mesimarja
気に入ったスレを集めてみました。
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昔々、ある所に( ^ω^)とξ*゚⊿゚)ξが住んでいました。
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/24(土) 19:46:01.66 ID:4yGEzBFm0
ξ*゚⊿゚)ξ「また今日もふたりぼっちだわ」
( ^ω^) 「しょうがないお」


3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/24(土) 19:48:53.26 ID:4yGEzBFm0
ξ*゚⊿゚)ξ「しょうがない?なんでそんなこと言うのよ!!」
(;^ω^) 「だって僕達は一般人から見たら気味悪がられる運命なんだお?ふたりぼっちはしょうがない。」
ξ*゚⊿゚)ξ「だからなんで気味悪がられるのよ!!私たち何もしてないじゃないの!!」
(;^ω^) 「人が誰かを嫌うのに、きっと理由なんて無いんだお」
ξ*゚⊿゚)ξ「そんなの理不尽よ」
( ^ω^) 「僕もそう思うお。でも、現実は思った以上に厳しいんだお」


6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/24(土) 19:53:14.28 ID:4yGEzBFm0
次の日

ξ*゚⊿゚)ξ「ブーンはあぁ言ってたけど、やっぱり納得できない。あんな山奥の掘っ立て小屋にいつまでも住んでいられないもの」
ξ*゚⊿゚)ξ「きっと街の人たちとも、話し合えば私たちのことを分かってくれるはずよ」
ξ*゚⊿゚)ξ「先ずは誰でもいいから街の人と話さなきゃね」



( ^ω^)「あれ?ツンの姿が見当たらないお?」


7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/24(土) 19:59:07.36 ID:4yGEzBFm0
日安県 武威府郡 とある街

ξ*゚⊿゚)ξ「(とは言ったものの…。勢いで街まで来ちゃったけど、どうやって街の人に声をかけようかしら)」

( ゚д゚)  「…」

ξ*゚⊿゚)ξ「(あ!!人がいる!!どうしようどうしよう!!は、話しかけなきゃ)」
ξ*゚⊿゚)ξ「あの…すいません」

( ゚д゚)  「はいはい、なんでしょ…」
( д)゚゚

ξ*゚⊿゚)ξ「あ、あの…少しお話を聞いてもらえ…」
( ゚д゚)  「う、うわぁぁぁぁー!!ツンだ!!ツンが出たぞぉぉぉぉぉ!!!助けてくれぇ!!」
ξ*゚⊿゚)ξ「え?ちょっと…」
( ゚д゚)  「誰かぁ!!助けてくれぇぇ!!殺されるぅぅぅ」
ξ*゚⊿゚)ξ「ちょ、ちょっと待ちなさいよ!!」
( ゚д゚)  「ぎぃやぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」


ξ*゚⊿゚)ξ「…行っちゃった」  

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/24(土) 20:04:51.49 ID:4yGEzBFm0
ξ*゚⊿゚)ξ「…」
ξ*゚⊿゚)ξ「……」
ξ*゚⊿゚)ξ「……ま、まぁ、こんなコトもあるわよね。よ、予想はしていたし…」

ξ*゚⊿゚)ξ「…」
ξ*゚⊿゚)ξ「……」
ξ*゚⊿゚)ξ「………(ドンッ)」

ξ*゚⊿゚)ξ「あ、ゴメンなさい」
<#`∀´>「おい、どこ見て歩いてるニダ!!」
ξ*゚⊿゚)ξ「すいません」
<#`∀´>「ふざけるなニダ!!しかもよく見たらお前ツンじゃないかニダ」
ξ*゚⊿゚)ξ「そうですけど」
<#`∀´>「なんでツンがこんな所を歩いてるニダ!!ここはお前なんかが来て良い所じゃないニダ!!とっとと帰るニダ!!」
ξ*゚⊿゚)ξ「あ、あの!!少しお話を…」
<#`∀´>「早く目の前から消えるニダ!!ぺっ」


ξ*゚⊿゚)ξ「…また…行っちゃった」

ξ*゚⊿゚)ξ「………唾…汚いわよ(ゴシゴシ)」


10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/24(土) 20:06:43.82 ID:XNpd04N50
会話文の間は一行あけて

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/24(土) 20:13:59.30 ID:4yGEzBFm0
>>10 指摘サンクス

ξ*゚⊿゚)ξ「(なんで…こんなに嫌われているのかしら…。私達、何もしてないのに)」


???「うわーん、やめてよー!!」

ξ*゚⊿゚)ξ「??泣き声??」



('A`) 「僕の財布返してよー」

(@@ .:;)「あぁん!?」

('A`) 「返してってばー」

(@@ .:;)「あぁん?」

('A`) 「返してぇー」

(@@ .:;)「あぁん!?」

('A`)「えーん」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/24(土) 20:14:24.00 ID:4yGEzBFm0
ξ*゚⊿゚)ξ「ちょっと!!そこのキモイ顔!!」

(@@ .:;)「あぁん!?」

ξ*゚⊿゚)ξ「何やってんのよ!!手に持ってるの、その子の財布でしょ!!返してあげなさい!!」

(@@ .:;)「あぁん!?」

('A`)「えーんえーん」

ξ*゚⊿゚)ξ「返さないというのなら、警察呼ぶわよ!!」

(@@ .:;)「あぁん!?」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/24(土) 20:22:48.21 ID:4yGEzBFm0
(´∀`\ )「ちょっと!!そこの縦巻きロール!!うちの子に何してんだい!!」

ξ*゚⊿゚)ξ「へ?」

('A`)「うわーん!!ママー!!怖かったよぉ」

(´∀`\ )「ツンはとっとと山に帰んな!!」

ξ*゚⊿゚)ξ「待って!!誤解よ!!私はその子を…痛ッ!!」


(´∀`\ )「早く出て行け!!」

ξ*゚⊿゚)ξ「分かったわ!!分かったから…石を…投げないで…」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/24(土) 20:28:00.25 ID:4yGEzBFm0
帰り道

ξ*゚⊿゚)ξ「トボトボ」
ξ*゚⊿゚)ξ「…」
ξ*゚⊿゚)ξ「…グス」


( ^ω^)「ツン、探したお!!どこ行ってたんだお!!」
ξ*゚⊿゚)ξ「ブーン」
(;^ω^)「って、怪我してるお!!一体何があったのかお!!」
ξ*゚⊿゚)ξ「ブーン…」

ξ*゚⊿゚)ξ「ブーン…(じわ)」

ξ*゚⊿゚)ξ「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁん」
(;^ω^)「お?お?お?」
ξ*゚⊿゚)ξ「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁん」
( ^ω^)「…よしよし。一緒に家まで帰るお?」


16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/24(土) 20:36:33.65 ID:4yGEzBFm0
( ^ω^)「(ツンはあのまま泣きつかれて寝てしまったお)」
( ^ω^)「(だから街には行くなといっておいたんだお)」
( ^ω^)「(それなのになんで…)」

( ^ω^)「ツン…。君の望みは何なのかお?」

ξ*゚⊿゚)ξ「待ちで…皆と仲良く暮らしたい…。寂しいのは…イヤ」

( ^ω^)「!!起きてたのかお!?」

ξ*゚⊿゚)ξ「…すやすや」

( ^ω^)「なんだ…寝言かお」

( ^ω^)「ツン。それが君の願いなのかお?」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/24(土) 20:37:16.71 ID:4yGEzBFm0
×待ち

○街

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/24(土) 20:46:58.24 ID:4yGEzBFm0
翌朝

ξ*゚⊿゚)ξ「ん…。…いつの間に寝ちゃったのかしら」
ξ*゚⊿゚)ξ「ブーン、ご飯は??」

ξ*゚⊿゚)ξ「ブーン???」




ξ*゚⊿゚)ξ「まったく、朝っぱらからどこ行っちゃったのよ。今日はブーンが朝食当番なのに…」
ξ*゚⊿゚)ξ「ん?食卓の上に何か置いてある??」
ξ*゚⊿゚)ξ「置手紙??」


( ^ω^)「僕は、今日勇気を出して街の人に会いに行ってみるお。もし良かったら、ツンも後から来て欲しいお」


ξ*゚⊿゚)ξ「え?ブーン。あんなに街の人と関わりたがらなかったのに…」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/24(土) 20:51:06.30 ID:4yGEzBFm0

ξ*゚⊿゚)ξ「はぁ。昨日の今日で街に行くなんて。また石投げられるのかしら…」
ξ*゚⊿゚)ξ「でもブーンが心配だし…。しょうがない…か」

ξ*゚⊿゚)ξ「そろそろ街に着くけど、ブーンはどこにいるのかしら?」


ワーワー キャー 助けてくれぇ 逃げろぉ!! うわーん ワーワー

ξ*゚⊿゚)ξ「!!街が騒がしいわね。…何か嫌な予感がするわ。まさか、ブーンの身になにかあったんじゃ!!ブーン!!」


20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/24(土) 20:55:54.98 ID:s/kTviPLO
泣いた青鬼ですね。わかります。

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/24(土) 21:00:02.39 ID:4yGEzBFm0
>>20 ちなみに「泣いた赤鬼」ね?


(#^ω^)「もう我慢の限界だお!!」

ぎゃー!!

(#^ω^)「いつまでも僕達を山奥に追いやったままで!!」

お母ーさーん

(#^ω^)「僕達を村八分にして!!」

助けてくれぇ!!

(#^ω^)「その報いを受けるときが来たんだお!!!!!」

ちゅどーん!!!




ξ*゚⊿゚)ξ「…うそ」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/24(土) 21:09:54.12 ID:4yGEzBFm0

<;`∀´>「つ、ついに本性を現しやがったニダ!!」
<;`∀´>「やっぱり、もっと早くにあいつ等を始末しておくべ」

(#^ω^)「五月蝿いお」

ちゅどーん

(#^ω^)「汚物は消毒するのに限るお」


ξ*゚⊿゚)ξ「何してるのよ…何やってんのよ!!ブーン!!」(だっ)


25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/24(土) 21:15:59.35 ID:4yGEzBFm0
警備兵「隊長!!戦線を維持できません!!」
警備隊長「くそっ!!仕方ない。一時離脱するぞ!!町民の安全を最優先に撤退しろ!!」

(#^ω^)「させるかお。行け!!ファンネル!!」

警備兵「オールレンジ攻撃、来ます!!」
警備隊長「避けろぉぉぉ!!」
警備兵「ダメです!!直撃します!!」
警備兵「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/24(土) 21:21:30.55 ID:4yGEzBFm0
警備兵「…あれ?生きて…る?」

警備隊長「なぜだ??あのコースは不可避のはずじゃ」

警備兵「た、隊長!!見てください!!」

警備隊長「あれは…ツン…なのか?」


27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/24(土) 21:21:52.58 ID:4yGEzBFm0
ξ*゚⊿゚)ξ「何考えてるのよブーン!!」

( ^ω^)「なにって、見ての通りだお。いままで僕達のことを散々いじめてきた奴らに、お返しをしている所だお」

ξ*゚⊿゚)ξ「今すぐやめなさい!!そんなこと!!」

( ^ω^)「なんでだお?僕達はいっぱい酷い目にあってきたお??ツンだって、昨日は怪我して帰ってきたはずだお??」

ξ*゚⊿゚)ξ「それはそうだけど。でも、こんなことしたって過去は消えない!!怪我だって治らないわ!!」

( ^ω^)「でも、こうすれば、僕達が…いや、ツンが怪我するような未来はなくなるお。未来は僕の手で作るんだお!!」

ξ*゚⊿゚)ξ「ブーン。アンタは間違ってるわ!!」


28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/24(土) 21:26:50.23 ID:4yGEzBFm0
( ^ω^)「僕が間違っている?ならどうするんだお?」

ξ*゚⊿゚)ξ「アンタを止めるわ!!」

( ^ω^)「笑止だお。ツンには無理だお」

ξ*゚⊿゚)ξ「やってみなきゃ分からないじゃない!!」

( ^ω^)「分かったお。もはや語るまいお」


29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/24(土) 21:27:36.89 ID:4yGEzBFm0
( ^ω^)「もはや語るまい。じゃ、僕は帰るお」

ξ*゚⊿゚)ξ「…は?」

( ^ω^)「いや、やることはやったし、目的も果たしたみたいだから、帰るんだお」

ξ*゚⊿゚)ξ「待ちなさい!!」

( ^ω^)「イヤだお。ここで待ったら僕の計画がパーなんだお」

ξ*゚⊿゚)ξ「計画?」

( ^ω^)「家に帰ったら、しっかりお仕置きは受けるお。だからここはいったん見逃して欲しいお」

ξ*゚⊿゚)ξ「??あんた何言ってるの??」

( ^ω^)「じゃ、僕は帰るお。疲れてヘトヘトで死にそうだお。じゃ、そゆコトで」


30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/24(土) 21:40:16.29 ID:4yGEzBFm0
ξ*゚⊿゚)ξ「ブーン、一体何を考えているの?」

警備隊長「貴様!!ツンだな!!」

ξ*゚⊿゚)ξ「!!」

警備隊長「貴様がツンかと聞いている!!」

ξ*゚⊿゚)ξ「…そうよ(また苛められちゃうのかしら)」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/24(土) 21:41:11.37 ID:4yGEzBFm0
警備隊長「なるほど。我々は君を誤解していたようだ」

ξ*゚⊿゚)ξ「ほえ?」

警備隊長「我々は貴女に対して、心からの敬意を表する!!」

ξ*゚⊿゚)ξ「えぇ!!」

警備隊長「そして、街を代表して今までの非礼を詫びよう。本当にすまなかった」

ξ*゚⊿゚)ξ「ちょ、ちょっと待って!!何がなんだかサッパリだわ??」

警備隊長「ふふ。今や君は、この街を救った英雄だ。英雄に敬意を表するのは当然じゃないかね?」

ξ*゚⊿゚)ξ「街を救ったって…私はただブーンを止めようと…」

警備隊長「御覧なさい。人々の貴方への気持ちを」



町民「ツーンツーンツーン!!!ワー!!!」



ξ*゚⊿゚)ξ「うそ…」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/24(土) 21:49:24.58 ID:4yGEzBFm0
警備隊長「それに、あの邪悪な化け物に臆せず立ち向かったその勇気。賞賛に値するよ」

ξ*゚⊿゚)ξ「そんな…。ブーンは化け物なんかじゃ…あっ!!」


( ^ω^)「僕の目的は果たしたお」


ξ*゚⊿゚)ξ「(ブーン…まさか!!)」


35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/24(土) 21:51:49.75 ID:4yGEzBFm0
山奥の小屋


ξ*゚⊿゚)ξ「ハァハァ、そうよね。ブーンが意味もなくあんなことするわけ無いもんね」

ξ*゚⊿゚)ξ「ブーン、どこにいるの?私、すっかりアンタの作戦にはまっちゃったわ♪まったく、許さないわよ♪」

ξ*゚⊿゚)ξ「ブーン、どこにいるの~?トイレ~??」

ξ*゚⊿゚)ξ「ブーン??どこなの??」

ξ*゚⊿゚)ξ「…ブーン」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/24(土) 21:54:05.32 ID:4yGEzBFm0
ξ*゚⊿゚)ξ「き、きっと寄り道してるんだわ!!そうに違いないわ!!」

ξ*゚⊿゚)ξ「そうだ!!今日はブーンがご飯当番だけど、特別に私が作ってビックリさせてあげよう!!」

ξ*゚⊿゚)ξ「何がいいかしらね~。ブーンの好きなものは~…ん?また置手紙??」


37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/24(土) 21:57:30.79 ID:4yGEzBFm0
「ツン。この手紙を見る頃には、きっと僕は君の側には居れなくなってるお。
 ツンは僕の大事な友達だから、ツンの願いを叶えてあげたかった。でも僕はあんまり頭が良くないから
 この位しか案が思い浮かばなかったんだお。この手紙を見ているとき、ツンと街の人たちが仲良くなれてたら
 良いお。僕はそれを確かめることは出来ないけど、きっとツンなら大丈夫だお。
 
 ツン、寂しいけど、これでお別れだお。僕のことは探さないで欲しいお。僕を探していることがばれたら
 ツンはまた皆から嫌われてしまうお。だから…

 さよなら、ツン。ずーっと友達だお」



ξ*゚⊿゚)ξ「…うそよ」


39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/24(土) 22:00:25.83 ID:4yGEzBFm0
ξ*゚⊿゚)ξ「ブーン!!出てきなさい!!どうせどこかに隠れているんでしょ!!」
ξ*゚⊿゚)ξ「早く出てきなさい!!いい加減に怒るわよ!!!」

ξ*゚⊿゚)ξ「ブーン…返事をして。お願い、怒らないから」

ξ*゚⊿゚)ξ「声を…聞かせてよ…お願い」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/24(土) 22:03:48.85 ID:4yGEzBFm0
ξ*゚⊿゚)ξ「バカっ!!バカバカバカ!!意味ないじゃない!!」
ξ*゚⊿゚)ξ「私の夢は『街の人たちと仲良く、ブーンと一緒に暮らす』なのよ!!それなのにっ!!」


ξ*゚⊿゚)ξ「あんたがいなくちゃ…意味…ないじゃない」




その晩、ツンは泣きました。沢山沢山泣きました。
少し広くなってしまった我が家の中の、とても広くなったベッドの上で。
少し静かになった部屋の中で、友達の暖かさを感じて泣きました。


「泣いた赤ツン」
おしまい

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/24(土) 22:06:03.02 ID:4yGEzBFm0
はい、終わりです

途中で当てられましたが、もろに「泣いた赤鬼」でした

ちゃんちゃん

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

K-AYUMU

Author:K-AYUMU

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

ユーザタグ

カ行 タ行 ア行 ちんこ ハ行 サ行 マ行 ナ行 英数字  ^ω^) ('A`) ラ行 1レス ワ行 (´・ω・`) ショボーン ヤ行 ブーン ショボン トソン 'ー`)し ξ゚⊿゚)ξ (,゚Д゚) ドクオ まんこ (=゚д゚) J( 1レス カラマロス大佐 シュー ミセリ (-_-) いよう 川д川 人狼 (∪^ω^) 世紀末 ツンデレ 

FC2カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。