mesimarja
気に入ったスレを集めてみました。
03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( ^ω^)死に場所、のようです
1 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2015/05/03(日) 05:08:14.912 ID:F+f3Tqsc0
 
( ^ω^)


内藤ホライゾン、19歳。
端的に言えば、彼は絶望していた。




 


3 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2015/05/03(日) 05:09:46.687 ID:F+f3Tqsc0
彼は普通の大学生で、とある研究をしていた。

研究というよりは、それは子供の遊びに等しいことではあったが。

研究とは、趣味で自家栽培していた大豆に手を加えていくというものだった。

直に科学薬品をかけたり、すり潰して他の物と混ぜたり…

特に目ぼしい結果があるわけでもなく、無駄にも等しい行為だった。

そんな内藤の行動に対して同期の学生からも失笑された。

だが内藤には、そんな下らない行為が堪らなく楽しかった。

4 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2015/05/03(日) 05:10:45.750 ID:F+f3Tqsc0
とある日、色々と無作為に薬品を混ぜていくうちに、何やら見たこともない液体が発生した。

何か有害なものだと不味いと思い、その大学の准教授にこれを知らせた。

准教授はこの液体を見ると、顔色を変えてこちらに向かってきた。


(-@∀@)「…内藤君。この研究の続きを、僕にさせてくれないかい?」

(;^ω^)「おっ?こんな下らないのをですか?」

(-@∀@)「何を言う!大発見だよ!この液体は世界の人間を救う!」

( ^ω^)「本当ですかお!?」

(-@∀@)「もちろんだ!僕はこの研究を引き継ぎたい!」

(;^ω^)「あっ、そういえば何か有害なものはありましたかお?」

(-@∀@)「…大丈夫!何も問題はないよ」


元々結果の追究に興味は示さない内藤だったため、深く考えずこの申し出に納得した。

5 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2015/05/03(日) 05:12:28.140 ID:F+f3Tqsc0
-

数ヶ月して、この准教授が逮捕されたという報道があった。

人間の脳を刺激して闘争心を煽り、殺人も躊躇しない狂人を作り上げる液体。

そんな麻薬に等しい液体を、違法に売買していたのだという。

そして、この液体に作り出された狂人よって、既に何人もの人が殺されたのだという。


普段は飲み込みの遅い内藤でも、この時ばかりは一瞬で理解した。

自分の気まぐれな研究が、知らぬうちに人間を殺めていたのだ。

7 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2015/05/03(日) 05:14:25.071 ID:F+f3Tqsc0
絶望した。

自分を呪った。

生きていることを、

生を受けてしまったことを、

申し訳ないと思い、悔いた。



そして内藤は、行方をくらませた。

8 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2015/05/03(日) 05:15:18.636 ID:F+f3Tqsc0
何処かもわからない場所を彷徨う。

既に数日ほど何も口にしていない。

焦点の定まらない虚ろな目が、内藤の心情を物語る。

浅薄な脳味噌を持つ、自分のせいで罪の無い人々が殺された。

内藤は、自分に相応しい死に場所を求め、ひたすらに足を引きずる。

そんな内藤の虚ろな目に、一つの景色が飛び込んできた。



( ^ω^)「……海だ」

 

10 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2015/05/03(日) 05:16:19.285 ID:F+f3Tqsc0
美しい。

遥かか彼方で輝く太陽の光を受け止め、海もまた青く輝く。

ここに身を投げれば、僕も美しくなれるだろうか?

海と共に、僕は輝いて死ねるだろうか?



( ^ω^)「馬鹿な」



今更、何を考えているのだろう。

11 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2015/05/03(日) 05:16:45.370 ID:F+f3Tqsc0
大きな罪を背負った僕を、海は必ず拒絶する。

今更、美しく散ろうなどと考えているのか。


厚かましい。

思わず、自身を鼻で笑ってしまった。

あれだけの大罪を犯しながら、それを洗い流そうというのか。


海なんていう青く綺麗な液体、僕には相応しくない。

12 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2015/05/03(日) 05:18:11.139 ID:F+f3Tqsc0
海から遠ざかり、街を彷徨う。

汚れた自分に相応な死に場所を探し、考えなしに足を動かす。

('A`)「痛っ」

( ^ω^)「あっ…」

フラフラと歩くうちに、一人の若者に肩をぶつけてしまった。

13 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2015/05/03(日) 05:19:45.475 ID:F+f3Tqsc0
自傷的な心持ちの内藤は、ただただ申し訳ないという気持ちでいっぱいだった。

咄嗟に謝罪の言葉を口にする内藤。

( ^ω^)「あっすいません、余所見をしていて…」

('A`)「いえいえこちらこそ不注意で…あっ」

('A`)「お前ってあれだな、お雑煮に入ってる餅みたいな顔してる」

( ^ω^)「ぴゃああああああああああああああああ!!!!!!!!」



やぁったぜぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!


海は無理でもお雑煮の具としてなら死んでもいいんじゃねえ!!?




ーーーーーー内藤、究極のヒ☆ラ☆メ☆キ



 

14 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2015/05/03(日) 05:20:58.791 ID:F+f3Tqsc0
ピロピロピローン


(,,゚Д゚)「シャァッセー」

( ^ω^)「味噌の在庫全部ください!!!!!!!」

(,,゚Д゚)「ういっす」



ブーン、大量の味噌を手に自宅へ猛ダッシュ!!!

既に風呂を沸かしていたのであとは味噌を叩き込むだけ!!!!どぼおおおおおおおおおおん!!!!!!

母なる味噌よ!!!どうか僕の罪を受け入れててててええええええええええいいいああああああああああああ


ザパーン

ああああああああああああああおう!!!!

15 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2015/05/03(日) 05:21:49.409 ID:F+f3Tqsc0
ジャポジャポ

( ^ω^)「塩辛い!塩辛い!」


ブクブクブクブク


バシャバシャバシャバシャ…



チャポン




16 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2015/05/03(日) 05:22:24.548 ID:F+f3Tqsc0
 



内藤ホライゾン、19歳。
死因は味噌汁での溺死だった。




 

17 名前:以下、転載禁止でVIPがお送りします:2015/05/03(日) 05:23:41.684 ID:F+f3Tqsc0
あとがき

ケツ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

K-AYUMU

Author:K-AYUMU

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

ユーザタグ

カ行 タ行 ア行 ちんこ ハ行 サ行 マ行 ナ行 英数字  ^ω^) ('A`) ラ行 1レス ワ行 (´・ω・`) ショボーン ヤ行 ブーン ショボン トソン 'ー`)し ξ゚⊿゚)ξ (,゚Д゚) ドクオ まんこ (=゚д゚) J( 1レス カラマロス大佐 シュー ミセリ (-_-) いよう 川д川 人狼 (∪^ω^) 世紀末 ツンデレ 

FC2カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。