mesimarja
気に入ったスレを集めてみました。
01 | 2017/03 | 10
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( ^ω^)はライオンのようです
6 名前:ライオン:2008/02/09(土) 01:05:57.91 ID:z1KEuYguO
このお話しは、バンプ オブ チキンのダンデライオンを元に勝手に作ってます。

アンチバンプ
熱烈なバンプファン
完全オリジナル以外は受け付けない方

は読まれない方が良いかとオモ


7 名前:ライオン:2008/02/09(土) 01:07:02.76 ID:z1KEuYguO
( ^ω^)「おっおっ。今日はいい天気だおー」

果てなく広がる平原-

( ^ω^)「おっ、昨日までの雨で池ができてるお」

どこまでも吹き抜ける風-

( ^ω^)「水うめえwwwww」

風に揺れるたてがみ-





-( ^ω^)はライオンのようです-

8 名前:ライオン:2008/02/09(土) 01:08:03.52 ID:z1KEuYguO
( ^ω^)「水も空気もなくては生きられないものの、当然飯は必要だお…jk」

ライオンは百獣の王。だが、現実は厳しい。
ブーンだけで獲物を狩れるほど、草食獣達もどんくさくはない。

( ゚д゚)「ハフッ、ハムハム、ハフッ」

( ゚д゚)「草うめえwww」

( ^ω^)「キメェwww」

( ^ω^)「…インパラだお。捕まえたいとこだお」


11 名前:ライオン:2008/02/09(土) 01:09:08.56 ID:z1KEuYguO
インパラとブーンの距離はおよそ300M。
決して近くはない。

( ^ω^)「でも」

インパラは食事に夢中。
ある程度まで近付き、捕獲の可能性を上げられるチャンスでもあった。

( ^ω^)「よし、コソーリ近付くお」

250M-

( ゚д゚)「バリバリ」

200M-

( ^ω^)「うはwwこれはいけるかもわからんね」


13 名前:ライオン:2008/02/09(土) 01:11:26.82 ID:z1KEuYguO

170M…

その時、風が吹く。
ブーンの気配を乗せて…

( ゚д゚)「ムシャム……!!!11」

( ゚д゚)「…」

(;゚д゚)「…」

(゚д゚)

(;^ω^)「ばれたお!」

14 名前:ライオン:2008/02/09(土) 01:12:27.28 ID:z1KEuYguO
( ^ω^)「まだ遠いけど、とりあえず走るお」

⊂二二( ^ω^)二⊃「ブーン」

(゚д゚)「ちょwwwおまww前足ww」

ブーンは鋭い爪で、インパラは堅いひづめで、サバンナの大地を捕え

そして蹴り出す…

16 名前:ライオン:2008/02/09(土) 01:14:01.28 ID:z1KEuYguO
このとうり(なぜか変換できない)-

(;^ω^)「まったく距離が詰まらないお」

( ゚д゚)「こっちくんな」

-ライオン一頭で-

( ^ω^)「違うんデスヨ-。そーゆーんじゃないんデスヨ-。逃げないで下さいヨー」

( ゚д゚)「エウリアン乙」

-捕食できる可能性は-

( ´ω`)「逃げられちゃったお」

高くはない-

18 名前:ライオン:2008/02/09(土) 01:15:59.49 ID:z1KEuYguO
(;^ω^)「これで連続50回狩り失敗だお」

( ^ω^)「お腹すきすぎだお」

通常、ライオンはチームで狩りを行う。

( ^ω^)「この石が唐揚げに見えるお」

生活も群れ単位

( ^ω^)「歯が欠けたお」

だが…

「やっぱり、一人じゃ駄目だお」

ブーンは一人ぼっち

20 名前:ライオン:2008/02/09(土) 01:18:40.09 ID:z1KEuYguO
( ^ω^)「ほかのライオンに相談してみるかお」

柔らかな、それでいて確な風が吹くサバンナをブーンは行く

( ^ω^)「おっ。ドクオだお!!」

ブーンと同じ年齢のライオン。
少し痩せ気味だが、しっかり群れを形成している。

( ^ω^)「ガリガリ君おいすーww」

(´A`)「あぁ?うっせピザww。なんか用?」

( ^ω^)「ブーンはお腹が空いてるお。なんか恵んでほしいお」


22 名前:ライオン:2008/02/09(土) 01:19:25.45 ID:z1KEuYguO
(´A`)「やだ」

ほんの少しの間もあけず、彼は答える。
そして続ける。

(´A`)「今までにも言ってきたけどさ、自分でなんとかしろよ」

( ^ω^)「なんとか出来なかったから、お願いしてるんだお。少しでいいんだお」

(´A`)「やだ、無理」

( ´ω`)「どうしてもかお?」

(´A`)「ああ。悪いな。ウチもそうそう余裕なんてないんだよ」

( ´ω`)「なら、狩りを手伝ってくれないかお?」

(´A`)「はあ…。なあ、ブーン」

( ´ω`)「お?」

(´A`)「お前とは小さい頃から一緒に遊んだりしてたよな」

25 名前:ライオン:2008/02/09(土) 01:20:40.59 ID:z1KEuYguO
( ^ω^)「だおだお。そうだお。仲良しだお!!だから、食べ…」

彼はブーンの言葉を遮り、自分の言葉を続ける。

(´A`)「だからこそ、最後に言わせてくれ」

最後。彼は確かにそういった。

(´A`)「この場所で、自分の力で餌を捕れない。自分のために狩りをしてくれる群れも作れないライオンは…」

彼は伝える。
ただ、静かに。たんたんと。

(´A`)「生きては行けない。淘汰されるしかないんだ」

( ^ω^)「だから、ドクオに狩りを手伝ってほしいお」

彼はブーンの言葉に耳を傾けはしない。
風が吹き抜ける。

(´A`)「幼馴染みとしての義理ははたしたぞ」

26 名前:ライオン:2008/02/09(土) 01:22:36.40 ID:z1KEuYguO
( ^ω^)「お?どういう意味だお?」

彼は言う。ここからは敵だ。と。
低く唸る。体勢も低く。
鋭い爪を大地に食い込ませ、さらに唸る。

(;^ω^)「お?どうしたんだお?止めるおドクオ」

(´A`)「ライオンのオス同士。片方は群れを持たず」

(;^ω^)「ドクオ怖いお」

(´A`)「片方は群れを持ち、そしてそのテリトリーを侵されている」

(;^ω^)「ちょ、難しいこと言うなお。テリトリーとか何語だお」

英語。多分。

(´A`)「なら、オレは群れを守るため戦う」

低く構えた体勢から、彼は素早くブーンに駆け寄る。

風を裂く爪。
風が止まったサバンナに舞う…



27 名前:ライオン:2008/02/09(土) 01:23:49.12 ID:z1KEuYguO
( ゚ω゚)「アッー!!」

(´A`)「次は、本気でお前を殺すぞ」

彼の爪はブーンの前足を軽く傷つけただけではあった。

だが、

( ;ω;)「痛いおー痛いおー。怖いおー」

ブーンは、今まで仲良くしてくれ、困った時には食事を恵んでくれもしたドクオに攻撃された事で、混乱しきっていた。

(´A`)「これ以上痛みを味わいたくないのなら…」

(´A`)「ここから去るか…」

(´A`)「オレを殺すか…だ」

30 名前:ライオン:2008/02/09(土) 01:25:12.51 ID:z1KEuYguO
( ;ω;)「ブーンには、ドクオと戦うなんてできn」

そうじゃない。彼は言う。

(´A`)「戦うじゃない。殺す…だ」

( ;ω;)「おーんおーん。ドクオ怖いお。どうしたんだお?テリトリーって何語だお?」

英語。多分。

(´A`)「なら、去れ。それがライオンの掟だ」

彼は構えを解き、静かに言う。
風が吹く。

( ;ω;)「どうしてもかお?」

彼はブーンを見つめている。
風が吹く。
誰も答えない。

32 名前:ライオン:2008/02/09(土) 01:26:54.54 ID:z1KEuYguO
( ;ω;)「…」

ブーンは歩く。力なく。

( ;ω;)「…」

空腹感も今は感じなかった。

( ;ω;)「…」

行くあてはない。

( ;ω;)「…」

ただ、歩く。

風が吹く。

33 名前:ライオン:2008/02/09(土) 01:28:38.27 ID:z1KEuYguO
川゚-゚)「よかったのか?」

(´A`)「あ?なにが?」

彼の妻が問う。

川゚-゚)「ブーンだ。少しくらいなら蓄えもあったのだぞ?」

(´A`)「あぁ、良いんだよ。あいつも自分の力で生きていけないなら」

彼は爪に力を入れる。

(´A`)「それまでだ。力のないヤツは死ぬ。それがサバンナだろ」

川゚-゚)「リサリサ先生。煙草…逆だぜ」

36 名前:ライオン:2008/02/09(土) 01:30:47.12 ID:z1KEuYguO
从 ゚∀从「この木の実マジ旨いよな」

从'ー'从「あれれ~私のお弁当がないよ~?」

从 ゚∀从「うっはマジサイコー。二人前かるいわwww」

从'ー'从「ハインちゃん私のお弁当知らない?」

从 ゚∀从「しらん。ん?あれライオンじゃね?」

从'ー'从「ほえ~?」

リス達は木の上からブーンを見付ける。

( ^ω^)「よく考えたら、ドクオの言う事もわかったお。多分あれは英語だお」

数分前とはうってかわり、軽い足取りのブーン。
木の下に差し掛かる。

从 ゚∀从「でもよー、ライオン百獣の王とかいうけどよ、強いから偉そうにしてるだけで、別に王じゃなくね?」

从'ー'从「ん~どうかな?よくわかんないや~」

風が吹く。
彼女達の声をブーンに届ける。


37 名前:ライオン:2008/02/09(土) 01:32:22.84 ID:z1KEuYguO
( ^ω^)「(別に王じゃなくてもいいお)」

从 ゚∀从「つかさ、正直アイツラ嫌われてっしょ?サバンナでwww」

从'ー'从「ちょっと、ハインちゃんやめなよ~。聞こえちゃうよ~?」

風は止まない。

( ^ω^)「(おっ?嫌われてる?なんでだお?)」

ブーンは立ち止まり、
少し考える。

38 名前:ライオン:2008/02/09(土) 01:34:04.73 ID:z1KEuYguO
( ^ω^)「ブーンは狩りをしなきゃご飯食べれないから、狩られる側からしたら嫌なもんなのかお?」

ライオンは狩る。
ライオンは狩られない。
産まれた時からライオンだったブーン。
狩られる側の気持ちを考えた事など…

( ´ω`)「そりゃそうだおね。ブーンだって、さっきドクオに攻撃された時怖かったお」

( ´ω`)「なんでこんな簡単な事に気付かなかったんだお?」

ブーンは理解する。
この広大なサバンナで、

( ´ω`)「インパラもリスも」

いま自分は

( ´ω`)「水牛もウサギも」

一人。

39 名前:ライオン:2008/02/09(土) 01:34:32.66 ID:z1KEuYguO
( ´ω`)「でも、ブーンだって好きでやってるわけじゃないお」

草食獣にかぎらない。
他の肉食獣だって、餌を奪いあう

( ´ω`)「こんなにたくさん生き物がいるのに」



( ´ω`)「ブーンは一人ぼっちかお…」

みんな ブーンが きらい

41 名前:ライオン:2008/02/09(土) 01:35:58.50 ID:z1KEuYguO
( ´ω`)「なんか寂しいお…」

( ´ω`)「トーチャンとカーチャンに会いたいお…」

ブーンの両親はもういない。
いたとしても、親離れをしたライオンが親と会う事はない。

( ´ω`)「ドクオ…」

この広いサバンナで、唯一ブーンの話し相手足りえた彼。

( ´ω`)「だめだおね。ドクオもブーンが嫌いだから追い払われたんだおね」

違う。

( ´ω`)「誰かと話したいお。誰かそばにいてくれお」

風が吹く。
誰も答えない。

42 名前:ライオン:2008/02/09(土) 01:37:29.37 ID:z1KEuYguO
( ´ω`)「…」

歩く

( ´ω`)「がお-…」

澄みきった空

( ´ω`)「誰か…」

命が産まれ

( ´ω`)「寂しいお。寂しいお」

命が還る大地

( ;ω;)「がお-」

彼方で動く影

45 名前:ライオン:2008/02/09(土) 01:38:44.44 ID:z1KEuYguO
( ´ω`)「お…?」

陸上でもっとも巨大な生物。

( ^ω^)「象さんだお」

ブーンは走る。

⊂二二( ^ω^)二⊃ ブーン

象はブーンを見つめている。

( ^ω^)「象さんこんにちわだお!!ブーンだお」

彼は答える。

(´・ω・`)「やあようこそバーボンハウs」

47 名前:ライオン:2008/02/09(土) 01:41:25.34 ID:z1KEuYguO
( ^ω^)「バーボン?なんのことだお?」

(´・ω・`)「いや、すまない。なんでもないんだ。とりあえず注文を聞こうか」

( ^ω^)「おっおっ。ブーンは唐揚げがたべたいお」

(´・ω・`)「ねーよ。石でも食っとけ」

( ^ω^)「歯が欠けたお」

何気無いやりとり。

(´・ω・`)「食った!?」

( ^ω^)「ものは試しだお」

他愛ない会話。

(´・ω・`)「ずいぶん元気だね?しょぼくれていたようにみえたけど?」

( ^ω^)「おっおっ。なぜか楽しいんだおー^^」

49 名前:ライオン:2008/02/09(土) 01:42:40.87 ID:z1KEuYguO
( ^ω^)「ブーンは今、誰かと話したかったんだお」

( ^ω^)「象さんがブーンと話してくれてるから、なんか楽しいお」

(´・ω・`)「そうかい。お役に立てたかな?百獣の王様」

( *^ω^)「おっおっお。ブーンはただのライオンだお。王なんかじゃないお」

(´・ω・`)「でもキミ達は強い。荒れ狂う暴君のようにね」

( ^ω^)「そ、そうかお?なんか照れるお」

( ^ω^)「で、ボークンて何語だお?」

(´・ω・`)「英語。中でも君の強さはハッキリ覚えているよ」

少し風が強くなる

51 名前:ライオン:2008/02/09(土) 01:44:09.05 ID:z1KEuYguO
( ^ω^)「ブーンの、強さ、お?」

いつの間にか太陽は傾き、サバンナの大地は紅い色素で覆われてゆく。

(´・ω・`)「そう。ほかならぬ、君の強さだよ。ブーン君」

彼はゆっくりとした口調で話し続ける。

(´・ω・`)「ねえ、ブーン君。君には家族はいる?」

唐突に話題がかわる。

( ^ω^)「お?トーチャンカーチャンはもういないお」

( ///)「け、結婚はまだしてないお」

54 名前:ライオン:2008/02/09(土) 01:45:56.78 ID:z1KEuYguO
(´・ω・`)「そうか。私にはね妻と子供がいたんだよ」

穏やかな口調。

(´・ω・`)「妻はね、元々体が強い方ではなくて、子供を遺して早くに逝ってしまったんだ」

(;^ω^)「それは可哀想だお…」

(´・ω・`)「でもね、わたしには子供がいた。守らなくてはいけないし、子供の笑顔、泣き顔、寝顔、全てが私を癒してくれた」

( ^ω^)「そうだお。子供は可愛いお」

風が強くなる。
「き……され…た…」
夜が近付いたから。

( ^ω^)「お?なんていったお?」

ブーンが問う。
風が吹く。
彼がゆっくりと答える。

57 名前:ライオン:2008/02/09(土) 01:48:50.50 ID:z1KEuYguO
(´・ω・`)「君に 殺された」

( ^ω^)「お…?」

(´・ω・`)「あの日、とても穏やかな日だった」

彼の口調はかわらない。

(´・ω・`)「私の子供が水浴びをして、私はそれを眺めていた」

(´・ω・`)「周りに敵は見当たらなかったし、私は安心して少し眠ってしまったようだった」

(´・ω・`)「とても楽しい夢を見たんだよ?ブーン君。子供と妻と私でサバンナを歩く。ただ、それだけだけど、とても幸せな気持ちだった」

風はいつの間にか止んでいた。

(´・ω・`)「そして、目が覚めた時に見えたのは」

いや、吹いているのかもしれない。

(´・ω・`)「誰もいなくなった湖」

どちらにしろ、ブーンの耳には彼の声しか届かない。


58 名前:ライオン:2008/02/09(土) 01:49:06.36 ID:z1KEuYguO
(´・ω・`)「そしてふと彼方をみると。今まさに倒れる我が子と…」

まだ夜ではない。
寒くはない。
震えるブーン。

(´・ω・`)「君がいた」

60 名前:ライオン:2008/02/09(土) 01:50:08.30 ID:z1KEuYguO
( ´ω`)「……なさいだお…」

(´・ω・`)「ん?今夜は風が強いね。よく聞こえなかったよ」

( ´ω`)「ごめんなさいだお」

ブーンにも憶えがあった。
丁度一年程前、ブーンは水浴びをしていた子象を見付け

(´・ω・`)「謝る必要はないさ」

ころした

(´・ω・`)「この場所では当たり前の光景。君は狩る運命。私達は狩られる運命。それだけのことだろう?」

( ´ω`)「でも…でも、ごめんなさいだお」

彼の表情が少しかわる。

(´・ω・`)「謝るんじゃない。いくら謝ってもらったって、私は君を許すことなどない」

( ´ω`)「お…」

(´・ω・`)「謝ることで、君は楽になるかもしれない。だが、私は君からの謝罪など受け付はしない」

61 名前:ライオン:2008/02/09(土) 01:51:16.31 ID:z1KEuYguO
( ´ω`)「じゃあ、どうすればいいんだお…?」

空には星が輝く。
遮るものがないサバンナ。
星はどこまでも広がる。

(´・ω・`)「どうもしなくていいさ。さっきもいったが、あれは運命。君を恨んでいるわけじゃない」

( ´ω`)「でも、ブーンを許さないって言ったお…」

(´・ω・`)「ああ。恨んではいないが」

彼の目はブーンから外れない。

「憎いね」

63 名前:ライオン:2008/02/09(土) 01:52:48.65 ID:z1KEuYguO
( ;ω;)「ブーンを……嫌わないでほしいお」

自分が殺した子供の親。
その相手に向けるには、あまりに不条理な言葉。

( ;ω;)「ブーンは相手の気持ちとかわからなかったんだお。でもブーンだって生きなきゃない(´;ω;`)「あの子だってそうだろ!!!!」

( ;ω;)「お…」

(´・ω・`)「あの子だって、生きるべきだった」

一瞬、激しい感情を溢れさせたものの、すぐに彼は穏やかな彼にもどる

65 名前:ライオン:2008/02/09(土) 01:54:19.52 ID:z1KEuYguO
(´・ω・`)「いや、取り乱してすまなかったね。運命と言ってみたり、生きるべきだったといってみたり」

口許に、軽い微笑みのようなものが浮かぶ。

(´・ω・`)「でも、子供を失った親なんてみんなどこか狂ってしまうんだよ」

( ´ω`)「お」

( ´ω`)「ブーンはここを出ていくお…」

(´・ω・`)「そうなのかい?」

( ´ω`)「だお。ブーンはサバンナじゃみんなに嫌われてるんだお」

( ´ω`)「同じライオンのドクオからも嫌われたし」

(´・ω・`)「…」

( ´ω`)「象さんにも、象さんの子供にも辛い思いをさせたお…」

(´・ω・`)「君は、ここで産まれ育ったんだろ?寂しくないのかい?」

( ´ω`)「…しいお」

風は強く吹いている。

( ;ω;)「本当はここにいたいお。寂しいお。おーおー。」

66 名前:ライオン:2008/02/09(土) 01:55:50.31 ID:z1KEuYguO
(´・ω・`)「なら、やめるかい?」

彼はあくまでも穏やかに-冷酷-穏やかに聞いた。

( ;ω;)「…」

風がたてがみを揺らす

( ;ω;)「…いくお。話しをしてくれてありがとうだお」

(´・ω・`)「さようなら」

68 名前:ライオン:2008/02/09(土) 01:57:51.58 ID:z1KEuYguO
ブーンは歩く。
行くあてなどない。
だが、目的は決まっている。

( ´ω`)「さよならだお。サバンナ。ドクオ。象さん」

風が吹く。
誰も…

70 名前:ライオン:2008/02/09(土) 01:59:08.78 ID:z1KEuYguO
( ;ω;)「サバンナ広すぎだお」

ブーンは、象と別れてから丸二日歩き続けていた。

( ;ω;)「お腹すい……どうでもいいお」

空腹ではあったが、食べるものなどないし、今のブーンには動物を狩るという行為は受け入れられそうになかった。

( ;ω;)「歯が欠けたお…」

宵闇が少しづつ白み始めてきた頃、ブーンの目になにかが映った。

71 名前:ライオン:2008/02/09(土) 02:00:36.39 ID:z1KEuYguO
( ;ω;)「橋…吊り橋というやつかお…?」

深く切り立った崖。
その両岸を結んでいる、一本の吊り橋だった。
古びているものの、まだ役割は果たすことが出来ているようだ。
かろうじてだが。

( ;ω;)「きっと、これを渡れば、サバンナの外だお」

実際には向こう岸もサバンナの範疇ではあったが、ブーンに知る由はない。

( ;ω;)「こ、怖いお…でも、ブーンは行くと決めたんだお」

( ;ω;)「が、がが、がお-だお」

雄叫びを上げ、ブーンは駆け抜ける。

74 名前:ライオン:2008/02/09(土) 02:03:17.36 ID:z1KEuYguO
( ;ω;)「い、いい意外とゅ余裕だったったえお」

( ;ω;)「お?これはなんだお?はじめて見たお」

道端に咲く一輪の

( ;ω;)「なんだかお日様みたいだお」

たんぽぽ

( ´ω`)「きれいだお-…たんぽぽとかいうお花かお?」

風は吹いていない。


75 名前:ライオン:2008/02/09(土) 02:03:38.20 ID:z1KEuYguO
( ´ω`)「でもどうせ、キミもブーンを嫌いなんだお?」

風は吹いていない。
誰も答えない。

( ´ω`)「ブーンから逃げてしまうんだお?」

風が吹く。
誰も答えない。
たんぽぽが咲いている。

( ´ω`)「逃げないお…ブーンが恐くないのかお?逃げないでいてくれるのかお?」

風が吹いている。
誰も答えない。
たんぽぽが一度だけ


うなずいた。

76 名前:ライオン:2008/02/09(土) 02:05:29.84 ID:z1KEuYguO
( ´ω`)「お…?うなずいてくれたお」

ブーンを追い払いもしない。
ブーンから逃げもしない。

( ^ω^)「嬉しいお!!友達ができたお!!」

ただ、それだけ。

( ^ω^)「おっお-。名前は何かお?」

たんぽぽはただ、咲いている。
朝日を浴び、金色に輝く。

( ^ω^)「おー。きれいだお。きっと女の子だおね」

( ^ω^)「葉っぱがギザギザで、ツンツンしてるから、名前は」

79 名前:ライオン:2008/02/09(土) 02:06:52.09 ID:z1KEuYguO
( ^ω^)「…」

( ^ω^)「まあ、名前はいいお。たんぽぽさんだお」

-ξ゚⊿゚)ξ「テメエwww」-

柔らかい風が吹く。
たてがみが揺れる。
たんぽぽも揺れる。

( ^ω^)「そういえば」

( ^ω^)「ここまで休まずに歩いてきたから、疲れたお。少し寝ようかお」

二日以上休まずに歩き、食事もとっていない。

( ^ω^)「おやすみだお。たんぽぽさん」

だが、

( -ω-)「おー…おー…」

ブーンは久しぶりに、幸せな気持ちで眠りについた。

風は変わらず

優しい。

80 名前:ライオン:2008/02/09(土) 02:08:51.57 ID:z1KEuYguO
太陽が輝きを増し

小鳥がさえずる。

( -ω-)「おー…おー…」

ブーンの隣には

( -ω-)「んん…冷凍ギョウザうめえ…お…」

たんぽぽ。

82 名前:ライオン:2008/02/09(土) 02:10:04.23 ID:z1KEuYguO
( ^ω^)「おー、よく寝たおー。なんだか毒に耐性ができた気もするおー」

ブーンが目を覚ましたのは、翌日の朝。

( ^ω^)「おっおっ。たんぽぽさんおはようだお」

優しい風が吹く。
たんぽぽが揺れる。

( ///)「女の子と添い寝してしまったお」

ピッコロ「けっ。なにを言ってやがる」

84 名前:ライオン:2008/02/09(土) 02:11:34.89 ID:z1KEuYguO
( ^ω^)「今日はこの辺りを探索してみるお」

ブーンがいる場所からは、産まれ育った平原に繋がる橋が見える。

( ^ω^)「あっちには、なるべく戻りたくないお」

( ^ω^)「逆はどうなってるのかお?行ってみるおー」


-半日後-


(メメ´ω`)「たんぽぽさんただいまだお…」

85 名前:ライオン:2008/02/09(土) 02:12:29.56 ID:z1KEuYguO
(メメ´ω`)「酷い目にあったお」


-数時間前-


( ^ω^)「おっおー。こっちも中々広くていい感じだおー」

川を隔てた事によってか、多少ふいんき(なぜかr)が異なり、地面が露出している箇所も多い。

( ^ω^)「広いから思いきりブーンできそうだお」

その時、ブーンの目に飛込んできた光。耳に飛込んできた声。

86 名前:ライオン:2008/02/09(土) 02:13:30.48 ID:z1KEuYguO
ベジータ「よけろーナッパー!!!!!」

ナッパ「!!!」

-ザンッ!!!-
岩を切り裂く、光

クリリン「とっておきだったのによ…」

山吹色の道着の男が力なく…
呟く。

切り裂かれた岩が地面に落下する。

87 名前:ライオン:2008/02/09(土) 02:14:38.07 ID:z1KEuYguO
( ^ω^)「あの岩は、どう見てもこっちに飛んできています。ほんとうにありが…」

(;^ω^)「…」

(;゜ω゜)「アッー!!!」

舞い上がる土煙。
落下の衝撃でさらに細かく砕け散る岩。

遠くで声がしている。
「53万です」

89 名前:ライオン:2008/02/09(土) 02:16:00.10 ID:z1KEuYguO
-現在-

(メメ´ω`)「なんとか岩は避けたお。あ、あたらなければどうということはないんだお」

飛び散る破片までは避けきれなかった。

( ^ω^)「とにかく、あっち側には二度と近付かないお」

( ^ω^)「と、なると…」

ブーンは呟く。

( ^ω^)「あの吊り橋を渡らないと、水すら飲めないお」

( ^ω^)「でも…」

91 名前:ライオン:2008/02/09(土) 02:17:30.61 ID:z1KEuYguO
( ^ω^)「サバンナに戻るのはよくない気もするお…」

今、ブーンがいる場所。崖のこちら側とてサバンナではあるのだが、ブーンは知らない。

( ^ω^)「たんぽぽさん、どうしようだお?」

風は吹かない。
誰も答えない。
たんぽぽは揺れない。

93 名前:ライオン:2008/02/09(土) 02:19:13.30 ID:z1KEuYguO
( ^ω^)「…いくお」

( ^ω^)「ブーンは一人じゃないお。死ぬ訳にはいかないお」

たんぽぽと一緒にいたい。
ブーンの、頬の冷たさを奪ってくれた

( ^ω^)「たんぽぽさんにこれから恩返しをしなきゃなんだお!!」

(;^ω^)「でも、象さんに悪いから、なるべく橋から離れない程度にしとくお」

95 名前:ライオン:2008/02/09(土) 02:21:21.89 ID:z1KEuYguO
(;^ω^)「や、やややっぱりゅ余裕だったったえお」

ブーンは吊り橋を渡る。
そして、案外近くに水場は見付かった。

( ^ω^)「おーラッキーだお!!」

元々ブーンが産まれた場所からは、そう近くはない場所。
ブーンを知る動物達に会う事もなかった。

ブーンは喉を潤し、たてがみに水を含ませて吊り橋を戻る。
たんぽぽの元へ。

96 名前:ライオン:2008/02/09(土) 02:22:41.24 ID:z1KEuYguO
( ^ω^)「たんぽぽさん、ただいまだおー」

優しい風がたんぽぽを揺らす。

( ///)「おっおっ。一人じゃないっていいもんだお」

一頭と一輪。
言葉はない。
でも、ブーンは
一人ではなかった。

( ^ω^)「たんぽぽさんにも、水もってきたお」

ブーンは頭を軽く振る。
たてがみに含まれた水分が飛び、たんぽぽを濡らす。

( ^ω^)「おー?少ししかかからなかったお」

水滴のほとんどは、たんぽぽとは無関係の岩肌に吸い込まれる。

( ^ω^)「でも」

たんぽぽを濡らしたのは、ほんの数滴。

( ^ω^)「でも、たりなかったらブーンが何回でも汲んできてあげるお」

優しい風。
たんぽぽが
笑う。

97 名前:ライオン:2008/02/09(土) 02:24:15.74 ID:z1KEuYguO
訪れる朝。
全てを包み込む暖かな陽射し。

( ^ω^)「おはようだお、たんぽぽさん」

( ^ω^)「今日も水を汲んでくるお」

もう何日続けているだろう。
毎朝の日課。
ブーンにとっては誇らしい日課。

( ^ω^)「もう、吊り橋にも慣れたおー。たんぽぽさんに水を汲むためなら、むしろ楽しいお」

水場。

( ^ω^)「今日はもう少し周りを見てみるおー」

( ^ω^)「んお?あれはなんだお?」

水場からそう遠くない岩場の窪み。
何かが、輝く。

98 名前:ライオン:2008/02/09(土) 02:25:35.77 ID:z1KEuYguO
( ^ω^)「おーっ、これはwww」

ブーンが見付けたのは
小さな琥珀。
陽射しを浴びて、金色に輝く。

( ^ω^)「たんぽぽさんによく似た色の小石だお。きれいだお」

大事そうにそっと口に含む。

( ^ω^)「たんぽぽさんのお土産にするおwww」

ブーンは楽しそうに水場に向かい、喉を潤したてがみを濡らす。
琥珀を口に戻す。

空には少しづつ
雲がかかる…

100 名前:ライオン:2008/02/09(土) 02:27:08.53 ID:z1KEuYguO
( ^ω^)「(たんぽぽさん喜んでくれるかお?)」

ブーンは吊り橋へ向かう。

( ^ω^)「(きっと喜んでくれるお!!)」

雲は確実に厚みを増して行く。

( ^ω^)「(そしたらブーンも幸せだお)」

吊り橋に差し掛かる。
雨が降り出す。

( ^ω^)「(ちょwwwたてがみ濡らした意味ねーおwwwww)」

吊り橋の中腹。
響く


雷鳴

102 名前:ライオン:2008/02/09(土) 02:28:48.24 ID:z1KEuYguO
視界が完全に白に覆われる。
吊り橋の支柱に
光は吸い込まれる。

落ちる
吊り橋


落ちる
心優しき

獅子

103 名前:ライオン:2008/02/09(土) 02:29:52.18 ID:z1KEuYguO
どれくらいの時間がたっのだろうか…

雨はブーンの体を濡らす。

少しずつ取り戻す五感。
冷たい。痛い。
ブーン痛みに目を

(メメ´ω`)「いたいお…」

さます。

(メメ´ω`)「ここはどこだお…?」

ブーンは辺りを見渡す。

(メメ´ω`)「おー…さっきの石はあるおー…なくさなくてよかったお…」

ブーンに寄り添うように佇む、小石。

104 名前:ライオン:2008/02/09(土) 02:31:08.57 ID:z1KEuYguO
ブーンは空を見上げる。
雨粒が顔を叩く。

(メメ´ω`)「ブーンは落ちたのかお…。空が…」

(メメ´ω`)「あんなに、遠くて狭いお…」

両側は切り立った崖。
空は小さい。

崖の上ではたんぽぽを雨粒が濡らす。
花びらを雫が伝う。
たんぽぽが泣いている。

時間が流れてゆく。

106 名前:ライオン:2008/02/09(土) 02:32:36.81 ID:z1KEuYguO
(メメ´ω`)「ブーンが帰ってこないから、たんぽぽさんが心配してるかもしれないお」

ブーンは立ち上がる。
激痛を堪えて。
そして

(メメ´ω`)「ガオー!!!!!!!!!!だお」

雄叫びをあげる。
ブーンの声は崖を駆け上がる。

雨が地面を叩く音に

(メメ´ω`)「たんぽぽさん聞こえたかお…?」



掻き消されはしない。

雨に打たれたからか、
風が吹いたからか、
遥か谷底の優しいライオンの声が駆け抜けたからか、
崖の上でたんぽぽが
揺れる。

ブーンには見えない。

107 名前:ライオン:2008/02/09(土) 02:34:23.93 ID:z1KEuYguO
(メメ´ω`)「たんぽぽさん。この通り、ブーンは元気だお」

痛みに負けた訳ではない。

(メメ´ω`)「だから、たんぽぽさん泣いたりなんかしてなきゃいいお…」

だが、谷底に打ち付けられ、傷だらけの体は確実に力を失い

(メメ´ω`)「ブーンは一人ぼっちの時、寂しくて泣いてばかりだったお」

静かに地面に横たわる。

(メメ´ω`)「たんぽぽさんには、あんなほっぺたの冷たさは…」

(メメ´ω`)「ずっと、知らないでいてほしいお…」

ブーンの横で小石が輝く。
ブーンには見えない。

108 名前:ライオン:2008/02/09(土) 02:35:34.27 ID:z1KEuYguO
雨は止まない。
傷だらけのブーンの体から、雨と共に流れる

(メメ ω )

赤。そして

(メメ ω )「ブーンは…死ぬ…のかお…?」



(メメ ω )「残念…だお。象さんにも…ドクオにも…迷惑かけてしまったままだ…お」

もう、ブーンの体からは熱が

(メメ ω )「もし…」

失われ始めている。

(メメ ω )「もし産まれ変わるなら……たんぽぽさんみたいに…」

雨は止まない。

(メメ ω )「なれれば……みんな…に…愛してもらえるのかお…」

たんぽぽは誰も狩ったりしないから。

110 名前:ライオン:2008/02/09(土) 02:37:17.73 ID:z1KEuYguO
雨は大地を潤し続ける。
だが、雨音もブーンにはもう

(メメ ω )「が……ぉ…-」

(メメ ω )「もぅ…声も……うまく出せない……ぉ」

届かない。

(メメ ω )「死ぬ…んだ…ぉ」

小石だけはブーンに寄り添い続ける。

(メメ ω )「なんで…だお…?寂しく……ないぉ」

(メメ;ω;)「涙…ぁったかい…ぉ…きっと、たんぽ……」

112 名前:ライオン:2008/02/09(土) 02:39:26.26 ID:z1KEuYguO
崖の上ではたんぽぽが

(メメ ω )

揺れる。

ライオンはもう

113 名前:ライオン:2008/02/09(土) 02:40:33.22 ID:z1KEuYguO
いつしか雨が止み
風がたんぽぽの種を運ぶ。
夏が終わり
雪が止む。

季節は代わり、春は訪れる。

サバンナ。
橋のない崖。
全てが色付く。

114 名前:ライオン:2008/02/09(土) 02:41:52.80 ID:z1KEuYguO
谷底は金色に輝く。

一面に咲く、たんぽぽの花
ライオンによく似た



-了-

117 名前:ライオン:2008/02/09(土) 02:44:19.36 ID:z1KEuYguO
ありがとうございました。
初作品、おかしな時間にもかかわらず付き合って下さってありがとうございました。

 ○○○
○ ^ω^ ○「がお-だお」
 ○○○
c(_uuノ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

K-AYUMU

Author:K-AYUMU

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

ユーザタグ

カ行 タ行 ア行 ちんこ ハ行 サ行 マ行 ナ行 英数字  ^ω^) ('A`) ラ行 1レス ワ行 (´・ω・`) ショボーン ヤ行 ブーン ショボン トソン 'ー`)し ξ゚⊿゚)ξ (,゚Д゚) ドクオ まんこ (=゚д゚) J( 1レス カラマロス大佐 シュー ミセリ (-_-) いよう 川д川 人狼 (∪^ω^) 世紀末 ツンデレ 

FC2カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。