mesimarja
気に入ったスレを集めてみました。
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( ^ω^)ブーンが世界征服をするようです
1 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/06(土) 23:46:31.43 ID:0XWgWc430
( ^ω^)「世界征服するお!」

( ^ω^)「でも世界征服って具体的にどんなことすればいいか分からないからググるお! 」

( ^ω^)「なになに……世界制服とは、国家あるいは団体が主に軍事力を背景に世界にある他の全ての国家を打倒して解体・併合を行うことで、世界及びそこに居住する全ての人類を自己の支配下に置くことを指すこと……かお」

( ^ω^)「さっぱり意味が分からないお」

( ^ω^)「そもそも内藤一人で世界征服なんて無理だお!」

( ^ω^)「ちょっと友達に聞いてみるお」


4 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/06(土) 23:48:10.83 ID:0XWgWc430
('A`)「あー明日バイトかよ、かったりー、オナニーして寝るか」ポルルルル

('A`)「ん? 内藤から電話だ」kチャ

( ^ω^)「もしもしドクオかお? 話があっt――」カチャ、プー、プー

( #^ω^)「……切りやがったお」ピキピキ

('A`)「うっ…!…ふう……よし寝るか」プルルルルル

('A`)「何の用だ、内藤」カチャ

( ^ω^)「世界征服手伝ってほしいお」

('A`)「は?」

6 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/06(土) 23:49:09.82 ID:0XWgWc430
('A`)「……つまり、安価で指定されたから世界征服したいと」

( ^ω^)「そうだお、何か良い方法はないかお?」

('A`)「……(暇だし付き合ってやるか)とりあえずwiki通りのことが叶えばそれでいいんだろ?」

( ^ω^)「そうだお」

('A`)「国家あるいは団体……そんなもん幼稚園の一クラスでも団体と言えるしな、主に軍事力……暴力だろ? を背景に世界にある他の全ての国家……ここが一番のネックだな……」

( ^ω^)「ただの言葉遊びになってるお」

('A`)「ウルヘー、俺はもう寝る、後はショボンにでもアドバイスもらえ」ガチャ

( ^ω^)「あうっ……しょうがない、ショボンに電話するお」プルルルルル

7 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/06(土) 23:49:51.40 ID:0XWgWc430
(´・ω・`)「なんだい、内藤」ガチャ

( ^ω^)「世界征服手伝ってほしいお」

(´・ω・`)「(何言ってんだコイツ)」

(´・ω・`)「ちょうど催眠オナニーしててね、君の電話で集中が途切れてしまったよ、どうしてくれるんだ」

( ^ω^)「……! その催眠って人を操れるのかお?」

(´・ω・`)「無理に決まってるじゃないか、せいぜい自分を催眠状態にするくらいだよ」

( ^ω^)「……催眠状態にかかったことはあるのかお?」


(´・ω・`)「僕くらいのレベルになると電車の中でもアヘれるようになるよ」

( ^ω^)「……」

11 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/06(土) 23:51:22.27 ID:0XWgWc430
( ^ω^)「その催眠状態にかかった時、ショボンはどうなってるのかお?」

(´・ω・`)「何? 催眠オナニーに興味があるにならwikiでも見たほうが手っ取り早いよ」

( ^ω^)「いいから教えてほしいお」

(´・ω・`)「あんまり意識したことはないけど……夢の中みたいかな」

( ^ω^)「……それだお! 夢の中なら国家も制服も可能だお!」

(´・ω・`)「それなんていうインセプション?」

14 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/06(土) 23:52:26.62 ID:0XWgWc430
(´・ω・`)「明晰夢、潜在意識、精神世界……言い方は色々あるね」

( ^ω^)「……ショボンはどうしてそんなに詳しいのかお?」

(´・ω・`)「高校ではオカルト研究会、大学ではオカルトサークル所属だったからね、明日暇だし、ドクオでも誘って遊びに行く?」

( ^ω^)「おっ! それは妙案だお! 誘っておくお!」ガチャ

(´・ω・`)「世界征服、か……懐かしいな」

16 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/06(土) 23:53:36.84 ID:0XWgWc430
某喫茶店

( ^ω^)「おっ! 久しぶりだお!」

(´・ω・`)「おひさ」

('A`)「…なぜ俺は野郎三人で茶をしばかにゃならんのだ」

( ^ω^)「では、世界征服についての円卓会議を始めるお!」

('A`)「四角いけどな、このテーブル」

(´・ω・`)「……内藤、昨夜言っていたが、夢の中で世界征服するなんて本当かい?」

( ^ω^)「……そうだお! 夢の中なら誰だって英雄になれるし神にもなれるお! 征服なんて楽勝だお!」


(´・ω・`)「三人同時に同じ夢を見て同じ記憶を共有するなんて無理な話だよ、まさにSFや映画の中の話さ」

( ^ω^)「むむむ、だお」

('A`)「なんだなんだ、お前ら結構面白い話してるな、明晰夢なら見たことあるぞ、俺」


( ^ω^)(´・ω・`)「kwsk」

17 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/06(土) 23:54:24.17 ID:0XWgWc430
('A`)「つってもリアルな夢っていう感じだがな、足に力を入れて跳んだら家の天井突き破って飛べたり、かわいい女の子と和姦したりな、警察きたけど」

(´・ω・`)「警察?」

('A`)「夢の中で、だぞ。道端でセックル→警察ktkr→俺、魔法で応戦、みたいな」

(´・ω・`)「魔法wwwwwwwwwwwwww」

( ^ω^)「そういう夢なら見たことあるお」

(´・ω・`)('A`)「kwsk」

18 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/06(土) 23:55:43.49 ID:0XWgWc430
( ^ω^)「目が覚めたら、いや、覚めた瞬間にここは夢だって自覚できたんだお! 自分の部屋を出て居間に行ったら……」

(´・ω・`)「行ったら?」

( ;^ω^)「……い、妹がいたんだお」

(´・ω・`)('A`) 「妹kwsk」

( ^ω^)「だから妹に聞いたんだお、ここは夢の中かお?って」

( ^ω^)「そしたら、夢の中なわけないじゃん、何言ってんの?って馬鹿にされたんだお」

( ^ω^)「僕はとても怖かったお、すぐに自分の部屋に戻ったんだお、そしたら現実に戻ってこれた、というお話だお」

('A`) 「……怖いな」

(´・ω・`)「……2人には共通点がある、敵だ」

20 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/06(土) 23:56:31.74 ID:0XWgWc430
('A`)「俺は警察、内藤は家族、か?」

(´・ω・`)「そう、世界征服ってんなら、そいつらを服従させてしまえばいいのさ、夢の中にいる時の自分にとっての世界は、夢の中だもんね」

('A`) 「なんだかしょっぱい世界征服だな」

(´・ω・`)「常識的に考えて、皆が考えるような世界征服ができるわけないじゃないか」

( ^ω^)「……おっしゃ! 方向性は決まったお! 早速皆で夢にダイブだお!」

('A`)「ドヤッテ?」

(´・ω・`)「……」

( ^ω^)「……」

21 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/06(土) 23:58:58.77 ID:0XWgWc430
ショボン宅

( ^ω^)「というわけでショボン家に着きましたお」

(´・ω・`)「一番広いマンションが僕だからしょうがない」

('A`)「…とりあえず三人で寝るか?」

(´・ω・`)「濃厚なホモスレ」

( ^ω^)「普通に寝ればいいのかお?」

(´・ω・`)「幽体離脱wikiに書いていた、明晰夢の見方を少し手本にして寝よう」カチカチ

('A`)「なになに…手のひらを表にして上を向き意識を落としながら光の玉が天井に張り付くさまを想z(ry」

( ^ω^)「まあやってみるお!」

22 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/06(土) 23:59:41.58 ID:0XWgWc430
( ^ω^)(´・ω・`)('A`)y-~「…………」

( ^ω^)(´・ω・`)('A`)y-~「…………」

( ^ω^)(´・ω・`)('A`)y-~「…………」

23 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 00:00:41.13 ID:PGxCIJ+/0
( ^ω^)「無理だお」

(´・ω・`)「自分の夢さえ操作できないのに、これは無謀」

('A`)「まあ上手くいかないだろそりゃ、分担しようぜ」

( ^ω^)「分担?」

('A`)「夢のなかと言っても区別化されてるからな、明晰夢、幽体離脱、洗剤一式」

(´・ω・`)「そうだね、じゃあ僕は潜在意識とその他もろもろ調べてみるよ、催眠術ってのも役に立ちそうだ」

('A`)「んじゃ俺は幽体離脱、wikiのパートナー?ってのが気になるから」

( ^ω^)「僕は明晰見かお! 早速帰ってググりまくるお!」

('A`)「……おっ、ちょうど幽体離脱オフしてるみたいだ、無駄に気になるしちょっくら行ってくるわ」

(´・ω・`)「僕はサークルの先輩後輩から話を聞いてくるよ」

( ^ω^)「じゃあまた一週間後集まるお!」

(´・ω・`)('A`)「把握」

24 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 00:01:18.93 ID:PGxCIJ+/0
一週間後 喫茶店内

( ^ω^)「おっ、おっ、おっ」

('A`)「なんだ、やけに早いな内藤、あっマスター、コーヒー1つ頼んます」

( ^ω^)「みんなと集まって話し合うのが楽しみだったから早く来たお」

('A`) 「……そうか、確かに考えてみれば顔を合わせるのは3年ぶりくらいだからな」

( ^ω^)「おっ! ショボンが来たお!」

(´・ω・`)「みんな早いね。……さて、調査結果を共有しようか」

26 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 00:04:33.39 ID:PGxCIJ+/0
('A`)「…………ということだ、幽体離脱はオカルト中のオカルトだからな、三人同時に体験するのはキツイやもしれぬ」

(´・ω・`)「遮ってすまないけど、実は明晰夢と潜在意識と幽体離脱って同意義的な存在らしい」

('A`)「幽体離脱は明晰夢よりさらに明晰度が上がったもの……てことは聞いたな」

( ^ω^)「ならショボンは僕達と同じこと調べてきたのかお?」

(´・ω・`)「いや、だから僕は催眠術について調べておいたよ、興味深いことにね、明晰夢ないし潜在意識に這入る時には、一種の催眠状態に陥っているらしい」

('A`)「? 俺が明晰夢見た時に、催眠なんてかけられた覚えがないぞ?」

(´・ω・`)「人が最も催眠にかかりやすい時って知ってる?」

( ^ω^)「寝る前、かお?」

(´・ω・`)「ご名答」

27 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 00:05:45.99 ID:PGxCIJ+/0
('A`)「おいおい、催眠にかかりやすい言っても催眠術にはかかってないだろ?」

(´・ω・`)「みんな催眠を、何か特殊なものだと捉えてるようだけど、そうでもないんだ。寝る前の状態ですでに催眠状態は確保されて、後は集中力の問題だ」

( ^ω^)「集中力?」

(´・ω・`)「人は日常的に催眠にかかっていると言われてる、それは読書、運転、スポーツ……集中力の大きさが、催眠の大きさに比例する、らしい」

('A`) 「んじゃ何か、俺が明晰夢見たのは、何かに集中していたからってか?」

(´・ω・`)「その明晰夢見たときの状況は覚えてる?」

('A`) 「んー……いや、覚えてない」

(´・ω・`)「だろうね、内藤はどう? 覚えてる?」

( ^ω^)「……3年も前だから覚えてないお」

(´・ω・`)「……そっか」

('A`) 「……」

29 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 00:06:28.31 ID:PGxCIJ+/0
( ^ω^)「でも色々試せば絶対にできるお! ショボン家に行くお!」

(´・ω・`)「いや今日は内藤の家にしよう。僕の部屋は今片付いてないんだ」

( ^ω^)「……家族がいるから厳しいお」

('A`) 「なら俺ん家に来い、昨日掃除したばっかだからな」

30 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 00:07:39.00 ID:PGxCIJ+/0
ドクオ家

( ^ω^)「お邪魔しますおー」

(´・ω・`)「汚いところだけど、まぁゆっくりしてって」

('A`) 「それ俺のセ(ry」


( ^ω^)「んじゃ寝てみるお」

(´・ω・`)「まず、内藤が調べてきた通りの寝方でいこう」

('A`) 「マンドクセ」

( ^ω^)「仰向けになって手のひらを表にして──」


( ^ω^)(´・ω・`)('A`) 「…………」

( ^ω^)(´・ω・`)('A`) 「…………」

( ^ω^)(´・ω・`)('A`) 「…………」

32 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 00:09:20.27 ID:PGxCIJ+/0
('A`) 「……おい、全然逝けねえぞ」

(´・ω・`)「個人差があるしまだ夕方だからね……って」

( ^ω^)「zzz…zzz…」

('A`) 「寝てやがる」

(´・ω・`)「…………ねえドクオ、内藤はまだ、引きずってるのかい?」

('A`) 「わからないな、引きこもってたと思ったら世界征服だなんだ喚いて、俺たちを遊びに誘うし」

(´・ω・`)「本当に遊びなのかな?」

('A`) 「どういう意味だ?」

(´・ω・`)「内藤は現実逃避してるんじゃないか?」

('A`) 「……どうかな」

(´・ω・`)「……」

('A`) 「……ツ――」

34 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 00:11:20.15 ID:PGxCIJ+/0
( ^ω^)「おっ!」ガバッ!

( ^ω^)「うっかり寝てたお!」

(´・ω・`)「……明晰夢は見れたかい?」

( ^ω^)「見れなかったお」

('A`) 「しゃあねえか、とりあえず晩飯食おうぜ、腹減った」

(´・ω・`)「どこ行く?」

( ^ω^)「仮眠とって元気ピンピンな僕が夕食作るお!」

('A`) 「お前、料理できんのか」

(´・ω・`)「じゃあ僕たちはもう少しこの格好で寝てみようか」

36 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 00:16:01.87 ID:PGxCIJ+/0
( ^ω^)「チャーハン作るお!」ジャージャージャー

( ^ω^)「できたおっ!」

('A`) 「……どれどれ……うめえ……!」モグモグ

('A`)「ちょっと甘いな」パクパク

(´・ω・`)「美味しいね」パクモグ

( ^ω^)「褒められてちょっと恥ずかしいお! もっと一杯作るお!」ジャージャージャー

(´・ω・`)「何か隠し味入れてる?」

( ^ω^)「……メープルシロップ入れてるお! 色々模索中だお!」

('A`) 「手料理なんてツンのチャーハン以来だぜ!」

(´・ω・`)「あっ」

( ^ω^)「おっおっおっ」ジャージャージャージャー

(´・ω・`)「(聞こえなかったみたいだ)」

('A`) 「(アブネ)」

(´・ω・`)「(確かにこのチャーハンは……この味は……似てる……)」

37 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 00:17:10.62 ID:PGxCIJ+/0
( ^ω^)「よーし腹もふくらんだし、明晰夢再開するお!」

('A`) 「おうよ」

(´・ω・`)「把握」

38 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 00:17:55.74 ID:PGxCIJ+/0
( ^ω^)(´・ω・`)('A`) 「…………」

( ^ω^)(´・ω・`)('A`) 「…………」

( ^ω^)(´・ω・`)('A`) 「…………」zzz…zzz…

( ^ω^)(´・ω・`)('A`) 「…………」zzz…zzz…zzz…

39 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 00:19:44.08 ID:PGxCIJ+/0
( ^ω^)「…………」

( ^ω^)「はうっ!」ガバッ

(´・ω・`)「おはよう、内藤」

( ^ω^)「おはようだお!」

('A`) 「…んだよ、また失敗かよ」

(´・ω・`)「ちょっと外見てみようか」ガラッ

(´・ω・`)「!?……ドクオ、今何時?」

('A`) 「あ? えーと、19時だな」

( ^ω^)「空が明るいお」

('A`) 「またまたそんなこと言っt……マジだ」

(´・ω・`)「ここは夢の中ってこと?」

( ^ω^)「うおおマジかお!テンション上がってきたおっおっおっおっ!!」

('A`) 「うはwwwwwww夢が広がりングwwwwwwwww」

40 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 00:21:56.03 ID:PGxCIJ+/0
(´・ω・`)「いやいや待って、単に時計がズレてるだけかもしれないし」

('A`) 「……ほいっと」バヒューン!!

( ^ω^)「!? ドクオが飛んでいったお!?」

('A`) 「うひょー!空気持ちいいい!」

(´・ω・`)「ドクオ、落ち着いて、興奮すると覚めちゃうかもしれない」

( ^ω^)「ドクオ凄いお! 僕も飛ぶお!」バヒョーン!

('A`) 「うはwwwwwwまだまだだな内藤! ここまで届いてないぜ? ショボンも来いよー!」

(´・ω・`)「……」シュンッ

('A`) 「消えた……だと……?」

( ^ω^)「ショ、ショボンはどこに消えたお!?」

41 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 00:26:02.82 ID:PGxCIJ+/0
(´・;::: .:.;:( ^ω^) ズズズ

(´・ω...:.;::..( ^ω^) ズズズズズズ

(´・ω・`).;:…( ^ω^) ズオッ

( ^ω^)「!?」

42 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 00:27:52.14 ID:PGxCIJ+/0
(´・ω・`)「瞬間移動って言っても、かなり時間がかかるみたいだね」

( ^ω^)「す、すごいおショボン! 僕の後ろにいきなり現れたお!」

('A`) 「ぐぬぬ」

(´・ω・`)「さて、そろそろ目的を達成しようか」

('A`) 「レイプだっけ?」

( ^ω^)「世界征服だお!」

('A`) 「ああ、それやるために来たんだっけな」

(´・ω・`)「ところで、どうやって現実に戻るの?」

( ^ω^)「あっ」

44 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 00:31:44.16 ID:PGxCIJ+/0
('A`) 「あっ、じゃねーよ! 明晰夢調査担当は内藤だろ?!」

( ^ω^)「え、ええと、確かまた寝ればいいはずだお、でも大抵は途中で覚めるようだお」

('A`) 「なら安心だな、ささっと敵殺してエロいことしようぜ」

(´・ω・`)「敵探しでもする?」

('A`) 「よし! 誰が先に夢の住人を見つけられるか勝負だ!」バヒョーン!

( ^ω^)「……ドクオ、テンション上がりすぎだお」

(´・ω・`)「人を見つけたら、ドクオん家にまた集合しよう、ドクオには僕が伝えておくよ、それじゃ」ズズズズズズ……

( ^ω^)「……うーん、適当に散策するかお!」ウキウキ

47 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 00:38:06.18 ID:PGxCIJ+/0
( ^ω^)「wktk」トテトテトテトテ

( ^ω^)「ほ、ほっほお……普通に現実の世界みたいだお」トテトテトテトテ

( ^ω^)「コンビニ入ってみるかお」ウィーン

ξ゚⊿゚)ξ「いらっしゃいませー」

( ^ω^)「ツ、ツン!? なんでお前がここにいるんだお!?」

ξ゚⊿゚)ξ「……お客様、店内で大声を出すのはお控えください」

( ^ω^)「いやいやいや! なんでツンがコンビニでバイトしてるんだお!? おかしいお! だってお前は死……」

ξ゚⊿゚)ξ「お客様、警察を呼びますよ!」

( ^ω^)「ど、どうしたんだお! ツン! 僕を覚えてないのかお……?」

| ^o^ |「警察だ! 不審者はお前か!」

( ^ω^)「い、いきなり警察が現れたお! 裏口から逃げるお!」ダダダッ!

48 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 00:40:06.21 ID:PGxCIJ+/0
( ^ω^)「ハァッ……ハアッ……なんとか振り切ったお……」

('A`) 「おっ、ショボン、もう来たのか」

( ^ω^)「ド、ドクオ……」

('A`) 「ショボンはまだ調べたいことがあるから遅くなるってよ、それにしても夢の中にもたくさん人がいるんだなー、敵かどうかなんて見分けつかん」

( ^ω^)「け、警察だお」

('A`) 「ああ?」

( ^ω^)「さっき警察に追われたお! ここの敵は警察だお!」

('A`) 「ということはここは俺の夢か? いや……内藤、何をしたんだ一体?」

49 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 00:42:05.54 ID:PGxCIJ+/0
( ^ω^)「えっと……万引きだお」

('A`) 「ブハッ、そりゃ警察が来る罠、悪いことしたら警察が来るって洗脳されてるんじゃねーか俺ら? 」

( ^ω^)「敵を倒すお! ドクオ!」

('A`)「敵って言ってもなあ……ショボンが来てからでいいだろ」

( ^ω^)「今じゃなきゃダメだお! 早く早く!」グイグイグイ

('A`) 「あー分かった分かった」タッタッタッタ

53 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 00:47:03.47 ID:PGxCIJ+/0
( ^ω^)「(ツンが…ツンがいたお…もう一回…確認したいお…!)」ダダダダダ

('A`)「内藤のこの切羽詰まった表情……」ダダダダダ

( ^ω^)「……」ダダダダダ

('A`)「(……ウンコか)」ダダダダダ

( ^ω^)「ハア…ハア…このコンビニだお」タッ

('A`) 「ほーん、…警察は?」

( ^ω^)「多分近くにいるお! 僕が店内に入って万引きするから、ドクオは外で見張っててほしいお!」

('A`) 「俺が警察を倒すのか……楽しそうだからいいか」

( ^ω^)「任せたお!」ダッ

('A`) 「あーんなに急いじゃってまぁ……テンション上がりすぎじゃねーのか?」ワクワク

59 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 00:51:16.96 ID:PGxCIJ+/0
( ^ω^)「ツン!」ウィーン

( ><)「いらっしゃいませです」

( ^ω^)「!? ツ、ツンはどこだお!? 出すお! ツンを出すお!!!」ユサユサ

( ><)「ツ、ツン? そんなバイトいないですよ?」ガクガク

( ^ω^)「嘘つくなお! いいからさっさとツンを出すお!!!!」

( ><)「ひィ~お助けです~」

61 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 00:54:24.50 ID:PGxCIJ+/0
~ドクオ家~

(´・;::: .:.;: ズズズ

(´・ω...:.;::.. ズズズズズズ

(´・ω・`).;:… ズルッ

(´・ω・`)「よっと……あれ? 誰もいないの?」

(´・ω・`)「しようがない探しに行くか……体感的にはもう2時間は経ってるな……」ズズズズズz

(´・ω・`)「ん、大勢の警察が……同じ方向へ……?」ズルッ

(´・ω・`)「一体どこに向かってるんだ?」ダダッ

64 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 00:57:53.59 ID:PGxCIJ+/0
('A`) 「やべえ……数が多い!」

| ^o^ |「囲めぇ! 囲んで取り押さえろ!!」

('A`) 「くそっ、こうなりゃ禁断の呪文を使わねーと……」

| ^o^ |「発砲許可出たか?」

('A`) 「黄昏よりも暗きもの、血の流れよりも赤きもの、時間の流れに埋もれし偉大なる汝の名において、我ここに闇に誓わん、我らが前に立ち塞がりし全ての愚かなるものに、我と汝が力もて、等しく滅びを与えんこt」ブツブツブツブツ

(´・ω...:.;::..「長いわおバカ」ズズズズズ

('A`) 「ショ、ショボン!? 危ねえぞ!!」

| ^o^ |「打てえっ!」パンパンパンッ

('A`) 「くっ、呪文が間に合わな──」

66 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 00:59:34.00 ID:PGxCIJ+/0
(´・ω・`)「バリア」スオッ

| ^o^ |「なっ、弾丸が……届かないっ!!」

(´・ω・`)「シンプルな技の方が明晰力も失わないし楽だよ、ドクオ」

('A`) 「フッ、全ては計算の内さ」ニヤリ

(´・ω・`)「(……これが厨二病か)」

('A`) 「お前に背中は預けた……いくぜっ!」ダッ

(´・ω・`)「はいはい、さっさと片付けよう」ダッ

73 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 01:02:41.16 ID:PGxCIJ+/0
( ^ω^)「……」ウィーン

(´・ω・`)「あっ、やっと出てきた」

( ^ω^)「!? なんで血だらけなんだお!?」

('A`) 「おせーよ、警察全員倒しちまったぞ」

(´・ω・`)「というより増員が消えたって感じかな」

(´・ω・`)「そういや内藤は中で何をしてたの?」

( ^ω^)「えっ、ええと……新聞を読んでたお! 夢の中だとどう頑張っても文字が読めないって言うから確認したかっただけだお!」

('A`) 「あれ? 万引きじゃねーの?」

( ^ω^)「……ついでに警察も呼んでみただけだお」

(´・ω・`)「……まぁいいか、そろそろ戻る?」

('A`) 「えっ、勿体無いだろ! もっと遊b──」シュンッ

67 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 01:00:14.63 ID:ZIAjfk6G0
明晰力とは

72 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 01:02:30.80 ID:fmXqsFUCi
明…力とはなんだ!?

74 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 01:04:36.76 ID:PGxCIJ+/0
>>67
>>72
明晰夢内の体力…的な…うん

75 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 01:05:54.42 ID:PGxCIJ+/0
( ^ω^)「消えたお」

(´・ω・`)「ドクオのやつ興奮しまくってたからね、僕達も戻る?」

( ^ω^)「そ、そうだおね」

(´・ω・`)「……」

( ^ω^)「あれ? ドクオの家に戻って寝るんじゃないのかお?」

(´・ω・`)「いちいち戻るのも面倒だからね、こうやって目を閉じて……」

(´・ω・`)「意識を現実に……戻すイメージで……」スッ

( ^ω^)「!? き、消えたお!?」

78 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 01:07:38.66 ID:PGxCIJ+/0
( ^ω^)「……ショボンもドクオも明晰夢にすっかり適応してて凄いお……僕も戻るかお……」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

( ^ω^)「なっ! ビルが! 家が! 崩れていくお! 早く戻らないとマズイお!」

( ^ω^)「……集中……集中……」

ξ゚⊿゚)ξ「」

( ^ω^)「集中…………」

ξ゚⊿゚)ξ「」

( ^ω^)「………………」シュンッ










( ^ω^)「ぶはっ!」ガバッ!

79 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 01:08:32.78 ID:PGxCIJ+/0
('A`) 「お、起きたか」

(´・ω・`)「お帰り」

( ^ω^)「……(ツンの姿が……脳裏から剥がれないお……)」

('A`) 「しっかしすごかったな!! 俺もう夢に住みてえよ!」

(´・ω・`)「激しく同意」

( ^ω^)「僕ももう一回くらい行きたいお!」

(´・ω・`)「……疲れたし今日は解散しようか、次は僕の家でも構わないよ」

('A`) 「おーう、また来週の休日に集まろうぜー」

( ^ω^)「分かったお! 楽しみだお!」

82 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 01:13:37.32 ID:PGxCIJ+/0
~1週間後~
ショボン家

(´・ω・`)「じゃあ寝る?」

( ^ω^)「男三人で川の字で寝るって、今考えたら想像以上にキモいお」

(´・ω・`)「皆、この一週間、自力で明晰夢見れたかい?」

('A`) 「……不思議なことに、自分一人だと、ことごとく無理だった」

( ^ω^)「おっ! 僕もだおっ!」

(´・ω・`)「同じく」

( ^ω^)「なんでだお?」

(´・ω・`)「3人で寝た方が、近くに人がいる程よい緊張感で、レム睡眠しやすいのかもね」

('A`) 「なるほどな」

85 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 01:15:11.54 ID:PGxCIJ+/0
(´・ω・`)「寝る前に決めておくけど、明晰夢に来たら、まず何する?」

('A`) 「もうあと勝手に遊ぶでいんじゃね? 癖になりそうだぜ」

( ^ω^)「……世界征服だお」

(´・ω・`)「でももう警察は倒したじゃないか」

( ^ω^)「いなくなるまで倒すんだお! そうじゃなきゃ征服したことにならないんだお!」

('A`) 「マンドクセ」

( ^ω^)「全滅させなきゃ安心してレイプもできないけどいいのかお?」

('A`) 「やります」キリッ

(´・ω・`)「全くコイツらは……」

92 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 01:17:22.66 ID:PGxCIJ+/0
( ^ω^)(´・ω・`)('A`)y-~「…………」

( ^ω^)(´・ω・`)('A`)y-~「…………」

( ^ω^)(´・ω・`)('A`)y-~「…………」

( ^ω^)(´・ω・`)('A`)y-~「…………」

( ^ω^)(´・ω・`)('A`)y-~「…………」

( ^ω^)(´・ω・`)('A`)y-~「…………」

( ^ω^)(´・ω・`)('A`)y-~「…………」

( ^ω^)(´・ω・`)('A`)y-~「…………」

( ^ω^)(´・ω・`)('A`)y-~「…………」

93 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 01:18:24.57 ID:PGxCIJ+/0
('A`) 「見れねえぞ」

(´・ω・`)「うーん……なんでだろ? 昨日と条件は同じはずだけど……」

( ^ω^)「……! チャーハン食べてないお!」

('A`) 「……それが明晰夢と関係するとは信じ難いが……やってみるか」

( ^ω^)「チャーハン作るおっおっおっ! ……って具材がないお」

('A`) 「ああわりー、スーパー行くか」

(´・ω・`)「僕も行くよ、運動したいしね」

('A`) 「お前はジジイか」

( ^ω^)「具材のお金くらい出すお! 僕も行くお!」

95 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 01:19:34.11 ID:PGxCIJ+/0
('A`) (´・ω・`)( ^ω^)「……」トテトテトテ

(´・ω・`)「あっ、この空き地」

('A`) 「なんだ? …おわっ、家が建ってるな」

( ^ω^)「懐かしいお、よく皆で遊んだお!」トテトテ

('A`) 「そうだな……(俺と内藤とショボンと……)」トテトテ

(´・ω・`)「……うん(四人で、遊んだね)」トテトテ

102 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 01:24:23.88 ID:PGxCIJ+/0
( ^ω^)「さーて具材も揃ったしチャーハン作るお!」ジャージャージャー

('A`) 「ショボン」

(´・ω・`)「ん? 」

('A`) 「内藤は、ツンのこと覚えてんのか?」

(´・ω・`)「分からない……けど、触れない方がいい」

('A`) 「そうだな、こうやって外に出て来てくれたんだ、……吹っ切れたんだろうな」

(´・ω・`)「そうだと思いたいけど……」

( ^ω^)「おっおっおっ!」ジャージャージャー

103 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 01:25:18.93 ID:PGxCIJ+/0
('A`) 「うーし! 飯も食ったし寝るか!」

(´・ω・`)「それにしても内藤、そのチャーハンは自己流かい?」

( ^ω^)「どうしてそんなこと聞くのかお?」

(´・ω・`)「美味しいから」

( ^ω^)「……でも、何かが違う気がするんだお 」

('A`) 「……」

104 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 01:26:02.49 ID:PGxCIJ+/0
( ^ω^)(´・ω・`)('A`)y-~「…………」

( ^ω^)(´・ω・`)('A`)y-~「…………」

( ^ω^)(´・ω・`)('A`)y-~「…………」

( ^ω^)(´・ω・`)('A`)y-~「…………」zzz…

( ^ω^)(´・ω・`)('A`)y-~「…………」zzz…zzz…

105 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 01:27:13.35 ID:PGxCIJ+/0
~夢の中~

(´・ω・`)「ふぅー、さてどうする?」

( ^ω^)「警察庁ぶっ壊すかお?」

('A`) 「いや、前の明晰夢で行けるところまで行こうとしたんだが、県……いや、⚪︎×市から出れなかったぞ」

(´・ω・`)「⚪︎×市の範囲内まででいいわけか」

( ^ω^)「分担するお! 僕は北の警察消防ぶっ壊していくお」

('A`) 「んじゃ南」

(´・ω・`)「僕は東行こうかな……そういや西に、自衛隊の駐屯地があるよね?」

('A`) 「うはっ」

107 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 01:29:44.02 ID:PGxCIJ+/0
( ^ω^)「戦車はかなり強そうだお」

(´・ω・`)「時に内藤、夢の中で死んだら、どうなる?」

('A`) 「夢で死ぬと現実でも死ぬってよく言うよな」

( ^ω^)「死人に口なしだからそれはあり得ないお……多分」

(´・ω・`)「一応気を付けといた方がいいかもね」

( ^ω^)「では分かれるお! 西の自衛隊は後回しにしようお!」

(´・ω・`)「終わったら僕ん家に戻って来てね」ズズズズズズ…

('A`) 「把握」バヒューン!

( ^ω^)「把握したお!」トタタタタタタ

108 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 01:31:21.32 ID:PGxCIJ+/0
~南~

('A`) 「アブトル・ダムラル・オムニス・ノムニス・ベル・エス・ホリマク!我と共に来たりし!我と共に滅ぶべし!」ゴギャギャギャガy

| ^o^ |「ピギャー!」

110 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 01:34:18.86 ID:PGxCIJ+/0
~東~

(´・ω・`)「ビーム」

| ^o^ |「ぐあああああ」ポロッ

(´・ω・`)「警察の落とした銃を拾って……そりゃ」バンバンバンッ

| ^o^ 「いたいれすいたいれす」ビスビスビスッ

(´・ω・`)「……銃の方が強くね?」

113 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 01:36:41.32 ID:PGxCIJ+/0
~北~

( ^ω^)「ふぅ、結構早く終わったお」トタトタトタ

( ^ω^)「ん? 霧で先が見えないお」

( ^ω^)「ドクオの言ってた行き止まりはここかお、それじゃ瞬間移動でショボン家に……」フリムキッ

ξ゚⊿゚)ξ「……」

( ^ω^)「ツ、ツン!?」

ξ゚⊿゚)ξ「…………」

( ^ω^)「ツン! 僕だお! 分かるかお!? 内藤だお!!」ユサユサユサ

ξ゚⊿゚)ξ「……な、ない……と……?」グラグラコグラ

( ^ω^)「そうだお! なんでここにいるんだお!?」

ξ゚⊿゚)ξ「な、内藤…………そう、内藤よ!私の彼氏の! 内藤!」

( ^ω^)「おっ……おっ……そうだお」アセアセ

ξ゚⊿゚)ξ「内藤!」ダキッ

( ^ω^)「おっ、おお?」ドキドキ

114 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 01:37:54.42 ID:PGxCIJ+/0
ξ゚⊿゚)ξ「内藤……久し振り……とても会いたかったわ……」

( ^ω^)「ツン……僕もだお」

( ^ω^)「でも、ツンは死んだはずだお……」

ξ゚⊿゚)ξ「死後の世界からやってきたのよ。でもそんなの関係ないでしょ? 私はここにいるんだから」

( ^ω^)「……その通りだお、このツンの温もり……久し振りだお……」

ξ゚⊿゚)ξ「ねえ、私、もっと内藤と一緒にいたい……2人っきりで……」

( ^ω^)「僕もだお! 僕もツンとずっといたいお!」

117 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 01:39:09.42 ID:PGxCIJ+/0
ξ゚⊿゚)ξ「本当…?」

( ^ω^)「本当だお!」

ξ゚⊿゚)ξ「……それなら、私たちを邪魔する人達を消してほしい」

( ^ω^)「今警察をあらかたぶっ倒してるところだお! 待っててお!」

ξ゚⊿゚)ξ「違うわ」

( ^ω^)「……お?」







ξ゚⊿゚)ξ「ショボンとドクオを、殺して」

120 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 01:43:18.79 ID:PGxCIJ+/0
~夢の中ショボン家~

(´・ω・`)「内藤遅いね」

('A`) 「大方、派手な技使ってるんだろ、明晰力不足で瞬間移動できない、とかな」

(´・ω・`)「ドクオ、歩いて戻ってきたよね?」

('A`) 「……」ドキリ

( ^ω^)「……」スンッ

(´・ω・`)「おっ、来た」

('A`) 「んじゃ、西の駐屯地倒して終わろうぜー」

( ^ω^)「……」

122 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 01:48:26.84 ID:PGxCIJ+/0
(´・ω・`)「どうしたの? 内藤」

( ^ω^)「いや、なんでもないお」

('A`) 「そういや駐屯地ってどこにあるんだ? ショボン」


ピシュー ピシュー


(´・ω・`)「あーええと、ここから国道添って……」


キュラキュラキュラキュラ


( ^ω^)「……なんか、変な音しないかお?」

('A`) 「え?」

123 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 01:49:19.08 ID:PGxCIJ+/0
ババババババババ


(´・ω・`)「上からだ」


ドドドドドドドドドト


('A`) 「いや、外からも聞こえるぞ」

(´・ω・`)「……伏せてっ!」

129 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 01:54:56.76 ID:PGxCIJ+/0
バラバラバラバラ……

('A`) 「いってて……氏ぬかと思ったわ」

( ^ω^)「天井に穴が空いてるお……!」

(´・ω・`)「とっさにバリア張ってて良かった。上からのミサイルみたいだね」

('A`) 「闇の機関が襲って来たのか?!」

(´・ω・`)「厨二病乙」

( ^ω^)「自衛隊かお?」

(´・ω・`)「多分そうじゃないかな、……明晰力が段々低くなってきてるのを感じる、無理はしない方が……」

( ^ω^)「3人で力を合わせればいけるお!」

('A`) 「おうよ! 」

(´・ω・`)「……そうだね(まぁ死んだとしても目覚めるだけだろうし大丈夫かな)」


('A`) 「汝の虚を払い、真実の姿見せよ、あるがままに……アルテマァッ! 」ビョフー

(´・ω・`)「ビームビームビームビーム」ビーム

( ^ω^)「…………」

132 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 01:56:25.37 ID:PGxCIJ+/0
( ^ω^)「(今なら殺せるお……)」

( ^ω^)「(ツン……ツンのため……)」

( ^ω^)「(ツンの願い……だお……もう……無下にしたくないお……)」

( ^ω^)「(あの時僕がツンの言うことを聞いていれば……だから……叶えるお……叶えなきゃダメなんだお!)」

( ^ω^)「……」







(´・ω・`)「ショボン! 危ないっ!」バッ

( ^ω^)「!?」 ドギャンッ

134 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 01:58:13.92 ID:PGxCIJ+/0
('A`) 「ショボン! 大丈夫か!?」

( ^ω^)「ショボンが……僕をかばって……!」

(´・ω・`)「うおっ……かなり痛いねこりゃ」

('A`) 「喋るな! 今手当を!」

( ^ω^)「あ、ああああああ!」

(´・ω・`)「大丈夫……今……意識を……落とすから……現実に……」フッ

('A`) 「消えっ!? ……いや、現実に戻ったのか?」

( ^ω^)「ショボン……うう……」

135 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 01:59:40.08 ID:PGxCIJ+/0
('A`) 「大丈夫だ内藤! ショボンは死んでねえって! 多分」

( ^ω^)「……! ドクオ!後ろ!」ヒュルルルルルル

('A`) 「へっ? あんぎゃー!」チュドーン

('A`) 「……くうっ……フルパワーだ!」ヒュゴゴゴゴゴゴゴ

('A`) 「食らe」シュンッ

( ^ω^)「あっ、消えたお……」

( ^ω^)「……後は僕に……任せるお!」

138 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 02:01:41.05 ID:PGxCIJ+/0
('A`) 「ぶはあっ!」ガバッ

(´・ω・`)「やあ」

('A`) 「ショボン! お前!傷は!?」

(´・ω・`)「この通り元気さ」

('A`) 「ほっ……夢ってマジでリアルだな……とりあえず安心したぜ」

(´・ω・`)「内藤は?」

('A`) 「俺が明晰力不足で落ちてその後は……」

( ^ω^)「……」zzz…

('A`) 「内藤! おい内藤! 起きろっ!」

(´・ω・`)「……」ビターンビターンビターン

('A`) 「往復ビンタかよ……えげつねえ……」

( ^ω^)「……」zzz…

(´・ω・`)「ダメだ、起きない」

('A`) 「ま、まぁちょっとすりゃ起きるだろ! それまでコーヒーでも飲みながら待とうぜ!」カタカタカタカタ

(´・ω・`)「震えてるよ、ドクオ」

140 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 02:03:36.93 ID:PGxCIJ+/0
~夢~

ξ゚⊿゚)ξ「やっと2人きりになれたわね……」

( ^ω^)「愛の力は無限だお」

ξ゚⊿゚)ξ「そうね、ふふ……」

( ^ω^)「そうだ、ツンのチャーハンが食べたいお」

ξ゚⊿゚)ξ「チャーハン?」

( ^ω^)「よく、ツンが作ってくれたお」

ξ゚⊿゚)ξ「それより、内藤のこの傷、治さなくちゃ……安静にしてて」

( ^ω^)「……分かったお」

ξ゚⊿゚)ξ「うふふ」

( ^ω^)「うふふ」

141 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 02:05:01.15 ID:PGxCIJ+/0
~1週間後・某病院~

('A`) 「……すみません、内藤はいますか?」

J( 'ー`)し「あら? 内藤のお友達の……ドクオ君!?」

('A`) 「はい。今……この病室に?」

J( 'ー`)し「そうよ。……ちょっとお医者様とお話しなくちゃいけないから……」

('A`) 「はい、それでは、また」

('A`) 「……」ガララッ

( ^ω^)「……」zzz…zzz…

('A`) 「内藤……なんで……起きねえんだよ……」

143 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 02:06:14.03 ID:PGxCIJ+/0
('A`) 「てめえ! いい加減にしろよ! ドッキリか!? ああん!? ふざけんな! ふっざけんなよ! 」

('A`) 「……まだだろうが……まだ世界征服遂げてねえぞ……世界征服するんだろ!! なあっ!!」

∬*;´_ゝ`;) 「あのすみません、他に病人の方もいらっしゃいますので」

('A`) 「ア、スンマセン」

(´・ω・`)「一週間……夢の中、か」

('A`) 「!? ショボン! いつの間に…」

(´・ω・`)「どうして内藤は夢の中にいるんだと思う?」

('A`) 「そりゃあ夢の中で死──」

(´・ω・`)「いや、夢の中での死=現実の死なんてあり得ない。科学的にもね」

('A`) 「じゃあなんで……」

144 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 02:07:23.17 ID:PGxCIJ+/0
(´・ω・`)「内藤は、目覚めたくないんだろうね……色々……あったから……」

('A`) 「……ツン、か?」

(´・ω・`)「おそらく」

('A`) 「ツンに会いたいがあまり、現実逃避してる、ってのか……はぁ」

(´・ω・`)「内藤のカーチャンから聞いた話だと、内藤は毎日ツンに会いに行っていたらしい」

('A`) 「……」

(´・ω・`)「あのツンの痛々しい姿を……毎日……」

('A`) 「……そうだな」

(´・ω・`)「でもある時を境に、それを止めたんだと」

('A`) 「引きこもってからか?」

(´・ω・`)「おそらくね」

146 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 02:09:35.38 ID:PGxCIJ+/0
('A`) 「何か……ツンから言われたのか?」

(´・ω・`)「ドクオ、内藤の首元を見てごらん?」

('A`) 「んん? 首が締められた……跡……だと……?」

(´・ω・`)「かなり強く締められてるね、首を。そして見る限り、小さい手だ、女の手、だ」

('A`) 「まさかツンが……」

(´・ω・`)「……」コクッ

('A`) 「……だからか、仕事も止めて、その貯金だけで引きこもってたのは……」

(´・ω・`)「……一週間前……僕が起きた時、内藤の寝言を聞いたんだ」

('A`) 「なんて言っていた?」

(´・ω・`)「ツンは死んだ……死んだ……ってね」

('A`) 「……」

147 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 02:10:07.39 ID:PGxCIJ+/0
(´・ω・`)「内藤は、夢の中のツンに囚われてる、でもそれはツンじゃない」

('A`) 「ツンは生きてる」

(´・ω・`)「そう、それを、内藤に伝えに行こう……夢の中へ!」

148 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 02:12:39.93 ID:PGxCIJ+/0
∬*;´_ゝ`;) 「あのーお客様方……ここで昼寝なさるのは……」

(´・ω・`)('A`) 「……」

∬*;´_ゝ`;) 「……すみませーん!」

(´・ω・`)('A`) 「……」

('A`) 「くそっ!」ガバッ

∬*;´_ゝ`;) 「!?」

(´・ω・`)「全然行けないね、どうしてだろう」

('A`) 「チャーハン……か?」

(´・ω・`)「そうかもしれない」

('A`) 「よし! 俺の家に行ってチャーハン作るぞ!ショボン!」ダダッ

(´・ω・`)「うん、急ごう!」ダダッ

∬*;´_ゝ`;) 「(なんだアイツら……)」

149 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 02:14:38.74 ID:PGxCIJ+/0
~ドクオ家~

('A`) 「チャーハン作るよ!!」ジャージャージャージャー

(´・ω・`)「……ドクオ、あの夢、誰の夢の中か知ってるかい?」

('A`) 「……? 3人で共有した夢、とかじゃないのか?」ジャージャージャージャー

(´・ω・`)「実は一回目の夢で、ドクオと自分と内藤の家を回ったんだ」

('A`) 「んでんでんでんで」

(´・ω・`)「内藤の家に、日記があった」

('A`) 「日記?」

(´・ω・`)「夢日記だよ。事細かに、ね」

('A`) 「内容は?」

(´・ω・`)「読んでない。パラパラとめくっただけさ、プライバシーの問題があるからね」

155 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 02:24:07.04 ID:bJtKJ+fiI
('A`) 「……読んでないってことは、読むことはできたんだな?」

(´・ω・`)「そう、はっかりと文字が書かれていた、僕が読めるくらいにね」

('A`) 「あの精神世界は内藤の夢の中だったのか……!」

(´・ω・`)「夢日記の継続は明晰力を格段に高める。常人なら覚めるはずのショックでも、内藤は覚めない、それくらいの明晰力を持っている」

('A`) 「どうして、内藤は俺たちと明晰夢を見ようとしたんだ?」

(´・ω・`)「無意識に、ツンを創り出そうとしたのかもしれない、僕達が持ってるツンのイメージを融合させて、より完璧なツンにするために」

('A`) 「……できたぞ、チャーハン」ゴトッ

159 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 02:40:00.37 ID:bJtKJ+fiI
~移動して某病院内~

(´・ω・`)「」モグモグ

('A`) 「」モグモグ


('A`) (´・ω・`)「……」

('A`) (´・ω・`)「……」

('A`) (´・ω・`)「……」

('A`) 「くそっ!」ガンッ

(´・ω・`)「ダメみたいだね……」

∬*;´_ゝ`;) 「あのー、室内での飲食と昼寝はお止め──」

(´・ω・`)「何か……足りない……」

('A`) 「足りないって……」ピーン

('A`) 「ツンの味か」

161 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 02:45:53.96 ID:bJtKJ+fiI
(´・ω・`)「ツンのチャーハンのレシピ、知ってる?」

('A`) 「でもしっかりメープルシロップ入れたぞ?」

(´・ω・`)「おそらく、かなり内藤の明晰力に頼ってたんだと思う、内藤の、夢に行きたいっていう感情に。…それに内藤は、隠し味のメープルシロップに、何か違う、と応えていた」

('A`)「俺ら二人で明晰夢を見るには……本物のツンの味が必要ってことか?」

(´・ω・`)「そのツンの本物のレシピが内藤の家にあるかも!行こう!」

('A`) 「おう!」

163 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 02:50:26.79 ID:bJtKJ+fiI
~内藤家~

J( 'ー`)し「あらー、ショボン君とドクオ君、お久しぶりねー」

(´・ω・`)「あの、内藤君のお部屋を拝見させていただきたいのですが」

('A`) 「あ、あいつ、パソコンにえげつないスカトロエロ画像隠してて……それを破棄してくれって生前言われてて……」

(´・ω・`)「まだ生きてるって」ボソボソ

J( 'ー`)し「スカ……何? あの子を起こしてくれるものを探すのならぜひお願いしたいわ、私も掃除して色々探ってみたのよ」

(´・ω・`)「ありがとうございます」

('A`)「そういや、内藤の妹って今いるんですか?」

J( 'ー`)し「妹? なんていないわよ、この家に」

165 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 02:53:09.49 ID:bJtKJ+fiI
('A`) 「うーん」カタカタカタカタ

(´・ω・`)「目ぼしいものはあった?」

('A`) 「フォルダ分けされてる虹エロ画像しか見つからん」カタカタカタカタ

('A`) 「おっ!」

(´・ω・`)「どうした!?」

('A`) 「いや、俺が長年探してたエロ動画のデータがあったからつい……」

(´・ω・`)「殴るよ」

168 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 02:59:20.96 ID:bJtKJ+fiI
(´・ω・`)「……妹がいたってなんで嘘付いたんだろうね」ゴソゴソゴソゴソ

('A`)「内藤の三年前の明晰夢で、夢じゃないって言った人間は大方予想がつく」

(´・ω・`)「ツン……と言いそうだったのを堪えて、咄嗟に嘘を付いたってことか」

('A`) 「……ふう、こんだけ探しても見つからないならもう……」

(´・ω・`)「日記見つけたよ」

('A`) 「おお! 早速見ようぜ!」wktk

(´・ω・`)「どれどれ……」ペラペラ

('A`) 「……ツンのことばかりだな」

(´・ω・`)「……内藤はツンと同棲までしてたからね、知ってた?」

('A`) 「それくらい知っとるわ、内藤は恥かしがってか、直接言ってくれなかったけどな」

(´・ω・`)「……」ペラペラ

('A`) 「ツンは、えーと……自殺……なんだよな……?」

(´・ω・`)「……」ペラペラ

169 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 03:02:01.22 ID:PGxCIJ+/0
('A`) 「ツンの後輩から聞いたんだが、ツンの勤めてる会社が、かなりの過重労働を強いってたらしい」

(´・ω・`)「……」ペラペラ

('A`) 「過労死による自殺……あんな元気なツンがさ……自殺の後遺症で今度は……あんな……ボロボロに……なってさ……」

(´・ω・`)「……だからこそ内藤は自分を責めたんだろうね、近くにいた自分が気付けなかったから」

('A`) 「……」

(´・ω・`)「だから甲斐甲斐しく内藤は、ツンに会っていた、何を話したのか、そもそも話せる状態だったのかは分からないけど、ね」

('A`) 「そんなツンから、殺されそうになった……」

(´・ω・`)「……あった」ぺらっ

172 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 03:07:05.12 ID:PGxCIJ+/0
('A`) 「……! レシピかっ!?」

(´・ω・`)「うん、日記の1番後ろのページに」

('A`) 「どれどれ……なんだあ? 普通のチャーハンと変わり無いじゃねえか」

(´・ω・`)「隠し味……」

('A`) 「んあ?」

(´・ω・`)「レシピの最後に、隠し味って書かれて、消された跡が残ってる」

('A`) 「その隠し味を誰が知ってr……ツン……か」

(´・ω・`)「……」パタン

(´・ω・`)「ツンに会いに行こう」

('A`) 「……ああ」

174 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 03:11:30.07 ID:PGxCIJ+/0
~某精神病院~

∬*;´_ゝ`;) 「ツンさん、と面会ですか?」

(´・ω・`)「はい」

∬*;´_ゝ`;) 「……ご家族の方のみ面会を許可しております」

('A`) 「俺たち、ツンの友達なんです!」

∬*;´_ゝ`;) 「ご家族の方のみ面会を許可しておりますので」

(´・ω・`)「しようがない、ツンの母親に会いに行こう」ボソボソ

('A`) 「……そうだな」ボソボソ

ζ(゚ー゚*ζ「……あら? 確か……ショボン君とドクオ君だったかしら?」

(´・ω・`)「……えっ」

175 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 03:13:24.20 ID:PGxCIJ+/0
('A`) 「ツンさんのお母さん……ですか?」

ζ(゚ー゚*ζ「そうよ、久しぶりねぇ」

(´・ω・`)「ツンさんとのご面会に参ったのですが、お母様と同席させて頂いてもよろしいでしょうか」

ζ(゚ー゚*ζ「ツンの、お友達、なのよね?」

('A`) 「当たり前ですっ!!」

(´・ω・`)「(ちょ、その応え方はちょっとおかしい)」

ζ(゚ー゚*ζ「ツンも嬉しいと思うわ、勿論、いいわよ」

∬*;´_ゝ`;) 「ま、まぁご家族の許可がございましたら、こちらへどうぞ……」

176 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 03:15:34.02 ID:PGxCIJ+/0
(´・ω・`)「……」カッカッカッカッ

('A`) 「……」カッカッカッカッ

ζ(゚ー゚*ζ「……」カッカッカッカッ

∬*;´_ゝ`;) 「……」カッカッカッカッ

∬*;´_ゝ`;) 「……ここです」カッ

(´・ω・`)「……ツン?」

ξ゚⊿゚)ξ「…………」

('A`) 「……ツン」

ζ(゚ー゚*ζ「ツン、お友達よ、ショボン君とドクオ君」

(´・ω・`)「ツン、久し振りだね……」

ξ゚⊿゚)ξ「…………」

179 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 03:17:32.05 ID:PGxCIJ+/0
(´・ω・`)「よく四人で遊んだよね、僕とドクオと、ツンと、内藤と」

('A`) 「ツン! 四人で空き地で鬼ごっことか……したよな! 覚えてるか!?」

(´・ω・`)「四人で作った遊びとか……あったよね」

('A`) 「四人で役決めて劇みたいなのしたりとかさぁ!」

ξ゚⊿゚)ξ「…………」

ζ(゚ー゚*ζ「ツン……」

('A`) 「でも皆大人になって……別々の大学、会社……途端に会わなくなったよな……」

(´・ω・`)「でも、お盆休みや夏休みに、時々集まったりしたよね」

('A`) 「ツンは仕事でなかなか来れなかったよな……俺たち……寂しかったぜ……」

(´・ω・`)「でも合間を縫って来てくれた時、本当に嬉しかったよ」

ξ゚⊿゚)ξ「…………」

181 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 03:20:09.38 ID:PGxCIJ+/0
('A`) 「俺、お前と内藤が付き合ったって話を聞いたときが1番嬉しかったんだよ」

('A`) 「お前らどっちもツンデレ……だったからな」

ξ゚⊿゚)ξ「…………」

('A`) 「ツン、お前が皆のために作ってくれたチャーハン、覚えてるよ」

(´・ω・`)「初めて自分だけで作った料理だ、って自慢してきたよね……今思い出したよ」

('A`) 「……ゴメンな、今まで、会いに行けなくて、いや、行かなかったんだ、俺は」

(´・ω・`)「……」

('A`) 「お前の……現実を……見なかった。怖かったんだ。ツンと内藤の幸せが崩壊しているという事実が」

('A`) 「ただ逃げてた、全部、内藤に投げて。現実逃避してたのは内藤じゃない、俺だったんだ」

('A`) 「……やっと、分かったんだ……ごめん……ごめん……」

183 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 03:22:06.84 ID:PGxCIJ+/0
(´・ω・`)「……ドクオ」

(´・ω・`)「僕は正直、内藤に嫉妬してた」

ξ゚⊿゚)ξ「…………」

(´・ω・`)「僕が欲しいもの、全部持ってたんだ」

('A`) 「……」

(´・ω・`)「勇気、優しさ、強さ、信念」

(´・ω・`)「……いや違う、何より欲しかったのは……」

ξ゚⊿゚)ξ「…………」

(´・ω・`)「……それは、僕じゃムリだった。……ダメなんだ。欲しくてたまらなかったからこそ、内藤とツンに、輝いたままでいてほしかった」

(´・ω・`)「僕が1番欲しかったものは、内藤のものだから、1番輝いていた」

(´・ω・`)「憎かったよ、その事実が納得できてしまうから」

(´・ω・`)「僕は内藤を心の裏で妬んだ」

(´・ω・`)「……なのに、なんでこう、上手くいかないかなぁ……」

(´・ω・`)「僕は本心から、ツンと内藤に輝き続いてほしい、そう思ってる」

185 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 03:24:00.41 ID:PGxCIJ+/0
('A`) 「ショボン……」

ξ゚⊿゚)ξ「…………お…ぼ…て…る」

(´・ω・`)「……ツン!」

('A`) 「ツン!」

ξ゚⊿゚)ξ「……どく…しょぼ…おぼえてる…なつかし…い」

('A`) 「ああ! ……ああ!」

ξ゚⊿゚)ξ「ないと…う…わ…?」

(´・ω・`)「内藤は、僕達が助けるよ、安心して」

ξ゚⊿゚)ξ「…ひどい…こと…した…ないと…に…」

('A`) 「内藤はツンを嫌いになったりしねえよ、安心汁」

ξ゚⊿゚)ξ「わたし…たすけたい…ないと…わたし…も…助ける」

('A`) 「……俺達に作ってくれたチャーハン、覚えてるか?」

ξ゚⊿゚)ξ「……う、ん」

188 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 03:25:20.55 ID:PGxCIJ+/0
(´・ω・`)「隠し味、教えてほしいんだ」

ξ゚⊿゚)ξ「たべたら…ないとう…げんき…?」

('A`) 「…ああ! だから、教えてほしい」

ξ゚⊿゚)ξ「…え、と…は…ち…み…つ…」

(´・ω・`)「ハチミツ?」

ξ゚⊿゚)ξ「……うん」

('A`) 「ありがとうな、ツン」

ξ゚⊿゚)ξ「うん……」

(´・ω・`)「次は、僕とドクオと内藤で、3人で来る、必ず、だから、待ってて」

ξ゚⊿゚)ξ「う、ん……まってる」



ξ゚⊿゚)ξ「待ってるよ……皆のこと」

190 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 03:27:22.73 ID:PGxCIJ+/0
~ドクオ宅~

(´・ω・`)「チャーハン作るよ!」ジャージャージャージャー

('A`) 「……」

(´・ω・`)「……」ジャージャージャージャー

('A`) 「なんで、ツンのチャーハンが必要だと思う?」

(´・ω・`)「……分かり切ってることだよ」

('A`) 「ああ、俺もお前も内藤も、心の底で、ツンに会いたいって思ってたのさ」

(´・ω・`)「そんな、同質的な強い感情の塊、ツンへの想いが、催眠状態の集中力の助力になってたってわけだ」

('A`) 「……日本語でおk」

193 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 03:29:10.86 ID:PGxCIJ+/0
~某病院~

('A`) 「」パクパクモグモグ

(´・ω・`)「」パクパクモグモグ

∬*;´_ゝ`;) 「……(もうどうにでもしてくれ)」


('A`) 「……いくぞ」

(´・ω・`)「いこう」

195 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 03:30:34.68 ID:PGxCIJ+/0
('A`) 「…!」ガバッ

(´・ω・`)「成功したようだね」

('A`) 「2人で手分けして内藤を探すぞ!」

(´・ω・`)「……分かってる!」ズズズズズ

197 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 03:31:41.20 ID:PGxCIJ+/0
( ^ω^)「……ツン」

ξ゚⊿゚)ξ「なあに? 内藤」

( ^ω^)「こうして2人で暮らすのも5年になったお」

ξ゚⊿゚)ξ「なあに? 私のこと飽きた?」

( ^ω^)「違うお、ツンは本当にこれでいいのかお?」

ξ゚⊿゚)ξ「私は内藤がいるだけで十分よ、内藤は、違うの?」

( ^ω^)「僕は…僕は…」

200 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 03:35:25.68 ID:PGxCIJ+/0
(´・ω...:.;::..ズルッ

(´・ω・`)「……! 内藤!!!!」

( ^ω^)「!?」

ξ゚⊿゚)ξ「てめえら…」

('A`) 「な、内藤!!」シュンッ

( ^ω^)「ショボン…ドクオ…」

ξ゚⊿゚)ξ「内藤、こいつらは殺しておけって言っておいたはずよね?」

( ^ω^)「あ、あうう…」

(´・ω・`)「目を覚ませ! 内藤! このツンは偽物だ!」

ξ゚⊿゚)ξ「……内藤、こいつらを殺せ」

('A`) 「夢の中の人間なんてただの木偶の坊だ! こいつは、ツンじゃねえ!」

( ^ω^)「…………ツンは死んだお」

ξ゚⊿゚)ξ「!……」

204 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 03:37:30.89 ID:PGxCIJ+/0
( ^ω^)「ツンは死んだお、でもここにはツンがいるお、だから僕もここにいるお」

(´・ω・`)「ツンは生きてる。それは君も知ってるだろう?」

( ^ω^)「死んだお」

('A`) 「おい内藤! 俺達はさっきツンと会ってきた! ツンは、お前を! 内藤を! 助けたいと言っていたぞ!」

ξ゚⊿゚)ξ「ふ、ふんっ! 本物だか偽物だかわけのわからない戯言ばかり、私はツン、それ以外の何物でもないわ」

( ^ω^)「ツンは死んだお」

(´・ω・`)「内藤、いい加減目を覚ませ、ここが現実じゃないことぐらい…」

( ^ω^)「ツンは死んだお、本当のツンは、僕の首を締めようとはしないお、このツンは僕の首を締めないお、だから本物なんだお」

('A`) 「……矛盾しまくりだぞ(ダメだ、夢にかなり侵食されてる……)」

(´・ω・`)「内藤、首を締められる直前、ツンに何をした?」

( ^ω^)「……」

(´・ω・`)「何をした?」

( ^ω^)「撫でたお」

('A`) 「……?」

205 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 03:40:53.79 ID:PGxCIJ+/0
( ^ω^)「ただ、髪を撫でただけだお。ツンがいつまで経ってもうわ言…いや、ツンはここにいるんだけど…しか呟かないから、少し、髪を、撫でたんだお」

( ^ω^)「そしたら! 首を締められんだお! いきなりだったお! 怖かったお! 怖かったお!」

(´・ω・`)「(精神病の末期症状…か…? 今ではだいぶ落ち着いたみたいだったが…それもこれも内藤があそこまで改善してくれたから…かもしれない…)」

( ^ω^)「だからもう放っといてお、でないと……」チャキ

(´・ω・`)「……殺すの? 僕達を」

('A`) 「おまっ、包丁って、内藤! 俺も禁断呪文を使うz」

( ^ω^)「お前らも、本当は夢の人なんだお!? そうだお!?」

ξ゚⊿゚)ξ「そうよ、こいつらは内藤をたぶらかそうとする敵よ」

( ^ω^)「敵……敵……」

('A`) 「お、おいおいヤバイぞ、ショボン、夢の中で死ぬのは流石に勘弁」

(´・ω・`)「内藤は、現実にツンがいることに気付いている、それを口にした、あともう少しだ」

ξ゚⊿゚)ξ「殺っちゃえ殺っちゃえー!」

('A`) 「思い出せ! 内藤! 俺ら四人で遊んだ遊び!」

(´・ω・`)「なりきりごっこ、だっけな、僕が参謀でドクオが奴隷で、内藤、お前はなんだった?」

( ^ω^)「僕は……僕は……」

207 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 03:43:53.15 ID:PGxCIJ+/0
ξ゚⊿゚)ξ「なーにーよー、もう、うざったいわねー、内藤は私と一緒にいるだけで十分なのよ」

(´・ω・`)「黙ってろ」

( ^ω^)「僕は……確か……」

ξ゚⊿゚)ξ「カッチーン、内藤、包丁貸せ」スッ

( ^ω^)「えっ」

ξ゚⊿゚)ξ「内藤の代わりに私が殺る」タッタッタッ

(´・ω・`)「バリアッ── うぐっ!」

ξ゚⊿゚)ξ「ふ、ふふふ、ふふふふふ、私は内藤の強い明晰力から生まれたのよ? そんな私に、あなたごときの力が適うと思ってたの?」ゴリゴリゴリゴリゴリ
('A`) 「ショボン!!!」

(´・ω・`)「あ、あぐ……う…ぐ……ふっ、ふっ、ふう……」ガシッ

ξ゚⊿゚)ξ「うふ、うふふふ……って、あら? 抜けない」グイグイ

(´・ω・`)「やっと捕まえた……ドクオ!」

('A`) 「あ、ああっ!」ダッ

( ^ω^)「な、なんだお、僕はずっとここに……」

('A`) 「いいから来いっ! 外に出るぞ!」ダッ

209 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 03:49:43.14 ID:PGxCIJ+/0
( ^ω^)「ど、どこに行くんだお!」タタタタッ

('A`) 「適当な……ファミレスにでも入るか!!!」ダッ

('A`)「厨房……調味料……具材……よし!」ガサゴソ

( ^ω^)「な、何をするんだお?」

('A`) 「内藤、腹は減ってるか?」

ξ゚⊿゚)ξ「いーえ、もうお腹一杯よ?」ズクッ

('A`) 「あ、ぐ、あが、あ、ああ、あ…」

ξ゚⊿゚)ξ「なーに? 何て言ってるのー?」グリグリグリグリ

('A`) 「うっ…く…つ…は…ち…(な、なんだよこれ…いてぇ…いてぇ……いてぇいてぇいてぇいてぇ)」

('A`) 「な…いとう…」

( ^ω^)「……あ、あう……」

('A`) 「内藤…ハ…チ…ミ…ツ…だ」ニヤリ

( ^ω^)「……!」

ξ゚⊿゚)ξ「さっさと死ね」ゴリゴリゴリゴリゴリゴリ

('A`) 「あ、あぅ……あ……ぐ…ふ…ふぅっ……(意識を…落とせ……)……」シュンッ

212 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 03:52:26.71 ID:PGxCIJ+/0
ξ゚⊿゚)ξ「ちっ、逃げられたか! 今度来たら頭を一気に……」

( ^ω^)「……ツン、お願いがあるお」

ξ゚⊿゚)ξ「えっ! そんな!…子作りだなんて!」

( ^ω^)「……チャーハンを、作ってほしいんだお」

217 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 03:57:43.76 ID:PGxCIJ+/0
('A`)「……」

('A`) 「ブハアッ」ガバッ

(´・ω・`)「……」

('A`) 「ショボン! ショボン起きろ! ショボン!」

(´・ω・`)「……」

(´・ω・`)「なーんてね☆ 三途の川が見えたけど」

('A`) 「……おい」

(´・ω・`)「……ゴメン。それでドクオ、上手くいった?」

('A`) 「隠し味は伝えた。あとは、内藤次第だ」

219 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 03:59:30.74 ID:PGxCIJ+/0
ξ゚⊿゚)ξ「はーいお待たせ、ツン特製チャーハンよ! 召し上がれ!」

( ^ω^)「……」モグモグ

ξ゚⊿゚)ξ「どう? おいしい?」

( ^ω^)「……おいしいお」

ξ゚⊿゚)ξ「あー良かった! まだまだ作るわよ!」

( ^ω^)「おいしいお、完璧だお」

ξ゚⊿゚)ξ「褒めても何にも出ないわよ?」

( ^ω^)「ツンのよりおいしいお」

ξ゚⊿゚)ξ「……何を言ってるの?」

( ^ω^)「ちょっと厨房借りるお」

221 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 04:02:14.47 ID:PGxCIJ+/0
( ^ω^)「チャーハン……作るお!」ジャージャージャージャー

ξ゚⊿゚)ξ「……」

( ^ω^)「(ドクオ、ショボン、ありがとうだお……思い出したお! 思い出したんだお!)」

( ^ω^)「……」トロロッ

ξ゚⊿゚)ξ「ハ、ハチミツ……? そんなの入れたら甘ったるくなるわよ?」

( ^ω^)「……」ジャージャージャージャー

( ^ω^)「……できたお」

( ^ω^)「食べてみるかお?」

ξ゚⊿゚)ξ「……」モグモグ

ξ゚⊿゚)ξ「……なんかマイルド過ぎなぁい? 私が作ったチャーハンの方が美味しいわよ?」

( ^ω^)「」パクパクモグモグ

( ^ω^)「(あれは…小学生の頃だったお)」モグモグモグモグ

( ^ω^)「(甘い物が好きだった僕は)」モグモグモグモグ

( ^ω^)「(ツンに、こう注文したんだったお)」

224 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 04:04:22.30 ID:PGxCIJ+/0
~回想ってやつ~

( ^ω^)「ねえツン、もっとこのチャーハン、甘くできないかお?」

ξ゚⊿゚)ξ「あ、甘く? 内藤アンタ、本当に甘党ね」

( ^ω^)「ツンが甘いケーキとかクレープだとか僕に作ってくれるからこうなったんだお! ツンの責任だお!」

ξ゚⊿゚)ξ「は、はぁ?」

( ^ω^)「おっおっおっ」

ξ゚⊿゚)ξ「なんで笑うのよ!」

( ^ω^)「だって今、チャーハンに何を入れようか考えてるお?」

ξ゚⊿゚)ξ「……///」カァッ

ξ゚⊿゚)ξ「ち、違うわよ!!」

( ^ω^)「それで、何を入れるお?」

ξ゚⊿゚)ξ「……秘密よ、バカっ!」






ハチミツ──

228 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 04:08:39.20 ID:PGxCIJ+/0
( ;ω; )「ツンの味……だお……」ボロボロボロボロ

ξ゚⊿゚)ξ「な、ツ、ツンは私──」


( ;ω; )「……ツン……ゴメン……僕……ツンを……助けようって……諦めてた……お……」

ξ゚⊿゚)ξ「……」

( ;ω; )「でも、今、はっきりしたお」


( ^ω^)「僕は! ツンが!好きなんだお‼︎ ツンの作ってくれたチャーハンが! 好きなんだお!!」

ξ゚⊿゚)ξ「……ふふ、ふふふ……」

( ^ω^)「ゴメン……」

232 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 04:16:06.27 ID:PGxCIJ+/0
ξ゚⊿゚)ξ「そう、私はあなたの潜在意識が具現化された人形」

( ^ω^)「……」

ξ゚⊿゚)ξ「私の潜在意識は、君と、君の仲間たちによって改変された」

ξ゚⊿゚)ξ「それを忘れるなよ、内藤」

( ^ω^)「……ありがとう。もう、君とは会わないだろうね」

( ^ω^)「さようならだお」

ξ゚⊿゚)ξ「うん」

( ^ω^)「(……意識を……落として……僕は行く……現実世界に……)」

( ^ω^)「(そして…ツンに…会いに行く!)」シュンッ




ξ゚⊿゚;::: .:.;: サラサラ..

ξ゚;::: .:.;: サラサラサラ

::: .:.;: ::: .:.;

234 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 04:19:39.38 ID:PGxCIJ+/0
幾年後

~内藤家~

('A`) 「というわけで」

(´・ω・`)「どうしたんだいドクオ? そんなに改まって」

('A`) 「だって今日はツンの退院日だろ?」

(´・ω・`)「……ああ、知ってるよ」

('A`) 「待ちきれないだろ常識的に考えて」

(´・ω・`)「何回も会ってたじゃないか」

('A`) 「た、確かに3人で見舞ったりしたけどな! ほら! こう……2人のさぁ…」

(´・ω・`)「そもそも、内藤1人にだけツンを迎えに行かせたってのが訳が分からないよ」

('A`) 「……2人っきりにさせたんだよ空気嫁」

(´・ω・`)「まぁツン歓迎パーティのための準備があったから、しようがないか」

235 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 04:21:47.29 ID:PGxCIJ+/0
――ピンポーン!


('A`) 「おっ! 来たっ!」ガタタッ

(´・ω・`)「ドクオ、焦り過ぎ」

('A`) 「おーいツーン! 内藤ー!」タタタッ

(´・ω・`)「ちょ、待ってよ」タタタッ

( ^ω^)「お前らはしゃぎすぎだお」

ξ゚⊿゚)ξ「でも嬉しいわ! 皆とこうやって……グスッ」

('A`) 「お?珍しくしおらしいな?」

(´・ω・`)「ツンらしくない」ボソッ

ξ゚⊿゚)ξ「べ、別にあんた達に感謝して泣いてるわけじゃないんだかねっ!」

( ^ω^)「おっおっおっ、四人集まったし、始めるかお!」

241 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 04:25:43.09 ID:PGxCIJ+/0
('A`) 「そうだな!早速 歓迎パーティ始めるか!!!」

(´・ω・`)「ドクオ! しーっ!」

('A`) 「あっ」

( ^ω^)「ネタバラシ乙だお」

ξ゚⊿゚)ξ「え? 何よそれ?」

242 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 04:27:14.92 ID:PGxCIJ+/0
(´・ω・`)「あちゃー」

('A`) 「……すまん」

( ^ω^)「ツンのために、ケーキとか色々準備したんだお!」

ξ゚⊿゚)ξ「……ありがとう」

('A`) 「でもやっぱさぁ」

(´・ω・`)「ケーキよりも」

( ^ω^)「食べたいものがあるお」

ξ゚⊿゚)ξ「……え、何よそれ」

チャーハンだお!
チャーハンだろ常考
チャーハンしかないね

END

248 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 04:29:58.07 ID:bJtKJ+fiI
ξ゜⊿゜)ξ「今日は何して遊ぶー?」

('A`) 「家でゲーム」

ξ゜⊿゜)ξ「もうっ! そんなのつまらないでしょ!」

(´・ω・`)「小学生なら外で遊ばないとね」

ξ゜⊿゜)ξ「それ小学生が言うセリフかしら……」

( ^ω^)「……四人で何かするお!」

(´・ω・`)「じゃあ僕参謀で」

ξ゜⊿゜)ξ「えっ、いきなり何よ? じゃあ私秘書ー!」

('A`) 「なら俺はエンペr」

ξ゜⊿゜)ξ「ドクオは奴隷ね」

('A`) 「」

249 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 04:31:20.93 ID:bJtKJ+fiI
( ^ω^)「なら僕は王様だおっ!」

ξ゜⊿゜)ξ「それで、何をするの?」

(´・ω・`)「小学生ながら背伸びしつつ夢があって野望があって…」

('A`) 「遊びでそんなこと考えるか?普通」

ξ゜⊿゜)ξ「うーんそうね……宇宙侵略とか?」

('A`) 「規模でかすぎだろ常考」

ξ゜⊿゜)ξ「う、うるさいわね! 内藤! 何か案は?」

( ^ω^)「うーん宇宙侵略もいいかと思うお! でもここは……」

( ^ω^)「世界征服、にするお!」



254 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2014/09/07(日) 04:34:44.19 ID:bJtKJ+fiI
全く世界征服してなかったけど読んでくれてあざーしたー!
皆も暇なら書いてみよう!

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

K-AYUMU

Author:K-AYUMU

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

ユーザタグ

カ行 タ行 ア行 ちんこ ハ行 サ行 マ行 ナ行 英数字  ^ω^) ('A`) ラ行 1レス ワ行 (´・ω・`) ショボーン ヤ行 ブーン ショボン トソン 'ー`)し ξ゚⊿゚)ξ (,゚Д゚) ドクオ まんこ (=゚д゚) J( 1レス カラマロス大佐 シュー ミセリ (-_-) いよう 川д川 人狼 (∪^ω^) 世紀末 ツンデレ 

FC2カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。