mesimarja
気に入ったスレを集めてみました。
01 | 2017/03 | 10
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( ´∀`)モナーは新卒会社員のようです
1 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/06/09(木) 12:50:02.282 ID:umC1Nh3/0
VIP商社

( ´∀`)「やった!正社員として採用された!」

( ´∀`)「今日から頑張るぞ。新人のモナーです」

( ・∀・)「私が君の上司にあたるモララーだ。期待してるよ」

( ´∀`)「はい!いっしょうけんめい頑張ります!」


3 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/06/09(木) 12:51:34.448 ID:umC1Nh3/0
 

( ´∀`)「まずはなにをしましょうか?」

( ・∀・)「会議で使う書類をpdfで送っといたから、人数分、
      印刷してホチキスでとめておいてくれ。15時までに頼むよ」

( ´∀`)「わかりました!」

カチカチ

( ´∀`)「pdfかぁ。それってなんだ?」

( ´∀`)「そうだ、スマホで検索しよう!」

6 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/06/09(木) 12:53:59.026 ID:umC1Nh3/0
 
ポチポチ

( ´∀`)「よし、よくわからないけどメールについてるみたいだ!」

( ´∀`)「印刷するぞ!」

(,,゚Д゚)「ゴラァ!スマホいじるな新人!」

(;´∀`)「うわっ、すみません」

( ´∀`)「知らない人に怒られた。モナーと申します」

(,,゚Д゚)「入社5年目のギコだ。いいか、社内とはいえスマホをいじってたら
     周りに格好がつかん!取引先がきたらどうするんだ!」

( ´∀`)「はい、すみません」

7 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/06/09(木) 12:55:44.855 ID:umC1Nh3/0
 
( ´∀`)「あ、もう14時30分だ。早く印刷しなきゃ」

( ´∀`)「印刷ボタン、ぽちっと」

( ´∀`)「横向きでいいのかな?とにかく印刷せい!」

うぃーん

( ´∀`)「印刷できたかな?」

(;´∀`)「あっ、なんかコピー機を操作しなきゃいけないみたいだ。わからん」

( ´∀`)「スマホで調べればわかるけど、また先輩におこられる・・・」

( ´∀`)「よし、先輩に聞こう!」

8 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/06/09(木) 12:58:12.129 ID:umC1Nh3/0
 
( ´∀`)「先輩、会議で使う資料を印刷したいんですが」

(,,゚Д゚)「あーん? 印刷すりゃいいだろ」

( ´∀`)「コピー機の使い方がわからないのです」

(,,゚Д゚)「なにぃ~そんなこともわからんのか!」

( ´∀`)「はい!」

(,,゚Д゚)「はいっ、てお前…ええい、事務の女に聞け!
     おい、素直クール、このぼっちゃんにコピー機の使い方教えとけ!」

川 ゚ -゚)「はい。モナー君。ここのボタンを押せばいいんだよ」

( ´∀`)「なるほど! ありがとうございます」

10 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/06/09(木) 13:01:13.467 ID:umC1Nh3/0
 
( ´∀`)「14時50分!ギリギリ間に合いそうだ!」

ウィーンウィーン

( ・∀・)「モナー君、資料はできたかね?」

( ´∀`)「あ、モララーさん!今やってます!」

( ・∀・)「おいおい、15時の会議で使うんだから、10分前には
      配れるようにしとかないとダメだよ!」

(;´∀`)「ええ? す、すみません。ギリギリです」

( ・∀・)「ギコ君、ちゃんと面倒見なきゃだめでしょ!
      そういう基本を教えるのが君の仕事でしょ!」

(,,゚Д゚)「すみません」

( ・∀・)「とにかく、急いでね」

バタン

(;´∀`)「やばいことになってきたぞぉ、急げ!」

11 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/06/09(木) 13:03:18.264 ID:umC1Nh3/0
 
(,,゚Д゚)「ったく、最近の学生はコピー機も使えんのか…ぶつぶつ」

(,,゚Д゚)「っておい! モナー! これ横向きじゃねーかバカヤロー!」

(;´∀`)「はい! 何かおかしかったですか?」

(,,゚Д゚)「会議用の資料は、普通縦印刷だバカモン!早くやり直せ!」

(;´∀`)「は、はい!えーっと、中止ボタンかな?」

ポチ

ガーガー

(;´∀`)「うわ、紙が中途半端なとこで止まって取れない」

(,,゚Д゚)「紙詰まりさせんな!こんなもん引っ張り出せ!」

12 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/06/09(木) 13:06:06.833 ID:umC1Nh3/0
 
川 ゚ -゚)「モナー君。印刷をするときは、この設定ページで縦向きを選択するんだ」

( ´∀`)「なるほど!わかりました!」

(,,゚Д゚)「早く印刷しろゴラァ」

ウィーンウィーン

( ´∀`)「ようし、うまくいきそうだ!」

川 ゚ -゚)「何人分必要なんだい?」

( ´∀`)「え? 聞いてません! どうしよう!」

(,,゚Д゚)「確認してねーのかバカヤロー」

( ´∀`)「会議室にいって聞いてきます!」

(,,゚Д゚)「バカヤロー!取引先がもう来てんのにそんな恥ずかしいことすんな!
     10人分もってけば間に合う!余ったら捨てとけ!」

( ´∀`)「はい!」

13 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/06/09(木) 13:08:23.459 ID:umC1Nh3/0
 
( ´∀`)「印刷できたぞ!よし、いってきます!」

だだだ

( ´∀`)「おまたせしました、資料です!」

( ・∀・)「はい、ごくろうさま」

バタン

( ´∀`)「ふー。やっと一仕事終えたぞ」

プルルル

(,,゚Д゚)「おい、モナー。電話なってるから対応しろ。俺は忙しい」

(;´∀`)「はい、わかりました!」

がちゃ

(;´∀`)「もしもし! VIP商事です!」

16 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/06/09(木) 13:10:32.411 ID:umC1Nh3/0
「お世話になっております。
 ラウンジ商事の長岡です」

( ´∀`)「これは、どうも!」

「あの~、ギコさんいます?」

( ´∀`)「はい、います!」

「かわっていただけますでしょうか?」

( ´∀`)「はい!」

ガチャ

( ´∀`)「先輩、電話です」

(,,゚Д゚)「誰からだ? というか、お前、もしもしって…」

( ´∀`)「わかりませんが、ギコサン宛です!」

(,,゚Д゚)「会社と名前くらいメモれ! もういい、内線回せ」

( ´∀`)「な、ないせん?」

17 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/06/09(木) 13:12:14.837 ID:umC1Nh3/0
 
川 ゚ -゚)「内線はこれをおすんだ」

ポチ

(,,゚Д゚)「お電話代わりました、ギコです」

(,,゚Д゚)「…って切れてるじゃねーかぁー!モナー!」

( ´∀`)「あ、すみません!」

(,,゚Д゚)「クーに電話対応の基礎ならっとけゴラァ!」

( ´∀`)「はい!」

19 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/06/09(木) 13:14:29.495 ID:umC1Nh3/0
 
川 ゚ -゚)「モナー君。会議室で電話対応と敬語について勉強しよう」

( ´∀`)「はい!」

会議室

川 ゚ -゚)「電話を取る時はまずメモの準備をして~」

( ´∀`)「あぁ眠い」

( ´∀`)「ふわぁ~、こっそりあくび」

川 ゚ -゚)「眠いのかな?」

( ´∀`)「あ、すみません、大丈夫です。続けて下さい」

21 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/06/09(木) 13:17:56.437 ID:umC1Nh3/0
 
川 ゚ -゚)「じゃあ早速、シミュレーションしてみよう。はい、電話がきました」

( ´∀`)「もしもし…じゃなくて、お世話になっております、VIP商事のモナーです」

川 ゚ -゚)「N商事の素直ですが、ギコさんいらっしゃいますか?」

( ´∀`)「あいにくギコはいません」

川 ゚ -゚)「席を外しております、だろう?」

( ´∀`)「席を外しております」

川 ゚ -゚)「では、折り返し電話をくださるよう、お伝え願えますか?」

( ´∀`)「わかりました、折り返し電話させます」

川 ゚ -゚)「敬語敬語」

( ´∀`)「あっ。折り返しお電話いたしまーす」

22 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/06/09(木) 13:20:26.959 ID:umC1Nh3/0
 
「おーい、クー」

川 ゚ -゚)「ん? ちょっと呼ばれているみたいだ」

川 ゚ -゚)「すぐ戻ってくるから、この資料を読んで勉強しておいてくれ」

( ´∀`)「はい!」

バタン

( ´∀`)「もう一度、復習しておこう」

( ´∀`)「すやすや…」

( ´∀`)「だめだ眠い、寝よう」

24 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/06/09(木) 13:22:53.963 ID:umC1Nh3/0
 
( ´∀`)「すやすや」

川 ゚ -゚)「あ、こら。何寝てるんだ」

( ´∀`)「すみません、静かだったもので…おかえりなさい」

川 ゚ -゚)「モナー君。きみはちょっと社会人としての自覚が薄いよ」

川 ゚ -゚)「もう学生じゃないんだ。会社からお金をもらってここにいるんだよ」

( ´∀`)「はい」

川 ゚ -゚)「自分から積極的に仕事を覚える姿勢を見せないとダメだぞ。
     怒られるうちが花なんだ」

( ´∀`)「はい」

川 ゚ -゚)「分かったらいいよ。じゃあ、そろそろ戻って本番だ」

25 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/06/09(木) 13:24:50.083 ID:umC1Nh3/0
 
(,,゚Д゚)「おいモナー!この納品書、順番通りに整理しておけゴラァ!」

( ´∀`)「あ、はい」

川 ゚ -゚)「電話がきたら電話を取るんだぞ」

( ´∀`)「はいはい」

( ´∀`)「ようし、書類の整理がんばるぞ」

( ´∀`)「番号順に並べて…」

ぷるるる

( ´∀`)「今忙しいのにぃ。誰か取ってくれないかな」

27 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/06/09(木) 13:27:19.746 ID:umC1Nh3/0
 
(,,゚Д゚)「モナー!電話早く取れ!」

( ´∀`)「は、はい!もしもし!」

川 ゚ -゚)「あー」

( ´∀`)「あ、いや、お世話になっております!VIP商事の…え?あ、はい」

( ´∀`)「ギコさんは今居ません!」
 
(,,゚Д゚)「いるぞバカヤロー!早くまわせ!」

ポチ

(,,゚Д゚)「どうも、お世話になっております。いえいえ、すみません。新人でして…
     いやぁ、どこも4月は電話口が賑やかですな」

(;´∀`)「しまったぁ、おこられる」

川 ゚ -゚)「モナー君」

(;´∀`)「は、はい…」

28 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/06/09(木) 13:30:38.513 ID:umC1Nh3/0
 
川 ゚ -゚)「新人のうちは、ミスが許される。誰だって最初は失敗するものだ。
     けれど、3ヶ月たったら、皆、君のことを新人扱いしなくなるぞ」

川 ゚ -゚)「一度のミスはいい。けど、同じミスを繰り返しちゃダメだ」

(;´∀`)「すみません」

川 ゚ -゚)「電話対応だってメモを取っておけば、もしもしなんて言わないようになる」

川 ゚ -゚)「教わったことはメモに書いて、机に貼っておきましょう」

(;´∀`)「でも、僕は頭がいいんです」

(;´∀`)「だから、メモを取らなくても頭で覚えられます」

川 ゚ -゚)「えぇ?」

( ´∀`)「ご存知ありませんでしたか?僕は横浜国立大学卒なんです」

( ´∀`)「勉強には自信がある方です」

33 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/06/09(木) 13:33:28.699 ID:umC1Nh3/0
 
(,,゚Д゚)「おい、モナー!さっきから聞いてりゃ、頭がいいだ?
     社会じゃ学歴なんて何の役にもたたんぞゴラァ!」

(,,゚Д゚)「素直に指導を聞いておけばいいんだよ!
     変にプライドを持って反抗すると、誰もお前を助けなくなるぞ!」

(;´∀`)「うぅ」

川 ゚ -゚)「学生時代の奢りは足かせになるから、忘れなさい。
     今のあなたは、新人なんだよ。会社のお荷物だ。
     せめて3年頑張って1人前になってから、プライドを出しなさい」

(;´∀`)「ちくしょう、なんだよ。みんなしていじめて」

(;´∀`)「もう辞めてやる!」

バァン!

(,,゚Д゚)「おい、就業中だぞ、どこいくんだバカヤロー!」

34 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/06/09(木) 13:36:58.345 ID:umC1Nh3/0
 
( ・∀・)「ふー、やっと会議が終わった。あれ、モナー君は?

(,,゚Д゚)「それが、かくかくじかじかで…」

( ・∀・)「なんだって?飛び出した?
      どうするんだ!彼は貴重な新卒だぞ!」

(,,゚Д゚)「辞めてしまうかもしれません…」

( ・∀・)「バカヤロー!やめてしまうかもじゃねーだろぉ!
      新卒採用は社長のご意向だぞ!
      それが1日目で辞めたら社長のメンツはどうなる!」

( ・∀・)「てめぇギコこのヤロー!お前が責任取れ!
      お前がパワハラして辞めたことにするぞ!
      俺は根回しするぞ!」

川 ゚ -゚)「ダメです、電話にもでません」

(,,゚Д゚)「ちょっと探してきます」

37 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/06/09(木) 13:42:33.126 ID:umC1Nh3/0
 
公園

(;´∀`)「ちくしょう、僕は横浜国立大学卒だぞ」

(;´∀`)「やっぱり、あんな小さな会社じゃ僕は活躍できない。
       就職留年してゴールドマン・サックスにけばよかった」

(,,゚Д゚)「こんなところにいたのか」

( ´∀`)「あ!」

(,,゚Д゚)「よぉモナー。まだ1日目じゃねえか。
     いきなり辞めるはねーだろ」

( ´∀`)「僕は…僕は、勉強ができるんです。
       それを認めないあんた達のところで働くなんて…」

(,,゚Д゚)「そうか。悔しいよな。勉強頑張ってきたのに、
     いきなりぶっつけ本番であれこれやらされて、怒られて」

(,,゚Д゚)「俺も昔はそうだったよ。やったこともない見積書を作れと言われて
     ボコボコに怒られた」

(,,゚Д゚)「まぁ、誰だって新人の頃は納得いかないことばかりだ。
     でも、ここで折れちまったら、負けっぱなしじゃねーか。それでいいのか?」

(;´∀`)「うーん…」

(,,゚Д゚)「仕事なら、空き時間で教えてやる。お前が本当に秀才なら
     1ヶ月で電話対応も資料作成も出来る様になるはずだ。
     もう一度、戻ってこいよ。ヤケになるな」

39 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/06/09(木) 13:44:32.300 ID:umC1Nh3/0
 
( ´∀`)「わかりました、やります」

(,,゚Д゚)「おぉ。じゃあ、会社に戻ろうぜ」

会社

( ´∀`)「すみません、やっぱりやります」

( ・∀・)「おお、モナー君!戻ってきてくれたか!」

川 ゚ -゚)「頑張ろう。私も指導するから」

( ´∀`)「はい! よろしくお願いします!」

43 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/06/09(木) 13:47:37.369 ID:umC1Nh3/0
 
翌日

( ´∀`)「おはようございます」

ξ゚⊿゚)ξ「おはようございます。あら、あなた新人?」

( ´∀`)「新人のモナーです!あなたは?」

ξ゚⊿゚)ξ「営業事務のツンよ。昨日は有給をもらっていたの。よろしくね」

( ´∀`)「よろしくです! てか若いね、何歳?」

ξ゚⊿゚)ξ「20だけど」

( ´∀`)「じゃあ俺より年下だね!俺、横浜国立大学卒なんだけど」

ξ゚⊿゚)ξ「国立卒なんだ、すごいね」

( ´∀`)「まぁ勉強はちょっとばかし、できるから。
       仕事はまだまだだけどねw」

ξ゚⊿゚)ξ「今は始業前だからいいけど、始業後は敬語ね。
     会社では、私のほうが先輩だから。ギコさんに怒られるよ」

( ´∀`)「おーけぇ~。フゥ~」

46 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/06/09(木) 13:50:42.985 ID:umC1Nh3/0
 
カチャカチャ

( ´∀`)「ねえねえツンちゃん。このエクセルどうやるの」

ξ゚⊿゚)ξ「あ!またセル壊して…。ここはこうやるんです」

( ´∀`)「フゥ~!さすがツンちゃん!
       エクセルは横国卒の俺より出来る~天才!」

ξ゚⊿゚)ξ「…まじめにやってくださいね?ギコさん戻ってきたら怒られますよ」

( ´∀`)「鬼のいぬ間に姫とコミュニケーションいぇい」

川 ゚ -゚)「モナー君! 私語が過ぎるぞ! 見積書はやったの!?」

( ´∀`)「はい! 今やっています!」

47 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/06/09(木) 13:54:16.860 ID:umC1Nh3/0
 
( ´∀`)「ねえねえ、つんちゃん彼氏いるの」

ξ゚⊿゚)ξ「いませんけど何か」

( ´∀`)「フゥ~↑ じゃあデートしよデート。
       今度の日曜、六本木のバー、俺いいとこ知ってるYo」

ξ゚⊿゚)ξ「あの~、会ったばかりでデートって…。しかも就業中に誘うって…」

( ´∀`)「これが横国スタイル↑↑」

川 ゚ -゚)「モナー君、さっきから口ばっかりで手が動いてないようだが?」

( ´∀`)「あ、クーさんサァセン。バリ急ぎます!」

(,,゚Д゚)「戻ったぞゴラァ」

( ´∀`)「おかえりなさい!見積書、確認お願いします!}

(,,゚Д゚)「お、おぉ。やる気出てきたな!」

川 ゚ -゚)「はぁ~」

49 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/06/09(木) 13:57:41.975 ID:umC1Nh3/0
5時
 
( ´∀`)「お疲れ様でした!お先に失礼します!」

川 ゚ -゚)「あ、モナー君、ちょっといいかな。会議室まで」

( ´∀`)「はぁい↓↓」

バタン

川 ゚ -゚)「モナー君、最近の態度は目に余るぞ」

( ´∀`)「え?」

川 ゚ -゚)「最近のきみは私語ばっかり。ギコ先輩の目を盗んで
     仕事やってる振りばかりうまくなってる。
     そんなんじゃ社会人としてやっていけないぞ」

( ´∀`)「すみません」

川 ゚ -゚)「まったく。すぐ調子に乗るな」

( ´∀`)「クーさん。このあと飯どうですか?実は相談があるんです」

川 ゚ -゚)「ん? 相談? いいだろう。じゃあ夕食がてら話を聞こう」

51 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/06/09(木) 14:01:23.631 ID:umC1Nh3/0
 
レストラン

川 ゚ -゚)「それで、相談とは何だ?」

( ´∀`)「実はクーさんのことが気になってるんです」

川 ゚ -゚)「どういうことだ」

( ´∀`)「そのままの意味です。だから、集中できなくて…」

川 ゚ -゚)「からかうのもいい加減に…

( ´∀`)「クーさんって美人で可憐じゃないですか。
       だからすごく憧れてしまうんです」

川 ゚ -゚)「私が? もう27歳のおばさんだぞ」

( ´∀`)「そんなことないですよ、若い」

川 ゚ -゚)「こ、困ったな。…返事は直ぐにできないぞ。
     君のことよく知らないし」

( ´∀`)「けど、僕の心に灯ったともしびは本物です」

( ´∀`)「お先に失礼します。ごちそうさまでした」

たったった

川 ゚ -゚)「彼が私のことを…ま、まさかそんな目で見られていたとは。
     どうしよう」

54 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/06/09(木) 14:04:37.686 ID:umC1Nh3/0
 
( ´∀`)「ツンちゃん、ねえ日曜いこうよデート」

ξ゚⊿゚)ξ「困ります」

川 ゚ -゚)「イライライラ」

川 ゚ -゚)「モナー君、いい加減に黙りなさい」

( ´∀`)「あ、すみません」

川 ゚ -゚)「ちょっとタバコ吸ってくる」
バタン

ξ゚⊿゚)ξ「クーさん絶対怒ってますよ。モナーさんやばいですって」

( ´∀`)「いやぁ、でも怒られてもいいから、ツンちゃんと話したくて。
       会社でしか接点ないからさ」

ξ゚⊿゚)ξ「私の立場も考えてくださいよ」

( ´∀`)「じゃあ、これからはラインしよう?そしたら会社で話しかけない」

ξ゚⊿゚)ξ「わかりましたけど、忙しい時は相手できませんからね、ラインでも」

( ´∀`)「おっけおっけw」

56 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/06/09(木) 14:07:51.940 ID:umC1Nh3/0
 
喫煙室

川 ゚ -゚)「はぁ。なんなんだ、あの新人は」

川 ゚ -゚)「いきなり私に気があるなんて…かるすぎる。やはり冗談か」

川 ゚ -゚)「だいたい、会社ではツンにばっかり話しかけてるし!」

ガン!

川 ゚ -゚)「ふん。やはり若い女が好きなんだろう。まったく…」

川 ゚ -゚)「なんで私がモナーのことでこんなに悩まなきゃいかんのだ」

ーー

「悪いけど、お前とは付き合えないわ。
 だってお前、たくましすぎるんだもん」
ーー

川 ゚ -゚)「あぁ、どうして今さら学生時代に振られた思い出が…」

川 ゚ -゚)「思えば、恋愛なんてあれっきり…付き合ったことがないままアラサー…」

川 ゚ -゚)「はぁ。あんな坊っちゃんに振り回されるなんて、同級生に笑われるな

57 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/06/09(木) 14:10:45.634 ID:umC1Nh3/0


ξ゚⊿゚)ξ「ふー、シャワーすっきりした」

ξ゚⊿゚)ξ「それにしても、モナーさんが入ってきてから会社が騒がしくて困るわ」

プルルル

ξ゚⊿゚)ξ「はい、もしもし。あ、お母さん?」

ξ゚⊿゚)ξ「ちゃんとやってるわよ。え? 彼氏? そんなのいらないから」

ξ゚⊿゚)ξ「別に…昔のことなんて気にしてないよ。じゃあね」

ピッ

ξ゚⊿゚)ξ「はぁ。彼氏なんてあり得ない」

ξ゚⊿゚)ξ「高校時代に、痴漢されてから…私の身体は汚れてる」

ξ゚⊿゚)ξ「男なんて、どうせ身体目的よ、ぜんぶね。キモいキモい」

58 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/06/09(木) 14:11:53.091 ID:umC1Nh3/0
 
ピコーン

ξ゚⊿゚)ξ「LINE? あ、モナーさんから」

ξ゚⊿゚)ξ「めんどくさいなぁ、無視しよう」

ピコーンピコーン

ξ゚⊿゚)ξ「スタンプ連打うぜー」

ξ゚⊿゚)ξ「あの人、自分の立場わかってるのかな?
     何考えてるんだか」

61 名前:以下、無断転載禁止でVIPがお送りします:2016/06/09(木) 14:14:27.917 ID:umC1Nh3/0
会社

( ´∀`)「ツンちゃん今週こそデートいこ!」

ξ゚⊿゚)ξ「もー、いかないですって」

( ´∀`)「LINEでもいったけど上野動物園いこうよ。
       俺ツンちゃんの作った弁当食べたいなぁ」

ξ゚⊿゚)ξ「なんで私が弁当作ることになってるんですか」

( ´∀`)「ツンちゃん料理うまいでしょ?一人暮らししてるんだし。
       俺料理できないもん。食べたいなぁ」

ξ゚⊿゚)ξ「もー」

川 ゚ -゚)「イライラ。全部聞こえてるんだがなぁ」

川 ゚ -゚)「私のLINE知らなくていいのかなぁ」

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

K-AYUMU

Author:K-AYUMU

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

ユーザタグ

カ行 タ行 ア行 ちんこ ハ行 サ行 マ行 ナ行 英数字  ^ω^) ('A`) ラ行 1レス ワ行 (´・ω・`) ショボーン ヤ行 ブーン ショボン トソン 'ー`)し ξ゚⊿゚)ξ (,゚Д゚) ドクオ まんこ (=゚д゚) J( 1レス カラマロス大佐 シュー ミセリ (-_-) いよう 川д川 人狼 (∪^ω^) 世紀末 ツンデレ 

FC2カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。