが目を開けると、そこは海だった。


(;'A`)「え」

川 ゚ -゚)「やはり涼しいな。正解だった」

(;'A`)「え、何、ど、どういう、え?」


 まさに、いつも夢で見ている風景だ。
 曇り空に海、海から溢れる花弁。ただ、男女の姿は見当たらない。
 混乱と同時に、不安が一気に沸き起こる。
 こわい。
 おそろしい。
 分からない、何故急にこんな、いいや、いつも不安だった? 怖かった?

 

16 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/06/27(金) 22:03:49.61 ID:JZtphzhP0
 
川 ゚ -゚)「さあ。行け」

('A`)「ど、どこへ」

川 ゚ -゚)σ「目の前だよ。お前の夢の源」

(;'A`)「……この海に入れって!? 無茶言えよ!」

川 ゚ -゚)「何故だ?」

('A`)「何故、って……」


 何故、だろうか。
 答えられなかった。


('A`)「だって、こんな妙な海……」

川 ゚ -゚)「その妙な海が、何だって?」

('A`)「……こわい」

川 ゚ -゚)「……そうか」


 そうだ、こわい。
 酷く恐ろしい。何故だろう、いつもはここまで怖くはないのに。
 

17 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/06/27(金) 22:05:50.42 ID:JZtphzhP0
 
川 ゚ -゚)「えい」

('A`)「は?」


 どん、と背中を押された。


(;ノ'A`)ノ「だあああああああ!?」


 呆気なくドクオの身体はバランスを崩し、海に向かって突っ込んだ。


(;'A`)「ててててめえ、何しやがっ」


 ごぽり。
 海が沸く。


('A`)「……あ……」


 赤い花弁が浮かび上がる。
 青い花弁が浮かび上がる。
 

18 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/06/27(金) 22:08:20.12 ID:JZtphzhP0
 
('A`)「あ、うわ」


 ぶわり。
 まとわり、ついて、いく。


(;'A`)「あ、あ、」

川 ゚ -゚)

(;'A`)「あ、い、いやだ、た、助け」

川 ゚ -゚)


 クーは何もせず、その光景を眺めている。
 おかしい、こんなのおかしい、ああそうだ最初から間違ってた、あんな噂を信じたばっかりに、こんな目に合っている。
 もしかしたらこの女が全部、全部、


( A )「っう、あああああ!」


 波が、うねったその時。
 

19 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/06/27(金) 22:09:28.96 ID:JZtphzhP0
 
ξ゚⊿゚)ξつ( A )


 少女の手が、ドクオを掴んだ。


('A`)「……え?」

('A`)⊂( ^ω^)

('A`)「え?」


 反対側の手を、少年が掴んで海から引きずり出す。


('A`)「え……?」

川 ゚ -゚)「ふん。やはりな」

('A`)「お、お前、ら、何で」


ξ゚⊿゚)ξつ('A`)⊂(^ω^ )


 両脇から手を繋がれて、急速に落ち着いていくのを感じた。
 あの感覚は恐怖と不安だったのだと、ドクオは理解した。
 

20 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/06/27(金) 22:11:38.27 ID:JZtphzhP0
 
 だん、と少女が勢いよく足を踏み鳴らす。濁った海から湧き出る花弁が、動きを緩めた。
 同じように少年も足を踏み鳴らすと、澱んだ波が少し引いた。


( ^ω^)「だいじょうぶだお」


 緩んだ顔の少年が、にんまりと笑った。


ξ゚⊿゚)ξ「ほら、しゃんと立ちなさい」


 凛とした顔立ちの少女が、服についた花弁を払う。


('A`)「……お前ら、は」

( ^ω^)「僕たちの声、聞こえてるかお?」

('A`)「あ、……ああ」

ξ゚⊿゚)ξ「……」

ξ゚ー゚)ξ「やっと、届いた」
 

21 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/06/27(金) 22:12:39.03 ID:JZtphzhP0
 
('A`)「ずっと……オレに何か、言おうとしてたよな」

( ^ω^)「だお!」

ξ゚⊿゚)ξ「全く、気づくのが遅いのよ」


 困惑したまま、それでも手を離さずにいると、やはり心が落ち着いていく。


川 ゚ -゚)「そろそろいいか?」

ξ゚⊿゚)ξ「ええ」

('A`)「待て、何だ何がだ。ていうかてめえ、よくも」

川 ゚ -゚)「ドクオ。海を見ろ」

('A`)「え、」

川 ゚ -゚)「早く。お前の夢の源はそこだ」
 

23 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/06/27(金) 22:13:52.42 ID:JZtphzhP0
 
 夢の源。さきほど、突き飛ばされる前も同じ言葉を聞いた。
 あの海に浸かり、花弁がまとわりつく感覚を思い出す。ぞくりと芯から震えが走る。
 だが。


ξ゚⊿゚)ξつ('A`)⊂(^ω^ )


 少年と少女が、ぎゅっとドクオの手を握りしめる。
 交互に見ると、二人は黙って頷いた。
 ――腹を括るしかない。


('A`)「……」


 昏い、淀んだ波。
 曇って先の見えない空。
 海底からごぽりと湧き上がる紫陽花の花弁。赤。鮮やか。青。くすんだ。
 呑み込まれそうな、空洞を湛えた海。
 

24 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/06/27(金) 22:15:25.86 ID:JZtphzhP0
 
川 ゚ -゚)「何がある?」


 海。花弁。
 そんな答えを求められているわけではないことは、分かった。
 ゆらり、ごぽり、
 奥深くから這い上がってくるものは。


('A`)「……不安」


 ただその一言でしか、形容できないもの。


川 ゚ -゚)「そう。ではその正体は?」

('A`)「正体?」

川 ゚ -゚)「夢の形をとって、お前を怖がらせるもの。
     いつから夢を見始めた、とお前は言った?」

('A`)「……二週間くらい前」


 口が勝手に滑っていく。
 するりと言葉が抜け出していくようだった。
 

25 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/06/27(金) 22:17:17.43 ID:JZtphzhP0
 
('A`)「夜、近道に公園を通ったら、街灯に紫陽花が照らされてて」

('A`)「沈んだ色だと思ったけど、綺麗だった」

('A`)「――赤いもんが、そこに散ったんだ」


 何が起きたのか分からなかった。
 咄嗟に茂みにそのまま身を隠した。
 重い音がして、葉の合間から横になった足が見えた。
 赤い、紅い血が、地面を濡らしていく。

 ずる、ずる、何かを啜る音がした。

 

26 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/06/27(金) 22:19:35.33 ID:JZtphzhP0
 
('A`)「逃げなきゃ、オレも。だから」

川 ゚ -゚)「だから?」

('A`)「逃げた。でも枝踏んじまって」


       「見たな」


       「――決して、逃がしはしないぞ」


 背後からの声。
 遠くの筈なのに、反響して聞こえるようだった。

 そして次の日、公園を覗いてみたら。


( A )「……あじさいが、赤く、なってた……」


 まるで血を吸ったみたいに。

 

27 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/06/27(金) 22:22:24.03 ID:JZtphzhP0
 

川 ゚ -゚)「――十分だ」


 強く両手を握られて、自分が震えていたことに、ようやくドクオは気付いた。
 少年と少女から、伝わってくる。
 「だいじょうぶだ」、と。
 ドクオは二人の手を握り返した。強く。


('A`)「そうだ、あの日から夢を見だしたんだ。何で、今までオレ……」

川 ゚ -゚)「お前を守る為」

('A`)「え?」

川 ゚ -゚)「そうだろう?」

ξ゚⊿゚)ξ”

( ^ω^)”


 クーの問いに、二人は頷いた。
 

28 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/06/27(金) 22:25:17.54 ID:JZtphzhP0
 
( ^ω^)「だって、怖がったら呑まれちゃうお」

ξ゚⊿゚)ξ「あいつを抑えてたら、今度は記憶ごと抑えなくちゃいけなくなっちゃって」

( ^ω^)「それで忘れちゃったんだと思うお」

(*^ω^)「あ、でもでも、ドクオが久しぶりに僕たちを見れたのは、嬉しかったお!」

ξ゚⊿゚)ξ「でも全然、聞こえてなくて、……それはちょっと、ちょっとだけよ、悲しかったわ」

('A`)「お前らが、オレを助けてくれてた、のか」


 夢の中では、二人の足元から花弁が湧いていた。
 だがさきほど、二人が足を踏み鳴らすと、波も花弁も動きを緩めた。
 こちらには声も顔も分からない状態で、二人は、あのうねりを押し留めていたのだ。
 でもどうして。
 

30 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/06/27(金) 22:28:24.88 ID:JZtphzhP0
 

('A`)「……久しぶり?」

( ^ω^)「だお!」

('A`)「前にも、会ってた?」

ξ゚⊿゚)ξ「そうよ。あんたは二週間よりずっと前から、忘れちゃってたけど」

('A`)「……」


 記憶の隅にひっかかる。
 昔も、こうして手を繋いでいたような。この奇妙に温度のない、柔らかな感覚を、知っている。


('A`)、「……」

川 ゚ -゚)「来るぞ」


 記憶を手繰り、口を開こうとした時、クーが低い声を出した。
 視線を追って海を見る。
 海底からぽつぽつと花弁が浮き上がり――泡立って波立った。

 

31 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/06/27(金) 22:29:50.41 ID:JZtphzhP0
 

【+  】ゞ゚)


 黒い棺を担いだ、青白い顔の男。
 ――あの日、公園で見た。


【+  】ゞ゚)「……ようやく入れた」


 反響する声は、低く、喜びに満ちていた。
 身体の奥に響いてくる。
 青い花弁と赤い花弁が、目の前をよぎる。


(;'A`)「あ、」

ξ゚⊿゚)ξ「ドクオには指一本触れさせないわ」

( #^ω^)「ぜったい、守るんだお!」


 反射的に足が半歩下がる。それと同時に、ドクオの前に少年と少女が進み出た。
 二つの背中。
 ドクオの半分ほどしかない、小さな背丈。
 一瞬、その背中が大きく見えた。――既視感を伴って。
 

32 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/06/27(金) 22:31:59.75 ID:JZtphzhP0
 
【+  】ゞ゚)「私が来ることを遅めるしか出来ぬ、矮小な者どもに何が出来る」

( ^ω^)「できなくたって守るんだお」

ξ゚⊿゚)ξ「ぜったい、よ」


       『ぜったい、まもるお』
     『やくそくするわ。ぜったいよ』

         『「だって」』


ξ゚⊿゚)ξ「ともだちだから!!」(^ω^ )


 小さな手。大きな手。
 笑い声。
 いつも傍にいた。



('A`)「――ブーン! ――ツン!」



 その単語は、雷光のような閃きをもたらした。

  

34 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/06/27(金) 22:33:50.23 ID:JZtphzhP0
 

 目の前に迫っていた長い爪を、二人は押し留める。
 舌打ちが聞こえる。


【+  】ゞ゚)「だが所詮、この程度では」

川 ゚ -゚)「やあ、吸血鬼。ところで誰かお忘れじゃないか?」


 剣呑な空気の中でのそれは、随分と間延びした声にも思えた。


【+  】ゞ゚)「……何? 貴様、何故他人の夢に」

川 ゚ -゚)「さあて、どうしてだろうな?」

【+  】ゞ゚)「――魔女か!」


 初めて男――吸血鬼の声に焦りが混じる。
 にたりと、吸血鬼よりも凶悪に、クーは笑った。


川 ゚ー゚)「大人しく退くなら、見逃してやらんこともない」

【+  】ゞ゚)「……」

 

35 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/06/27(金) 22:35:24.11 ID:JZtphzhP0
 
 ――花弁が吸血鬼の周囲に集う。青と赤の紫陽花が幾つも幾つも。
 うねりをあげる波と共に、押し寄せる。
 クーが本を開く。
 少年と少女が同時に足を鳴らした。
 ばちばちと激しい音を立てて、ドクオに襲いかかる花弁が逸れていく。
 同時にそれは、二人の頬や手を切り裂いていった。


(;'A`)「っや、やめろ!」

( ^ω^)「だいじょうぶだお、ドクオ」

ξ゚⊿゚)ξ「こんなの全然平気なんだから」

(;'A`)「馬鹿言うなよ、こんなのオレは――!」

川 ゚ -゚)「大丈夫さ」

('A`)「! お前、ちくしょう何なんだよ、無責任にそんなこと――」

川 ゚ -゚)「大丈夫さ」


 クーは繰り返す。
 開いた本から、ばらばらと白いページが舞い踊った。
 

38 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/06/27(金) 22:36:36.09 ID:JZtphzhP0
 

川 ゚ -゚)「お前がその二人の名を思い出したのと同じように」


ξ゚⊿゚)ξ ( ^ω^)


川 ゚ -゚)「お前がまた、信じるのならば」

('A`)「――――」


 紫陽花が渦を巻く。
 少年――ブーンを見る。ブーンは、満開の笑顔を見せた。
 少女――ツンを見る。ツンは、大きく頷いて見せた。
 二人の間に足を踏み出す。
 手を、握った。
 

39 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/06/27(金) 22:38:13.85 ID:JZtphzhP0
 

(*^ω^)

ξ*゚ー゚)ξ


 赤と青の花弁、真っ新なページ、握った手から溢れてくる、ひかり。


【+  】ゞ )「―――ー!!」


 花弁の向こうの吸血鬼が叫ぶ。
 視界が真っ白に塗り潰されていく。
 だがもう、怖くはなかった。繋いだ手が、そこにあるから。


     「――さあ、お前の悪夢を解き、消そう」


 確かに聞こえる声が、そこにあるから。

 

40 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/06/27(金) 22:40:20.73 ID:JZtphzhP0
 

 目を開くと、穏やかな海が広がっていた。
 透明ではないものの、あのごちゃりと濁った色ではない。
 空は明るく、高かった。


川 ゚ -゚)「何だ、ここも暑くなってしまうな」


 クーが肩を竦めた。はっと辺りを見回す。


('A`)「な、なあ、あいつ、消え――」


 両脇の二人に問いかけようとして、言葉が詰まった。
 半分ほどの背丈しかなかった二人が、同じくらいの背になっていた。
 ブーンに至ってはドクオよりも背が高い。


('A`)「」

( ^ω^)「お?」

(;'A`)「んなあああああああ!?」


 思わず手を振りほどいて後ずさった。
 

41 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/06/27(金) 22:42:14.07 ID:JZtphzhP0
 
ξ゚⊿゚)ξ「ちょ、うるさいわよドクオ」

(;'A`)「だっ、なん、おま、うおあお」

ξ゚⊿゚)ξ「人語喋ってちょうだい」

(;'A`)「何でお前らでっかくなってんだよおおおお!?」

( ^ω^)「あ、ほんとだお。ドクオよりおっきくなってるおー」


 のほほんとお気楽に笑い、ブーンは身体を曲げ伸ばしし始めた。
 一気にドクオの身体から力が抜けた。
 と同時、目の前が霞がかっていく。
 

42 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/06/27(金) 22:43:46.64 ID:JZtphzhP0
 
川 ゚ -゚)「そろそろ時間切れか」

('A`)「え」

川 ゚ -゚)「夢は覚めるものだろう?」

('A`)「でも、まだ」


 二人が何なのか。
 記憶の底にある。もう少しで分かる。


('A`)「オレ、オレは」 


 視界はもうかなり揺らめいて、白くけぶっている。
 手探りでブーンとツンに手を伸ばす。


(  ω )「ドクオ」

ξ ⊿ )ξ「だいじょうぶよ」
 

43 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/06/27(金) 22:44:59.46 ID:JZtphzhP0
 

 手が届いた。
 優しく握り返してくれる手。


     「だって、思い出してくれたから」

     「だから、また」


 ああ、待って、少しだけ。
 これだけは言わなきゃいけないんだ。


('A`)「――ありがとう!!」


 もう何も見えない。
 けれど、きっと、二人は笑っていた。 


 

44 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/06/27(金) 22:47:43.06 ID:JZtphzhP0
 
 ――次に目を開けると、そこは既に時計塔の二階だった。


('A`)「……ブーン。ツン」


 呟くと、その名前はすとんと胸に落ちる。
 思い出した。


川 ゚ -゚)「ふう。喉が渇いたな」

('A`)「……なあ」

川 ゚ -゚)「何だ」

('A`)「知ってたのか? あの二人のこと」

川 ゚ -゚)「知らんよ」

('A`)「やっぱりとか何とか言ってたろ」

川 ゚ -゚)「お前の話を聞いて、予想はついていた」

('A`)「……」


 クーは台所へ向かう。
 魔法瓶からケトルに湯を移し、火をつけた。

45 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/06/27(金) 22:49:39.49 ID:JZtphzhP0
 

('A`)「友達だった」

川 ゚ -゚)「ああ」

('A`)「初めての。オレにしか見えない」

川 ゚ -゚)「イマジナリーフレンド」

('A`)「何ていうのかは知らないけど、あいつらは居た。幻なんかじゃない」

川 ゚ -゚)「空想の果てにしては、質量があったからな。実際そうなんだろう」

('A`)「オレを助けてくれたんだ……それから見えなくなった。忘れた」


 いつも一緒に居た。寂しくなかった。
 昔もそうだったのだ。怖がるドクオの手を握り、だいじょうぶだと約束した。
 ぜったいにまもる、と。


('A`)「ずっと、忘れてたのに」


 ブーンもツンも、また助けてくれた。

 

46 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/06/27(金) 22:51:52.33 ID:JZtphzhP0
 
川 ゚ -゚)「義理堅いんだろう、あいつらは。それか」


 湯がドリップに注がれる。
 コーヒーの香りが立つ。


川 ゚ -゚)「お前のことが、よっぽど好きなんだろうさ」


 ――ああ。
 そうだったら、それはどんなに得難く嬉しいことで。


('A`)「……もっと……大事に、したかった、のに」


 後悔してもしきれない、大切な出来事だったか。
 

47 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/06/27(金) 22:53:26.07 ID:JZtphzhP0
 

川 ゚ -゚)「まあ、飲め。私も疲れた」

('A`)「……おう」

川 ゚ -゚)「今日は特別なんだぞ。わざわざ夢の中に繋げてやった」

('A`)「あれ何だ、って聞くだけ無駄だな」

川 ゚ -゚)「そうだな。ああ本当疲れた」

('A`)「じゃ、何でその疲れることやったんだよ。特別ってことは、別の方法もあったんだろ?」

川 ゚ -゚)「涼しそうだったからな」

('A`)「は?」

川 ゚ -゚)「予想通り、海辺で曇ってて涼しかった。一時のことだったが」


 この女。
 あまりのくだらなさに脱力感を覚える。
 じとりと睨んでみるものの、当然の如く堪えた様子はない。あるわけがない。
 クーがコーヒーを啜る。ため息をついて、ドクオも啜った。
 

48 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/06/27(金) 22:54:53.07 ID:JZtphzhP0
 
('A`)「……なあ」

川 ゚ -゚)「何だ。占い料か? それなら――」

('A`)「やっぱマズいって、このコーヒー」

川 ゚ -゚)「なに?」


 もう一口啜って、クーは首を傾げた。


川 ゚ -゚)「……そうか。マズいのか、これは」

('A`)「マズいな」


 あまり美味くない、が正確だが、あえて断言してやる。
 そうか、ともう一度クーは呟いた。
 

49 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/06/27(金) 22:56:06.31 ID:JZtphzhP0
 
川 ゚ -゚)「お前は美味く淹れられるのか?」

('A`)「お前よりはな」

川 ゚ -゚)「ならこれから来る時は、お前が淹れろ。そうすれば解決だ」

('A`)「何だそりゃ。そうそう占い頼むことなんかねえぞ」

川 ゚ -゚)「だから、修行だ修行」

('A`)「はぁ?」

川 ゚ -゚)「また会うんだろう? なら見えるようにならないと」


 一瞬、聞き違いかと思った。

 

52 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/06/27(金) 22:57:59.68 ID:JZtphzhP0
 
('A`)「……え?」

川 ゚ -゚)「別料金を取るつもりだったが、お前がこれより美味いコーヒーを淹れられるならば、少しは考えよう」

('A`)「会える? ブーンとツンに?」

川 ゚ -゚)「ああ」

('A`)「本当に? 本当か?」

川 ゚ -゚)「居るんだから会えるだろう。お前さえ、見えればな」


 身体が震える。
 クーはまた一口コーヒーを啜り、やはり首を傾げた。
 

53 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/06/27(金) 22:59:13.79 ID:JZtphzhP0
 

川 ゚ -゚)「……ううむ。これ以上の味を知らんからな。お前の出来次第だな」

( A )「……ああ」

川 ゚ -゚)「期待してるぞ、ドクオ」

( A )「……クーよりマズくなんて、淹れらんねーよ」


 震える声を、クーは聞き流す。
 ぽたりと、コーヒーに波紋が一つ出来た。



(了)
 

54 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/06/27(金) 23:00:29.13 ID:JZtphzhP0
以上
これは某所で投下したものを、手直ししたものです
支援ありがとうございました!

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

K-AYUMU

Author:K-AYUMU

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

ユーザタグ

カ行 タ行 ア行 ちんこ ハ行 サ行 マ行 ナ行 英数字  ^ω^) ('A`) ラ行 1レス ワ行 (´・ω・`) ショボーン ヤ行 ブーン ショボン トソン 'ー`)し ξ゚⊿゚)ξ (,゚Д゚) ドクオ まんこ (=゚д゚) J( 1レス カラマロス大佐 シュー ミセリ (-_-) いよう 川д川 人狼 (∪^ω^) 世紀末 ツンデレ 

FC2カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。