mesimarja
気に入ったスレを集めてみました。
03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

∀` )彼は、使命のサムライだったようです
1 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/04/03(日) 12:21:24.145 ID:7oAUw9xw0
夜。

人々は眠りに落ち、町は静まり返っている。
犬の遠吠えが響き渡るほど、この世界は静寂に包まれている。
その中で一つ、何やら騒がしい家があった。



(;TДT)「うっ……ぁぁぁ……!!」


(///´//////)「……」


顔中を包帯で巻いた男が、商人に刃の切っ先を突きつけ、ジリジリと詰め寄る。
何やら激しい悶着があったのか、お互いに肩で息をしている。
商人の頬から流れる血と、両目から流れる涙が、顎の辺りで混じり合う。
身を震わせながら、商人は物凄い勢いで後ずさっていく。
だが、いずれは隅に追い詰められる。
背中の後ろで虚空を探る両手が壁に触れた時、商人の顔がみるみると青ざめた。


2 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/04/03(日) 12:22:05.136 ID:7oAUw9xw0
(;TДT)「いっ……嫌だぁ……! 助けてくれっ……!」


頭を地面に擦り付け、商人は精一杯の命乞いをする。


(///´//V////)「……」


(;TДT)「……えっ……?」


すると、生に縋ろうとする商人を哀れに思ったか、包帯の男は鞘に刀を納めた。


(///´//////)「……貰っていくぞ」


男は蔵の隅に置かれた米俵を担ぐと、そのまま闇世の中へと消え去っていった。



(;TДT)「ハァ……ハァ……」


絶命の危機から逃れた商人は、闇の中へ溶け込んでいく男を、ただ呆然と見つめていた。

3 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/04/03(日) 12:23:17.680 ID:7oAUw9xw0
 
 
 
 
 
天下統一が果たされ、戦が影を潜めていく時代。

それに伴い、武士の需要も目に見えて減っていくことになる。

士農工商も今は昔。今は武士とそれ以下の身分の差など、微塵も感じられなかった。

だから、時代が進めば進むほど、武士という身分は意味の無いものになっていった。


職を失った武士は、浪人と呼ばれた。

藩の給料だけで、安泰な生活を送れるは極少数。
殆どの浪人は、日雇いの仕事をこなし、僅かな日銭を稼いで暮らした。

収入源を断たれた末、追い剥ぎや盗みに手を染める浪人も少なくはなかった。


今の浪人たちには何もなかった。
金も。職も。行く宛も。
刀を携え、大義を成すという、かつての使命すらも。

4 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/04/03(日) 12:25:10.154 ID:7oAUw9xw0
( ´∀`)「………」

( ・∀・)「おい」

( ´∀`)

( ・∀・)「おい」

( ´∀`)

( ´∀`) zzzzzzzzzzzzzzzZZZZZ


  ( ・∀・)   | | ガッ
 と    )    | |
   Y /ノ    人
    / )    <  >__Λ∩
  _/し' //. V`Д´)/
 (_フ彡        /


( ・∀・)「起きろ」

(#´∀`)「痛い!!!!」

5 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/04/03(日) 12:25:47.221 ID:7oAUw9xw0
( ・∀・)「人の店で眠りこける奴が悪い」

( ´∀`)「すっごい寝やすいよ畳」

( ・∀・)「イビキ凄かったが……昨日寝てないのか?」

( ´∀`)「ずーっと傘貼ってた」

( ・∀・)「……傘貼りまで始めたのか」

( ´∀`)「ゴミ拾いだけじゃそろそろキツくなってきてね」

( ・∀・)「一人で暮らす分には問題ないはずだろう」

( ・∀・)「質屋に刀を質入れするなんてことも、しなくていいはずだ」

( ´∀`)「ん~……そう、冷たいこと言うのはやめてくれよ」

( ・∀・)「今は何人いるんだった」

( ´∀`)「3人」

( ・∀・)「嫁もいねえくせにガキだけ増やしやがって」

(#´∀`)「お前だって独り身だろ」

6 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/04/03(日) 12:26:15.510 ID:7oAUw9xw0
( ´∀`)「んで、いくらぐらいかな」

( ・∀・)「はい」

( ´∀`)「……1両?」

( ・∀・)「ああ、1両」

( ´∀`)「なあ」

( ・∀・)「なんだ」

( ´∀`)「質に入れるたびに値段が下がってないか」

( ・∀・)「1両も渡したのに文句を言うのか?」

(#´∀`)「元は30両ほどの価値があるんだぞ! 1両ってなんだ!!」

( ・∀・)「中古品なんだから仕方ない」

(#´∀`)「結構大事に使ってたんだぞ!」

( ・∀・)「血油が汚らしい」

(#´∀`)「問題なく斬れるだろ!」

(;・∀・)「今のご時世にそんな機会あるかよ!」

7 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/04/03(日) 12:26:54.315 ID:7oAUw9xw0
( ・∀・)「そもそも何回も同じもん質に入れられて、こっちも堪ったもんじゃねえよ」

( ´∀`)「ケッ、細かいとこにケチつけて利口なこった……」

( ・∀・)「文句があるなら1両返せ」

(;´∀`)「喜んで売り渡させていただきます……」

( ・∀・)「いや、このナマクラには1両すら与えすぎだったかもしれないな」

(;´∀`)「もうイジめないでくれよ!」


グギュウゥゥゥゥゥ……

( ´∀`)「……腹減った」

( ・∀・)「1両あれば良いモン食い放題だな」

(;´∀`)「そんな軽々しく使えるかよ」

( ・∀・)「ウチに飯なんて無いぞ」

( ´∀`)「まだ何も言ってないだろ」

( ・∀・)「タカられる予感がしたんでな」

( ´∀`)「失礼な」

( ・∀・)「すまん」

( ´∀`)「タカるつもりだったけどね」

( ・∀・)「謝罪は撤回させてくれ」

8 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/04/03(日) 12:27:16.583 ID:7oAUw9xw0
( ´∀`)「……おっ、誰か来たぞ」

( ・∀・)「ん? ありゃあ……」

(-@∀@)

( ・∀・)「アサピーさんじゃないか」

( ´∀`)「アサピー?」

( ・∀・)「ああ、商人をやっている」

( ´∀`)「商人……か」

`)ミ 「ほっ」

(;・∀・)「おい」

(;-@∀@)「やあ、モララーさん。ウチの息子がここに来なかったかい?」

(;・∀・)「あっ、どうもどうも。息子さん、ああ、たしかに来たよ」

9 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/04/03(日) 12:28:01.996 ID:7oAUw9xw0
( ・∀・)「なんでも、かんざしを質に入れたいと」

(#-@∀@)「やっぱり……実はそれを買い戻しにきたんだ」

(#-@∀@) 「それはウチの女房の形見でね」

(;・∀・)「あらら」

(-@∀@)「キツくしかっとかにゃならんね。それで、いくらだい?」

( ・∀・)「2両だよ。結構良いかんざしだったからね」

(-@∀@)「そうか、悪いけど買い戻させてくれないかい」

( ・∀・)「まいど」

(-@∀@)「すまないね」

10 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/04/03(日) 12:28:51.056 ID:7oAUw9xw0
(-@∀@)「ああ、そういえば、号外見たかい? また出たそうだ」

( ・∀・)「商人を襲う盗賊かい」

(-@∀@)「そう。死人こそまだ出ちゃいないようだけど」

(-@∀@)「ウチも狙われんじゃないかってヒヤヒヤしてるよ」

( ´∀`)「……」

( ・∀・)「……怖いもんだね」

(-@∀@)「モララーさんも気を付けなよ。けっこう貯めてるんじゃないの?」

( ・∀・)「いやぁ、ウチなんてドコ探っても何も出ないよ」

(-@∀@)「謙遜しちゃってぇ」

(-@∀@)「……おっ、もう日が暮れるな」

(-@∀@)「じゃあそろそろ行くよ。今日は仕事が遅くまでなりそうでね」

( ・∀・)「アサピーさん」

(-@∀@)「? なんだい?」

11 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/04/03(日) 12:29:11.496 ID:7oAUw9xw0
( ・∀・)「タカラくんね、いい息子さんだよ」

(-@∀@)「えっ」

(-@∀@)「アッハッハ……おいおい、何を言ってんだい……」

( ・∀・)「今回のことは、あまり怒らないでやってくれないかい」

( ・∀・)「あの子なりに、お父さんが大事なんだよ」

(-@∀@)「…………」

(-@∀@)「……モララーさんが、そこまで言うなら」

( ・∀・)「ごめんね。変なこと言っちゃって」

(-@∀@)「ハハハ。いや、考えを改める良いキッカケになったかもしれない」

(-@∀@)「思えば女房が死んでから、ずっと苦労かけてきてるしねぇ」

(-@∀@)「……じゃ、どうもありがとう。迷惑かけたね」

( ・∀・)「いやいや。じゃあ、また」

12 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/04/03(日) 12:30:31.895 ID:7oAUw9xw0
( ´∀`)「……行った?」

( ・∀・)「別に隠れなくてもいいだろうに」

( ´∀`)「邪魔しちゃ悪いかなと思ってさ」

( ´∀`)「それにしても大事なモンを簡単に質入れするなんて、酷いボウズだな」

( ・∀・)「そういう意味ではお前もそうだろ」

( ´∀`)「なあ」

( ・∀・)「なんだ」

( ´∀`)「帳面には3両で買い取ったって書いてあったぞ」

(;・∀・)

(;・∀・)「……人ん家の経済状況を勝手に覗き見るなよ」

( ・∀・)「……」

13 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/04/03(日) 12:30:47.639 ID:7oAUw9xw0
( ・∀・)『かんざし……』

( ・∀・)『これ、お母さんの形見じゃないのかい?』

( ,,^Д^)『そうです、けど……』

( ,,^Д^)『でも、これを売って、父さんに何か買ってあげたいんです』

( ,,^Д^)『母さんが死んで、ずっと苦労かけてきてるから』

( ,,^Д^)『母さんのことも大事に思ってるけど』

( ,,^Д^)『それよりも、生きてる父さんを助けてあげたいんです』

( ・∀・)『……』

14 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/04/03(日) 12:31:24.242 ID:7oAUw9xw0
(;-∀-)「……」

( ´∀`)「商売下手め」

( ・∀・)「足りない分はお前で補うから問題ない」

(#´∀`)


( ´∀`)「はぁ……お前はいいよなぁ」

( ・∀・)「なんだよ急に」

( ´∀`)「俺たち浪人なんて、毎日火の車だぜ」

( ´∀`)「毎日せっせと働いてても、得られるお金は雀の涙」

( ´∀`)「それに比べて質屋なんて、店の中で毎日どっしり腰据えてさ」

( ´∀`)「買うとなれば二束三文で買い叩き、売るとなればウン倍増しで売りさばく」

( ´∀`)「まったく楽な商売だよな」

( ・∀・)「根拠のない言い掛かりはやめろ」

(;´∀`)「えげつない値段で刀を持ってったくせに」

( ・∀・)「それはまあ」

( >∀・)「……な!」

(;´∀`)「いつか斬ってやる」

15 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/04/03(日) 12:34:57.502 ID:7oAUw9xw0
(;´∀`)「もういいや……飯行こうかな」

( ・∀・)「おっ、じゃあ俺も行こうかな」

(*´∀`)

( ・∀・)「お前の分は出さないぞ」

( ´Д`)

16 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/04/03(日) 12:35:54.110 ID:7oAUw9xw0
( ´∀`)「何を食べようかな」

( ・∀・)「1両あんだから良いもんいっとけ!」

( ´∀`)「さっきからお前、俺の全財産を一回分の食費と勘違いしてるだろ」

( ・∀・)「まあ、蕎麦でいいんじゃないか」

( ´∀`)「そうするかぁ」

( ・∀・)「そういえば、子供らは飯どうしてるんだ」

( ´∀`)「俺が家にいないことも多いし、何日か分のお金は渡してるよ」

( ・∀・)「ふぅん……」

( ´∀`)「……ん」





 (´・_ゝ・`)

                (-_-)
       ('A`)

           ('、`*川


 

17 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/04/03(日) 12:36:50.800 ID:7oAUw9xw0
( ´∀`)「……町のみんな、表情が暗いな」

( ・∀・)「まあ……無理もないさ」

( ・∀・)「もう何年も続く冷夏に、飢饉に」

( ・∀・)「盗みや殺しに手を染める浪人たち」

( ・∀・)「安心して暮らせって方が、無理あるだろうな」

( ´∀`)

( ・∀・)「……」

( ´∀`)「……モララー」

( ´∀`)「自分が生きる為に誰かを踏み台にするのは、やっぱり悪いことかな」

( ・∀・)「お前にしては珍しい質問だな」

( ´∀`)「えっ」

( ・∀・)「そういう輩は許せないタチかと思っていたが」

( ´∀`)「……まあ、許せない、けどさ」

( ´∀`)「んで、どう思う」

18 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/04/03(日) 12:38:43.158 ID:7oAUw9xw0
( ・∀・)「そりゃあ悪いだろう」

( ・∀・)「無辜の人間を踏み越えていくのは、クズ野郎のすることだ」

( ・∀・)「それに、踏み台にされた人は、した奴をずっと呪うだろうな」

( ´∀`)「……じゃあ」

( ´∀`)「自分以外の誰かを救う為に、誰かを犠牲にするのは」

( ´∀`)「どうだろう」

( ・∀・)

( ・∀・)「……同じだ」

( ・∀・)「自分であれ他人であれ、結局、された人にとっては関係ない」

( ・∀・)「自分を踏み台にしていったソイツは、永遠の仇になる」

( ・∀・)「それに、もしそれのお陰で人を救うことになっても」

( ・∀・)「また別の人を不幸に陥れているんだから」

( ・∀・)「やっぱそいつは、クズ以下だ」

( ´∀`)「……」

( ´∀`)「まあ、当然だよな」

( ・∀・)「……ああ」

19 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/04/03(日) 12:39:43.338 ID:7oAUw9xw0
( ・∀・)「なんて言ってる間に着いたな」

( ´W`)「いらっしゃい」

( ・∀・)「天ぷら蕎麦1つ」

( ´W`)「そちらの方はどうしましょう?」

( ´∀`)「……」

( ・∀・)「1両を眺めても2両にはならないぞ」

( ´∀`)「……」

( ・∀・)「おい」

( ´∀`)「……」

( ・∀・)「……」

( ´∀`)「すまん、やっぱやめといていいか」

( ・∀・)「は? バカかお前、飯誘った奴は誰だよ」

( ´∀`)「ごめん」

( ・∀・)「親父、天ぷら蕎麦2つで頼む」

( ´W`)「はいよ」

( ´∀`)「いや親父、俺は」

( ・∀・)「黙って食えよ」

( ´∀`)「……すまん」

20 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/04/03(日) 12:41:14.147 ID:7oAUw9xw0
( ´∀`)「ありがとう」

( ・∀・)「気にすんな」

( ´∀`)「やっぱりモララーは……」

( ・∀・)

( ´∀`)「……どした?」

( ・∀・)「いや、アレ」

( ´∀`)「アレ?」


l从 ∀ ノ!リ人




( ´∀`)

( ・∀・)



( ´∀`)「……女の子か?」

( ・∀・)「もう日も暮れてきたのに、1人だなんて危なっかしいな」

21 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/04/03(日) 12:41:57.153 ID:7oAUw9xw0
( ・∀・)「しかし珍しいな。こんな辺鄙な場所に」

( ´∀`)「全くだ、腐りかけた質屋以外に何も無いってのに」

( ・∀・)「喜べ。お前の命を絶つのはお前が容赦無く質に入れた武士の魂だ」

(;´∀`)「冗談だよ謝るから鞘に納めてくれ」



l从 ∀ ノ!リ人


ドサッ


(;´Д`)「!!」



( ・∀・)「短い間だが楽しかったよ」

(;´Д`)「言ってる場合か!!あの女の子が!!」

( ・∀・)「はぁ? ……」

(;・∀・)「……っ! おいおい……!」

22 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/04/03(日) 12:43:31.353 ID:7oAUw9xw0
 
 
 
 

……!! 兄者ぁ……!!
 

おっきい兄者ぁ…!!起きてほしいのじゃあ…!!!


ちっちゃい兄者ぁ!!ちっちゃい兄者ぁ!!!


目を開けて……!!目を開けてなのじゃ…!!


母者ぁ……!! 父者ぁ……っ!!?


うッ……!!


ヴェッ……!!


…!!

23 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/04/03(日) 12:44:12.268 ID:7oAUw9xw0
l从-∀ ノ!リ人 「………ぁにじゃ…………」




l从-∀・ノ!リ人「…………」


( ´∀`)「起きた」


l从・∀・ノ!リ人「のじゃあああああああああ!!」


(;´∀`)「のわあああああああああああ!!!」


l从・∀・;ノ!リ人「のじゃあああああああああああああああ!!!???」


(;´∀`)「のわあああああああああああああああああああ!!!!????」


( ・∀・)「落ち着け」

( ´∀`)

l从・∀・ノ!リ人

(;・∀・)「なんて順応力の高い奴らだ……」

24 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/04/03(日) 12:44:57.526 ID:7oAUw9xw0
l从・∀・ノ!リ人「ここは……」

( ・∀・)「俺の家だ。君が道端で倒れていたから介抱した」

( ´∀`)「目が覚めてよかったよ」

l从・~・ノ!リ人「……んん?」

( ・∀・)「どうした?」

l从・∀・ノ!リ人「口の中に何かあるのじゃ」

( ´∀`)「ああ……多分それは米だ」

l从・∀・ノ!リ人「お米……」

( ´∀`)「何日も食べてないんだろうと思ったから」

( ´∀`)「だから無理やり、お粥を突っ込ませてもらったよ」

( ´∀`)「と言っても、腹を満たすには全然足りないだろうけど」

l从・∀・ノ!リ人「……ありがとうございますじゃ」

( ・∀・)「なぁ、どうしてあんなところにいたんだ?」

l从・∀・ノ!リ人「……は


グゥゥゥギュルルルルルルルルルル


l从 ∀ *;ノ!リ人

(;・∀・)

(;´∀`)

25 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/04/03(日) 12:45:37.121 ID:7oAUw9xw0
l从・~・*ノ!リ人 モグモグモグモグ

( ´∀`)「おいしい?」

l从・∀・*ノ!リ人「はい!本当にありがとうですじゃ!」



( ・∀・)「お前、貴重な米の蓄えじゃないのか」

( ´∀`)「まあ、しゃあない」

( ・∀・)「……」

26 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/04/03(日) 12:46:10.347 ID:7oAUw9xw0
l从・∀・ノ!リ人「ご馳走様でしたのじゃ」

( ´∀`)「もういいかい?まだお代わりもあるけど」

l从・∀・ノ!リ人「十分ですじゃ!もうお腹いっぱいですじゃ」

( ´∀`)「なら良かった」

l从・∀・ノ!リ人「……」

( ・∀・)「落ち着いたかい?」

l从・∀・ノ!リ人「あっ…はいですじゃ」

( ・∀・)「じゃあ、聞かせてもらえないか。…ツラいだろうけど……」

l从・∀・ノ!リ人「……はいですじゃ」

27 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/04/03(日) 12:47:06.437 ID:7oAUw9xw0
l从・∀・ノ!リ人「妹者のいた村では、米を育てていましたじゃ」

l从・∀・ノ!リ人「田んぼが大きくて、いつも他の村より沢山のお米が獲れたのですじゃ」

l从・∀・ノ!リ人「でも最近、夏でも涼しい日が続いて、お米の育ちが悪かったのですじゃ」

( ´∀`)「……」

l从・∀・ノ!リ人「それはどこの村でもそうだったようですじゃ」

l从・∀・ノ!リ人「でもウチの村は田んぼが大きい分、それなりの収穫はあったのですじゃ」

l从・∀ ノ!リ人「それで、この間」

l从 ∀ ノ!リ人「刀を持ったお侍様たちが」

l从 ∀ ;;ノ!リ人「妹者達の、村、を」

l从 ∀ ;;ノ!リ人「みんなをっ」



l从 Д ;;ノ!リ人「ヴッ………!!!」

28 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/04/03(日) 12:47:54.066 ID:7oAUw9xw0
(;´∀`)「っ!! 大丈夫か!?」

l从 Д ;;ノ!リ人「ヴェエエエエッ……!」

( ・∀・)「……もう十分だ。ありがとう」

(;´∀`)「落ち着くまで寝かせてやろう」

( ・∀・)「ああ」




………………



l从-Д-ノ!リ人 スー…スー…




( ´∀`)「………」

( ・∀・)「報復の可能性を考えれば、村人を生かす意味はない」

( ・∀・)「あの子の家族も……だろうな」

( ´∀`)「冷夏による飢饉で米も満足に獲れない今だ」

( ´∀`)「仕方ないだろうさ」

( ・∀・)「……ああ、胸糞悪い話だがな」

( ´∀`)「……」

29 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/04/03(日) 12:48:46.761 ID:7oAUw9xw0
( ´∀`)「モララー」

( ・∀・)

( ´∀`)「この子、俺が引き取れないか」

( ・∀・)「こっちに来いっ」

(;´∀`)「おっ、おい!襟を引っ張るなっ」




l从-∀-!リ人 zzZ


ピシャッ!!


l从・Д・ノ!リ人「のじゃっ!」

l从・∀・ノ!リ人「……あれ」

l从∀・ 三 ・∀ノ!リ人

l从・∀・ノ!リ人「……二人ともいないのじゃ?」

l从・∀・ノ!リ人「!」


「…………ッ」

「………!」


l从・∀・ノ!リ人「戸の奥で声が聞こえるのじゃ」

l从・∀・ノ!リ人「……」

l从・Д・ノ!リ人 )) ソオッ

30 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/04/03(日) 12:49:56.864 ID:7oAUw9xw0
( ・∀・)「一回の夕飯も賄えない浪人がどう引き取るってんだ?」

( ´∀`)「だからって放っとけるのか」

( ´∀`)「あのデカい寝言を聞き逃したわけじゃあるまい」

( ・∀・)「ああ、凄惨な夢だったんだろうさ」

(#´∀`)「あれは夢じゃない!!」

( ´∀`)「…………お前もわかってるだろう」

( ・∀・)「またか」

( ´∀`)「悪いか」

( ・∀・)「結構なことだ」

( ・∀・)「だが悪い癖だ」

( ・∀・)「文無しのお前が、あの娘も育てていけるのか」

( ・∀・)「今でさえ満足に寝ていないだろうが」

( ・∀・)「あの狭い長屋にガキを増やして、お前は重荷を背負うのか」

( ´∀`)「この1両は返すことになりそうだな」

(#・∀・)「いい加減にしろ!!!!!」

31 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/04/03(日) 12:51:05.616 ID:7oAUw9xw0
(#・∀・)

( ´∀`)

(#・∀・)「…………」

( ´∀`) 「…………」

( ・∀・)「……何回、手を汚すつもりだ」

( ´∀`)「なあモララー」

( ・∀・)

( ´∀`)「俺たち浪人は、たぶん生きてる価値もない屑だ」

( ´∀`)「いくら昔、戦で刀を振るってようが、今となっては関係ない」

( ´∀`)「金に困って、己の魂すら飯に変えなきゃならない無惨な現状」

( ´∀`)「そんでいずれは、ジメジメ腐って死んでいくんだ」

33 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/04/03(日) 12:52:57.853 ID:7oAUw9xw0
( ´∀`)「自己満足なのは分かってる」

( ´∀`)「やってることはただの強盗だ」

( ´∀`)「でも俺には、刀で人を救う方法が、これしか思いつかない」

(#・∀・)「刀に固執して何の意味がある!! そんな奴が武士って言えんのか!!」

(#・∀・)「それに言ったはずだぞ!!」

(#・∀・)「人を踏み越えていくような奴は、クズ以下だって……!!」


(#´∀`)「今だって友達の優しさに付け込まなきゃ生きてけないような!!!」


(#・∀・)「ッ………!」


( ´∀`)「……クズみたいな人生なんだ」

(#・∀・)「……」


( ´∀`)「それならせめて、このクズにも劣る一人の浪人に」

( ´∀`)「小さな子供たちの将来を斬り拓いていく、っていう」

( ´∀`)「自分勝手な“使命”を」

( ´∀`)「……与えてやってくれないか」


( ・∀・)

( ´∀`)

( ・∀・)

34 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/04/03(日) 12:53:50.884 ID:7oAUw9xw0
( ・∀・)「……勝手にしろ」

( ´∀`)「……」

( ´∀`)「この1両、使わなくてよかったよ」

( ・∀・)「本当なら質に入れた時より高く売るんだがな」

( ´∀`)「…………モララーは」

( ´∀`)「モララーは、優しいからな」

( ・∀・)「…………」

( ・∀・)「……どうかな」

( ・∀・)「さあ、持ってけ」

( ・∀・)「お前が納得いくまで、使命とやらを遂行するがいいさ」

( ・∀・)「今度質入れした時は、1両も出さないと思えよ」

( ´∀`)「……すまん」


タッタッタッタッタッ………

35 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/04/03(日) 12:54:22.776 ID:7oAUw9xw0
l从・Д・ノ!リ人「……」



ガラッ


( ・∀・)「……」

l从・∀・ノ!リ人「あっ……」

( ・∀・)「ん、ああ、起きたか」

( ・∀・)「ごめんねお嬢ちゃん、もう大丈夫かい?」

l从・∀・ノ!リ人「……さっきの人、おサムライなのですじゃ?」

( ・∀・)「……見てたのか」


l从 ∀ ノ!リ人「……怖い……ですじゃ……」

( ・∀・)


( ・∀・)「大丈夫さ」

l从・∀・ノ!リ人「えっ……?」

( ・∀・)「あいつは、君の村を襲ったような、悪い奴じゃないから」

l从・∀・ノ!リ人「……」

( ・∀・)「そう……」



「悪い奴じゃ、ないんだ……」

36 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/04/03(日) 12:54:57.410 ID:7oAUw9xw0
ガララッ


( ´∀`)「よう」

ノパ⊿゚)「おっちゃん!」

(=゚ω゚)ノ「ぃょぅ」

ξ゚⊿゚)ξ「モナーさん! おかえりなさい」

ノパ⊿゚)「おっちゃん何日ぶりだ!?」

( ´∀`)「悪いなあ、長いこと帰ってなくて」

ξ゚⊿゚)ξ「頂いたお金があるので大丈夫です」

( ´∀`)「そうか」

(=゚ω゚)ノ「あれ? また刀を持ってるよう?」

ξ゚⊿゚)ξ「えっ……」

37 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/04/03(日) 12:55:24.666 ID:7oAUw9xw0
( ´∀`)「ああ……このあと、用事があるから」

( ´∀`)「ツン。悪いけどヒートといようの世話、頼んだぞ」

ξ゚⊿゚)ξ「……わかりました」

ノパ⊿゚)「またどっか行くのか?」

( ´∀`)「まあな」

( ´∀`)「ちゃんとツンの言うこと聞けよ」

( ´∀`)「……じゃあな」


ピシャッ

38 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/04/03(日) 12:55:45.291 ID:7oAUw9xw0
ノパ⊿゚)「おっちゃん、何やってんだろう」

(=゚ω゚)ノ「僕たちの為に夜も働いてるらしいよう」

ノパ⊿゚)「本当か!?」

ノパ⊿゚)「いつか恩返し、しないとなー!!」

(=゚ω゚)ノ「だよう」

ξ゚⊿゚)ξ「……」

ノパ⊿゚)「ツン姉? どしたー?」

ξ゚⊿゚)ξ「……なんでもない」

ξ゚⊿゚)ξ「それよりも、そろそろ寝ましょう」

ノパ⊿`)「たしかに……もう眠いぞ」

(=゚ω゚)ノ「僕も寝るよう……」

ξ゚⊿゚)ξ「ええ」

39 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/04/03(日) 12:56:07.052 ID:7oAUw9xw0
……………


ノハ ⊿`) zzZ


(=-ω-)ノ zzZ


ξ゚⊿゚)ξ「……」


ξ ⊿ )ξ「……」

40 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/04/03(日) 12:57:11.556 ID:7oAUw9xw0
 
 
 
 
既に日は落ち、黒と沈黙が町を呑み込む時間。

商品を蓄積しておく、商品たちが使う蔵。
その眼前に包帯の男はいた。
蔵の錠前を強引に叩き壊し、男は中へと侵入していく。


(///´//////)


男は周囲を見回す。
蔵の中にある様々なものが目に飛び込んできたが、そんな物は問題ではない。
男が目指すのは、金か、食い物か、どちらかしかなかった。


(///´//////)「!」


蔵の奥に、俵で積まれている米を見つけた。
恐らく自分らで食べる物ではなく、元より売却が目的のものだろう。
背負えるだけを肩に背負い、蔵を後にしようと、
そう思った時。

41 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/04/03(日) 12:58:29.910 ID:7oAUw9xw0
(-@∀@)「誰だ!?」

(;///´//////)「!!」


蔵の入り口で誰かが叫ぶ。
多分この蔵を管理する商人だろう。
迂闊だった。しかし、これだけで怯む包帯の男ではなかった。
男はすぐさま刀を抜き、商人の喉元に切っ先を突きつける。


(;-@∀@)「ウッ……」

(///´//////)


刀を中心に、ジリジリと回転していく。
立ち位置を逆転させ、包帯の男が入り口側を確保した。




その時だった。




(;,,^Д^)「うおああああああああああああああ!!!」

(;-@∀@)「タカラ!?」


ドガッ

(;///´//////)「ッ……!!」

42 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/04/03(日) 12:59:28.814 ID:7oAUw9xw0
少年が包帯の男に、猛烈な勢いで突撃する。
バランスを崩した男が、商人にもたれかかるように倒れていく。



(;///´//////)「しまっ……!」


(;-@∀@)「ッ」




       ドスッ




   

43 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/04/03(日) 12:59:44.017 ID:7oAUw9xw0
   
   
   
   
   
………………………

44 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/04/03(日) 13:01:09.542 ID:7oAUw9xw0
( ,,-Д-)

( ,,-Д-)「……うっ」

(;,,^Д^)「あぁっ……いてて……」

(;,,^Д^)「っ! そうだ、父さっ……」

46 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/04/03(日) 13:02:59.791 ID:7oAUw9xw0
             ..ィク´ ,,....__   ゙ 、 /
            , 斗r ..;/´ .. `ヽ、 ./∨
                 l' ;/     丶 ゝ≦/
.               ∨      /::::::/
             /      /:::::::/
                /       丶- '
           /        ',
             /           ハ
         ./           ハ_
.         /              `'‐、
.        /   ..-、         ィ冖‐.  \
      i /  ,'   ハ   l´゙'、 \  ヽ .}
       l }   /   /   }  | 丶. \ ` ′
       `′ .{   〈   .i   |   \、 ',
             ヘ  ヘ   ゙、 .∧   ', ハ
           ヘ ハ   ヽ ' 、  `ー′
             丶 i     ヽ_ !
.               `′

47 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/04/03(日) 13:03:37.927 ID:7oAUw9xw0
( ,,^Д^)



僕のすぐ、目の前に。

血を流しながら横たわる父の姿が、そこにあった。

49 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/04/03(日) 13:04:24.984 ID:7oAUw9xw0
 
 
 
 

50 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/04/03(日) 13:04:46.452 ID:7oAUw9xw0
ガララッ



( ・∀・)「いい天気だ……」


       __
: : :.    |Xl
: : :. .    |Xl
: : :..    |Xl
: : :.     |Xl
: : .:. .   |Xl
: : ..    =ニニニ=
: : : : . . .  |:: |
: : : : : : : :..:|:: |
: : : .: : : :..:|:: |
: : : : : : : :.. |:: l
: : : : : : : : :.|:: |
: : : : : : : : |:: |.
: :  .: : : : : |:: l: : .
: : : : : :.: :..|:: |: : : : .
: : : .: :..: : :|:: |: : : : : : .
: : : : :  ..: :|:: |: : : : : : .
 ..: : : : : : :|:: |: : : : : : : : .
: : : ..: : : : |:: |: : : : : : : :



( ・∀・)


( ・∀・)「……はぁ?」

51 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/04/03(日) 13:05:23.320 ID:7oAUw9xw0
( ・∀・)「なんのつもりだ、アイツ」

( ・∀・)「玄関前に物騒なナマクラ残しやがって……」


( ・∀・)「…………」






(  ∀ )「年貢の納め時、ってやつなのかね」





l从・∀・ノ!リ人「……おじさん」

l从・∀・ノ!リ人「この刀と米俵、なんなのですじゃ?」

( ・∀・)「米俵」

( ・∀・)「……契約料、かもしれないね」

l从・∀・ノ!リ人「えっ……」

53 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/04/03(日) 13:05:39.788 ID:7oAUw9xw0
( ・∀・)「うん」

( ・∀・)「行く場所、ないだろう?」

l从・∀・ノ!リ人「……はい、ですじゃ」

( ・∀・)「そうか、なら」


( ・∀・)「俺の家にいるといい」

( ・∀・)「俺が君を育てる」

54 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/04/03(日) 13:08:12.566 ID:7oAUw9xw0
 
 




(´・ω・`)「……モナーよ」

( ´∀`)「はっ」

(´・ω・`)「貴公」

(´・ω・`)「盗んだ米と金は、全て身寄りのない孤児に与えていたそうだな」

( ´∀`)「……何故それを」

(´・ω・`)「貴公の友人を名乗る者からの情報だ」

( ´∀`)「友人……ですか」

(´・ω・`)「……話を戻す」

(´・ω・`)「盗んだモノを、貴公自身はどうしたのだ」

( ´∀`)「使っていませんよ」

( ´∀`)「自尊心を持たぬ破廉恥な盗賊から得た金など、使いたくないでしょう」

(#,,゚Д゚)「貴様ッ!! 自分が何を言っているのか……!」

(´・ω・`)「待て」

(,,゚Д゚)「はっ……!」

55 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/04/03(日) 13:08:39.042 ID:7oAUw9xw0
(´・ω・`)「……貴公の行いによって、被害を被った人々がいることも事実だ」

( ´∀`)「わかっております」

(´・ω・`)「数々の商人を襲撃し、市井を恐怖と混乱に陥れた罪は重い」

(´・ω・`)「よって貴公を」

(´・ω・`)「獄門の刑に処する」

( ´∀`)

(´・ω・`)「何か、言うことはあるか」

( ´∀`)「……いえ」

( ´∀`)「非情な盗賊に相応しい最期でしょう」

(´-ω-`)


(´・ω・`)「……刑を、執り行う」

56 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/04/03(日) 13:08:54.210 ID:7oAUw9xw0
            :,:           :(::)
            /⌒''⌒) :,,゜      '         ,,,,,,,
           (:::::::::::::::!'                 (::::::)
           ヽ::::::::';'''                 ''``   。
           τ'::/ .;:
            )/
         。            '  、       ;: 。
                               `'''`~''・    ' `
     f''`⌒(     ,,,,               !:(',,,,、              ::,,,,,、...
     ,!,,,、(     /::τ             ノ:::::::::::::::::)          。  !::::::::::`! 、
 :.、          !:::(     ノ::`!   o   (::::::::::::::::::τ            (:::,,;,;,、; 。
       ゜     (/      ⌒・ .   ・、;::::::::::::;;.;`` ''
     ,,、..   //   ノ'          //'''`'`'` `       ..,,.. _,,,.、 ・         ,, ...:・..
  π /;::::::::(,.,.(;;;::::(   ,,.,  ・っ                    ;,;;( ):::::;.    c::── '`'''::::::::::;''
   ):::::::::::::::::::::::::::/  '''''`   `        '`                     ⌒ ` !.:::τ'' ``
 τ !::::::::::::::::::::::::::::)/,,,,, γ               :'`'``:!
   (::::::::::::::::::::::::::::冫 `'`'    、,:'::::::`:::,,,,        !:::::ノ         ・
 :::':'::::::::::::::::::::::::::::;(,,,,,,,、:::::::-ー''''`'`''''''''"

57 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/04/03(日) 13:09:10.270 ID:7oAUw9xw0
………………………………………

58 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/04/03(日) 13:09:31.382 ID:7oAUw9xw0
…………………




 

59 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/04/03(日) 13:10:01.933 ID:7oAUw9xw0
         ___
         |    |
         |    |
         |    |
         |    |
      ,,,.   |    | ,'"';,
    、''゙゙;、).  |    | 、''゙゙;、),、
     ゙''!リ'' i二二二二!゙''l!リ'''゙
     ∥  `i二二二!´ ∥
     昌 |: ̄ ̄ ̄ ̄:| 昌


( ・∀・)




( ・∀・)「……馬鹿が」

( ・∀・)「だから、言っただろうが」

60 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/04/03(日) 13:10:19.089 ID:7oAUw9xw0
( ,,^Д^)「……あっ」


( ,,^Д^)「あの……モララーさんですか……?」


( ・∀・)「えっ……」

( ・∀・)「あっ……タカラくんか!」

( ,,^Д^)「やっぱり!」

( ,,^Д^)「どうも、お久しぶりです」

( ・∀・)「大きくなったなぁ……!」

( ,,^Д^)「ありがとうございます」

( ・∀・)「お母さんのかい?」

( ,,^Д^)「いや」

( ,,^Д^)「今日は、父の命日です」

( ・∀・)「……そうか」

61 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/04/03(日) 13:11:02.830 ID:7oAUw9xw0
( ,,^Д^)「モララーさんはどなたのお参りに?」

( ・∀・)「古い友達だよ」

( ,,^Д^)「………ッ」

( ,,^Д^)「この……供えてある、刀は……?」

( ・∀・)「ああ」

( ・∀・)「このご時世に、侍として刀を振るうことを諦めきれなかった」

( ・∀・)「馬鹿な浪人の物さ」

( ,,^Д^)「侍…………ですか」

( ・∀・)「……ああ」

( ,,^Д^)「父は、侍に殺されました」

( ・∀・)


( ・∀・)「……すまない」

( ,,^Д^)「僕こそ、失礼な事を言ってしまってごめんなさい」


( ,,^Д^)「でも……僕は今も許せないんです」


( ,,^Д^)「父さんを殺した侍を……」


(  ∀ )

63 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/04/03(日) 13:11:32.326 ID:7oAUw9xw0
だから言っただろうが


犠牲になった側は、一生、相手を仇に思う

何が、武士だ

何が、使命だ



誰もお前を「イイヤツだ」なんて思わない



お前は一生、罪人なんだよ



馬鹿野郎……

64 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/04/03(日) 13:12:11.047 ID:7oAUw9xw0
(  ∀ )



( ,,^Д^)「……ごめんなさい、そろそろ失礼します」


( ,,^Д^)「今日はちょっと、仕事が遅くなりそうなので」

( ・∀・)「……ああ、父さんの分まで頑張れよ」

( ,,^Д^) ペコッ



( ・∀・)「……」

( ・∀・)「俺も、帰るかな」



l从・∀・ノ!リ人「おじさん!」

( ・∀・)「お前……どうしたんだ? なんでこんなところに」

66 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/04/03(日) 13:12:38.312 ID:7oAUw9xw0
l从・Д・ノ!リ人「ごめんなさい」

l从・∀・ノ!リ人「私たちも、お参りがしたくて」

( ・∀・)「ああ……え」

( ・∀・)「私たち?」

ξ゚⊿゚)ξ ペコリ

( ・∀・)「君は……?」

l从・∀・ノ!リ人「来る時に、たまたま知り合ったんだ」

ξ゚⊿゚)ξ「モナーさんに、ずっとお世話になっていました」

( ・∀・)「あいつに……」

ξ゚⊿゚)ξ「はい」


ξ゚⊿゚)ξ「彼は、恩人です」

( ・∀・)

67 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/04/03(日) 13:13:19.895 ID:7oAUw9xw0
ξ゚⊿゚)ξ「私たちの為に、一生懸命働いてくれたんです」

ξ゚⊿゚)ξ「でも、きっと、それだけじゃダメだったから……」

ξ  ⊿ )ξ「だから、あの人は…………」

ξ  _ )ξ「っ…………」

( ・∀・)



l从・ー・ノ!リ人「……ツンちゃん」

l从・∀・ノ!リ人「モナーさんの為にも、精一杯お参りしてあげよう」

l从・ー^ノ!リ人「ね?」

ξ゚⊿゚)ξ「……」

ξ゚ー゚)ξ「……はい」

68 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/04/03(日) 13:13:55.471 ID:7oAUw9xw0
l从・∀・ノ!リ人「そういえば、他の二人はどうしてるの?」

ξ゚⊿゚)ξ「今日は、働きに行っています」

l从・∀・ノ!リ人「へぇ~、偉いなぁ~」


( ・∀・)




……そうか


みんながアイツを悪人だって思っていても
俺たちは知っているんだ
あいつは、良いやつだって


それにアイツは

69 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/04/03(日) 13:14:25.602 ID:7oAUw9xw0
ξ゚⊿゚)ξ


l从・∀・ノ!リ人



この子たちに、未来を与えることが出来たんだ



なら

70 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/04/03(日) 13:15:07.177 ID:7oAUw9xw0
 
 
 

( ´∀`)『それならせめて、このクズにも劣る一人の浪人に』


( ´∀`)『小さな子供たちの将来を斬り拓いていくっていう』


( ´∀`)『自分勝手な“使命”を……与えてやってくれないか』






( -∀-)「…………なら」

71 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/04/03(日) 13:15:42.982 ID:7oAUw9xw0
 
 
 
 
 
 
あの愚かなサムライは


“使命”を果たしたんだと、言っていいかもしれないのかな





 

73 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/04/03(日) 13:16:10.675 ID:7oAUw9xw0
終了

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

K-AYUMU

Author:K-AYUMU

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

ユーザタグ

カ行 タ行 ア行 ちんこ ハ行 サ行 マ行 ナ行 英数字  ^ω^) ('A`) ラ行 1レス ワ行 (´・ω・`) ショボーン ヤ行 ブーン ショボン トソン 'ー`)し ξ゚⊿゚)ξ (,゚Д゚) ドクオ まんこ (=゚д゚) J( 1レス カラマロス大佐 シュー ミセリ (-_-) いよう 川д川 人狼 (∪^ω^) 世紀末 ツンデレ 

FC2カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。