mesimarja
気に入ったスレを集めてみました。
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

( ^ω^)がロボットを作ったようです!
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/08/19(火) 19:24:55.99 ID:BPw8l0GY0

( ^ω^)「ついに完成したお」

('A`)「ん、何が完成したんだ?」

( ^ω^)「ロボットだお」

('A`)「ほう見せてみろ」




3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/08/19(火) 19:26:10.81 ID:BPw8l0GY0
内藤は今年で25になる、自称科学者だ。
より人間に近いロボットを発明する為、日々研究を重ねている。

( ^ω^)「ほら見てみろお」

('A`)「むう、これは・・」

ロボット「コンニチワ」

('A`)「おお、喋ったぞ」

( ^ω^)「そうだお」

('A`)「どうもこんにちわ」

ロボット「コンニチワ」

('A`)「あなたの名前はなんですか?」

ロボット「コンニチワ」

('A`)「・・・」

ロボット「コンニチワ」

(;^ω^)「ははは コンニチワとしか言えないんだお」


4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/08/19(火) 19:26:42.65 ID:BPw8l0GY0
>>2
まあブーンじゃなくても誰でもよかったけど
思いつかないからブーンにしたwwwwww

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/08/19(火) 19:27:49.97 ID:BPw8l0GY0

('A`)「・・・ 他に何ができる?」

(;^ω^)「え?何もできないっすよ」

('A`)「(駄目だこりゃ)」


そして研究は終わり、
研究所からの帰り道・・。

( ^ω^)「今日も実験失敗かおー」

( ^ω^)「人間とほぼ同等のAIを積んだ筈なんだがおー」

(´・∀・`)「あのーすみません」

( ^ω^)「うは なんだお?」

(´・∀・`)「ちょっと私と一緒に来ませんか?」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/08/19(火) 19:28:26.70 ID:BPw8l0GY0

( ^ω^)「だ・・誰だ貴様」

(´・∀・`)「あやしい者ではありませんよ」

( ^ω^)「(すっげえ怪しい)」

(´・∀・`)「あなたにこの世界の驚くべき真実を教えてあげます」

( ^ω^)「怪しい宗教かお?」

(´・∀・`)「内藤さん、科学の進歩を知りたくはありませんか」

( ^ω^)「な、何故僕の名前を・・」

(´・∀・`)「さあ、ついてきてください」

( ^ω^)「わ、わかったお・・」


そうして内藤が連れてこられたのは、
彼の事務所のような場所だった。

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/08/19(火) 19:29:32.91 ID:BPw8l0GY0

(´・∀・`)「おかけください」

( ^ω^)「(玄関に科学研究所(仮)ってかいてたお 怖いお)」

(´・∀・`)「これからあなたに特別に、この世界の真実を教えます」

( ^ω^)「な、なんだお」

(´・∀・`)「実はこの世界に人間はあなただけです。」

( ^ω^)「・・え?」

(´・∀・`)「あなた以外の人間は皆、ロボットです。」

(;^ω^)「な、何を言っているんだお」

(´・∀・`)「私も含めた、あなた以外の存在のすべてはロボットだと言っているのです」

(;^ω^)「そ、そんな馬鹿な」

(´・∀・`)「あなたの彼女さんもね。」

(;^ω^)「・・・そ・・・そんなの・・信じられないお・・」


8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/08/19(火) 19:30:23.62 ID:BPw8l0GY0

(;^ω^)「し、信じないお!そんなの!」

(´・∀・`)「そうですか、では結構。今日はお帰りください。」

(;^ω^)「失礼しました!!!」


(´・∀・`)「あ、最後に1つ。」

(;^ω^)「なんだお」

(´・∀・`)「この世界のロボ達はロボでありながら人間にはてしなく近い。」

(;^ω^)「・・・」

(´・∀・`)「この世界の外の科学者達は、ロボが本物の”愛”という感情を持てるかテストしている。」

(;^ω^)「・・・」

(´・∀・`)「そして、ロボに本物の愛が持てなかった場合、殺されてしまう。」

(;^ω^)「!!」


10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/08/19(火) 19:31:16.89 ID:BPw8l0GY0

(´・∀・`)「もうその実験期間も終わる。」

(;^ω^)「・・・」

(´・∀・`)「君と、君の彼女さんにある愛は、本物かな?」

(;^ω^)「し、失礼します!」

そして・・・


( ^ω^)「ただいまー」

(・∀・)「おかえりー」

( ^ω^)「今日は大変な1日だったよ」

(・∀・)「実験はうまくいったの?」

( ^ω^)「いや、駄目だったよ。」

(・∀・)「そう。めげずに、頑張って。」

( ^ω^)「ああ」

( ^ω^)(もし、彼女が本当にロボなんだとしたら、
僕が今までやってきた研究は一体なんだったんだ・・
いや、まさかロボな訳がない。
あんな訳のわからない奴を信じることないさ。)

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/08/19(火) 19:31:55.97 ID:BPw8l0GY0

(・∀・)「ぼーっとしちゃって、どうしたの?」

( ^ω^)「ん、あ、いや。」

(・∀・)「ふふっ 変なの。」

( ^ω^)((´・∀・`)「ロボに本物の愛がもてなかった場合、殺されてしまう。」)

( ^ω^)「僕達の間にある愛は本物だお!!!」

(・∀・)「・・・どうしたの?いきなり。」

(;^ω^)「なんでもないお」

(・∀・)「本当へんなの。」


翌朝。

( ^ω^)「おはようー」

(・∀・)「おはよ。怖いニュースがやってるわよ。」

( ^ω^)「ん、どれどれ」



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/08/19(火) 19:32:29.94 ID:BPw8l0GY0
―今朝、不思議な事件がおきました。
男性の殺人事件なのですが、遺体を解剖してみました所、
人間ではなく、精密機械・・ロボだったのです。
非常に人間に近く造られたロボが、血まみれで倒れていたのです。
犯人はまだ見つかっておりません。
何故、このようなロボが存在しているのかも不明であり、
謎の多い事件となっております・・・

(;^ω^)「あ・・あ・・」

(・∀・)「こわいわねー」

(;^ω^)「(ほ・・本当だったのかお)」

(・∀・)「あ、朝ごはんできてるよ」

(;^ω^)「(てことは・・本当に僕以外は皆・・ロボット・・!)」

(・∀・)「ねえないt・・・・」

(;^ω^)「(このニュースキャスターも気付いてないんだ・・皆自分が人間だとしんz)」

(・∀・)「内藤!!!!」

(;^ω^)「えっ あっ ん?」

(・∀・)「もー昨日からぼーっとしちゃって。早く食べないと冷めちゃうよ?」

(;^ω^)「あ、うん・・。」


14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/08/19(火) 19:34:12.22 ID:BPw8l0GY0

研究所。

('A`)「おはよう。」

( ^ω^)「おはようございます、先生。」

('A`)「今朝のニュースみたか?」

( ^ω^)「ええ、見ました。」

('A`)「悲しいニュースだが、ある意味私達には嬉しいニュースでもある。」

( ^ω^)「な、何故ですか?」

('A`)「当たり前じゃないか!科学は進歩したんだ。人間とほぼ同等のロボを造るまでに。」

( ^ω^)「・・・そ、そうですね・・」

('A`)「殺されてしまったのは悲しいがな・・・。しかし、誰が造ったんだ・・。我らも早く追いつこう。」

( ^ω^)「(その自分自身が既にロボであるという事に気付いてないんだ・・。皮肉だ・・。)」

('A`)「さあ、研究を始めよう。」

( ^ω^)「(とにかく、彼女が殺されないように気をつけなきゃ・・。本当の愛・・。)」




15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/08/19(火) 19:34:45.45 ID:BPw8l0GY0

( ^ω^)「お疲れさまですた」

('A`)「お疲れ」

( ^ω^)「先生はまだ研究を?」

('A`)「ああ、早く追いつかなくては。」

( ^ω^)「そうですか、ではお先に失礼します。」


( ^ω^)「はぁ・・これからどうしよう。」

( ^ω^)「そうだ、あいつのところへ寄っていこう。」

そして・・・

ピンポーン

「はい」

( ^ω^)「僕だお 内藤だお」

「ああ おk」

( ^ω^)「あけてくれお」

ガチャッ


16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/08/19(火) 19:36:45.96 ID:BPw8l0GY0


(´_ゝ`)「久々だな」

( ^ω^)「久々お」

(´_ゝ`)「はいれ」

( ^ω^)「お邪魔しまーす」

(´_ゝ`)「突然どうしたんだ?」

( ^ω^)「相談があってさ。」

(´_ゝ`)「おう、どうした」

( ^ω^)「実は・・・えーっと・・えーっと」

(´_ゝ`)「なんだよ」

( ^ω^)「いや、どういえばいいのかわかんなくて」

(´_ゝ`)「俺のこと好きとか言うんじゃないだろうな」

(#^ω^)「んな訳あるか」

(;´_ゝ`)「すまん」


17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/08/19(火) 19:37:17.76 ID:BPw8l0GY0

( ^ω^)「愛ってなんだ?」

(´_ゝ`)「は?」

( ^ω^)「本当の愛ってなんだ?」

(´_ゝ`)「またえらく難しい問題だな」

( ^ω^)「知りたいんだ。」

(´_ゝ`)「そういうのは自分で見つけるしかないんじゃないのか?」

( ^ω^)「ふむ・・」

(´_ゝ`)「人それぞれ違うと思うで」

( ^ω^)「そっか・・」

(´_ゝ`)「おまえももう、彼女と長いんだろ?」

( ^ω^)「う、うん。4年かな。」

(´_ゝ`)「いいんじゃないのか。そろそろ。」

(;^ω^)「な、なにが?」

(´_ゝ`)「プロポーズ。」



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/08/19(火) 19:37:49.93 ID:BPw8l0GY0
そして・・・。

(´_ゝ`)「じゃあな。がんばれよ。」

( ^ω^)「う、うん。」

ガチャン

( ^ω^)「はぁ・・プロポーズ・・か。」

( ^ω^)「でも今は時間がない。急がないと・・」

( ^ω^)「よし!」


その夜。


19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/08/19(火) 19:40:53.05 ID:BPw8l0GY0

( ^ω^)「ただいまー」

(・∀・)「おかえり!」

( ^ω^)「これ、おみやげ」

(・∀・)「わあ!バラの花!どうしたの、いきなり。」

( ^ω^)「指輪を買う金がなくってさ」

(・∀・)「あーなるほd・・・え?」

( ^ω^)「ごめん。指輪はいつか買うよ。」

(・∀・;)「ど、ど、どゆこと?」

( ^ω^)「結婚しよう。」


20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/08/19(火) 19:41:26.47 ID:BPw8l0GY0
(・∀・;)「・・」

(;∀;)「うれしい」

( ^ω^)「!」

(;∀;)「あたし、内藤にだけは本当の愛を感じてた。」

( ^ω^)「・・・」

(;∀;)「ずっと一緒にいたいって心から思ってた。」

( ;ω;)「うう・・」

(;∀;)「指輪なんていらない この花束とその言葉で十分本当の愛を感じられた。」

ガチャ

「じゃあ死ね」



22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/08/19(火) 19:48:00.18 ID:BPw8l0GY0

バキューン(銃声)

(;∀;)「・・・」

( ;ω;)「あ・・・」

バタッ

(;∀;)「内藤!!!!!」

(´・∀・`)「悪いね。」

(;∀;)「な、なんてことを!!!」

(´・∀・`)「内藤君、正直に言おう。君を騙してたんだ。」

(;^ω^)「グフッ・・」

(;∀;)「な、内藤・・。」

(´・∀・`)「ロボは君だ。」

(;∀;)「!!!」

(;^ω^)「!!!」


23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/08/19(火) 19:48:32.07 ID:BPw8l0GY0

(´・∀・`)「ロボが愛を持つ事は危険なんだ。人間に近すぎる。」

(;∀;)「な、内藤が、ロボ・・?」

(´・∀・`)「人間を支配してしまう可能性さえある。」

(;^ω^)「そ、そんな・・」

(´・∀・`)「世界中に君のように実験用ロボはいる。
その中でも本当の愛をもつロボは非常に危険だとされている。
私はこの区域の言わば見張り役なんだよ。」

(;^ω^)「僕が、ロボ・・」

(´・∀・`)「人の役にたつロボを造ろうと日々研究しているのだが
技術が進歩しすぎた。本当に人間と同等のロボをも造れてしまうのだ。」

(;∀;)「うっうっ」

(´・∀・`)「何故、犯罪や殺人が起こるか。
それは、人が不必要な感情を持ちすぎなのだ。
その中でも最も不必要なのが愛だ。」


24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/08/19(火) 19:49:15.77 ID:BPw8l0GY0

(;^ω^)「・・・」

(´・∀・`)「愛は嫉妬を生む。
人は愛のためなら過ちをも起こす。
愛は素晴らしいものだが、時として何よりも危険だ」

(;∀;)「うう・・」

(´・∀・`)「ロボに愛は不要だ。」

( ^ω^)「僕は・・嬉しい。」

(;∀;)「な、内藤・・?」

( ^ω^)「世界の技術は進歩したんだ。科学は成長した。」

(´・∀・`)「しすぎたさ。」

( ^ω^)「そのおかげで、愛を知れた。」


25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/08/19(火) 19:49:54.70 ID:BPw8l0GY0

(´・∀・`)「そうか。」

( ^ω^)「先生も喜ばれるだろうな」

(´・∀・`)「・・・。」

(;∀;)「ロボットだなんて思えなかった。あなたは人間だった。」

( ^ω^)「ありがとう。また、生まれ変わったら会おう。」

(;∀;)「うう・・おやすみ・・。」

(´・∀・`)「やすらかに」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/08/19(火) 19:50:33.63 ID:BPw8l0GY0

(#;∀;)「うう・・でていって!!」

(´・∀・`)「ええ、もう用は済みましたから。」

(#;∀;)「あんた達なんて大嫌い!!殺すくらいなら最初から・・」

(´・∀・`)「科学の進歩を心から願う者もいるんだ。」

(;∀;)「ううう・・」

(´・∀・`)「邪魔したな・・。」

翌朝。


―先日、またしても不可解な事件が起こりました。
ロボの殺人事件です・・・。
犯人は未だ不明。動機も、ロボの実態も、
すべてが謎に包まれたままです・・・。

(・∀・)「内藤・・・。」



27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/08/19(火) 19:51:21.48 ID:BPw8l0GY0


世界の技術は進歩したんだ。科学は成長した。

あなたの友人は本当に人間ですか?

あなたの恋人は本当に人間ですか?

あなたの家族は本当に人間ですか?

あなたが今話している相手は本当に人間ですか?

あ な た は 本 当 に 人 間 で す か ?



END


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

K-AYUMU

Author:K-AYUMU

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

ユーザタグ

カ行 タ行 ア行 ちんこ ハ行 サ行 マ行 ナ行 英数字  ^ω^) ('A`) ラ行 1レス ワ行 (´・ω・`) ショボーン ヤ行 ブーン ショボン トソン 'ー`)し ξ゚⊿゚)ξ (,゚Д゚) ドクオ まんこ (=゚д゚) J( 1レス カラマロス大佐 シュー ミセリ (-_-) いよう 川д川 人狼 (∪^ω^) 世紀末 ツンデレ 

FC2カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。